Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月23日

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

皆様は果実酒の種類や無数にあるあ実種の中から望んでいる物を選ぶという選び方を知っていますか?本記事では、果実酒の種類と選び方を紹介させていただいております。果実酒とはどういう物なのか?果物はどんなものを使っているのか?おすすめの果物は?多くの方が悩む事です。

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

果実酒の種類と選び方

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒と言えば、皆様が思い浮かべる物はなんでしょうか。比較的によく目にして飲むものと言えば、ぶどうの果実酒であるワインなどを浮かべます。それでは、そもそも果実酒とは何なのか、という事からお伝えさせていただき、おすすめの果実酒の種類とその選び方をご紹介いたします。

果実酒の種類

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒とは、果実を原料にし、果汁に含まれる糖分の約半量が酵母などにより発酵された物を言います。ですから、ぶどうを使うワインは果実酒であり、リンゴを使うシードルも果実酒です。

他にも果実を中性スピリッツなどの蒸留を繰り返して作る混成酒(リキュール)も果実酒と呼ばれます。その中の果実酒としては、日本でおなじみの梅を使う梅酒や、かりんを使うかりん酒、イタリアが起源のレモンを使うリモンチェッロも果実酒です。

果実酒の選び方

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒が飲みたくなったとき、酒屋やスーパーなどで果実酒を選びますが、皆様はどういうふうに果実酒を選んでいますか。自分の飲みたいものを選んで飲むというのが、どこまで行っても間違いがないのですが、ここでは果実酒のおすすめの選び方をお伝えしていきます。

味わいたい果物で選ぶ

果実酒を選ぶ際には、まず好きな果物で選ぶのがおすすめです。自分の好きなフルーツを思い浮かべてみてください。柑橘系のオレンジやレモン、キウイなどという選択もあるでしょう。甘い物ですとイチゴや梨があり、ぶどうも間違いありません。

基本的に果実酒と言えば何かジュースのようなイメージを持つ方もいますが、そういう風に味わいたいのであればおすすめは果肉の入った様な濃厚な物がおすすめです。お酒としてゆっくりと味わいたい方には、ウイスキーなどの度数が強いお酒を使って作られている物や、その中でも甘味が欲しいという方には梅酒がおすすめです。

果実酒の飲み方や特徴で選ぶ

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

好きな果物で選ぶのもいいですが、それに付け加えて、気になる果実酒の事を調べることもおすすめします。果実酒について調べると言いますと、例えば何の果物を使っている果実酒なのか、どういう工程で作られているのか、おすすめの飲み方はどのようなものかなど、飲みたい果実酒の事を調べてみると、おすすめの飲み方や楽しみ方を知ることができます。

それぞれ特徴を調べたうえで、自分で工夫して飲むのも果実酒の楽しみ方として大変おすすめできます。むしろ、それが果実酒の醍醐味ではないでしょうか。

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒は世に広く知れ渡っているお酒ですが、そんな果実酒好きの皆がおすすめする果実酒とはどういう物があるのでしょうか。次は日本でおすすめされている果実酒を、TOP3でお伝えしていきます。

ランキング3位:「キリン にごり杏露酒」

キリン にごり杏露酒
キリン にごり杏露酒

ずんぐりとした濁り硝子ビンには、商品名の下に『うらごし果肉でとろとろ あんずのお酒』と記載されています。あんず果実酒、国産リキュールで、アルコール度数は10%です。1瓶に720ml入っており、価格は1300円です。

先程、『味わいたい果物で選ぶ』で少し触れましたが、この果実酒は果物の甘さを贅沢に引き出し、甘味が楽しめるお酒です。うらごし果肉でトロトロ、とても濃厚なあんずの香りが鼻を抜けとおり、喉でもあんずを感じられます。果物のやわらかい甘さを求める方におすすめの果実酒となっております。

ランキング2位:「あらごしみかん酒」

あらごしみかん酒
あらごしみかん酒

¥ 3,024

口コミ

とても飲みやすく、お酒が苦手な妻も飲めるおいしいお酒です。 是非ロックで飲んでほしいです。 キリッとした冷たさがさらなるおいしさを引き出します。

第2位は、3位のあんず酒から少し酸味が欲しい方におすすめな『みかん』の果実酒です。リキュールであり、アルコール度数は低く7%しかないので、お酒の弱い方にもおすすめできるお酒です。1瓶に1.8l入っており、価格は3024円になっています。

こちらのおすすめさせていただいております果実酒は、奈良県 梅乃宿酒造の『あらごしみかん酒』という商品名でありまして、あらごしとだけあって、みかんの果実のツブツブが入っており、どこか懐かしいような、それでいてアルコ―ル度数も低いのでグビグビ飲めるような果実酒です。

