Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月11日

ベビーシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

自動車に乗る時は必ず必要になるベビーシートです。ベビーシートは種類が多いので、選ぶ際は迷いがちです。この記事ではベビーシートの選び方や、おすすめのベビーシートを紹介しています。ライフスタイルによって、おすすめのベビーシートは違いますが参考にして下さい。

ベビーシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ベビーシートの種類と選び方

ベビーシートは赤ちゃんが生まれると、自動車に乗る時は必ず必要になります。出産した後、産院から自宅に帰宅する時から必要になるので、出産前から検討し用意します。まずベビーシートには、どのような種類があるか説明しましょう。

ベビーシートの種類

2000年4月から6歳未満の子供が自動車に乗る時は、チャイルドシートの着用が義務付けられています。ベビーシートは、新生児から1歳くらいまでの乳児用を指します。幼児用チャイルドシートは1歳から4歳位まで、4歳位からはジュニアシートと呼ばれています。

ベビーシートには3種類あり、新生児から1歳までの約1年間使用できるベビーシート、新生児から4歳まで使えるチャイルドシートと呼ばれている物、新生児から学童期まで長く使えるチャイルドシートがあります。それぞれどのような特徴があるか説明しましょう。

ベビーシート

新生児から1歳位、10キロまでの物や新生児から1歳半位、13キロ位までの物があります。ベビーシートは後ろ向きにつけます。車内のベビーシートのみ使用できる物から、ベビーシートやベビーキャリー、ベビーチエアなどの機能を合わせている物もあります。

赤ちゃんの体に合わせて作られており、ベビーキャリーの機能があるものはクーファンの代わりになり、抱っこせずに赤ちゃんをそのまま連れて移動できるなどのメリットがあり、おすすめです。ただし1歳位までと使用期間が短いです。

チャイルドシート

チャイルドシートは1歳前から4歳位まで、体重は9キロから18キロ位までの物をさします。チャイルドシートは前向きにつけます。チャイルドシートは、新生児から4歳位まで使える物もあり、新生児から1歳位まで、9キロまでは後ろ向き、1歳を過ぎ9キロを超えると。前向きで使用します。

中には1歳から7歳または12歳までのジュニアシートの機能も併せ持っている物もあり、長く使えるのも魅力的です。

ジュニアシート

チャイルドシートの着用を義務付けられているのは6歳までですが、自動車のシートベルトは140センチ以上を想定して作られているため、その身長を満たさないうちは、ジュニアシートを使用するのが安心です。

ベビーシートからジュニアシートまで使用できるものは、新生児から7歳位まで使用できるものが多いです。ジュニアシートのみでは、3歳から12歳位まで使用できるものが多いです。3、4歳から11、12歳まで、100センチから140センチ、18キロから35キロ位まで使用できるのが目安です。

ベビーシートの選び方

ベビーシートは数多くあります。ここでは、どのようなことに注意をして選べば良いか、おすすめの選び方について説明しましょう。

1. ベビーシートの対象年齢

ベビーシートは新生児から1歳まで、新生児から4歳まで、新生児から学童期までと分かれています。子供の年齢や、どれくらいの期間使う予定かなど考慮します。子供が1人だけであれば、長く使える方が理想的ですし、もし兄弟姉妹を考えている場合は、新生児から1歳位までを選び、下の赤ちゃんが使う時にチャイルドシートやジュニアシートに替えていくのがおすすめです。

長いスパンで見て選びましょう。また年齢で選びがちですが、子供の身長や体重も併せて選ぶことが重要です。

2.使用する自動車に適合するかどうか

ベビーシートによって、適合するかどうか違います。大部分の自動車に乗せることができますが、一般的に軽自動車など自動車自体が大きくない場合、ベビーシートを載せるのが難しかったり、乗車しにくくなったりする場合があります。購入する前に適合するか確認しましょう。

