Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月30日

ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベビーベッドの種類や選び方、それぞれのおすすめポイントを紹介しています。またベビーベッドを使用しなくなったら、どうすればいいのか。おすすめのリメイク法を紹介しています。今一番選ばれているベビーベッドはどれかを紹介しています。

ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ベビーベッドの種類と選び方のコツは?

ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ご懐妊おめでとうございます。初産婦の方も経産婦の方も、期待と不安でいっぱいではないでしょうか。何を準備すればいいの?これは必要?何があれば便利?どういうものが選ばれているんだろう?おすすめは?色々と悩むのではないでしょうか。

そんな疑問にお答えするために、今回はベビーベッドについて、選び方やおすすめなど詳しくお話していきます。高価なものですし、ベビーベッドは必要ないという意見もありますが、今は種類も豊富で機能性が高いものもあります。

自分たちに必要か、どういう機能が欲しいかを考えながらみ参考としておすすめもみてみてください。

ベビーベッドってどういう種類があるの?

ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

実際、ベビーベッドってどんな種類があるのでしょう。それぞれ利点と欠点があるので、住環境や子育て環境を考え、自分たちにあったベビーベッドを選びましょう。

一般的な大きさのベビーベッド

従来型のベビーベッドで大きさが120cm×70cmです。ベビー用のお布団のサイズもこの大きさに作られています。またシンプルにできているため、安価であったり、種類も豊富で家の雰囲気を選びません。

二人目の出産でこども布団は持っていたり、こども布団は知人からもらえるなどの方におすすめです。

コンパクトなベビーベッド

従来型のベビーベッドよりも小さく作られていて、90cm×60~65cmです。圧迫感がなくまた、パパやママのベットの横にも収まるサイズです。しかしコンパクトにできているため、使用期間が短いのが欠点です。

ベビーベットを置くほどのスペースがなかったり、家具が多いなどの住環境の方に、おすすめです。

ハイタイプのベビーベッド

赤ちゃんは、オムツ交換やお着換え、ふろ上がりのお世話など、寝かせたままのお世話が意外に多く、腰痛に悩まされるママもいます。このハイタイプのベビーベッドは床板の高さがママの腰の高さにきます。

ハイタイプのベッドはオムツ交換や着替えさせなどの際に、腰を曲げたり不自然な体位でしなくていいので、お世話が楽です。もともと腰痛もちのママやパパに、特におすすめです。

収納があるベビーベッド

ベッドの下に収納スペースがあり、赤ちゃんに使うものを収納することができます。赤ちゃんは、一日に何度もオムツ交換をしますし、着替えさせる頻度も多いです。下に収納があるとすぐにオムツ交換ができたり、着替えさせたりと便利です。

ベビーベッドをリビングに置きたい方には、別部屋へ着替えなどを取りに行かなくてすむので、おすすめです。

サークルとして使用できるベッド

ベビーベッドの使用期間は、生後8か月前後です。しかしサークルベットは、ベビーベッドを使わなくなった後に床板をはずし、サークルとして使用することができます。

8か月ごろからハイハイが始まり、いろんなことに興味を示すため危険が増え、目が離せなくなります。サークルがあればママが家事をやっている間も、安全に赤ちゃんを遊ばせておくことができます。

サークルを別に買う予定がない、現在サークルをもっていない方におすすめです。またなかなか家事育児の世話を手伝ってくれる人がいない方におすすめです。

折りたためるベビーベッド

これは簡易的なベビーベッドで、主に使うベビーベッドとは別に日中に昼寝をさせたり、ママがそばを離れる時に寝かせて置けるベットです。軽量で移動させるのが楽なので、広い家にはおすすめです。

また外泊先にも持っていける折りたたみ式のベッドもあります。両親の家に泊まりに行ったり、外泊が多い方にはおすすめです。

他にも一人目の子が使わなくなってから、二人目の子が生まれるまで、収納に場所を取らないところもおすすめです。

添い寝ができるベビーベッド

生後5か月くらいまでは、夜間の授乳や頻回にオムツ交換もしなくてはいけなく、ベビーベッドへの移動も大変です。また暗い中でお世話することもあり、つまずいたりと危険もあります。

でも添い寝用のベビーベッドは、ママのベッドに段差なくぴったりとくっつけることができ、暗い中でもお世話がしやすいです。ベビーベッドは寝室に置く方や、寝室が夫婦ベッドの方におすすめです。

自分たちにあったベビーベッドの選び方は?

