Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月17日

バルサミコ酢おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バルサミコ酢を使った料理を作ったことはありますか。あまり日本人はバルサミコ酢を使わないことが多いですが、実は1度使ってみると万能なお酢であることがわかります。サラダのドレッシングにする、煮詰めると美味しいソースになります。そんなバルサミコ酢を紹介しましょう。

バルサミコ酢おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

バルサミコ酢の種類や選び方について学ぼう!

多くの日本人は、バルサミコ酢を使っていません。バルサミコ酢はイタリア料理に欠かせない食品ですが、まだまだ日本では馴染みがありません。

それにバルサミコ酢は独特な風味があるため、好き嫌いも別れます。しかしバルサミコ酢はさまざまな料理に使えるおすすめのお酢です。

そんなバルサミコ酢について紹介していきましょう。

バルサミコ酢の種類とは?

黄金の液体とも呼ばれるバルサミコ酢は、イタリアのモデナという都市で長い月日をかけて熟成させてできあがります。原料はブドウだけでできており、甘みの強いトレッビアーノ種というブドウを使って作られています。

バルサミコ酢と一概に言っても、その種類は豊富で、熟成させた期間や年月によって価格も異なり、味も違ってきます。リーズナブルな価格で購入できるバルサミコ酢もあれば、とても高級なバルサミコ酢もあります。

日本でも大手のショッピングモールでバルサミコ酢を見かけるようになりましたが、まだまだ日本には浸透していません。しかしバルサミコ酢はデザートにも使うことができますし、色々な食材に合うものも多く、身近なお酢として徐々に認知されてきています。

バルサミコ酢のおすすめな選び方を紹介

バルサミコ酢を選ぶ際、どこに注意すれば良いのでしょうか。バルサミコ酢は原材料はブドウのみなので、ポリフェノールがたっぷり入っており、抗酸化作用もあるため、美肌にもおすすめのお酢です。

しかしどのバルサミコ酢でも良いわけではなく、おすすめな選び方があります。それが、ワインビネガーとブドウ果汁から作られているバルサミコ酢を選ぶということです。

日本で市販されているバルサミコ酢の中には、ワインビネガーとブドウ果汁、それにカラメル色素や亜硫酸塩が配合されている商品があります。亜硫酸塩は酸化防止のために入っており、カラメル色素は色を付けるために入っています。

ワインビネガーとブドウ果汁だけで作られたバルサミコ酢は、本物のおすすめのバルサミコ酢と言えます。ただ多少値段が高いのがネックです。

人気のバルサミコ酢おすすめランキングTOP3発表!

バルサミコ酢を使いこなせば、おしゃれな料理達人だと思われるでしょう。普段扱い慣れていないバルサミコ酢のおすすめ商品を紹介しましょう。

独特の香り、他の酢にはない甘さがあるため、色々な料理に使うことができるバルサミコ酢のおすすめランキングです。

ランキング3位:キューネ / アセト バルサミコ

ランキング3位はアセトバルサミコと言うバルサミコ酢です。

こちらのバルサミコ酢は添加物は一切含まれておらず、本物バルサミコ酢を世界に広げようとバルサミコの老舗であるマルピーギ社が販売しているバルサミコ酢です。

マルピーギ / バルサミコ  バルサモ ディヴィーノ
マルピーギ / バルサミコ バルサモ ディヴィーノ

伝統技術を活かした製法で作られたこちらのバルサミコ酢は、ブドウのまろやかな甘みや酸味、香りが楽しめるおすすめのお酢です。ブドウのしぼり汁だけを原材料として使い、1年ごとに樽を変えながら6年かけて熟成させています。

