Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月11日

時代小説のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

時代小説には、名作と言われている作品が多く名前を聞くだけで作品の概要がわかる程、有名な作品の数々です。その中でおすすめの時代小説を、ランキングTOP3と共に種類別のおすすめも一緒に、一度は読みたいと思って頂ける時代小説をそろえてご紹介します。

時代小説のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

時代小説の種類と選び方

中国ほどの歴史の長さはありませんけれども、日本にもたくさんの魅力あふれる時代のヒーロー達がいます。時代小説は過去の時代を生きた人達や、その時代に起こった事を主人公にして、江戸時代以前を題材として書かれて歴史小説とは区別されたカテゴリーです。

歴史小説と違って、架空の人物を主人公として語らせる事もできるのが時代小説の良さです。時代小説の種類や選び方、おすすめの時代小説などをご紹介していきます。

時代小説の種類

根強い人気がある、時代小説にはさまざまな種類があります。人気のシリーズなどは、TVでドラマになりお茶の間で見ることができます。時代小説がこんなに多くあるのかかと、思うほど作品があります大まかに種類を別けてご紹介していきます。

捕り物帖

江戸時代の、警察官といった役割をしていたのが与力であり同心と言われる人達です。江戸の町奉行所勤務の、与力や同心を主人公にしてさまざまな事件を解決したり謎を解いたり時には人情をからめた捕り物小説です。江戸時代では逮捕する事を、捕り物と言う言い方で行っていました。

時には手下の岡っ引きと言われ、十手を預かって同心のために働いていた人達を主人公として、捕物帖を書いた小説などもあります。野村胡堂の「銭形平次」陣出達朗の「伝七捕物帳」などは、十手持ちが主人公となって事件を解決していく小説です。

伝奇小説

歴史上の人物を登場させながら、架空の人物をからませて架空の話や現実離れした話とか忍者の話などの小説を伝奇小説と言います。山田風太郎の「魔界転生」荒俣宏の「帝都物語」など、SF系のお話なども多く奇想天外だけども読んで楽しい読み物です。

人の世の裏や人の持っている、悪の感情を表にした小説でなんとなく読者も納得できる時代小説が伝奇小説です。

剣豪小説

時代小説らしいと誰でも感じるのが、剣豪小説と言われる分野ではないでしょうか。歴史上の人物や、小説ですから架空の剣豪も主人公となり活躍したりします。柴田錬三郎の「眠狂四郎無頼」は、架空の人物が主人公の剣豪小説です。

吉川英治の「宮本武蔵」などは、歴史上の人物の足跡に幅をもたせて読者がワクワクするような物語を、書き上げて楽しませてくれています。

市井小説

この分野の小説は、ごく普通の市民の物語を小説にしたのが市井小説の特徴です。平岩弓枝の「御宿かわせみ」など、商人や職人などごく普通の暮らしをしている人達の物語を、小説にしたのが市井小説です。

有名な歴史上の人物はごく限られた一部の人達です。あっとう的に多い一般の住民の、たわいもない毎日のでき事が一番共感できます市井小説はそんな読み物です。

股旅物

笹沢左保の「木枯らし紋次郎」など、任侠の世界を小説にしたものを股旅物と言います。「清水次郎長」「国定忠治」など、任侠の世界も根強い人気があります。架空の人物を主人公としても、実在した人をモデルとして主人公にしても違う世界を楽しむ事ができます。

時代小説の選び方

時代小説だけではないのですが、何を読んだら楽しく読めるのか。時代小説も何を選ぶのか、基本的には好みの作家さんの書いた小説を選ぶ人は多いです。好きな歴史上の人物が主人公だったり、興味のある時代が背景にあったり楽しそうと感じて選ぶ事があります。

親しい人から、おすすめされて選ぶ事もありますし話題に上った時代小説があれば、選ぶ事もあります。時代小説の選び方も、一人一人それぞれ多様な選び方をしています。

時代小説おすすめ人気ランキングTOP3

時代小説はかなり幅広い種類があり、年代に関係なくたくさんの時代小説を愛する人達がいます。TVで見てから時代小説を読む人も若い人には多くいます。どのようなきっかけで時代小説に縁を持ったとしても楽しみながら自分のおすすめを見つけてください。

人それぞれ自分の中でのランキングもあるでしょうけれども、本を選ぶ時の一つの目安としておすすめのランキングTOP3を、ご紹介していきます。

ランキング3位 陽炎ノ辻をおすすめします

陽炎ノ辻
陽炎ノ辻
口コミ

文章も軽やかで読みやすく、江戸ものがはじめての人にも おすすめである。 ただ大変長い作品なので、今から全巻読み進めるには 根気が必要かもしれない。

おすすめのランキング3位は、佐伯泰英「陽炎ノ辻居眠り磐音 江戸双紙」です。居眠り磐音 江戸双紙は、1話完結ではなくストーリーが続いて完結まで続く形の作品です。シリーズを読み飛ばしても、ある程度内容がわかるような書かれ方をしていますので途中から読んでも大丈夫です。

「居眠り磐音 江戸双紙」は、ごく普通の青年が主人公で剣の腕はあるのですがのほほんとして描写がとても温かく読み切れる作品です。おすすめのポイントも、読んだ後にやさしいよいんが残るところです。

物語としては、主人公は親友も許嫁も一夜にして失うところから始まります。しかし、主人公の明るくのんびりした性格が幸いして、重い物を背負いながらも穏やかな時間が流れている作品です。もちろん、悪を倒していく痛快さもありそんなところがおすすめの一つです。

ランキング2位 坂の上の雲をおすすめします

坂の上の雲
坂の上の雲
口コミ

初めて、司馬遼太郎さんの本を読んでみた。 歴史小説。史実を基にして、より忠実に、そして、読みやすく。明治維新後の日本。 その時に日本人が何を考え、どう行動したのか。 物語の中に司馬さんの意見、考えが普通に入ってくる。

