Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月13日

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

現在ウイスキー人気は世界的人高まっていますが、ひと口にウイスキーといっても産地や製法、原材料で味わいは全く異なったものとなります。この度ご紹介したいのは「シングルモルト」ウイスキーです。奥深いシングルモルトウイスキーのあれこれをご紹介します。

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

シングルモルトの種類と選び方

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

シングルモルトは「モルトウイスキー」の種類の一つです。よくわからないという人のために、ウイスキーの種類について見てみましょう。

シングルモルトの種類

ウイスキーは使用している主たる原材料によって呼び名が変わります。大麦麦芽メインのものは「モルトウイスキー」、ライ麦、コーンなどの穀物に大麦麦芽を加えてブレンドしたものは「ブレンディッドウイスキー」、ライ麦をメインとしたものは「ライウイスキー」といった具合です。

シングルモルトウイスキーは、モルトウイスキーの一つです。ウイスキーの本場スコットランドとアメリカではシングルモルトの定義が異なりますので、注意が必要です。それぞれの定義は以下のとおりです。

スコットランド:単一の蒸留所で製造されたウイスキー(一般的には単式蒸留器で2回蒸留)
アメリカ:原材料に大麦麦芽のみを使用したウイスキー

単一の蒸留所でウイスキー製造の全ての工程を行うということで、蒸留所のオリジナリティを楽しみたいならスコッチウイスキーがおすすめです。

シングルモルトの選び方

製造されている国によって定義の異なる「シングルモルトウイスキー」。ウイスキーを深くしり、味わいたいならおすすめはやはりスコッチウイスキーです。蒸留所の味、蒸留所の環境などによってウイスキーの個性が際立つため、「シングルモルト」でも全く違った味を楽しむことができます。スコッチに限定して、シングルモルトの特徴をご紹介します。

地域別スコッチウイスキー

「スコッチウイスキー」と言っても、生産地によって味わいの特徴は全く異なります。蒸留所の特徴が出やすいシングルモルトウイスキーなら、特にその際立った違いを感じることができます。スコッチの地域別の味の違いは、一般的には以下のように認識されています。

スペイサイド

スコッチウイスキーの聖地とも言われます。スコットランド全土で最も多くの蒸留所が密集している地域です。スペイサイドのスコッチウイスキーは、比較的飲みやすくクセが無いのが特徴です。最もスコッチらしいスコッチが味わえるので、ウイスキー初心者や女性におすすめです。

ハイランド

広範囲にわたるため、「これ」という特徴を示すのが難しいのがハイランドのウイスキーです。あえて言うなら北の沿岸地域は潮の味わい、南部は華やかな味わいです。

キャンベルタウン

南方の海岸地域がキャンベルタウンです。海に近いため、ウイスキーはソルティな味わいになります。

アイラ

スコッチの中でも最も個性的でスモーキーなのがアイラ産です。島全体がピートで覆われているため、アイラのウイスキーには独特の強いピート香があります。ウイスキーに慣れ親しんだ上級者におすすめ。かなり好みが分かれます。

ローランド

スコッチの中でも飲みやすく、さらっと喉を滑るのがローランドのウイスキーです。マイルドで優しい味わいです。

アイランズ

スコットランドに散らばる5つの小さな島でつくられるウイスキーを「アイランズウイスキー」と呼びます。島ごとに特徴が異なるので、気になる人は島ごとにチェックしていくのがおすすめです。

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

シングルモルトウイスキーを飲んでみたいという人のために、人気のおすすめシングルモルトをご紹介します。蒸留所独自の味わいが人気のおすすめスコッチに限定して見てみましょう。

第3位:ラフロイグ 10年

ラフロイグ 10年
ラフロイグ 10年
口コミ

磯の香りがすると言う人も多いでしょうが、個人的には野焼きされた草原をイメージするような荒々しさがあり、中毒性を持った味わいだと思います。

強烈な味わいで好みがはっきり分かれてしまうのが「ラフロイグ」のシングルモルトです。アイラ島産らしい、スモーキーでピーティな味わい。正露丸の味とも言われます。スコッチのシングルモルトの中でもかなり個性が強いウイスキーですが、一度はまるとやみつきになるおすすめウイスキーです。イギリス皇太子チャールズ皇太子のお気に入りとしても有名です。

