Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月09日

黒糖焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お酒は飲みたいけれど、カロリーは低い方がいい。そんな人におすすめなのが黒糖焼酎です。黒糖焼酎は、二日酔いになりにくいと言う事もあり人気がありますが、癖のなさからカクテルなど色々な飲み方ができるようです。今話題の黒糖焼酎、おすすめです。

黒糖焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

黒糖焼酎の種類と選び方

黒糖焼酎の種類は年々増えてきています。おすすめしたい焼酎も種類が多く、好みもあるので選ぶのに苦労します。そこで、焼酎の種類について少し詳しく知っておくと自分の好みの焼酎選びが楽になりますし、人におすすめする時も納得して飲んでいただく事ができ喜ばれるのではないでしょうか。

そこで始めに、焼酎の種類についてご紹介しましょう。焼酎は、連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎に種類が分かれており、甲類焼酎と乙類焼酎とも呼ばれています。連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)の方は細かい分類は無いですが、単式蒸留焼酎(乙類焼酎)の方は芋と麦など、原材料によってさらに分類されています。

では、連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎にはどのような違いがあるのでしょうか。黒糖焼酎の種類についてお伝えする前に、ご紹介しましょう。

連続式上類焼酎

スーパーなどに、陳列された焼酎を見るとラベルには「焼酎」か「芋焼酎」と書かれています。焼酎と明記されているのが連続式蒸留焼酎で、芋焼酎と明記されているのが単式蒸留焼酎になりますので、見分けやすいです。

連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)は、複数回蒸留する製法を用いて純粋なアルコールを取り出してできる焼酎です。原材料はサトウキビの絞り汁などが利用される事が多いですが、複数回蒸留しているのでサトウキビなどの特性は感じられません。

連続式蒸留焼酎は、レモン割りや梅干しを入れて飲むなど味を好みに調整して楽しむ事ができます。レモンチューハイやカルピスハイなどは連続式蒸留焼酎をベースにしたアルコールです。ホワイトリカーというのは連続式蒸留焼酎の別名称で、法的に認められています。

単式蒸留焼酎

連続式蒸留焼酎とは異なり、蒸留は一回だけで香味成分や味わいを含んだアルコール分を取り出すのが単式蒸留焼酎(乙類焼酎)です。香味成分が含まれているため、原材料の特性を十分に感じる事ができますが、レモン果汁などで調整する事はおすすめできません。

単式蒸留焼酎の原材料は、二次仕込みの時に使用した材料の事を言います。一時仕込みで使う米麹や麦麹などではなく二次仕込みでサツマイモをかければ芋焼酎、米を掛ければ米焼酎、麦なら麦焼酎となります。

そして、「本格焼酎」と称するのが許されてるのは、単式蒸留焼酎の中で一定基準を満たしている焼酎です。

黒糖焼酎とは

黒糖焼酎とは、米麹と黒糖で仕込まれる焼酎です。黒糖を使用し作られたお酒は、リキュール類などに該当し、税率が焼酎とは違い高税率となります。

しかしながら、奄美諸島で生産された黒糖焼酎を生かすために、仕込みに麹を必ず使用することや、大島税務署管内のみの特例とすると言う条件で特別に許可が下りました。他の焼酎は法的に日本全国で生産できますが、黒糖焼酎は奄美諸島でしか生産できない特別な焼酎です。

黒糖焼酎は焼酎ですから糖分は一切含まれていませんが、黒糖独特の香りや甘い味が特徴的です。黒糖焼酎は主に女性に人気が高くおすすめとされています。

黒糖焼酎の種類

焼酎の種類には甲類焼酎と乙類焼酎があると言うのは前途でご紹介したとおりです。その中で乙類焼酎(本格焼酎)に属するのが黒糖焼酎ですが、黒糖焼酎の中でも蒸留の種類があるのでご紹介しましょう。

減圧蒸留

黒糖焼酎の製法の一つである減圧蒸留方法は、釜の中を大気圧以下に減圧します。釜の中を真空ポンプを用いて減圧することにより、通常沸点が85~95℃ほどで蒸発してくるアルコール液が、45~55℃で蒸発します。

45~55℃という温度の幅は、減圧度によって沸点が変化してくるためです。減圧度を調整できると言う事は味にも変化が出てくると言う事になりますので、温度の幅は味の幅にもつながります。

