Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月28日

餃子のタレおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

餃子は老若男女とわずみんなに愛されている人気の料理ですが、その味の決め手ともいえるタレはあらゆる種類のものが世に出回っています。今回はそんな餃子のタレをおすすめの人気ランキングや特徴別におすすめできるものまでさまざまご紹介していきます。

餃子のタレおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

餃子のタレの種類と選び方

焼いても揚げてもま、た茹でてみてもおいしく食べることができ、子供から大人まで人気の高い万能な料理である餃子はそれをつけるタレによって味わいも全く変わってきます。そのため、餃子のタレ選びは餃子を食べる際の重要なポイントです。

今回はそんな日本人が愛する餃子のタレに注目しておすすめの商品から人気の商品、また自分て手軽に作れるおすすめのアレンジレシピなどをご紹介していきます。

餃子のタレの種類

まずは餃子のタレの種類から見ていきましょう。餃子のタレにはどのような種類のものがあるのか気になりますが、じつは餃子のタレはとくにこれといった分類わけはされておらず公式的に種類があるとはいうことはできません。

しかし、餃子につけるタレは地域によって異なっておりそれぞれの地域色が出ているので今回はそちらをご紹介していきます。

一般的な餃子のタレ

まず、全国的に一般的に愛されている餃子のタレとしては、醤油にお酢とラー油を加えて混ぜ合わせるというものが有名です。

この3つの調味料の混ぜる比率はそれぞれの好みで変化をさせることができ、お店で餃子を食べる際もこの比率が各店で異なり、それぞれのお店がそれぞれのタレ味を持っています。また、後から調味料を加えることで味を調節しながら食べるというのが一般的です。

コショウを使ったタレ

茨城や栃木、群馬などの北関東県では餃子のタレにコショウを使用するという人が多くいます。また、これに隣接する東北の南部地方である宮城や福島、山形県などにもコショウを使用する人がいることが分かっています。

一般的には餃子のタレにはコショウは入れませんが、コショウを入れることによってスパイシーさとコショウ特有の鼻に抜ける程よい辛さが餃子の美味しさを引き立ててくれます。

ぽん酢を使ったタレ

西日本には餃子をポン酢につけて食べるという文化が広く根付いています。特に九州地方にはポン酢派の人が多く、福岡県に至っては半数以上の人が餃子にはポン酢を合わせて食べているということが分かっています。

また、奈良県や徳島県山口県なども、ポン酢を使用する人の割合は高く、西日本全域に広まっていることが分かります。

ぽん酢は一般的な餃子のタレと比較すると、さっぱりとした味わいが特徴的なのでたくさん餃子を食べても重く感じることなくさらっと食べることができます。

餃子のタレの選び方

餃子のタレは地方によって好まれている味わいも異なり、市販のものもメーカーそれぞれで原材料の比率や原材料そのものが異なっているため、あらゆる種類の餃子のタレを食べ比べてみて、自分好みのタレを見つけてみましょう。

がっつりと濃厚な味のタレが好みの方は、醤油をベースに使用した餃子のタレがおすすめです。逆に、さっぱりとした味が好みだという方はぽん酢が使用されているものや、レモンやかぼすなどの柑橘類が使用されているタレがおすすめです。

餃子のタレに正解はないので、ぜひ色んなタレを試してみてお気に入りの一つを見つけてみてはいかがでしょうか。以下におすすめの餃子のタレご紹介していきますので参考にしてみてください。

餃子のタレおすすめ人気ランキングTOP3

まずは、餃子のタレのおすすめの人気ランキングをご紹介していきます。

3位「アミュード ラー油付き餃子のタレ」

アミュード ラー油付き 餃子のたれ(W) (8g × 250食入) 小袋
アミュード ラー油付き 餃子のたれ(W) (8g × 250食入) 小袋
口コミ

使い易い量に価格で、とても助かります。またよろしくお願いいたします。

こちらの「アミュード」の餃子のタレは、餃子のタレとラー油がセットになってパックされた小分けの商品になります。

少量ずつの小分けタイプになっているため、お弁当で持っていくのにももちろん、家にストックしておくのにも最適でおすすめです。使いやすい量でお値段もお手頃なので頻繁には使用しないけれど、家には置いておきたいという方に大変おすすめです。