ブドウの芳香な香りが特徴のおすすめのバルサミコ酢です。

ランキング2位:ジロロモーニ 有機バルサミコ酢

2位はジロロモーニ 有機バルサミコ酢です。

イタリア北部のエミーリア・ロマーニャ州のモデナで有機栽培されたブドウを使って作られたおすすめのバルサミコ酢です。

ジロロモーニ 有機バルサミコ酢
ジロロモーニ 有機バルサミコ酢

¥ 1,620

口コミ

なかなか添加物の少ないバルサミコで、甘みのあるものはないですが、これはほんのり深みを感じる甘さがあります。

こちらのバルサミコ酢は、酸味と甘みが絶妙なバランスを保っているバルサミコ酢の1つです。有機栽培のブドウを使っているため、有機JASの認定も受けています。

じっくり5年の歳月をかけて熟成させたこちらのバルサミコ酢は、有機濃縮ブドウ果汁をブレンドして作られています。甘みと酸味のバランスが絶妙なバルサミコ酢です。

オリーブオイルと塩コショウに合わせると、サラダに相性の良いドレッシングになりますし、肉料理のソース作りにも役立ちます。フルーツなどにかけても美味しくいただけるバルサミコ酢です。

ランキング1位:アチェート バルサミコ ディ モデナ グランシジッロ インヴェッキアート

アチェート バルサミコ ディ モデナ グランシジッロ インヴェッキアート
アチェート バルサミコ ディ モデナ グランシジッロ インヴェッキアート

ワイナリーのメーカーが作っているおすすめのバルサミコ酢です。

クオリティの高さ、コストパフォーマンスの高さにおいて長けており、まろやかな風味や芳醇な香りが特徴です。シンプルな素材にかけて食べるのがおすすめです。チーズやフルーツなどに良く合います。

先祖代々当主だけがその手法を継承し、家族にも教えることのない製法で作られたおすすめのバルサミコ酢です。

特徴や使用別におすすめのバルサミコ酢をチェックしよう!

バルサミコ酢にも多くの種類がありますから、特徴もそれぞれあるでしょう。料理に合うバルサミコ酢もあれば、デザートに良く合うバルサミコ酢もあります。

サラダにかけると普通のサラダがレストランのサラダに一変するバルサミコ酢もあるでしょう。

そんな特長や使い道によっておすすめしたいバルサミコ酢を紹介します。

サラダなどのドレッシングにおすすめのバルサミコ酢は?

ドレッシングなど、サラダなどにおすすめのバルサミコ酢にはどのようなタイプが良いのでしょうか。大人の1日の野菜摂取推奨量は350グラムです。両手一杯の量になります。

それだけの量のサラダを食べている現代人は少ないですが、バルサミコ酢があればそれだけのサラダを毎食美味しく摂り入れることができます。

そんなサラダにおすすめのバルサミコ酢はあるのでしょうか。

オリタリア アチェート バルサミコ

オリタリア アチェート バルサミコ
オリタリア アチェート バルサミコ

こちらのバルサミコ酢はコストパフォーマンスが非常に高い商品です。モデナ産でありつつも、毎日の料理に手軽に使うことができるおすすめのバルサミコ酢です。

人気のオリタリアというリーズナブルなバルサミコ酢を提供している最新式の工場で作られています。

多くの生産量を誇り、コストパフォーマンスの良さもあり、イタリアの家庭でも幅広く使われているおすすめのバルサミコ酢です。

もちろんサラダのドレッシングにも相性が良く、サラダにたっぷりバルサミコ酢を使いたいという人におすすめです。

バルサミコ酢のソースは作れるの?おすすめの作り方は?

サラダはもちろん、ステーキやチキンにも相性が良いバルサミコ酢は、かけるだけで洋風レストランの味を家庭で再現できるおすすめのお酢です。

そんなバルサミコ酢のソースは自宅でも作ることができます。バルサミコ酢ソースはバルサミコ酢を煮詰めたものなので、誰でも簡単に作ることができます。

そのままでも美味しいバルサミコ酢を、はちみつと煮詰めるだけで高級感溢れるバルサミコ酢ソースを作ることができます。リーズナブルなバルサミコ酢でもこの作り方で高級なバルサミコ酢の味を堪能することができます。

また肉料理にはバルサミコ酢と赤ワイン、砂糖とバターを加えて煮詰めたソースがおすすめです。コク深いおすすめの手作りバルサミコ酢ができあがります。おすすめの作り方でバルサミコ酢のソースを作ることはできますから、家庭でレストラン顔負けの味を出してみましょう。

専門店で使っているようなバルサミコ酢のおすすめは?

