Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月16日

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

世界にはさまざまなチョコが存在しています。種類が豊富なのに、どのような種類があって、どのように選べば良いのか迷ってしまいます。チョコの分類や種類をはじめ、おすすめの選び方、人気の商品を紹介します。ぜひ商品選びの参考にしてください。

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

チョコの種類と選び方

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

チョコレートの分類や種類、おすすめの選び方をご紹介します。

チョコの主な分類

チョコレートは大きく分けると、以下のように分類されます。

・ビターチョコ
ミルクが入っていないカカオマス40~60%のチョコのことです。甘みと苦味を同時に味わえます。

・スイートチョコ
カカオマス50%前後のチョコで、風味が強く、一般的なお菓子作りに使われるチョコです。

・ミルクチョコ
ミルクが入ったチョコで、カカオ成分が少ないので苦味が弱めとなっています。甘いチョコを好む人におすすめです。

・ホワイトチョコ
カカオバターとミルクに糖分を加えたチョコです。カカオマスを含まず、乳成分が多いのが特徴として挙げられます。甘くてまろやかな味で、白い色をしています。

チョコの種類

チョコはそのままの風味を生かし、何も入れないものもありますが、それぞれのチョコレートの特徴にあわせて、ナッツ、フルーツ、洋酒、キャラメルなどを混ぜて楽しむこともあります。

お菓子メーカーやブランドの数だけ、チョコの種類があると言っても過言ではありません。たくさんの種類を食べて、お気に入りを探すのもおすすめです。

チョコのおすすめの選び方

甘いものが好きな人におすすめなのは、ミルクチョコやホワイトチョコです。苦いものが好きな人は、ビターチョコもおすすめですが、最近ではカカオ含有率70%以上の高カカオチョコが販売されているのでおすすめです。

カカオ含有率70%以上のものは、甘味がわずかなので、甘すぎるチョコが苦手な人でもカカオの風味を感じながらチョコを楽しむことができます。カカオの風味を感じながら、程よい甘さと苦味を感じたい人はスイートチョコをおすすめします。

チョコはナッツやフルーツと相性が良いので、チョコに混ぜられたものやコーティングされたものを選ぶと、違った風味を楽しめます。

チョコおすすめ人気ランキングTOP3

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

人気の高いおすすめチョコを、ランキング形式でご紹介します。

ランキング3位:「M&M'S」

M&M'S ミルクチョコレートシングル
M&M'S ミルクチョコレートシングル

¥ 1,426

口コミ

プレゼント用でした。 よろこんでくれました。

創業者のフォレスト・マースが戦時中にスペインを訪れたときに、兵士たちが砂糖でコーティングされた粒状のチョコを食べているのにヒントを得ます。帰国してから友人のブルース・ムリーとチョコレート生産販売工場を設立し、二人の名前の頭文字を取った「M&M's」は、アメリカで発売後すぐに大ヒットする商品となりました。

日本では1981年から販売開始され、「手には溶けないのに、口でとろける」と評判になりました。日本でも、瞬く間に人気商品となり、今ではキャラクターも含め大人気です。パソコンやスマートフォンを扱っていながら食べても、手が汚れないので仕事中のおやつとしてもおすすめです。

見た目のかわいらしさ、時代のニーズに合った機能性、ブランド認知力などが人気の秘密で、見事3位にランクインしました。

ランキング2位:「リンツ」

リンドールチョコレート 50 assorted pieces
リンドールチョコレート 50 assorted pieces
口コミ

たっぷりのお気に入りのチョクレートが毎日楽しめて、気分転換や、ちょっと一服の時間が豊かに過ごせています。

スイス生まれの創業者ロドルフ・リンツは、当時硬くて加工が難しかったチョコを柔らかくするのに困難を迎えていました。しかし、うっかり機械の電源を入れたまま帰宅したときに、かくはんが繰り返され、偶然の産物としてなめらかなチョコが完成したと逸話があります。

リンツのチョコは、150年経った今でも世界を代表する、なめらかな口当たりが特徴です。リンツ家のレシピの秘訣は守られており、どこのメーカーも同じように作ることができません。なかでも「究極のなめらかな口どけのチョコ」と称される「リンドールチョコレート」は、世界中の人を虜にする人気のチョコです。

