Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月15日

おんぶ紐おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

こちらの記事では、おんぶ紐のおすすめの商品などをご紹介しています。また用途別におすすめのおんぶ紐もご紹介しています。これから購入を考えている方や、もう一つ購入したいと考えている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

おんぶ紐おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

おんぶ紐の種類と選び方

おんぶ紐おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

日本に限らず、世界中にたくさんの種類のおんぶ紐が売られています。まだ小さいお子さんですと、一日中おんぶをしなくては期限が悪くなってしまうお子さんもいるでしょう。前で抱っこをしてもいいのですが、夕飯の支度などしなくてはいけない時に、どうしても降ろさなくてはいけない時があるでしょう。

そんな時におすすめなのが「おんぶ紐」です。おんぶ紐でおんぶをすれば、手が空きますし夕飯の支度などもできます。一日中抱っこよりは、おんぶの方が疲れる具合も違いますし、手が空くので家事などもできますのでおすすめです。

そこでこちらでは、おんぶ紐の種類と、おんぶ紐の選び方をご紹介しますので、これからおんぶ紐を購入される方は、こちらの記事を参考にして頂き、購入の参考にしてください。

おんぶ紐の種類

おんぶ紐には種類がいくつかあります。「4WAYタイプ」「荷量分散タイプ」「おんぶ専用タイプ」と大きく分けると3つにわけられます。4WAYタイプの物は、「体面抱き」「横抱き」「前向き」「おんぶ」の4つに対応できる、とても便利なタイプです。まだまだ小さいお子さんがいるご家庭には、こちらのタイプがおすすめです。

荷量分散タイプは、「体面抱き」と「おんぶ」に対応しているタイプです。おんぶ専用タイプは、名前のとおりおんぶ専用のタイプです。お子さんがある程度大きくなり、おんぶだけを必要とする場合には、おんぶ専用のタイプがおすすめです。

このように、おんぶ紐には大きく分けて3つの種類がある事が分かっていただけたでしょうか。それぞれの用途の合わせて、自分に合ったタイプの物を選びましょう。

おんぶ紐の選び方

おんぶ紐の選びかTとしては、「機能性」「見た目」で選ぶと良いでしょう。おんぶだけをするのであれば、おんぶ専用のタイプの藻を選べば良いですし、新生児の頃から長く使用したいのであれば、4WAYタイプの物を選ぶと長く使用できます。

また、前向きに抱っこできるタイプの抱っこ紐もあります。外に興味を持ち始めた時に、前向き抱っこをしてあげると、お子さんも喜んでくれるでしょう。おんぶは、ある程度首が座ってからでないと、使用できないので注意しましょう。

小さい時期はすぐに過ぎてしまうので、たくさん抱っこしてあげたいと考えている方も多いでしょう。しかし生活していくには、ある程度家事などもしなくてはならないので、おんぶ紐を上手く活用しましょう。

おんぶ紐おすすめ人気ランキングTOP3

おんぶ紐と言っても、たくさん種類がありどれが良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。上でもご紹介したように、おんぶ専用の物、いろいろなパターンができるおんぶ紐もあります。

これからおんぶ紐を購入される方も、まだまだ購入はしないけれど知識として知っておきたい方も、おすすめのおんぶ紐をご紹介しますので、ぜひこちらを参考にして頂き役立ててください。

ランキング3位 ベビーキャリー

ベビーキャリー
ベビーキャリー
口コミ

背負うと前面の胸の辺りに「おんぶ紐」がクロスする為に嫌がるママもいらっしゃいますが、背負われる子供(赤ちゃん)も背負う私も動き易く、そして、楽かと思います。

こちらのおんぶ紐は、昔ながらのおんぶ紐です。「昔のおんぶ紐は、使いずらそう」と思われている方も多くいるのではないでしょうか。実際には慣れてしまえばとてもおすすめのおんぶ紐です。実際に保育園の保育資産などは、昔ながらのおんぶ紐を使用している園が多い様です。