2位「富士 ギョーザのたれ」

富士 ギョーザのたれ 110g×4本
富士 ギョーザのたれ 110g×4本

¥ 648

口コミ

スーパーの安売りで購入したときからのお気に入りです。 どろっとしたソースに餃子がよく絡み、よりご飯に合うおかずになります。 お酢の配分が絶妙でVery Goodです。

「富士食品工業株式会社」は、国産メーカーとして初めて日本で「オイスターソース」を
提供した会社として有名です。この「オイスターソース」を中心に、消費者が本物の味を手軽に味わえることを目指し、和食、洋食、中華と料理のジャンルを問わず、汎用性のある製品開発をしているメーカーです。

そんな「富士食品」が提供しているこちらの「ギョーザのたれ」は米黒酢というものが使用された酢醤油がベースとなっている商品です。この酢醤油にゴマや豆板醤などが加えられることで、本格的な味わいを楽しむことのできる餃子のタレとなっています。

1位「大阪王将 餃子のタレ 鉄ラー油入り」

大阪王将 餃子のタレ 鉄ラー油入
大阪王将 餃子のタレ 鉄ラー油入

¥ 1,596

口コミ

餃子にとても合いますね。それにラー油がはいっていてさすが、大阪王将ですね。

餃子チェーン店として有名な「大阪王将」のこちらの餃子のタレは、伝統の鉄ラー油が入ったの本格的なつけだれになります。大阪王将の餃子を食べる時にはもちろん、冷凍の餃子やその他のお店の餃子を食べるときにも使いたいおすすめの餃子のタレです。

大阪王将の名物である鉄ラー油に大阪王将独自の大阪地場醤油を使用した醤油味がアクセントとなり絶品と人気の一品です。

おすすめの餃子のタレのメーカー3つとその代表製品

続いては餃子のタレを提供している、おすすめのメーカー3社とその代表的な製品をご紹介していきます。餃子にあわせるタレには何を選んだらいいのか分からないという方は、こちらの有名なメーカーのものから試してみるというのもおすすめです。

ベル食品

ベル食品 餃子のたれ150ml
ベル食品 餃子のたれ150ml

「ベル食品株式会社」は1947年の戦後まもない時期に創業されました。その後初めての製品であるラーメンスープ「華味」を皮切りに、北海道に根付く郷土料理であるジンギスカン用のタレ「成吉思汗のたれ」などあらゆるタレやスープ、つゆなどを提供してきました。

そんな「ベル食品」のこちらの餃子のたれは、旨味の効いたしょうゆとスッキリとした味わいの酸味がおいしいおすすめの商品です。餃子だけでなく、シュウマイや春巻きなどにかけても美味しく食べることができおすすめです。

ミツカン

ミツカン ぎょうざのたれ 150ml
ミツカン ぎょうざのたれ 150ml
口コミ

この餃子のタレは長年使っています。 ただちょっとしょっぱいですよね、味が。

創業から200年を超え、「味ポン」や「追いがつおつゆ」などで有名な「ミツカン」からも餃子のタレは販売されています。

「ミツカン」の餃子のタレは本醸造の醤油と醸造酢、さらに香辛料が混ぜ合わせられているので旨みと酸味、さらに辛味が絶妙なハーモニーを奏で、餃子の味を引き立ててくれます。この味わいは中華料理屋さんの本格的な餃子のタレの味に近いので、本場の味を楽しみたい方はこの餃子のタレを試してみることをおすすめします。