日本でも、究極の口どけは人気が高く、堂々の2位にランクインしています。チョコのなめらかな口当たりやまろやかさを好む人に、おすすめしたいチョコです。

ランキング1位:「レオニダス」

レオニダス ミルク
レオニダス ミルク

¥ 432

口コミ

他のチョコレートと比較すると食べた後甘ったるさが残らず口当たりがすごくよい

レオニダスは、1913年にベルギーで誕生しました。創業者の甥に当たる2代目が、 レオニダスで一番人気を誇るマノンカフェや、作りたての商品を店のショーウィンドウに並べてカウンター式で販売するという方法を生み出しました。

2013年には100周年を迎え、ベルギーはもちろんパリ、ロンドン、ニューヨーク、東京などの世界の主要都市でショップ展開し、熱い支持を得ています。

ベルギー王室ご用達の認定を受けたレオニダスは、確かな美味しさと高級なイメージがあるので、お土産やプレゼントにもおすすめです。変わらない伝統的な味が好評で、世界中にファンも多いことから、1位にランクインしました。

特徴・用途別おすすめのチョコ

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

特徴や用途別に、おすすめのチョコをご紹介します。

洋酒入りのチョコ

ロッテ バッカス
ロッテ バッカス

¥ 2,160

口コミ

アルコール度数3.2%と表示されていますが,食べてみるともっとブランデーが濃い感じがします.大人の洋酒チョコレートと謳われていますがその通りのチョコレート菓子です.

ロッテで冬季限定販売される、人気の洋酒チョコレートです。ブランデーの中でも高級なコニャックをミルクチョコで包んでいます。砂糖のザラザラ感がないので、一粒で芳醇な味と香りを楽しむことができます。手頃な価格で、高級感のある洋酒入りチョコを楽しみたい人におすすめです。

ウイスキー入りのチョコ

LAROSHELL(ラロシェル) スコッチウイスキーチョコ
LAROSHELL(ラロシェル) スコッチウイスキーチョコ
口コミ

こりゃあ、マジもんのウィスキーを感じる。うまい。あんまり食べると酒気帯びになるかもしれない。

ラロシェルは、ドイツ最古のチョコレート会社「ハローレン社」のリカーチョコレートブランドです。スモーキーで芳醇なスコッチウイスキーを使用したチョコは、ドイツではギフトとしても人気があります。歴史あるチョコと、芳香豊かなウイスキーの風味を楽しみたい人におすすめのチョコです。

ハワイのマカダミアナッツチョコ

ハワイアンホース マカデミアナッツチョコレート
ハワイアンホース マカデミアナッツチョコレート

¥ 2,160

口コミ

美味しいです。お土産でも、自分で購入しても とにもかく最高です。

ハワイのお土産の定番と言っても過言ではない、マカデミアナッツチョコレートの中でも、最も有名なチョコは、茶色い箱が目印の「ハワイアンホースト」の商品です。

油や添加物を使わずに、独自のドライロースト製法で焼き上げたハワイ産マカデミアナッツを、オリジナルのミルクチョコレートで包んでいます。ハワイのお土産にはもちろんのこと、日本でハワイの味を味わいたい人におすすめです。

ラムレーズン入りのチョコ

ロッテ ラミー
ロッテ ラミー

¥ 2,160

口コミ

高品質のチョコレートで昔からのファン。季節が変わりいつの間にか店頭から消える。

1965年の発売開始以来、みずみずしいラムレーズンと生チョコの組み合わせが人気で、今もなお大ヒットを繰り広げるチョコです。冬季限定販売なので、販売開始とともに買い占める人が続出します。

人気の秘密はラミーに適した品質やサイズの選別が行われた、ふっくらみずみずしいラムレーズンです。厳選されたレーズンだけを、ラム酒入りのシロップにじっくり漬け込んで作られています。ラムレーズンが好きな人や、大人味のチョコを楽しみたい人におすすめです。