子供のスペシャリストが使っているくらいですので、慣れてしまえばとても便利なおんぶ紐です。また日本製ですので、製品の質には問題なく安心して使用できますのでおすすめです。日本製で昔ながらのおんぶ紐を使ってみたいという方にはとてもおすすです。

使用できる月齢は、首が座ってからという事で、生まれたての新生児の赤ちゃんには使用できませんので、注意しましょう。

ランキング2位 Mobesy

抱っこ紐 Mobesy
抱っこ紐 Mobesy
口コミ

公園てはすぐに降りたがるので、一般的な抱っこ紐では荷物でした。これは腰紐のなしで装着できるからかさばらず便利です。 家事の最中はおんぶ。

こちらのおんぶ紐は、4パターンの抱っこができるとてもおすすめの物です。こちらは新生児から使用できるものになってますので、まだ首が座っていない赤ちゃんでも使用できるのでおすすです。新生児でも使用できますので、寝かせるように抱っこ紐を変えられます。

寝かせ抱きの他に、「対面抱き」「前向き抱き」「おんぶ」もできてしまいます。対象年齢は、新生児~3歳頃までとなっており、長く使用できますのでおすすめです。腰ベルトを装着すれば、肩ばかりに重さが行かずに、腰と肩両方にお子さんの体重を分散してくれますので、体の負担は小さいです。

ランキング1位 Aprica

Aprica
Aprica

¥ 4,981

口コミ

首が座ってない横抱きの形は個人的に使いづらかったのでつかいませんでしたが、首が座ってからの縦抱きでは使っています😊

こちらのおんぶ紐は、4パターンの使用が可能なおんぶ紐です。「横抱っこ」「縦抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」と4パターンが可能です。横抱っこが望ましい新生児の時から使用できるのがとてもおすすめとなっています。お子さんの成長に合わせて、抱っこの仕方が変わりますので、その都度変えられて、なおかつ長く使用できるので、多くの方におすすめです。

またこちらの大きな特徴として、腰ベルトが太くなっていますので、支えが安定している所です。腰ベルトが細い物よりも、太いベルトの方が安定して抱っこができます。女性だけではなく、男性にも使用して頂けますのでおすすめです。

特徴・用途別おすすめのおんぶ紐

おんぶ紐と言っても、たくさんの種類があります。たくさんの種類の中から自分に合ったおんぶ紐を選べると一番良いでしょう。例えば「付け方が簡単な物が良い」「安い物で間に合わせたい」「腰痛持ちに優しいおんぶ紐はないか」など、その人それぞれの悩みなども違うでしょう。

そこでこちらでは、特徴や用途別におすすめのおんぶ紐はないか探してみました。自分の悩みに合ったおんぶ紐で、快適に使用しましょう。ぜひこちらを参考にしてください。

簡単なおすすめ

Mobesy
Mobesy
口コミ

デザインがシンプルでとても可愛くて気に入っています❤︎*。腰ベルトと本体が別なので使い分けれてとても良いです!この値段でこれだけの機能があるのは十分すぎます

こちらのおんぶ紐は、4WAYタイプです。新生児~3歳頃まで使用できます。脱着もとても簡単なので、装着が面倒な方にはこちらがおすすめです。昔ながらのおんぶ紐は、一つの紐を自分で交差させたりしなければならないので、不器用な方や面倒な方にはとてもおすすめのおんぶ紐です。

またこちらのおんぶ紐は、使わない時には折り畳んで収納ができます。持ち運びにもとても便利なおんぶ紐です。サブのおんぶ紐としても使用できます。

妊娠中のおすすめ

エルゴベビー
エルゴベビー

¥ 10,800

口コミ

私は腰痛もちなのですが、店舗で通常タイプのエルゴ360を試しましたが、そちらのマジックテープの方が腰にとっては楽でした。

「妊娠中上の子が抱っこできなくなるとかわいそうだな」と感じる方も多くいるでしょう。なるべくなら、妊娠中は抱っこは控えたいことです。ですが、上の子がまだ小さく抱っこがして欲しいと言われる事もきっとあるでしょう。

