Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月07日

B型ベビーカーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

子育てにとって必須アイテムと言っても過言ではないのがベビーカーです。そんなベビーカーですが、本当にたくさんの種類があり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。今回はそんなベビーカーの中でもB型ベビーカーについて詳しくご紹介していきます。

B型ベビーカーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

B型ベビーカーってどんなもの?選び方もご紹介!

子育てにとって必須アイテムと言っても過言ではないベビーカーですが、今回はB型ベビーカーについて、詳しくご紹介していきます。

ベビーカーにはA型とB型がある!

ベビーカーには大きく分けてA型とB型のベビーカーがあります。

A型ベビーカーは生後1ヶ月から使えます。シートが水平に近い状態までリクライニングできるので、赤ちゃんを寝かせた状態で乗せることができます。赤ちゃんを包み込むように作られたシートや、衝撃を吸収してくれるシートなど、シートのクッション性がいいのもA型の特徴です。

またA型ベビーカーは、赤ちゃんとママが向かい合う対面式と、赤ちゃんもママと同じ方を向く背面式の両方ができます。まだ寝かせた状態のときはママの顔が見える対面式の方が赤ちゃんも安心するのでおすすめです。ひとりでしっかり座れるようになった7ヶ月頃から背面式にすると、赤ちゃんも周りの様子が見られて楽しむでしょう。

クッション性や安定感を重視しているのでB型に比べるとベビーカー自体が重く、お値段も上がりますが、まだお座りができない頃から乗せるのであればA型がおすすめです。

B型ベビーカーって?

次に、今回詳しくご紹介したいB型ベビーカーです。

B型ベビーカーは、お座りができるようになる生後7ヶ月以降の子ども向けのベビーカーです。A型のように対面式に変えることはできず、背面式でのみ使います。ひとりでしっかりと座れるようになってから使うので、リクライニングがついていないものも多いです。

シンプルな作りなのでA型に比べて軽く、小さく折り畳めてコンパクトなのがB型ベビーカーの大きな特徴です。持ち運びが便利なのはもちろん、収納にも場所をとりませんし、広げた状態でもA型に比べてコンパクトで小回りもききます。電車などの公共交通機関で使うのにもおすすめです。

また、A型ベビーカーに比べて価格もお手頃なので、新生児から使えるA型ベビーカーを使っていたけどベビーカー自体が大きすぎて使いづらくなったからと、B型ベビーカーをセカンドベビーカーとして購入される方もいらっしゃいます。

B型ベビーカーを選ぶポイントはここ!

さてそんなB型ベビーカーですが、どんなものを選んだらいいのでしょうか。選ぶポイントをご紹介します。

まずは折り畳み方です。B型ベビーカーはコンパクトに折り畳めるのが特徴ですが、折り畳む方法はそれぞれ違います。片手で折り畳める、ちょっとの力で折り畳める、など、自分がやりやすいものを選んでください。

次にハンドルの高さです。地面からシートまでが高いハイシートのものもあり、ハンドルの高さもそれぞれです。低すぎたり高すぎたりすると使いづらいので、自分の身長に合うかどうか、お店で実際に試すことをおすすめします。

カゴの大きさも選ぶときのポイントになります。ベビーカー自体がコンパクトなだけでなく、荷物もある程度入る方がお出かけのときには助かります。カゴの大きさや荷物の入れやすさもチェックしてみてください。

B型ベビーカーを買うときのポイント!

最近はネットでもB型ベビーカーは購入できますし、実際お店で買うよりもお安くなっている場合もあります。しかし、ここでおすすめしたいのが、ネットで購入する前にお店でベビーカーの実物を触ってから購入する、ということです。

先ほどお話したように、B型ベビーカーを選ぶポイントである折り畳み方やハンドルの高さは、実際に試してみないと自分に合うかどうか分かりませんし、カゴに関しても大きさはネットでも分かりますが、荷物の出し入れがしやすいかどうかはやってみないと分かりません。

もちろんベビーカーの押し心地や小回りがきくかどうか、扱いやすいかどうかも実際に試してみて分かりますし、B型ベビーカーはたくさん種類がありますので、いろいろなものを触って試して自分に合う1台を見つけてください。

B型ベビーカーおすすめbest3はこれ!

