Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月30日

知育玩具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

たくさんのある知育玩具の中から、どのように選んだらいいのわからない方たのために、知育玩具の種類・選び方を紹介してあります。間違った選び方では、知育玩具の効果を得ることはできないため、その子供の年齢に合ったおすすめのおもちゃも紹介しています。

知育玩具おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

知育玩具の種類と選び方

子どもへの知育玩具を選ぶとき、どのように選んでいますか。おもちゃ屋さんなどにいくと、たくさんの種類の知育玩具があって迷ってしまいます。何を基準にして選んだらいいのでしょうか。

子供とって、知育玩具であっても、普通のおもちゃとなんなら変わらない普通のおもちゃです。子供にとって、おもちゃとは遊ぶツールであり、脳の発達を促す大切なつーるでもあります。

知育玩具の代表とも言われる「パズル」や「ブロック」などの知育玩具には、同じものであっても、難易度によって、それぞれの対象年齢が設定されています。

いずれ大きくなったら使うからということで対象年齢より少し上の年齢のものを購入しても、その子供にはまだ早すぎで興味を持たなかったり、危険が伴う場合もあるため、月齢にあった知育玩具を子供に与えることをお勧めします。

知育玩具の種類

子供の知育玩具の種類としては、主に積み木、パズル、粘土、楽器、迷路などがあります。それぞれの知育玩具の遊び方によって、育児方針に合わせた知育玩具や、形状・使用方法による知育玩具と分けられるため、自分の子どもに、どういう教育をしたいか、親が目的を持つことが大切です。

知育玩具の選び方

知育玩具は、さまざまな年齢に合わせて選ぶことができます。パッケージなどを見てみましょう。「対象年齢」と書いてあるはずです。対象年齢というのは、「その子供が安全にかつ仕様どおりに遊ぶことができる」ということです。

1歳の子どもに、いずれ大きくなっても使うからと、対象年齢3歳以上の知育玩具を購入する人が多いのですが、実はその選び方は正しくはありません。

なぜなら、間違った遊び方をしてしまうと、危険な場合もありますし、その知育玩具の用途をしっかりと活用できないまま、そのおもちゃを飽きてしまう可能性があります。さまざまな種類の知育玩具から、その子供の年齢にあった物を選ぶことが大切です。

また5歳頃までは、性別に関係なくおもちゃを選びます。男の子であれば「青、かっこいい」女の子であれば、「ピンク、かわいい」など、デザインやキャラクターなどに影響されていきます。

知育玩具を選ぶための重要ポイント

知育玩具というのは、子供の能力を遊びながら伸ばしていくように作られた玩具です。そのため、選び方を間違えると知育効果は半減してしまいます。子供に知育玩具を与えるのであれば、下記の3点をしっかりと覚えておきましょう。

・遊びながら自然に子供の成長を助ける知育玩具
・子供が飽きることなく夢中で遊ぶことができる知育玩具
・子供の成長に合わせたレベルの知育玩具

現在は、インターネットで色々な情報を得ることでき、どんな知育玩具が良いのか、人気なのか、すぐに検索することができます。とはいえ、その情報をうのみにしてはいけません。

子供がどんな遊びに興味があるのかをよく観察してみましょう。どんなに優れた知育玩具を選んでも、結局は子供が興味を持たなければ、何の意味もありません。

知育玩具おすすめ人気ランキングTOP3

知育玩具には、年齢によってさまざまな種類があります。今回は3歳頃の子どもにお勧めの知育玩具をご紹介します。

3歳の子どもに、知育玩具を与える際、気を付けなければいけないのが、子供の成長にちゃんと合っているかどうかです。パッケージを見て「対象年齢3歳以上」と書いてあっても、子供の成長には個人差があるため、必ずしもその知育玩具がその子供の成長の発達に合っているとは限りません。

3歳児にとって最も重要なことは「褒める」ことです。多くのことを1人できるようになり、活動範囲が増えていきます。子供に、「できた」という達成感を実感させてあげることは、子供の成長に非常に大切なことです。