果肉のツブツブは、どこか懐かしい気持ちにさせられます。お酒が好きな方でも、お酒に少し弱い方であっても、誰にでもおすすめできる果実酒です。

ランキング1位:「果肉入り キウイ酒」

第1位に輝きましたのは、埼玉県 麻原酒造 リキュール『果肉入り キウイ酒』です。1瓶に720ml入っており、価格は1404円です。第2位のみかん酒よりも酸味が少し強く、その酸味もみかんとはまた違った酸味ですので、ほんのり甘いのが好きな方におすすめします。

アルコール度数は第2位のみかん酒と同じ7%であり、さらに同じく果肉入りであります。ツブツブ食感が楽しめ、キウイ特有の酸味と甘さの絶妙なバランスが何とも上品です。美味し過ぎてグビグビ飲めますが、ジュースではなくアルコール飲料ですので、お酒の弱い方には注意が必要です。

しかし、非常にあっさりとした果実酒なので、やはりお酒好きの方から少し苦手な方全ての方々におすすめできる果実酒です。

果肉入り キウイ酒
果肉入り キウイ酒

特徴・用途別おすすめの果実酒

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

先程、日本でのおすすめの果実酒TOP3を紹介させていただきましたが、ここでは「特徴」「用途」別でのおすすめ果実酒をご紹介させていただきます。

スーパーで買える

果実酒、皆様はどのように飲まれていますか。1つの方法として、スーパーで果実酒を購入して自宅で飲むというのがあるでしょう。果実酒は身近なもので、例えばテレビや本といったところからおすすめの果実酒の情報が手に入れば、スーパーに行けば売っている物です。

ワインやリキュールは、スーパーのお酒コーナーなんかでよく目にします。『チョーヤ』というメーカーの『紀州梅酒 720ml』は正によく売っている物です。

仕事帰りに少しだけ家で飲みたいという気分になる方も多いでしょう。そんな時に、いつか見たようなおすすめされている果実酒を買ってみてください。果実酒はそんなにアルコール度数が強い物ではありませんので、飲み過ぎない限りは翌日に支障をきたす事もないでしょう。一人で手軽にクピクピ飲めるというところも、果実酒をおすすめする点です。

紀州梅酒  720ml
紀州梅酒 720ml

¥ 1,162

口コミ

程よい酸味とアルコールの組み合わせが素晴らしいです。 飲みやすいし、梅も上手い!チビチビ味わいながら春の夜を楽しみます♪

居酒屋で飲める

あらごしみかん酒
あらごしみかん酒

特徴として、先程上げたとおりに「手軽に飲める」「アルコール度数が低い」という点をあげさせていただきました。まさにそうで、ちょっと気に入って手軽に入手して家で飲むという事ができる訳です。しかし、気分によっては静かに飲むというより、居酒屋のようなにぎやかなところで飲みたくなったり、居酒屋の雰囲気で飲みたい気分にもなるでしょう。

居酒屋で果実酒を飲むというのもおすすめします。居酒屋で飲むメリットと言えば、まず特有な雰囲気があげられますが、一番いいと思うのが店の人におすすめの果実酒についてを聞けることです。聞けるかどうかはお店によって変わりますが、たいていは聞けば答えてくれます。気分や好きなお酒を伝えれば、店でおすすめな果実酒が飲めます。

瓶一本買うのに悩む方は、居酒屋なんかに行けばおすすめした『あらごしみかん酒』などがすぐ飲めます。

地域別飲めるおすすめの果実酒

次に、日本の地域ごとでおすすめな果実酒を紹介させていただきます。日本と言え、酒巡りをしようとすればとても広いです。今回は新宿、大阪、岡山、札幌などで飲める果実酒についてお伝えしていきます。

新宿

新宿。新宿と言えば、何でもそろっているので、果実酒でも何でもそろっていますが、特に凝っていて美味しいとされるのは『梅酒』です。

新宿のバーや飲食店、居酒屋さんなどで飲めますが、『SHUGAR』というお店では、梅酒や果実酒の中でも数多く揃えていますので、おいしい梅酒をベースにされた、ハーブと果物のブレンドの飲み比べができます。

中には新しい、果実酒のホットカクテルという物がありますので、寒い季節には大変おすすめできます。新宿に行く機会がございましたらぜひ立ち寄って、自分に合った果実酒を見つけてみるのもおすすめします。