それでは、数あるB型ベビーカーの中から、おすすめしたいbest3をご紹介します。

おすすめランキング3位

マクラーレン volo
マクラーレン volo
口コミ

あまり頻繁には使いませんが、やはり長距離移動の時や広々した場所に昼間行くときなど重宝しています。 また乗り心地も気に入っているのか、このバギーだといつの間にか眠ってしまっていたり。

おすすめ3位のこのB型ベビーカーは、4.3㎏あり超軽量、とまではいきませんが、コンパクトに折り畳め狭いスペースにも収納可能です。それだけではなく、子どもに優しい機能がたくさんあります。

サンシェードが小さいものが多いB型ベビーカーの中では珍しく大きなフードがついていて、なんとUPF50+なんです。日差しが気になる季節でも安心です。さらに撥水加工、防汚加工がしてあり、シート自体も丸洗いできる素材なのでお手入れも簡単なのでおすすめです。

また荷物を入れるカゴの底部分には地熱を反射する「ヒートリフレクティブシート」が使われていて、シートも通気性のよいメッシュタイプなので暑い時期も快適に過ごせます。

片方のブレーキを踏むと自動で両方のペダルのブレーキがきく「トランスペアレントブレーキペダル」が採用されているので、安全面でも安心できる、おすすめのベビーカーです。

おすすめランキング2位

リッチェル カンガルー
リッチェル カンガルー

¥ 25,920

口コミ

とにかく軽くて移動が楽になりました!買い物をするとさらに荷物が増えるので、本体が軽いと助かります。抱っこしたままでも片手で開けられるし、走り心地も安定してて扱いやすいです。

おすすめ2位のこのB型ベビーカーは、カンガルーのお母さんが赤ちゃんをお腹の袋に入れて移動するように、ママと赤ちゃんがいつでもどこでも一緒に行動できるように、というコンセプトから「カンガルー」という名前がついています。

2.8㎏という超軽量でワンタッチで開閉でき、折り畳んだあとも自立するので持ち運びにとても便利です。それだけではなく、51㎝のハイシートで地熱やほこりから赤ちゃんを守り、幅32.5㎝のひろびろしたシートは赤ちゃんがゆったり座ることができます。

前後輪にサスペンションがついているので乗り心地もよく、小回りもききます。軽量でコンパクトな上に荷物を入れるカゴもついているので、お出かけにおすすめです。

おすすめランキング1位

アップリカ マジカルエアー2015
アップリカ マジカルエアー2015

¥ 21,060

口コミ

とにかく軽くて扱いやすい!今までベビーカーが重くて出すのが億劫になっていて、ほとんど抱っこ紐での外出だったのが、今ではどこに行くにも必ずベビーカーを持っていくようになりました!

おすすめ1位はアップリカのマジカルエアーです。2.9㎏と超軽量、ワンタッチで開閉できるのはもちろん、「新開発高剛性リジカルフレーム+ワイドタイヤ」で車体のグラつきを軽減し、B型ベビーカーで心配される、軽いが故に安定性が悪い、乗り心地が悪い、という点を解消してくれる、おすすめの1台です。

50㎝のハイシートで地熱やほこりから赤ちゃんを守るだけでなく、ハンドルの位置が約1mと高く押しやすいです。またB型ベビーカーには珍しくリクライニング機能がついていて、118°~135°までリクライニングすることが可能です。お子さんが途中で寝てしまっても安心です。

20L(5㎏)と大容量で、荷物の出し入れもしやすいビックバスケットがついているのもありがたい、おすすめのB型ベビーカーです。

特徴・用途別におすすめをご紹介!

おすすめベスト3をご紹介しましたが、今度は特徴や用途に合ったB型ベビーカーをご紹介します。

お手頃価格のベビーカーならこれがおすすめ!

JTC ベビーバギー MA-G
JTC ベビーバギー MA-G
口コミ

きゃしゃに見えますがしっかりとしています。畳むとコンパクト、子供を載せている時も軽いので都会でキビキビ動く人にはお勧めです。

JTC ベビーバギー MA-Gはなんと5,000円を切るお値段のB型ベビーカーです。お手頃価格でおすすめするだけではなく、その使い勝手や安全性でも高い評価を得ています。

安全性の高い5点式シートベルトを採用していて子どもへの安全面はもちろん、着脱式のセーフティガードや折り畳むときの指はさみを軽減する構造になっていて、使う大人にとっても安心です。もちろんコンパクトに折り畳めて場所を取りません。

360°回転する前輪キャスターで小回りもききますし、後輪にはストッパーもついています。通気性のよいメッシュシートなので子どもも快適に座れます。8色のラインナップでどれもおしゃれなので迷ってしまいそうです。

セカンドベビーカーとして、また旅行のときなどに使いたいけど、あまりお金をかけたくないという方におすすめのB型ベビーカーです。

combiのB型ベビーカーならこれ!

