Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月12日

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

子どもが産まれてドライブに行く際には、必ず必要になるチャイルドシート。初めての人はどのようなものが良いか、迷った人もいるでしょう。今回は用途別に赤ちゃんにおすすめのチャイルドシートについて、チャイルドシートの大切さについて紹介していきます。

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

チャイルドシートの種類と選び方

チャイルドシートの種類には新生児から使えるものから、ある程度大きくならないと使えないものまでたくさんのものがあります。間違ったものを買ってしまうと、道路交通法違反となり罰金刑になることも。子どもの月齢に合わせたチャイルドシートを選び、道路交通法違反にならないように気を付けましょう。

チャイルドシートを選ぶときには、必ず確認しなければならないことがいくつかあります。しっかりと確認しなければ、子どもの命を守れないので忘れないでください。

・子どもの月齢にあったもの
・車に取り付ける向き
・回転するかどうか

他にも個人の好みではありますが、たくさん見なければならない部分はあります。しかし重要な三点だけはしっかりと確認したうえでの購入が、子どもの命を守ることになり安全のためのマナーとなります。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

乳児用チャイルドシート

乳児用のチャイルドシートは、新生児から安心して使うことのできるチャイルドシートです。首の座っていない子どもでも安心して使うことが可能で、早めに車にのってお出かけをしたい場合にはおすすめの形になります。

新生児から首すわりまでの子どもは、少しの揺れで首が傾いてしまい安心して椅子に座らせることはできません。しっかりと固定されていないと首だけが前に出てしまい、安心した姿勢が保てないからです。また腰が据わっていない場合にも、ぐらぐらとしてしまうのであまり安定しているとは言えないでしょう。

新生児用のチャイルドシートは、赤ちゃんの腰と首をしっかりと支えられるような構造になっています。大人のように一人で体を支えることができないので、赤ちゃんの体全体を包み込むような構造で安心して乗せることが可能です。またほとんどのものが新生児パッドを取り外せば、ある程度までは使えるので便利なアイテムです。

幼児用チャイルドシート

幼児用チャイルドシートは完全に首も腰も据わった、生後10か月頃から使うことが可能なチャイルドシートです。まだ体が小さくて大人用のシートではしっかりと固定できないので、体が大きくなるまでの幼児の内は必ずチャイルドシートが必要になります。

幼児用のチャイルドシートは子どもの体が車の振動でぐらぐらと揺れないように、両肩をしっかりと通して股でとめるタイプです。幼児になると多少の手足の自由と、顔を動かせるほどの余裕がでてきます。そのためチャイルドシートは幼児の動きに対応しつつ、しっかりと固定できるような構造になっています。

顔の周りから足までをしっかりと固定している乳児用とは違い、肩から股にかけてを固定しているので手足の自由と顔の動きの自由が利きます。気になるものが多くなりたくさん動きたい幼児期には、とてもあっているおすすめの形状です。

学童用ジュニアシート

学童用のチャイルドシートは3歳以降から使える物です。乳児用チャイルドシートや幼児用チャイルドシートとは違い、大人がしているチャイルドシートとほぼ変わりません。両肩を通すわけではなく大人のように、片方の肩から腰を支えて抑えます。またシートの上にのせて、高さをあげるだけのものもあります。

大人用のシートベルトでは首にかかってしまい、きちんと押さえられなかったり子どもが苦しいでしょう。学童用のチャイルドシートは子どもを大人のシートベルトでも安心して付けられるように、椅子の高さを高くしてありより体を密着でき安心して使えます。

しかし乳児用のチャイルドシートや幼児用のチャイルドシートよりも、しっかりと固定することができません。なのであまり早くからの使用は、おすすめしません。なるべく長く乳幼児用のチャイルドシートを使用することを、おすすめします。

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートを選ぶ際には、確かめることがいくつかあります。ポイントを紹介します。

