Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

マーガリンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

マーガリンは定番商品から高級志向のもの、低カロリーのものや味にアレンジが加えられた商品など実にバラエティ豊かです。この記事では、マーガリンの種類や選び方、おすすめ人気マーガリン、特徴、用途別おすすめマーガリンなどをご紹介します。

マーガリンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

マーガリンの種類と選び方

マーガリンは、19世紀末にバターの代用品として発明されました。日本に輸入されたのは明治中期のことで、のちに国内でも作られるようになります。

マーガリンの原料は上質の油脂で、主に大豆油、なたね油、コーン油、パーム油、ヤシ油、ひまわり油などの植物油が60%以上を占めています。

パンやホットケーキ、お菓子作りに料理にとさまざまな場面で活躍するマーガリンは、バターと使い方が似ていますが、マーガリンはバターよりもずっと柔らかくなめらかで、冷蔵庫から取り出してすぐに使えるのが魅力です。また、お値段がバターよりも手頃なのも、人気の秘訣でしょう。

マーガリンの種類

マーガリンには、有塩と無塩があります。有塩マーガリンは塗って食べたり、料理に用いたりするのがおすすめです。無塩マーガリンは、お菓子作りやパン作りに最適です。

また、動物性油脂(バター)を含んだコンパウンドマーガリンもあります。バターの風味が強く、コクがあるのが特徴です。マーガリンの良さとバターの良さの両方を併せ持っていて使いやすいことから人気があります。

その他には、カロリーハーフのものやコレステロールゼロのもの、ガーリックやチョコレートといった風味づけされているものなど、その種類は多彩です。

さらに、マーガリンの容器にも、箱型のものやチューブタイプ、袋入りのもの、小分けタイプ、シート状のものなど、さまざまなものがあります。

マーガリンの選び方

マーガリンの種類を理解したうえで、用途に合わせてマーガリンを選びましょう。より美味しくマーガリンを食べられるだけでなく、マーガリンを使用して作るものの仕上がりが変わってきます。

パンやホットケーキ、パンケーキに塗って食べるなら、有塩マーガリンの使用がおすすめです。マーガリンに含まれる塩気が、パンなどの美味しさをより一層引き立ててくれます。

お菓子作りには、無塩マーガリンがおすすめです。有塩のものは風味に影響してしまい、レシピとは異なる味に仕上がってしまいます。

また、マーガリンはバターのようなコクがないので、食感や口どけを楽しみたいお菓子に使うと良いでしょう。マフィンやブラウニー、クッキー作りには特におすすめです。マフィンなどはふわっと柔らかく仕上がり、クッキーといった焼き菓子はサクサクした食感を楽しめます。

マーガリンおすすめ人気ランキングTOP3

マーガリンにはさまざまな種類があり、製造しているメーカーも数多くありますが、今回はその中でも厳選した3つの商品をご紹介します。味はもちろん、使い勝手や安全性といった面も考慮しました。どれもおすすめなので、ぜひお試しください。

第3位:「創健社 発酵豆乳入りマーガリン」

創健社 発酵豆乳入りマーガリン 160g
創健社 発酵豆乳入りマーガリン 160g
口コミ

乳製品を控えている私には、無くてはならない品物です。購入を始めてから、4年になります。お味も、とても美味しく安心安全な品物です。

マーガリンのおすすめ人気ランキング第3位は、創健社の「発酵豆乳入りマーガリン 160g」です。こちらの商品の魅力は、植物性乳酸菌で発酵させた豆乳を使用し、純植物性100%でできているところです。

豆乳を発酵させているので、大豆特有の臭みがありません。まろやかで口当りが良く、あっさりとした風味が特徴です。香料、着色料、体に害があるとされている部分水素添加油脂は使用されておらず、トランス脂肪酸含有量は0.3%となっています。