コーヒー豆が入ったチョコ

ドトールコーヒービーンズチョコ
ドトールコーヒービーンズチョコ

¥ 1,123

口コミ

高齢の母がおやつに楽しんでいます。大人っぽいパッケージも気に入っているようです。

お菓子メーカーの「カバヤ食品株式会社」と、人気コーヒーチェーン「ドトールコーヒー」がコラボして作ったチョコです。商品専用に焙煎したドトールのコーヒー豆を丸ごと一粒使い、ホワイトチョコとセミビターチョコを2層にコーティングした「Wチョコレート仕立て」となります。コーヒー豆のほろ苦さと、チョコの甘さを同時に味わいたい人におすすめです。

カルディで買えるチョコ

カルディオリジナル オレンジピール イン ダークチョコレート
カルディオリジナル オレンジピール イン ダークチョコレート

シロップ漬けにしたジューシーなオレンジピールを、ベルギー産のダークチョコレートでコーティングした、カルディオリジナルのチョコです。オレンジピールの種類のほかに、グースベリー、ブルーベリーがあります。

酸味のあるフルーツと、ほろ苦いダークチョコレートの相性を楽しみたい人におすすめのチョコです。

コストコで買えるチョコ

KIRKLAND(カークランド) シグネチャ ミルクチョコレート アーモンド 1.36kg
KIRKLAND(カークランド) シグネチャ ミルクチョコレート アーモンド 1.36kg
口コミ

この商品は、購入しないほうが良いです。ついつい食べてしまいます。我慢しながら1か月持たせました。

コストコのプライベートブランド「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」のアーモンドミルクチョコです。香ばしいアーモンドに、口どけの良いミルクチョコをコーティングしています。1.36kgと大容量なので、職場や学校への差し入れや、パーティーにもおすすめです。

抹茶チョコ

ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート [抹茶]
ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート [抹茶]
口コミ

抹茶にはまっていて購入しました。甘さ控えめでおいしかったです。

北海道に生産拠点を置く人気チョコレートブランド「ロイズ」は、生チョコ、プラリネ、板チョコ、ポテトチップチョコなど、さまざまな商品を展開し、どの商品も根強いファンがついています。

なめらかな口当たりに定評のある生チョコの中でも、香り高い抹茶とホワイトチョコレートに、生クリームをたっぷり練り込んだ「生チョコレート(抹茶)」が人気です。顧客の商品レビューでも高評価で、チョコの風味も抹茶の風味も味わいたいという人におすすめです。

苺入りのチョコ

ルタオ (LeTAO) チョコレート プチショコラ ストロベリー
ルタオ (LeTAO) チョコレート プチショコラ ストロベリー
口コミ

予想通り、フリーズドライの苺はちゃんと、苺の甘みと酸っぱさを保持しつつ、周りの苺パウダーも甘過ぎず、イチゴ本来の味を引き出していました

北海道小樽の人気菓子店「洋菓子舗ルタオ」で人気の苺チョコです。甘酸っぱい苺パウダーの中にフリーズドライ製法の苺を丸ごと一粒閉じ込め、ホワイトチョコでコーティングしています。

苺はあえて酸味のあるものを選び、ホワイトチョコの甘味と苺の味を最大限に引き出す工夫がされています。見た目にもかわいく、パッケージが缶で高級感があるので、贈り物にもおすすめです。

ミント味のチョコ

ハローレン ロイヤルミント
ハローレン ロイヤルミント
口コミ

チョコの中にミント味の強いシュガークリームが入っています。チョコ味よりミント味圧倒的に強いでので、ミント好みの人には良いと思います。

チョコミント味が好きな人におすすめなのが、ハローレンのロイヤルミントです。ハローレンは、ドイツで最も古い歴史を持つ、チョコレートメーカーです。板状の薄いチョコレートの中に、ミントクリームがたっぷり入っています。

甘さが控えめで、ミントの風味が強いので、甘すぎるチョコが苦手な人にもおすすめです。

プラリネ入りのチョコ

WITOR'S(ウィターズ) ミルクチョコレート プラリネ
WITOR'S(ウィターズ) ミルクチョコレート プラリネ
口コミ

ホワイトデーに頂き、とても美味しかったので購入しました。ほど良い甘さなので、ついつい5・6個は食べてしまいます。

プラリネとは、砂糖をカラメル状にしたものと、ローストしたナッツをすり潰してペースト状にしたものを、溶かしたチョコに混ぜます。 国によっては、一口サイズのチョコの種類として、プラリネチョコと言うこともあります。