そこで活用してほしい物が、おんぶ紐です。エルゴの抱っこ紐は、ベルトの部分が調節が可能ですので、お腹が大きくなった頃にも活用できますのでとてもおすすめです。ですが妊娠中は、おんぶ中心にしましょう。また無理はせずに、お出かけの時は極力ベビーカーなどを活用すると良いでしょう。

夏におすすめ

ベビービョルン
ベビービョルン
口コミ

これから暑くなる季節にもメッシュ機能は助かります。

夏と言っても買い物などには、出かけなければ行けません。出かけるときに抱っこ紐で出かける方にとっては、気が引ける事でしょう。なぜなら抱っこ紐は、生地が厚い物が多いうえに、お子さんの体温が密着するので、親子で汗だくになるでしょう。

そんな時におすすめの抱っこ紐は、「メッシュ生地の抱っこ紐」です。こちらの商品は、全ての生地がメッシュでできているので、夏でもとても快適に使用できますのでおすすめです。通気性が抜群ですので、汗っかきなお子さんでも安心して使用できます。また洗濯も可能ですので、汗をかいても安心して使用できます。夏を快適に過ごしたい方にはおすすめです。

腰痛におすすめ

LaNova
LaNova

¥ 7,672

口コミ

使用感想はエルゴより肩の負担が少なく軽く感じます!

腰痛持ちのかたは、抱っこするのも一苦労でしょう。しかし子供には腰が痛いからと言って聞いてくれるわけではないので、結局抱っこしなくてはいけなくなるでよう。こちらの抱っこ紐は、腰痛持ちの方におすすめの抱っこ紐です。

新しいタイプの抱っこ紐で、お子さんのお尻が乗る台座が付いているどっこひもになっています。太い肩ベルトと太い腰ベルトによって、肩や背骨、骨盤にかかる重量を分散してくれますので、腰への負担が軽減されます。

台座が付いているおかげで、重心に近い位置に赤ちゃんが持ち上げられるので、他の抱っこ紐よりもふたんが少ないので、腰痛持ちの方や、腰痛対策として探している方には、とてもおすすめな抱っこ紐です。

昔ながらのおすすめ

昔ながらのおんぶひも
昔ながらのおんぶひも
口コミ

昔ながらので使いやすくていいですね。 昔妹たちをおんぶしたのを思い出しました。

こちらのおんぶ紐は、昔ながらぼおんぶ紐です。昔弟たちや妹たちをおんぶした経験がある方も多いのではないでしょうか。昔ながらのおんぶ紐は、とても使いやすく構造もシンプルですので、大きくなったお子さんが下の子を抱っこされるのにも安心のおんぶ紐です。

おばあちゃんなどは、昔ながらのおんぶ紐の方が親しみやすいのではないでしょうか。孫を抱かせてあげる時用に、一つ購入されても良いでしょう。サブのおんぶ紐としておすすめです。また日本製ですので、安心して使用できます。日本製のおんぶ紐が良いという方にはとてもおすすめです。

家事におすすめ

子守帯
子守帯
口コミ

今のは一人でおんぶできないので、簡易式の昔ながらの前が罰点にならないのを買いました。

「家事がしたいのに子供が落ち着かない」「抱っこしてないと落ち着いてくれない」と思われている方も多くいるのではないでしょうか。お昼寝の時間に家事ができればいいのですが、音を立ててしまうと起きてしまうので、なかなか掃除機などかけられないでしょう。

そこで活用してほしい物が、「おんぶ紐」です。親にくっついている事で落ち着くお子さんも多いでしょう。おんぶをしている状態でならほとんどの場合落ち着いてくれるので、おんぶ紐はおすすめです。

