Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月03日

授乳ケープのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

授乳ケープは、母乳育児を頑張っているお母さんの必需品です。授乳ケープを使用することで、授乳室がない外出先でも人目を気にせずに授乳が行えます。授乳ケープにも色々な種類があり、どんなものを選べば良いのか迷ってしまいます。今回は、おすすめの授乳ケープをご紹介します。

授乳ケープのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

授乳ケープの種類とおすすめの選び方

授乳ケープのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

母乳育児を頑張っているお母さんにおすすめなのが授乳ケープです。授乳ケープを使用することで、授乳室がない外出先でも人目を気にせずに授乳が行えます。

自宅にいる時でも、義両親が一緒の時や来客時に授乳ケープがあれば、気兼ねなく授乳が行えます。授乳ケープにはいくつかの種類があるので、自分に合ったおすすめの授乳ケープを選びましょう。授乳ケープの種類と選び方をご紹介します。

授乳ケープの種類

授乳ケープは、エプロン型とポンチョ型、ストール型と3種類あり、それぞれに特徴が異なります。それぞれの種類の授乳ケープの特徴やデメリットなどをご紹介します。

エプロン型

エプロン型は、雑誌などでも取り上げられることが多い型の授乳ケープです。1枚の布にループがついており、そのループをお母さんの首にかけて使用します。エプロン型の授乳ケープのほとんどは、布の端にワイヤーが付属しています。

付属しているワイヤーによって、お母さんの首元に隙間ができ、赤ちゃんの顔を見ながら授乳できます。家での授乳環境に近く、赤ちゃんが安心しやすいのでおすすめです。

しかし、布が前面にしかないので、脇腹や背中が見えてしまいますし、持ち運ぶ際にワイヤーが鞄の中でかさばるといったデメリットもあります。エプロン型の授乳ケープを使用する時には、前開きの服や授乳用に穴が設けられている服を着用しておくと、授乳中に脇腹や背中が見えることがなく、おすすめです。

ポンチョ型

ポンチョ型は、冬に防寒具として使用するポンチョと同じような形状になっている授乳ケープです。授乳用なので、少し薄手の生地で作られている場合が多いです。

エプロン型とは異なり、全方位布で覆われているので、どんな洋服を着ていても脇腹や背中が見えることがありません。前開きの服や授乳用の服をあまり持っていないお母さんにおすすめです。また、防寒機能もありますので、秋や冬先に使用するのもおすすめです。

しかし、全方位布で覆われているので、風とおりが悪く、夏場は暑くなってしまうことがデメリットとしてあげられます。夏場には、さらに薄手に作られている夏用のポンチョ型授乳ケープを購入するか、他の形状の授乳ケープの使用をおすすめします。

ストール型

ストール型の授乳ケープは、ストールとしても使用できる授乳ケープです。背中側にボタンなどがついているので、背中側で固定してずれないようにして使用します。赤ちゃんの大きさや向きで授乳ケープのかぶり方を変えることができます。

また、寒いときはストールとして、そして赤ちゃんの冷房対策やお昼寝用の布団にも使用できます。普通のストールとしても使用できるので、授乳ケープ以外の使用方法としても使いたいお母さんにおすすめです。

ハンドメイドが得意なお母さんであれば、お気に入りのストールにボタンをつけて授乳ケープにするのもおすすめです。

授乳ケープの選び方

授乳ケープは、授乳中のお出かけには必需品となります。定期的に使用するので、自らのスタイルに合った授乳ケープを選びましょう。おすすめの授乳ケープの選び方をご紹介します。

授乳する際にお母さんの体が見えてしまわないか

授乳する際には、服を捲りあげる必要があります。授乳口のある服を持っていない場合は、お腹や背中が見えないようにすっぽり覆うタイプの授乳ケープがおすすめです。人目気にならないだけでなく、冷えも防げます。また、赤ちゃんにすぐ授乳ができるように着脱が簡単にできる授乳ケープを選ぶのがおすすめです。

