Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月13日

白だしおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

あなたは料理に白だしを使いますか。白だしは万能な調味料で、めんつゆと同じように活躍してくれます。白だしを使えば煮物はもちろんのこと、おでんやお吸い物など簡単に作ることができます。白だしを使えば茶わん蒸しも簡単に作れます。そんな白だしの魅力を紹介します。

白だしおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめの白だしの種類と選び方を教えて!

白だしおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

近頃のスーパーの調味料スペースには、バラエティ豊かな調味料が陳列されています。その中でもとりわけ和、という印象が強いのが白だしです。

みなさんは白だしを使って料理をしていますか。白だしは煮物など和食にしか使えないというイメージを持つ人も多いですが、実は使い方次第では和、中、洋にも使える万能な調味料です。

そんな白だしの魅力を紹介していきましょう。

白だしの種類は豊富なの?

白だしは何でできているでしょうか。かつお節や昆布からとった出汁に白醤油、薄口醤油やみりんを加えてできた調味料です。さまざまな材料が加わりますが、メーカーによって加える材料は異なります。

白だしは透き通っている出汁なので、素材の色を活かした料理によく使われます。しかし塩分はしっかり効いているので、味の調節は必要です。

白だしの種類は液体のみだと言う人も多いですが、実は粉末タイプの白だしもあります。粉末タイプの白だしなら、トッピングとして冷ややっこにかけたり、おにぎりに混ぜ込むなどして楽しむことができます。

白だしのおすすめの選び方は?

白だしは茶わん蒸しを多く作るために作られた、という説が流れたこともあります。ですから茶わん蒸しを作るのに白だしはおすすめです。白だしは薄口しょうゆ、白醤油を使ってできていますから、茶わん蒸しの色も綺麗に仕上がります。

そんな白だしのおすすめは昆布やかつお節、シイタケなどがベースになって作られているため、栄養もバランスが良いのが特徴です。ビタミンB群も含まれているので代謝機能をアップさせることもできます。

おすすめの選び方はシンプルで、白だしにも減塩タイプなど多くの種類が販売されていますから、自分の体や健康状態に合わせて購入すると良いでしょう。

おすすめの白だし人気ランキングTOP3を公開!

煮物やお浸し、丼に少し使うだけでも料理が美味しく仕上がる白だしは、さまざまな料理とマッチします。色が薄い出汁なので、素材の色も引き立ちます。

そんな万能調味料とも言えるおすすめの白だしは、どのようなタイプが売れ筋なのでしょうか。おすすめの白だしを紹介しましょう。

ランキング3位:日東醸造 三河白だし

こちらの白だしは、かつお節などの動物性の原料は一切使用せず、植物素材だけで作られたおすすめの白だしです。

足助仕込三河しろたまりをベースに、酵母エキス、野菜エキスや砂糖も使わず、素材の旨味、甘みだけで仕上げています。無添加なので、安心して使うことができる白だしです。

ランキング2位:まほうだし(白だし)

本格的な味を、手間暇かけずに出すことができる白だしがこちらのまほうだしです。時間がない夕食の支度でも、さっと使うことができ、本格的な味わいを出すことができます。

かつおと昆布の優しい出汁を使っています。お吸い物、浅漬けなどにも重宝します。まただし巻き卵を作る際にこちらの白だしを加えるだけで、上品な味のだし巻き卵を作ることができます。

家庭で簡単に和食料理店の味を再現できる、まさにまほうの白だしです。

ランキング1位:マエカワ だし屋が造った無添加白だし しあわせ

ランキング1位は、だし屋が造った無添加白だししあわせです。

いわしぶしやとびうお煮干し、昆布屋シイタケの出汁をじっくり時間をかけて煮詰めた、濃厚な味の白だしです。化学調味料や保存料は一切入っていない無添加の白だしです。

たんぱく質加水分解物や酵母エキスも使っていない本格的な白だしです。天然素材が使われているため、素材の味を充分活かしてくれるおすすめの白だしです。

特徴や用途別に見るおすすめ白だしを紹介

白だしにも色々な種類がありますし、多くのメーカーから販売されています。その味もメーカーによって異なります。白だしの特徴もありますし、何に使うかによってどの白だしを選ぶかも決まります。

そこで白だしの特徴や使いたい料理のためにおすすめしたい白だしを紹介します。

無添加でおすすめの白だしはあるの?

