Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月27日

甘口の日本酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

あなたは日本酒が好きですか。まだ呑んだことがないという人は、甘口の日本酒から挑戦してみると良いでしょう。甘口の日本酒は口当たりも良く、後味もさっぱりしている日本酒が多いです。ここではおすすめの甘口日本酒と、おすすめの甘口の日本酒の呑み方を紹介しています。

甘口の日本酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

甘口の日本酒の種類や選び方について

甘口の日本酒の種類はどれくらいあるの?

日本酒の好みは人によって異なりますが、一般的には「甘口派」と「辛口派」に分かれます。よく「辛口派なんだよね」「甘口が好みなんだよね」という声を居酒屋では聞かれるのではないでしょうか。

日本酒が甘いか辛いかというのは、そのお酒の「酒度」と「酸度」によって決まります。まずは日本酒の基礎知識から見ていきましょう。

日本酒でも、甘口辛口と両方ありますが、甘口の日本酒も豊富にあります。甘口の日本酒しか飲んだことがないという人は、ぜひこの記事を参考に、おすすめの甘口の日本酒を見つけてください。

酒度とは?

日本酒のラベルを見てみると、「-3」「+4」などの数字が書いてあります。この数字が酒度と呼ばれます。この数字がマイナスであるほど甘口、プラスであるほど辛口になります。

酸度とは?

酸度とは、お酒に含まれる酸の量を表す度合いです。乳酸やリンゴ酸、コハク酸などがどの程度含まれるのかを表しています。酸が多いと辛く、少ないと甘く感じます。

甘口の日本酒の選び方

甘口の中にも「淡麗甘口」と「濃厚甘口」があります。口当たりはどちらも優しく、まろやかですが、淡麗甘口はさっぱりしています。

逆に濃厚甘口はコクのあるお酒です。ワインの軽さ、重さと似ている表現です。酒度と酸度を確認しながら飲み比べていくと、おすすめの日本酒が見つけられます。

大体の好みが分かれば、お店に行った時に店員さんに「さっぱりとした喉越しの辛口の日本酒はありますか?」「香りが豊かでコクのある甘口を熱燗で楽しみたいです」と相談してみましょう。好みを伝えて選んで呑むと、一層日本酒を楽しむことができます。

甘口の日本酒おすすめ人気ランキングTOP3を発表

甘口の日本酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

日本酒は悪酔する、匂いがきついなどの理由でチャレンジしたことがない人もいるのではないでしょうか。しかしそれは勿体無いことです。ここではおすすめの日本酒をご紹介します。

ランキング3位:「屋守」

屋守(おくのかみ)
屋守(おくのかみ)
口コミ

お米由来の芳醇な香り旨味とフレッシュな香りが口いっぱいに広がります。酸味も程よく、後味もすっきりしており、非常にバランスの良いお酒です。

甘味、酸味、苦味のバランスが抜群のおすすめの甘口の日本酒です。これから日本酒デビューをする方にも、これまでは辛口しか飲まなかった方にもおすすめの逸品です。

辛口が大好きな頑固なお父さんも唸るほどのバランスの良さです。熱燗でも冷燗でも楽しめます。フルーティーな香りを楽しみたい女性の方には、まずは冷燗で飲んでみることをおすすめします。

ランキング2位:「越後鶴亀」

越後鶴亀
越後鶴亀
口コミ

フルーティー!ワインを飲んでいるようです。

清酒酵母ではなくワイン酵母を使用した珍しい純米吟醸酒です。 甘いフルーティーな香りと濃厚で甘みのある味わいが特徴です。

フレッシュな酸を感じるため、大変飲みやすくおすすめです。 従来の日本酒では味わえない、 デザートワインのような新感覚の日本酒です。 冷燗で飲むのがおすすめで、ワイングラスでおしゃれに飲むと気分も高まります。女子会で日本酒を楽しむ際におすすめしたい日本酒です。

ランキング1位:「獺祭」

獺祭
獺祭

¥ 3,078

口コミ

日本酒といえばこれ!甘口の王様!