昔ながらのおんぶ紐であれば、付け方も簡単ですし、一人でも取り付けられます。最近の抱っこ紐などは、おんぶする時に一人で取り付けるのが困難な物が多いのですが、昔ながらのおんぶ紐でしたら一人でも取り付けられますのでおすすめです。

安い

Kiboat
Kiboat

¥ 3,980

口コミ

赤ちゃんに使うものなので、コンパクトでかさばらず、カバンに放り込んでおくことで、持ち運びが楽なことが、一番気に入ってます。 更には、綿100%肌触りが良く、洗濯機で簡単に洗えます

育児用品は、何かとお金がかかります。「少しでもお金を節約したい」「お下がりを貰ったけど壊れてしまったから、安く買い替えたい」と思われている方も多くいるのではないでしょうか。こちらの商品は、新生児の頃には使用できません、首が座っているお子さんには使用できます。

おんぶでも抱っこでも、どちらでも使用できますので用途に合わせて変える事ができます。気になるお値段は、およそ4,000円で購入できるのでおすすめです。他のお商品になると、1万円を超す物が多いので、「おんぶができれば良い」「サブとして」使用するのであればこちらの商品で十分でしょう。

またお母さんだけではなく、お父さんでも使用ができますので、夫婦で使用したいという方にもおすすめです。

新生児におすすめ

Mobesy
Mobesy
口コミ

今まで気になっていた肩や腰の痛みが全くなく また、子供も周りを見たいだろうと思い、 前向き抱っこできるこちらを買いました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、なるべくならあまり外出をさせるのは良くないのですが、上の子がいたり、1人で子育てをしている方ですと、そうもいきません。そもそも新生児に抱っこ紐を使っても良いのでしょうか。

新生児は、まだ首も座っていません。ですので、縦抱きはできません。新生児用のインサートと呼ばれる付属品がありますのでそちらを使用しましょう。インサートを使用しますと、寝かせたままの移動が可能になります。

「どの抱っこ紐でも良いのか」と思われる方も多くいるでしょう。どの抱っこ紐でも良いわけではなく、インサートが付けられる専用の抱っこ紐でしか使用できません。ですので、これからお子さんが生まれる方や、2人目と考えている方にはおすすめです。

安全

ベビービョルン
ベビービョルン

¥ 21,600

口コミ

首すわり前ですが、かなり安定して抱っこできます。おんぶはどうだろうと3歳の子供で試してみましたが、慣れれば楽に出来そうです。何より抱っこから下ろさずおんぶに出来るのがいい

「海外の物は、信用できない」「日本製の保証が付いている物が良い」という方にはおすすめの抱っこ紐です。こちらの抱っこ紐は、日本人の体型に合わせて作られているため、とてもフィットするので、日本人にはおすすめです。

お値段は少しお高めですが、何より日本製という事と、何かあった時のために保証書まで付いていますので、安心して使用できます。「心配性の方」や「良い物を買って長く使いたい」という方にはとてもおすすです。

また4とおりの抱っこができますので、お子さんの成長に合わせて調節が可能です。素材がメッシュ生地になっており、熱い夏の時期や洗濯後も早く乾くので、おすすめです。

おすすめのおんぶ紐のメーカー・ブランド3つと代表製品

おんぶ紐おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

皆さんは抱っこ紐のメーカーやブランドの会社をどのくらいご存知でしょうか。日本製や海外製を含めると、たくさんのメーカーやブランドが存在します。購入する時にどのメーカーやブランドが良いのか迷う事もあるでしょう。

そこでこちらでは、おすすめのメーカーやブランドを商品と共にご紹介します。多くあるメーカーやブランドから3つを絞り出しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

buddybuddy

BuddyBuddy
BuddyBuddy

¥ 9,720

口コミ

赤ちゃんを運ぶために必要十分な機能を備えています。生後1か月くらいから、2歳くらいまでを想定して購入しました。首の座らない赤ちゃんの横抱きには十分対応できました。

