Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月15日

赤ちゃん用爪切りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

赤ちゃんの爪は、大人とは異なるので、爪を切るのが怖いと感じているお母さんは多いです。しかし、赤ちゃんの爪切りはこまめに行わなければ赤ちゃんが怪我をしてしまう原因となります。今回は、赤ちゃん用爪切りの種類やおすすめの選び方、おすすめの爪切りなどをご紹介します。

赤ちゃん用爪切りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

赤ちゃん用爪切りの種類と選び方

赤ちゃんの爪は、大人と違って小さく薄いので、爪を切るのが怖いと感じているお母さんは多いです。しかし、赤ちゃんの爪を切らずにそのままにしていると、顔を引っかいて傷つけてしまうだけでなく、指しゃぶりによって口の中を傷つけてしまう可能性もあります。

赤ちゃんの爪は、大人よりも伸びるスピードが速く、こまめにお手入れを行わなければ、硬い壁やおもちゃに赤ちゃんの爪が引っかかり、爪が捲れてしまうこともあります。しかし、赤ちゃんの爪切りは種類も豊富でどのようなものを選べば良いのか迷ってしまうお母さんがおおいです。

今回は、赤ちゃん用爪切りの種類やおすすめの選び方、おすすめの爪切りなどをご紹介します。

赤ちゃん用爪切りの種類

赤ちゃん用の爪切りは、大きく分けてハサミ型とてこ型、やすり型の3種類があります。お母さんが使いやすい爪切りを選びましょう。

はさみ型

月齢が低い赤ちゃんの爪を切る爪切りは、ハサミ型になっていることが多いです。赤ちゃん用なので、刃先が丸くなっており、赤ちゃんを傷つけてしまう可能性が低くなっています。爪を切る角度や赤ちゃんの爪の幅を調整しやすくなっています。

大人の爪切りとは形状が異なるので、慣れるまでに時間がかかりますが、てこ型とは異なり、爪切りの中に爪が入らないので、衛生的に爪を切ることができます。新生児など月齢の低い赤ちゃんの爪を切るのにおすすめの爪切りです。

てこ型

てこ型は、大人の爪切りと同じ形状の爪切りです。形は同じですが、赤ちゃん用なので、サイズが小さいのが特徴です。刃先が真っ直ぐになっているので、深爪しにくいようになっています。普段使っている爪切りと同じ形状なので、使いやすいと感じるお母さんも多いです。

しかし、てこ型の爪切りは新生児など月齢の低い赤ちゃんの柔らかい爪には向かないために、まずははさみ型の爪切りを使用して、月齢が進んだ時にてこ型の爪切りを使用するのがおすすめです。

やすり型

赤ちゃんの爪を切るのは、怪我をさせてしまいそうで怖いと感じるお母さんには、やすり型の爪切りがおすすめです。爪を切るのではなく、削って爪を短くするので、赤ちゃんに怪我をさせてしまう心配がありません。はさみ型やてこ型の爪切りで爪を切ったあと、やすりで尖った部分がないように整えるために使用することもおすすめです。

やすり型は怪我をさせてしまう危険性は一番低いですが、爪を切るのではないので、時間がかかってしまいます。時間がかかると赤ちゃんが嫌がってしまう可能性も高くなります。

やすり型の爪切りは、使い捨てのものと電動の2種類があります。電動の爪切りは、他の爪切りに比べて高価なものが多いので、まずは使い捨てのやすり型を使ってみるのがおすすめです。

赤ちゃん用爪切りのおすすめの選び方

赤ちゃん用の爪切りは、月齢に合ったものを使用するのがおすすめです。てこ型の爪切りは、柔らかい赤ちゃんの爪を切ると、爪を割ってしまう危険性があります。新生児など月齢の低い時にははさみ型を使用して、徐々にてこ型に切り替えましょう。

電動やすりは、アタッチメントが月齢によって異なるものがあるので、使用する前に確認をしてから使用することをおすすめします。

また、赤ちゃん用の爪切りは刃先が丸くなっていたり、小さくできていたりと安全性が高いものが多いですが、お母さんが上手に使用できなければ怪我をする可能性も出てきます。お母さんの使いやすい爪切りを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃん用爪切りおすすめ人気ランキングTOP3