イタリアのチョコメーカーWITOR'S(ウィターズ)のミルクチョコレートプラリネは、中にコーンシリアルとクリーミーなミルクが入っています。甘味は強いですが、エスプレッソコーヒーやブラックコーヒーと相性が良いので、コーヒーのお供におすすめです。

変わり種のチョコ

タイトルを入力してください
タイトルを入力してください

¥ 551

口コミ

ビターチョコ×柿の種がとっても美味しく袋を開けると止まらなくなります。

日本のチョコメーカー「寺沢製菓」が作る、柿の種チョコです。味付きの柿の種に、チョコレートをコーティングしています。おかき部分の塩気と、チョコの甘味がクセになる美味しさです。

300gの大容量ですが、「ついつい食べ過ぎてあっという間になくなる」「止まらなくなる」というレビューが続出しています。パーティーやお酒のおつまみに、おすすめしたいチョコです。

おすすめのチョコのメーカー・ブランド3つと代表製品

GODIVA(ゴディバ)

ラッピングトリュフアソートMMH
ラッピングトリュフアソートMMH

¥ 1,350

口コミ

ゴディバが大好きな父にバレンタインに贈りました。値段も手ごろなので、ちょっとしたお礼や贈り物にも良いです。

世界的に有名なチョコブランドGODIVA(ゴディバ)の誕生は、1926年に創業者のドラップス氏が、ベルギー・ブリュッセルの自宅の地下室を使ってチョコを作ったのが始まりと言われています。1945年に店舗として出店して以来、世界の人気ブランドとして、今もなお走り続けています。

日本には、高級チョコレートの先駆けとして1972年に出店し、現在では250以上の店舗を構えています。ゴディバ伝統のトリュフを、時代に合わせた技術や原料を用いて創造的な味わいにし、かわいらしいパッケージで包んだ「ラッピングトリュフアソート」は、プレゼントはもちろんのこと、自分へのご褒美におすすめしたいチョコです。

ピエール・マルコリーニ

チョコレート レ バレンタイン セレクション
チョコレート レ バレンタイン セレクション

ピエール・マルコリーニは、1964年にベルギーで生まれ、数々の名店で修行した1994年に、ショコラティエとして独立しました。ベルギーを代表するショコラティエでありながら、日本でも絶大な人気を誇り、イケメンショコラティエとしてテレビや雑誌でも引っ張りだこです。

マルコリーニはショコラティエとしてだけではなく、忙しいスケジュールの合間に、カカオ豆の仕入れルートの獲得や選別、調合、焙煎まで自分で行います。2015年には、ベルギー王室御用達の称号を拝領しました。

毎年、店舗やデパートに登場するなり、売り切れ続出の「バレンタインセレクション」は、見た目にも美味しさにも間違いない逸品です。本命チョコとしておすすめしたいブランドです。

DEMEL(デメル)

デメル ソリッドチョコ猫ラベル
デメル ソリッドチョコ猫ラベル
口コミ

値段はちょっと高めではありますが、パッケージも可愛いし何よりおいしいので毎年購入しています。

オーストリア・ウィーンでは、皇帝や王侯貴族たちに召しかかえられた「ツッカーベッカー」と呼ばれる菓子職人たちが居ました。「ツッカーベッカー」のひとりが菓子店を開きましたが、後を継いだ息子が政界進出を果たしたため、当時の職人長の「デメル」に店を譲ったことから名店デメルの歴史が始まりました。

デメルのチョコの中でも、猫の舌の形をしたかわいらしい「ソリッドチョコ 猫ラベル」は、かわいさだけではなく、持ちやすいさ、口どけの良い薄さで大変人気の商品です。

ミルク、スイート、ヘーゼルナッツの3種類がありますが、パッケージの色が異なり、どれも猫のかわいらしい箱なので、ついつい集めたくなります。女性へのプレゼントにおすすめのチョコです。

