Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月07日

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

赤ちゃんは好奇心旺盛なので、お部屋の中の危ない所や、掃除が行き届いてなくてホコリが溜まっている所にもお母さんが知らない間に行ってしまいます。そのような場合は、ベビーゲートを使用するのがおすすめです。今回はおすすめのベビーゲートや手作りする方法をご紹介します。

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベビーゲートの種類と選び方

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ハイハイや歩き出した頃の赤ちゃんは、何にでも興味があります。キッチンや階段などの危ない所や、掃除が行き届いてなくてホコリが溜まっている所にもお母さんが知らない間に行ってしまいます。

そのような場合は、ベビーゲートを使用するのがおすすめです。ベビーゲートを使用することで、お母さんが家事をしている間でも赤ちゃんを危険から守ることができます。ベビーゲートの種類やおすすめの選び方をご紹介します。

ベビーゲートの種類

ベビーゲートの種類として、ベビーフェンスというものもあります。ゲートとは、入口や門を指す言葉で、フェンスは柵や囲いを指す言葉となります。

そのため、扉がついているものはベビーゲート、扉がついておらず、足で跨いで入るタイプのものをベビーフェンスと呼びます。しかし、明確な決まりは無いのでメーカーによっては扉がついていなくてもベビーゲートという名称になっている場合もあります。

ベビーゲート

ベビーゲートは扉がついているので、設置場所を固定します。購入前にどこにベビーゲートを置くか決めて、採寸しましょう。取り付けができるサイズのベビーゲートを購入する必要があります。ベビーゲートによっては、拡張フレームが別売りされている場合もあるので、確認しておきましょう。

ベビーゲートの固定方法は、ほとんど突っ張って固定する方法ですが、ベビーゲートによっては、ビス固定の場合もあります。家の事情によって固定方法も確認しておきましょう。

ベビーフェンス

ベビーフェンスには扉がないので、固定方法が簡単です。置いておくだけのものもあれば、突っ張って固定するベビーフェンスもあります。固定方法が簡単なので、お母さんだけでも楽に取り付けることができますし、設置場所もすぐに変更することができます。

しかし、赤ちゃんを抱っこしている時などはフェンスを跨ぐのが大変であったり、躓く可能性もあります。好みに合わせて選びましょう。

ベビーゲートの選び方

ベビーゲートは設置する場所や赤ちゃんの性格やどれくらい活発なのかによっても選び方が変わってきます。ベビーゲートのおすすめの選び方をご紹介します。

ロック機能

ベビーゲートは、赤ちゃんの安全のために取り付けるものなので、ロック機能がしっかりしているものを選びましょう。ロックは問題なくかかったとしても、赤ちゃんが解除できるようなロックでは意味がありません。複雑な仕組みのロックか、複数ロックがかけられるものがおすすめです。

ベビーゲートによっては、手を放すとロックがかかるオートロックのベビーゲートもあります。オートロックであれば、ロックをかけ忘れる心配もありません。心配な人や上の子がベビーゲートを触ってしまう可能性のある場合はオートロックのベビーゲートをおすすめします。

強度

赤ちゃんを守るためのベビーゲートなので、強度もしっかりしているものを選ぶのがおすすめです。ベビーゲートの多くは、突っ張り方式で設置します。

留具の強度が十分かどうか、家の壁と床との相性が良いかどうかを、口コミや実際に使用する前にチェックしておきましょう。自宅の壁や床が凸凹していたり、滑りやすい材質であった場合は、突っ張り方式では固定しきれない可能性があります。穴はあいてしまいますが、ビス止めのベビーゲートをおすすめします。

ベビーゲートおすすめ人気ランキングTOP3

ベビーゲートといっても、どんなベビーゲートが赤ちゃんや、自宅に合っているのかわからない場合もあります。ベビーゲートのおすすめをランキング形式で3つご紹介します。どんなベビーゲートを買えばいいかわからない場合は参考にしてください。

ランキング3位:「トイザらス」

らくらくとおせんぼⅡL
らくらくとおせんぼⅡL

¥ 7,560

口コミ

問題なくつかってます! 網の部分も柔らかく娘があたっても痛くなさそうです。

トイザらスは、国内最大級の玩具、ベビー用品を販売している会社です。国内外の信頼できるメーカーの商品を豊富に取り揃えているので、安心して楽しみながら買い物をすることができます。

トイザらスでおすすめのベビーゲートは、らくらくとおせんぼIIです。らくらくとおせんぼIIは赤ちゃんの成長やお母さんの跨ぎやすいサイズに合わせて高さ調節ができるベビーゲートです。ポールの先をワンタッチで伸縮させるだけで取り付けも行えます。

