Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月08日

授乳クッションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

赤ちゃんとの生活に欠かすことのできない授乳クッションをご存知でしょうか。授乳クッションには形や種類がたくさんあります。先輩ママはどの授乳クッションを選んでるのでしょうか。用途に合わせたおすすめの授乳クッションや、授乳クッションの活用法などをご紹介します。

授乳クッションのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

授乳クッションの種類と選び方

赤ちゃんとの生活におすすめしたいアイテムがあります。授乳クッションです。授乳クッションは名前のとおり、赤ちゃんに授乳をするときに使うクッションですが、このクッションをおすすめしたい理由はたくさんあります。

授乳クッションをおすすめする一番大きな理由はやはり、授乳のときにママの腕にかかる負担を軽減してくれるということです。その他にも腰痛軽減や座るときの補助など、おすすめしたい理由はたくさんありますが、まず授乳時になぜ授乳クッションが役立つかをご紹介します。

実はとっても重労働な授乳

赤ちゃんは大体3時間おきのペースで授乳をします。1日24時間なので約8回です。8回だけの授乳なら何とかなると思ったら大間違いです。まだ飲むのが上手ではない赤ちゃんだと授乳に1時間近くかそれ以上かかることもあります。また赤ちゃんをあやすとき、寝かすとき、授乳以外の時間でもほぼ抱っこしている状態が続くと言っても過言ではありません。

生まれたばかりの赤ちゃんといえども、2キロから3キロの体重があります。その赤ちゃんをママの腕の力だけで毎日何時間も抱っこし続けるのはかなりの重労働です。

授乳クッションがあればその重労働をアシストしてくれるので、ママの腕にかかる負担が大きく軽減されます。腕の力だけで赤ちゃんを支えなくても済むので安定して抱っこをすることができます。赤ちゃんの安全面からも授乳クッションはとてもおすすめです。

授乳クッションの種類

赤ちゃんとママの抱っこの時間を助けてくれるおすすめアイテムの授乳クッションですが、どのような種類があり、何を基準に選べばよいのでしょうか。

授乳クッションにはいくつかの形があります。一般的によく見るU字の授乳クッションはお腹にはめることができます。片手で簡単にお腹へあてることができるので、必要なときにすぐ使えるのでおすすめです。

細長い三日月型やコの字型の授乳クッションは妊娠中から使えます。妊娠中はお腹がが大きくなるので横になるのもとてもしんどいです。細長い形の授乳クッションは腰の痛い妊婦さんにもおすすめできます。

細長い授乳クッションは横になったときに抱きかかえるように足に挟むことで、腰にかかる負担を軽くしてくれます。

授乳クッションの選び方

いろいろな形がある授乳クッションですが、どれを選べばよいのでしょうか。事前に用意していた授乳クッションも実際に赤ちゃんを抱っこした状態で使うと、なんだか使いにくい、ということもあります。初めての赤ちゃんであれば、赤ちゃんが生まれる前に準備しておこうと思われる方も多いでしょうが、少し待ってください。

出産後、病院に入院中に自宅で赤ちゃんとの生活を始めるためのいろいろな練習をします。初めての授乳は思っていたよりも難しく、助産師さんに指導をしてもらいながら少しづつ慣れていきます。その授乳に使うため授乳クッションが準備されている病院がほとんどです。

初めての授乳で病院のクッションに慣れたら、家で準備した授乳クッションでは難しいと感じ、同じものを購入する方もいらっしゃいます。最近ではインターネットショッピングを利用すると数日で商品が届く時代です。

どの授乳クッションを使用したらよいか迷われている妊婦さんは病院で実際に授乳クッションを使ってみてから購入されることをおすすめします。

授乳クッションおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめ3位の授乳クッション

授乳用クッション キュートなエンジ系花柄 トコちゃんベルトの青葉
授乳用クッション キュートなエンジ系花柄 トコちゃんベルトの青葉
口コミ

出産前に買っておいたクッションが低過ぎて妻が腱鞘炎になりそうだったのでこのクッションに買い換えました。高さ、硬さがちょうどいい。腰の後ろでマジックテープのベルトを繋げると、赤ちゃんを乗せたまま左右を移動できとても楽です。

腰痛対策のトコちゃんベルトでもおなじみの青葉から出ている授乳クッションです。こちらのクッションはママのお腹にあたる部分が低めで、外側が高く作られています。

この高低差のあるおかげで、授乳しているときに赤ちゃんがママにぴったりフィットした状態で抱っこしてあげることができます。この高低差は、ママのお腹側が低くなっているので、赤ちゃんが反対側へ転がってしまうのも防止してくれるのでおすすめしたいポイントです。

