Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

腸は第2の脳といわれ、オリゴ糖は腸内環境を整えたい方や便秘の方におすすめの食品です。しかし種類がたくさんあり選べないという声をよく聞きます。この記事ではオリゴ糖の種類や特徴、選び方を説明します。また人気やおすすめを紹介、使い方も参考にしてみてください。

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

オリゴ糖の種類と選び方

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

腸内環境を考え食品からオリゴ糖を摂取しようとすると簡単ではありません。オリゴ糖を多く含む食品にはヤーコンやきな粉、インゲン、食用タンポポなどがありますが、毎日、食べるのは大変です。簡単に食べやすい、きな粉でも100gは毎日食べないといけないので、無理に近いでしょう。

腸に良いとされる話題のオリゴ糖を、簡単に毎日とりたい方には市販のオリゴ糖をおすすめします。オリゴ糖にはたくさんの種類があり、発売されています。コーヒーや紅茶の甘味料として使われることが多いオリゴ糖ですが、一言にオリゴ糖といっても、それぞれ特徴があるので、ここではその種類について説明します。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

オリゴ糖は、腸にいい、便秘解消を手伝ってくれる、ダイエットに効果があるということは知っているけど、たくさんあるオリゴ糖の種類にビックリしている方も多いでしょう。聞きなれないフラクタ、ラフィノースなどのカタカナワードに戸惑っている方も多いはずです。何をどう選んでいいのか迷っている方のために、ここではオリゴ糖の種類をあげてみます。

オリゴ糖の種類はたくさんあります。中でも、製品として売られているオリゴ糖の代表的な種類8つをみてみましょう。

ビートオリゴ糖

ビートオリゴ糖はビート(サトウ大根)から抽出される天然オリゴ糖ラフィノースとも呼ばれ、自然界ではユーカリ樹液や大豆などにも多く含まれています。

大豆オリゴ糖

大豆を原料として作られる大豆オリゴ糖は大豆ホエーから抽出されるオリゴ糖です。ラフィノースとスタキオースという単糖で、熱に強くカロリーが低いのが特徴です。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は人の母乳や牛乳に含まれているオリゴ糖で、ビフィズス菌を増加させ、整腸作用を促す作用があるオリゴ糖です。ガラクトオリゴ糖は熱に強く、酸にも強いのが特徴で、熱を要する調理で変化が少ないので、幅広く料理に使えるオリゴ糖としておすすめです。また、ガラクトオリゴ糖は虫歯予防にも良いとされています。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌など善玉菌を増やしてくれる、玉ねぎやニンニク、アスパラガスに含まれる、低カロリーのオリゴ糖です。

乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)

乳果オリゴ糖ラクトスクロースは牛乳に含有する乳糖と天然のサトウキビに含有するショ糖を原料にして、できるオリゴ糖です。カルシウム吸収促進効果もある乳果オリゴ糖ラクトスクロースは、ビタミンB群(ナイアシン・葉酸・ビタミンB1・B2・B6・B12など)を生みだしてくれるので、美容や健康の維持効果が期待できます。

イソマルトオリゴ糖

でんぷんが原料の「イソマルトオリゴ糖」は味噌、醤油、はちみつなどに多く含まれます。熱に強い特徴をもっている「イソマルトオリゴ糖」は調味料として料理に使うおすすめオリゴ糖です。

コーヒーオリゴ糖

コーヒーから抽出したオリゴ糖で、コーヒー豆マンノオリゴ糖とも呼ばれています。脂肪を燃焼させる効果があり、腸に作用する効果があるオリゴ糖です。コーヒーを飲むと排便をもよおしてしまうという方は、このコーヒーオリゴ糖の作用が働いている可能性があります。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は自然界ではタケノコなどから抽出されるオリゴ糖です。整腸作用があり、酸や熱に強いのが特徴です。

オリゴ糖の選び方

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

では、たくさんあるオリゴ糖の中から、何をどう選んだら良いのでしょうか。せっかく、摂取するのだから、確かな効果を実感したいと誰もが考えることです。大切なのはオリゴ糖は大きく分けて、2つに分類されるということです。効果を実感したいオリゴ糖の種類はそのどちらに分類されるかを注意してみてください。