そのため3歳児の知育玩具ぶ際、大切なことは「達成感」を味合わせてあげれるものを選びましょう。具体的に言うと、正解したりゴールしたりすると、音がなったり光ったりする知育玩具です。

3位 アニマルビーズバス

アニマルビーズバス
アニマルビーズバス

¥ 3,456

口コミ

遊びの要素がたくさんあります。プレゼントにも最適な商品です。

動物のかたはめパズルとビーズ遊びができる優れモノです。木の素材で温かみがあり、ビーズコースターは、バスになっているため、動かして遊ぶこともできます。

1つのおもちゃで、かたはめ遊び、ひっぱる遊び、ビーズ遊びが出来る知育玩具です。

3位(同率) レゴデュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス

レゴデュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス
レゴデュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス

¥ 6,220

口コミ

小さな手でもつかみやすいサイズのため、初めてのブロック遊びに最適です。 大きいサイズのため、誤飲する心配もありません。

はじめてのブロック遊びに最も最適なアイテムです。いろいろな種類のブロックでの組み立てはもちろんのこと、ブロックにナンバーがふられているため、数遊びもできます。

2位 プラレール

プラレールをはじめよう!レールベーシックセット
プラレールをはじめよう!レールベーシックセット

¥ 3,240

口コミ

自分で考えてレールを組み立てることにより、子供の思考能力を育てることが出来ます。遊んでいくうちに、電車の種類を覚えるようにもなります。

プラレールの基本的な部品が入ったセットです。ベーシックセットとはいえ、これ1つだけでも、十分なレイアウトが作成可能です。

1位 「くもん」

さまざまなメーカが知育玩具を販売していますが、その中でも「くもん式」の知育玩具がとても人気があります。その理由として、くもんでは「子供たちに高い学力をつけること。自ら学べるようになること」を信念に、子供たちの成長や発達を助けてくれる玩具を販売しているからです。

遊びを通して、数字や英語、ひらがななどに興味を持ってもらえるような工夫をした知育玩具がたくさんあるのも、くもんのおもちゃの特徴です。

特徴・用途別おすすめの知育玩具

知育玩具を子供に与えるときは、子供の年齢にあった知育玩具をを選ばなければいけません。ここでは、どんな知育玩具がおすすめなのか、年齢事にご紹介します。

0歳

メロディいっぱい! みまもりセンサーメリー
メロディいっぱい! みまもりセンサーメリー

¥ 9,180

口コミ

泣き声に反応して自動で動き出す「見守りセンサー機能」搭載 ベッドに取り付けたり、床に置くこともできる使い勝手がいいです。

0歳の赤ちゃんには、月齢事の成長に合った知育玩具を与えなければいけません。同じ0歳でも、3ヶ月の赤ちゃんと6ヶ月の赤ちゃんでは、できることが全く違いますし、興味を示すものも違います。

産まれて間もない赤ちゃんは視力が弱く、また手足を自由に動かすことができません。しかし、聴力はあるため、ベビーベッドにつけるベビーメリーが良いでしょう。優しい音色や、ゆっくりと揺れるカラフルな玩具に、赤ちゃんも心が落ち着くはずです。

6ヶ月

くまのがっこう だいすきおとつみき
くまのがっこう だいすきおとつみき

¥ 3,780

口コミ

イラストが描かれてあったり、カラフルな色の物だったり、音が鳴ったりと、様々な種類の木がある積み木です。

生後半年になると、成長の早い子は、ハイハイができる赤ちゃんもいます。ねんね期の頃とは違い、目線が変わるので、色々なものに興味を持ちます。またお座りも少しずつ上手にできるようになっているため、この頃から、座って遊ぶことも多くなります。

お座りができるようになると、おもちゃの選択枠が増えていきます。1人遊びできる多機能な知育玩具もたくさんありますが、それよりも積み木などのシンプルな知育玩具のほうが赤ちゃんの想像力を発達させることができるうえに脳にも良いため、シンプルなものを選ぶようにしましょう。