まず安全なものを選ぶためにも、PSマークやSGマークがついているものを選びましょう。ネットショップや店頭、パンフレットにも表示されているので、しっかり確認しましょう。

最近はネットショップで自宅まで配送してもらえます。おすすめ商品や口コミで大まかにはわかりますが、実際に使用する部屋に置いてみると、思った以上に圧迫感があったり、起きたい場所に置けない場合もあります。実際に店頭で売られているのを見てから検討するこをおすすめします。

そして素材や色、形も長方形から楕円形などの種類があります。一時しか使用しませんが、機能を重視するのか、はたまた色や形などの自分好みのベッドを選ぶのか、部屋の雰囲気などもみながら夫婦で話し合うことをおすすめします。

またお孫さんにプレゼントとして購入する場合は、子供夫婦にどういうベッドがいいかを確認をしておくといいでしょう。

ベビーベッドのおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位

カトージ ミニタチベッド
カトージ ミニタチベッド
口コミ

部屋が狭く、ベビーベッドの購入には迷いましたが、ベットに横付けできるようにまた値段もお手頃だったので、ミニのハイタイプを購入しました。

ベビーベットで人気のカトージは、お手頃なお値段とキュートな色や形で、支持が強いです。なかでもこのミニサイズのハイタイプベッドは、高さを三段階に調節でき、喜ばれています。組み立ても工具は必要がなく、比較的簡単に組み立てられます。

コンパクトなベッドをお探しで、お手頃な値段をお求めの方におすすめです。

ランキング2位

カトージ タチベッド
カトージ タチベッド

¥ 26,784

口コミ

ミニタイプと迷いましたが、のちのちサークルとしても使用できるのでこちらを購入しました。

こちらはカトージのタチベッドの一般的な大きさのベッドです。ミニと同じでに高さを上56cm、中40cm、下24cmで使う環境に合わせて三段階に調節できるところが、おすすめです。大きいのでサークルとしても使用でき、長い期間使用できるところが、支持されています。

標準的なベッドをお探しで、機能も重視したい方におすすめです。

ランキング1位

カトージ ベビーサークル
カトージ ベビーサークル

¥ 10,584

口コミ

二人目出産を機に購入。上の子が走り回るので、その対策のためにです。助かってます。

二人目出産時に購入する人が多く、昼間に上の子が動き回るため、その対策に購入したり、昼寝用に二台目として購入したり、月齢が上がっても、サークルとして使ったりと、ベットという要素よりもサークルを重視する方におすすめです。

特徴や用途別のおすすめは?

添い寝したい方へのおすすめ

大和屋 そいねーる
大和屋 そいねーる

¥ 21,600

口コミ

我が家は6か月まで大活躍でした。 大人のベットへつなげて使えたので、赤ちゃんの顔がすぐに見えてよかったです。

添い寝用に作られたベビーベット、いろんな高さの大人用ベットに合わせられるように、9段階に底板の高さを変えられます。ママの寝息を感じながら、子供の成長を促してくれると言われています。

しかし、ママの布団が顔におおいかぶさって窒息したり、知らない間に寝返りをしてしまってうつぶせで苦しんでたり、そんな事故もあります。

でもこのベッドなら、ママやパパのベッドに段差なくジョイントでき、安心してママのそばで添い寝のように寝ることができます。寝室はベッド派という方には特におすすめです。

機能重視の方におすすめ

キンタロー4way スヌーピー
キンタロー4way スヌーピー

このベビーベッドのおすすめは長い間使える、4way機能だということです。普通はベビーベッドとして、ベットを使用しなくなったらサークルとして、幼児になったらお絵描きデスクとして、本やおもちゃを置くラックとして、長い間一緒に成長していけるベビーベットです。

一時的に使用していたベビーベッドも、子供たちが幼児に成長してくると、家の片隅で用をなくしてしまうという場合が多いです。人にあげたり、ゴミになったり。
普段より物持ちがよく、一つのものをなく使う方には用がなくなってしまっていくベッドがさみしく感じるのでないでしょうか。

そんな方には、お値段はやや高めですが、長く使えるこの品はおすすめです。

とにかく安いベビーベッドをお探しの方

ヤトミ happynes ミニベビーベッド
ヤトミ happynes ミニベビーベッド

なかなか1万円で買えるベビーベッドはありません。でも安いだけじゃなく、しっかりとしたつくりと、下にはきちんと収納がついているので使い勝手も良い。この会社は中国の製造工場としっかりとしたパイプがあり、安全なものを安く仕入れることができるためこの安さを実現しています。

一時的に数か月使えればいい、最後の出産だから長く使わない、という安いベビーベットをお探しの方におすすめです。

二人目出産で購入予定の方

ネビオ スリープ プレミアム
ネビオ スリープ プレミアム

¥ 14,800

口コミ

思ったより頑丈にできていて、上の3歳に娘が乗ってもびくともしませんでした。おむつや着替えなどを入れておく収納も充実していて、満足です。

一人目はベビーベッドは買わず、ママやパパの布団にジョイントさせたり、和室に子供用布団を敷いて寝せてた方も多いです。でも実際に二人目が産まれると上の子が騒いだり、興味津々で下の子にちょっかいを出してしまって、気が気でなく安心して昼寝をさせれないという声も多く聞きます。

