Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月13日

クリスマス用チキンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

クリスマスが近づくとクリスマス用チキンが一斉にスーパーで販売されます。しかしなぜクリスマスにはチキンを食べるのでしょうか。クリスマスと言えば、チキンとケーキ、それは日本だけなのでしょうか。美味しいクリスマス用チキンの選び方などを紹介していきましょう。

クリスマス用チキンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

なぜクリスマスにはおすすめのチキンを食べるのか?

あなたの家庭では、クリスマスになるとチキンを食べますか。それともチキンは食べないでしょうか。

多くの日本の家庭ではクリスマスになるとチキンを食べます。スーパーでもこぞってクリスマス用チキンを売り出します。

オードブルも多く販売されますが、その中に混じって必ずといってよいほどチキンが販売されています。ローストチキン、フライドチキン、料理の名前は違っても、チキンはチキンです。

なぜクリスマスにはチキンを食べるのでしょうか。今回はクリスマスにチキンをなぜ食べるのか、そして美味しいチキンの選び方や食べ方、レシピなどを紹介します。

おすすめのクリスマス用チキンの種類はあるの?

日本ではクリスマスではチキン料理が食卓に並びますが、本来はチキンではなく欧米のターキーが由来となっています。

欧米、アメリカではなぜターキーを食べるのでしょう。ターキーは古くから生息していた鳥です。アメリカの先住民の大切な食糧だったターキーは、アメリカへ移住してきた人のお腹も満たしてくれ、アメリカはターキーがいなければなかったとまで言われています。

それほどターキーはアメリカにとっては貴重な食糧でした。このことから、七面鳥料理は感謝の現れであり、クリスマス以外でも感謝祭、祝いの席などに並べられています。

ターキーは日本では高級鳥だった

では日本でもクリスマスにはターキーを食べるのが良いではないかと考える人もいるでしょうが、なぜ日本ではターキーを食べないのでしょうか。

理由は簡単です。手に入りにくいからです。クリスマスという文化が日本に入ってきたのは明治維新後のことです。その後、クリスマスツリーやケーキなどの文化が根付きました。

ターキーを食べる文化も入ってきましたが、日本にはターキーを食べる文化がなく、飼育している場所も少なく、ターキーは高額で手に入らず、そこで肉屋さんがチキンレッグのローストなど日本独自のクリスマス文化が広まっていきました。

そして1970年にはケンタッキー・フライド・チキンが誕生し、ケンタッキー・フライド・チキンが日本のクリスマスのチキン文化として根付きました。

そんなチキンは、スーパーで購入するならどう選ぶのがおすすめなのでしょうか。生の状態か、調理済みなのかによっても異なります。

おすすめのクリスマス用チキンの選び方を知りたい!

今ではチキンはスーパーでは丸々1匹、ローストした状態で販売されています。もちろん生の状態でも販売されていますから、生の状態のチキンを購入するのなら、オーブンなどで手料理する人でしょう。

しかしおすすめなクリスマスのチキンは今ではたくさんあります。それがコンビニです。コンビニだからと侮るなかれ、今ではファストフード店よりリーズナブルなコンビニチキンでも、味は本格的です。

しかもさまざまなコンビニがチキンを販売していますから、クリスマスにコンビニのチキンを選択しても全く問題はありません。むしろ少人数なら余ることなく食べることができ、けっこうなことです。

コンビニチキンのおすすめな選び方は、少しずつ多くのコンビニのチキンを購入することです。味の違いを楽しめますし、好みの味を見つけることができおすすめです。

人気クリスマス用おすすめチキンランキングTOP3

ではここで人気のクリスマス用チキンのおすすめを紹介しましょう。クリスマスのチキンは、やはり大きなチキンが食べたいところです。

コンビニのチキンも捨てがたいですが、多くの人々がおすすめしているクリスマスのチキンはどのチキンになるでしょうか。

ランキング3位:お肉屋さんのローストチキン

お肉屋さんのローストチキン (4本セット)
お肉屋さんのローストチキン (4本セット)
口コミ

美味しかったです。もう少しジューシーさがあれば、もっとよかった。

従来品より小ぶりサイズになり食べやすくなった、ためのぶストアのローストチキンです。クリスマスのシーズンには1,000本以上売り上げがある人気のローストチキンです。

骨付きもも肉をそのままじっくりと特性ダレにつけこみ、オーブンで焼き上げています。1本あたり170gもあり食べごたえも充分です。

真空パックにしてお届けされますから、そのまま湯煎で温めて簡単に食べることができます。

ランキング2位:コストコ

コストコ
コストコ
口コミ

大きくて保管に困った。味は中まで浸透していないが、塩、こしょう 等でおいしく食べられた。

コストコの丸焼きのチキンです。これぞクリスマスに相応しいと言わんばかりのダイナミックなチキンです。

日本ではなかなか見かけることができないサイズのチキンで、すでに調理済みなので食卓に乗せればそのまま切り分けて食べることができます。

味付けは意外にあっさりしていますから、残った肉は他の料理とアレンジしても楽しめます。また冷凍保存が効くため、食べ残ってしまった分を冷凍して保存しておくことも可能です。

