Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月09日

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

車での外出が多い方に新生児期から必要なチャイルドシートはデザインや機能面からた豊富な商品があります。どのような商品がおすすめなのかわからず、迷っている方も多いでしょう。この記事では、新生児期から使えるおすすめのチャイルドシートを紹介しています。

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

新生児用チャイルドシートの種類と選び方とは?

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

新生児用のチャイルドシートの種類とは?

新生児用のチャイルドシートには、使用期間やデザイン、構造、値段などで幅広く種類があります。新生児から1歳頃まで使えるもの、4歳頃までのもの、7歳頃まで使用できるものと、使用期間にも幅があります。

デザインはそのメーカーによっても違いますので、車のシートに合わせたいという方もたくさんの種類の中から選ぶことができます。クッション性やヘッドサポート、椅子が回転するかどうかなど、万が一の衝撃や乗せ降ろしの楽さなどの違いもあります。

新生児用チャイルドシートの選び方とは?

まずは、取り付ける車の車種を確認し、欲しいチャイルドシートが取り付け可能かどうかを確かめましょう。また、チャイルドシートによっては大きめのものもありますので、軽自動車に取り付けたら車内が狭くなってしまったということがないようにサイズの確認も必要です。

次は赤ちゃんとどのように生活するのかを考えてみると良いでしょう。外出が多い方やチャイルドシートの乗せ換えが多い方は、コンパクトなタイプや持ち運びできるものがおすすめです。

車で移動するのが多い方は、乗り降りが楽なものや衝撃吸収などの安全性が高いものやその時期の子どもに合った姿勢を作ることができるものがおすすめです。

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめの新生児用チャイルドシートをAmazonの売れ筋ランキングから、TOP3をご紹介します。

第3位 コンビ Combi チャイルドシート コッコロ S

コンビ Combi チャイルドシート コッコロ S
コンビ Combi チャイルドシート コッコロ S

¥ 30,240

口コミ

軽くてもしっかり装着できます。色も薄いので暑くなった車の中でも直ぐに熱が冷めるので安心です。

こちらは「セサミ」「ヘーゼルナッツ」「ビスケット」と3種類のカラーバリエーションがあります。サイズは幅420mm×奥行615mm×高さ550mmで、本体重量は4.4kgと軽量なので取り付けがしやすく、お母さんが取り付けることが多い場合などにおすすめです。

コンパクトな設計で、車内を広く使うことができるため、軽自動車・コンパクトカーの方にもおすすめです。座面の高さが9.6cmと低重心なので、乗せたり下ろしたりが楽にできます。

背面は万一の衝突時に背中全体で衝撃を分散できるようなシート角度になっており、自然に安定した姿勢がとれるようなインナークッションが採用されています。シートカバーが洗濯できるため、清潔に使用することができます。

ヘッドサポートの追加や衝撃吸収用のクッションが入っているため、頭部を守る設計もされています。新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートです。

第2位 Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト

Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ミッドナイトブラック 38218
Joie ジョイー チャイルドシート 04 チルト ミッドナイトブラック 38218

¥ 13,166

口コミ

家族で出かけるにあたり自分の通勤車両にも取り付けて合った方が良いということで購入 生後1ヶ月でも安心して乗っているし 十分役割を果たしています

こちらは、黒一色のものと、「ブラック」「ブラウン」「レッド」の生地に模様が入っている4色のカラーバリエーションがあります。本体のサイズは、幅430mm×奥行500mm×高さ620mmです。重量は約6kgです。

後ろ向きの取り付けと前向きの取り付けができるようになっており、新生児のときは後ろ向き、1歳頃から4歳頃までは前向きの取り付けができます。4歳頃まで同じチャイルドシートを使いたい方におすすめです。

コンパクトな設計なので、軽自動車やコンパクトカーを使用する方にもおすすめです。

第1位 タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け)

タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け)
タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け)