そんな時には、昼寝用のベビーベッドはいかがでしょうか?昼寝専用のベットならば、リビングなどで上の子を遊ばせながら、下の子を見ることができますし、家族一緒に過ごせる時間も増えます。

また、このベッドはおむつ替えテーブルから、おむつなどの収納が手を伸ばせば届く場所にあり、これならパパでも手こずることなく赤ちゃんのお世話をすることができます。
とにかく機能重視、子育てしやすさ重視の方におすすめです。

やっぱり日本製がいいという方

ヤマサキ ツーオープン ベッド b-Side
ヤマサキ ツーオープン ベッド b-Side
口コミ

材質も仕様も良く、自分たちのベッドに隣接しておいているので、娘の移動も便利で重宝しています。安全性も考えると、値段相応です。

ヤマサキのベッドは、昭和29年の創業以来純国産にこだわり、製造工程の全てを、岡山の自社工場で作っているという信念があります。このベッドは「何よりも大切な赤ちゃんには安心した場所で過ごしてほしいという」という会社側の思いが詰まっているベッドです。

お値段は5万程で、他社のベビーベッドと比べれば倍近い値段ですが、お金には代えがたい良品です。日本製だからできる細部までのこだわりは、なかなか他では感じることはありません。また素材にもこだわっていて、木の質感はとても心地よいものとなってます。

とくにこちらのベッドは、ツーオープンとなっており、ママの普段のお世話がしやすいつくりとなってます。また高さも調節できるのもうれしい機能です。とにかく赤ちゃんには国産のものを使いたい、というこだわりママにはおすすめのベビーベッドです。

お世話がしやすいハイタイプをお探しの方

ヤマサキ ハイタイプ ツーオープン
ヤマサキ ハイタイプ ツーオープン
口コミ

ベッドの高さが高いので、オムツ交換や抱き上げ時の腰の負担が減りました。

腰痛持ちの方で、お世話をベビーベッドでしたいという方は、高さ重視をおすすめします。一般的なベビーベッドだと不自然な体位でお世話をしなくてはいけなく、腰痛を悪化させることになりかねません。

では床板の高さはどのくらいが一番お世話がしやすいのか。だいたい自分の骨盤の高さが一番お世話がしやすい高さと言えます。

これは人間工学的にも一番お世話がしやすいと言われていて、赤ちゃんを寝かせたときにも腰に負担なくお世話ができ、また不必要な力を入れることなくお世話ができます。

でも実際にピッタリと自分の高さに合うベッドを探すのは難しいので、何段階かに調節できるベッドを探すといいでしょう。こちらのベッドは二段階で約70cmと45cmに調節できます。また三段階に調節できるベッドもあるので、自分に合った高さを探してみるといいでしょう。

折りたためるベビーベッド

スリーピー ワンタッチハイベッド パル
スリーピー ワンタッチハイベッド パル
口コミ

底板をたたむことで、中央で半分に折りたためます。折りたたむことで幅15cmほどになり、収納場所を必要としません。キャスターが使えるので簡単に運べます。

こちらは石崎家具(スリーピー)のベビーベッドで、ワンタッチで折りたためるのでママでも楽らくです。またキャスターも軽いので、女性でも収納、組み立てができます。

このワンタッチベット、今では他社でもメジャーになりつつありますが、最初に開発したのはスリーピーです。

そのため、丁寧な設計でママがお世話をしやすいように、また安全を重視して設計されていて、安心して使用できるベビーベッドです。また、二段式なのでベビーベッドが必要なくなれば、サークルとして使用できるのもうれしいです。

自宅の収納スペースがあまりとれない方には、特におすすめです。

大きさ別おすすめのベビーベッド

大きさで失敗したくないという方も多いのではないでしょうか。大きさ別でおすすめのベビーベッドを見ていきましょう。

標準型

IKEA スンドビィーク
IKEA スンドビィーク

126cm×66cm×88cmで、標準的な大きさのベッドとなっております。ベッドの高さは二段階に調節することができ、お子さんが大きくなった時に片側の柵を外すと、上り下りすることができます。

また同じIKEAで、スニーグラルというお値段ももっとお値打ちでかつシンプルな標準型のベビーベッドがあります。スンドビークより長さが2cm短いですが、しっかりとしたつくりで二段階の調節もあります。ただスンドビークのように片側を取り外しができません。