オリゴ糖にはカロリーは低いが小腸で吸収されてしまう「消化性オリゴ糖」と、大腸まで届く「難消化性オリゴ糖」の2種類があります。便秘を解消したい方やダイエット効果を得たい方は小腸で吸収されてしまう消化性オリゴ糖では効果は期待できません。

便秘解消やダイエット効果を期待したい方は、「難消化性オリゴ糖」が含有されている製品を選ぶといいでしょう。効果の強弱は、自分の腸内環境との相性やオリゴ糖の含有率が関係してきます。含有率が高いほど、価格も高いのが一般的です。では難消化性のオリゴ糖のあげてみましょう。

難消化性オリゴ糖

難消化性のオリゴ糖は上記にあげた8つのうちの6種類です。効果の対象が違いますので、製品を購入する際にはオリゴ糖ごとの特徴を知ったうえで購入しましょう。

①ビートオリゴ糖(ラフィノース)
②大豆オリゴ糖
③ガラクトオリゴ糖
④フラクトオリゴ糖
⑤乳果オリゴ糖
⑥キシロオリゴ糖

以上の難消化性のオリゴ糖を撰びましょう。

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

オリゴ糖は、人それぞれの腸内環境により相性があります。腸内環境は話題の「腸内フローラ」のことで、たくさんの菌が複雑に集まって微生物生態系をつくっています。ですので、一定量でも個人によって効果のえられ方が異なります。

「オリゴ糖の種類と選び方」で効果が得られやすい難消化性のオリゴ糖がわかりました。それでは、その中でも売れている人気のオリゴ糖TOP3を紹介しましょう。

ランキング3位:「hugkumiオリゴ」

はぐくみプラス はぐくみオリゴ 1袋:150g
はぐくみプラス はぐくみオリゴ 1袋:150g

はぐくみオリゴはトウモロコシや麦から抽出した「キシロオリゴ糖」、さとう大根の「ビートオリゴ糖(ラフィノース)」、サトウキビから抽出された「乳果オリゴ糖」を含めた5種類の難消化性オリゴ糖を高純度・超濃密にブレンドされた商品です。愛用された方たちから、効果が実感できた、との声が多い売れているオリゴ糖です。

はぐくみオリゴは全て自然の素材でできているので、妊婦さんや赤ちゃんも安心して摂取できます。便秘がスッキリと解消したい方におすすめのオリゴ糖です。

ランキング2位:「nichie 北海道産 純度98% ビートオリゴ糖 」

nichie 北海道産 純度98% ビートオリゴ糖 100g
nichie 北海道産 純度98% ビートオリゴ糖 100g
口コミ

長年の便秘に悩んでヨーグルトを毎日食べていましたが、全く効果がなかったのにオリゴ糖を加えたところ3日後位から便秘が解消しました。甘味料のような甘さはありませんよ。

nichie 北海道産 純度98% ビートオリゴ糖は、その名のとおり純度が98%、残留農薬測定も実施済の無添加の安心安全商品です。原材料表示にはラフィノース、ショ糖との記載があるので98%がラフィノース(ビートオリゴ糖)で残りの2%がショ糖ということでしょう。

ラフィノースは北海道の甜菜を使用、天然素材でできているので妊婦さんや赤ちゃんでも安心して摂取できるおすすめオリゴ糖です。こちらは10㏄のスプーン付き100gの商品ですが、500gの商品もあります。

ランキング1位:「ビートオリゴ糖 北海道産 」

天然ビートオリゴ糖 200g [01] (ラフィノース)北海道産 NICHIGA(ニチガ)
天然ビートオリゴ糖 200g [01] (ラフィノース)北海道産 NICHIGA(ニチガ)
口コミ

身体によさそうだったので購入。 オリゴ糖ということで、甘いのを想像していましたが全然甘くありませんでした。

天然ビートオリゴ糖 北海道産 NICHIGAは北海道産の甜菜から抽出したラフィノース、天然ビートオリゴ糖です。ラフィノース純度は98%以上、砂糖が2%以下と、こちらも純度の高いラフィノースです。