1歳

1歳には全身でブロック Neo
1歳には全身でブロック Neo

¥ 13,824

口コミ

頭も体もフル回転に使えるおおきなブロックです。バーツは大きいですが、とても軽く安定して重ねることが出来ます。

体を動かして遊ぶことが好きな子供には、大きなブロックがおすすめです。子供が持ちやすいように軽いものが良いでしょう。1歳頃になると、大きなブロックを両手でしっかり持つことができるため、積み重ねたり、何か形を作ったりと、子供の創造力を養うことができす。

指先を動かすのではなく体を使ってブロックを運ぶため、体力もつくため一石二鳥です。体を使って脳に刺激をおくることができるおもちゃも立派な知育玩具の1つです。

2歳

ネフスピール(スイス:ネフ社)
ネフスピール(スイス:ネフ社)

¥ 18,144

口コミ

1958年に発売以来、50年以上も愛されている ベストセラーの木のおもちゃです。ユニークな形をしており、積みやすく安定して崩れにくく、小さな子供でも高く積むことができます。

2歳になると、語彙が増え、しっかりとしたコミュニケーションができるようになってきます。色を覚えるなど、日々の遊びで色々なことを学ぶ時期でもありますが、自我が強くなるため、自分の思うように遊べないと、すぐに飽きてしまうため、どの知育玩具を選んだらいいか、迷ってしまう時期です。

また1人でできることが確実に増えていきます。自分で考えて動いて行動することも増えていくため、単調な動きのあるものではなく、自由な発想で自分を表現できるような知育玩具がおすすめです。

3歳

木製おもちゃ 大工さんセット 39ピース
木製おもちゃ 大工さんセット 39ピース
口コミ

クギを抜いたり、ネジを回したりなどして、遊びを通して、手先の器用さを養うことが出来ます。

高度範囲がどんどん増えていき、集団生活にも少しずつ慣れ始め、親以外から多くのことを学び、成長していきます。また指先が器用にもなり、集中力も育まれ、細かな紐通しやビーズ遊びなどができるようになります。ハサミを使った工作系の知育玩具などでも、楽しく遊べるようになります。

色や形を覚えることもできる時期なので、絵をかいたり粘土を使って創造力を鍛えていくような知育玩具もお勧めです。

5歳

NEWクアドリラ・ツイスト&レールセット
NEWクアドリラ・ツイスト&レールセット
口コミ

自分でレーンやタワーを組み立てて、ビー玉の道を作ることが出来ます。組み合わせは無限大のため、子供の創造力を養います。

何かを作ったり遊んだりと、1つのことに目的をもって達成するまでやり遂げることのできる集中力を保ち続けることができるようになります。単純なものではなく、少し複雑なパズルなど、適度に難しい知育玩具を好みます。

1人でやり遂げることができたという達成感を味合わせてあげるような知育玩具を選ぶと良いでしょう。

幼児

積み木は、幼児の想像力を無限に引き出すことができる知育玩具の1つです。積み木は、並べたり、積んだり、重ねたり、数えたりと遊び方は無限大です。
最近の積み木は、カラフルで音が鳴る物だったり、ハートや星などに形どられたものがあります。または、両面にひらがなや英語、絵などが描かれた物もあるので、遊びながら、文字などを学ぶこともできます。

ひらがな

くもんの磁石あいうえお盤(すうじ盤50)
くもんの磁石あいうえお盤(すうじ盤50)

¥ 4,320

口コミ

ひらがなが書かれた磁石のコマを、ひらがな50音が書かれている盤に並べていくシンプルなものですが、繰り返し遊ぶことによって、ひらがなの文字を自然とおぼえていきます。

ひらがなは、日本人にとって全ての学習の基本となる文字です。幼稚園などで学ぶ前から、少しずつ楽しみながら、覚えさせてあげるとよいでしょう。ひらがなを学ぶのではなく、知育玩具から覚えるという感覚で学ぶと、子供も嫌がることはありません。

ひらがなと絵が描かれた積み木、お風呂や壁などに貼るポスターなどが良いでしょう。子供は書くことは好きなのですが、お勉強のように、さあ覚えましょう。と言われてしまうと、嫌にになってしまいます。学ばせてあげたいことを自然に子供に触れさせてあげるのがベストです。