また、カバーも洗うことができるので、いつも清潔な状態を保ってあげることができます。授乳クッションは意外と汚れやすく、また、母乳は黄色いシミになりやすいので洗えるカバーがあるという点もおすすめポイントです。

また、この授乳クッションはくるっと一周お腹に巻いて留めておくことができます。安定した状態で赤ちゃんを抱っこすることができます。

おすすめ2位の授乳クッション

モグ ママ マルチウエスト(ママ用授乳クッション)
モグ ママ マルチウエスト(ママ用授乳クッション)
口コミ

とてもいいです、ふっくらとしていて気持ちいいです、授乳がとても楽になりました、肌ざわりもよく気に入ってます、 子供に使わなくなったら枕にします

いろいろな形のクッションを展開しているMOGUの、天然系よもぎ成分を配合された素材を使用してある肌にやさしい授乳クッションです。MOGUの触感は赤ちゃんの柔肌をイメージさせます。

授乳のときだけではなく、読書にも使え肘掛けとしても使えるのでおすすめです。

クッションの中には粉のように細かい直径1ミリ以下のパウダービーズを使用されています。パウダービーズは保温効果もあるので、とても暖かくリラックス効果が得られます。優しい触感と心地よい暖かさで包み込んで赤ちゃんを抱っこしてあげることができるのでおすすめです。

カバーも取り外し可能なので、授乳で汚れても清潔に保つことができるのもおすすめしたいところです。

おすすめ1位の授乳クッション

サンデシカ 妊婦さんのための 洗える抱き枕
サンデシカ 妊婦さんのための 洗える抱き枕

¥ 3,981

口コミ

妊娠週数が大きくなるにつれ、就寝時の姿勢が定まらず、なかなか寝付けず等 つらい思いをしていたところ、こちらの抱き枕を見つけ、妊娠中は抱き枕として使用でき、 産後は授乳クッションにもなる点に魅力を感じ購入しました。 肌触りも表面はさらさら・裏はタオル地で気持ちよく、綿もしっかり入っているので 全くへばり知らずなのに程よい弾力性があります。 使用開始してから、就寝時の姿勢が定まり、すんなり眠りにつけるようになりました。

妊娠中、腰痛を和らげるために使える授乳クッションです。お腹が大きくなると横になるものつらくなってきますが、足の間にクッションを挟んで横になるととてもラクになります。腰痛のある妊婦さんにおすすめです。

長さもある授乳クッションなので、抱きかかえて横になるにもちょうどよく、出産後の授乳クッションとしても使え、赤ちゃんの座る練習もできるクッションとなります。

腰痛用の抱き枕、授乳クッション、腰すわりの練習用がこの授乳クッションひとつで済むので、物を増やしたくない方にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめの授乳クッション

たくさんある授乳クッションですが、用途や特徴によっておすすめするものもかわってきます。用途や特徴をいくつか挙げ、どのように授乳クッションを選ぶのが良いかおすすめしていきます。

安い

授乳クッションの価格もピンからキリまであります。安いものだと1,000円前後からあります。

授乳クッションを使うかどうか分からない、お試しで用意しておきたい、特に授乳クッションにこだわらないという方は価格の高い授乳クッションよりも安いものを選ぶと良いでしょう。

授乳クッションは首や腰が座るころには使わなくなる方も多いです。数カ月しか使用しないものであれば、できるだけ出費を抑えたいです。ブランドやメーカーを指定して授乳クッションを購入するわけでなければ、価格を抑えたものをおすすめします。

へたらない

赤ちゃんをお腹の辺りで支えるための授乳クッションですが、使っていると少しずつへたってきてしまうものもあります。実際に触ってみて中が軽いような授乳クッションはへたりやすいでしょう。へたってきてしまうと授乳するときに前かがみの姿勢になりがちです。

前かがみの姿勢での授乳は背中にものすごく負担がかかってしまいます。赤ちゃんへの授乳でママの身体に負担を掛けないためにもへたらない授乳クッションを選ぶことをおすすめします。では実際どの授乳クッションがへたらないのでしょうか。

授乳クッションは綿のクッションやビーズクッションがあります。綿はしっかり詰められているものであれば問題ないでしょうが、綿が少ないものはへたってしまいます。その点、中がビーズのタイプであれあば、へたることはないでしょう。