大阪

大阪も新宿と同じくらい物が揃っていますので、たいていのお酒は飲めます。果実酒のおすすめでは、梅酒の人気が非常に高いですが、ここでは少し違ったものを紹介させていただきます。新宿と同じでお酒を飲める場所はダイニングバーであったり、居酒屋のような場所になります。

その中でも、『PENGUIN BAR ITALIAN』というダイニングバーでは、イタリア料理を食べながら『イタリアンクーラー』と呼ばれる、果物をふんだんに使ったトロピカルで涼し気な果実酒が楽しめます。夏に大阪に行く予定のある方は、ぜひ立ち寄ることをおすすめいたします。雰囲気と体の内から涼しくなれます。

岡山

大阪からさらに西に行った岡山ではも梅酒は大人気です。しかし、それ以外のこだわりを持たれた果実酒はどれも美味です。

岡山県の中でも酒飲み場はたくさんあります。そんな中で今回は、『堀居酒屋 こほのほ』という店をおすすめさせていただきます。こほのほでは、堀居酒屋の名のとおりに掘りごたつがあります。店内は非常に落ち着いた雰囲気で、団体から個人まで楽しめる居酒屋です。肝心の果実酒はと言いますと、多種の梅酒もさることながら、大変美味しい果実酒が用意されています。

果実酒の中には『あんず』『にごりイチゴ酒』『にごりぶどう酒』『にごりレモン酒』『にごりラフランス酒』などがあり、なんと、先程日本でおすすめTOP3で紹介させていただきました3種のお酒も楽しめます。岡山に立ち寄った際にはぜひ、この居酒屋で飲み比べをしてはいかがでしょうか。おすすめします。

札幌など

一気に北に飛びまして、北海道です。札幌でおすすめな果実酒は、やはりどこに行っても人気な梅酒なのですが、梅酒でも『黒糖濃醇梅酒』なるものがあります。聞いているだけでもよだれが出そうですが、濃い梅酒の他にもあっさりとした『やさしい梅酒』もあります。

梅酒だけではなく、『鳥邸』札幌すすきの店でメニューに載っております豊富な果実酒もおすすめです。果実酒には『あんず酒』『ライチ酒』『巨峰酒』『もも酒』『ゆずレモン酒』などがありますが、ライチ酒とゆずレモン酒はなかなか目に見ないお酒ですので、札幌に行った際にはぜひ飲んでみることをおすすめします。

種類別おすすめの果実酒

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒を作る際には、ベースとなる果物があるように、ベースとなるお酒が存在します。次は『ウイスキー』『ホワイトリカー』『スピリタス』などのベースのお酒ごとのおすすめ果実酒をご紹介いたします。自分の好きなように組み合わせるのが果実酒の醍醐味ですので、日本の場合は『酒税法』(法43条11項)(令50条14項)(規則13条3項2号)(規則13条3項1号)の下に楽しみましょう。

ウィスキー

ウイスキーと言えば、皆様は何を浮かべますか。ニッカやアードベッグ、タリスカーにラフロイグといったように、ウイスキーでも多種多様です。特に身近なのが、髭おじさんのマークが印象的な『ブラック・ニッカ』というものがあります。

果実酒の飲み方として、最近新しく目立つのが、『漬け込みウイスキー』という物です。こちらはブラックニッカを使っての簡単な果実酒作りをできるのですが、方法は本当に簡単で、適当な大きさのビンに『ブラックニッカ・クリア』と好きな果物を容れて漬けるだけです。

ブラックニッカ×イチゴや、ブラックニッカ×リンゴといったように、自分の飲みたい果物の味を手軽に作れるのでおすすめです。

ホワイトリカー

ホワイトリカーと言えば、梅酒作りの元のお酒として一般的に有名です。ホワイトリカー自体はスーパーのお酒コーナーなんかで紙パック状の物が購入できます。選ぶ際におすすめなのが、果実酒を作るときに味をどうしたいかをしっかり決めておくことです。

ホワイトリカーと言っても種類がたくさんあり、原料の風味がついている物や、そういった風味をできる限り抑えて、無駄な味をつかせない物まであります。特にぶどうや、果物の甘味の強い果実酒を作りたい場合は風味つきの物をおすすめしますが、梅酒のような、果実の味を生かしたい時にはできる限り無駄な味の無いホワイトリカーを選びましょう。

スピリタスなど

次は世界最強のアルコール度数を誇ることで有名なポーランド原産ウォッカ、スピリタスです。スピリタスのアルコール度数は95度~98度であり、数値が大変お酒です。ここまで来るともはやお酒ではなく消毒液なのですが、果実酒を漬け込むお酒として有名です。