第2位:グレンフィディック15年

グレンフィディック 15年
グレンフィディック 15年
口コミ

絹のように滑らかな舌触りと、口に広がる華やかな甘さ、そしてほのかに香る隠し味のスモーキーさ。いつもトワイスアップで香りを楽しみつつ、美味しくいただいております。

世界で初めてシングルモルトウイスキーを「プレミアムウイスキー」として販売したのがグレンフィディックです。

現在、シングルモルトの売上世界一を誇っています。グレンフィディックのシングルモルトは熟成年数によっていろいろな味わいが楽しめますが、この15年はシェリー樽・バーボン樽・オークの新樽という3つの樽で熟成されています。バランスが良く、複雑でありながらもリッチな味わいを楽しむことができます。

絹のような優しくなめらかな口当たりで、スパイシーさも少々感じます。まったりしたい時間におすすめのシングルモルトウイスキーです。

第1位:ザ マッカラン 12年

ザ マッカラン 12年
ザ マッカラン 12年
口コミ

芳醇な香りと、口当たりの良さ。一度は飲まないと。すばらしい。

数あるシングルモルトの中でも「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれるのがマッカランです。2017年には中国人富豪が1878年製のマッカランを開封させたことで話題になりました。130年ぶりに開けられたマッカランのグラス一杯のお値段は日本円にしておよそ110万円になります。マッカランは世界中に熱狂的なファンを持つ、シングルモルトの王者とも言える存在です。

「ザ マッカラン12年」は選び抜かれたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみが使用されています。熟成に使用されたシェリー樽はマッカラン社が原木の選定から製樽にまでこだわりがあります。

徹底した品質管理のもとで製造されたラグジュアリーなシングルモルトウイスキーです。シェリー樽由来の甘さ、フルーティさが際立ちます。12年の熟成期間を経て、味わいは円やかで濃厚です。スパイシーさもある、複雑で華やかなおすすめシングルモルトウイスキーです。

特徴・国産別おすすめのシングルモルト

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

より深くシングルモルトウイスキーを知るために、より個人のニーズにあったおすすめシングルモルトウイスキーをご紹介します。ハイボールにおすすめのもの、お値段が安くても美味しいものなどおすすめを見てみましょう。

安いおすすめシングルモルト:グレン グラント ザ メジャー リザーブ

グレン グラント ザ メジャー リザーブ
グレン グラント ザ メジャー リザーブ

コスパの良いシングルモルトウイスキーをお求めの人におすすめしたいのが「グレングラント メジャーリザーブ」です。安いといっても2000円は超えてしまいますが、シングルモルトウイスキーなので妥当です。

グレングラントは1840年創業のスコットランド・スペイサイドにある蒸留所です。「メジャーリザーブ」は重厚なシングルモルトとは対照的な、すっきりと軽快な味わいが特徴です。クリアでスムース、少々ピリッとスパイシーさも感じます。気負わずシングルモルトを楽しみたい人におすすめです。

ハイボールにおすすめのシングルモルト:サントリー シングルモルト ウイスキー 白州

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州
サントリー シングルモルト ウイスキー 白州
口コミ

森の香りがするというか…香りがとても良くてサッパリしていて美味しすぎて感動しました。

ハイボールでシングルモルトを楽しみたい人におすすめなのが「サントリー シングルモルト ウイスキー 白州」です。ハイボールには、濃厚で口当たりがまったりしたシングルモルトウイスキーよりも、さっぱりと爽快な後口のものがおすすめです。

「サントリー シングルモルト ウイスキー 白州」はクリアでキレのある味わいが特徴です。ソーダで割る事で、キリっとした爽やかさがさらに際立ちます。森の若葉を感じさせる爽やかな香りも楽しめ、女性や初心者でもグイグイ飲めます。大勢でワイワイするのにおすすめのシングルモルトウイスキーです。

ウイスキー好きにおすすめのシングルモルト:シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年

シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年
シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年
口コミ

一度このウイスキーの魅力に取りつかれるとこのウイスキーなしにウイスキーを語れないのではかとも思うほどの魅力を秘めています。

ウイスキー好きで新しい味わいを知りたいという人におすすめしたいのが「ボウモア12年」です。ボウモアはアイラ島最古の蒸留所です。海の側にたち、ボウモアのシングルモルトウイスキーには潮の香りが漂います。華やかで王道の味わいを持つ「スペイサイド」などとは全く異なる、他にはない主張の強いおすすめシングルモルトウイスキーを作り続けています。

この「12年」はボウモアを代表する、いわばフラッグシップです。ピーティさと塩味のバランスが良く、柑橘系フルーツの爽やかな酸味も感じます。いつものウイスキーでは満足できなくなった人におすすめのシングルモルトウイスキーです。