やはり毎日食べるもの、和食を作る際に少々加えるだけで味が変化する白だしは、無添加にこだわりたい、そんな人には無添加の白だしがおすすめです。

和食が中心の食生活をしている人は、特に無添加にこだわりたいでしょう。そこで無添加の白だしでおすすめな商品を紹介します。

特選料亭白だし

特選料亭白だし
特選料亭白だし
口コミ

手軽に使えて無添加!料理が下手でも良い味の和食ができます。

白だしの原料は、実は小麦です。この白だしは有機小麦、有機大豆をベースに仕込んでいます。

また日本で唯一の有機白醤油を使い、鹿児島の本枯節や大分産のどんこ、北海道産の昆布を煮だしてできた天然のおすすめ白だしです。

白醤油の甘みや風味を感じ取ることができ、味もハッキリしているので、業務用としても使える一品です。保存料や着色料は一切使っていない無添加でおすすめの白だしです。

うどん用に使えるおすすめの白だしはどれ?

うどんが美味しいと言えば、やはり関西でしょう。関西人が関東のうどんを食べると、スープが醤油のように黒くて美味しくないとまで言います。

それほどまでにうどんは関西人にとって馴染み深く、昔から愛されてきた食事です。そんなうどんにマッチするおすすめの白だしはあるのでしょうか。

鎌田醤油 十倍白だし

鎌田醤油 十倍白だし
鎌田醤油 十倍白だし
口コミ

大根を炊いたり、茶わん蒸しにも。そしてうどん!京風のおいしいうどんができます。

香川と言ったらうどんと言うほどまでに、香川県はうどんの名産地です。数多くのうどん屋さんがのれんを開いており、おすすめの有名うどん屋もたくさんあります。うどん食べ放題ツアーもあるほどです。

創業220年以上の香川県の老舗醤油メーカーが作るこちらの白だしは、10倍希釈タイプです。かつお節にうるめいわし節、サバ節やシイタケに昆布など、天然素材の一番出汁をベースに使っているおすすめの白だしです。

さらに追いガツオを加え、風味豊かに仕上げました。泡口醤油で仕上げており、上質な味を楽しむことができます。贈り物としても喜ばれるおすすめの白だしです。

美味しい鍋を作るためにおすすめの白だしはどれ?

鍋と言えばやはり冬に食べたい料理です。しかし夏場の鍋もエアコンが効いた中食べるのもツウです。そんな美味しい鍋を作るためにおすすめの白だしはあるのでしょうか。なべつゆに最適な白だしはどんな白だしなのでしょうか。

創味 創味の白だし

創味 創味の白だし
創味 創味の白だし
口コミ

味はめっちゃ美味しかったです。凄くしっかりした味です。 色んな料理に使えるのでどんどん使っていきたいと思います。

鍋でやはり美味しいのはカニ鍋ではないでしょうか。カニを食べていると幸福感に包まれます。そんなカニ鍋に最適な白だしがこちらのおすすめの白だしです。

カニから旨味成分が豊富に出るため、白だしはそれほど食わなくても良いでしょう。少し薄い程度で充分です。

そして最後のシメにカニ雑炊を食べる頃には、旨味とコクたっぷりの雑炊ができあがります。カニの濃厚な風味と、白だしのふんわりした甘さが絶妙に相まって、美味でしょう。

その他、こちらの白だしはさまざまな鍋料理に使うことができます。おでんはもちろん、水炊きも白だしを入れるだけで一風変わった美味しい味に変化します。鍋を楽しむならこちらの白だしがおすすめです。

茶わん蒸しを美味しく仕上げるためのおすすめ白だしは何?