この商品は残留農薬はしっかり測定されいて、農薬などが一定量以上含まれる食品の流通を原則禁止する制度をクリアした〈ポジティブリスト適合品〉です。妊婦の方や赤ちゃんにも安心なおすすめ商品です。

価格も高純度、ポジティブリスト適合品でありながら、お求めやすい価格なのが人気の秘密といえます。

特徴・用途別おすすめのオリゴ糖

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

オリゴ糖は砂糖のような粉末やシロップやサプリメントになったタイプがあります。スーパーで買えるもの、業務用のような大容量もあります。安心安全なオリゴ糖は妊婦さんや赤ちゃんも摂取することができます。特徴や用途別に紹介しましょう。

市販で買える業務用

[トクホ]日本オリゴの フラクトオリゴ糖 2480g
[トクホ]日本オリゴの フラクトオリゴ糖 2480g
口コミ

健康の為、糖分を控えています。日常料理、コーヒーなどに使っています。初めは700gのものを購入しましたが、すぐなくなるので2480gのものにしました。経済的です。

家族全員でオリゴ糖を使用したい方におすすめするのは、タップリ容量のペットボトル2480gサイズのオリゴ糖です。日本オリゴのフラクトオリゴ糖はその名のとおり、大腸まで届く難消化性の特定保健用食品(トクホ)で、何年も愛用しているファンが多く人気です。まずはお試しという方は700gサイズもあります。

スーパーで買えるおすすめ

北海道てんさいオリゴ 500g
北海道てんさいオリゴ 500g
口コミ

てんさい糖蜜であり、オリゴ糖は自然含有のもので、8年以上愛用してます。原材料はてんさい糖蜜のみで、無添加のてんさいの糖蜜そのものです。精製オリゴ糖に何かを混ぜたものではありません

北海道産の甜菜糖蜜に自然に含まれたオリゴ糖です。甜菜とはサトウ大根のことで、つまりビートです。サクラ印の北海道甜菜オリゴのビートオリゴ糖は難消化性の糖質で、無添加の天然甘味料としておすすめします。

北海道の甜菜糖はサクラ印のシロップタイプのほかに、ホクレンの粉末タイプのものも、お求めやすい価格で、スーパーで売られているので、大勢の方の喜ばれ人気のあるおすすめオリゴ糖です。

料理には粉末

ホクレン てんさい糖 650g
ホクレン てんさい糖 650g
口コミ

リピート必須 さとうきびより体を温めると聞いて注文しました。使い勝手も良くてリピート必須です。

砂糖の原料はサトウキビだけではありません。てんさい糖はビート(サトウ大根)で作られた天然原料の砂糖です。熱帯が産地のサトウキビは体を冷やす作用があるのに比べ、寒冷地が産地のビートは体を暖める作用がある砂糖です。

国内生産量、ほぼ100%のビートは北海道で作られているので、原料の産地がしっかりわかるオリゴ糖自然含有の砂糖です。料理やお菓子に使うと優しい甘さが癖になります。

まずは、自宅の砂糖をてんさい糖に変えてみてはいかがでしょう。

妊娠中でも安心

ピジョン サプリメント 乳酸菌プラス 60粒入
ピジョン サプリメント 乳酸菌プラス 60粒入

¥ 1,058

口コミ

驚くほど快調に!妊娠中恐ろしく便秘になり、産科で薬を貰って飲んでてもあまり効かず、朝ご飯後に3粒を毎日飲んでますが、大体30分後位に便意がきます。これから定期便にしようと思います

妊娠中の便秘に悩んでいる妊婦さんに評判がいいピジョンの乳酸菌プラスです。哺乳瓶で有名なビジョンのオリゴ糖に乳酸菌がプラスされ、着色料・香料・保存料不使用の安心安全なサプリメントです。

大腸まで届く、難消化性のガラクトオリゴ糖をさらに有胞子性乳酸菌で包んで届けやすくしています。また、妊娠中の体重を気にしている妊婦さんでも安心な低カロリーです。

ピジョンでは、このタイプのほかに、妊娠中の不足がちな、葉酸や鉄分が含まれたものや授乳用の栄養補助がされたてるものなど、さまざまな、ママ用サプリメントがそろっているので、妊娠中の体調や、出産後の体調に合わせて使用できる、おすすめサプリメントです。