一般的な温め方は蒸気ですが、直接もろみに吹きかけず間接的に温める方法を取っています。沸点を下げることで、すっきりした味わいになると言われています。沸点が低いと蒸発しにくい成分が原酒に入らないと言うのがその理由です。

常圧蒸留

常圧蒸留方法は、直接的に焼酎もろみに蒸気を吹きかけ、温めながら混ぜ合わせていきます。85℃あたりから蒸発し始め、蒸発したあるアルコール気体を冷やして原酒にします。

この時に、もろみに含まれる成分も含めて蒸発させるため、原料となっている黒糖の香りを多く取り込んだ原酒ができ上がります。もろみに新鮮な空気を吹き込みながら、対流をおこさせた磨き蒸留は釜内の安定を均一にする事を可能にしました。

おすすめの黒糖焼酎の選び方

黒糖焼酎や他の焼酎には、蒸留方法までは記載されていませんが、好みの味によって減圧蒸留と常圧蒸留の違いがあると言えるでしょう。黒糖焼酎に限らず、芋焼酎などでも、口当たりのすっきり感によっては減圧蒸留を使用していると言えます。

ほろ酔い気分で飲みながら、蒸留方法を考え黒糖焼酎や他の焼酎を飲み比べてみるのもおすすめです。焼酎には黒糖焼酎の他、芋や米、麦などさまざまな種類があります。その日に食べたい料理と相性の良い焼酎を選ぶと良いでしょう。

黒糖焼酎は、甘いたれを使用した料理の組み合わせが、黒糖焼酎の味を引き立たせることができるのでおすすめです。例えば、すき焼きや焼き鳥、煮物など和食がおすすめですが、パスタなどでも美味しく頂けるのでおすすめです。

黒糖焼酎のおすすめ人気ランキングTOP 3

黒糖焼酎の種類は豊富です。その中から、おすすめの黒糖焼酎をご紹介しましょう。飲み会などで黒糖焼酎の銘柄選びに迷った時や、人におすすめしたい時など覚えておくと便利です。

朝日

黒糖焼酎「朝日」
黒糖焼酎「朝日」
口コミ

安心して。。。 朝日の中でもこれは特に飲みやすいようです。 金額もお手頃だし、ショップの対応もすばらしいので安心して購入できます。

最初におすすめするのは、2016年に100周年を迎えた歴史ある会社の朝日酒造で作られているのが黒糖焼酎「朝日」です。朝日酒造は、奄美大島の喜界島にあり、サトウキビや黒糖、米なども自社栽培で有機農法を取り入れるなど、黒糖焼酎作りにこだわりを持っています。

黒糖焼酎「朝日」は、創業以来の銘柄で安くて美味しいと評判の黒糖焼酎です。サッパリとキレのある後味に加え、黒糖らしいコクと香りが楽しめるおすすめの黒糖焼酎です。

奄美

黒糖焼酎「奄美」
黒糖焼酎「奄美」
口コミ

あるお店で大将おすすめというこちらの焼酎を飲んで以来毎日寝酒に飲み続け1年半になります。 ブラックも呑んでみましたが私には香りがキツく独特だったのでこちらにしました。

徳之島にある5つの蔵元の原酒で製造されている黒糖焼酎「奄美」です。黒糖の甘い香りを引き出して作られた奄美は、米麹の1.8倍の黒糖を使用しています。常圧蒸留法という製法で、アルコール分25度から5年以上じっくり寝かせた古酒など、さまざまな味わいの黒糖焼酎を揃えています。

徳島の黒糖焼酎を広く本土へという願いを込めて誕生したと言う奄美は、5つの蔵元の原酒がブレンドされていると言うのもおすすめの一つです。

れんと

黒糖焼酎「れんと」
黒糖焼酎「れんと」
口コミ

味は、抜群、しかも、糖質制限のダイエットにもOK, 最高の黒糖焼酎です。

黒糖焼酎「れんと」は、奄美大島の自然名水と黒糖を使用し作り上げた、甘さがほんのり口に広がる黒糖焼酎です。一定の音響振動を加えて熟成させる製法を取っているため口当たりはまろやかで優しい味わいです。

れんとは、貯蔵タンクの中で音楽を聴きながらゆっくり熟成されて作られている黒糖焼酎なので、まるでゆりかごの中で熟成されているようだと言われています。おすすめの黒糖焼酎と聞かれたら必ず名前があがります。

