Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月29日

カルヴァドスおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ブランデーというとコニャックが有名ですが、3大ブランデーの一つとして世界的にも人気が高いのが「カルヴァドス」です。リンゴを原材料としているので、通常のブランデーとは異なる味わいを楽しむことができます。おすすめのカルヴァドスや飲み方についてご紹介します。

カルヴァドスおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

カルヴァドスの種類と選び方

ブランデーが苦手という人は、「カルヴァドス」にチャレンジしたことはありますか?カルヴァドスはフランスのノルマンディー地方でのみ生産される、リンゴを原材料としたブランデーです。

通常のブランデーとは異なり、リンゴのフルーティな香りと甘さを楽しむことができます。近年では「カルヴァド入りチョコレート」が大人気となり、カルヴァドスへの注目も高まっています。カルヴァドスの種類や選び方をご紹介します。

カルヴァドスの歴史とは?

カルヴァドスはリンゴを原材料とした蒸留酒ですが、その始まりは1553年に遡ります。一貴族によってはじめられたリンゴを原材料としたブランデー造りは瞬く間にノルマンディー地方の農家に広がり、それぞれの農家が独自のカルヴァドスを生産していました。

一時はノルマンディー地方以外でも多く生産されていたカルヴァドスですが、「原産地呼称統制法」の制定によってノルマンディー地方以外のカルヴァドスは「カルヴァドス」と名乗ることができなくなり、蒸留の規定も厳しくなりました。

これによって一般農家による製造は違法となり、現在は政府の規定をクリアし、認定を受けた蒸留所のみがカルヴァドスを製造しています。

カルヴァドスにはどんな種類がある?

カルヴァドスは「原産地呼称統制法」によって保護されているため、フランスのノルマンディー地方でしか製造することができません。この地域以外でつくられたものは、どんなに製法を遵守しても「アップル・ブランデー」と呼ばれます。

厳しい法律で保護されたカルヴァドスは、原材料となるリンゴの生産地によって区別されています。カルヴァドスのラベルに「ペイ・ドージュ」や「ドンフロンテ」などの文字があるものは通常のカルヴァドスよりも少し上のランクと言えます。

カルヴァドス・ペイ・ドージュ

カルヴァドスの産地の中でも、最も高品質なリンゴができると言われているのが「ペイ・ドージュ地区」です。ペイ・ドージュのカルヴァドスは、蒸留を行う時の「洋ナシ」の割合を30%以下にし、最低2年間の樽熟成を行う必要があります。また、単式蒸留器で2かいほど蒸留しなければなりません。

ペイ・ドージュのカルヴァドスとして有名なブランドは、「ブラー」「アドリアン・カミュ」などがあります。

カルヴァドス・ドンフロンテ

「ドンフロンテ地区」でつくられたカルヴァドスは「カルヴァドス・ドンフロンテ」と呼ばれます。「ドンフロンテ」を名乗るためには、蒸留の際の洋ナシの割合は30%以上であること、半連続式蒸留器で蒸留を行うこと、最低3年の樽熟成を経ることがあげられます。

ドンフロンテのカルヴァドスとして有名なブランドは「ローリストン」「パコリ」などがあります。

カルヴァドスはどう選ぶ?

カルヴァドスは、通常のブランデーとは異なり、フルティなリンゴの香りと味わいが特徴です。

リンゴを強く感じる、カルヴァドスらしいカルヴァドスが飲みたいなら「ペイ・ドージュ」を、洋ナシ多めのフルーティな味わいを楽しみたいなら「ドンフロンテ」がおすすめです。バラエティに富んだ個性的なカルヴァドスを楽しみたいなら、どちらにも属さない、ただの「カルヴァドス」がおすすめです。

カルヴァドスを選ぶ際は、味わいの好みや熟成度から選んでみてはいかがでしょうか。

カルヴァドスおすすめ人気ランキングTOP3

美味しいカルヴァドスを飲みたいと感じていても、どれを選んだらいいのか、正直よくわかりません。カルヴァドス選びに失敗したくない人は、人気の高いカルヴァドスから選んでみてはいかがでしょうか。

ここでは、人気の高いカルヴァドスをランキング形式でご紹介します。気になるカルヴァドスがあれば、ぜひチェックしてみて下さい。

人気のカルヴァドス第3位:カルバドス ブラー グランソラージュ

カルバドス ブラー グランソラージュ
カルバドス ブラー グランソラージュ
口コミ

リンゴの香りがほんのりと漂う美味しいお酒でした。

人気のカルヴァドス第3位は「カルバドス ブラー グランソラージュ」です。こちらは日本のリカーメーカー・サントリーが正規代理店として販売していますので、入手しやすいおすすめのカルヴァドスです。