持ち運ぶ際の利便さ

お出かけする時には必ず持ち運ぶことになりますので、コンパクトに収納できて持ち運びやすい授乳ケープを選ぶのがおすすめです。収納や折り畳み方が簡単かどうかも確認しておきましょう。

授乳ケープの素材

授乳ケープは、赤ちゃんに直接触れてしまうものなので、コットンなどの低刺激の素材でできている授乳ケープがおすすめです。季節は考えて素材を選ばないと、暑くて汗だくになってしまったり、寒くなりすぎることがありますので、お母さんも赤ちゃんも辛い思いをしてしまうので注意しましょう。

授乳ケープおすすめ人気ランキングTOP3

授乳ケープといっても、どんな授乳ケープが自らの授乳スタイルに合っているのかわからない場合もあります。授乳ケープのおすすめをランキング形式で3つご紹介します。どんな授乳ケープを買えばいいかわからない場合は参考にしてください。

ランキング3位:「ミキハウス」

ミキハウスチェック柄 授乳ケープ
ミキハウスチェック柄 授乳ケープ

ミキハウスの授乳ケープは、柔らかな面素材の二重織ガーゼで肌触りが良い授乳ケープです。授乳ケープとしての機能だけでなく、ベビーカー用のケットやおむつ替えシートとしても使用できます。自宅ではお昼寝タオルとしても使えます。

授乳が必要でなくなった後は、ポンチョやストールなどの防寒対策としても使用できるので、長期間使用することができます。首に巻いたり、肩にかけたりしてコーディネートを楽しめます。授乳ケープを他の使用方法としても使いたいお母さんにおすすめです。

授乳ケープとしての使い方も簡単で、ボタンを留めて首を通して被るだけです。胸元が透けることなく隠され、安心して授乳ができます。首もとから赤ちゃんとコミュニケーションも取れます。おしゃれで機能的な授乳ケープです。

ランキング2位:「エスメラルダ」

ESMERALDA 授乳ケープ
ESMERALDA 授乳ケープ

¥ 3,780

口コミ

かなりかわいくて気に入ってますワイヤーもとても使いやすいですケープタイプじゃないから横まで覆われるか心配でしたが全く問題ありませんでした。オシャレなもの発見出来て良かったです

エスメラルダはポルトガル語でエメラルドという意味で、お母さんもおしゃれで輝いていられるようにというコンセプトで作られているブランドです。モダンなデザインが人気となっており、おしゃれにこだわりたいお母さんにおすすめです。

軽いコットン素材でできており、授乳中も負担にならず、赤ちゃんにも優しいです。軽い素材でできている授乳ケープは風で捲れやすいですが、エスメラルダの授乳ケープは背中で結べるように設計されており、風で捲れないようになっています。

授乳ケープにはそれぞれのデザインに合わせた収納ポーチがついており、コンパクトに収納できます。使用しない時にもかさばることはなく、おしゃれなデザインなので、カバンの中に入っていても違和感がありません。また、授乳後に赤ちゃんの口を拭くことができる今治のミニタオルも付いています。

ランキング1位:「ベベオレ」

ベベオレ 授乳カバー
ベベオレ 授乳カバー

¥ 5,184

口コミ

ワイヤーなしの授乳ケープも持っていましたが使いづらく、こちらを購入。ワイヤー入りは使いやすいです。生地も薄すぎず厚過ぎず、柄も色々選べて、やはり定番の人気商品だと思います。

ベベオレはカリフォルニア在住の子育てママのアイデアから生まれたブランドです。ベベオレの授乳ケープは、母乳派のお母さんが感じる、人目の気になりやすさや授乳のし難さといったストレスを無くして、スムーズな授乳を手助けする授乳ケープです。

ワイヤーが入っており、ベビーカーのフードにかけて日よけとしても使用できますし、前抱きキャリヤー使用の際の風除けや日よけにも使用できます。コンパクトに折り畳むことができ、持ち運びにも便利です。使い心地が良く、デザインも豊富なことから日本だけではなく、アメリカやオーストラリアといった海外でも人気が高い授乳ケープとなっています。色々なデザインの中から選びたいお母さんにおすすめです。