¥ 10,800

口コミ

十分なつくりでいい商品です。 軽量で持ち運びが楽です。 安全基準適合品です。

こちらは、ピンク、ブルー、ブラック&オレンジなど、6種類のカラーバリエーションがある商品です。サイズは、幅450mm×奥行530mm×高さ615mmで、重量は4.3kgのチャイルドシートです。

軽量・コンパクトで持ち運びも便利なため、セカンドチャイルドシートとしてもおすすめです。新生児用の布団に使われているファイバーモールドクッションが採用されているので、家で寝ているような感覚で使用することができる新生児用のチャイルドシートです。

サイドガードが充実しているので、万一の側面衝突から包み込むように守ってくれます。シートベルトが通しやすい構造で、取り付けが楽です。バックルが軽量で、新生児のお腹を圧迫しにくくなっています。軽い力で押しやすいため、お母さんやおじいちゃんおばあちゃんが使うのにもおすすめです。

特徴・用途別の新生児用チャイルドシートのおすすめとは?

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

安い新生児用チャイルドシートのおすすめとは?

赤ちゃんが生まれると、チャイルドシートの他にもベビーカーやベッド、服、小物などを揃える必要があり、どうしてもお金がかかってきます。少しでも安く購入したいというのが親の本音でしょう。

安く買うポイントの1つは、通販を利用するのがおすすめです。通販では、同じ商品でも実際のお店より値引きされていることがあります。直接見たり触ったりして確かめたいという方は、実際に店に行ってチャイルドシートを見て、同じ商品が通販サイトでより安くなっているかをチェックするのがおすすめです。

お手頃な値段のチャイルドシート 「Joie チルト カトージ Katoji」

Joie チルト カトージ Katoji
Joie チルト カトージ Katoji

¥ 13,166

口コミ

安い割にはとても機能的で良い。 説明書もわかりやすい。 しっかりと安定して取り付けられた。 とっても可愛い!

こちらは、約13000円ですが、通販サイトだと1万円を切って購入できる新生児から使えるチャイルドシートです。前向き、後ろ向きの両方の取り付けが可能で、リクライニングの調整機能もついています。

新生児用のソフトパッドもついており、大きくなったら外して使用し、4歳頃まで使うことができます。チャイルドシートをより安く手に入れたいという方におすすめです。

新生児用チャイルドシートのISOFIXのおすすめとは?

チャイルドシートで、ISOFIX対応というものがあります。これは、2012年7月以降の車で、ISOFIX対応車に使うことができるもので、取り付けが簡単なチャイルドシートです。

従来のように、シートベルトを穴に通すのではなく、チャイルドシートのコネクターを車のシートの金具(バー)に差し込むだけでチャイルドシートの取り付けができます。金具同士で固定できるため、シートベルトの緩みなどの心配がありません。

取り付けが簡単なので、ISOFIX対応車を使用している方にはおすすめのチャイルドシートです。

ISOFIX対応 「コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX 」

コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX ブラウンネイビー
コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX ブラウンネイビー

¥ 39,800

口コミ

アクアに装着。 簡単装着出来ました。 娘も乗り心地良さそう。 アイソフィクス対応のものはどれもかなり高いですが、こちらは比較的お安く手に入ってよかったです。

こちらは、ISOFIX対応の新生児から使えるチャイルドシートです。シートは360°回転式なので、乗せ降ろしが楽です。前向き・後ろ向きどちらでも3段階のリクライニングが可能なので、新生児期にはよく寝ている子にもおすすめです。

サイドシートが高く設計されているため、側面からの衝撃も吸収してくれます。シートは洗えるようになっているため、食べこぼしやよだれなどで汚れても清潔に使用することができます。

大きくなっても使える新生児用チャイルドシートのおすすめとは?