ミエマン

ミエマン 塩ポン酢 360ml
ミエマン 塩ポン酢 360ml

¥ 648

口コミ

いや〜値段は嘘をつかないですね。うまいです。 鍋だけでなくサラダにも焼き魚にも合いました。 他の料理にも色々合いそうです。

創業から300年以上続く「ミヱマン醤油」は天然醸造にこだわった伝統の味を守り、うどんつゆやポン酢醤油、ドレッシングなどの製造販売を行っています。

そんな「ミエマン」のこちらの「塩ポン酢」は化学調味料が無添加の商品のため健康志向の方にも嬉しいおすすめの製品になります。こちらはポン酢ですが、どんな料理にもあい、いつもとまた一風変わった味わいを引き出してくれるため、餃子や唐揚げにはもちろん、しゃぶしゃぶやサラダになどにもドレッシング代わりに使用することができます。

四国産のゆずやすだちの天然果汁がたっぷり使用されたこちらの「塩ポン酢」は、爽やかな酸味と甘みがフレッシュさを感じさせるおすすめの商品です。

特徴・用途別におすすめの餃子のタレ

続いては、おすすめの餃子のタレをその特徴別にご紹介していきます。こんな餃子のタレでないといやだというこだわりのある方はこれからお紹介するものをぜひ参考にして、餃子のタレを選んでみてください。

市販でおすすめの餃子のタレ

S&B 李錦記 餃子のたれ 130g×4個
S&B 李錦記 餃子のたれ 130g×4個

¥ 864

口コミ

たれの味がハッキリしていて、クセになるウマさだと思います。

S&Bから販売されているこちらの餃子のタレは、にんにくの香ばしい風味と唐辛子のピリッとした辛みが効いた餃子のタレとなります。

中国醤油と香酢が効いた味わいのこちらの餃子のタレは、餃子の本場である香港式のタレなので香港式で食べたことがないという方にはざひ一度試したいただきたいおすすめの商品です。

おすすめの味噌だれ

オリバー 神戸餃子味噌たれ 230ml
オリバー 神戸餃子味噌たれ 230ml
口コミ

初めて餃子のタレが味噌ダレでした、今回のオリバー餃子味噌だれ美味しかったです、味噌好きな方にオススメです。

餃子に味噌だれを合わせるというのは、関東の方の中にはあまり馴染みがないという方もいますが、実は味噌だれで餃子を食べるは神戸流の楽しみ方です。

ピリ辛な味噌とにんにく香ばしい旨味が効いたこちらのタレは餃子によくあうので、味噌だれを試してみたことがない人もこちらの商品で一度試してみることをおすすめします。また、この味噌だれは餃子以外にも、炒め物や生姜焼きなんかにもアレンジして使用することができるので、余ってしまった場合でも使い切ることができるのは嬉しいおすすめポイントです。

ぜひ、家庭で神戸の本場のタレで餃子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめの変わり種餃子のタレ

ユーユーワールド ご飯にかけるギョーザスタンダード 110g
ユーユーワールド ご飯にかけるギョーザスタンダード 110g

¥ 518

口コミ

他者のレビューにもありますが、瓶系でご飯のお供はやっぱり海苔の方がいいですね。 商品説明にあるように、ギョーザのタレ代わりに使うと美味いです。

こちらの「かけるギョーザ」はおからやピーナッツ、にんにくや玉葱などがじっくりと煮込まれ、ごま油にラー油、さらにお酢が混ぜ合わせられたタレになります。その味わいはまるで餃子を食べているような味なので、ごはんにのせて食べることがおすすめとされています。

またご飯にかけるだけでなく、ラーメンやうどんに入れてみたり、野菜炒めや冷や奴、また餃子のタレとしてもおいしく食べることができます。特にこの「かけるギョーザ」を餃子につけて食べると味が濃くなりがっつりとしたその味わいに満足することができるのでおすすめです。

餃子に合うおすすめのポン酢

ちば醤油 下総ぽん酢醤油 200ml
ちば醤油 下総ぽん酢醤油 200ml

¥ 378

口コミ

買ったのはAmazonからではなく、千葉のお店です。 でも、Amazonでも買えると知って喜んでいます。 果実の風味がクッキリしていて、 夏にぴったりのとても美味しいポン酢です。

こちらは「ちば醤油」の「国産の柚子と檸檬の下総ぽん酢しょうゆ」という商品で、その商品名のとおり、国産の柚子と檸檬が使用され、さらに国産の大豆と小麦、国産塩が使用された風味のまろやかなぽん酢醤油となっています。