子供におすすめ

フラクトオリゴ糖 500g オリゴの王様 国内製造品(計量スプーン付)[01] NICHIGA(ニチガ)
フラクトオリゴ糖 500g オリゴの王様 国内製造品(計量スプーン付)[01] NICHIGA(ニチガ)
口コミ

便秘の6ヶ月の娘用に購入しました。ミルクに混ぜて1日2回に分けて3g弱飲ませてます。今のところ、これを飲みだした次の日から順調にうんちを出してます

オリゴの王様はサトウキビが原料の難消化性のフラクトオリゴ糖です。カロリーは砂糖の約52%、甘さは砂糖の30%程度で、赤ちゃん用の粉ミルクにも使われているオリゴ糖なので安心して子供におすすめできます。

安心安全な自然派食品ですが、薬を服用中の方、通院中の方は、病院に相談してから使用することをおすすめします。

ヨーグルトにおすすめ

オリゴワン 乳果オリゴシロップ分包 40H
オリゴワン 乳果オリゴシロップ分包 40H

¥ 972

口コミ

こちらが個人的に使いやすかった。 パッケージ違いがありますが、こちらの方が自分の使用感にはあってます。 ヨーグルトを食べるときに入れるのですが、一つで十分。

オリゴワンはヨーグルトを毎日食べる方におすすめな乳果オリゴ糖で、難消化性オリゴ糖なので大腸まで届きます。甘さは砂糖の約50%、カロリーは砂糖に比べて35%カット、一日一包を目安に使用するのがおすすめです。

オリゴワン分包タイプは、携帯に便利なので、お弁当を食べた後のデザートヨーグルトのヘルシー甘味料としておすすめします。また、熱にも強いオリゴワンは、コーヒーや紅茶のホットドリンクにもおすすめです。

お菓子づくりにおすすめ粉末

cotta(コッタ) オリゴ糖入り粉糖 1kg
cotta(コッタ) オリゴ糖入り粉糖 1kg

お菓子作りに使う粉糖にもオリゴ糖を使いたい方におすすめなのがcottaのオリゴ糖入り粉糖です。通常の粉糖にはコーンスターチが添加されていますが、この粉糖にはコーンスターチは含まれてないため、固まらないのでスム―ジーなどのドリンクにも使えます。

この粉糖は、通常に砂糖と甘さは変わらないので、オリゴ糖が入った粉糖だと甘みが少なくなり、レシピが異なるのではと不安な方でも安心して使えるので製菓材料としておすすめです。シュークリームのトッピングやマカロンやアイシングにおすすめの粉糖です。

おすすめサプリ オリゴ糖×乳酸菌×食物繊維

nichie 乳酸菌 オリゴ糖 食物繊維 サプリメント 約3ヶ月分 270粒
nichie 乳酸菌 オリゴ糖 食物繊維 サプリメント 約3ヶ月分 270粒
口コミ

手軽な乳酸菌 手軽に乳酸菌と食物繊維を取れるので重宝しています。お腹の調子を整えるのに最適です。

お手軽にオリゴ糖を摂取したい方にはサプリメントがおすすめです。人気ランキング2位で紹介したnichie の商品です。オリゴ糖に乳酸菌と食物繊維のトリプルバランスのサプリメントで腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖は難消化性のガラクトオリゴ糖、乳酸菌はL-カゼイ菌・ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェカリス菌の優秀な乳酸菌が勢ぞろい、とうもろこしでんぷんから抽出した食物繊維で、腸をサポートしてくれます。

このサプリメントは270粒入り、一日3粒目安で摂取すると約3か月分で2000円台前半は負担が少なく続けられるおすすめサプリメントです。

便秘に良い

自然健康社 ガラクトオリゴ糖 1kg(250g×4袋) 密封袋入り
自然健康社 ガラクトオリゴ糖 1kg(250g×4袋) 密封袋入り
口コミ

便秘改善に ガラクトオリゴ糖が便秘に効果が高いと今回購入!1か月ほどたちますがなんとなく便秘が改善したような気がします。一日に約10グラム程度を朝ヨーグルトと一緒に食べています。