・何か月から何歳まで使えるか
・乗っている車に取り付けられるチャイルドシートかどうか
・安全基準をクリアしているか
・取り付ける際に便利かどうか

主にこの4つが決め手となります。チャイルドシートは6歳までは必ず使用しなければならないので、長い目で見て使えるものを選ぶことが大切です。そのため何か月から何歳まで載せられるかは、要チェックポイントです。新生児から幼児期まで乗せられるものだと、買い替えの必要がなくコスパも良いのでおすすめです。

次に大切なのは乗用車に着けられるかどうかです。物によってはつけられないものもあるので、確認しましょう。またチャイルドシートは使用頻度が多いので、子どもの乗せやすさも確認してください。安全基準をクリアしていないものは危険なので、クリアしているかは必ず見ましょう。

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位「コンビ ウィゴーサイドプロテクション」

ウィゴーサイドプロテクション
ウィゴーサイドプロテクション

¥ 32,400

口コミ

シートが程よい硬さでクッション性もあるため、初めて乗せた時から車内でもスヤスヤ寝てくれます。 ただ、固定するのにシートベルトを使用していることと回転しないタイプなことから、乗せ降ろしが少し面倒臭いです。 頻繁に車に乗せる方は回転タイプを購入した方が楽だと思います。

コンビのウィゴーサイドプロテクションは、新生児から18キログラムになるまで使うことができるチャイルドシートです。新生児期から18キログラムまで対応しているので、とても長い間使うことができてコスパが良くておすすめです。

新生児の赤ちゃんの体をしっかりと守るために、頭と腰にあたる部分にクッションがついていてぐらぐらと揺れてしまうこともありません。新生児期で縦にすると不安定で不安な場合には、チャイルドシートの角度も変えることができるため安心です。生地はメッシュ素材なので、通気性が抜群です。シートは洗えるので衛生面でもおすすめします。

新生児パッドを外せば大きくなった子どもも乗せることが可能で、買い替えの手間もありません。赤ちゃんの体を両肩から股に通して固定するので、チャイルドシートの中でも安全性の高い物なのでおすすめのチャイルドシートになります。

ランキング2位「アップリカ ディアターンプラス」

ディアターンプラス
ディアターンプラス

¥ 41,040

口コミ

しっかり固定できます。寝かせておけることも安心です。 取り外しもなれると簡単にできます。もう少し大きくなったら前すわりもできるようなので便利です。 今は寝かせて使っているので、後ろ座席半分使ってしまうので、少し窮屈です。

新生児から18キロになるまで長い間使うことが可能な、チャイルドシートです。他のチャイルドシートと違い、ベッド形になるので新生児の首すわりや腰の据わる前の赤ちゃんを乗せるのにおすすめです。大きくなったら座れるチャイルドシートにもなるので、月齢に合わせて使い分けられます。

赤ちゃんを固定するベルトも目視でどこを通っているかの確認が簡単で、初めてチャイルドシートを使う新米ママにもおすすめ。一回取り付けてしまえば前向きや後ろ向き、横向きに開店させて向きを変えられます。いちいち外す手間もなく便利です。

そしてチャイルドシートのクッションが赤ちゃんの肌に優しい生地で、柔らかいので長距離のお出かけの際にもおすすめできるチャイルドシートです。また大きさが他のチャイルドシートよりもコンパクトなので、場所をとらない良い物です。

ランキング1位「アップリカ クルリラ」

クルリラ
クルリラ
口コミ

たまたまJAFの安全性試験に関するパンフレットを見ていた際、チャイルドシートの中でこの商品が一番評価の高い三つ星だったことから購入を決めました。アップリカ内でコレより上位シリーズのものもありましたが、こちらで十分です!月齢の小さい時はこのくるくる回転できるチャイルドシートに何度も助けられました。

クルリラはシートに取り付ける方法が2通りに対応しているため、確実にシートに固定できて安心して子どもを乗せることができます。また1歳から4歳までの期間使えるので、長い目で見た時におすすめのチャイルドシートになります。

赤ちゃんの好みの体制に合わせてリクライニングができるので、新生児からのしようにもとてもおすすめです。頭から足先までを専用のクッションで包み込むので、赤ちゃんも安心して乗ることができます。またクッションは洗えるため、赤ちゃんの乗るものを衛生的に保てるのでとてもおすすめ。