3.設置しやすいかどうか

ベビーシートは自動車に固定して使用しますが、固定のやり方が複雑だと正しい方法で設置するのが大変です。また家庭に自動車が2台以上ある場合、別の自動車に移すことが難しくなってしまいます。ベビーシートは正しく着用しないと、ベビーシートの機能を発揮しないので装着方法を確認し、設置しやすいものを選ぶのがおすすめです。

4.ベビーシートの安全基準

2012年7月からは日本のチャイルドシートの安全基準も欧州と同じ「車両・チャイルドシートの国際調和・安全強化を図った欧州の安全基準[ECE R 44/04]を採用しています。2012年7月以降はこのマークがついていないものは販売できません。もし中古で購入する場合や、お下がりなどもらうことがあった場合は、このマークがついているか確認しましょう。

2012年7月より前では、旧基準を満たした物は、自マークがついています。中古で購入する場合やお下がりなどもらう場合は、このマークがあれば旧基準を満たしています。

独立行政法人自動車事故対策機構が実施しているチャイルドシートアセスメントでは、チャイルドシートの安全性を試験し、装着しやすいかどうかなど多角的な視点から客観的に評価しています。ベビーシートやチャイルドシートを選ぶ時は、この評価も確認し、評価が高い物を選ぶことをおすすめします。

チャイルドシートアセスメントは、市販のチャイルドシートについて安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザーが安全なチャイルドシートを選択できる環境をつくり、安全なチャイルドシートの普及を図ることを目的としています。

出典: http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html |

5.ベビーシートの安全な固定方法

ISOFIX(アイソフィックス)とは、シートベルトでベビーシートを固定するのではなく、車とベビーシートを直接固定する方法です。2012年7月から販売された自動車には標準装備が義務付けられているので、装備されています。

2006年から2012年7月までに販売された自動車はISOFIX(アイソフィックス)取り付け装着が装備されている物が多いですが、付いていないこともあります。それより以前に販売されていた自動車には装備されていない可能性があります。乗る自動車を確認しましょう。

ベビーシートおすすめ人気ランキングTOP3

ベビーシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベビーシートは、新生児から使える物が多く出ています。ここでは、おすすめのメーカのベビーシートをランキング形式で3つ紹介しましょう。

ランキング3位「カーメイト」

カーメイト エールベベ クルットNTプレミアム 新生児から4歳用チャイルドシート
カーメイト エールベベ クルットNTプレミアム 新生児から4歳用チャイルドシート
口コミ

産院退院時から使っています。シートの丸い姿勢がいいのか、いやがることなく乗ってくれます。 腰痛持ちなので回転シートは必須です。夏の強い日差しからもひさしが守ってくれ大満足です。

新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートです。360度回転するので、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりしやすいので、おすすめです。赤ちゃんの首をしっかり支え、体にも負担がかかりにくい構造です。肩ベルトの長さが8段階に分かれており、ワンタッチで変えられます。日よけもついているので日差しの強い時期も安心です。

ランキング2位「コンビ」

コンビ EX COMBI グッドキャリー YWアルティメット
コンビ EX COMBI グッドキャリー YWアルティメット

¥ 35,640

口コミ

車に乗ると気持ち良いのか寝てしまうことが多いので、子供を乗せたまま手軽に持ち運べるのが大変便利です。中のグレーのシートは取り外しが可能で、1歳頃まで使用することができます。

新生児から1歳頃、体重が10キロまで使用できるベビーシートです。ベビーシート、ベビーキャリー、ロッキングチェアの3種類の使い方ができるのがおすすめです。自動車の中で赤ちゃんがが寝てしまった時も、そのまま運べます。取り付けに最適な角度を確認できる角度計がついているので、取り付けやすいです。インナークッションもついている点もおすすめです。

ランキング1位「タカタ」

タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート
タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート

¥ 10,800

口コミ

非常に軽いので扱いやすく、シートの形が安心するようで、チャイルドシート嫌いの娘もよろこんで座るようになりました。眠いとき、このシートに座って車を走らせれば、ほぼ確実に寝てくれます。

新生児から4歳まで使用でき、ベビーシートの機能はシンプルですが、チャイルドシートアセスメントの乳児シート部門で最高評価の「優」を獲得しており安全面でも安心です。ベビーシートの重量も重くなく、ママでも取り付けやすく、自動車が2台あり付け替える時も付け替えやすく、おすすめです。価格もベビーシートの中では比較的低価格な点もおすすめです。

特徴・用途別おすすめのベビーシート

ベビーシートは数多くあり、年齢や用途によって選ぶ基準が違ってきます。ここではベビーシートの特長や用途によって、おすすめのベビーシートを紹介しましょう。

新生児から使用できるおすすめのベビーシートとは

出産した後、赤ちゃんと産院から帰宅する場合、自動車を使用する際は、新生児から使えるベビーシートが必要になってきます。体は小さく、首もすわっていないので、赤ちゃんの体を支える必要があります。新生児から使用できるベビーシートは、新生児2.5キロから使用できます。ここでは新生児から使用できるおすすめのベビーシートを2点紹介しましょう。

エルベ―べ 回転型

エールベベ  回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム
エールベベ  回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム
口コミ

乗せると、よく寝てくれます。 買ってよかったと思います。 ただ、重いので女性だと持ち運びが大変です。

片手でも360度回転させることができ、赤ちゃんが乗り降りさせやすく便利です。日よけもついているので紫外線が気になる季節も安心でおすすめです。お客様登録をすると4年間の保証が受けられるので、新生児から4歳ごろまで安心して使えます。シートを洗うことができるので、汚してしまっても洗濯できる点もおすすめです。

ジョイー

ジョイー チャイルドシート
ジョイー チャイルドシート

¥ 13,166

口コミ

値段もお手頃で使いやすく満足です★ 角度は,完全フラットではないですケド1ヶ月過ぎから使い始めましたが大丈夫そうです。

新生児から4歳ごろまでつかるチャイルドシートです。ECE R44/04(欧州安全基準)を満たしており、コンパクトで軽量で持ち運びしやすいです。デザインもおしゃれで、比較的低価格なのもおすすめです。

軽自動車で使用するのにおすすめ

軽自動車でベビーシートを載せると、どうしても車内が狭くなってしまいます。子供が2人以上いると人数分のチャイルドシートが必要です。ベビーシートでなるべくコンパクトで軽量のおすすめのベビーシートを紹介します。軽自動車に乗っていなくても、兄弟がいる、車内をなるべく広く使いたいなど、コンパクトなベビーシートを探している方にもおすすめです。

ここでは軽量でコンパクトのベビーシートを2点紹介しましょう。

コンビ チャイルドシート

コンビ チャイルドシート コッコロ S UX
コンビ チャイルドシート コッコロ S UX

¥ 14,980

口コミ

車アクアだけど 収まりもよく 取り付けも簡単で、赤ちゃんの座りも良いです。

軽量コンパクト持ち運びもしやすく、車内でも場所を取りません。重量は4.4キロとかなり軽く、横幅も41センチです。車の後部座席にコッコロ2台置き、ママが座ることも可能です。軽自動車だけでなく、双子や年子のお子さんがいる方にもおすすめです。重量が軽いので自動車が2台あり、付け替える必要がある場合もおすすめです。

赤ちゃんの姿勢が安全で自然な姿勢を保てるインナークッションを使用しており、安全基基準もECEを満たしているので安心です。

リーマン ロングユースタイプ

リーマン CG002 カイナ ブラック
リーマン CG002 カイナ ブラック
口コミ

取り付けはシートベルトで固定する方式で ISOFIXのタイプに比べ手間はかかりますが その分安くて何より軽い。新生児から7歳までこれ一つで行けるのは本当に助かります(原文より抜粋)

新生児から7歳ごろまで長く使えるロングユースタイプです。重量は6.9キロ、横幅は49センチのコンパクトな大きさです。5点ベルト式でヘッドレストがついており頭を守ります。軽自動車に乗られている方におすすめするだけでなく、兄弟がいてチャイルドシートが複数必要な場合も車内に置きやすく、長く使えるのでおすすめです。

コンビ製のおすすめとは?

