Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

ベルトサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

こちらの記事では、ベルトサンダーの種類やおすすめの選び方をご紹介しています。また、どのようなベルトサンダーが多く選ばれているのかや、どのようなメーカーがおすすめなのか、使用方法なども詳しくご紹介しておりますので、ぜひご参考にされてください。

ベルトサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ベルトサンダーをDIYで活用しよう!

DIYを趣味としている方は、ベルトサンダーという工具を耳にしたことがあるでしょう。また、ベルトサンダーを使ってDIYを有効的に行っていこうと考えている方も多くいます。今回は、そんなベルトサンダーの種類や選び方、おすすめ商品を紹介していきます。また、使用方法も公開いたしますのでぜひご参考にされてください。

ベルトサンダーの特徴は?

では、ベルトサンダーとは一体どういう工具でどういうときに活用していけば良いのでしょうか。見ていきましょう。

電動で研磨できる機械

研磨と言えば、紙やすりで地道に磨いていく事を想像する方も多いでしょう。自身で研磨する場合は、費用も安く安易にできます。しかし、その研磨時間は長く大きいものを作成する場合は研磨作業で一日が終わってしまった、研磨作業に飽きて研磨を怠り失敗してしまったなど多くの難点があります。

しかし、ベルトサンダーを使うことによってその研磨時間はスピーディになり疲れることもありません。また、研磨する目の粗さも自身で自由に変更できることができるため、研磨作業に不安がある方にも大変おすすめな工具です。

ベルトサンダーの仕組み

ベルトサンダーはサンディングベルトを一定方向に高回転させることで、あらゆる物を研磨していきます。電動で動き作業時間は手作業に比べて大幅短縮されます。また、広い範囲を一度に研磨することにより研磨のムラを防ぎ美しい面を作ることが可能です。

ベルトサンダーの種類と選び方

ベルトサンダーにはどのような種類があり、どのように選んでいけば良いのでしょうか。見ていきましょう。

手持ちタイプと卓上タイプがある

ベルトサンダーは大きく分けて手持ちタイプと卓上タイプの2種類があります。では、その二つの特徴を見ていきましょう。

手持ちベルトサンダー

一般的に良く見るタイプのベルトサンダーです。ベルトサンダー上部のとっての部分を掴み研磨する場所にベルトサンダーを自身で当てていきます。小型タイプのベルトサンダーが多く、幅の狭い部分へ対応が可能な物も多くあります。

難点は、手持ちのため重量があり多少の疲れを伴うことがあります。しかし、手磨きほどの疲れはなく今は、軽量タイプも多く出ているので重量に心配がある方は軽量タイプをおすすめします。

卓上ベルトサンダー

卓上タイプは、手持ちと逆で研磨したい物をベルトサンダーのベルトに直接あてていくタイプになります。研磨したいものが思いものでない限り、疲れを感じることはほぼ無いでしょう。また、卓上のため、安定感もありより綺麗に研磨していけるでしょう。

しかし、狭い幅のものへは不向きで、研磨面に当てれる幅のものが対象になります。細い幅への使用は、幅の小さい手持ちベルトサンダーを使用する事をおすすめします。

ベルトサンダーの選び方

ベルトサンダーは、自身の用途やベルトサンダー自体の重量で決めていくことをおすすめします。細い幅や自在に自由な場所への研磨作業を目的としている方は手持ちタイプがおすすめです。また、ヘルメットなど曲面を研磨する場合も手持ちタイプがおすすめと言えるでしょう。

木の表面など、広い幅を一気に研磨したい場合は卓上タイプを選びましょう。また、安定感を求める方や、重量のある手持ちタイプに自身のないかたは卓上タイプがおすすめです。

ベルトサンダーおすすめTOP3

数あるベルトサンダーの中から、おすすめの商品TOP3をご紹介いたします。ベルトサンダー選びにぜひご参考にされてください。

おすすめTOP3「日立」

日立ベルトサンダー
日立ベルトサンダー

日立製品は、良く耳にする方が多いでしょう。日本製であり安全安心の商品です。研磨する際に、研磨物の位置が分かりやすいよう透明カバーを装置しています。これにより、研磨ベルトの位置が簡単に確認できます。また、作業に応じてベルト速度を調節できます。