通気性の良いメッシュ素材を使用しており、開放感があります。跨ぐタイプのベビーゲートなので、階段上での使用はできません。キッチンの入り口やベランダで使用するのがおすすめです。

ランキング2位:「赤ちゃん本舗」

おくだけとおせんぼS
おくだけとおせんぼS

¥ 10,584

口コミ

1歳児が玄関に下りてしまうのを防ぐために購入、ハイハイメインで歩き始めましたが、立ってフェンスに持たれても倒れませんし、子供が押しても動いてしまうことがないので良いです。

赤ちゃん本舗はベビー用品だけでなく、マタニティ用品も幅広く販売している専門店です。豊富な品揃えの中から必要な商品を見つけることが可能です。実店舗だけでなく、ネット通販での買い物も可能です。妊娠中の方や新生児の育児で忙しいお母さんやお父さんにもおすすめです。

赤ちゃん本舗でおすすめのベビーゲートは、おくだけとうせんぼです。日本育児のおくだけとおせんぼは、おくだけで設置ができるベビーゲートで、赤ちゃんがセーフティプレートに乗ることで、本人の体重がかかって倒れないようになっています。

置くだけで設置ができ、折り畳むことも可能です。持ち運びや収納も楽なので、日頃使用しない人にもおすすめです。お孫さんの訪問時にのみ使用するような使い方もできます。ネットはメッシュ素材になっており、見通しが良く、通気性も良いです。

ランキング1位:「日本育児」

日本育児 ベビーゲートスマートゲイトII
日本育児 ベビーゲートスマートゲイトII

¥ 14,904

口コミ

きっちり取り付けていれば、子供が簡単に開けることが、できないので安心して家事をできるので助かっています。

日本育児は、ベビーのために、世界からをモットーに掲げている会社で、ベビー用品の製造と販売を行っています。ベビーゲートだけでなく、ベビーカーやベビー用のテーブルなども販売しています。

日本育児のスマートゲイトは、ロック機能に優れており、安全性が高いベビーゲートです。スマートゲイトの扉を開けるには、ロックを2箇所外してから扉を持ち上げる必要があります。赤ちゃんが大きくなったとしてもロックを解除される心配がありません。

また、お母さんが赤ちゃんを抱っこしたまま転倒することがないようにつまずき防止機能も備えています。ステップに段差がないので、足元が見えにくくても安心してとおることができます。出入りの多い玄関先にもおすすめです。

取り付けも簡単なので、成長に合わせて取り付ける場所の変更も気軽に行えます。引っ越したとしても、対応できるように拡張パネルも販売されているので、引っ越す予定があったり、取り付ける場所を変更したいといった場合におすすめです。

特徴・用途別おすすめのベビーゲート

ベビーゲートにもさまざまな特徴があります。ロック機能に特化したものや、取り付けがしやすいようになっているベビーゲートもあります。特徴や用途別おすすめのベビーゲートをご紹介します。

階段上におすすめのベビーゲート

JTC グレイッシュベビーゲート
JTC グレイッシュベビーゲート
口コミ

息子が歩き始め、目が離せなくなる頃に購入しました。2階を子育て部屋にしていますので、階段上に設置しています。使用して1年以上経過しましたが、本当に買ってよかったと心から思います。

JTCのグレイッシュベビーゲートは、赤ちゃんの安全をしっかり守ってくれるベビーゲートです。ロックが3つついており、安全性が高いです。グレイッシュベビーゲートのトリプルロックは、扉を持ち上げることによって解除するなど、大人はすぐに解除できるようになっていますが、赤ちゃんには解除できないような仕組みになっています。オートクローズ機能もついており、閉め忘れの心配もありません。

取り付けも突っ張り形式なので、壁や柱に傷をつけにくいです。本体のパネルにネジを取り付けて、ネジをぐるぐる回して突っ張るように取り付けるだけなので、お母さんでも簡単に取り付けが可能です。

安全性が高いことに加えて、階上取り付けアダプターセットが別売りで販売していますので、階段上に取り付けるベビーゲートとしてもおすすめです。オプションパネルで広い範囲へ取り付けも可能なので、少し幅の広い階段に取り付ける場合にもおすすめです。

階段下におすすめのベビーゲート

日本育児 ベビーズゲート
日本育児 ベビーズゲート
口コミ

階段用に購入しました。1歳4ヶ月の動き盛りなので見てない内にがこわかったので取り付けました。見た目もインテリアに馴染むのでおすすめです。

日本育児のベビーズゲートは、シンプルな形状と清潔感のある白色で、どんなお部屋のインテリアにもマッチするスチール製のベビーゲートです。

前後方向どちらであっても開閉可能なので、どのような場所でも使いやすいです。開けた後自動で戻るようになっているので、閉め忘れはありません。扉の解放機能がついており、ロックも片手で簡単に行えるので、両手が塞がっていても簡単に移動ができます。