新生児用のチャイルドシートを購入しても、子どもはすぐに大きくなって買い換えなければならなくなります。チャイルドシートは決して安いものではないので、新生児用に買ったもので、長く使えると成長とともに買い換えなくて済みます。

新生児用のチャイルドシートはだいたいが0歳~4歳頃までとなっているものが多いですが、中には7歳頃まで使えるチャイルドシートもあります。お子さんを一人とお考えの方や長く使っていたいという方におすすめです。

7歳まで使える 「ジョイー Joie チャイルドシート バリアント」

ジョイー Joie チャイルドシート バリアント
ジョイー Joie チャイルドシート バリアント

¥ 21,384

口コミ

新生児からかなりな年齢までjカバーしてあるので買い換えが必要ない。

こちらは、新生児期から7歳頃まで使用できるチャイルドシートです。ベビーモード、チャイルドモード、ジュニアモードと、お子さんの成長に合わせて長く使用したい方におすすめです。

段階が選べる設計ですが、軽くて安全性も十分です。面倒な肩ベルトの調整も段階調整で簡単に使うことができます。

値段も手頃で大きくなっても使えるので、たまにしか使わないおじいちゃんおばあちゃんの車用に購入しておくのもおすすめです。

持ち運びができる新生児用チャイルドシートのおすすめとは?

新生児はよく眠り、寝ている時間が親が休憩できる時間と捉える方もいるでしょう。車の乗り降りで起こしてしまっては、赤ちゃんの成長の時間など貴重な時間がとられれてしまいます。持ち運びができるチャイルドシートは、寝かせたまま移動したい方におすすめです。

「マキシコシ MAXI-COSI ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート」

マキシコシ MAXI-COSI 【日本正規品保証付】 ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート
マキシコシ MAXI-COSI 【日本正規品保証付】 ペブル Pebble トラベルシステム ISOFIX対応 チャイルドシート

¥ 24,800

口コミ

別売りのISOFIX対応のものと合わせて使うと車の乗せ降ろしが本当に一瞬で済みますし、出先でもそのまま子供を寝かせておけます。

こちらは、オランダの「マキシコシ」というメーカーの新生児用チャイルドシートです。ISOFIX対応なので、取り外しが楽で、寝かせたまま移動できる「ベビートラベルシステム」です。

新生児期から1歳頃までと使用できる期間は短いのですが、その分コンパクトで持ち運びしたり車内を広々と使いたい場合におすすめです。出先での乗り降りが楽な他に、車同士の乗せ換えも楽にできます。

対応するベビーカーともドッキング可能なので、買い物などに行く際に車とベビーカーの使用頻度が多い方におすすめです。

そのまま持ち運びができ、赤ちゃんを安全に寝かせておくことができますので、ずっと抱っこしている必要がなく布団を用意する必要もないので外食や友人宅に出かけるのが多い方にはおすすめです。

新生児用チャイルドシートのメーカーとそのおすすめ商品とは?

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

エッグショックで知られるCombi(コンビ)

チャイルドシートはもちろん、ベビーカーや玩具、食具など、新生児から使えるベビー用品の大手はCombi(コンビ)です。日本の会社で、育児をする上での便利グッズや赤ちゃんに安心なグッズまで、幅広く取り扱っています。

そのコンビからでている「エッグショック」は、チャイルドシートやベビーカーに採用されています。新生児期の赤ちゃんの頭は非常に繊細で、振動がストレスとなってしまいます。3mから卵を落としても割れないという驚きの衝撃吸収力があります。

運転中は気をつけていても、縁石に上がるときや曲がるときなどに振動が生じてしまいます。そのような振動によるストレスを少しでも解消してあげたいという方にはおすすめです。

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG
コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー エッグショック LG
口コミ

孫のために購入。つけやすく、軽いので楽でした。小さく生まれた孫には横幅が余るのでタオルなどで調節しています。

こちらは、頭部と座部にエッグショックのクッションが入っている新生児から使えるチャイルドシートです。新生児でも身体にフィットするように、インナークッションが充実していますので、クッション性を重視したい方におすすめです。シートは洗えるので、清潔を保つことができます。

低重心の設計となっているため、乗せ降ろしが楽です。前向き、後ろ向き両方で使うことができ、新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートです。