ベビー用品の大手メーカであるコンビには、多くのベビーシートやチャイルドシートが販売されております。その中でおすすめのベビーシートを2点紹介しましょう。

コンビ 回転型

コンビ クルムーヴ スマート エッグショック JG-600
コンビ クルムーヴ スマート エッグショック JG-600

¥ 64,800

コンビの回転型チャイルドシートです。横幅は53センチ、重量は11キロと回転式チャイルドシートの中では、コンパクトです。回転式なので、赤ちゃんを車の乗り降りさせやすくおすすめです。新生児の柔らかい頭や体を守るためにエッグクッションがついており衝撃から体を守ります。

熱がこもりにくいエアスルーシステムを採用して、瞬時に吸収する素材を使っており、夏でも快適なのでおすすめです。前向きでも後ろ向きでも3段階のリクライニングがあるので、赤ちゃんの好みの角度にできます。

コンビ チャイルドシート

コンビ チャイルドシート ウィゴー エッグショック
コンビ チャイルドシート ウィゴー エッグショック

¥ 27,000

口コミ

注文してから到着までがとても早くて驚きました。軽くて、車にも取り付けやすいように思います。交換用のベルトもついているので、良かったです。

重量が6.1キロ、取り付けや持ち運びがしやすいので、自動車が家に2台ある方や、カーシェアを利用されている方におすすめです。新生児の柔らかい頭や体を守るようにインナークッションとエッグクッションがついており、衝撃から守ります。インナークッションの使用時期が過ぎると、シートカバー頭部に付け替えられるので安心です。

おすすめのチャイルドシート

ベビーシートは新生児から1歳位までの物をさしますが、すぐに使えなくなるよりも、長く使える物を探したい場合もあります。チャイルドシートは新生児から4歳頃まで使用でき、色んな物がでています。ここではチャイルドシートでおすすめの物を2点紹介しましょう。

グレコ チャイルドシート

GRACO (グレコ) チャイルドシート G-FLOW(ジーフロウ) レッドRD 【3段階リクライニング + ふわっとクッション搭載】 67194 グレコ
GRACO (グレコ) チャイルドシート G-FLOW(ジーフロウ) レッドRD 【3段階リクライニング + ふわっとクッション搭載】 67194 グレコ

¥ 12,800

口コミ

軽くて、装着も、簡単ですよ。 孫も乗り 心地もいいようで、直ぐに寝てしまいました。

重量が5.8キロと回転式チャイルドシートとしては軽量で、新生児から4歳頃まで使えるのでおすすめです。赤ちゃんの頭や体を守るためにヘッドパットと厚みのある新生児パットがついており、赤ちゃんの成長に合わせて取り外しができます。汚してしまった時はシートカバーは洗える点もおすすめです。

ジョイ―チャイルドシート

ジョイー チャイルドシート バリアント Valiant グレーボーダー
ジョイー チャイルドシート バリアント Valiant グレーボーダー

¥ 21,384

口コミ

前回も買いましたが、今回は長年使用できるものにしました。 作りもしっかりしていて安心です。 取付がもう少し楽になると超最高!