赤ちゃん用爪切りには色々な種類があり、どの赤ちゃん用爪切りを赤ちゃんに使ってあげたら良いのか迷ってしまうことも多いです。おすすめの赤ちゃん用爪切りをランキング形式で3つご紹介します。赤ちゃん用爪切りを購入する時に、どんな赤ちゃん用爪切りを買えばいいかわからない場合は参考にしてください。

ランキング3位:「貝印 ベビー用ツメキリハサミ」

貝印 ベビー用ツメキリハサミ
貝印 ベビー用ツメキリハサミ

¥ 756

口コミ

ロック式で、子どもがいても安心かな?という予想どおり、しっかり目のロックで子どもでは開けられなさそうです。切れ味もよく、満足してます。

貝印のベビー用ツメキリハサミは、新生児用の爪切りハサミです。使わないときは、ロックをすれば刃が開かないようになっています。上の子がいて、ハサミを触ってしまう場合にもおすすめの爪切りハサミです。

ランキング2位:「コンビ ベビーレーベル ネイルケアセット 」

コンビ ベビーレーベル ネイルケアセット
コンビ ベビーレーベル ネイルケアセット

¥ 4,113

口コミ

ハサミも持っていますが、新生児にも今後はこちらを使って爪切ろうと思います。うっかり切り過ぎてしまうことがないので安心です。

コンビのベビーレーベルネイルケアセットは、赤ちゃんの爪切りがはじめてというお母さんにおすすめのネイルケアです。赤ちゃん用3タイプ、お母さん用3タイプで合わせて6タイプのアタッチメントが付属しています。

360度回転ケアで爪が引っかかることが少なく、振動も気にならないので、赤ちゃんを起こさずに爪のケアをすることができます。また、ライトがついているので、暗い部屋でも安全に赤ちゃんの爪をケアすることが可能です。

赤ちゃんだけでなく、お母さんの爪のケアにも使用できるので、長い間使いたいというお母さんにもおすすめの電動爪やすりです。

ランキング1位:「ピジョン ベビーこだわりおていれセット」

ピジョン ベビーこだわりおていれセット
ピジョン ベビーこだわりおていれセット

¥ 2,484

口コミ

とってもコンパクトになっているのにそれぞれのものはしっかり使えます。 特に爪切りは、気になったときにすっと取り出せるし、綺麗に切れるし! あと、ピンセットもかなり使ってます。

ピジョンのベビーこだわりおていれセットは、爪だけでなく、鼻や髪の毛のお手入れに必要なアイテムがセットになっています。毎日のお手入れに必要なものがまとめてあるので、赤ちゃんのお手入れにはどのようなものを購入すれば良いのかわからないお母さんにもおすすめです。

新生児の爪切りハサミは、生後間もない赤ちゃんに使用するための爪切りはさみです。先端が丸く、薄い刃のため、赤ちゃんの柔らかい小さな爪が切りやすいようにできています。ハンドルは3本の指で支えるような形になっているので、安定して使用することができます。

爪切りのハサミにはケースもついているので、もし赤ちゃんが踏んでしまったとしても安心です。

特徴・用途別おすすめの赤ちゃん用爪切り

赤ちゃん用爪切りには、はさみ型の赤ちゃん用爪切りややすり型の赤ちゃん用爪切りなどさまざまな特徴があります。使い捨てのやすりや電動やすりなど特徴・用途別におすすめのおしりふきをご紹介します。

赤ちゃんのおすすめの使い捨てやすり

アリーナ やさしく削って爪の長さをととのえる 赤ちゃんのつめきり用 やすり ベビーキュピカ
アリーナ やさしく削って爪の長さをととのえる 赤ちゃんのつめきり用 やすり ベビーキュピカ

¥ 486

口コミ

ハサミで爪を切った後、整えるために購入しました。嫌がるかなと思いましたが、最初だけ手を引っ込められるだけでその後はじっとしてくれています。おかげで滑らかな爪先になりました

アリーナのベビーキュピカは、赤ちゃんの爪を優しく削って爪の長さをととのえる赤ちゃんのつめきり用使い捨てやすりです。表と裏でやすりの粗さが異なるので、赤ちゃんの成長や、爪の伸び具合に合わせて使い分けることが可能です。

