Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月20日

料理酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

料理に深みを与えてくれる、縁の下の力持ちのような存在、それが料理酒です。素材によって、使う料理酒を変えると、料理にも幅が出ます。今回は、おすすめの活用法とともに、おすすめの料理酒をご紹介します。料理酒をマスターして、料理上手になりましょう。

料理酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

料理酒の種類と選び方について

料理に欠かせない調味料の1つである料理酒。肉や魚の臭みをとってくれる効果や、味に深みを与えてくれるので、うまく活用することで、もっと料理をおいしくすることができます。
しかし、料理酒コーナーに行くと、種類が豊富でどれにしようか迷ってしまうという人も多いでしょう。

そこで今回は、料理酒の選び方と、おすすめの料理酒ランキングなどをご紹介します。おすすめの料理酒の使い方をマスターすれば、味にも違いが出るのはもちろん、料理の幅も広がるので、参考にしてみましょう。

料理酒の種類

一般的に市販されている料理酒の多くは1リットルで200円前後ほどで、お酒と比べてかなり安く購入することができます。これらの一般的な料理酒と、こちらの記事で紹介する料理酒はかなり値段に開きがあります。

しかし、少々高いと感じる料理酒をおすすめするのには理由があります。料理をよりおいしく作るための料理酒を選ぶおすすめポイントを、理由とともにご紹介します。

料理酒とは

料理酒とは、酒に塩分を加えたリーズナブルな加塩料理酒、さらに原料に糖類や調味料などを添加している醸造調味料、そしてみりんタイプの料理酒があります。これらはアルコール分1度以上の酒を使用しています。

料理酒は肉や魚などの生臭さを消す役割を持っており、風味や香りを良くする働きがあります。また素材を柔らかくするすることもできます。旨味やコクを素材に与え、調理した際に美味しく仕上がるように使われる酒です。

一般的には清酒のことを料理酒と言います。ですから、上記に述べたような塩分など添加物が配合された料理酒はレシピ本に掲載されている料理酒とは異なります。もしレシピ本をチェックしながら料理をしようと思うのなら、清酒を料理酒として使わなければ、塩分を摂りすぎてしまいます。

おすすめの料理酒の選び方

調味料売り場で売られている料理酒はやはり飲用の日本酒と風味が全く異なります。臭み消しなどの効果はありますが、和食独特の風味をプラスしたり、旨味を強調したりという点をこだわっていくと不満が芽生えます。逆に酒税法上お酒として扱われるものは、飲むことができるほどお酒自体の質が高いです。

酒税がかかる清酒・純米酒の料理酒は、店舗で購入される場合、調味料コーナーではなくお酒のコーナーに並んでいることが多いです。そこで日本酒を購入しましょう。おすすめの選び方としては、米、米麹のみで作られている日本酒を選ぶことです。米と麹で作られたお酒は純米酒と言い、旨味やコクが強いお酒です。

料理の品質をあげようと思うのなら、やはりそれなりのクオリティの料理酒を用意しましょう。料理酒を変えるだけで、作った料理の味もかなり変わります。品質の高い料理酒を選べば選ぶほど、料理が美味しくなります。

料理酒おすすめ人気ランキングTOP3を大公開

それでは、具体的におすすめの料理酒を紹介していきましょう。どのような料理酒が多くの主婦に愛用されているのでしょうか。特に料理に旨味やコクを出してくれると評判の料理酒を紹介しましょう。

ランキング3位:大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒

大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒
大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒
口コミ

同じ価格帯の料理酒も使ってみましたが、やっぱりコレがおいしい。大さじ一杯で味良く仕上がります。

全国新酒鑑評会で金賞を受賞した蔵の純米料理酒

全国新酒鑑評会で金賞を受賞した大木代吉本店の純米料理酒です。塩分を含まず、米と米麹のみで作られている料理酒で香りがよく、和食との相性が抜群のおすすめの料理酒です。

アミノ酸量が非常に多く、旨味成分が強いのもおすすめでしょう。お米にこだわり、無農薬自然栽培米を使用しています。料理愛好家の方からの評価が高く、通信販売での売れ行きも良いおすすめの料理酒です。

ランキング2位:新潟住乃井 純米料理酒

新潟住乃井 純米料理酒 720m
新潟住乃井 純米料理酒 720m

¥ 616

口コミ

レベルが違う。美味しいすぎる。 他のものが使えなくなる。 日本酒で代用も可かも。

料理好きの方に人気の、通販で有名なAmazonで売れ筋の純米料理酒です。

Amazonの料理酒売れ筋ランキングの中でも上位で、本当においしい料理酒を求めている人からリピートされているのがこちらの料理酒です。塩分がプラスされていますが、全体的にクセが少なく使いやすいおすすめの料理酒で、値段も純米料理酒としてはかなり手ごろなのでユーザーの多い一品です。