またぐタイプのベビーゲートであれば、またぐのが大変で階段には向きませんが、このベビーゲートなら移動も楽で、強度もあるため、階段下に設置するのにおすすめです。横の長さの調節もできるので、引越し先でも使用できます。引越しを検討している方にもおすすめできます。

キッチンにおすすめのベビーゲート

エンドー オートクローズゲートラブリーベビーズ2
エンドー オートクローズゲートラブリーベビーズ2
口コミ

どちらからでも開けられてロックも簡単にかけられるものとしっかりロックすることができるので重宝しています。

エンドーのオートクローズゲートは、開けた後に自動で閉まるオートクローズシステムが採用されているベビーゲートです。前後どちらからも開閉できるので移動も楽です。汚れやすい場所に設置しても、サッと水拭きもできるベビーゲートなので汚れても安心です。キッチンなどの汚れやすい場所の設置にもおすすめです。

賃貸におすすめのベビーゲート

リッチェル ママらくソフトゲート
リッチェル ママらくソフトゲート

¥ 5,400

口コミ

縦横の長さをカスタマイズ出来るのが便利。しっかりしているので息子が突進してきたり、寄りかかっても大丈夫。息子は一歳2ヶ月、10キロ弱です。

リッチェルのママらくソフトゲートは、成長に合わせて高さを変えることができるベビーゲートです。ハイハイ時期までは55cmでお母さんも跨ぎやすい高さに設定し、立って歩けるようになれば、60cmか65cmに設定できます。調節用ボタンやベルトで調節できるので、ネットや布のたるみもありません。赤ちゃんが大きくなるまでベビーゲートを使用したい場合におすすめです。

ベビーゲートの真ん中がネットになっており、赤ちゃんに優しい素材でできています。ぶつかっても安心ですし、赤ちゃんもネット越しにお母さんの姿が見えるので安心できます。組み立ては、ポールをはめ合わせるだけの簡単組み立てで、伸縮ポールで取り付けができます。ゴムクッションが付いており、壁や柱を傷つけません。賃貸での使用にもおすすめです。

ワイドタイプでおすすめのベビーゲート

日本育児 スーパーワイドゲート
日本育児 スーパーワイドゲート
口コミ

子どもがハイハイを始めた時期に購入。最初は台所に行かないようにリビングと間仕切りに使っていました。歩きだしてからは、ドアの前に設置しベランダに出られないようにしてます。

日本育児のスーパーワイドゲイトは、最大363cmまでの広い間口に対応しているワイドなベビーゲートです。両サイドについているメッシュパネルが伸縮するので、165cm~363cmまでの広い幅の間口に取り付けができます。

横に真っ直ぐといった形状だけでなく、3枚のパネルは折り目で屈折するので、角度をつけて取り付けが行えます。取り付けはビス止めなので、壁に穴は開いてしまいますが、安定性は抜群です。穴を開けたくない場合には、別売りの専用アダプタを購入することで、壁に穴を開けずに設置が可能です。

パネルは真ん中がメッシュになっており、赤ちゃんの様子がわかりやすいです。ワンタッチ式の扉が中央についており、お母さんや赤ちゃんの出入りに便利になっています。広いお部屋の間仕切りにおすすめです。2セット購入するとベビーサークルにもできますので、サークルも欲しいという方にもおすすめです。

おすすめのベビーゲートのメーカー・ブランド3つと代表製品

ベビーゲートといっても種類が豊富なので、どのようなベビーゲートがおすすめなのかわからないお母さんも多いです。ベビーゲートのおすすめをランキング形式で3つご紹介します。どんなベビーゲートを買えばいいかわからない場合は参考にしてください。

カトージ

カトージ ウッドスルーオートゲート
カトージ ウッドスルーオートゲート
口コミ

組み立て易さ、使い勝手もよく、安全確保は十分ですね。お奨めできますよ。変に伸縮するタイプより、いいですね。 両開き出来るのは非常に満足しています。

カトージはベビーベッドやベビーチェア、ベビーカーなどのオリジナル商品や海外のブランド品を取り扱っているメーカーです。ママが楽しいベビーグッズという企業コンセプトでベビーグッズを製造しています。

カトージのウッドスルーオートゲートは、天然木の色合いがお部屋のインテリアにも合うベビーゲートです。お部屋の雰囲気を壊したくない場合におすすめのベビーゲートです。片手でドアを開閉できて、自動でドアが閉まるので、ドアを閉め忘れる心配がありません。