へたらない授乳クッションを求められるのであれば、ビーズクッションのタイプのものがおすすめです。

双子

双子の赤ちゃんには、双子用の授乳クッションをおすすめします。二人同時に授乳できるように、お腹の両側に赤ちゃんを抱っこできるようになっています。

双子の赤ちゃんを安定して抱っこできるように、双子用の授乳クッションは普通の授乳クッションよりも大きなサイズです。形はU字型ではなくD字型で、ママの腰回りをしっかり包み込んでくれます。

一人一人を順番に授乳していると、待っている赤ちゃんが泣きっぱなしになってしまうこともありますが、双子用の授乳クッションがあれば同時に授乳してあげることができるので、双子の赤ちゃんにおすすめです。

双子用の授乳クッションは身体の大きい赤ちゃんにもおすすめです。普通の大きさの授乳クッションは、大きい赤ちゃんだと体がはみ出してしまって安定しにくいことがありますが、双子用の授乳クッションは幅も大きめにつくられてるので大きな赤ちゃんも安心して抱っこをしてあげることができます。

新生児

新生児の赤ちゃんは、首も腰も据わっていないので授乳クッションが必須な方の方が多いでしょう。病院で使いなれたものと同じものを準備するのもおすすめですが、前もって購入しておきたい方には内側と外側に高低差のあるものをおすすめします。

内側が低く、外側が高い作りになっている授乳クッションは赤ちゃんを抱っこしたときにお腹にぴったりとくっつくので、赤ちゃんもママの肌の暖かさを感じやすく、ママは赤ちゃんを安定して抱っこできるのでおすすめです。

形別おすすめの授乳クッション

ここまで授乳クッションをご紹介しましたが、形別におすすめのクッションをご紹介していきます。

U字

U字の授乳クッションは授乳したいときに片手でさっとお腹にはめることができます。一般的によく売られているタイプとなります。病院で用意されているのもこのタイプが多いです。使いたいときにすぐ使えるので、とても便利です。

赤ちゃんの抱き方に合わせてお腹へはめる位置を変えることも簡単にできるので、横抱きもフットボール抱きも簡単にできます。

いろいろな向きでの授乳は乳腺が詰まるのも防いでくれるので、おすすめです。赤ちゃんをフットボール抱きで授乳するには授乳クッションが欠かせません。U字の授乳クッションを使うといろいろな抱き方も簡単にできます。

簡単に使え、いろいろな抱き方ができるU字の授乳クッションは授乳クッションの基本的な形と言えるでしょう。

ロングタイプ・コの字

細長く、抱き枕にもなる形の授乳クッションです。このタイプは妊娠中の腰痛を緩和してくれる抱き枕としても使えます。腰痛が辛くて横になるのがしんどいママにもおすすめの授乳クッションです。

このタイプはぐるっと一周囲むことができるので、抱き枕や授乳クッションとしてだけではなく、赤ちゃんが成長した時のお座りの練習にも使えます。腰が据わりかけた時、赤ちゃんを授乳クッションの真ん中に座らせてあげると、バランスを崩して倒れても頭を打つことがありません。

おすすめの授乳クッションのメーカー・ブランド、代表製品

オオサキメディカル

dacco 授乳用クッション
dacco 授乳用クッション

¥ 3,240

口コミ

私の出産した産院で使われていたので、同じ物を購入。授乳中ずっと使っていたが、ペシャンコになることもなかったので買って良かった。使いやすかった。

助産師さんとママの声から生まれたクッションです。お産セットで人気のある「dacco」の授乳クッションです。カバーが洗えることはもちろんですが、クッション本体も丸ごと洗うことができます。

綿100%の上質なパイル生地でできているので肌触りも良く、赤ちゃんにも優しいのでおすすめです。

この授乳クッションを使用している病院も多く、入院中に使いやすかったから退院後に自宅で使うために購入したという口コミも多く見られます。

エールベベ

マカロンをイメージしたオシャレでかわいい「3WAYクッション」
マカロンをイメージしたオシャレでかわいい「3WAYクッション」
口コミ

程よい厚み、しっかりとした作りで 授乳の際に活躍しています。 また体フィットする為、子どもがずり落ちることがありません。 付属の小さな枕のようなものはまだ使っていませんが、子どもがお座りなど出来るようになったら使ってみたいと思います。