やすりは1本ずつちぎって使用できます。赤ちゃんに使用するやすりなので、衛生面が気になるお母さんにもおすすめのやすりです。軽量なので、持ち運びに便利です。旅行や帰省先で赤ちゃんの爪の伸び具合が気になった時に使用するのがおすすめです。

おすすめのはさみ型爪切り

Smiley Baby ベビー用ツメキリハサミ
Smiley Baby ベビー用ツメキリハサミ

¥ 864

口コミ

8ヶ月の子供が、新生児の時から使ってます。指を入れる穴がしっかり大きくて、とても切りやすいです。寝ているうちに切ってます。

Smiley Babyのベビー用ツメキリハサミは、大きな可愛らしい持ち手が特徴のベビー用爪切りです。内側の素材は柔らかい樹脂になっているので、お母さんやお父さんの指にフィットして持ちやすくなっています。キャップがついているので、保管する際にも便利です。

おすすめの電動やすり

peipa 電動爪切り
peipa 電動爪切り
口コミ

下の子は暴れてなかなか切らせてくれないので困っていました。 こちら使い出してからは音が静かなので寝ている間にぱぱっと終わらせることができ助かっています。

peipaの電動爪切りは、イルカの輪郭をデザインしており、見た目にもこだわった電動爪やすりです。ヘッドの収納ケースがついているので、小さなアタッチメントを無くすことはありません。赤ちゃんの月齢に合わせて4つのアタッチメントを切り替えて使用することができます。

10分間作業をしたら自動的に電源がオフになる仕組みになっています。電源をオフにするのを忘れてしまっても安心できます。

おすすめの赤ちゃん用爪切りのメーカー・ブランド3つと代表製品

赤ちゃん用爪切りは、色々なブランドやメーカーから販売されています。赤ちゃん用爪切りは、赤ちゃんの柔らかい爪を切るものなので、こだわりたいというお母さんも多いです。おすすめの赤ちゃん用爪切りのメーカーやブランドを3つご紹介します。各メーカーやブランドの代表製品もあわせてご紹介します。

日本育児

日本育児 ベビー爪切り ネイルケアセット
日本育児 ベビー爪切り ネイルケアセット

¥ 4,104

口コミ

大人も一緒に使えるので良いです。 音が気になるかと思いましたが、 起きているときに使用すれば問題なく、 ご機嫌でいてくれるので助かります。

日本育児は、ベビーのために世界からをモットーとしているメーカーです。世界中の国から優れた育児用品を厳選し、高品質で使いやすい製品を扱っています。

日本育児のベビー爪切りネイルケアセットは、パット部分をあてるだけで簡単に爪を削ることができる電動爪やすりです。爪を切るのが怖いお母さんやお父さんにおすすめです。回転速度は2段階に切り替えることができます。月齢に合わせて4種類のアタッチメントがついているので、成長に合わせて取り替えることができ、長期間使用することができます。

コンビ

コンビ  ベビーレーベル つめきりハサミ パウダーピンク
コンビ ベビーレーベル つめきりハサミ パウダーピンク

¥ 864

口コミ

赤ちゃん爪切りはいろいろな種類が出てますが、結局はこういうシンプルなのがいちばん良いです。 刃先がカーブしているので、小さな爪の湾曲に沿って使い易いです。

コンビは、安全で高品質なベビー用品を開発・販売しているメーカーです。赤ちゃん用のお手入れ用品の他にベビーカーやチャイルドシートなども販売しています。

コンビのつめきりハサミは、はさみの先端が丸くなっており、赤ちゃんを傷つけないような設計になっています。赤ちゃんの爪を切りすぎて深爪になるのを防ぐために、刃先が湾曲しており、爪を切るのが怖いお母さんでも安心して切ることができ、おすすめの爪切りです。

つめやすりもついているので、爪を切った後に整えてあげることもできます。持ち手が大きいので、お母さんだけでなく、お父さんでも扱いやすくなっています。お母さんが授乳している時にお父さんに切ってもらいたい場合におすすめの爪切りです。

ピジョン

ピジョン ベビーつめきり
ピジョン ベビーつめきり

¥ 918

口コミ

狭い隙間にも入り込みきれいに切ることができて、のびた爪がハイハイなどした時にひっかかって割れることがなくなりました。 はさみタイプに比べて手の爪を切るのも早くなって助かっています