お手入れ方法は、ランジェリーと同じようにネットに入れて、手洗いモードで洗濯できます。洗濯機でお手入れができるので、気軽に外出先で使用できます。

特徴・用途別おすすめの授乳ケープ

授乳ケープにもさまざまな特徴があります。機能性に特化したものや、紫外線を対策できる授乳ケープもあります。特徴や用途別おすすめの授乳ケープをご紹介します。

使いやすいおすすめの授乳ケープ

ポーチェ 授乳ケープ
ポーチェ 授乳ケープ
口コミ

ワイヤー入りなのが良いと思い購入。確かに赤ちゃんの顔が見やすくて使いやすいです。

ポーチェの授乳ケープはケープ、エプロン、ブランケットの3タイプで使用できるので、お母さんの使いやすいスタイルで授乳が行えます。色々な方法で授乳をしたいお母さんにおすすめです。授乳口には樹脂製のワイヤーが入っており、赤ちゃんの顔を見ながら授乳が行えます。取り外し可能なネックを付けると簡単にエプロン型にできます。

ポンチョ型のおすすめの授乳ケープ

EARTH LEAD 授乳ケープ
EARTH LEAD 授乳ケープ

¥ 1,680

口コミ

冬でも、室内は暖かいので、暑すぎない・持ち運びやすいケープを探していました。生地が薄く軽いけれど透けないので、外出時には役立っています。

EARTHLEADの授乳ケープは、360度見られても安心なポンチョ型の授乳ケープです。頭から被るだけで、赤ちゃんが泣いていても短時間で授乳が行えます。すぐに赤ちゃんに授乳をしてあげたいお母さんにおすすめです。素材は、綿50%、リエステル50%でできており、やわらかくて肌触りの良い素材を使っています。収納する時にも小さく畳んで持ち運びやすいです。

ワイヤー入りのおすすめの授乳ケープ

Desirable 授乳ケープ
Desirable 授乳ケープ
口コミ

安くて可愛いので購入〇 買って本当に正解でした!! 毎日お世話になってます!!

Desirableの授乳ケープは、ケープのふちにワイヤーが入っており、簡単に赤ちゃんの顔を見ながら授乳が行えます。授乳中に赤ちゃんの顔を見て安心したいお母さんにおすすめです。正面にポケットもついているので、赤ちゃんの口を拭くためのガーゼなども入れておけます。携帯に便利な専用バッグもついているので、持ち運びにも非常に便利になっています。

uv対策もできるおすすめの授乳ケープ

ファムベリー 授乳ストール
ファムベリー 授乳ストール
口コミ

透けて見えないので場所を選ばず使えて便利です。 家にいるときは肌掛けとして使ってます。

ファムベリーの授乳ケープは、おしゃれでuv対策もできる授乳ケープです。生地が軽くて薄いので、暑くてuv対策が必要となる時期にも使用できます。紫外線が気になるお母さんにおすすめです。

授乳中には腰周囲が捲れて見えてしまわないか心配になりますが、ファムベリーの授乳ケープは、67×180cmと大きめなサイズなので、後ろからでも横からでも見えません。安心して授乳が行えます。

ボタンを調節すればおんぶの時にも使用することができます。キャリーの紐やおんぶ紐も隠すことができます。サッと羽織って気軽にお出かけするのにもおすすめです。

ストール型のおすすめの授乳ケープ

スタリオン授乳ストール
スタリオン授乳ストール

スタリオンの授乳ストールは、マフラーやショールとしても使用できる、ストール型の授乳ケープです。360度すっぽりと覆ってくれるので、外出先でも安心出る。ボタンの留め方を工夫すると抱っこ紐のケープとしても使用できます。風よけや日よけにも使用できます。ストールとして使用できるので、授乳ケープを持ち歩きたくないというお母さんにおすすめです。