ランキング1位:ミツカン 純米料理酒

ミツカン 純米料理酒
ミツカン 純米料理酒

¥ 572

口コミ

値段相応の味であり和食には欠かせない味のアクセントのいっぴん

ごく普通の料理酒で、スーパーに行けば見つけることができる料理酒です。しかしおすすめな点は、値段に見合った味と風味を出してくれ、また肉も柔らかくしてくれます。魚の生臭みも消してくれるなど、オールマイティに使うことができるおすすめの料理酒です。

米、米麹、食塩のみでできているため、とても使いやすく、どのような料理にも相性が良いのが特徴です。

特徴・用途別におすすめの料理酒をご紹介

料理酒にも特徴があり、用途によってもその種類は異なります。そこでここでは料理酒の特徴や、用途別におすすめしたいお酒の種類を紹介していきます。

肉に合う料理酒とは

肉用として重宝されている料理酒はどのような料理酒でしょうか。肉を柔らかくする、生臭さを消すなど、多様なニーズに応えてくれる料理酒がおすすめでしょう。

福光屋 福正宗 純米料理酒

福光屋 福正宗 純米料理酒
福光屋 福正宗 純米料理酒

料理のクオリティを追求した料理酒がこの福正宗の純米料理酒です。純米酒の豊富な成分が料理にコクを加え、テリも良く仕上げることができます。

アミノ酸など旨味成分がたっぷり含まれていますから、肉料理はもちろん、ジャンル問わず美味しく料理を仕上げることができるおすすめの料理酒です。また通常の日本酒と比べると、アミノ酸が多く出るよう仕込まれており、料理にもアクセントがつきます。

肉料理を美味しく仕上げたいなら1本は置いておきたい料理酒です。

ビールもおすすめ

お酒と言えば、ビールが第一印象という人も多いでしょうが、実はビールは肉の下ごしらえにはちょうど良いお酒です。肉をビールにつけることで、肉が柔らかくなります。また煮物を作る際、最初にビールを入れることでふっくら柔らかく仕上げることができます。ですから、煮込み料理などにビールを料理酒がわりに使うのもおすすめです。

ビーフシチューにビールを使うと、ビールの匂いも気になりませんし、カレーライスにも合います。カレーやシチュー用の肉は硬いですから、肉も柔らかく仕上がります。またカレー味ならピラフにビールを使っても良いでしょう。ふんわりとした仕上がりになります。

無添加の料理酒はあるの?

スーパーに並んでいる料理酒のパッケージを見ると、大半が食塩が含まれています。逆に、清酒と記載されているものは純粋な酒です。つまり無添加の料理酒です。無添加の料理酒は、素材に余分な塩分や味がつかず、レシピどおりに調理を行うことができるため、レシピ本を見ながら料理をしている人には欠かせません。

ではおすすめの無添加の料理酒を紹介しましょう。

宝 料理のための清酒
宝 料理のための清酒

¥ 422

口コミ

国産米100%に食塩ゼロなので、身体にも安心です。

宝酒造という有名な酒メーカーから販売されている料理酒です。料理のために作られたとあって、肉や魚の生臭みもしっかり抑え、料理には旨味やコク深さを与えてくれます。完全な無添加で、食塩などは一切不使用なのでおすすめです。

料理に余分な塩味もつかず、調理の邪魔になりませんから、素材の味が引き立ちます。和食、中華や洋食、どんな調理にも使うことができる万能な料理酒です。この料理酒1本あれば、どのような料理もアレンジ自在ですから、1本は置いておくと良いでしょう。

また料理を覚え始めたという人にも、リーズナブルで本格的な料理酒なのでおすすめです。

白ワインの料理酒とは?

白ワインは料理酒に使うことができるのでしょうか。食事と共に白ワインを楽しんだ後、残ってしまった場合、みなさんはどうしていますか。実は白ワインも料理酒として活躍してくれます。

ではどのような白ワインが料理酒としておすすめなのでしょうか。

タヴェルネッロ ビアンコ

タヴェルネッロ ビアンコ(バッグ イン ボックス 白ワイン)
タヴェルネッロ ビアンコ(バッグ イン ボックス 白ワイン)
口コミ

さっばりとした口当たりの辛口のリーズナブルな白。 毎日飲むので味、価格ともに満足。

「 白ワイン 」は特有の酸味を立たせ、香りを良くする風味付けとして使うことができます。仕上がりが白い料理や、爽やかな風味が欲しい料理に使うとより風味良く料理を仕上げることができます。

例えばアサリの白ワイン蒸しなどはシンプルですが、一皿足りない時にはとても美味しい料理です。調理法も蒸すだけなので簡単です。またチーズフォンデュに白ワインを入れると、本格的なチーズフォンデュを家庭で楽しめるのでおすすめです。

料理酒として白ワインを使うのなら、辛口を選びましょう。保存方法は料理用ワインなら冷蔵庫で1か月前後は保存が可能です。しかし飲用の白ワインの場合はしっかり栓をし、冷蔵庫で10日ほどが限度です。

赤ワインは料理酒に使える?