ピジョンは、ベビー用品全般を扱っているメーカーです。特に、哺乳瓶のトップブランドとして有名です。

ピジョンのベビーつめきりは、生後9ヶ月から使用できるてこ型の爪切りです。小さく平らな刃先になっているので、深爪しにくくなっています。てこ型の爪切りの方が使いやすいと感じるお母さんにおすすめです。

お母さんやお父さんが持ちやすいサイズ感で、赤ちゃんの爪を切りやすい安定感のある形状です。切った爪が飛び散ってしまわないようにケースもついています。赤ちゃんの爪の掃除が大変だと感じるお母さんにおすすめです。

赤ちゃん用爪切りの使い方・活用方法

赤ちゃんは、爪を切っている間大人しくしていることはできません。むしろ、無意識に手足をバタバタさせてしまうので、切りにくいです。無理に押さえつけようとしても、嫌がって泣いてしまうことも多いです。

他人の爪を切る経験は行ったことのない人の方が多く、爪切りに慣れていないお母さんやお父さんは、爪を1つ切るだけでも非常に苦労します。自分の爪を切る時には、爪切りをあてている感覚を探りながら切っていますが、他人の爪を切る際には感覚がわからないので、非常に切りにくく感じます。

また、爪を切る時に怪我をさせてしまうのではないかという恐怖で爪切りができないお母さんもいます。赤ちゃん用爪切りのおすすめの使い方や活用方法をご紹介します。

赤ちゃんの爪を切るおすすめの方法

赤ちゃんの爪を切る時には、赤ちゃんをバウンサーやベビーベッドなどに寝かせます。右手の爪を切る時には右側、左側の爪を切る時には左側に位置すると切りやすくなります。お座りができるようになれば、膝の上に座らせて切るのもおすすめです。

爪を切る予定の指の第一関節をしっかりと持ち、固定します。爪切りハサミで爪の両端を切った後に中心の部分の爪をカットします。1回で爪を切ってしまおうとはせず、赤ちゃんの爪が丸くなるように4回や5回にわけて少しずつ切っていくのがおすすめです。

深爪や巻き爪にならないように、爪の白い部分がわずかに残るように爪切りを行いましょう。

赤ちゃんの爪を切るコツ

赤ちゃんは、爪切りを怖がってしまうことも多く、爪切りをされていることに注意が向くと暴れてしまいます。赤ちゃんの爪切りを行う時のコツは、赤ちゃんが寝ている間や、授乳中、テレビを見ている間など赤ちゃんが爪切りをしていることに気付かない時に爪を切ってしまうことです。

もし、赤ちゃんが爪切りをしていることに気付き、暴れてしまった場合には全て切ってしまおうとはせずに、明日や明後日など別の日に切るようにするのがおすすめです。1日で全て切ってしまう必要もないので焦らないようにしましょう。

赤ちゃんが眠っている間であっても、指が動いてしまう可能性があるので、細心の注意を払って爪を切るようにしましょう。

赤ちゃんの爪切りの活用方法

赤ちゃんの電動爪やすりは、アタッチメントがいくつかついているものが多いです。そのアタッチメントの中には大人用のアタッチメントがあり、お母さんのネイルケアに活用することができます。

お母さんの爪が伸びていると、赤ちゃんに怪我をさせてしまう危険性があります。赤ちゃんの爪を切る機会にお母さんの爪もケアすることをおすすめします。

赤ちゃんの爪はこまめにケアしよう

爪切りは、実際に使用してみないと使いやすいかどうかはわかりにくいですが、口コミなどを参考にして、お母さんが使いやすそうと感じる爪切りを見つけましょう。実際に店舗で爪切りを見てみると、握り手の大きさやハサミの大きさがわかりやすいのでおすすめです。

爪を切るのが怖いというお母さんであれば、やすりの使用をおすすめします。先に大まかに爪を切って、細かい所はやすりで行うようにすると時間をかけずに爪をケアすることができます。

赤ちゃんの爪は、伸びる速度が速く、お母さんが知らないうちに伸びてしまっています。顔や目などのデリケートな部分をひっかいて怪我をしてしまわないように、こまめに爪を切ってあげましょう。

Related