こちらの抱っこ紐は、バディバディの抱っこ紐です。腰ベルトが太く作られており、安定した抱っこができます。またこちらの抱っこ紐は、保育士さんもたくさん使わている物で、昔ながらの抱っこ紐ですので安心して使用ができます。

赤ちゃんの落下を防ぐセーフティーサポートも付いており、安心して使用ができます。メッシュ生地ですので、通気性も抜群です。2017年にキッズデザイン賞を受賞したバディバディは、保育士さんも認めている抱っこ紐です。子供のプロが選んでいる抱っこ紐ですので、安心して使用したい方にはとてもおすすです。

Aprica

Aprica
Aprica

¥ 11,880

口コミ

国内メーカーが作った抱っこ紐の方が日本人には向いている」と言う産婦人科医師の言葉で、国内メーカーで抱っこ紐を探しました。 この抱っこ紐の使い心地には満足しています。

アップリカの抱っこ紐は、歴史も長く昔からあるメーカーです。ですので、安全面や品質基準など赤ちゃんのためを考えた商品ばかりです。日本人の体形に合った抱っこ紐は、しっかりとフィットしますので、お母さんも赤ちゃんも疲れにくくなっているのが特徴の抱っこ紐です。

腰痛持ちの方や、抱っこで腰が痛くなっている方にもおすすめの抱っこ紐です。疲れにくい構造ですので、誰でも使用できます。お孫さんの抱っこにもおすすめです。

Ergobaby

エルゴベビーの抱っこ紐はとても有名でしょう。町で見かけるほとんどの抱っこ紐は、エルゴの抱っこ紐が大半だそうです。そんな有名なエルゴの抱っこ紐ですが、新しい新作のエルゴの抱っこ紐ですと、インサートなしで新生児から使用ができます。

インサートを付けるのが面倒だという方にはおすすめの抱っこ紐です。長く使用でき、高機能な抱っこ紐をお探しの方には、ぜひ使ってもらいたいおすすめの抱っこ紐です。

おんぶ紐の使い方・活用方法

「おんぶ紐の使い方がわからない」「昔ながらのおんぶ紐はどうやって使うの」と疑問に思われる方も多くいらっしゃるでしょう。最近のおんぶ紐は、説明書を読めば簡単に装着が可能ですが、昔ながらの紐タイプのおんぶ紐は難しいでしょう。

昔ながらのおんぶ紐で、どの様なおんぶの仕方があるのかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

使い方

おんぶ紐の結び方には大きく分けて2種類あります。「ばってん結び」と「リュック結び」です。これらの違いは、紐を前でクロスするか、しないかの違いです。ばってん結びは、おんぶ初心者の方や、お子さんが小さい方向けの結び方になっており、赤ちゃんと密着したいという方にはおすすめです。

リュック結びは、お子さんがおんぶの体勢に慣れてからやりましょう。お母さんの首元への負担が減るのでおすすめの結び方です。昔ながらのおんぶ紐を利用するという方は、ぜひ試してみてください。慣れれば楽なのでおすすめです。

活用方法

おんぶ紐の活用方法として、抱っこしていなければ落ち着かないお子さんにおすすめです。「家事がはかどらない」という方にはとてもおすすめです。お母さんにぴったりくっついている事で落ち着くお子さんも多くいるのでおすすです。おんぶ紐を上手く活用しましょう。

自分に合ったおんぶ紐を利用しよう

いかがでしたか。おんぶ紐にはたくさんの種類や、メーカーがあり正直どれが良いのかわからなくなってしまう方も多くいるでしょう。昔ながらのおんぶ紐に興味がある方はぜひこれを機に購入されてみてはいかがでしょうか。

また、おんぶだけではなく新生児から3歳頃まで使用できる高機能な物もたくさん出てきています。自分に合ったおんぶ紐を探してみてはいかがでしょうか。

Related