Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月16日

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

米焼酎は好きですか?米焼酎は日本酒と同じように、米を原料として作られているお酒です。焼酎と日本酒は作り方が全く異なるため、米を原料としていても風味や香り、味は全く違います。おいしいい米焼酎を選ぶポイントと、おすすめの米焼酎をたっぷりご紹介します!

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

米焼酎の種類と選び方

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

焼酎は米を原料として作られているお酒です。日本酒も米を原料として作られていますが、日本酒と焼酎には大きな違いがあります。焼酎の種類や選び方、おすすめランキングをくわしくご紹介します。

お酒の種類とは

お酒は大きく分けると3つの種類に分けることができます。

・醸造酒
・蒸留酒
・混成酒

焼酎は蒸留酒に分類されます。

醸造酒

醸造酒とは、原料を発酵させて作るお酒のことです。米を発酵させて作ったお酒が、日本酒です。ワインはブドウを発酵させていて、ビールは麦を発酵させて作ったお酒です。

蒸留酒

焼酎を含めた蒸留酒とは、原料を発酵させたあとに蒸留させて作ったお酒です。蒸留とは、蒸発させた液体を冷やして、液体に戻す手法です。ウイスキーやウォッカ、ブランデーも蒸留酒です。

混成酒

混成酒とは、糖分や果実をお酒に加えて作ったものをいいます。リキュールや梅酒は混成酒です。

米焼酎の種類

米焼酎を含めた、焼酎には種類があります。

・甲類
・乙類

「甲類」と「乙類」は、焼酎のランクではありません。焼酎の蒸留方法が異なっているということです。甲乙(こうおつ)という言葉は、優れているものと劣っているものという意味で使われることがあります。そのため、焼酎のランクだと思われる場合があります。

しかし、甲乙という言葉は、どちらも優れているため決めがたいという意味があるように、焼酎のランクではないということをご説明いたします。

甲類

甲類とは、連続式蒸留で作られた焼酎のことです。日本では単式蒸留が主流でしたが、連続式蒸留が行われるようになり、連続式蒸留で作られた焼酎が多数販売されるようになりました。何度も蒸留を重ねることによって、不純物が取り除かれて、よりアルコール度数の高い焼酎になります。

乙類

乙類とは、単式蒸留で作られた焼酎のことです。焼酎は日本で作られる場合には、もともと単式蒸留によって作られていました。単式蒸留とは、その名のとおりに一度だけ蒸留を行って焼酎を作ります。単式蒸留によって作られた焼酎は、アルコールの精製度は低いと考えられていますが、風味や香りをより強く感じられる焼酎になります。

甲類・乙類

連続式蒸留で作られた焼酎である甲類は、単式蒸留で作られた乙類よりも、大量に生産することができます。

お酒には酒税という税金がかかります。政府はより多い酒税を回収するために、大量生産して多く販売することができる連続式蒸留で作られた焼酎を「甲」としたと考えられています。乙類は大量生産することがむずかしいため、多く販売できないことから政府に税金を多く納められないことから、乙類と分けられたとされています。

本格焼酎とは

本格焼酎と明記されている焼酎は、単式蒸留によって作られた焼酎のことです。乙類の焼酎の別名と考えてよいでしょう。本格焼酎は基準があり、単式蒸留によって作られた焼酎であることと、加えてよいとされているのは水だけです。原料の香りや風味を残してある、単式蒸留によって作られた焼酎(乙類)を、本格焼酎ともいいます。

米焼酎の選び方

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

米焼酎は比較的クセが少なく、飲みやすい特徴があります。米焼酎の選び方には3つのポイントがあります。米焼酎の選び方についてご説明します。

1・スッキリかコクか

米焼酎の選び方のポイント1つ目は、スッキリと軽い飲み心地か、深いコクを味わいたいかによって、おすすめする米焼酎が違います。スッキリとした飲み心地の米焼酎は、どんな料理とも相性がよいです。ストレートでもよいですが、水割りやお湯割りで楽しんでも良いでしょう。深いコクの米焼酎は、ストレートやお湯割りで飲むのがおすすめです。