イタリア直輸入店などで取り扱っているバルサミコ酢はどのようなバルサミコ酢なのでしょうか。イタリア料理専門店で食べるパスタや肉料理などにはバルサミコ酢を多く使用しています。

イタリア料理店や専門店で取り扱っているバルサミコ酢は、やはりそれだけおすすめな点が多いのでしょうか。専門ショップで取り扱っているおすすめのバルサミコ酢を紹介します。

Malpighi社 ホワイトバルサミコ酢

Malpighi社 ホワイトバルサミコ酢
Malpighi社 ホワイトバルサミコ酢

¥ 1,944

ホワイトバルサミコ酢という色のついていないおすすめのバルサミコ酢です。特にイタリアの専門店でしか手に入らないおすすめのバルサミコ酢です。

トネリコの木樽で5年熟成させており、上品な甘みがあります。サラダに良く合い、フルーツにかけてもおすすめのバルサミコ酢です。

高級のバルサミコ酢でおすすめはどれ?

長い年月をかけて作られるバルサミコ酢ですが、その中でも特におすすめで高級と言われるバルサミコ酢はどのようなものなのでしょうか。

日本で販売されているバルサミコ酢は、何年も熟成させたものは少なく、本場イタリアの伝統あるバルサミコ酢とは大きくかけ離れています。

そんなバルサミコ酢ですが、究極のバルサミコ酢と言われる商品があります。紹介しましょう。

ムッシーニ

ムッシーニ
ムッシーニ

¥ 10,000

イタリアモデナ地方の老舗メーカーで作られている最高級品質のおすすめのバルサミコ酢です。

バルサミコ酢に使用するブドウは栽培から出荷の荷詰めまで、全て手作業で行われ、工場で生産されているバルサミコ酢とは遠くかけ離れている非常に奥深い味わいを出します。

直火で2日間ブドウを加熱し、その液を樫や栗やサクラなど代々伝わってきた木製の樽へ詰め替えていきます。

このおすすめのバルサミコ酢は、木樽への移し替えは1年に1回、100回も行っている100年熟成させた非常におすすめのバルサミコ酢です。

究極の逸品と言われるのはまさにこれ以外にありません。

おすすめのバルサミコ酢のメーカーブランドの代表製品3つ紹介

バルサミコ酢がどのようなものかわかった所で、おすすめのバルサミコ酢のメーカーとその代表製品を紹介しましょう。どのようなメーカーのバルサミコ酢がおすすめなのでしょうか。

日本人の舌にも良く合うバルサミコ酢はあるのでしょうか。

アルチェネロの有機バルサミコビネガー

アルチェネロの有機バルサミコビネガー
アルチェネロの有機バルサミコビネガー

¥ 724

口コミ

夫がとても気に入っております。 パンが好きなので、焼きたてのパンにオリーブオイルとバルサミコだけで1斤食べています。

イタリアナンバーワンのオーガニックブランドであるアルチェネロのおすすめのバルサミコ酢です。

有機栽培されたブドウを使い、酸化防止剤は一切使っていない、毎日食べても安心のバルサミコ酢です。

ドレッシングとしてオリーブオイルと混ぜてサラダにかけても良し、火で煮詰めて肉料理や魚のソースに使うのもおすすめです。

カーサデルバルサミコモデネーゼの有機JAS認証 ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ

有機JAS認証 ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ
有機JAS認証 ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ
口コミ

香りが良くてまろやかな酸味と微かな甘みがあってとても美味しいです ホワイトなので私はドレッシングやカルパッチョによく使っています

一般的なバルサミコ酢は料理に活用するだけで、深いコクや旨味を増してくれますが、こちらのバルサミコ酢は強くまったりした味はしません。

おすすめなのはフルーティな味わいで、バルサミコ酢特有のコクや風味は持ち合わせながらも、ブドウが本来持っているスッキリした味わいが際立っています。

ドレッシングには非常におすすめなバルサミコ酢で、そのまま飲んでも美味しいおすすめのバルサミコ酢です。

サンテ・ベルトーニのバルサミコ サンテ・ベルトーニ / バルサミコ・ビアンコ

バルサミコ サンテ・ベルトーニ / バルサミコ・ビアンコ
バルサミコ サンテ・ベルトーニ / バルサミコ・ビアンコ
口コミ

値段もリーズナブルで容量も大きいので普段使いに重宝です。

サンテ・ペルトーニから販売されているおすすめのバルサミコ酢です。

オリーブオイルと非常に相性の良いおすすめのバルサミコ酢です。無添加なので毎日食べても体に優しいバルサミコ酢です。

サラダのドレッシングに、デイリーユースに使えるおすすめのバルサミコ酢でしょう。

美味しいバルサミコ酢の食べ方や使い方を覚えよう!