おすすめのシングルモルトのメーカー・ブランド3つと代表製品

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

シングルモルトウイスキーに興味のある人は、まず人気ブランドから攻略するのもおすすめです。シングルモルトウイスキーを作っている蒸留所は世界中にたくさんありますが、おすすめをいくつかご紹介します。

スペイサイド(Speyside)のおすすめ蒸留所:グレンリベット蒸溜所

「すべてのシングルモルトはここから始まった」というキャッチコピーで有名なのが「グレンリベット蒸留所」です。蒸留所が数多く集まる「スペイサイド」の中でも、最も古い歴史を持つ蒸留所の一つです。

グレンリベットのシングルモルトウイスキーは国際的な大会でも高い評価を受けており、特に「グレンリベット18年」は世界的な酒類の鑑評会である「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」において2005年から2012年まで毎年ダブルゴールドメダルを獲得しました。

ザ・グレンリベット 12年

ザ・グレンリベット 12年
ザ・グレンリベット 12年

¥ 5,266

口コミ

私のベストです。複雑なようでシンプル。この価格帯以上の芳醇な香りが楽しめます。

ピート香の少ない、やわらかいのど越しのおすすめシングルモルトウイスキーです。カラーは明るさと華やかさを併せ持つゴールドです。スペイサイド産らしい、フローラルでフルーティな香りが楽しめます。味わいは柔らかく、マイルドです。バニラやハチミツのような優しい甘さも感じます。飲みやすいので、女性や初心者におすすめです。

ハイランド(Highland)のおすすめ蒸留所:グレンモーレンジィ

ハイランド地方のおすすめ蒸留所は「グレンモーレンジィ蒸留所」です。「グレンモーレンジィ」とはゲール語で「静寂の谷」を意味する言葉です。

通常、ウイスキー製造には「軟水」が使用されますが、グレンモーレンジィ蒸留所は蒸留所付近に沸く泉の水を使用しています。この泉の水はカルシウム、ミネラルなどをたっぷり含む硬水です。地元の硬水を使用することで、グレンモーレンジィのシングルモルトウイスキーはほかにない独特の風味を持ち合わせます。

また、蒸留に使用するポットスティルも特徴的。もともとはジンの製造に使用されていたポットスティルだったため、グレンモーレンジィのポットスティルは背が高く、高さはなんと5.14メートルになります。大人のキリンほどもあるポットスティルを使用することによって、エレガントでフルーティなおすすめシングルモルトウイスキーが完成します。

グレンモーレンジィ オリジナル

グレンモーレンジィ オリジナル
グレンモーレンジィ オリジナル
口コミ

飲みやすくスムースなど真ん中のスコッチだと思います。

スコットランドで最も愛されているシングルモルトを製造する「グレンモーレンジィ蒸留所」は、世界中のシングルモルト愛好家からも高い評価を受けています。「グレンモーレンジィ オリジナル」はハイランドの硬水とスコットランド産の大麦麦芽のみを使用して作られました。

まずレモンやピーチ、マンダリンオレンジといった爽やかなフルーツの香りが漂います。口に含むと、なめらかなバニラの柔らかい甘さ。ハチミツのようにしっとりとした舌ざわりです。後口はクリーンでフレッシュです。ピーチのようなさわやかな甘さが長く続きます。気軽にシングルモルトウイスキーを楽しみたい時におすすめです。

日本のおすすめ蒸留所:サントリー山崎蒸留所

近年世界中で高い評価を受けている「ジャパニーズウイスキー」です。世界的な酒類のコンペティションである「インターナショナルスピリッツチャレンジ」において、初めて栄誉を受けたジャパニーズウイスキーが「山崎12年」でした。

山崎を製造しているのは京都にあるサントリー山崎蒸留所です。この山崎の地は、日本におけるウイスキー作りに最も適した土地を探していたサントリー創業者「鳥井信治郎」が自ら選んだ場所です。

豊かな自然、滑らかで良質な地下水が素晴らしいシングルモルトを作っています。蒸留所の見学ツアーもあるので、ジャパニーズウイスキーに興味のある人にはおすすめです。ツアー後は試飲もできます。

山崎 12年

 山崎12年
山崎12年
口コミ

ウィスキー苦手!って言う人でも、飲めちゃうんじゃないでしょうか。そして気がつくとはまってしまうと言う。。

2003年の「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」で日本勢初の金賞に輝いたシングルモルトウイスキーです。山崎の特徴は何といっても「ミズナラ樽」を熟成に使用していることです。ミズナラの樽を熟成に使用するのは日本だけであり、ウイスキーには上品な白檀のような香りが漂います。