またシートはとりつけてしまえば、くるくると回転させられるので乗り降りも楽です。赤ちゃんの好みの向きにもすぐに変えられるので、お出かけの際にもとても便利なチャイルドシートになります。チャイルドシートのクッションは赤ちゃんの成長に合わせて頭の位置が変えられるので、月齢に合わせて乗せるのに最適です。

特徴・用途別おすすめのチャイルドシート

新生児

アップリカ ディアターンプラス
アップリカ ディアターンプラス

¥ 41,040

口コミ

近く生まれる孫の 車移動にと 誕生祝いに プレゼントしました。   新生児モード(横置き)設定~幼児まで使えるので便利だと思います。

新生児にはアップリカのディアターンシリーズがおすすめです。首すわりも腰が据わるのもまだな新生児は、普通のチャイルドシートに寝かせてしまうとぐらぐらと不安定になってしまい危険です。また新生児はフラットな場所で寝るのが一番良い寝方になります。

ディアターンシリーズは、シートをリクライニングでフラットにできるチャイルドシートです。新生児に一番良い大勢を保つことができるチャイルドシートなので、赤ちゃんにとっても安心で居心地がよいでしょう。寝ていることが多く寝返りも打たない申請時には、一番おすすめのチャイルドシートになります。

首や腰が据わっていない新生児はチャイルドシートから降ろすのも一苦労。ディアターンならばチャイルドシート本体を回すことが可能で、乗り降りさせるのも簡単です。子育てが初めてのお母さんにとっても使いやすく、新生児に使うにはおすすめになります。

1歳から

レカロ スタートジェイワン
レカロ スタートジェイワン

¥ 24,516

口コミ

うちにはこれで2台目。安全性上はもちろん問題がありませんし、娘が座れるとすぐ寝てしまうことは感謝。

レカロのスタートジェイワンは、1歳から12歳までとチャイルドシートの中でも特に長く使えます。そのためコスパを考えて買い物をするのであれば、一番おすすめできる商品です。36キロまでの子どもが安心して乗れるので、ドライブの際に子どもを乗せていても安心してでかけられます。

体が小さなうちはヘッドサポートと、両肩ベルトで股を通して固定するので揺れる心配がありません。背もたれがしっかりしているので、座っていて疲れることもないです。ある程度大きくなるまでは、しっかりと固定できるような設計になっているので親は安心することができるでしょう。

取り付けもとても簡単なので、お母さんでも楽々です。面倒なシートの取り外しなども軽々できてしまうので、重宝します。何よりも子どもを固定するのが簡単なので、子育てに慣れてきた1歳児以降のお母さんにはおすすめです。

固定式

ジョイー チャイルドシート
ジョイー チャイルドシート

¥ 13,166

口コミ

価格が安いことに驚きました。最初に見たときは、 ベビー用ではなく、チャイルド用?と思ってしまいました。 到着して、子供が生まれてから約3ヶ月使用していますが。 全くなんの不都合もありません。 妻の車と私の車で、必要に応じて乗せ変えて使用しています。 慣れれば男性なら、ものの数分で交換できますからね。 とても良い買い物でした

新生児から使えるチャイルドシートで、チャイルドシート初心者の人でも簡単に取り付けのできる商品です。シートベルトに取り付けるだけの固定式ですが、安定した底がついているためシートにぴったりとくっつきます。安定感がばっちりで、チャイルドシート初心者におすすめできます。

チャイルドシートの後ろにシートベルトを通し、そのまま止めるだけなので取り付けもすぐに終わります。よく乗せ換えることがある場合には、手軽にできるのでとても向いているといえるでしょう。4歳までと長期で使えるので、コスパもかなり良くおすすめ。デザインもかわいいのでおしゃれなものが好きな人には、特におすすめできるチャイルドシートです。