じっくりと時間をかけて煮込む料理に、赤ワインが良く使われることを知っていますか。実は赤ワインには肉の臭みを消す、そして肉を柔らかくする効果があります。さらに煮込むことにより、多くのポリフェノールが抽出され、旨味やコクが出て、風味豊かになります。

またポリフェノールには抗菌作用があるため、保存する際もおすすめです。

赤ワインは強い風味や味わいがあるため、使われる料理も限定されてきます。そんな赤ワインを料理酒に使うのなら、どの赤ワインがおすすめなのでしょうか。

サッポロ ポリフェノールでおいしさアップ たっぷりサイズの赤ワイン

サッポロ ポリフェノールでおいしさアップ たっぷりサイズの赤ワイン
サッポロ ポリフェノールでおいしさアップ たっぷりサイズの赤ワイン
口コミ

お酒はほとんど飲めないのですが、 頼まれて購入しました。とにかく安くて料が多い。 味も普通です

どっしりとした料理や色づきの濃い料理、またコクを出したい料理に使うと良いでしょう。例えば、ビーフシチューなどは適しています。「 赤ワイン 」はコクを増し料理に深い色を付けることができます。

この赤ワインはアルコール度数9%と低めで、飲用としても飲むことができます。フルボディのような味わいと深みがあります。容量もたっぷりサイズなので、飲用としても、料理酒としても使うことができるコストパフォーマンスに優れたおすすめの赤ワインです。

清酒のおすすめ料理酒

料理酒と清酒の最も大きな違いは、飲用と同じ製造方法で造られる料理清酒と比べ、料理酒には清酒とアルコールの他に、塩分が入っていることです。清酒はあえて食塩を入れないことにより、素材の味を逃がすことなく、旨味を引き立てることができます。

料理酒として清酒を使う場合、素材がイキイキとした味わいになるため、新鮮なものを選びましょう。料理酒としておすすめの清酒とは何があるのでしょうか。

タカラ 料理のための清酒
タカラ 料理のための清酒
口コミ

お酒独特の匂い少なく、どんな料理にも使いやすいです。国産米100%に食塩ゼロなので、身体にも安心です。

独自開発の「マスキング酵母21号」で肉や魚の臭みを消すことができる、料理のために作られた清酒です。食塩は加えられておらず、料理に塩味がつくことはありません。エコパウチ容器なので使いやすさ・便利さという点ではおすすめです。キャップまでプラスチックごみなので、使い終わったら簡単に丸めて処分できます。

食塩ゼロ、生臭みを消す有機酸はおよそ20%アップした清酒で、旨味を与えるコハク酸という成分がおよそ2倍含まれた料理をより美味しくするおすすめの清酒です。

スーパーで買えるお手軽な料理酒

近くのスーパーでも、調味料コーナーに必ずと言って良いほど置いてあるのが料理酒です。そのラベルを見れば、日本酒なのか、塩分などの添加物の入った料理酒なのかが分かります。

スーパーで手軽に買うことができる料理酒で、なおかつおすすめの料理酒はどれでしょうか。さらに料理を美味しく仕上げてくれる料理酒を紹介しましょう。

日の出寿 純米料理酒

日の出寿 純米料理酒
日の出寿 純米料理酒
口コミ

安心安定です。 使い切りやすいサイズで2本で購入できるのは助かります。

米、米麹に塩を加え、発酵させた料理酒です。料理のために塩を加えることにより旨味をより引き出すよう仕上げています。肉や魚の臭みも消してくれます。大抵のスーパーには置いてありますから、料理酒がなくなった、という場合はこちらの料理酒を買いだしに行くと良いでしょう。

また料理のプロも使うほど優れた一品でもあるため、お手軽であるにも関わらず、良い仕事をしてくれる料理酒です。

稀に沈殿物が発生しますが、クオリティには問題がないので安心しましょう。

市販の料理酒でおすすめなものはどれ?

市販で一般的に流通されている料理酒でおすすめなものは何があるのでしょうか。たくさんある料理酒でも、特におすすめしたいものを選んでみました。

ミツカン 純米料理酒

ミツカン 純米料理酒
ミツカン 純米料理酒

¥ 572

口コミ

うちでは肉や魚のふっくら感や柔らかみを増したいときに主に使用。香りも特に良いと思う。

お米のみを使って作られた純米料理酒ですが、塩分が入っています。アルコール分13.5%以上で、塩分は2.1%以上です。

市販で流通している料理酒で、最も見かけるのはこの料理酒ではないでしょうか。和食を作る際、味の決め手におすすめなのがこちらの料理酒です。調理の最後に味見をして、少し味気が足りないと感じた際に加えると、さらにコクが増し、仕上がりがよくなります。

量もたっぷりサイズで、リーズナブルな点もおすすめです。

日本酒を料理酒に使うことはできるの?