おすすめのハイカカオチョコ

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ハイカカオチョコは、美容やアンチエイジングに効果的ということで、スーパーフードとして多くのメディアに取り上げられ、話題になっています。カカオ含有量が70%以上のおすすめハイカカオチョコをご紹介します。

明治

チョコレート効果カカオ72%BOX
チョコレート効果カカオ72%BOX

¥ 1,188

口コミ

甘すぎず、美味しく頂けるのでずっと食べ続けていこうと思ってます。

市販のチョコが甘すぎるという人におすすめのハイカカオチョコです。チョコレート効果のポリフェノール含有量は、標準のチョコの2倍と高く、1枚に含まれるポリフェノール量は127mgです。赤ワインが100gで180mgのポリフェノールを含有しているので、チョコ1枚で127mg摂れるのは効率的と言えるでしょう。

森永製菓

カレ・ド・ショコラ<カカオ70>
カレ・ド・ショコラ<カカオ70>

¥ 2,138

口コミ

カカオからポリフェノールを採りたくて買いました。甘くはないですが、苦すぎもせず、ちょうどいいおいしさです。

カカオ70%の本格的なビターチョコレートとして、日本市場に初めて登場したのが、森永製菓の「カカオ70」です。数種のカカオ豆をブレンドし、カカオ豆に含まれる酸味や雑味を減らしています。コクがあって食べやすく、香りを引き出すための工夫がされています。シンプルにカカオの風味を味わいたい人にもおすすめです。

不二家

タイトルを入力してください
タイトルを入力してください

¥ 1,350

口コミ

とても美味しかったです。 また冬のチョコの季節になったら食べたいと思います。

不二家が特製ブレンドした、カカオ分70%の薄板チョコレートです。「カレ」とは、フランス語で四角や正方形を意味します。「カカオの苦みとほのかな甘みのバランスが絶妙」と高評価を得ているハイカカオチョコです。個包装で、箱のデザインもおしゃれなので、オフィスでの「置きチョコ」としてもおすすめです。

チョコの使い方・活用方法・楽しみ方

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめのチョコレートの使い方や活用方法、楽しみ方について紹介します。

おすすめのチョコの使い方

チョコはそのまま食べるのも良いですが、料理に使うのもおすすめです。例えばカレー、ビーフシチュー、ミートソースなどを作るときに、余ったチョコをほんのひと欠片入れるだけで、コクや風味が増します。酸味をまろやかにするので、とがった味の解消におすすめです。

チョコの活用方法

溶けてしまったチョコや食べ飽きてしまったチョコがあるときに、おすすめの活用方法をご紹介します。チョコを細かく刻み、温めたホットミルクに入れると「ホットチョコレート」の完成です。好みで砂糖を加えたり、マシュマロを加えたりすると、さらに甘くなって美味しくなります。

また、細かく刻んだチョコ、バター、マシュマロを鍋に入れて溶かせば、食パンに塗って美味しい「チョコレートクリーム」ができます。食パンのほかにも、アイスクリームやパンケーキにかけるのもおすすめです。

チョコの楽しみ方

お菓子としてそのまま食べるのも良いですが、チョコと相性の良い食品と組み合わせて食べるのもおすすめです。

ポテトチップとチョコを組み合わせた商品が大ヒットしたように、塩気のある食べ物とチョコは相性が良いと言えます。ファーストフードのポテトにチョコディップをつけて食べたり、塩気のあるクラッカーにチョコを挟んで食べるのもおすすめです。

また、チョコはいろいろな飲み物と相性の良いお菓子です。コーヒー、紅茶、牛乳はもちろんのこと、ワイン、日本酒、洋酒などのお酒、緑茶・抹茶・紅茶などの茶葉とも相性が良いと言えます。自分のお気に入りのチョコが、どのような飲み物と相性が良いのか、試してみるのも楽しいでしょう。

いろいろなチョコを楽しもう

チョコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

世界には数えきれない数のチョコが存在します。自分のお気に入りやベストチョコが決まっていても、まだ運命のチョコに出会えていないこともあるでしょう。いつものチョコを楽しむのも良いですが、たまには新製品や他の国のチョコを楽しむのもおすすめです。

Related