作業のしやすい構造となっていますので、初心者から扱いやすいでしょう。ベルトサンダーを使用するのが初めての方は、大手ブランドの日立で、扱いやすい構造のこちらの商品を選ぶのをおすすめいたします。

おすすめTOP2「リョービ」

リョービ ベルトサンダー
リョービ ベルトサンダー
口コミ

誰でも気に入る工具になるだろうと想像できます

多くの方に支持されているリョービのベルトサンダーです。リョービには他にも種類はありますが、この先端が細く幅が狭い場所でも削れる特徴のこちらの商品がとても人気です。今まで、電動やすりが入らずあきらめていた部分もこの商品で改善されます。また、音もそれほど大きくなく、家の中でも作業ができる程度です。

フィギアのやすりなどにも、使用している方も多くおり軽量のため小さいものへの研磨作業にも安定感があります。窯かな場所への研磨作業を目的とされている方におすすめの商品です。

おすすめTOP1「マキタ」

マキタ ベルトサンダー
マキタ ベルトサンダー

¥ 24,900

口コミ

造りが シッカリとしています 間違い有りません

マキタは、電動工具、コンプレッサーなどさまざまな工具を販売しているので、DIYを趣味にされている方は良く耳にするメーカではないでしょうか。その性能は抜群のもので、DIY工具をマキタで全てそろえる方もいらっしゃるほど性能に優れています。

マキタのベルトサンダーは性能が良い分少し重さを感じる方がいらっしゃるでしょう。ベルトサンダーに慣れている方は他の製品と比べとても正能が良いため、扱いやすいと感じますが初心者の方だと重さにより扱いにくく感じる場合があります。

しかし、正能はとても良いものなのでマキタのベルトサンダーを購入し使っていきたい方は、ホームセンターの貸し出しのベルトサンダーなどで練習してから購入する事をおすすめいたします。また、価格も安価なので手の出しやすい商品でしょう。

特徴別おすすめベルトサンダー

特徴別や用途別によって選ぶベルトサンダーは異なってきます。では、どのような用途別にベルトサンダーを選んでいけば良いのでしょうか。用途別のおすすめベルトサンダーを見ていきましょう。

おすすめ電動式ベルトサンダー

ベルトサンダーを購入しようと考えている方は、電動式のベルトサンダーを探している事が多いでしょう。電動式ベルトサンダーは、コンセントさえあればどのような場所でも使用できるため、多くの方に人気のベルトサンダーです。では、おすすめ電動式ベルトサンダーを見ていきましょう。

おすすめ高儀ベルトサンダー

高儀ベルトサンダー
高儀ベルトサンダー
口コミ

とても綺麗に平らに削ることが出来ました

手に持ち作業をするタイプの、おすすめ電動式ベルトドライバーです。音は少し大きめですが、問題なく使えるレベルの音です。とてもきれいに、削れパワーも十分にあると人気の商品です。また、裏返して卓上式での使用もでき一台で2役の優れものになります。木材の平面研磨、塗装剥がしなどの用途に使用できます。

リョービ 電動式ベルトサンダー

リョービ ベルトサンダー
リョービ ベルトサンダー
口コミ

ディスクサンダーが本当に便利です

リョービの卓上式ベルトサンダーです。安価で、性能の良い商品でとてもおすすめです。木材から鉄金の研磨まででき、さまざまな物に対応し研磨ができます。また、側面での研磨作業もでき、斜めに研磨したい場合も楽に作業ができる優れ物です。重さも持ち運びができるほどですので、屋外での作業も難なくできます。

また、研磨力に対し音が騒音で家の中で使用する場合も問題がないと言えるでしょう。細かい作業もでき、1台でとても万能な商品なので、初めてベルとサンダーを購入する方にもおすすめの商品です。