F2plus エフツープラス
F2plus エフツープラス

¥ 37,800

口コミ

片手で簡単にたためて駅の階段なども軽々持ち上げられます!ベビーカーを押すのもスムーズでとにかく便利です!通気性もよく息子はベビーカーに乗ってすぐに寝ちゃいます。

F2plus AFは、B型ベビーカーですが1ヶ月~3歳頃までと長く使えます。3.8㎏と軽量で、折り畳んだときに持ちやすいように「持ちカルフレーム」もついているので、持ち運びにも便利です。開閉も片手で簡単にできるので、荷物が多かったりお子さんと手をつないでいたりしても大丈夫です。

53㎝のハイシートなので、地面からの熱やほこりから赤ちゃんを守ります。またリクライニングのないB型が多い中、120~165°のフルリクライニングができるので、お出かけ中に赤ちゃんが寝てしまっても背もたれを倒すことができるのでおすすめです。

ハンドルから前輪までが一直線になる構造で、片手で押してもスムーズに進み、小回りがきくように後輪より前輪が小さくなっているので、操作しやすさもこのF2plus AFの特徴です。

とにかく軽いのがいいならこれがおすすめ!

エンドーCOOL KIDS バギー
エンドーCOOL KIDS バギー

¥ 7,538

口コミ

驚くほど軽く、しっかりした作りで大満足です! 機内持ち込みできないサイズですが、(折り畳むと長細いため)肩にもかけられ、コンパクトで海外旅行にも最適でした♪

エンドー COOL KIDS バギーは、総重量2.85㎏ととにかく軽いです。アルミフレームを使っているのがその軽さの理由です。専用のショルダーストラップもついているので、持ち運びに便利です。

折り畳み方はレバーを動かして上に持ち上げるだけなので簡単ですし、タイヤは360°回転するので小回りもききます。折り畳むと幅27㎝ととてもコンパクトになるので収納スペースを取りません。車のトランクに積んでおくのも邪魔になりません。ただ、折り畳んだ状態では自立しないので、ストラップで吊り下げるか立てかける必要があります。

前輪にはサスペンションがついていますし、多少の段差は問題ありません。荷物入れのカゴはついていませんが、旅行に持って行きたいなどとにかく軽さを重視したい方にはおすすめです。

安定感重視ならこのB型ベビーカー!

JEEP スポーツ スタンダードベビーカー
JEEP スポーツ スタンダードベビーカー

¥ 12,744

口コミ

A型もまだ乗れなくはないのでかなり悩みましたが、一歳半の息子に購入。押し心地がすごく軽い!そして畳むとものすごくスリムになるのも魅力です。

このB型ベビーカーの特徴は何といっても走行中の安定感です。どんな悪路でも走り抜けるJEEP車のように安定した走りを目指して作られていて、B型ベビーカーのタイヤのサイズは直径14㎝ですが、このベビーカーは15㎝と大きめのタイヤがついています。また、上下左右に対応して路面をとらえる3Dソフトサスペンションもついているので、凸凹道や段差もへっちゃらです。

重さは5㎏と他のB型ベビーカーと比べると思いですが、折りたたむとA4サイズのスペースに収まるサイズまでコンパクトになり、自立もするので収納スペースに困りません。車や玄関に置いておくのにもおすすめです。

凸凹道や段差の多い道を通ることがある方には特に、安定感抜群のこのベビーカーがおすすめです。

おすすめのB型ベビーカーのメーカーはこの3つ!

ここまで、トータル的に見たおすすめのB型ベビーカーや、特徴別におすすめのベビーカーを紹介してきました。B型ベビーカーの購入を考えたことのある方なら一度は目にしたメーカーや商品だったでしょう。

でもおすすめのB型ベビーカーはまだまだあります。今度はおすすめのメーカーごとにご紹介します。

レカロ

レカロ Easylife
レカロ Easylife
口コミ

ちょっと重いなと思いますが、息子の重さも相当あり、これを支えてくれなくては困りますし、畳むと高さが低くなるので圧迫感がありません。

レカロはドイツのメーカーで、車や電車、飛行機などいろいろな部門のシートを取り扱う、シートメーカーとして知られています。車好きのパパはご存知でしょう。そのシートづくりの技術を活かしてベビーカーやチャイルドシートも製造するようになりました。