2・作られている地域

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

米焼酎の選び方のポイント2つ目は、米焼酎の作られている地域を選ぶことです。米焼酎は、その名のとおりに米を原料として作られています。良質な米が作られている地域や、豊富な清流があることも、おいしい米焼酎が作られているポイントです。

3・価格

米焼酎の選び方のポイント3つ目は価格です。米焼酎の価格はさまざまですが、高ければ高いほど良いということではありません。手頃な価格でも十分に米焼酎の魅力を味わうことができます。予算を決めて米焼酎を楽しんでもよいでしょう。

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3

米焼酎はたくさんの種類が販売されています。口当たりが爽やかなものや、華やかな香りが特徴など、さまざまな米焼酎があります。また、焼酎は好みによっていろいろな飲み方を楽しむことができます。ストレートやロック、水割りやお湯割りなど、豊富な楽しみ方があります。米焼酎のおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。

ランキング3位:「しろ」

高橋酒造「しろ」
高橋酒造「しろ」
口コミ

いつもこれです。ほかの米も試してますが、結局これが一番クセがなくてあとに残らなくて、お気に入りです。

米焼酎おすすめ人気ランキング、第3位は高橋酒造の「しろ」です。「しろ」は厳選した米を原料として作られた米焼酎です。人吉盆地のミネラルが豊富に含まれている水が使われています。「しろ」は、口当たりが軽やかで、スッキリとした味わいのため、どんな料理との相性も良いです。水割りやロック、ボトルごと冷凍してクールショットとして楽しむのもおすすめです。

ランキング2位:「よろしく千萬あるべし」

八海山「よろしく千萬あるべし」
八海山「よろしく千萬あるべし」
口コミ

雑味がなくすっきりしていてとても飲みやすい。おいしい!何本も買ってます。

米焼酎人気ランキング、第2位は八海醸造株式会社の「よろしく千萬あるべし」です。「八海山」という日本酒の醸造技術を取り入れて作られた米焼酎です。「よろしく千萬あるべし」は、清酒酵母と黄麹を使用して「三段仕込」という方法を行っています。

限りなく多くの福を得ることができるように、と願いを込めて名づけられています。「よろしく千萬あるべし」は上品な飲み口で、どんな料理とも相性のいい米焼酎です。

ランキング1位:「吟香鳥飼」

鳥飼酒造「吟香鳥飼」
鳥飼酒造「吟香鳥飼」

¥ 2,214

口コミ

なめらかでまろやかな味、すごくお勧めです。こんなにおいしい焼酎初めて。

米焼酎人気ランキング、第1位は鳥飼酒造の「吟香鳥飼」です。「吟香鳥飼」は、吟醸麹づくりの技術と、自家培養した酵母によって作られた米焼酎です。柔らかい味わいと、華やかな香りが特徴です。

特徴・用途別おすすめの米焼酎

米焼酎はさまざまな飲み方ができること、どんな料理にも合いやすいということから、プレゼントにおすすめのお酒です。また、毎日お酒を楽しみたい場合には、米焼酎リーズナブルでコストパフォーマンスも良いためおすすめです。プレゼントにおすすめの米焼酎や、安い米焼酎、お湯割りにおすすめの米焼酎など、用途別におすすめの米焼酎をご紹介します。

プレゼントにおすすめ1「吟香鳥飼」

高橋酒造「吟香鳥飼」
高橋酒造「吟香鳥飼」

高橋酒造の「吟香鳥飼」は、プレゼントにおすすめの米焼酎です。吟醸酒のような上品な香りが特徴で、ストレートでもロックで飲んでも良いでしょう。また、砥部焼きフリーグラスとのセットも販売されています。ギフトとしておすすめの商品です。