リョービ ベルトサンダー

リョービ ベルトサンダー
リョービ ベルトサンダー
口コミ

高速でも作動音はドライヤーと同じぐらいで控えめです

電動式の細かい作業を得意とするリョービのベルトサンダーです。研磨力はとても優れていて、音もドライヤー程度なのでとても使い勝手の良い一台と言えます。フィギュアや、細かい位置への研磨作業におすすめの商品です。バイクの外装を塗装する際の細かい場所への塗装にもとても便利です。安価ですが、とても性能もよく、使えるベルトサンダーです。

エアー式ベルトサンダー

次にエアー式のおすすめベルトサンダーをご紹介いたします。エアー式とは、圧縮空気圧によりベルトサンダーを動かすタイプです。圧縮空気を排出する「エアーコンプレッサー」などの機器と一緒に使用します。電動式に比べとても威力が強く主に鉄鋼など、プロや職人の方が使う事が多いでしょう。では、エアー式おすすめベルトサンダーを見ていきましょう。

エアーベルトサンダー

エアー式ベルトサンダー
エアー式ベルトサンダー
口コミ

問題なく使用しています。

板金塗装などの研磨作業にも問題なく使え、とても安価でおすすめのエアーベルトサンダーです。単体での使用は不可なのでエアー圧縮機と共に使用しましょう。電動に比べて、研磨のムラも少なく、金属への研磨作業もきれいにこなしてくれます。また、先端が細いため細かい研磨もでき業者も多く使用している商品です。

プロも使用しているということで、とても安心できる一品でしょう。初めてエアー式を購入される方には非常におすすめです。

小型ベルトサンダー

小型で、狭い場所での作業をお探しの方におすすめの小型ベルトサンダーを紹介します。簡易的に、研磨作業をしたいかたなどは小型ベルトサンダーが適切とされます。また、家の中でのプラモデルなどの小さな研磨作業にも最適です。では、おすすめ小型ベルトサンダーを見ていきましょう。

小型マイクロベルトサンダー

マイクロベルトサンダー
マイクロベルトサンダー
口コミ

面取りやバリ取りに便利に使えます

プロクソンという工具製品を多数取り揃えているメーカーの商品です。片手でも作業ができる軽量で小型のベルトサンダーで大変おすすめの商品です。木材から鉄まで使用でき、万能に研磨作業をしていけるでしょう。

定格は15分なので、それを目安に短時間で研磨作業を行っていきます。定格時間を過ぎると故障やトラブルの原因になりますので、短時間研磨作業向きの商品です。

ミニターベルトサンダー

ミニターベルトサンダー
ミニターベルトサンダー

¥ 87,804

ベルトサンダーの中でも、とても小型なタイプです。しかし、研磨力はとても強く小型だからと言って勢力が衰えることはありません。軽量反ディータイプなので、片手で楽々作業ができおすすめの商品です。

卓上タイプベルトサンダー

卓上タイプのおすすめベルトサンダーをご紹介いたします。平面の研磨や、軽いものの研磨に多く使われます。卓上タイプは、手でベルトサンダーを持たないで済むので安定性に優れていますが、研磨物を自身で持っての研磨作業になりますので、注意が必要です。

SK11ベルトサンダー

SK11卓上ベルトサンダー
SK11卓上ベルトサンダー
口コミ

本体の使い勝手は良いと思います

安価で初心者でも手の出しやすい、卓上タイプのおすすめベルトサンダーです。安価ですが研磨力も劣らず、動作音も静かで高評価の商品です。重量は20㎏ほどありますが、卓上タイプなので重さで動作への支障はないでしょう。逆に重量があり、安定感が出てボルト固定がいらないほどです。