レカロの代表的なB型ベビーカーと言えばこの「Easylife」です。シートは丸洗いできて清潔に保てますし、リクライニングがB型ベビーカーでは珍しく100°~140°リクライニングの幅があり、子どもが乗ったまま寝てしまってもゆったり寝ることができます。お出かけ先で寝てしまうことが多いお子さんにおすすめです。

B型ベビーカーの特徴でもあるコンパクトに畳めるのはもちろん、このEasylifeは59㎝の高さまで小さくなるので収納に便利です。また、ダブルホイールとサスペンションのお陰で凸凹道も安定して走ることができるのもうれしいです。

リッチェル

リッチェル リベラ フルエR
リッチェル リベラ フルエR

¥ 23,760

口コミ

組み立ても簡単、荷物もたくさん入るのと、折り畳みも片手では出来ないですが、動作が『レバーを掴んでしゃがむだけ』と楽々。幅もとらないので、収納しやすいです。

リッチェルは、ストローマグや離乳食用の食器、ベビーバスなどベビー用品を多く取り扱っているメーカーです。こうしたベビー用品でリッチェルの名前をご存知の方も多いでしょう。そんなリッチェルからは、先ほどご紹介した「カンガルー」の他に「リベラ フルエ」も発売されてて、こちらもおすすめです。

おすすめポイント一つ目は、7ヶ月~48ヶ月、つまり4歳までと長い期間使えるということです。B型ベビーカーのほとんどが3歳までを対象としているので珍しいです。座面の幅も35㎝と広く、お子さんがゆったり座れます。

おすすめポイント二つ目は、収納かごが26Lと大容量なことです。出し入れする間口も広くなっていて、荷物が多くなるお出かけや買い物のとき助かります。

B型ベビーカーの特徴である、軽い、片手でコンパクトに畳める、という点も備えていますので、長く使いたい、荷物をたくさん入れたいという方におすすめです。

Goodbaby

Goodbaby POCKIT
Goodbaby POCKIT

¥ 27,000

口コミ

家から自転車→駅からポキットに乗せて電車移動が出来てとても役に立ってます。 海外旅行時の入管待ち等、飛行機から降りた後に子供が寝たりぐずったりする時にあると便利です。

Goodbabyは中国のメーカーで、中国国内だけでなくアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどにも進出しています。日本では秋葉原にある廣瀬無線電気株式会社が総合代理店となっています。

Goodbabyの代表的なB型ベビーカーがこのPOCKITです。POCKITの最大のおすすめポイントは、何と言ってもコンパクトに折り畳めることです。B型ベビーカーの中でもそのサイズは最小で、コンパクトホールド(W37×D20×H49.5cm)から、もう一段階畳むとウルトラコンパクトホールド(高さ38cm)まで小さくなります。これは飛行機内に持ち込めるサイズで、海外旅行などよく飛行機に乗る方などにとてもおすすめです。

6ヶ月~17kg(4歳前後)までと長期間使えるのもありがたいです。130°~150°のリクライニングも可能なので、旅行先でお子さんが寝てしまったときにも安心です。

B型ベビーカーってどんなときに使うの?

B型ベビーカーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここまでおすすめのB型ベビーカーをたくさんご紹介してきましたが、実際B型ベビーカーはどんなときに使うのでしょうか。

子どもは2歳前後になると一人で歩くのも上手になります。しかし、大人のように長時間・長い距離を歩くことはまだまだ難しいです。旅行などで歩くことが多いと疲れて寝てしまうこともあるでしょう。抱っこしようにも、2歳前後の子どもは体重が12、3㎏あるので、抱っこ紐を使っても大変です。

そんなときはB型ベビーカーの出番です。これまで紹介してきたように、B型ベビーカーの最大の特徴は軽くてコンパクトなことです。車での移動でもトランクに乗せやすいですし、電車や新幹線など公共交通機関の場合でもコンパクトに折り畳めて軽いので持ち運びやすいです。

歩く距離が長い旅行などにB型ベビーカーがあれば、お子さんが歩き疲れても寝てしまっても乗せることができて安心です。

B型ベビーカーを使ってお出かけを快適にしよう!

今回はB型ベビーカーをご紹介しました。たくさん種類があってどれにするか迷ってしまいそうですが、ご自分のここはこだわりたいというポイントを叶えてくれるB型ベビーカーを見つけるお役に少しでも立てたらうれしいです。

子ども連れだとつい荷物も多くなりがち、子どもも歩いてくれるか心配、そんな風に考えてお出かけしないのはもったいないです。軽くてコンパクト、持ち運びにとっても便利なB型ベビーカーを上手に使ってお出かけしましょう。

Related