プレゼントにおすすめ2「金銀しろ」

高橋酒造「金銀しろ」
高橋酒造「金銀しろ」
口コミ

義父へのプレゼントに購入しました。金・銀ラベルのものは此方では売っていないので、義父にも喜んでもらえたと思います。

高橋酒造の「金銀しろ」は、プレゼントにおすすめの米焼酎です。透明感が特徴的で、どんな飲み方とも相性のよい「しろ」。「銀しろ」は、華やかな吟醸香を楽しむことができます。また、「金しろ」は、熟成樽によって生み出された芳醇な香りが特徴です。

「金銀しろ」は、それぞれの美味しさをじっくり味わったり、飲み比べをしたりすることができるため、プレゼントにおすすめです。

プレゼントにおすすめ3「十四代」

高木酒造「十四代」
高木酒造「十四代」

高木酒造の「十四代」は、プレゼントにおすすめの米焼酎です。米本来の旨味を十分に味わうことができます。また、スッキリとした飲み口は、飲みやすくおすすめです。「十四代」という名前は、高木酒造の十五代目が父である十四代を尊敬していたことから名づけられたといわれています。

おすすめの安い米焼酎・その1「白岳」

高橋酒造「白岳」
高橋酒造「白岳」
口コミ

友人への贈り物だったのですが、 不具合もなく発送も早くて 先方はまんぞくしてくれました。 ありがとうございました。

高橋酒造の「白岳」は、おすすめの安い米焼酎です。価格はリーズナブルですが、厳選された米が使われています。また、球磨川水系の良質な地下水を使って作られているため、芳醇な香りとすっきりした飲み口が特徴です。

ストレートでも、水割りやロックはもちろん、お湯割りでも楽しくことができ、コストパフォーマンスがよいことから、毎日米焼酎を楽しむにはおすすめです。

おすすめの安い米焼酎・その2「よかいち」

宝酒造「よかいち」
宝酒造「よかいち」

¥ 1,672

口コミ

値段のわりには美味しくいただきました、ごちそうさまでした又買います

宝酒造の「よかいち」は、おすすめの安い米焼酎です。国産の米を使って仕込まれていて、華やかな香りと豊かな風味を味わうことができます。「よかいち」という名前は、九州地方で「よい」という意味で使われる言葉を使って、「一番良い」という意味が込められています。

リーズナブルでコストパフォーマンスに優れた「よかいち」は、毎日米焼酎を楽しむにもおすすめです。

おすすめの安い米焼酎・その3「博多の華」

福徳長「博多の華」
福徳長「博多の華」
口コミ

そこそこの味です米の焼酎というような個性はあまり無く普通の焼酎です

福徳長の「博多の華」は、おすすめの安い米焼酎です。米焼酎の独特なクセを抑えて、飲みやすい米焼酎を目指して作られました。フルーティーな風味と、スッキリとした華やかな味は、飲みやすいためおすすめです。お湯割りや水割りで飲むことで、米本来の甘みを楽しむことができます。

お湯割りにおすすめの米焼酎「七田」

天山酒造「七田」
天山酒造「七田」
口コミ

贈答用に買いました。 送った先方も、美味しいと喜んでました。次回は自分用に買いたいです

天山酒造の「七田」は、お湯割りにおすすめの米焼酎です。吟醸と大吟醸の酒粕だけを使って贅沢に作られた米焼酎です。作られる時期や、数量が限定されているため、入手がむずかしい米焼酎のひとつです。

「七田」は、お湯割りで飲むことで、フルーティーな香りや、ほんのりした甘みをじっくり感じることができるためおすすめです。

おすすめの辛口米焼酎「吟香鳥飼」

鳥飼酒造「吟香鳥飼」
鳥飼酒造「吟香鳥飼」
口コミ

こちらはロックかストレートで どうぞ! いくら呑んでも 酔いません とても呑みやすい焼酎。

鳥飼酒造の「吟香鳥飼」は、おすすめの辛口の米焼酎です。まるで、高級な日本酒のようなフルーティーな香りや、贅沢な味わいを楽しむことができます。ロックやストレートで楽しむことで、辛口をより楽しむことができます。