自動車部品を製造している大手メーカー TAKATA(タカタ)

タカタはチャイルドシートだけでなく、エアバックやシートベルトなどの車の安全部品を製造する会社です。チャイルドシートを作る際は、作業員が1つ1つ目で確認しており、安全性・信頼性が高いメーカーです。

確かな安全性のチャイルドシートを購入したい方にはおすすめのメーカーです。

タカタ チャイルドガード1.0 回転型ISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシート

タカタ チャイルドガード1.0 回転型ISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシート
タカタ チャイルドガード1.0 回転型ISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシート

¥ 86,400

口コミ

手で触れただけで重厚感から感じられる作りの良さと手放せなくなるほどの自然な使いやすさが魅力の高品質高機能タイプのチャイルドシートです。

こちらは、新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートです。カラーバリエーションは5色です。作りがしっかりしている分、重さがあるので、持ち運びや乗せ換えが少ない方におすすめです。

シートは360°回転式で、狭い駐車場などでも赤ちゃんの乗り降りがスムーズになります。回転するときのロック音などは最小限に抑えられているので、乗り降りの際に赤ちゃんを起こしたくない方にもおすすめです。

ダブルAIRPADが採用されているので、いつもは快適で万が一の衝突があった場合は赤ちゃんを守ってくれます。大型のサンシェードもついているので、窓からの紫外線からも守ってくれます。

低重心設計なので、車の揺れに強い構造となっています。

ベビーカーやチャイルドシートを取り扱う Aprica(アップリカ)

主にベビーカーを取り扱っている日本の会社です。ベビーカーの他に、チャイルドシートや抱っこひもの取り扱いもあります。

アップリカの代表商品は、回転型のチャイルドシートで、シートがベッドタイプになるタイプです。新生児期は寝たままの姿勢が理想的ですので、退院時からすぐに使いたい方におすすめです。

ベッドシートタイプだけでなく、回転する椅子型のチャイルドシートやトラベルシステムが採用されている新生児期用のチャイルドシート、ジュニアシートまで幅広く発売しています。

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス バウンシングブラックBK ベッド&イス型3ステップタイプ
Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス バウンシングブラックBK ベッド&イス型3ステップタイプ

¥ 29,700

口コミ

頭の部分が守られている感じがして安心です。子供もすやすやと寝てくれています。

こちらは、回転式のチャイルドシートで、ベッドタイプとしても椅子タイプとしても使用することができます。新生児期はフルリクライニングで使うことができますので、理想の寝たままの姿勢で使用したい方におすすめです。

頭から足先まで、やわらかクッションが採用されており、座り心地はもちろん、通気性も良く、熱がこもりにくい設計となっています。

新生児期はベッド型、首すわりから1歳頃まではベッド型もしくは後ろ向きの椅子型、それ以降は前向きの椅子型で使用することができ、成長段階に合わせた理想的なチャイルドシートがほしい方におすすめです。

外国製のチャイルドシートとは?

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

日本のメーカーから発売されているチャイルドシートを多く紹介してきましたが、外国製のチャイルドシートにはどのような特徴があるのでしょうか。

海外のセレブなどが使用しているベビーグッズやチャイルドシートが話題になっており、外国製のチャイルドシートも人気が高まってきています。安全性の基準の点から、日本で主流なのはヨーロッパ製のものが多いです。

Britax ROMER「britax 回転式チャイルドシート デュアルフィックス 」

britax 回転式チャイルドシート デュアルフィックス ブラックマーブル 新生児~4歳頃
britax 回転式チャイルドシート デュアルフィックス ブラックマーブル 新生児~4歳頃

¥ 68,040

口コミ

日本のメーカーの物と比べて座面が低くなっているので、子供の乗せ降ろしが楽だと思います。 また、回転させるためのボタンが車の進行方向の前側の土台にあるため、回転もしやすいです。

Britax ROMER(ブリタックス・レーマー)は、ブリタックスというイギリスの「ブリタックス」と、ドイツのチャイルドシートメーカーの「レーマー」が合併してできたメーカーです。