取り付けは突っ張り方式なので、壁に優しく、穴を開ける必要がありません。賃貸の部屋にもおすすめです。2枚の拡張フレームがついているので、幅の調整も可能です。

リッチェル

リッチェル 木のオートロックゲート
リッチェル 木のオートロックゲート
口コミ

全体に軽量で、親の側からも使い勝手がいい。開けっ放しにもできるし、適宜閉めることもできる。閉まる時の音もそう大きくないので、ベビーが寝ていても気にならないのが特に良かった。

リッチェルは、日本のプラスティック製品の製造・販売をしているブランドです。ベビー用品だけでなく、家庭用品や園芸用品、ペット用品など幅広く手がけています。

リッチェルの木のオートロックゲートは、ドアを開いて手を離すと自動的にドアが閉まり、上下2箇所のダブルオートロックがかかるようになっています。ロックが2つ付いているので、ロックを外してしまう赤ちゃんにもおすすめです。オートロックなので、掛け忘れを防ぐことができます。

ドアを90度開くと、ドアを開放している状態で保持できます。また、つまずき防止のため、段差のスロープがついているので、赤ちゃんを抱っこしてとおり抜けする時にも安心です。出入りが多い場所に設置する場合にもおすすめのベビーゲートです。

取り付けは簡単で、柱や壁に傷をつけないゴム製で作られており、回すだけで固定できるので、お母さんでも取り付けることができます。柱や壁に傷をつけないので、賃貸の部屋にもおすすめです。拡張フレームがついているので、取り付け幅が少し広くても安心です。

ベビーダン社

ベビーダン Safety Gates
ベビーダン Safety Gates

ベビーダン社はデンマークで創業した、ベビーやペット向けのセーフティゲートを開発・製造しているメーカーです。安全な製品を開発し続けている実績は国内外で認められており、安心です。製品はポリ塩化ビニルフリーで毒性成分が含まれていないので、赤ちゃんが舐めても大丈夫です。何でも口に入れたり、舐めてしまう赤ちゃんにもおすすめです。

ベビーダン社のベビーサークルは、遊び場としても使用できるマットつきのサークルゲートです。ドアパネル1枚とラージパネルが4枚ついています。パーツをはめ込んで組み立てるだけなので、工具を使わず簡単に組み立てることが可能です。下に敷くマットは自宅で洗濯可能なので衛生的に使用できます。色はホワイトかグレーから選ぶことができます。

ベビーゲートの使い方・活用方法

お母さんが大丈夫と感じている場所でも、赤ちゃんにとっては思わぬ怪我や事故の原因になる場所があります。例えば、階段の上下、ベランダや玄関、浴室やキッチンなどです。その他にもテレビの前や電化製品でのトラブルもあります。

このような危ない場所に、ベビーゲートを設置します。赤ちゃんは好奇心旺盛なので、ベビーゲートを使うのであれば、はいはいを行う位の時期から使用しておくと安心なのでおすすめです。

ゲートがあるだけだと、赤ちゃんはとおりたいのにとおれないというストレスがたまり、泣いてしまうこともあります。ベビーゲートの活用方法としては、おもちゃをくくりつけておくと赤ちゃんの興味を引くことができておすすめです。おもちゃが無い場合は、鏡をつけるだけでも効果があります。

ベビーゲートのおすすめの手作り方法

ベビーゲートは値段が張るものも多いですし、自宅の間取りに合うものを探すのは難しい場合もあります。安い材料で家にぴったりのものを手作りしているお母さんもいます。ベビーゲートのおすすめの手作り方法をご紹介します。

突っ張り棒とワイヤーネット

突っ張り棒を上下に2本設置し、突っ張り棒の間にワイヤーネットを結束バンドで取り付けます。簡単で安価ですし、ワイヤーネットであれば、赤ちゃんをいつでも確認することができます。結束バンドの切り口にはやすりをかけておきましょう。

ワイヤーネットの代わりに布を使う方法もあります。お母さんのお気に入りの布や赤ちゃんが好きなキャラクターの布を使ってみるのもおすすめです。布なので、汚れたらすぐに洗濯できます。衛生的に使用したいお母さんにもおすすめです。

すのこやベビーベッド

100均で売っているようなすのこを並べてボンドや麻紐で接着して、ベビーゲートを作る方法もあります。また、不要になったベビーベッドの柵を利用して作る方法もあります。どちらも少しDIYの技術が必要となります。その分強度がありますので、安全性が高く、おすすめです。

赤ちゃんの安全のためにベビーゲートを使おう

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベビーゲートは、一時期だけ使用するものとなります。購入しようか迷う方も多いです。階段が多いなど、自宅の間取りによっては市販のものを購入したほうが安全ですが、少し部屋を区切る程度であれば、簡単に手作りしたものを使用するのもおすすめです。

ベビーゲートにもそれぞれにメリットとデメリットがあるので、購入する場合であれば、赤ちゃんやお母さんのライフスタイルに合うようなベビーゲートを購入しましょう。

Related