乳製品が含まれていないので、乳製品を控えている方やダイエット中の方、健康志向の高い方には特におすすめのマーガリンです。

第2位:「丸和油脂 ホテルマーガリン 800g」

丸和油脂 ホテルマーガリン 800g
丸和油脂 ホテルマーガリン 800g
口コミ

このマーガリンじゃないと味が落ちてしまうため買えて良かったです。

マーガリンのおすすめ人気ランキング第2位は、丸和油脂の「ホテルマーガリン 800g」です。丸和油脂は大正12年(1923年)に創業したと同時に、マーガリン工場を創設しました。家庭向けのものだけではなく、給食用や業務用の製品と幅広く取り扱っています。

こちらの商品は内容量が800gあるので、毎日パンなどに塗って食べたり、お菓子作りやパン作り、料理に使用したりと、たくさん使ってもすぐになくなってしまうことがありません。

口溶けなめらかで、パンやホットケーキなどに塗りやすい硬さが特徴です。購入者からは、味が良く、品質、量、価格と全てにおいて満足できるマーガリンであるとの声が上がっているおすすめ商品です。

第1位:「雪印 ネオソフト 300g」

マーガリンのおすすめ人気ランキング第1位に輝いたのは、「パンにはやっぱり」のフレーズでおなじみの雪印の「ネオソフト 300g」です。冷蔵庫から取り出してすぐパンに塗れるマーガリンが欲しいとの声に応えるために、昭和43年(1968年)に雪印が開発したマーガリンです。

ネオソフトは、「新しいソフトタイプのマーガリン」ということで、「ネオ=新しい」と「ソフト=軟らかい」の2つの言葉を合わせて名づけられました。

雪印はネオソフトの原料にこだわりを持っており、原料にトランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂を使用していません。そのため、トランス脂肪酸含有量は0.8%と低めになっています。

また、過剰摂取した場合、心疾患や糖尿病のリスクが高まるとされている飽和脂肪酸の含有量も抑えられているので、安心して食べられます。どんなパンとも相性抜群で飽きがこないおすすめのマーガリンです。

特徴・用途別おすすめのマーガリン

ここでは、おすすめのマーガリンを特徴・用途別にご紹介していきます。容量や価格、健康面などを踏まえて選びました。自分に合ったマーガリンを選ぶ際の参考にしてみてください。

「バター風味」マーガリンはこれがおすすめ!

リラナチュラル オーベルニュCF40 / 500g
リラナチュラル オーベルニュCF40 / 500g

バターの風味と香りを楽しめるマーガリンをお求めの方には、「リラナチュラル オーベルニュCF40/500g」がおすすめです。

乳製品の名産地であるフランス・オーベルニュ地方の発酵バターが40%含まれており、本物のバターのような芳醇な風味と香り、コクが特徴となっています。

天然素材と発酵バターのみで作られており、香料、着色料、乳化剤といった食品添加物や、遺伝子組み換えの原料は不使用なので安心して使用できます。

500gと大容量なので、パンやお菓子作りにはもちろん、料理に用いたり、パンに塗ったりと普段使いにもおすすめのマーガリンです。

安全重視!おすすめマーガリン

【無添加】低トランス脂肪酸 エスフュージョン 500g
【無添加】低トランス脂肪酸 エスフュージョン 500g

毎日安心してマーガリンを食べたいという方には、「低トランス脂肪酸 エスフュージョン 500g」がおすすめです。

こちらの商品には、バターオイルや乳化剤、保存料、着色料、香料といった食品添加物が一切使用されていません。そのため真っ白な色をしており、マーガリン特有の香りがありません。トランス脂肪酸の含有量も0.72%と低いので、生活習慣病が気になる方にもおすすめです。

本物のバターのようなコクがある上に無香なので、素材の味を活かしてお菓子作りや料理を楽しむことができます。特にナッツ、チョコレート、フルーツとの相性は抜群です。クリーミーな質感なので、バターと併せて使用することもできます。