新生児用のパッドもついていて新生児の首と腰をしっかりと、支えてくれて安心です。欧州の安全基準をクリアしているので、安価なものでも安心して使用することが可能です。

長距離

アップリカ フラディアグロウ
アップリカ フラディアグロウ
口コミ

横向きで固定されるチャイルドシートは他に無かったので、これを買いました。 ベビー用品はどこで買っても定価なのが嫌でしたが、Amazonさんはポイント10倍とのこと。 迷わずポチって正解でした。 ウチの車はスライドドアでもないし、小さい車なので乗せ降ろしが大変で、もたついてると泣かれて…なんて悪循環から解放されました。 横向きでチャイルドシートが固定されていれば、機嫌が良い瞬間にパッと乗せてサッと出発。

新生児の赤ちゃんでも長距離の移動をする必要がある場合には、アップリカのフラディアグロウがおすすめです。首すわりや腰が据わるのがまだな赤ちゃんをフラットに寝かせることができるチャイルドシートなので、普通のベッドのように安定した眠りにつくことが可能です。横向きのままなので、赤ちゃんもとても安心できます。

新生児のうちも大きくなってからもゆったりとした座り心地なので、窮屈に感じることはありません。赤ちゃんにとっては快適な空間を作り出してくれるチャイルドシートです。また生地は通気性の良い物を使用しているので、夏場に赤ちゃんが暑くなり起きてしまう心配もないでしょう。

柔らかいクッション生地なので、寝ていても座っていても疲れることが少なく長距離のむいています。長い時間のドライブの際にはもっていきたい、おすすめの商品です。

マット

IntiPal チャイルドシートマット
IntiPal チャイルドシートマット
口コミ

中古でe52のエルグランドの7人乗りを購入し、 2列目が革だったので傷防止と飲み食いの汚れ防止で何かないかと探してた時に この商品を見つけました。厚みと価格と前面のポケットで類似商品と比較して こちらにしましたが、結果は大満足です。 軽自動車とも週末に付け替えを行うんですがはずすのも簡単です。

チャイルドシートをただシートに取り付けるだけだと滑ってしまい、いざという時に危険の場合があります。したがプラスチック部品のことが多いので、車のシートの上にのせて抑えるだけでは不十分なことも考えられるでしょう。子どもの安全を一番似考えたら、チャイルドシートマットを使用するのが一番です。

このチャイルドシートマットは滑り止めが付いているので、チャイルドシートを上から取り付けても滑ることがなく安心して使用することができます。滑りやすいプラスチック部品をしっかりと抑えてくれるので、振動にも耐えることが可能です。また車のシート自体を傷つける心配もなくなり、車を大切に乗りたい人にもおすすめです。

チャイルドシートマットを取り付ければ、子どもがシートを汚す心配なく快適なカーライフになることは間違いないでしょう。

二代目

タカタ 04ビーンズ
タカタ 04ビーンズ

¥ 10,800

口コミ

息子夫婦が孫を連れて帰省するので購入しました。 毎日のように使用するなら、それなりのものを購入しますが、年に数回しかしか使用しないので、安くて評価の高いものとしてこれを選びました。 多くの方がレビューしている通り、安い割に品質が高く、軽くて取り付けも簡単です。エアバッグで問題になったメーカーですが、シート関係ではもともと信頼の高いメーカーですので大丈夫だと思います。

固定式シートベルトの中でも特におすすめなのが比較的安価で、取り付けのしやすさやがウリのタカタの04ビーンズ、固定式チャイルドシートになります。他のメーカーのチャイルドシートに比べて、とても軽いので女性にとってはとても使いやすく便利な物です。またコンパクトな設計なので、狭い車内においても十分にスペースがあまるでしょう。

重さが4キロと軽いので2代目のチャイルドシートとして、とても役に立ち使い勝手の良い商品です。軽くて安価なのにしっかりとした計上で、まるでベッドのような柔らかさがあり赤ちゃんにとっても安心して乗っていられるチャイルドシートです。新生児から乗るのにもおすすめできます。

新生児から4歳までと長く使えるのも魅力で、コスパも考えるとおすすめできるチャイルドシートになります。1代目ほどの機能はいらないけど、2つ目がほしいという場合にはとてもおすすめです。