バルサミコ酢はそのままサラダのドレッシングに、煮詰めてソースに使っても、さらにはアイスクリームなどデザートにかけても美味しいものですが、それ以外に美味しい食べ方を覚えましょう。

バルサミコ酢を使ったさまざまなレシピを紹介します。

玄米甘酒とバルサミコ酢のドレッシングサラダ

玄米甘酒とバルサミコ酢に塩麴と言う発酵食品たっぷりのドレッシングでいただくサラダです。

バルサミコ酢とオリーブオイル、玄米甘酒と塩麴、レモン汁少々をあらかじめ混ぜ合わせておきます。

野菜はレタスは一口大に、にんじんを千切りにし、水菜も食べやすい大きさにカットします。マッシュルームはスライスしましょう。

サラダを器に盛り付け、ドレッシングは食べる直前にかけます。胡椒、アーモンドなどをトッピングするとおすすめです。

このサラダは自宅にある野菜をどれでも活用できるサラダですから、葉野菜でもキノコでも、豆類でも食感が楽しめるサラダになります。

バルサミコ酢の甘みが足りない場合ははちみつなどを加えると良いでしょう。

大根と豚スペアリブの白バルサミコ酢煮

豚のスペアリブもバルサミコ酢を使えばさっぱりした味わいに仕上がります。

スペアリブは胡椒、砂糖や酒、薄口しょうゆにあらかじめ漬けて下味をつけます。圧力鍋にオイルを熱したら、スペアリブ全体を焼き、水とバルサミコ酢を加えます。その後、高圧力熱で10分程度加熱します。

自然に圧力が抜けたら、半月にカットした大根を加えて5分から6分前後煮込み、また自然に圧力が抜けるのを待ちます。大根にもじっくり味が浸透しています。

油抜きした厚揚げと油揚げを加えて5分程度煮込み、唐辛子を加えてさらに煮込み、完成です。

使うバルサミコ酢は白バルサミコ酢を使うほうが見栄えが良くなります。ワインとの相性も良くなりますから、白バルサミコ酢が余っているのなら、スペアリブを作ってみましょう。

圧力鍋で手羽元と根菜のバルサミコ酢煮

圧力鍋を使えば、どんな料理も時短で簡単に作ることができます。煮物などにもってこいの調理器具です。今回は手羽元をバルサミコ酢で煮込みます。

手羽元は軽く塩コショウをし、大根にんじんは乱切りにカットします。れんこんは厚めの半月切りにし、厚揚げは油抜きをしておきます。

圧力鍋にオリーブオイルをしき、先に手羽元にこんがりと焼き目をつけます。その後、野菜と八角を加え、全体に油を回しましょう。

調味料には酒、みりん、醤油とうすくち醤油、バルサミコ酢に水を用意し、全てを圧力鍋の中に入れたら高圧加熱で5分から6分前後加熱します。その後、自然に圧力が抜けるのを待ちます。

厚揚げを加えたら、落し蓋をしてコトコトと味が浸みこむまで煮込みます。手羽元にも野菜にも、しっかり味の染みついた煮物が簡単にできあがります。

未知の世界バルサミコ酢!使いこなせばあなたも料理美人に!

いかがでしたか。バルサミコ酢を少しは理解できたでしょうか。

普段あまり使わない、使ったことがないという人も多いバルサミコ酢ですが、使い道は数多くあります。

高級なバルサミコ酢も贈り物に最適ですし、普段使いに毎日サラダにかけて食べたいバルサミコ酢もあります。

あなたの舌に合ったバルサミコ酢をぜひ見つけて料理美人と言われましょう。

Related