先に結論を述べてしまうと、料理をする際におすすめしたいのは日本酒です。さらに日本酒でも、高額な吟醸酒より、手ごろな価格帯で手に入れることができる日本酒が料理酒として向いています。高額な日本酒は雑味を取るため、米の表面が削られています。この際、うまみ成分を出してくれるコハク酸も削られてしまいます。ですからリーズナブルな価格帯の日本酒が料理酒にはおすすめです。

そんな料理酒におすすめの日本酒を紹介しましょう。

福徳長 甲斐の酒 超辛口

福徳長 甲斐の酒 超辛口
福徳長 甲斐の酒 超辛口

¥ 972

口コミ

この金額では美味しいです。ときどき飲むのにちょうど良いです、また頼みます

山梨県で生まれたお酒がこちらの福徳長 甲斐の酒 超辛口です。アルコール分は高めの17%と、飲み応えがあります。国産米100%使用で、天然水で仕上げた清酒です。

キリリとした味が魅力的なおすすめの辛口のお酒で、変なクセもなく、飲用としてもすっきり飲みやすいです。辛口なので、どのような料理の下ごしらえにも使うことができます。生臭みを取ることはもちろん、料理に深いコクを与えてくれます。艶良く料理を仕上げたいならこちらの料理酒がおすすめでしょう。

リーズナブルで使いやすい料理酒とは?

盛田 有機純米料理酒
盛田 有機純米料理酒

¥ 794

リーズナブルな純米の料理酒で普段使いにぴったりです。

お米は有機JAS認定のお米を100%使い、塩以外は米と米麹のみの原料で作られている料理酒です。お米の風味を活かした純米の料理酒ながらリーズナブルで、普段使いに使いやすいのがおすすめです。塩分が含まれていますので、料理に適度な塩気を与えます。

おすすめの料理酒メーカーをおすすめの料理酒とともにご紹介

ここまでさまざまな料理酒を紹介してきましたが、どの料理酒が最もおすすめなのでしょうか。おすすめの料理酒メーカーやブランドを比較し、その代表的な料理酒を紹介していきましょう。

ミツカン

ミツカン 料理酒
ミツカン 料理酒

¥ 270

誰もが知っているミツカンから販売されている料理酒です。シンプルな料理酒ですが、素材の味を上手く引き立たせてくれるおすすめの料理酒です。コクやうまみもまろやかで、煮物のお肉も柔らかく仕上げるなど、おすすめなポイントはたくさんあります。

またてりよく仕上げることもできるため、料理の見栄えがするおすすめの料理酒です。

福光屋

福光屋 純米料理酒
福光屋 純米料理酒

福光屋は寛永二年(1625年)創業で、金沢で最も長い歴史をもつ酒蔵です。
現在では、先端の研究に裏付けを得ながら進化し続ける米醗酵技術を生かし、スキンケアや食品開発にも取り組んでおり、後世に継承すべき日本文化としての「日本酒」を国内外に発信するために直営店を展開しています。

料理のための品質を追及したおすすめの料理酒です。純米酒に含まれるさまざまな成分が料理に旨味を与えてくれます。うまみ成分もたっぷり含まれているため、煮込み料理などにもおすすめです。

瑞鷹

瑞鷹 本伝 東肥赤酒
瑞鷹 本伝 東肥赤酒
口コミ

赤酒にかえてから、煮物の味がふくよかになり、また、揚げ物の際の肉も柔らかくなりました。

みりん代わりとして重宝されてきた熊本県の料理酒です。

熊本で古くからお神酒やお屠蘇としても利用されてきた甘口のお酒で、最近は料理人の間で料理酒としての評判が高くなり、広く料理酒としても用いられるようになってきました。

料理酒と言うよりは、みりんに近い風味を料理にプラスすることができるおすすめの料理酒です。料理により深い甘みを出すことができるのがこのお酒の大きな特徴です。

おすすめの料理酒をうまく活用して、料理上手になりましょう

ここまで、料理酒についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。料理酒と一口に言っても、種類や値段によって、味わいや特性も全く違います。値段が高いから良いというわけではありませんが、味の深みやコクが格段に変わるので、料理酒をこだわって選んでみましょう。

「料理酒」は、味つけを大きく左右する調味料ですが、うまく活用すれば強い味方となります。おすすめの料理酒を参考にして、料理上手を目指しましょう。

Related