食品添加物不使用で低トランス脂肪酸というおすすめマーガリンでありながら、500gあたり約400円というお財布に優しいお値段であるところも、この商品の魅力です。

「トランス脂肪酸が少ない」おすすめマーガリン

創健社 べに花ハイプラスマーガリン 370g
創健社 べに花ハイプラスマーガリン 370g

¥ 573

口コミ

一度このマーガリンにしてから、他のマーガリンはとてもじゃないけど食べられません。

創健社の「べに花ハイプラスマーガリン」のおすすめ理由は、何と言ってもトランス脂肪酸含有量の少なさでしょう。こちらの商品のトランス脂肪酸含有量は0.3%となっており、世界でも最も厳しい規制とされるデンマーク基準の2%をはるかに下回っています。

ちなみに、トランス脂肪酸を過剰摂取した場合、血中のLDLコレステロール、いわゆる「悪玉コレステロール」が増加し、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが減少し、生活習慣病にかかるリスクが高まると言われています。

主原料には美容と健康にプラスの効果をもたらす、オレイン酸含有率の高いべに花油が使用されており、香料、酸化防止剤、着色料といった食品添加物は一切含まれていません。

発酵乳が従来品に比べ50%増量されているので、クリーミーでまろやかな仕上がりとなっています。料理をはじめ、お菓子作りやパン作りに幅広く使えるおすすめマーガリンです。

「お菓子作り用」にはこのマーガリンがおすすめ!

リボン食品 プロセスリッチ 無塩 450g
リボン食品 プロセスリッチ 無塩 450g

お菓子作りが大好きな方には、明治40年(1907年)創業のリボン食品の「プロセスリッチ 無塩」をおすすめします。リボン食品はマーガリン業界のパイオニアであり、日本で初めてマーガリンの開発に取り組んだメーカーです。

こちらのマーガリンは、製菓業者や製パン業者をはじめ、プロのシェフにも愛用されているおすすめ商品です。バターの風味が豊かな高品質マーガリンで、口どけが良く、すっきりした後味が特徴となっています。

無塩マーガリンなので、本格的なお菓子作りを楽しみたい方には特におすすめです。もちろん、パンやクリーム、料理にも適しています。

「市販」マーガリンはこれがおすすめ!

明治チューブでバター1/3 160g
明治チューブでバター1/3 160g
口コミ

このバター1/3もつけ易くておいしいです♪^^

市販のマーガリンでおすすめの商品は、明治の「チューブでバター1/3 160g」です。こちらのマーガリンは、原料油脂にバターが使用されており、その割合は商品名からもわかるように1/3となっています。

コレステロールもバターの1/3なので、健康志向が高い方やコレステロール値が気になる方におすすめです。

こちらの商品のおすすめポイントは、何と言ってもその使いやすさでしょう。チューブタイプなので自分の好きな分量を出すことができ、なおかつ衛生的です。冷蔵庫のドアポケットに立てて入れられ、場所を取ることもありません。

また、チューブタイプは中身が漏れ出てしまう恐れがないので、持ち運びに便利です。キャンプやバーベキューといったアウトドアにも安心して使用でき、おすすめです。

バターの香りが良く、溶けやすく塗りやすいので、パンやサンドイッチ、ホットケーキ、パンケーキ、料理など幅広く使えます。

「パンに塗って食べる」おすすめマーガリン

月島食品 パン屋さんのおいしいマーガリン
月島食品 パン屋さんのおいしいマーガリン
口コミ

知り合いからとにかくいいからと奨められて試してみましたけど、すごく良かったです。 何がいいって、もちろん美味しいんだけど、変色しないところがグッドです。

パンはマーガリン派という方には、月島食品の「パン屋さんのおいしいマーガリン」をおすすめします。こちらの商品は、原料として製品を購入をしてくれる製パン業者へのお礼として、月島食品が開発したマーガリンです。

「パン屋さんの美味しいパンをさらに美味しく」との願いが込められており、材料と製造技術にもこだわって作られています。

原材料は食用植物油脂、食用精製加工油脂、クリーム、牛乳、濃縮乳、発酵乳、食塩のみが使われています。香料、乳化剤、着色料、酸化防止剤といった食品添加物は一切使用されておらず、安心して食べられるおすすめ商品です。