国産の原材料にこだわって作られた本醸造の濃口醤油に、柚子とレモンの風味の豊かさがをたっぷり加えられて仕上げられている商品なので、餃子や焼肉などのこってりとした料理との相性は抜群です。また、サラダのドレッシングとして使用してみたり、鍋の際に使用してみたりと、幅広い料理に合わせておいしく味わうことができるので大変おすすめです。

餃子にあうおすすめの醤油

麻生醤油醸造場 蔵元かぼす醤油 110ml
麻生醤油醸造場 蔵元かぼす醤油 110ml

大分県産のかぼすと九州の味である甘口醤油が調合された風味が豊かなこちらの「麻生醤油醸造場」の「カボス醤油」は、こってりとした餃子の味をまろやかにしてくれるので、餃子のタレに使用するのに大変おすすめです。

これは「麻生醤油醸造場」で昔から伝わる伝統的な手作りの醸造方法で造られており、かぼすの果汁以外には添加物は使用されいないという本物志向な点も人気のおすすめ商品です。
これぞかぼす果汁醤油の元祖ともいうことができます。

かぼすの爽やかな酸味と甘口醤油のなめらかさが合わさったこちらの「かぼす醤油」の味わいは、餃子にはもちろん焼肉や焼き魚、また鍋物などにも使用することができる万能調味料です。餃子は頻繁には食べないという方は、餃子のタレを買うよりも他の料理にも合わせやすいこういった調味料を選ぶことをおすすめします。

餃子にあうおすすめの柚子胡椒

ホシサン ゆずこしょう 60g
ホシサン ゆずこしょう 60g

¥ 432

口コミ

他の柚子胡椒買ったことなくて比較できないですが、非常に美味しいです。 たまごかけごはん、おにぎりに餃子、鍋に、なんでも合って美味しくなってテンション上がります。

こちらの「ホシサン」の「ゆずこしょう」は、九州名産の薬味である柚子胡椒を完全無添加で仕上げられた商品になります。原材料にもとうがらしに食塩、柚子皮のみしか使用されていないため、安心・安全な点が嬉しいおすすめの商品です。

豊かな香りが広がる柚子とピリッとした辛さが病みつきになる青唐辛子が塩漬けされて作られているので餃子にはもちろん、ラーメンやお刺身、水炊きなどにもあう万能な調味料になります。

オリーブオイル使用したおすすめの餃子のタレ

ピエトロ 国産唐辛子とローズマリーの辛味オイル 110g ピエトロ
ピエトロ 国産唐辛子とローズマリーの辛味オイル 110g ピエトロ

原材料にオリーブオイルやローズマリーが使用されたこちらの「辛味オイル」は赤唐辛子のピリ辛さにハーブの風味が加えられた特製のおすすめのタレになります。

辛味のなかから豊かな味わいが広がるため、餃子以外にもピザやラーメンにかけみたり、サラダのドレッシングとしても美味しく使うことができます。さまざまな料理に隠し味として使用して、普段とはまた違う料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

餃子にあうおすすめのレモン果汁

ポッカレモン100 70ml
ポッカレモン100 70ml
口コミ

揚げ物やサラダ、飲み物など、しょっちゅう出番があります。 なくなりそうになったら、またリピします~

餃子はレモン果汁を上からかけてさっぱりと味わうのも美味しいのでおすすめです。

こちらの「ポッカレモン100」は100%レモン果汁でできており、保存料も無添加なため安心、安全な嬉しいおすすめの商品です。

レモンのまはろやかでコクのある酸味は餃子にはもちろん、こってりとした料理や揚げ物、また飲物にプラスしても食材の味を引き立ててくれ、美味しく食べることができるのでおすすめです。

また、レモンにはビタミンCがたっぷりと入っているだけでなくクエン酸やポリフェノールなど、身体にうれしい成分がたくさん入っているので、美容や健康に気を遣っている方にも嬉しいおすすめの商品です。