季節別おすすめの授乳ケープ

授乳ケープは屋外で使用することも多いです。屋外での授乳は、夏は熱がこもってしまいやすく、お母さんは肌を露出するので、冬は寒くなりがちです。余裕があれば、季節ごとに授乳ケープを使い分けるのがおすすめです。

春から夏にかけては、エプロン型やストール型のほうが、通気性が良くおすすめです。素材が通気性の良いものでできており、uv対策もできる授乳ケープを選ぶのが良いでしょう。

秋から冬にかけては、ポンチョ型の授乳ケープがおすすめです。ポンチョ型はブランケット生地でできている授乳ケープもあり、授乳中も暖かいです。寒がりなお母さんや赤ちゃんであれば、厚手の生地で作られているものを選ぶと良いでしょう。

El Viento 授乳ケープ
El Viento 授乳ケープ
口コミ

夏は普通のケープは熱いと思い、購入しました。ワイヤーがしっかりしていて崩れず、顔をしっかり見ながら授乳できるうえ、通気性もよく蒸れません。寒いわけでもなく、重宝しています。

ElVientoの授乳ケープは、汗っかきの赤ちゃんやお母さんにおすすめの授乳ケープです。生地はガーゼ生地で作られており、熱がこもりにくいです。15mmと幅広のワイヤーが付いており、授乳中の赤ちゃんの顔が見やすいだけでなく、空気がとおりやすくなっています。

背中のリボンは調整ができるので、赤ちゃんの成長やお母さんの体型に合わせてサイズの変更ができます。夏に授乳する機会が多くなるのであれば、ElVientoの授乳ケープを購入するのをおすすめします。

おすすめの授乳ケープのメーカー・ブランド3つと代表製品

授乳ケープは、色々なブランドやメーカーから販売されています。出先で使うものなので、こだわりたいというお母さんにおすすめの授乳ケープのメーカーやブランドを3つご紹介します。各メーカーやブランドの代表製品もあわせてご紹介します。

Sweet Mommy

Sweet Mommy 授乳ケープ
Sweet Mommy 授乳ケープ

¥ 6,372

口コミ

暑い夏の授乳の際にも使えるといいなと思い、この商品を選んだのですが、思った通りさらっとした生地だったので、子供に嫌がられずに授乳できました。

SweetMommyは可愛らしい授乳服やマタニティウェアなどを販売しているブランドです。

SweetMommyの授乳ケープは、エプロン型の実用的な授乳ケープです。大きな可愛いフリルでお母さんと赤ちゃんを包んでくれますので、可愛らしいものが好きなお母さんにおすすめです。大判サイズなので、お母さんの横腹が見えず、安心して授乳できます。

カラーも、ストライプやギンガムチェック、フラワーの生地と、ホワイトコットンレースコンビと種類が豊富です。お母さんのファッションに合わせることができる授乳ケープです。

軽いソフトワイヤーが入っていますので、授乳中に赤ちゃんの顔をしっかり見ながら授乳できます。ケープと同じ柄の巾着が付いており、コンパクトに収納できるので、持ち運びも簡単です。

DORACO

DORACO 授乳ケープ
DORACO 授乳ケープ

¥ 4,536

口コミ

どこでも安心して授乳ができるようになったので、一気に行動範囲が広がりました。お洒落なお店でもこれさえあればさりげなくサッと授乳できるので、産後も女子会を楽しめそうです

DORACOは助産師のお母さんとデザイナーのお父さんが手がけるオリジナルブランドです。機能性や利便性だけでなく、デザインにこだわった商品が多いです。

DORACOの授乳ケープは、洋服感覚で身に付けることができ、そのままお出かけも行えるという新しい授乳ケープです。授乳ケープに見えないデザインなので、授乳中でも周りの人に気を使わせる心配も少ないです。