自然健康社のガラクトオリゴ糖は無添加のオリゴ糖です。ガラクトオリゴ糖含有率は55%以上なので、まずは50%程度の純度で試してみたい方におすすめのオリゴ糖です。価格も3000円台前半なので、摂取目安、約一日10gで計算すると約100日分、一日30円ちょっとの負担で済みます。

便秘で悩んでる方や、腸内環境を気にしている方は55%含有率のガラクトオリゴ糖を試してみてはいかがでしょう。

おすすめのオリゴ糖のメーカー・ブランド3つと代表製品

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

それでは、使いやすい、評判がいいおすすめのオリゴ糖のメーカーと商品を紹介しましょう。

塩水港精糖

オリゴのおかげ ダブルサポート[特定保健用食品]
オリゴのおかげ ダブルサポート[特定保健用食品]
口コミ

妊娠してからあまりお通じが良くなく、オリゴ糖が良いと聞いて購入。オリゴ糖は液体なのでヨーグルト、ホットミルクに入れ気に入っています。オリゴ糖を摂り始めてから、お通じ改善しています。

塩水港精糖のトクホ(特定保健用食品)オリゴのおかげは、腸内の有害な細菌を減らす効果をもたらす難消化性成分が入ったプレバイオティクス食品です。オリゴのおかげのオリゴ糖はサトウキビから抽出した乳果オリゴ糖で、難消化性です。

使いやす軽いペットボトルに入っており、1日の摂取目安は8g、コーヒーやヨーグルトに混ぜて使っていただく他、お料理にも使えます。加熱料理に使う際は火を止めて仕上げに使うとことをおすすめします。この商品は通常の「オリゴのおかげ」にカルシウムの吸収を促進させる機能がプラスさせた、ダブルサポートです。

乳たんぱく質の含量は1ppm未満のオリゴ糖ですので、安心して使用できる商品です。外出にも携帯したい方は顆粒タイプがおすすめです。

顆粒タイプ「オリゴのおかげダブルサポート」

オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ 6g 15本
オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ 6g 15本

¥ 864

口コミ

気に入っています! マイペースので続けられるし とても飲みやすいです。 価格も手ごろで納得。 満足しています

オリゴのおかげを職場や外出に携帯したい方におすすめの分包顆粒タイプです。1本6gですので、1日の摂取量8gを目安にすると1-2包を摂取すると良いでしょう。

お手軽に腸活したい方におすすめの難消化性オリゴ糖です。

日本甜菜製糖株式会社スズラン印

ラフィノース100(天然オリゴ糖)(60本)3箱
ラフィノース100(天然オリゴ糖)(60本)3箱
口コミ

100%はこの商品だけ 成分表を見れば分かるように、ラフィノース100%です。他の高純度とうたっているものは98%程度です。 それが、価格の違いに現れています。

日本甜菜製糖株式会社はスズラン印で有名な創業大正8年、日本を代表する砂糖メーカーが販売する、機能性食品です。その名のとおりラフィノース100%の天然オリゴ糖です。北海道産の甜菜からつくられた純度100%のビートオリゴ糖ですので、純度の高いオリゴ糖を使用したい方におすすめです。

ラフィノース100は2g入りスティックタイプで1日の摂取目安が3g以上ですので1-2本を使用すると良いでしょう。日本甜菜製糖株式会社の臨床実験では腸内ビフィズス菌が増加することが明らかになっており、便通の改善や腸内腐敗物質を低減させる効果が確認されています。

HPではアトピー性皮膚炎改善効果や免疫賦活作用があるとも掲載されています。また、おすすめとして、お米に入れ炊飯し、ご飯として食べる方法も、お手軽に摂取できるので試してみたいです。

北の快適工房

カイテキオリゴ
カイテキオリゴ
口コミ

これまでになく快調です 飲み始めてからこれまでになく快調です。胃腸の調子が悪く、いろいろな整腸剤を試してきましたが、ようやく自分に合った製品が見つかって喜んでいます。