お店でこの名前を見かけたことが一度はあるのではないでしょうか。誰もが知っている日本酒の王様、獺祭です。

山口県の生んだ銘酒で、味は甘くてフルーティー、それでいて甘ったるいわけではありません。一口ずつを味わいながら飲んで欲しい日本酒です。一度は飲んでおくことをおすすめしたい甘口日本酒、それが獺祭です。

特徴や用途別のおすすめ甘口の日本酒をチェック!

甘口の日本酒と言っても味の特徴やTPOに合わせたおすすめの日本酒があります。自分や家族、友人や恋人と共に呑むのもおすすめでしょう。シーンに応じた甘口日本酒のラインナップをご紹介します。

安いおすすめの日本酒はまぼろし

最近では日本酒もリーズナブルなものが増えてきました。しかし品質は良く、安くても美味しく飲めるのが特徴です。まずは日本酒を試したい、しかし口に合わなかったらどうしようかと迷っている人は、安い日本酒から試してみましょう。

まぼろし

幻
口コミ

まろやかなコクとドライな甘味が絶品です。

酒度は+1ですので、数字だけでみると甘口の日本酒ではありません。しかし飲んでみるとその爽やかな甘さに驚きます。

リンゴ酵母を使用しているため、スカッとした後味がクセになります。甘くて飲みやすいおすすめの日本酒です。頑張った自分自身へのご褒美にいかがでしょうか。達成感を一層引き立ててくれる甘口のおすすめの日本酒です。

高級な日本酒でも甘口でおすすめなものとは?

高級な日本酒と言ってもピンからキリまでありますが、高級な日本酒にはやはりそれだけの味わいがあります。無理をすれば飲める日本酒もあれば、手が届かない高級な日本酒もあるでしょう。

その中からおすすめの甘口の日本酒を選別してみました。

Fu.

Fu.
Fu.
口コミ

これが日本酒?日本酒が苦手でもはまってしまいます。

大甘口の日本酒です。アルコール度数は9度ほどで日本酒の中では低めで飲みやすいお酒です。フルーティでワインのような味わいが特徴ですが、米と米麹から作られています。

贈り物としては珍しい味わいのため、喜ばれる日本酒です。日本酒通の方への贈っても「こんな日本酒があるのか」と驚きと発見があります。アルコール度数も低いため、さらっと呑めます。

白ワインのようなテイストで、デザート酒としてもおすすめでしょう。

飲みやすくスッキリした甘口日本酒は

甘口の日本酒は女性におすすめです。深い味わいがあり、それでいてまろやかです。今まで日本酒を呑んだことがないという人は、その甘い風味と味わいに驚くでしょう。

そんな日本酒デビューをしたい人におすすめしたい、飲みやすく、スッキリしたテイストのおすすめ甘口日本酒をご紹介します。

カワセミの旅

こちらの甘口の日本酒は、チョコレートと良く合う風変わりな日本酒です。フランスのショコラティエであるジャン・ポール・エヴァン氏から、ショコラに合う日本酒とまで紹介された、甘口の日本酒です。

想像以上にしっかりした日本酒の味で、繊細と旨味を充分に感じ取ることができます。喉越しも良いおすすめの日本酒です。酸味がフルーティなので、白ワインに似た風味を思わせます。女性におすすめの甘口の日本酒です。

デパートで買える甘口の日本酒大関

デパートには豊富な種類の日本酒が揃っています。その中でも甘口の日本酒は数多く揃っています。自分の好みに合う日本酒を探してみましょう。試飲ができるデパートもありますから、一度試してみて購入を決めるのもおすすめです。

大関

大関
大関
口コミ

フルーティー!でも濃厚な香り!