ランキング1位:お肉の山下屋 クリスマスチキン

お肉の山下屋 クリスマスチキン
お肉の山下屋 クリスマスチキン

香草焼きをするローストチキンです。通常のローストチキンに飽きてしまったという人にはおすすめのクリスマスチキンです。小豆島の特産品を販売するショップで、小豆島の食材を豊富に使ったおすすめのローストチキンです。

この他にオリーブオイルと塩コショウで味付けをしたチキンも販売されています。ボリュームたっぷりのプレミアムチキンを贅沢にクリスマスの食卓にどんと乗せてみませんか。

クリスマス用のチキンには特徴があり使い道も違う!

クリスマスに欠かせないチキンは、チキンごとに味付けも異なりますし、形も異なります。それぞれ特徴があり、その特徴を活かした食べ方もあります。

それぞれの家庭が少人数なのか、大人数なのかによっても購入するチキンは異なります。クリスマスにはチキンは食べたいけれど、それぞれの家庭に見合ったクリスマスチキンがおすすめです。

クリスマス用のチキンの特徴や、用途によってチェックしていきましょう。

コンビニで買えるおすすめクリスマスチキン

最近のコンビニのチキンのクオリティは素晴らしいものがあります。ファストフード店よりリーズナブルだから、という理由で味も決めつけてはいけません。

昨今のコンビニのホットスナックは日々進化を遂げています。それはクリスマスチキンも同じことが言えます。

コンビニではクリスマスになるとちチキンの予約も行われるほど、クリスマス用チキンには力を入れています。クリスマス用のチキンはどのコンビニがおすすめなのでしょうか。

ローソンの黄金チキン

ローソンの黄金チキン
ローソンの黄金チキン

手間暇かけた製法で、ジューシーで柔らかく仕上げたチキンは、クリスマスにぴったりです。本格的なフライドチキンを、というコンセプトの元開発されたのがこちらのおすすめ黄金チキンです。

コンビニ大手ローソンから販売されているおすすめのチキンですが、クリスマスになるとクリスマスボックスというボックスに入って販売されます。予約も受け付けています。

衣は限りなく薄くなっており、低温スチームオーブンを使うことで中までじっくり火をとおし柔らかく仕上げており、パリッとして、中はじゅわっとしており大変美味しくおすすめです。

コンビニのチキンとしては若干価格が高いという気もしますが、そのお値段以上の価値のあるチキンですから、おすすめです。

少人数で、たくさんチキンは必要ないけれど、クリスマスですし、おすすめのチキンは欲しいという人はぜひ。

おすすめだから予約のできるクリスマスチキン!

おすすめなチキンほど予約が取りづらい傾向にありますが、おすすめなチキンで予約が取れるクリスマスチキンはあるでしょうか。

クリスマス間近になるとおすすめなチキンを求めて百貨店へ大勢の人が出かけてチキンを予約していきますが、そんな予約ができるほどおすすめなチキンはどのようなクリスマスチキンなのでしょう。

おすすめな理由も知りたいところです。

水郷のとりやさん ローストチキン

水郷のとりやさん ローストチキン
水郷のとりやさん ローストチキン
口コミ

どなたかのレビューを参考に、湯煎後にオーブンで軽く焼いたら香ばしく美味しかったです。シンプルな味に好感がもてます。

自慢の鶏肉だけを使ったこちらのローストチキンのおすすめは、理想の鶏が見つからなかったため、店主が自分で飼ってしまっているという点です。

そして飼い始めたのが水郷どりで、鶏の気持ちを考えてストレスフリーな環境で生活をさせて飼育している点もおすすめです。

旨味が濃厚、甘みがある鶏で、弾力のある歯ごたえ、嫌な臭みも全くないおすすめの鶏が完成しました。

秘伝のタレは代々受け継がれてるおすすめの醤油ダレです。さっぱり甘さの残るタレがローストチキンと相性抜群でおすすめです。

1か月間お取り置きがOKで、クリスマスシーズンには予約が殺到するショップです。

東京で美味しいチキンのおすすめはどこにあるの?