お値段もお手頃ですが、しかししっかりとしたつくりで、シンプルなベビーベッドをお求めの型には、おすすめのベビーベッドです。

小型

ファルスカ ミニジョイントベッド
ファルスカ ミニジョイントベッド

¥ 20,304

口コミ

ミニベッドなので場所も取らないし、キャスター付きなので移動も楽です。 組み立ても差し込むだけで簡単でした。

こちらはファルスカの、添い寝もできるベビーベッドです。またキッズベンチにもなり、多様な使い方ができます。また外寸の高さが70cmと低めに設計されているので、狭い部屋でも圧迫感がありません。

そして意外に多いのが、昼間に赤ちゃんと二人で過ごしているとき、抱っこで寝かせてしまったけど、ベビーベッドの柵を下ろしてなくて、ベッドへ移動させるのに一苦労したとか、結局起きてしまったというがっかり話。

でもこのベッドなら柵を低めに設定されているので、柵を下ろすことなく寝かせることも可能です。また組み立ても簡単という意見も多数あり、小型のベビーベッドをお探しの方には、おすすめの商品です。

おすすめのベビーベッドメーカー

カトージ

カトージ チャーミー ベビーベッド
カトージ チャーミー ベビーベッド

¥ 15,984

こちらの会社は、ベビーベッドだけでなく、ベビーチェア、ベビーカー、バウンサーなど育児用品を扱っています。企業コンセプトとして「ママが楽しいベビーグッズを」かかげており、それはカトージが世に送り出す多くの商品を通してママに子育てを楽しんでほしいからです。

カトージの一番の売れ筋商品が、標準型のチャーミーです。オーソドックスに作られていて、どんな部屋にもマッチするように作られています。たくさんの機能があるわけではありませんが、値段相応の商品です。

標準型のベビーベッドが欲しい方に、おすすめのベビーベッドです。

大和屋

リリワゴン
リリワゴン
口コミ

新生児からハイハイの機関と上手に付き合える良い商品

大和屋は愛知県安城市にある会社で、主にベビーやキッズのインテリア商品を販売しています。暮らしを楽しくする商品を信条をもとにつくっています。

なかでもリリワゴンは、病院のクーファンみたいな形で、家の中を気軽に移動でき、いつもそばで見守ることができます。下におむつなどを収納しておくこともできますし、上のベッド部分を取り外せばゆりかごとして使用することもできます。

またベビーベッドを卒業すれば、おもちゃ箱や、ラックとしても使用でき、長い間使える商品です。

いつも赤ちゃんの顔をみたい、ティータイムにくつろいでいる間もベッドを手が届く場所へ置いておきたい、そんな方におすすめです。

BOORI

BOORIジャパン アリス
BOORIジャパン アリス

¥ 74,520

ドラマで使用されたり、テレビで紹介されて、ママたちの中でも人気のベビーベッドです。ベビーベッドとはいえ、六歳までベッドとして使用することができるところが、重宝されています。

BOORIはオーストラリア発祥のベビーベットで、何といってもこのデザイン性の高さにおしゃれなママの間では人気のベビーベッドなんです。

お値段は少しお高めですが、6歳まで使えることを考えたら、良品です。マットレスの厚みもあるので、子供がぐっすり眠れたり、質感も良く作られています。

デザイン性にこだわりたい方にはおすすめのベビーベッドです。

使わなくなったベビーベッドの活用術

色々おすすめを見てきましたが、実際ベビー用品は使用期間が短く、数か月で使わなくなったなんてものも多いです。中でもベビーベッドは買う派、買わない派、レンタル派と別れます。

でも意外にベビーベッドは、その後もアイデアによっては活用できるんです。ベビーベッドに使われる木は、意外と頑丈にできているため、リメイクをして使用する人もたくさんいます。

おすすめとしては、ベビーベッドの方柵を外し、子供用デスクにリメイクします。そんなに難しくはなく、底板に黒板塗料を塗ればお絵描きもできて、子供も大喜びするのではないでしょうか?子供部屋にこだわりたい人にはおすすめです。

ママの育児が楽しいものになるように

ベビーベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

一昔前ベビのーベッドは、赤ちゃんを寝かせる場所。それだけの役割でしたが、昨今は核家族化や少子化がすすみ、また高齢出産も増え、なかなか親の手を借りることができず、夫婦で子育てを乗り切る人や、共働き世帯のパパの積極的な子育ての参加などもあり、育児グッズが本当に便利になってきています。

今回は一部のおすすめベビーベッドを紹介しましたが、まだまだおすすめしたいベビーベッドはたくさんあります。

しかし、まわりがおすすめする商品だからといって、あなたにあったベビーベッドとも限らず、やっぱり夫婦や家族で話し合って、どういうものを求めているかというのを明確しておくことが、満足いく商品に出会えるポイントです。

育児は楽しくてでも大変な部分もあり、そんな大変な部分が減って楽しい部分が増えるように、ベビーベッドを選んでみるといいでしょう。

Related