おすすめの知育玩具のメーカー・ブランド3つと代表製品

アガツマ(PINOCCHIO)

日本の知育玩具の定番ブランドです。知育玩具は子供が心身ともに健やかに育つ家庭では、必要不可欠であり、子供の「文化財」であると考えています。子供たちに夢を与え、創造力を育て、かつ親子のコミュニケーションツールとしての使命がるという信念の元、知育玩具の製造・開発を行っています。

幼児向けの知育玩具で主力を担う「アンパンマン」のキャラクターの商品が、売上の80%を占めています。現在日本では、4社のメーカが、アンパンマンのライセンスを持っていますが、おもちゃ会社の中でもリーダー的な役割を果たしていると言えるでしょう。

TAKRATOMY

日本のおもちゃ大手ブランドです。2006年にタカラとトミーが合併してできた新しい会社でもあります。多くの種類の知育玩具を開発しており、「たまごクラブ・ひよこクラブ」の
赤ちゃんグッズ大賞に2年連続で選ばれるほどの好評のあるブランでもあります。

0歳から2歳頃の乳児向けの知育玩具が得意でもあります。

LEGO

知らない人がいないほど、有名なデンマーク発の知育玩具のブランドです。最近では、東京・大阪にレゴランド・ディスカバリーセンター、愛知の名古屋市に日本発のレゴランド・ジャパンがオープンされました。

レゴは子供から大人までが夢中になる知育玩具の定番商品です。プラスチック製のブロックを積み重ねて、さまざまな形を作るには、創造力が必要になります。そのため、レゴを使ったプログラミングなどの知育スクールもあります。

知育玩具の使い方・活用方法・楽しみ方

親が何を目的にして、知育玩具を子供に与えたいのかをよく考えます。まずは子供と一緒に遊ぶようにしましょう。なぜなら、小さな子供は、それぞれの知育玩具の正しい遊び方が分かっていません。自分で好きなように遊ぶことが、彼らにとっては楽しい遊びであるからです。

しかし、それでは知育の意味がなくなってしまいます。子供がどのように遊ぶのかを観察して、間違っている場合は、子供と一緒に遊び、その知育玩具はどうやって遊ぶのかをしっかりと教えてあげましょう。全てを教えなくても、最初のうちだけ一緒に遊ぶだけでも、子供は遊び方を覚えていきます。

遊び方が分かったところで、子供はどんどんその知育玩具に夢中になっていけば、その知育玩具はその子供にとって、合っていたということになります。子供がその遊びをどんどん吸収していったときは、しっかり褒めてあげましょう。その褒めることが、子供の成長につながっていきます。

目的にあった知育玩具

賢い子どもに育って欲しいという願望は、親なら誰しもが思うことでしょう。賢い子供というのは、単純にテストで高得点を取れる天才ということだけではありません。例えば、算数や計算が得意な子になって欲しい。英語が好きな子に育って欲しい。音楽や楽器が好きな子になって欲しい。柔らかい脳を育てたい。など、まだ芽が出ていない子供の才能を引き出したいという意味です。

知育玩具を購入することは、決して間違いではないのですが、各家庭の教育方針や育児方針に合わせて、どんな知育玩具を選べばいいのかを決めなければいけません。

知育玩具には、さまざまな工夫が施されていますから、その工夫を最大限に生かさなければ、いけません。そうでなければ、高価な知育玩具を購入したとはいえ、その効果を得ることはできません。

子供が興味を持つ知育玩具を贈りましょう

子供のおもちゃは、おもちゃ売り場に行くと山のようにあります。その中から、本当の子どもが欲しいものと、親が子供に遊んで欲しいものは、違うということはよくあることです。

しかし消費者である親が子供に選ぶものは、「知育」関連商品が多いでしょう。その選び方は、決して親の目線だけにとらわれてはいけません。子供がどんなものに興味を持っているのか、どんな遊びがすきなのか。それをしっかりと観察したうえで、その子供の年齢に合った知育玩具を選んであげてください。

Related