安価にしては、十分な性能を持っているので、初心者~上級者まで簡単に扱える商品と言えるでしょう。卓上ベルトサンダーで悩んでいる方にとてもおすすめの商品です。

おすすめベルトサンダーメーカー3選

今や、ベルトサンダーはさまざまなメーカーが販売を行っています。では、どのメーカーのベルトサンダーが選ばれていておすすめなのかを見ていきましょう。

リョービベルトサンダー

リョービベルトサンダー
リョービベルトサンダー
口コミ

角度も自在に調節できて正確に研磨できます。音も静か。

やはり、一番選ばれているメーカーは「リョービ」です。その、製品の性能から安全性は間違いなく、多くのかたに高評価を受けています。また、ベルトサンダーの種類も豊富でご自身の用途にあったベルトサンダーを見つけることができるでしょう。

高儀ベルトサンダー

高儀ベルトサンダー
高儀ベルトサンダー
口コミ

とても綺麗に平らに削ることが出来ました

高儀は多くの工具を販売していて、安心の国内産製造のため多くの方に選ばれています。また、性能にも優れており、高木シリーズでDIY工具を取り揃えている方もいます。国内産の安全性を求めているかたには、高木シリーズはおすすめです。

岩田ベルトサンダー

岩田ベルトサンダー
岩田ベルトサンダー
口コミ

安定した回転で満足。

岩田製品もご存知の方が多いのではないでしょうか。DIY工具を多数出品しているメーカーです。岩田製品も、とても性能が良いと評判で安価で良いものが手に入ります。また、メーカーの信頼性も高く、ノーブランドを購入するのが怖い方などは、岩田製品なら大丈夫だろうと思われるほどです。性能の安心性、メーカーの信頼性を重視する方は岩田製品がおすすめです。

ベルトサンダーを使ってみよう!

では、ベルトサンダーの使用方法をご紹介します。また、ベルトサンダーを使う場合の注意点や活用方法も見ていきましょう。

試運転をしよう

まずは、試運転をしベルトサンダーを動かしてみましょう。サンディングベルトのゆるみが無いか、振動音以外で異音がしないかなどをチェックしていきましょう。

使用前の準備

研磨作業に取り掛かる前に、研磨中には人体に悪影響のある「粉砕」というものが出てしまいます。したがって、マスクを着用し顔を守り、眼鏡やゴーグルをすることをおすすめします。また、屋内での使用のさいは必ず換気をしましょう。使用後は、ほうきや掃除機で完全に粉砕を取り除きましょう。

研磨資材の固定

手持ちの場合は研磨資材を固定することをおすすめします。研磨するものを固定すことで資材が動く心配がなくトラブルも少なくなるでしょう。資材の固定させるためには、滑り止めなどを使うと良いでしょう。

稼働させよう

ベルトサンダーをそれぞれの商品の稼働方法にあわせて運転させていきましょう。この時、ベルトサンダーのベルト位置に手などを置いていないのを充分に注意しましょう。

研磨していこう

いよいよ研磨作業に取り掛かりましょう。それぞれのベルトサンダーのタイプに合わせて、作業を行っていきましょう。初めての方や慣れていない方は、速度調節があれば遅い速度からだんだん慣れていきます。一度にたくさん研磨しようとせず、少しずつ研磨の具合を見ながらやっていくと良いでしょう。

研磨後は清掃しよう

ベルトクリーナー
ベルトクリーナー
口コミ

うまく削りカスを取ることが出来て便利です

研磨が終わってしまったら必ず清掃を行いましょう。ここで、清掃を怠ってしまうと次回使うときに汚くなってしまったり、故障やトラブルの原因となってしまいます。ベルトの間に挟まった研磨カスをきれいに取り除く事で、ベルトも長持ちします。ベルトサンダークリーナーなどを使用するともっと良いでしょう。

ベルトサンダーを清掃するうえで1番大事なのは、研磨カスを残さないことです。しっかり取り除きましょう。

回転中のベルトサンダーにクリーナーを当てていき清掃をします。

ベルトサンダーで楽しいDIYライフを!

いかがでしたでしょうか。ベルトサンダーには、用途に合わせて選び方が違い使い方も違ってきます。適切な使用法で、綺麗に研磨作業をおこなっていきましょう。また、ベルトサンダーのお手入れも欠かさず行い、DIY作業に大いに活用していきましょう。ベルトサンダーでお悩みの方は、ぜひご参考にされてください。

Related