新生児から7歳ごろまで長く使えるチャイルドシートです。子供の成長に合わせて、形を変えることができ、肩ベルトやヘッドレストを調整して長く使えるのでおすすめです。セカンドカーや祖父母の家に遊びに行った時など、時々しか乗らない場合、長く使えるチャイルドシートは経済的なのでおすすめです。

デザインもボーダー柄で3色から選べ、おしゃれです。ECE R44/04(欧州安全基準)を満たしているので安心です。

おすすめのベビーシートのメーカー・代表製品

ベビーシートは多くのメーカーから発売されています。ここでは、ベビーシートの代表的なメーカのおすすめの代表製品を3点紹介します。

アップリカ

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス
Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス

¥ 29,700

口コミ

座面の幅も広く子供もゆったり座れて嫌がらなくなりました。フルフラットにするとより寝てくれるので凄く良いです。ベルトの調整が少しゆるみやすいですが、乗せた時に締めれば特に問題なしです

回転型のチャイルドシートで人気のメーカーの代表の製品です。新生児から4歳頃まで使えます。赤ちゃんをベットのように仰向けで寝かせられるので、帰省などで長時間自動車に乗る機会が多い方におすすめです。頭や腰を支えて守る柔らかいクッションが使われています。

コンビ ロングユースタイプ

コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH ネイビー
コンビ Combi チャイルドシート ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH ネイビー

¥ 41,040

新生児から7歳頃まで使用できるチャイルドシートです。ジュニアシートモードでは、身長120センチ、体重25キロまで可能なので、1台で長く使えるため経済的でおすすめです。エッグクッションと呼ばれる衝撃を緩和するインナークッションを使っており、衝撃から頭を守ります。シートカバーは洗濯機で洗濯できるので衛生的です。

日本育児チャイルドシート

日本育児 チャイルドシート Bambino (バンビーノ)
日本育児 チャイルドシート Bambino (バンビーノ)
口コミ

価格は安く、性能、機能的にも勿論合格点です。インナーパッドとリクライニングにより、新生児から使えるので、目的は果たしてくれます。カバーも外して洗えるし、取り付けも簡単(原文抜粋)

新生児から4歳頃まで使えるチャイルドシートです。重量が6.2キロ、横幅が45センチのコンパクトで、カラフルなデザインが特徴です。リバーシブルのインナーパットがついており、1年を通して快適に過ごせます。リクライニング機能があり、レバーを引くだけなので簡単に操作ができて便利です。比較的価格も安いため、おすすすめです。

ベビーシートの使い方・活用方法

ベビーシートは自動車を乗る上で必ず必要になるので、出産前の準備で検討される方も多いでしょう。自宅用だけでなく、里帰り出産する場合、里帰り先でも必要ですので忘れずに用意しましょう。短い期間だけであれば、レンタルという方法もあります。

新生児から1歳頃までのベビーシートは使用期間が短いですが、ベビーキャリーの機能があるので、寝てしまった赤ちゃんを運ぶ際、起こさずに運びやすくおすすめです。ベビーチェアとしても使えると家の中でも使えます。ベビーシート以外の機能は必ず必要ではありませんが、目的によって選びましょう。

新生児から4歳頃まで使えるチャイルドシートは色々な種類がでています。チャイルドシートによって少しずつ機能が違います。必要と感じる機能と予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

利用する自動車や家族構成でベビーシートを選ぼう

ベビーシートおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベビーシートは自動車を乗る上で欠かせない物です。ベビーシートには色々な機能があり、使える時期も異なります。家庭によって乗る自動車や家族構成も異なるため、家庭によっておすすめのベビーシートが違います。軽自動車や2台以上の自家用車に乗る、兄弟がいる場合などは、軽量でコンパクト、持ち運びがしやすいタイプがおすすめです。

新生児から1歳までのベビーシートは使用期間が短いですが、ベビーシートならではの機能があるのも魅力的です。その後は1歳から長く使えるチャイルドシートに替える予定がある場合はおすすめです。

1台で新生児から7歳頃まで長く使える物もあり、チャイルドシートが必要な年齢の間は1台で済ませたい場合は魅力的です。自身の乗る自動車や家族構成で、ベビーシートは検討しましょう。

Related