重厚で存在感がある風味ですが、嫌味がなく爽やかな香りが鼻に抜けます。ふんわり香るというより、口の中に一気に風味が広がる力強さも備えています。

貴腐ワインの甘さに少し似ているおすすめの日本酒です。ラベルもリッチでデパートで背伸びをして買うに値する甘口日本酒です。

スーパーで手軽に買える甘口の日本酒

近くのスーパーなどでも日本酒は販売されています。スーパーで販売されている甘口の日本酒は美味しいのでしょうか。手ごろな価格も重視したい所です。日本酒が呑みたいと、ふと思う時に、近くのスーパーに立ち寄り、購入できれば気軽でしょう。

そんなスーパーでおすすめの甘口の日本酒を紹介します。

黒松剣菱

黒松剣菱
黒松剣菱
口コミ

濃厚かつ、深い旨味。

香りが強く、口に含んだ瞬間に口いっぱいに香りが広がります。お米の芳醇さを最大限に引き出した甘口の日本酒です。それでいてキレも抜群です。

リーズナブルなのに、この濃厚さはたまりません。日本酒に今日からチャレンジする方はまずこの日本酒から試してみましょう。

コンビニで購入できる日本酒はあるの?

24時間開いているコンビニですが、そんなコンビニでも日本酒は取り扱っているのでしょうか。ふいに日本酒が呑みたくなった時にコンビニで日本酒が買えたら便利でしょう。コンビニでは甘口の日本酒は置いてあるのでしょうか。

ワンカップ大関
ワンカップ大関

¥ 3,549

口コミ

突然の訪問者の皆さんに挨拶代わりにワンカップを渡したら たいそう喜ばれました(意外な喜び、といった感じ?)。

コンビニの中でもファミリーマートで多く取り扱っているのが、ワンカップが主です。その中でもワンカップ大関シリーズは3種類も用意されています。大関シリーズを飲み比べたい人におすすめです。

特にこちらのワンカップ大関甘酒は甘酒なので、甘く、日本酒初心者でも美味しく飲むことができます。

生産地別おすすめの甘口の日本酒

生産地によっても日本酒の種類は変わります。生産地の気温や気候などにより、甘口の日本酒の味も変わりますし、醸造の違いもあるでしょう。

ここでは生産地別におすすめしたい甘口の日本酒を紹介していきましょう。

秋田県

秋田と言えば寒い地域ですから、冬になれば日本酒を熱燗で呑むと体に染みわたることでしょう。そんな秋田県で生まれた甘口の日本酒はどのようなものがあるのでしょうか。

高清水 デザート純吟
高清水 デザート純吟
口コミ

甘くてとても飲みやすいです。日本酒が苦手な方でも美味しく飲めると思います。

酸味が豊かでほんのりと甘く、フルーティな味わいの純米吟醸がこちらの日本酒です。秋田県で生まれた高清水が販売しているデザート純吟は軽い飲み口で香りも優しいため、女性におすすめの日本酒です。

日本酒を初挑戦したいという人にも飲みやすいおすすめの日本酒でしょう。

新潟県

新潟県は冬になると冬型の気圧配置になり、多くの雨や雪が降る地域です。降水量が多くなるのは12月から1月にかけてですが、最近では雪が降る量も少なくなっているのが特徴です。米どころの日本酒は美味しいと言いますが、やはり新潟の日本酒はおすすめなものが多いです。

新潟の水は超軟水で、日本酒の発酵が緩やかなのも特徴です。昼夜の温度差も少ないため、さっぱりした日本酒が生まれます。

 八海山 発泡にごり酒
八海山 発泡にごり酒
口コミ

期待通り美味しかったです。サイズもちょうどいいです。知人にも送り、喜ばれました。

炭酸の泡が弾ける発砲日本酒が新潟の甘口日本酒です。酸味も爽やかで、スッキリした味わいもおすすめポイントです。食前酒として呑むのもおすすめでしょう。

濃厚な料理、スパイシーな料理などにもよく合います。デザートと一緒に呑むのもおすすめです。アルコール度数は14.5%で、よく冷やして呑むのがおすすめの呑み方です。

広島県

広島県と言えば原爆ドームが残っている有名な地域ですが、路面電車が多い地域で乗客数が多い地域としても知られています。また誰もが知っているポテトチップスなどを販売しているカルビーで知名度を上げた地域です。