ウィリアム王子とキャサリン妃のお子さんが使用していたチャイルドシートメーカーということで注目を集めました。

こちらの商品は、新生児から4歳頃まで使用でき、ISOFIX対応です。万が一の衝突時に、子どもの頭の移動距離を最小限に現象させるシステムが採用されています。前方への衝撃時に肩や胸にかかる力を分散させる工夫もされています。

RECARO(レカロ) 「レカロ スタート ゼロセブン」

レカロ スタート ゼロセブン
レカロ スタート ゼロセブン

¥ 41,040

口コミ

しっかり固定で赤ちゃんも安心して乗れます。 買って後悔はしていません。 長く使えるようですし、オススメします。

RECAROはドイツのメーカーで、自動車や飛行機、鉄道などの関連部品を製造しています。車の交換用シートが有名で、車が好きな方は知っている方もいるでしょう。デザインが良く、車好きの方におすすめなチャイルドシートメーカーです。

こちらの商品は、新生児から7歳程度までのお子さんが使用することができます。頭部の大型サイドプロテクションがレカロの独自設計で、側面からの衝撃に強い構造となっています。オレンジ、ブラックの2色があります。

5点式ハーネスもレカロの特徴で、新生児の体型からジュニアの体型までしっかりサポートしてくれます。ヘッドレストは13段階の調整が可能です。

7歳頃まで長く使いたい方で、デザイン性を重視する方にはおすすめです。

オランダのマキシコシ 「ペブルプラス PebblePlus 」

マキシコシ MAXI-COSI ペブルプラス PebblePlus
マキシコシ MAXI-COSI ペブルプラス PebblePlus

¥ 37,800

口コミ

マキシコシのベビーシートのハイエンドモデルらしく質感、使用感はグッド。ペブルプラスと前モデルのペブルとの違いが解りにくいです。

マキシコシはオランダのチャイルドシートメーカーです。子ども用の家具やベビー用品なども取り扱っています。新生児から使えるチャイルドシートとしては、チャイルドシートをそのまま運びできたり、ベビーカーにドッキングできる商品が代表的です。

こちらの商品は23色とカラーバリエーションが豊富で、デザインも重視したい方におすすめです。使用時期は新生児から1歳頃までと、他の商品に比べて短いですですが、ベビーキャリーやバウンサー、ベビーカーとしても使えるので、外出が多い方にはおすすめです。

新生児に特化した商品なので、新生児の骨格形成に適した設計になっており、衝撃吸収素材も使われているので、安全性も十分です。

新生児用チャイルドシートの活用方法とは?

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

チャイルドシートはレンタルができる

どのようなチャイルドシートがおすすめかをご紹介してきましたが、種類がたくさんあって迷う方も多いでしょう。自家用車はないけれど、たまにレンタカーを借りて外出する方もいるでしょう。そのようなチャイルドシートのレンタルがおすすめです。

新生児を迎えるにあたって、実際に車に乗せて検討したい方は1週間レンタルなど、短い期間のレンタルがおすすめです。レンタル業者によっては、1ヶ月レンタルから半年のレンタルなどレンタル期間が選べますので、帰省時や外出時だけ使いたい方にもおすすめです。

チャイルドシートで赤ちゃんとのお出かけを楽しく快適なものに

新生児用チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP3

車での移動が多くなってきていて、新生児期からいろいろなところに外出するのは楽しいことでしょう。新生児のうちは首がすわっていなかったり、寝ている時間にぐんぐんと成長しているので、チャイルドシートでしっかりと安全性を確保して外出を楽しみましょう。

親の金銭的な都合や生活スタイルがあるのも現状です。通販を活用したり、使用期間が限られている方はレンタルもおすすめです。外出先で移動を手軽にしたい方は持ち運びができるタイプがおすすめです。

豊富な商品の中から自分と赤ちゃんに合ったチャイルドシートをみつけ、外出をより安全に楽しいものにしましょう。

Related