二歳

コンビ ジョイトリップ
コンビ ジョイトリップ

¥ 18,900

口コミ

1歳になる子供のために購入しました。 素材も全く安っぽくなく、通気性もしっかりとしているので長時間のドライブになっても快適そうに過ごしています。 デザインもかっこよく、どんな車につけてもしっくりくると思います。

1歳から使えるコンビのジュニアシートです。11歳まで使えるタイプなのでコスパも良くコンビというブランドの安心性もあるので、購入の際にも迷うことはありません。また軽量なのでお母さんにとっても使いやすく、取り外しも簡単にできておすすめです。

小さなうちはハーネスタイプで固定することができるので、小さなお子様の安全を守ります。大きくなったらジュニアシートになり、用途別に使い分けることが可能です。通気性もよく汗っかきな赤ちゃんにとって、快適な空間を作り出してくれることは間違いないでしょう。赤ちゃんの体を守るために、ヘッドサポートもあるので揺れにも耐えられます。

ドリンクホルダーもついているので、小さなお子様の手の届く範囲に飲み物が置けてわざわざ渡す手間もなくなり楽になります。

nbox用

コンビ ネルーム
コンビ ネルーム

¥ 59,400

口コミ

チャイルドシートアセスメントで、乳児・幼児ともに前面衝突時「優」評価のものを選びました。取り付け簡単のわりに、がっしり固定されていて満足です。

nboxに対応しているチャイルドシートはたくさんありますが、軽自動車に向いているものはコンビのネルームが一番おすすめです。コンパクトなので車に乗せても邪魔にならないので、とても安心して車に乗せることが可能になります。

チャイルドシートを向けたい向きに簡単に変えることができるので、移動中に子どもが泣いてしまっても安心です。ボタン一つで向きを変えられて赤ちゃんが飽きることもありません。狭い空間でもリクライニングができるので、新生児から座れるようになってからでも赤ちゃんの好きな角度にすぐに変えられます。

通気性のよい生地を使っているので赤ちゃんにとっては快適で、チャイルドシートの中でもとくにおすすめ。汚れもこびりつきにくい生地なので、自分でうごけるようになった赤ちゃんにもおすすめできます。

退院時

コンビ EXcombi
コンビ EXcombi

¥ 35,640

口コミ

生まれてかすぐから一才ちょっとまで使いました。 小さいうちから高くて長く使えるものは大きめのうが子にとってはリスクがあったためこれはかなり重宝!使える期間は短いけど越すとパフォーマンスを考えるとかなり良い買い物でした! 車移動が多いので、寝てしまった子供を来れにのせたままリビングに連れていけるのも良かったです!

EX Combiはチャイルドシートの中で赤ちゃんが寝てしまった時に、乗せたまま移動ができるのが特徴のおすすめチャイルドシートです。眠ってしまったらシートを取り外し家の中に入れれば赤ちゃんのベッドに、移動の際にはベビーキャリーとなり赤ちゃんが寝ているのを起こしません。寝ていることが多い新生児にはおすすめです。

また移動の際などに赤ちゃんに強い振動が行き過ぎないように、パッドがついているので赤ちゃんにとってはとても居心地が良い状態が作れます。何よりも赤ちゃんの体に優しい柔らかいシートなので、移動の際にもストレスになりません。

もちろんチャイルドシートとしてもしっかりと機能するので、新生児や寝ている子どもにはおすすめです。赤ちゃんにとって心地よい揺れを作り安心して乗っていられるので、快適なドライブができるようになるでしょう。

おすすめのチャイルドシートのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめ1 アップリカ クルリラ

アップリカ クルリラ
アップリカ クルリラ
口コミ

両方行けて、良いシートです。 代車でも使用できました。 満足ですね。

国内メーカーのアップリカは誰から見ても安心して使える、とても機能性の良いおすすめできるチャイルドシートが多いです。アップリカは国内最大のベビー用品を取り揃えており、国内基準をしっかりとクリアしているのでおすすめです。日本で作られているので安心して使えるといった声がとても多いです。