地域別のおすすめの米焼酎

米焼酎は熊本県で多く作られています。熊本県の中でも、球磨地方には焼酎の蔵元が集中してあります。その歴史は古く、室町時代から始まったともいわれています。また、熊本県の球磨地方の米焼酎は、球磨焼酎といい国際的に保護されたブランドです。

熊本県以外にも、こだわりの米焼酎が作られています。大阪で地焼酎を唯一作っているとされる酒造や、北海道の酒造もご紹介します。

熊本「豊永酒造」

豊永酒造「豊永蔵」
豊永酒造「豊永蔵」

豊永酒造は明治に創業されました。熊本県球磨地方は土壌が肥沃なため、古くから盛んに稲作が行われてきました。球磨の米と水を使って、球磨の人によって米焼酎が作られています。

熊本「高橋酒造」

高橋酒造「しろ」
高橋酒造「しろ」
口コミ

スッキリ飲みやすくて美味しいです! 値段もリーズナブルだしリピートしてます!

高橋酒造は明治時代に創業しました。人吉球磨地方で本格米焼酎造りが受け継がれてきました。高橋酒造の「しろ」は、人吉球磨地方の清らかな水と良質な米を原料として作られています。

熊本「天草酒造」

天草酒造「天草」
天草酒造「天草」
口コミ

クセがなく、どんな料理でもじゃましない。お酒もお料理も美味しい。毎日のテーブル焼酎です。

天草酒造は熊本県にあります。明治時代に創業しました。熊本県産をはじめとして、厳選された九州産の米を使って作られた米焼酎です。

大阪・國乃長

寿酒造「國乃長」
寿酒造「國乃長」
口コミ

うまいですよ、日本酒のような芳醇な香りでのみくちスッキリです。

大阪で唯一の地焼酎と言われる「國乃長」は、寿酒造で作られています。寿酒造は、1822年から酒造りを続けています。米焼酎のほかには、清酒、地ビールも手掛けています。

國乃長はストレートやロック、水割りで楽しむことで、じっくりと味わうことができます。また、お湯割りもおすすめです。

北海道・初代泰蔵

國稀酒造「初代泰蔵」
國稀酒造「初代泰蔵」

國稀酒造は北海道増毛町にあり、日本最北の酒蔵です。明治15年に創業しました。國稀酒造では米焼酎の他に、さまざまな種類の日本酒を作っています。

良質な水と、北海道産にこだわって作られた「初代泰蔵」は、ロックや水割りで飲むことをおすすめします。また、お湯割りで飲んでも良いでしょう。

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランド3つと代表製品

米焼酎はさまざまなメーカーやブランドがこだわって製造しています。「しろ」や「白岳」を販売している「高橋酒造」や、「大石」を販売している「大石酒造場」。また、青森県にある「六花酒造」の「津軽海峡」など、おすすめのメーカー・ブランドと代表製品をご紹介します。

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランド1/3「高橋酒造」

高橋酒造「百」
高橋酒造「百」

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランドの高橋酒造は「しろ」や「白岳」を製造している酒造です。「究極の米焼酎」と目指して作られた「百」は、高橋酒造の代表製品です。

「百」は熊本県産の食用米である「森のくまさん」という米を原料として作られています。常温のストレートや、ロックで飲むことで、「百」のなめらかさと品を存分に味わうことができます。

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランド2/3「大石酒造場」

大石酒造場「大石」
大石酒造場「大石」
口コミ

贈り物用に購入しました。 以前友人に紹介してもらってからずっと ファンです。 今度は自分用に購入します。

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランドの大石酒造場は、熊本県にあります。明治5年に創業しました。本格米焼酎のほかには、熊本特産の果汁や果実を使用したリキュールも製造しています。