今では家庭で茶わん蒸しを作るということは少なくなったのではないでしょうか。茶わん蒸しは実は簡単な料理ですが、若干出汁加減が難しく、蒸すタイミングも分からないという人が多いです。

しかし蒸し器が自宅にあるのなら、茶わん蒸しを1度は作って欲しいおすすめの白だしがあります。茶わん蒸しを上品な味わいに仕上げてくれるおすすめの白だしです。

光浦醸造 まほうだし

光浦醸造 まほうだし
光浦醸造 まほうだし
口コミ

お気に入りのだしです。

創業以来150年以上もの間、味噌や醤油など伝統的な日本の調味料を製造し続けている山口県の光浦醸造から販売されているのが、こちらの白だしです。

カツオと昆布が豊かに香り、原料や製法にもこだわりを持って作られています。ネーミングセンスの良さも光るおすすめの白だしです。茶わん蒸しに使えば、まさにまほうのような美味しい茶わん蒸しを作ることができます。

その他、だし巻き卵にも使え、本格料亭の味を家庭で楽しむことができます。

調味料として活躍してくれるおすすめの白だしはどれ?

煮物や汁物などに活躍してくれるおすすめの白だしは何でしょうか。特に1人暮らしだと、自炊したほうが健康的なのもお財布事情にも良いのは分かっていても、レパートリーが少ないのがデメリットです。

しかしおすすめな調味料があれば話は別です。塩や胡椒、砂糖以外にも万能な調味料は存在します。その中の1つが白だしです。白だし1つあれば、一人暮らしでも簡単に料理を美味しく作ることができます。

割烹白だし

割烹白だし
割烹白だし

¥ 1,102

口コミ

スゴく簡単に炊き込みご飯がつくれる。 米2合に白だし、具をいれて炊飯するだけ。

まず1人暮らしで揃えたい調味料としておすすめなのが白だしです。白だしは実際は白醤油という醤油を加工してできています。ですから味はしっかりしています。

白だしのおすすめな点としては、出汁が非常に効いていること、醤油ベースなのでしっかり味付けができること、最後に色が非常に薄いことです。

出汁の味がしっかり効いていることは大切なことです。日本人の舌は塩や砂糖、醤油や出汁などで食事の旨味を感じます。しかし白だしはこの全てを兼ね備えています。お湯で割るだけでお吸い物も簡単に作れますし、1人暮らしにはおすすめです。

少し本格的な煮物を作ろうと思えば、白だしと砂糖があれば充分ですし、醤油なので炒め物にも中華料理にも使うことができます。

注意したい点は白だしは透明な色をしているので、味が薄いと思う人も多いですが、印象よりずっと塩分が多いため、味見をしながら調味料として使いましょう。

おすすめ白だしの人気メーカー・ブランド代表製品3つを紹介!

白だしが万能な調味料として使うことができると分かった所で、おすすめの白だしの人気メーカーを調べてみましょう。どのようなメーカーがどんな白だしを販売しているのでしょうか。その中でも特に代表的な製品を3つご紹介しましょう。

七福醸造の作る特選料亭白だし四季の彩

特選料亭白だし四季の彩
特選料亭白だし四季の彩

こちらの白だしは、七福醸造が販売しています。七福醸造と言えば、日本で初めて白だしを開発したメーカーです。

濃厚な旨味が特徴で、味付けはこの白だしだけで充分です。厳選国産素材が生み出す豊かなコクや香りがまた魅力的です。このメーカーで人気ナンバーワンを獲得していているおすすめの白だしです。

より自然な食品を作るため、多くの出汁を調合することにより上品な味わいを出します。保存料や着色料は一切入っていません。

こちらのメーカーはその他さまざまな白だしを販売していますが、この白だしは特に人気のあるおすすめの白だしです。

越後良寛しょうゆのとび魚の白だし

越後良寛しょうゆのとび魚の白だし
越後良寛しょうゆのとび魚の白だし
口コミ

だし巻き卵や刺身の漬け、もちろん煮物にも多彩に使えます。

とび魚(あごだし)の白だしを販売していているのが、越後良寛醤油というメーカーです。飛び魚の産地は長崎県の五島列島沖と、島根県の山陰沖の出汁をブレンドして作られています。