広島風お好み焼きや牡蠣、もみじ饅頭など観光地として有名な地域です。そんな広島県にもおすすめの甘口日本酒があります。

竹鶴 酸味一体 雄町純米

竹鶴 酸味一体 雄町純米
竹鶴 酸味一体 雄町純米
口コミ

他もいろいろ試してみたが、結局ここに戻ってしまうスタンダード。

広島県では最も古い歴史を持つメーカーで、広島を代表するおすすめの甘口の日本酒です。広島のお酒というなら、酸味一体 雄町純米と呼ばれるほど、おすすめの甘口の日本酒です。日本酒が初めてという人でも本当に美味しいので試してみてはどうでしょうか。

高知県民は酒酒豪甘口日本酒の代表製品はどれ?

高知県はお酒好きナンバーワンの県で、飲酒費用が全国で最も多いという統計があります。全国平均の2.2倍で高知県民は酒好きとして知られています。

また、高知県の女性はお酒に強いことでも有名です。皿鉢料理と言い、1つのお皿にさまざまな料理が盛り付けられたもので、女性が男性のお酒の世話をすることなく、女性もお酒をゆっくり楽しめるよう作られた料理です。

そんなお酒に強い高知県のおすすめの甘口日本酒を紹介しましょう。

亀泉 純米吟醸生原酒
亀泉 純米吟醸生原酒
口コミ

フルーティーな香りが何とも言えませんね。今、いちばんのお気に入りです。

果実をイメージさせる白ワインのような日本酒です。トロピカルなフレーバーが特徴で、ジューシーですが水のようにすっきりした味わいのおすすめの日本酒です。

佐賀県

伝統や歴史など、観光スポットである佐賀県は名産の珍味などが豊富にあります。また日本酒どころとしても佐賀県は知られています。米どころの佐賀県は、若者のニーズを捉えた酒造りを進め、日本酒で乾杯するなど日本酒業界の後押しをしています。

そんな佐賀県のおすすめの甘口日本酒を探ってみましょう。

鍋島

山田錦を35%まで磨いたこの鍋島は、濃厚かつフルーティーなフレーバーが特徴です。メロンのような味わいが口の中に広がります。

甘口の日本酒ですが、甘ったるくなく、優しい飲み口で日本酒が苦手だという人もスッキリ飲める味です。

男女別おすすめの甘口の日本酒

男女共に日本酒を呑んだことがないという人もいるでしょうが、特に男性や女性でおすすめの日本酒はあるのでしょうか。

男性なら山間(やんま)「特別純米」という日本酒がおすすめです。ゴクゴク飲める日本酒なので、男性におすすめです。

女性に向いているのは会津中将(あいづちゅうじょう)という日本酒が向いているでしょう。その味はバニラのようで優しく丸みを帯びた香りが上品です。

おすすめ甘口の日本酒のメーカーやブランドの代表製品3つを紹介

日本酒を造っているメーカーは多いですが、辛口も甘口も両方造っているメーカーが多いです。その中でも甘口が美味しいと評判のメーカーと、その代表製品を3つ紹介しましょう。

誠鏡の「大吟醸」幻(まぼろし)赤函

「大吟醸」幻(まぼろし)赤函
「大吟醸」幻(まぼろし)赤函
口コミ

評判はよかったのて、買ってみたら、本当に良かったです。黒箱のも買ってみたいです。

誠鏡というメーカーから販売されている甘口の日本酒です。

味わいは甘いですが、スッキリ呑めます。日本酒度は+6ながらも、その数値からはイメージできない甘みがおすすめの日本酒です。

酒屋八兵衛の「大吟醸」伊勢錦

「大吟醸」伊勢錦
「大吟醸」伊勢錦

マスカットやメロンのような香りが立つ甘口の日本酒です。その上品な香りに日本酒好きも心惹かれます。甘みが美しい、心地よい飲み口です。旨味もしっかりしている甘口の日本酒です。

風の森の「純米大吟醸」秋津穂しぼり華

「純米大吟醸」秋津穂しぼり華
「純米大吟醸」秋津穂しぼり華
口コミ

生原酒のシュワシュワ感が大変良く、一升瓶で購入したところ、冷蔵庫に縦に入らず苦労しました!