スピリタスでも梅酒を作ることは可能で、大き目の瓶(1000mlサイズ)に『青梅500g』『氷砂糖250g』『スピリタス500ml』を入れて2ヶ月程置いておくだけです。梅酒を作るときは梅の下ごしらえとして、青梅の灰汁抜きとヘタ取り、重要なのが瓶の消毒があります。

下拵えを済ませれば、ビンに詰め込んで放置なのですが、スピリタスで漬ける場合はホワイトリカーと違って変化が早いです。理由は、高すぎるアルコール度数にあります。何か特別な思いで梅酒や果実酒を作るときには、スピリタスで作ってみるのがいいでしょう。

季節別おすすめの果実酒

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒はいつ飲んでも美味しいものですが、果物をベースとしているお酒なので、季節によって雰囲気や味も変化してきます。次は季節別におすすめの果実酒をご紹介させていただきます。

春におすすめな果物は『イチゴ』『サクランボ』『梅』です。イチゴとサクランボは酸味というよりは甘味が強いです。寒い季節に出回るみかんもありますが、そのみかんも酸味よりは比較的にやわらかい甘みが特徴です。梅種を作るのは春からつけておくのがベストで、年中に渡って飲めますが、夏に持ち越して飲むのが一番おいしく感じられます。

夏におすすめの果物は『あんず』『ブルーベリー』『パイナップル』『モモ』『プルーン』などがあります。ブルーベリーやモモで作った甘い果実酒もいいですが、夏はあんずやパイナップル、オレンジなどで作った酸味のある爽やかな果実酒がおすすめです。

秋は果物の実りが豊富です。『リンゴ』『梨』『柿』『ザクロ』『かりん』『きんもくせい』『アロエ』などが秋ではおすすめで、きんもくせいの香りを付けた果実酒などは香りからして癒されます。凄く甘くて酸っぱいというよりは、秋の果物は落ち着く程良い甘さを持っています。まったりと家で飲むときなんかは、この果物たちで果実酒を作るのがおすすめです。

冬は果物も減ってしまいますが、日本では柑橘系が多く採れ、またおすすめです。果物には『みかん』『ゆず』『きんかん』などがあり、冬の寒い時期でスピリタスなんかで果実酒を作ると、さわやかな香りと温かさが体内から放出されます。また、冬でのみかん果実酒は春に持ち越して飲むというのもおすすめなので、ぜひやってみてください。

おすすめの果実酒のメーカー・ブランド3つと代表製品

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

次におすすめの果実酒メーカー・ブランドをお伝えします。なかには有名なブランド物もあり、人によって相性が在りますので、じっくり自分に合ったものを探してみると面白いです。画像の物はワインになりますが、日本の果実酒と言うと、梅酒やあんずと言った、和のテイストが出てきます。

では早速、メーカーと製品を紹介させていただきます。まず1番目に、『チョーヤ』というメーカーなのですが、製品は梅酒です。チョーヤの梅酒と言えば、スーパーでも普通に売っている物で、梅酒としては間違いなくおすすめです。

2番目に、栃木県『小林酒造』の製品、鳳凰美田ゆず酒1.8lです。こちら、栃木県名産の柚子をふんだんに使っている果実酒で、そのジューシーな味わいはまさに秘蔵酒です。

3番目に、おすすめ果実酒TOP3にも入っている、奈良県『梅の宿酒造』で、製品は『あらごしみかん』です。どうしても、コレはおすすめです。

果実酒の楽しみ方

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

果実酒の楽しみ方についてですが、一番の楽しみ方は醍醐味と言える『自分で工夫をして作って飲む』という事です。既成の製品は間違いなくおいしいですが、自分で果物を選んで果実酒を一から作るというのが、やはり一番楽しめる方法でしょう。また、楽しむことも当然ながら、作る中で自分に一番合うお酒も見つかってきます。そう言った発見も、果実酒では楽しめます。

果実酒を作ってみよう

果実酒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

これまで、果実酒についてのおすすめを伝えさせていただきましたが、数多くある果実酒の中から自分に合った果実酒を見つけられそうですか。果実酒はまさに無限大で、既成の物でも多種多様あるにもかかわらず、真骨頂は自分で自分に合った果実酒を作るというところにあります。

ぜひ、果実酒は色んなものを飲んでください。それでこそ、自分に合った果実酒を選べるという物です。さらに、自分から工夫を入れていけば、飲む楽しさも果実酒の美味しさもより一層大きくなります。より楽しく、より美味しくを求め続けると、人生とても楽しいです。

Related