特徴・用途別おすすめの黒糖焼酎

黒糖焼酎と聞くと原料が黒糖なので糖分が高いようですが、驚くことに糖分は含まれていません。まろやかな甘さが特徴的なのに糖分を含んでいないので、女性にはとても人気があります。糖分は含まれないとはいえカロリーは気になります。黒糖焼酎の気になるあれこれをご紹介しましょう。

カロリーが低い

黒糖焼酎飲み比べセット
黒糖焼酎飲み比べセット

焼酎の中でも黒糖焼酎は、低カロリーなのでおすすめです。黒糖という名が付くのでカロリーが気になりますが、他のお酒と比べてもカロリーは非常に低いです。

黒糖焼酎の中でも人気の「れんと」の場合ですが、100mlあたり150カロリーと梅酒と同じくらい低カロリーなので女性にも好まれています。ハイボールも人気ですが黒糖焼酎の方が低カロリーなので、女性に人気なのが分かります。

黒糖焼酎は糖分も含まれず、低カロリーなだけではなく、プリン体も少ないので痛風の心配をする必要がありません。さらに焼酎には血栓を溶かす働きや、血糖値が上がりにくいなど健康を考えた上でもおすすめできるお酒です。

飲み過ぎには注意が必要ですが、他のお酒に比べると健康的と言えるでしょう。数種類の黒糖焼酎を飲み比べて楽しんでください。

お湯割

黒糖焼酎喜界島
黒糖焼酎喜界島
口コミ

ロックでいただくのがおすすめです。良い香りと程よい甘みで、夫婦で愛飲しております。お湯割もいけます。くろちゅう大好き!

黒糖焼酎のおすすめの楽しみ方は、ストレートやロックですが、お湯割りもコクとまろやかさが生きるのでおすすめです。黒糖焼酎6に対しお湯を4、または5:5で割ってください。お湯を先に注いでから黒糖焼酎を加えて行くのが一般的な割り方で、40度前後の温度でいただくのがおすすめです。

料理用には美味しい黒糖焼酎がおすすめ

黒糖焼酎一番橋
黒糖焼酎一番橋
口コミ

ソムリエ田崎真也氏が選ぶ日本の美味い酒10選にランクインしただけの事はある美酒。それ以外にも山田酒造の長雲焼酎にハズレ無し。地元でも買えない時がある希少酒です。

料理用のお酒は、一般の日本酒などと比べてもお酒としての味は良くはありません。飲んで美味しいと感じないお酒を料理に使っても美味しい料理はできません。お酒は料理に風味やコクを出してくれるので、必ずと言って良いほど使います。

黒糖焼酎も例外ではなく、香り付けやコクを出すために使うと良い味に仕上がります。料理の中でも、サバの味噌煮に黒糖焼酎が合うと言われていますのでおすすめです。料理を美味しく仕上げたいなら、美味しい黒糖焼酎を使用しましょう。

通販で買える

奄美大島の黒糖焼酎
奄美大島の黒糖焼酎
口コミ

以前にも利用していますが、商品には大変満足しています。紙パックは瓶に比べ保管かコンパクトで、飲み終えた後の処分が簡単で、家族にも喜ばれています。

黒糖焼酎は通販で購入できます。たくさんの種類の黒糖焼酎がありますので迷ってしまいますが、ゆっくり選べるのも通販の良い所です。週末の家飲みに1本確保してみてはいかがでしょうか。便利な通販は黒糖焼酎を試したい人にもおすすめです。

黒糖焼酎に合うおすすめのおつまみ

黒糖焼酎におすすめのおつまみですが、以外にもカカオ分が高いビターなチョコレートが合います。飲み会などでお料理をつまみながら飲みのも美味しいのですが、飲み進んでいくうちにお菓子に手を伸ばしたくなることもありますので、チョコレートが合うのはうれしいです。

アルコールと相性抜群のチーズも黒糖焼酎には良く合いますのでおすすめです。特にパルメジャーノレッジャーノなどがおすすめのチーズです。

他には、貝ひもなどの乾物も相性が良いのでおすすめします。貝ひもは亜鉛が含まれていますので発毛などに効果的です。噛む占める事で旨味が出ますし塩気も最高です。ゆっくり時間をかけて飲みたい時は、特におすすめのおつまみです。