こちらの「山崎12年」はミズナラ樽の他ワイン樽、シェリー樽を使用しています。樽由来の華やかな香気と上品な味わいを楽しめます。ジャパニーズウイスキーを試してみたいという人の、ファーストウイスキーにおすすめのシングルモルトウイスキーです。

初心者におすすめのシングルモルトの銘柄

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ハイボールやジャパニーズウイスキーブームが過熱する現在、シングルモルトウイスキーに興味を持つ人も増えています。しかし、シングルモルトウイスキーの銘柄が多すぎてどれを選んだらいいかわからないという人もいます。そこで、初めてシングルモルトウイスキーを楽しむという人にピッタリのおすすめシングルモルトを見てみましょう。

ウイスキーの中でもシングルモルトは作り手のこだわりや環境の特徴が顕著に現れます。一つのシングルモルトウイスキーが合わなかったからといって悲観せず、次々と違うものにチャレンジしていくことをおすすめします。

ハイランドパーク12年

ハイランドパーク12年
ハイランドパーク12年
口コミ

飲みやすく香りも味も楽しめる。

スコッチウイスキーの中でも「アイランズ」と呼ばれる地域で作られているのが「ハイランドパーク」です。日本での人気も高く、入手しやすいのもおすすめポイントです。スコッチの中でも島でつくられたのもは塩気やピート香が強く、いわゆる「上級者向け」のものが多いのですが、こちらの「ハイランドパーク12年」はそれらが控えめになっています。

塩気、ピーティさのバランスが良く、優しい甘さも感じます。ピリッとしたスパイシーさもあるので、味の変化を楽しむのにも最適です。本当の初心者でシングルモルトの1本目にはおすすめしませんが、シングルモルトをかじり始めた人には飲んでいただきたいおすすめのシングルモルトウイスキーです。

オーヘントッシャン 12年

オーヘントッシャン 12年
オーヘントッシャン 12年
口コミ

後から鼻にくる香りが最高!味自体もかなりクリアで飲みやすい。

スコッチの中でも「ローランド」で製造されているのが「オーヘントッシャン」です。ローランドの気候は北部や島に比べると、穏やかです。そのため、シングルモルトの味わいも優しくライトなものが多く見られます。

通常モルトウイスキーの蒸留は2回のみですが、オーヘントッシャンではローランドの伝統に基づいて3回の蒸留を行っています。そのため雑味が少なくクリアな味わいのおすすめシングルモルトができ上がります。

「オーヘントッシャン12年」は、若葉のようなクリアな風味がありつつも、ナッツやクリームブリュレのようなまろやかさも感じる、複雑な味わいです。きりっとした後口で、いつまでも飲み続けたくなるおすすめシングルモルトウイスキーです。

ザ マッカラン 12年 ファインオーク

ザ マッカラン 12年 ファインオーク
ザ マッカラン 12年 ファインオーク
口コミ

いや〜うまいっす。毎日これを飲みたい。一人で味わって飲むの気持ちいい。

マッカランはすでにご紹介しているのですが、シングルモルト初心者の一本目にはやはりマッカランがおすすめです。シングルモルトのロールスロイスと言われるとおり、マッカラン抜きにシングルモルトを語ることはできません。

こちらの「マッカラン12年ファインオーク」はアメリカンシェリー樽、ヨーロピアンシェリー樽、バーボン樽の3つの樽での熟成をへて作られたおすすめシングルモルトウイスキーです。

シェリー樽由来のフルーティな華やかさに、バーボン樽由来のバニラやドライフルーツの甘みが特徴。重厚さと軽やかさを持ち合わせた、繊細にして複雑な味わいです。シングルモルト初心者は、とにかくマッカランを色々と飲んでみることを強くおすすめします。

旅するようにシングルモルトを楽しもう

シングルモルトおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

世界的なウイスキーブームで、日本でもシングルモルトが注目を集めています。シングルモルトウイスキーというと、まったり楽しむ大人の飲み物というイメージがありますが、そんなことはありません。ストレートやオンザロック以外にも、ハイボールやカクテルでも楽しめます。

この度ご紹介したのは主にスコッチのシングルモルトですが、スコッチ以外にもアイリッシュ、ジャパニーズ、アメリカンなど世界中でシングルモルトは製造されています。オーストラリアや台湾産のウイスキーも大人気です。世界を旅するような気持で、気軽にシングルモルトウイスキーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Related