大石酒造場の代表製品である「大石」は、豊かな大地で育まれた米と、球磨川の伏流水によって作られています。コクがあり、まろやかな味わいを楽しむことのできる米焼酎です。

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランド3/3「六花酒造」

六花酒造「津軽海峡」
六花酒造「津軽海峡」

おすすめの米焼酎のメーカー・ブランドの六花酒造は、青森県にあります。1972年に、弘前市にある造り酒屋が3社合併して誕生しました。六花酒造では、フランスでブランを作るために使われている蒸留釜を使って、米焼酎を作っています。

六花酒造の代表製品である「津軽海峡」は、みちのく津軽の米だけを原料として作られています。手間ひまを惜しまず作られているため、雑味のない米本来の風味を楽しむことができます。

米焼酎の美味しい飲み方

米焼酎はさまざまな飲み方で、美味しく飲むことができます。米焼酎をそのまま飲む「ストレート」や、米焼酎に氷を入れて飲む「ロック」、水で好みの濃さに割って飲む「水割り」などがあります。また「お湯割り」は、お湯の温度やお湯と焼酎の割合などによって、より美味しく飲むことができます。それでは、米焼酎の美味しい飲み方について、くわしくご紹介します。

ストレート

米焼酎の美味しい飲み方には、ストレートで飲む方法があります。ストレートとは、水や氷を入れずにそのまま米焼酎を楽しむ飲み方です。ストレートで飲むことで、米焼酎本来の香りや風味を味わうことができるためおすすめです。

ロック

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

米焼酎の美味しい飲み方には、ロックで飲む方法があります。ロックとは、焼酎に氷を入れる飲み方です。米焼酎をロックで飲むと、すっきりした味わいを楽しむことができるためおすすめです。

お湯割り

焼酎をお湯割りで楽しむ場合には、お湯と焼酎の割合や、お湯の温度によって味わいが変わります。焼酎をお湯割りで楽しむ場合は、基本的にはお湯に焼酎を注ぎます。グラスに入れておいて、そこにゆっくり焼酎を注ぎましょう。お湯は熱すぎると、焼酎の香りが飛んでしまう可能性があるため、温度にも注意が必要です。

焼酎とお湯の割合・6:4

焼酎をお湯割りで楽しむ場合には、基本的には焼酎とお湯の割合は6:4と考えられています。焼酎の香りをもっとも楽しむことのできる割合のため、おすすめです。

焼酎とお湯の割合・5:5

焼酎のお湯割りは、焼酎とお湯の割合を5:5とする方法も多いとされています。焼酎とお湯の割合を5:5の割合の場合には、焼酎のマイルドさを味わうことができるためおすすめです。

水割り

米焼酎の美味しい飲み方には、水割りで飲む方法があります。水割りとは、米焼酎をに水を加える飲み方です。好みの量の水を加えることで、米焼酎が飲みやすくなり、米焼酎の風味を楽しみながら飲むことができるためおすすめです。

毎日美味しく米焼酎を楽しみましょう

米焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

米焼酎の種類と選び方、おすすめについておわかりいただけたでしょうか。米焼酎は「甲類」「乙類」と分類されていますが、焼酎のレベルではなく製造方法の違いです。米焼酎の主な原料は、日本酒と同じ「米」ですが、日本酒は醸造されていて、焼酎は蒸留して作られるため全く違った味わいになります。

米焼酎はクセが少ないため、どんな料理にも合うという特徴があります。そのため、毎日の食事と楽しむことができておすすめです。飲み方も、ストレートやロック、水割りやお湯割りなど、好みに合わせた楽しむことができます。夏などの暑い時期にはロックや水割りで、冬などの寒い時期にはお湯割りで楽しむのもおすすめの飲み方です。

毎日美味しく米焼酎を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Related