ポンチョ型の授乳ケープで、後ろからの視線も気になりません。十分な長さがあるので、授乳中に赤ちゃんの位置を変えたり、赤ちゃんが暴れて授乳ケープを蹴り飛ばしてもお母さんの体が見えてしまうことがありません。

授乳ケープの生地も、風通しが良い生地になっています。暗くなると怖がってしまう赤ちゃんのために程よい光を感じられるけれど、透けないような厚さの生地に仕上がっています。授乳ケープを付けたままお出かけしたいお母さんや、授乳をしていると気付かれたくないお母さん、暗いのが苦手な赤ちゃんにおすすめのの授乳ケープです。

サンデシカ

サンデシカ 授乳ケープ
サンデシカ 授乳ケープ

¥ 2,980

口コミ

背中が出るタイプのケープとは違い、すっぽり被れるので安心感があります。外で授乳するときに、抱っこ紐に子供を入れてその上からケープを被って授乳すると便利

サンデシカは、人と命を大切に考えるベビー用の寝具や雑貨、衣料品を取り扱っているメーカーです。お母さんの本当の声を形にすることをテーマとしています。

サンデシカの授乳ケープは、ポンチョ型の授乳ケープです。使用方法は、頭からサッと被るだけなので簡単です。丈が長いので、赤ちゃんが手足を動かしても捲れにくいです。

縫い合わせがなくシンプルな作りとなっています。シンプルなので、軽くて畳むととてもコンパクトになり、持ち運びやすいです。授乳ケープを手軽に持ち運びたいお母さんにおすすめです。

授乳ケープの使い方・活用方法

授乳ケープの使い方をご紹介します。授乳ケープを使う際には、まず授乳ケープを装着しましょう。エプロン型の授乳ケープであれば、首にループをかけましょう。ポンチョ型であれば、上から授乳ケープをかぶり、ストール型であれば授乳ケープを巻いて、ボタンなどで固定します。

授乳ケープを装着できたら、いつもの授乳の時と同じように赤ちゃんを抱っこします。抱っこの方法は特に決まっていませんので、縦抱きでも横抱きでもお母さんがやりやすい抱き方がおすすめです。

赤ちゃんを抱っこできたら、赤ちゃんも授乳ケープで隠します。いきなり暗くなるので怖がる赤ちゃんもいます。家で何度か練習しておくことをおすすめします。その後は、授乳ケープの中で胸を出し、授乳をします。少し動きにくいので、授乳口のある服がおすすめです。ポンチョタイプであれば、しっかり胸を出しても見られないので安心です。

授乳する時には、首元の隙間から赤ちゃんの様子を伺いながら授乳します。エプロン型の授乳ケープであれば、ワイヤーが入っているので、赤ちゃんの様子が見やすいです。

活用方法

授乳ケープは、さまざまな活用方法があります。大抵の授乳ケープは、ひざ掛けやベビーカー用のブランケットとして活用できます。自宅ではお昼寝用のタオルになる授乳ケープもあります。ストール型の授乳ケープであれば、ストールだけでなく、ショールやマフラーにもなります。おしゃれなデザインの授乳ケープが多く販売されていますので、自らのファッションに合った授乳ケープを選ぶのがおすすめです。

活用方法によっては、卒乳しても長い期間使用することができます。長期間使用したいのであれば、卒乳後の使い方も考えながら授乳ケープを選ぶ方法がおすすめです。

授乳ケープを使って気軽に赤ちゃんとお出かけしよう

授乳ケープのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

赤ちゃんとお出かけする時には、オムツやミルクのセット、着替えなど荷物が多いのでどうしても億劫になります。それに加えて、授乳室のことまで考えると、お出かけを控えてしまいがちです。

授乳ケープがあれば、外出先に授乳室がなくても気軽にお出かけすることができるので、おすすめです。授乳室を考えなくていいので、お母さんが行きたい所にも行きやすくなります。外出は赤ちゃんだけでなく、お母さんのストレス解消にもなります。授乳ケープをうまく活用して、赤ちゃんと楽しくお出かけをしましょう。

Related