アップリカの代表製品はクルリラです。クルリラは固定方法が2通りあるため、どの車にもつけられます。また2通りの付け方があるので、より安心して使うことがかのうでおすすめできます。車の中でチャイルドシートを回すことも可能なので、赤ちゃんが飽きてきたらむきを変えられて楽しむことができるでしょう。

また成長過程にあわせて使い方も変えられるので、長く使えて重宝します。赤ちゃんにとって快適な空間を作り出し、なおかつ安全性の高い商品でおすすめのチャイルドシートになります。

おすすめ2 Joie チャイルドシートアーク360

アーク360
アーク360

¥ 43,200

口コミ

退院の際に使いましたが、使い勝手としては良かった。 リクライニングが思ったより倒れず少し不安を感じたが 我が子は特に問題なさそう。

Joieはイギリスのメーカーで、国内で販売しているものは欧州の基準を満たしている商品です。国内メーカーではないですが子どもが使う物なので安心性、利便性、なによりも子どもにとって良い物かをしっかりと考えられているのでおすすめです。アジアでもとても人気のあるブランドなので、国内でも人気がありおすすめのブランドになります。

Joieのなかでおすすめのチャイルドシートはアーク360です。アーク360は名前にあるように360度回転するので、景色にあきてしまった赤ちゃんをすぐに回転させることが可能です。飽きさせないので両親も車に乗っていて安心できます。リクライニングもできるので、新生児から座れるようになるまで乗せられるおすすめのチャイルドシートです。

取付も固定式ではありませんが、しっかりと簡単に取り付けることができるので使う際にも安心です。子どもの安全を守ってくれることは間違いありません。

おすすめ3 コンビ クルムーヴ

コンビ クルムーヴ
コンビ クルムーヴ

¥ 64,800

口コミ

子どもの乗り降りをさせやすく、使いやすくて良かったです。 折りたたみ式のフード、始めは要らないかと思っていましたが、車の中でも日除けが必要な時に使えたので、有って良かったです。

コンビは社会全体で赤ちゃんを育てることを目標としている、ベビー休憩室などに行けば見ないことはないブランドです。建物の中にあるベビーベッドやおむつ交換代、赤ちゃん用のいすなどはコンビなことがほとんどでしょう。社会に貢献してくれている、お母さんと赤ちゃんに優しいブランドでおすすめです。

コンビのおすすめのチャイルドシートはクルムーヴです。新生児期から使えて、ベッドのようにフラットになるので赤ちゃんにとって快適な空間を作り出してくれます。成長に合わせて座るようにもなるので、長い期間使えてコスパも良いです。また赤ちゃんに優しい柔らかい素材でできているので、窮屈になることもありません。

またコンパクトな形状なので、車においても狭くなることもないです。軽自動車にもおすすめのチャイルドシートになります。

チャイルドシートの使い方・活用方法

チャイルドシートは赤ちゃんの車の中での、赤ちゃんの安全を守るための唯一の方法です。道路交通法で定められているほど、とても大切で赤ちゃんのことを守ってくれる大切なアイテムです。必ずつけるようにしてください。

チャイルドシートは車のシートに固定して使う物です。イスと背もたれの間にいれて固定するタイプと、シートベルトで固定するタイプの2種類あります。どちらのタイプでもしっかりと固定することができるので、車に合わせて決めましょう。あとは赤ちゃんをチャイルドシートに固定すれば使うことは可能です。

活用方法としては赤ちゃんを車の中で固定するとともに、赤ちゃんの寝貸付などに使うことも可能です。チャイルドシートのまま寝かすことができるものもあるので、赤ちゃんにとって快適なことは間違いないです。

おすすめのチャイルドシートは用途別にみてみよう

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

チャイルドシートは必ず使わなければならないもので、子どもができて車に乗る際には必要です。おすすめのチャイルドシートはたくさんありますが、用途によってはおすすめではなくなってしまうことも。用途別にしっかりと調べて合うものを見つけてください。

楽しいドライブを楽しむために、子どもの安全を守るために自分たちにあったおすすめのチャイルドシートを見つけてみましょう。

Related