北の快適工房のカイテキオリゴは確かな効果に定評があります。カイテキオリゴは30種類の善玉菌の活躍を補助するように、高純度な複数の天然オリゴ糖を、独自のバランスで配合した高品質のオリゴ糖です。抽出原料は北海道のサトウ大根や牛乳といった天然のみを使用、NPO法人日本サプリメント評議会からも安心で安全な製品として評価されています。

また、モンドセレクションの最高金賞を受賞しているので、品質基準の良さは信頼がおけます。人工的なものは摂取したくない、させたくないと考える赤ちゃんや妊婦さん、ご高齢の方におすすめの、天然オリゴ糖です。

オリゴ糖の使い方・美味しい食べ方3つ

オリゴ糖はコーヒーや紅茶の甘味料として、ヨーグルトやパンケーキにかけて食べる方法が簡単で一番のおすすめの食べ方ですが、それだけではなく、さまざまな使い方ができる食品です。

オリゴ糖は過熱すると機能が低下するのではと不安な方もいますが、オリゴ糖は料理で使う温度の100度では全く問題はありません。140度~180度程度まで加熱しても性質に変化が起こらないと報告されています。しかしオーブンや揚げ物の180度を超える料理には注意が必要です。

料理の調味料、砂糖やみりんの代わりとして使うと、照りが出るので便利に使え、おすすめです。また、腸に効果がある食材と一緒に料理すると効果がダブルで腸に届きます。オリゴ糖の使い方料理とクックパットのおすすめレシピを紹介します。

からだに安心ダブルオリゴのおかず

自然素材で作る”きんぴらごぼう”にオリゴ糖を使ったナチュラルな一品です。ごぼうにはオリゴ糖が含まれているので、きんぴらごぼうはダブル効果おかずです。きんぴらごぼうに、おすすめのオリゴ糖は「ビートオリゴ糖」のホクレンのてんさい糖が良いでしょう。オリゴのおかげなどの乳果オリゴ糖を使う時は、火を止めて仕上げに使う事をおすすめします。

砂糖やみりんの代わりにオリゴ糖を使うとすっきりしたキレのいい甘さに仕上がり、自然な照りも出ます。お弁当のおかずに副菜におすすめです。

腸から美人になるオリゴ糖ゼリー

季節のフルーツや野菜ジュースにオリゴ糖とゼラチンを溶かして、冷やしかためるだけで腸に効目がある美味しいゼリーが簡単にできます。果物の酸が爽やかなこの料理におすすめのオリゴ糖は熱と酸に強い、ガラクトオリゴ糖がおすすめです。

また、牛乳とオリゴのおかげダブルサポートで、ミルクゼリーにするとカルシウムの吸収もアップされるので成長期のお子さんや、骨粗鬆症を予防をしたい高齢者のサポートデザートになります。

毎日食べ続けることで、腸だけでなく、成長期のサポートや骨粗鬆症予防、肌も綺麗になるおすすめの使い方です。

酵素も一緒にやさしい漬物

生の大根には酵素がたくさん含まれ、酵素は便秘解消やデトックス効果があり、昔から「医者知らずの生大根」といわれています。スライスした大根をオリゴ糖入りの調味液で揉むだけの簡単漬け物で、大腸に届くヘルシー料理です。シンプルナチュラル料理ですので、天然原料のオリゴ糖を使うのがおすすめの使い方です。

簡単にオリゴ糖を摂取できるで、おすすめの使い方です。香り付けに柚子が入っているので、おつまみや夕食の箸休めにピッタリの逸品です。

難消化性オリゴ糖で毎日明るく

オリゴ糖おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

この記事ではオリゴ糖の種類や選び方や人気の商品やおすすめのオリゴ糖を特徴を含めて紹介しました。オリゴ糖はたくさん種類がありますが、効果をしっかり得たい方は、必ず難消化性のオリゴ糖を選びましょう。

腸内の環境は人それぞれです。この記事を参考に自分と相性の良いオリゴ糖を見つけ、無理なく毎日続け、便秘や肌荒れなどに悩まない、明るい日常になるといいです。ぜひ美容と健康効果が得られるオリゴ糖をライフワークに取り入れてみてはいかがでしょう。

Related