黒糖焼酎には黒糖が合う

黒糖焼酎には、黒糖が良く合うと言われています。黒糖の自然の甘味と黒糖焼酎のスッキリとした味わいが相性抜群で、黒糖のブロックをかじりながら飲む黒糖焼酎はかなりおすすめと言われています。

度数が高い

黒糖焼酎に限らず、焼酎はアルコール度数を調整して販売される事が一般的とされていますので同じ銘柄でもアルコール度数が20度と25度で作られている事があります。

例えば、蒸留したばかりの黒糖焼酎や芋焼酎の度数が30度以上でも、これに水を加えて20度、25度に調整していく事ができます。25度に調整された焼酎は強すぎると言う意見もあって、最近では20度の焼酎が作られるようになったと言われています。

焼酎は風味を味わうために、ストレートやロックで飲まれる事が多く、その場合は強すぎると言う意見もあり、最近では20度の焼酎が作られるようになりました。また、20度、25度以外の度数の焼酎も作られています。

おすすめの黒糖焼酎のメーカー・ブランド3つと代表製品

奄美大島を代表する黒糖焼酎のブランドはたくさんありますが、その中から注目されているメーカーと代表製品をご紹介しましょう。

奄美大島開運酒造・高倉

人気の高い黒糖焼酎をたくさん製造しているのが「奄美大島酒造」です。前途でご紹介した「れんと」も人気ですが、「高倉」は他の黒糖焼酎と異なる製造方法で作られています。

ウイスキーのように長期間熟成させるのが特徴で、樫樽を使って3年以上も熟成させた原酒は琥珀色になり、ウイスキーのような深みがあると言われています。フルーティーでコクがあり、飲みごたえのある黒糖焼酎はロックで飲むのがおすすめです。

富田酒造場・龍宮

奄美大島にある「富田酒造場」で作られる「龍宮」は人気ブランドですが、生産数が少なく入手困難となっています。純粋で素朴な焼酎をコンセプトに作られた龍宮は、仕込み水に金作原を源流とした水を使用し、黒麹と国産米で製造しています。

伝統的な製法で熟成させているので、とても丁寧でこだわりを持って製造されているのが分かります。龍宮は黒糖焼酎が初めての方でも飲みやすいと言われるほど、のどごしが軽やかで飲みやすいのが特徴的です。初めて黒糖焼酎を試したい方は、「龍宮」をおすすめします。

町田酒造株式会社・里の曙

里の曙はまろやかな味わいに加え、芳醇な香りが特徴的な黒糖焼酎です。他社に先駆けた製造技術をいち早く取り入れ製造された黒糖焼酎で、黒糖焼酎のイメージを変えた商品と言われています。

町田酒造株式会社は、創業当初から島外に売り出すための作りを意識し、奄美黒糖焼酎業界初の減圧蒸留器を導入した事でも知られています。

1991年に発売された「里の曙」はスッキリとして飲みやすく、癖のある強い酒という黒糖焼酎のイメージを一新した焼酎であり、町田酒造の代表銘柄です。販売後は、首都圏で評判となり島外での知名度を一気に高めています。

黒糖焼酎のおすすめな楽しみ方

黒糖焼酎おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

意外ですが、黒糖焼酎を牛乳で割るのもおすすめです。焼酎の香りは多少抜けてしまいますが、黒糖焼酎独特のコクがありマイルドな味わいになります。黒糖焼酎3に対し牛乳7くらいで割ると良いでしょう。お好みで砂糖やハチミツなどで甘さを出しても美味しく頂けます。

それから、鉄やカルシウム、カリウム、ビタミンを多く含んだ「奄美プラム」の果汁で割ったプラム割りもおすすめです。酸味の効いた味わいは、夏場に良い組み合わせです。他にパッションフルーツ割りもおすすめできる飲み方です。

家飲みにおすすめの黒糖焼酎

糖分が含まれておらずしかも低カロリーの黒糖焼酎は、家でじっくり飲みたい時におすすめのお酒です。カロリーを気にする女性に人気があると言うのも納得です。週末の飲み会などは、つい飲み過ぎてしまいがちですが、黒糖焼酎なら多少の飲み過ぎも身体が許してくれそうです。

Related