ブラーは1825年創業の、家族経営のプロプリエテールです。プロプリエテールとは、原材料の生産から原酒の蒸留、熟成、ボトリングまで、製品の全ての工程を自家生産で行っている生産者を指します。ブラーではいろいろなカルヴァドスを製造していますが、「グランソラージュ」は最低でも2年間の熟成を経た原酒を使用したカルヴァドスです。

アップルの爽やかなアロマがかぐわしく、フルーティさを堪能できます。カルヴァドスといえばこれ、と言われるおすすめの一本です。

人気カルヴァドス第2位: カルヴァドス コッケレル・フィーヌ

 カルヴァドス コッケレル・フィーヌ
カルヴァドス コッケレル・フィーヌ
口コミ

香り豊かで癖がない。

人気のカルヴァドス第2位は「カルヴァドス コッケレル・フィーヌ」です。こちらは1937年創業の「ドメーヌ・ド・コッケレル社」によって製造されているおすすめカルヴァドスです。カルヴァドスの中でも特に品質が高いとされる「ペイ・ドージュ地区」で生産されており、品質の高さには定評があります。

こちらのカルヴァドスは「リムーザンオーク樽」にて2年以上の熟成期間を経てボトリングされます。香り高く口当たりも滑らかで、クセのない美味しさが人気の秘密です。

人気カルヴァドス第1位:カルヴァドス XO オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年

カルヴァドス XO オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年
カルヴァドス XO オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年

人気のカルヴァドス第1位は「オルダージュ ペールレーゼ コルドンルージュ 6年」です。こちらはかなり濃厚なアップルの香りが漂います。アルコール度数は40%ですが、フルーティながらもどっしりとした濃厚な味わいです。軽いカルヴァドスではなく、強めの味わいを好む人におすすめです。香りがいいので、料理の香りつけにもおすすめです。

特徴・用途別おすすめのカルヴァドス

カルヴァドスが好き、という人も好みはさまざまです。そこでここでは、カルヴァドスの特徴別におすすめをご紹介していきます。コスパの良いカルヴァドス、飲みやすいカルヴァドスなど、ニッチなニーズにぴったりのカルヴァドスを集めましたので、気になる製品をチェックしてみましょう。

高級なおすすめカルヴァドス:ローリストン カルバドス ドンフロンテ 1968

ローリストン カルバドス ドンフロンテ 1968
ローリストン カルバドス ドンフロンテ 1968

とにかく高級なカルヴァドスを飲んでみたいという人におすすめしたいのが「ローリストン」のカルヴァドスです。ローリストンはカルヴァドスのビンテージを多く所有しているブランドです。この50年間で受賞したメダルは200以上という、超実力派メゾンです。

「長期熟成」「ビンテージ」がキーワードのローリストンのおすすめカルヴァドスは「1968年ビンテージ」です。味わいとしては洋ナシの比率が高いので、他のカルヴァドスに比べるとフルーティな味わいが際立っています。ゴージャスなカルヴァドスを味わいたい人のおすすめです。

リーズナブルなおすすめカルヴァドス:ニッカ アップルワイン

ニッカ アップルワイン
ニッカ アップルワイン
口コミ

すばらしい香りと甘味!!!

安くておいしいカルヴァドスを飲みたいという人は、「ニッカ アップルワイン」はいかがでしょうか。「ワイン」と記されていますが、国産リンゴワインにブランデーを加え、ブランデー用の樽で熟成されています。

まろやかで口当たりがよいので、ブランデーが苦手な人にもおすすめです。リンゴの風味が甘く優しく、女性でもおいしくいただけます。昭和13年の発売以来、ずっと愛されてきたおすすめの逸品です。

飲みやすいおすすめカルヴァドス:デュポン フィーヌ カルヴァドス ペイドージュ

デュポン フィーヌ カルヴァドス ペイドージュ
デュポン フィーヌ カルヴァドス ペイドージュ

飲みやすいカルヴァドスを探している人におすすめなのが「デュポン フィーヌ カルヴァドス ペイドージュ」です。

デュポン社は、高品質なリンゴの産地である「ペイ・ドージュ地区」のプロプリエテールです。高品質なカルヴァドスは世界中の高級レストランやホテルなどで使用されており、数量限定生産のため市場にはなかなか出回りません。

こちらのカルヴァドスは2年以上の樽熟成を経たおすすめカルヴァドスです。高品質のカルヴァドスらしく、洗練された味わいですっきりとした後口です。ブランデーが苦手な人にもおすすめです。

リンゴ入りのカルヴァドス:クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール

クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール
クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール

カルヴァドスと言えば「リンゴのブランデー」ですが、見た目的にもインパクトを与えてくれるのが「リンゴ入り」のカルヴァドスです。カルヴァドスのボトルの中に、ボトルの口よりも明らかに大きいリンゴが入っているというのは珍しいので、贈り物としても喜ばれるおすすめカルヴァドスです。

リンゴ入りカルヴァドスのおすすめは「クール・ド・リヨン ポム・プリゾニエール」です。「ポム・プリゾニエール」とは、フランス語で「閉じ込められたリンゴ」という意味です。リンゴの実が小さいうちからボトルをかぶせ、ビンの中で成長させて収穫します。

こちらのカルヴァドスはカルヴァドスの名門・「クリスチャン・ドルーアン社」によって製造されています。「ペイ・ドージュ地区」のリンゴのみを使用し、全ての製造工程を自社のみで行っています。熟成期間は5年ほどで、爽やかなクセのない味わいです。

初心者におすすめのカルヴァドス:カルヴァドス ブラー XO

カルヴァドス ブラー XO
カルヴァドス ブラー XO
口コミ

これはX.Oだから食後が良い。

カルヴァドスを飲んだことがなく、初めて挑戦する人には「カルヴァドス ブラー XO」がおすすめです。前述のとおり、「ブラー社」は日本のサントリーが正規代理店を務めているので、他のカルヴァドスよりも手軽に入手することができます。

初心者の一本目には、ブラーのカルヴァドスの中でもコスパが高く美味しいと人気の「XO」がおすすめです。通常のブランデーですと、「XO」は熟成期間が20年以上のものが多いですが、こちらのカルヴァドスは「8~15年」の原酒をバランスよくブレンドしています。リンゴのフルーティさと、オーク樽の樽香が見事な調和を醸し出しています。

誰もが「おいしい」と感じることができる、初心者におすすめのカルヴァドスです。

フルーティな香りがおすすめのカルヴァドス:カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ 4年

カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ 4年
カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ 4年

カルヴァドスらしいフルーティな味わい感じたいという人は「シアードオーヴァル」のカルヴァドスはいかがでしょうか。

こちらのカルヴァドスは成熟した甘いリンゴが強く香るカルヴァドスです。口当たりは滑らかで、やさしく、尖ったところがありません。口に含むと焼きリンゴのような濃厚な甘さとシナモンスパイスの刺激を感じます。

「カルヴァドス500mlVSOP部門」では2年連続のゴールドメダルを獲得している、おすすめカルヴァドスです。

おすすめのカルヴァドスのメーカー・ブランド3つと代表製品

カルヴァドスはフランス北部・ノルマンディー地方のみで製造されているリンゴを原材料としたブランデーですが、日本市場ではあまり多くを見かけることはありません。

カルヴァドスをもっと知りたいという人は、カルヴァドスの代表的なおすすめブランドをチェックしてみましょう。おすすめの人気ブランドと合わせて代表製品もご紹介するので、気になるカルヴァドスがあれば、チェックリストに入れてみて下さい。

ロッテ

ロッテは1948年創業の日本の菓子メーカーです。チョコレートやガム、キャンディなどあらゆる菓子類を取り揃えています。レディボーデンや雪見だいふくといった冷菓の人気製品も多く、日本を代表する菓子メーカーです。

ロッテ カルヴァドス

ロッテ カルヴァドス
ロッテ カルヴァドス

¥ 2,160

口コミ

甘すぎなくてうまいなー。

カルヴァドスの紹介で、なぜ菓子メーカーが出てくるのか不思議に感じた人もいるでしょう。しかし、ロッテが販売した「カルヴァドス入りチョコレート」は、カルヴァドスを知らない人にも大変な人気を博しました。

毎年冬になると、ロッテでは大人向けに「洋酒チョコレート」を販売します。「ラミー」や「バッカス」のラインナップに新しく加わったのが「カルヴァドス」です。リンゴを原材料としたブランデーの甘酸っぱさと、チョコレートの甘さがピッタリマッチしているとして、発売当初からSNSなどで話題をよびました。

チョコレートの中にカルヴァドスをそのまま入れているので、原酒の風味を強く感じることができます。女性にもおすすめのカルヴァドス入りチョコレートです。

ブラー

カルヴァドスの有名ブランドとして必ず名前が挙がるのが「ブラー」です。ブラーはカルヴァドスを生産するノルマンディー地方の中でも、特に高品質のリンゴが取れるされる「ペイ・ドージュ地区」のプロプリエテールです。

1825年に創業して以来、一家でカルヴァドスの生産を続けてきました。高品質なカルヴァドスは世界的に評判となり、有名なレストランやホテルに採用されています。家族経営で生産量が限られているため、多くは市場にでまわりません。