とび魚は干物にした後に焼くことで、魚の臭みを旨味に変えるように工夫されています。その旨味を液体に混ぜ込んであります。

出汁の風味を活かせるように、その他の調味料として厳選したうすくち醤油やみりん、昆布など必要最低限の出汁しか入っていません。化学調味料を使用していないため、自然な味わいで素朴な味を実現できます。

特に卵料理と相性の良いと言われるこちらのおすすめの白だしは、その独特な味に魅了され、リピーターも多いです。

「ヤマシン」の白だし

「ヤマシン」の白だし
「ヤマシン」の白だし

ヤマシンが販売している白だしで、長年のファンが多いおすすめの白だしです。本醸造白醤油に、ヤマシンが厳選したかつお節やサバ節、シイタケや昆布を豊富に使った白だしです。薄めるだけであらゆる料理に使うことができます。

素材の風味、味を活かし、色も鮮やかに決まります。色は白いですが、しっかりした味付けができるのも魅力的です。

白だしの使い方やおすすめの活用方法を覚えておこう!

白だしは和食や中華、時には洋食の味付けにも一工夫すれば美味しくいただくことができる万能調味料だと分かりました。そんな白だしの使い方をご紹介しましょう。白だしを活用すれば、料理の幅も広がります。

いつもの煮物が一瞬にして割烹料理店の味に変わります。

白だしを使ったおすすめレシピを紹介

ではここで白だしを使ったおすすめのレシピを紹介します。難しいことはありません。味付けは白だしだけでも充分です。1人暮らしを始めたばかりの人も、出汁を取るのが面倒だという人も、白だし1つあれば問題なしです。

そんな美味しいレシピを紹介しましょう。

大根と白菜としめじの白だし煮

冬場になれば大根の煮物がほっこり美味しく食べたくなります。普段大根をあまり食べない人も、白だしを使った大根の煮物は美味しく食べることができます。

用意するものは大根、白だしにお米のとぎ汁、しめじやホウレン草、黒胡椒です。

まずは大根を米のとぎ汁で下茹でします。くしがすっととおるくらいまで柔らかく煮込めばOKです。鍋に白だしと水、大根を入れ、くつくつと煮込みます。大根に味がとおったらシメジやホウレン草を加えます。お好みで白菜なども入れても良いでしょう。

あとは水溶き片栗粉でとろみをつけ、器に盛るだけです。アツアツのうちに食べましょう。とろみがあるため火傷に注意ですが、白だしの味がマイルドに効いており、大根の旨味成分と絶妙にマッチするレシピです。

茹でて漬けるだけ!!ブロッコリーとパプリカの白だし柚子胡椒漬け

とても簡単で、そして美味しい白だしのおすすめレシピがこちらです。

ブロッコリーとパプリカを茹で、白だしと水、柚子胡椒に材料を漬けて、冷蔵庫で寝かすだけというお手軽レシピ。カロリーオフで、常備菜としても活躍します。1人暮らしでも簡単に作ることができる野菜不足解消の一品です。

パプリカは生のままでも使えますが、茹でたほうが味が染みやすいので、ブロッコリーと一緒に茹でたほうが良いでしょう。

白だしを使えばいつもの料理が料亭の味に変化する!

みなさんは白だしを侮っていませんでしたか。これほどまでに万能な調味料はありません。塩分は多少多いものの、今では減塩の白だしも販売されています。

白だしは多くの料理に使うことができ、粉末タイプもあるため、さらっとかけるだけで本格的な味わいに仕上がります。もちろん調理時に使っても料亭の味を実現できます。

白だしをほとんど使ったことがないという人は、この記事を参考に、しばし白だしについて考えてみましょう。料理が作りたくなること間違いなしです。

Related