東京でクリスマスにチキンを楽しめるお店はあるのでしょうか。実際、東京には多くの飲食店街があるため、クリスマスシーズンになるとローストチキンを堪能できるお店がたくさんあります。

メインはローストチキンで、カルパッチョや生パスタ、バーニャカウダなどを楽しむことができるお店が東京にはあります。イタリアンのお店でも、クリスマスにはローストチキンを出しています。

イタリア酒場ダビンチというイタリアンのお店でもクリスマスディナーはメインはローストチキンです。東急田園都市線の池尻大橋駅南口を徒歩5分です。

美味しいクリスマスチキンのメーカー3つと代表製品

クリスマスにチキンを食べなければ、何となく物足りないでしょう。やはりクリスマスにはチキンを食べて、ケーキを食べて、クリスマスプレゼントという流れが1番です。

そんな重要なチキンですが、多くのメーカーから販売されています。メーカーごとにこだわりのあるおすすめのチキンを紹介しましょう。

ロティサリーインのロティサリーチキン

ロティサリーインのロティサリーチキン
ロティサリーインのロティサリーチキン

ハーブとスパイスが食欲をそそる、従来よりよりおすすめになったローストチキンです。ハーブ、スパイス、天然塩で2日間マリネし、専用オーブンでじっくり焼き上げています。

おすすめなのはじっくり焼き上げることで余分な脂が落ち、旨味が詰まってヘルシーなチキンになることです。

香ばしくパリッと焼けた皮は誰が食べても美味しく香ばしく、おすすめです。さらにぷりっとした肉汁もジューシーで柔らかな肉もおすすめな特製のチキンです。

水郷のとりやさん 特撰 ローストチキン

水郷のとりやさん 特撰 ローストチキン 丸蒸し焼き
水郷のとりやさん 特撰 ローストチキン 丸蒸し焼き
口コミ

家でご馳走を、ということで購入しました。夫婦ふたりでは思ったより大きかったので次の日までもちました。

おすすめなローストチキンの1つがこちらです。クリスマスシーズンには4,000羽も完売するという大人気のローストチキンです。

時代遅れの焼き方、蒸し窯で蒸し焼きにする、ただそれだけの方法を貫いています。しかし蒸すだけではパサパサになるため、一晩かけてじっくり下味をつけ、タレを何度も塗りながら焼き上げていきます。

皮はとろけるようになり、肉もジューシーに仕上がります。

小豆島お肉の山下屋 ローストチキン

小豆島お肉の山下屋 ローストチキン
小豆島お肉の山下屋 ローストチキン

地元の若鳥を瀬戸内の塩で味付けし、ふっくらとこんがり焼き上がた一品です。あっさり塩味なので、鶏本来の旨味を堪能することができます。

ボリューム満点なので、大人数の家族で食べるのもおすすめです。

クリスマス用チキンを美味しく食べよう!

クリスマス用のチキンはコンビニのチキンを2人で分け合って食べるのもよし、大家族ならボリュームのある鶏1羽を購入してきて食べるのもおすすめです。

ローストチキンのカットの仕方は、まずもものつけ根から足をカットし、あとはもも肉をカットしていきます。

手羽の部分はお腹側から手羽元のつけ根に切り込みを入れ、骨にぶつかると軟骨が見えますから、関節を外します。反対側も同じようにカットしましょう。

胸肉はお腹の中心に骨があるのでその骨の両脇に切れ目を入れ、ささみが見えてきたらささみだけ残すように胸肉の部分だけを引きはがします。

大体はこの要領で食べられる形になります。あとは子供たちの勢いに任せて美味しく食べさせてあげましょう。

美味しいクリスマスチキンのレシピを紹介!

クリスマス用のチキンはそのまま食べても美味しいですが、丸ごと1羽買ってきて、余ってしまった場合は、そのまま捨てるのは勿体ないですし、翌日そのまま食べても良いですが、若干工夫を凝らして飽きないレシピを考えましょう。

最後までチキンを美味しく食べるためにアレンジレシピを紹介します。

ローストチキンとアボガドのオープンサンド

ローストチキンが残ってしまったら、翌日簡単なアレンジをして食べてしまいましょう。

パンを半分に切り、マーガリンを塗ります。その上にローストチキン、ミニトマト、アボカドなどを乗せて、オープンサンドのできあがり。

とても簡単なので、翌日の朝食などにいかがですか。

ローストチキン丼

ローストチキンを和風仕立てに仕上げてみましょう。

ご飯の上にローストチキンを乗せ、上から麺つゆをかけて長ネギを乗せます。これでローストチキン丼の完成です。

麺つゆとローストチキンの相性がなかなか美味しいです。

ローストチキンはこうなります。

続いては、少し驚くローストチキンのアレンジです。

余ったローストチキンを、普通のカレーに入れるだけです。しかしこれが本当に美味しく、骨からとても良い出汁が出ます。

食べる際には大人は辛く、チリパウダーやラー油、タバスコなどを加えると、より一層美味しくなります。

ローストチキンもさまざまな食べ方があります。

残さず食べたい!クリスマスにはチキンを食べよう!

日本の家庭でクリスマスにチキンを食べないという家庭は珍しいのではないでしょうか。今回紹介してきた中でも、コンビニでもすでにクリスマスシーズンにはチキン販売が始まっています。

1度本格的にターキーを味わってみたいという人がいるのなら、今なら手に入れることもそれほど難しくありませんから、ターキーを手に入れて、クリスマスを祝ってみましょう。

いつもとは雰囲気の異なるクリスマスを迎えることができるでしょう。

Related