日本では「グランソラージュ」「VSOP」「XO」をサントリーが正規代理店として販売しています。その他のカルヴァドスについては、入手が困難になっています。

カルヴァドス ブラー VSOP

カルヴァドス ブラー VSOP
カルヴァドス ブラー VSOP

こちらは「VSOP」のおすすめカルヴァドスです。熟成期間4~10年の厳選された原酒のみをブレンドし、製造されています。口当たりがよく、リンゴの豊かな風味を堪能することができます。食前酒としてもおすすめのカルヴァドスです。

ポムドイブ

リンゴが丸ごと入ったカルヴァドスとして人気が高いのが「ポムドイブ」です。フランス語で「イブのりんご」という意味になります。

こちらは「ドメーヌ・ド・コクレル」のおすすめカルヴァドスブランドで、「ペイ・ドージュ地区」と「ドン・フロン地区」のリンゴをブレンドして製造されています。ボトルの中にかわいいリンゴが詰まった見た目はインパクトが大きく、イングリッド・バーグマンの「凱旋門」という映画で使用されて以来、世界中からの注目が集まりました。

カルヴァドス ポム・ド・イブ
カルヴァドス ポム・ド・イブ
口コミ

見た目に驚き、味も美味しかった

アルコール度数40%のおすすめカルヴァドスです。ボトルの中の大きなリンゴが目を引きます。ポムドイブのカルヴァドスは、比較的熟成期間が短い原酒でブレンドされているため、長期熟成のカルヴァドスよりはお値段が控えめになっています。リンゴの実入りカルヴァドスにチャレンジしたい人におすすめのカルヴァドスです。

カルヴァドスの楽しみ方

カルヴァドスは日本ではあまり馴染みのないブランデーですが、フルーティで飲みやすく、女性やブランデーが苦手な人もおいしくいただくことができます。さらに飲みやすくしたいなら、カルヴァドスを使ったカクテルがおすすめです。ここでは、カルヴァドスを使ったおすすめカクテルと美味しい飲み方をご紹介します。

カルヴァドスのおすすめカクテル

カルヴァドスを使ったカクテルとして有名なのが「ジャック・ローズ」です。すっきりした甘さで、ぐいぐい飲みたくなります。グレナデンシロップとカルヴァドスがあれば完成します。

カルヴァドスのおすすめの飲み方とは?

お気に入りのカルヴァドスを見つけたら、飲み方にもこだわっておいしくいただきたくなります。ブランデーの飲み方は「ロック」「ストレート」「オンザロック」「水割り」「ソーダ割り」などありますが、おすすめは「ストレート」です。

カルヴァドスはリンゴの豊かな香りと風味が特徴のおすすめブランデーです。せっかくのアロマを堪能するなら、ストレートが一番です。どんな飲み方にせよ、カルヴァドス本来の味わいを楽しむために、かならず一度はストレートで飲むのがおすすめです。

おつまみにおすすめなのは?

フルーティなカルヴァドスはそれだけでも十分おいしくいただけますが、飲み続けているとやはり何か欲しくなります。

カルヴァドスのお供としておすすめしたいのは「ドライフルーツ」です。リンゴの風味と濃厚なドライフルーツは最高の組み合わせです。フィグやプルーンなどが最適ですが、マンゴーやオレンジも意外と合います。

トルコ産 大粒白いちじく

トルコ産 大粒白いちじく
トルコ産 大粒白いちじく

¥ 918

口コミ

大粒で美味しいです。

カルヴァドスにぴったりなおすすめのドライフィグです。高品質なイチジクで有名なトルコ産の白イチジクのみが入っています。大粒で食べごたえがあり、カルヴァドスの濃厚さにぴったりです。漂白剤不使用で、健康面でも安心です。

無添加 ドライ プルーン

無添加 ドライ プルーン
無添加 ドライ プルーン
口コミ

とっても食べやすくて、そのままでも美味しいです。

こちらはカリフォルニアの温暖な気候で栽培された無添加プルーンを使用してつくられています。ねっとりと濃厚な味わいで、カルヴァドスのおともにおすすめです。

シーンごとにいろいろなカルヴァドスを楽しもう!

ブランデーというと、日本では「コニャック」や「アルマニャック」のイメージが強いですが、カルヴァドスも世界的に有名なブランデーの一つです。リンゴを原材料としているのでフルーティさが際立ち、甘くさっぱりとした飲み口で、ブランデーが苦手な人にもおすすめです。

熟成年数が長いほど濃厚になりますが、熟成年数の比較的短いものは軽快で、食前酒にもぴったりです。夜にまったりと楽しむなら濃厚なカルヴァドス、みんなでワイワイ楽しむなら軽めのカルヴァドスと、シチュエーションによって飲み分けてみてはいかがでしょうか。

Related