油脂そのものの旨味を生かすクリアオイル製法が用いられているので、開封から時間が経っても黄色く変色することなく、いつまでも美味しさを楽しめるところも魅力です。

パンはマーガリンで食べたいという方や、パンをより美味しく食べたいという方は、ぜひお試しください。

「小分けになっている」おすすめマーガリン

マリンフード ツキマルシルバー 8g×40個
マリンフード ツキマルシルバー 8g×40個

¥ 756

口コミ

なかなか市販されておらず、以前から探してました。期待通りでした。

小分けになっている食べきりサイズのマーガリンをお探しの方には、マリンフードの「ツキマルシルバー 8g×40個」をおすすめします。

一つの容器に入ったマーガリンを大勢で使用すると、待ち時間が出たり、容器が汚れやすかったりということがありますが、小分けタイプなら1人に1つずつ提供できて清潔です。

保存しやすく、酸化しにくいので、いつでも新鮮なマーガリンを楽しめます。また、持ち運びに便利というメリットもあり、お弁当や旅行にもおすすめです。

マーガリンの量は一つの容器につき8gと定まっているので、マーガリンが好きでついつい食べ過ぎてしまうという方にもおすすめします。

「食塩不使用」のおすすめマーガリンはこれ!

J-オイルミルズ マイスターゴールドスーパー 500g
J-オイルミルズ マイスターゴールドスーパー 500g

食塩不使用のおすすめマーガリンといえば、J-オイルミルズの「マイスターゴールドスーパー」でしょう。J-オイルミルズの「マイスター」シリーズは50年近く人々に愛され続けており、こちらのマーガリンは日本の多くの製菓店で使われています。

焼いた後も本物のバターのような風味が持続するので、お菓子作りやパン作りにおすすめです。特にマフィンやブラウニー、クッキー作りに適しており、マフィンやブラウニーはふんわりと、クッキーはサクサクに焼き上がります。

無塩マーガリンなので、お菓子をふっくらと焼き上げたい方や、塩分が気になる方に、特におすすめします。

「大容量」マーガリンのおすすめといえばこれ!

ミヨシ油脂 食卓用マーガリン 5kg
ミヨシ油脂 食卓用マーガリン 5kg
口コミ

昔懐かしくおいしく頂きました

とにかく大容量のマーガリンが欲しいという方には、男の子が目印のミヨシ油脂「食卓用マーガリン」をおすすめします。内容量が5kgもあるので、毎日パンに塗って食べるのはもちろん、お菓子作りやパン作り、料理にとたっぷり使っても、すぐになくなることがなくおすすめです。

こちらのマーガリンは、塗って使用するスプレッドタイプとなっています。季節に合わせてマーガリンの硬さを調節しているので、いつでも使い勝手のいい硬さとなっているのが特徴です。芳醇なバターの風味が、パンの美味しさをより引き立ててくれる、おすすめのマーガリンです。

「カロリーオフ」マーガリンはこれがおすすめ!

雪印 ネオソフト ハーフ 160g
雪印 ネオソフト ハーフ 160g

マーガリンのカロリーが気になるという方におすすめなのが、雪印の「ネオソフト ハーフ」です。商品名が示すように、カロリーと脂肪分が同社製品のマーガリンであるネオソフトのほぼ半分、コレステロールはゼロとなっています。

普通のネオソフトのカロリーは100gあたり600kcalとなっていますが、ネオソフト ハーフは100gあたり360kcalです。低カロリーですが、マーガリンの風味やコク、味わいがしっかりとしていておすすめです。

こちらの商品は、2018年3月1日にリニューアルされました。原料油脂に部分水素添加油脂を使用しないことで、トランス脂肪酸の含有量を今まで以上に低減させています。ダイエット中の方やコレステロール値が高めの方、健康志向の方でも美味しくマーガリンを食べられる、おすすめの商品です。