餃子のタレの作り方・楽しみ方

市販で売られている餃子のタレで餃子を楽しむのも良いですが、餃子のタレは家でも簡単に作ることができます。家で作る場合には、分量も自分で決められるため自分好みの味付けのタレを作ってみたり、アレンジして色んな味のタレを楽しむこともできます。

今回はそんな餃子のタレのレシピをさまざまご紹介していきますので、自分でタレを作る際の参考にしてみてください。

餃子のタレの黄金比の作り方

まずは、餃子のタレを作る時混ぜる分量をこれにしておけば間違いなしの黄金比率のレシピをご紹介します。その分量の比率はずばり「醤油:お酢:ラー油=5:4:1」です。

なぜこの比率がおすすめなのかというと、餃子に含まれる旨味と醤油に含まれる塩味、さらにお酢に含まれる酸味がこの比率にすることで同じ強さになり、味覚のバランスが整うために、美味しく感じることができるということです。

そのため、この比率で作ったタレで餃子を食べたら間違いなく美味しくなります。この比率を知らなかった方はぜひ一度このレシピでタレを作ってみることをおすすめします。

餃子のタレをアレンジしてみよう!

餃子のタレは基本的な醤油とお酢、ラー油の組み合わせ以外にもいろんな調味料を合わせればまた違った味にアレンジすることができます。今回はおすすめのタレのアレンジレシピを2つご紹介します。

お酢にコショウをプラス!

お酢にたっぷりのコショウを混ぜ入れてタレを作ると、さっぱりとしていながらスパイシーさも兼ね備えた味わいになり、ジューシーな餃子の肉にくしさを引き立てる役割をしてくれます。餃子そのものの味を楽しみたい方にはぜひ試してほしいおすすめのアレンジレシピです。

また、このタレにラー油を加えてみるとさらにコクを出すことができるので、後半戦は味を変えてみたいという時にはここにラー油を加えてみることをおすすめします。

醤油に、お酢と豆板醤をプラス!

辛さのある濃厚なタレがお好みであれば、醤油にお酢と豆板醤をプラスしたこちらのアレンジレシピがおすすめです。このレシピは豆板醤を加えることがポイントで、これを入れることで本格的な中華料理屋さんでべられるような餃子タレを味わうことができます。

また、このレシピにごま油やおろしにんにく、おろししょうがなどを加えてみてもさらに美味しく食べることができるので、同じタレの味に飽きてきたなという方には、これらの調味料を加えてみることをおすすめします。

また、醤油をポン酢で代用してみるとさっぱりとした味わいになるので好みによって変えてみるのもおすすめです。

クックパッドで人気のおすすめレシピ

ラーメン屋の店主直伝のこちらの餃子のタレのレシピは、その美味しさから飽きることのないおすすめのレシピになります。

レシピとしては 、お酢と醤油がそれぞれ大さじ2杯にみりんを小さじで2杯加えます。そこに、ごま油とラー油を好みの量加えて混ぜ合わせれば簡単に美味しい餃子のタレの完成です。

このレシピのポイントはみりんを入れているという点で、これを加えることでタレの味わいがよりなめらかとなり、飽きのこない美味しいものになります。タレにみりんを混ぜ合わせてみたことがない人は一度試してみることをおすすめします。

餃子のタレを選んで、美味しく餃子を食べよう!

ここまで、餃子のタレのおすすめの人気ランキングやおすすめのメーカー、また特徴別におすすめの餃子のタレもいくつかご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

餃子のタレにも種類がたくさんあり、もちろん一つ一つ味も異なってきます。さっぱりとしたタレなのか、濃厚なものなのか、または味噌だれや変わり種のタレがいいのか、自分好みの餃子のタレをぜひ見つけてみてください。

また、餃子のタレは家庭にある調味料で簡単に手作りすることもできますので、自分なりにアレンジして自分好みの味のレシピを見つけてみるのもおすすめです。

餃子のタレをいろいろ試して、餃子が食卓に出る日をもっと楽しく美味しくしてみてはいかがでしょうか。

Related