ラムネのような香り立ちで、フレッシュな香りが鼻に抜けます。ラムネジュースのように甘い強めの甘さが特徴です。微発泡感があり、後味がさっぱりしているのもポイントです。

甘口日本酒を楽しく呑むには?

甘口の日本酒を美味しく呑むための呑み方は特別にあるのでしょうか。日本酒と言えば、冷酒や熱燗など、誰もが知っている呑み方があります。しかしその他、シャーベットにするなど風変わりな呑み方もあることを知っていましたか。

まずは日本酒の美味しい呑み方を学んでいきましょう。

冷酒の呑み方

その名のとおり日本酒を冷やして呑みます。約7度から10度前後に冷やして呑むのが最も美味しいと言います。冷蔵庫で冷やすだけで呑むことができるため、誰もが簡単に冷酒を楽しむことができます。

そんな冷酒に合う日本酒は吟醸酒です。熱燗にすると旨味成分のクエン酸がバランスを崩すため、熱燗で呑みたい甘口日本酒の場合はぬる燗なら楽しむことが可能です。

熱燗の呑み方

どの程度温めるかによって、熱燗の呼び名も変わります。熱燗も甘口の日本酒に良く合う呑み方です。一般的によく呑まれる呑み方の1つです。

35度程度まで温めた日本酒を人肌燗と呼びます。肌と同じ温度に温めた日本酒です。

ぬる燗は40度前後まで温めた熱燗で、徳利の底を触れた際に熱いと感じる程度が目安です。

一般的に熱燗と呼ばれる日本酒は、50度前後まで温めた日本酒で、徳利の底がかなり熱い程度が目安です。

熱燗の正しい作り方

熱燗が1番美味しい呑み方だと感じる人も多いでしょうから、ここでは熱燗を正しく作る方法をご紹介しましょう。

まず徳利の9分目まで日本酒を注ぎ、ラップをします。すると日本酒の香りが損なわれません。徳利の半分程度まで水を入れた鍋を沸騰させ、好みの温かさまで火を通します。お湯を沸騰させるのがコツです。お湯を沸騰させなければ徳利も温まるのに時間がかかるため、アルコール分も失われるからです。

短時間で熱燗は作るようにしましょう。

もし徳利が家になかったらどうする?

日本酒好きな人は、徳利を自宅に置いている人も多いですが、それほど頻繁に日本酒を呑まない人は徳利まで用意していない人もいるでしょう。そんな人が熱燗を呑みたい場合、どう熱燗を作れば良いのでしょうか。

あまりおすすめできませんが、レンジを使った方法があります。沸騰させたお湯をどんぶりに注ぎ、グラスに入れた日本酒をどんぶりに入れ、好みの温かさになるまで待つ方法です。

またラップをしたマグカップに日本酒を注ぎ、レンジでチンする方法もあります。レンジは上下で温度差が出るため、途中でかき混ぜて温度調節をしましょう。

自分好みの甘口の日本酒を探そう!!

いかがでしたか。自分の口に合いそうな甘口の日本酒は見つかったでしょうか。まだ日本酒を呑んだことがないという人、甘口の日本酒は甘ったるくて呑みにくいと感じている人も、おすすめの甘口の日本酒は数多くあります。

今回はおすすめの甘口の日本酒を紹介してきました。日本酒に挑戦してみようと思う人、甘口も呑んでみたいと感じた人は、この記事を参考に、好みの甘口の日本酒を探してみましょう。

Related