ちょうど良いサイズ感と適度な硬さで人気の授乳クッションです。授乳クッションとしてはもちろん、ママの腰に当てて座ると腰痛の軽減にもなります。

綿を使ったパイル生地なので赤ちゃんの肌にも優しく、メッシュ部分はさらさらと快適な触り心地で赤ちゃんにもママにも優しいのでおすすめです。授乳中は赤ちゃんも汗をかくことが多いので、パイル素材とメッシュ生地が嬉しい授乳クッションです。


サポートクッションはパイル生地部分の好きな位置に取り付けることができるので、授乳中に赤ちゃんの身体を支えてあげることができます。

BOBO

コーラム ママ&ベビークッションロング
コーラム ママ&ベビークッションロング

¥ 4,104

おしゃれで可愛い授乳クッションです。刺繍やリボンが入っていて、カラーリングもおしゃれなデザインなので、リビングに置くのもおすすめです。

カバーはもちろん、クッションも洗うことができるので、毎日清潔に保つことができます。授乳クッションに見えないオシャレなデザインとカラーなので、授乳が終わったあとも読書などにも使えます。もちろん、赤ちゃんのお座りの練習にもおすすめです。

おしゃれなベビーグッズを揃えたいというママにもおすすめできる授乳クッションです。

授乳クッションの使い方・活用方法

授乳クッションにはいろいろな使い方や活用方法があるのでご紹介していきます。

抱き枕

ここまでも何度かご紹介しましたが、出産前の腰痛対策にも授乳クッションがおすすめです。

お腹が大きいと仰向けはもちろんできなくなり、横になる事もしんどくなってきます。抱きかかえるようにして横になると、不思議と腰もラクです。

授乳クッションは柔らかい触り心地のものが多いので、抱きかかえて横になると気持ち良く眠ることができます。また、産前から使用することでママの匂いが染みつくので赤ちゃんにとっても安心できる場所となるでしょう。

腰あて

産前産後通して、ママが椅子に座るときの腰あてとして使うこともできます。妊娠中、お腹が大きくなってくると普通に座るよりも、クッションを腰に当ててお腹を前にせり出した状態で座ると腰がラクになるのでおすすめです。

産後は骨盤が緩んでいる状態なので、腰痛にならないためにも腰骨を立てて座るように意識することが大切になってきます。

妊娠中の腰痛緩和のための腰あてクッションとして、産後にきれいな姿勢を保つためのクッションとして、授乳クッションを使うのもおすすめな使い方です。

おすわりの練習

赤ちゃんの腰が据わりかけてきたら、授乳クッションがおすわりの練習に役立ってくれます。授乳クッションの真ん中に赤ちゃんを座らせてあげると、赤ちゃんのお尻周りを授乳クッションが支えてくれます。目の前にもうひとつクッションを置いておけば、赤ちゃんが前に倒れても床で頭を打つ心配がありません。

赤ちゃんも自分で座ることができると嬉しそうな表情を見せてくれるでしょう。これまでとは違う可愛い表情が見れるのでおすすめな使い方です。

添い寝の代わり

赤ちゃんが寝ている間、ママが用事をしようと側を離れると、ママが隣ににいないことに気づき泣き出してしまう、ということもよくあります。

そんなとき、ママの代わりに授乳クッションを置いてみることをおすすめします。ママの匂いが適度にしみついている授乳クッションを赤ちゃんの横にそっと置いておくと、ママが隣にいると思い割と長い間いい子に寝てくれます。

何度か試しているとそのうち気づかれてしまいますが、試してみる価値はあるでしょう。

授乳時間は幸せな時間

ここまでご紹介したように、授乳クッションはいろいろな場面でママにかかる負担を軽減してくれます。赤ちゃんへの授乳は重労働ではありますが、それと同時にかけがえのない幸せな時間でもあります。

赤ちゃんを抱っこして授乳するのはママにとっても赤ちゃんにとっても、お互いを近くに感じることができるでしょう。お互いを近くに感じることで絆も強くなるでしょう。

それは授乳をしないパパにも同じことが言えます。ママよりも抱っこの時間が少ないパパはどうしても赤ちゃんの抱っこがぎこちないものになりがちです。ぎこちない抱っこだと赤ちゃんが嫌がってしまうこともあります。そんなときに授乳クッションを使ってサポートしてあげるとパパと赤ちゃんの時間も絆を深める時間になります。

赤ちゃんを抱っこできる時間はあっという間に過ぎていくでしょう。そのかけがえのない時間を授乳クッションを使って幸せな時間として心に残るものにしてください。

Related