おすすめのマーガリンのメーカー3つと代表製品

マーガリンを製造しているメーカーは数多くありますが、その中でも一押しのおすすめメーカーを3つご紹介します。ぜひマーガリンを購入する際の参考にしてみてください。

雪印

雪印 ネオソフトG 1kg
雪印 ネオソフトG 1kg
口コミ

ちょっとした料理にバター替わりにつかいました。柔らかいのが使いやすい。

雪印は、マーガリンの定番商品を生み出し続けているメーカーで、なんと12種類ものマーガリンを製造しています。コーヒー風味やミルキー風味といった他にはないマーガリンや、バターのようなマーガリン、ケーキ用に作られたマーガリンなども扱っているメーカーです。

健康志向の高いマーガリンも製造しており、カロリーが半分のものやコレステロールがゼロといった商品も作っており、体に気を使っている方やダイエット中の方には魅力的でしょう。

リボン食品

リボン食品 ネオラティ 食塩不使用 450g
リボン食品 ネオラティ 食塩不使用 450g

マーガリン業界のパイオニアであるリボン食品は、主に業務用の商品製造を手がけており、マーガリンのオーダーメイドも行なっているメーカーです。

一般的なマーガリンの他に、シート状になったスライスマーガリン、流し込みマーガリン、液状マーガリンやチップタイプといった特殊なマーガリンも扱っています。

こちらの「ネオラティ」は乳を主原料としており、乳脂肪を53%含んでいます。芳醇なバターの風味を特徴としているので、バターの代用品として最適です。香料、着色料、乳化剤といった添加物は不使用なので、体にいいものを選びたいという方には特におすすめします。

J-オイルミルズ

J-オイルミルズ グランマスター プティ・ブール 500g
J-オイルミルズ グランマスター プティ・ブール 500g

J-オイルミルズは、製油関連事業を主に展開しているメーカーです。マーガリンの製造にも力を入れており、その種類は圧倒的です。家庭用と業務用の両方の商品を手がけているので、用途に合ったマーガリンを見つけやすいでしょう。

「グランマスター プティ・ブール 500g」と呼ばれるこちらの商品は、同社のグランマスターシリーズに属するマーガリンです。

厳選されたバターを原料とし、J-オイルミルズオリジナルの技術を用いて作られたプレミアム製品で、お菓子作りやパン作り、クリームなど幅広く使用できておすすめです。

マーガリンの使い方

マーガリンの使い方は、基本的にはバターと同じです。パンなどに塗って食べるのはもちろん、お菓子やパン、クリームを作ったり、料理のときに油代わりに使うことができます。

お菓子作りでは、ふんわりと仕上げたいときや、クッキーなどにサクサクとした食感を出したいときには、バターよりもマーガリンの方が適しています。特に、マフィンやブラウニーなど、アメリカンなお菓子を作りたい場合にはおすすめです。

バターよりも安価で大容量のものが多いので、使用量を気にせず使えるところも、うれしいポイントでしょう。

便利なマーガリンでより安く美味しく!

マーガリンの種類や選び方、おすすめ商品とメーカーなどをご紹介しましたがいかがでしたか。バターのように使えるマーガリンは、使用用途が幅広くて使い勝手が良く、便利な製品です。バターより価格が手頃で手に入りやすいというのも、マーガリンの魅力でしょう。

マーガリンの中にはトランス脂肪酸や飽和脂肪酸の含有量が抑えられたものや、低カロリーのもの、コレステロールがゼロのもの、食品添加物無添加のものなど、バターにはない健康を意識した商品があります。

また、チョコレートやコーヒー、ガーリックなど、一味違ったマーガリンを楽しむことができるのも魅力の一つです。

この記事でご紹介したおすすめマーガリンを参考に、自分の好みにぴったりのマーガリンを見つけ、ぜひ「美味しさ」の幅を広げてみてください。

Related