時代小説のおすすめのランキング2位として、司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」をご紹介します。この時代小説は、常に前を向いていた明治期の日本人の、バイタリティーを感じられる作品です。

欧米に追いつく事だけを考えて学んで、日本にそして日本人に合う形で色々な物を取り入れ貪欲に吸収していった、先人達がよく書かれている作品です。何でも吸収する事を楽しんでいるかのごとく、人々が生き生きと書かれ古い時代の慣習も残しながら近代化していった過程がまた世界情勢が分かりやすく学べる作品としておすすめします。

秋山兄弟と彼らの周りの人達、まだ時代がダイナミックに変わる時代を感じられる文章を楽しめます。また、時代背景を楽しみながら世界情勢と各国がどのような思惑でどのように動いたのか、そんなところも楽しめるおすすめの時代小説です。

ランキング1位 鬼平犯科帳をおすすめします

鬼平犯科帳
鬼平犯科帳
口コミ

これは簡単に全巻読破出来そうです。 粋ってこういうことを言うんだなぁー。 殺伐とした現代に、ひと時のオアシスに出会えたようです。

ランキング1位として、池波正太郎先生の「鬼平犯科帳」をご紹介します。鬼平犯科帳は今も、幅広い人気を誇る捕り物帖の代表的な作品でありおすすめできる作品でもあります。

鬼平犯科帳は、江戸時代の火付盗賊改方長谷川平蔵をモデルに書かれ捕物帖でもありますが、人情をからめた心に残る人物像になっています。ただの捕り物ではなく、食通として知られる池波正太郎先生の一面をこの作品の中でみることができます。同じ食べ物を食べてみたいと思わせる描写が、この作品にはあり素敵な作品に仕上がっていておすすめできるポイントです。

特徴・用途別おすすめの時代小説

時代小説の種類別に、たくさん素敵な作品がありそれぞれにおすすめの本があります。時代小説を手に取って読まれている方は、好きな作品だったり好きな作家さんの作品だから選んでいます。

時代小説ファンの中には、次に何を読もうかと迷っている方もいるでしょう。時代小説の各分野別に、おすすめの本をご紹介していきます。

江戸時代

聞き屋与平
聞き屋与平
口コミ

お江戸の人々の暮らし、人情の機微。そして主人公の心に重い秘密、、、 目の前に見えるように読み進みました。

宇江佐真理先生の、「聞き屋与平 江戸夜咄草」をおすすめします。この時代小説は、江戸時代を舞台に薬種問屋の隠居さんが一般の人達の話を聞く「聞き屋」のお話です。ただ話を聞くだけの物語なのです、有名人や高貴な方のお話ではなくごく普通の暮らしをしている人達のたわいもない話です。

主人公は話は聞くけれども、アドバイスなどは行いません聞くだけです。江戸時代の庶民の暮らしぶりが、話の端はしに垣間見れたりします。のんびりとした中にも微笑ましい情感が、おすすめのポイントです。

読みやすさ

しゃばけ
しゃばけ
口コミ

今まで読まなかったのを後悔しています。 時代物は殆ど読みませんが、こんなに面白いとは。 登場人物全てが生き生きと描かれています。

里中恵先生の、「しゃばけ」はおすすめです。読みやすさは当然なのですが、体の弱い若旦那のお友達として「あやかし」達が活躍する楽しい作品です。怖さよりも、面白さや楽しさが伝わる作品で、子供から大人まで楽しめる娯楽性を持った時代小説です。

ただ楽しいだけではなく、ミステリーも入っているので読み応えもあります。最後は若旦那が勇気をもって解決していきます。現代の若者にも、どこか通ずる感じもあり現代的な感覚で読む事ができます。

あやかしの中であやかし達が、怖い存在として書かれていないところがおすすめのポイントです。人間的なところや、本当にこんな時代があったのかもと読者に思わせる楽しさがあります。

おすすめのシリーズ物

陰陽師
陰陽師
口コミ

清明と博雅のかけあいの面白さが楽しめます!!! ビジュアル的に映画のイメージを持ったまま読んで大丈夫。 また、まんが(コミック)の陰陽師に興味がある方も、 こちらを読まれてからのほうがより細かいところまで楽しめると思います。 はまると古典的な言葉遣いがうつってしまいますのでご用心。

時代小説のシリーズ野中で、夢枕獏先生の「陰陽師」をおすすめします。平安時代を舞台に活躍していた陰陽師、安倍晴明を主人公として、魑魅魍魎や敵対する陰陽師との戦いを書いたシリーズです。平安貴族や庶民の暮らしなど、平安時代の時代背景なども学べるところもおすすめのポイントです。

陰陽師は暦を見たり、悪因を祓い良い因に変えたりできる術を持っていました。特に安倍晴明は、有名な陰陽師で実在する最強の陰陽師と言われています。時代小説の中でも、「陰陽師」は実際に秘術を持った実在の人物の物語です。現在でも安倍晴明は人気の高い歴史上の人物です。読み応えがある、おすすめの時代小説です。

人情物の時代小説

御宿かわせみ
御宿かわせみ
口コミ

一種の人情捕物帳ではあるが、謎解きそのものよりも 女性らしい細やかな神経で捉えた 柔らかな季節の移り変わりと 私たちがなくしてしまった江戸情緒、 そして何より主人公、旅籠の女主人の「るい」の古きよき たおやかな心性に惚れてしまう一作。

平岩弓枝先生の、「御宿かわせみ」人情物の時代小説としてもおすすめのお話です。元同心の娘で宿屋の女将と、幼なじみで南町奉行所与力の弟との恋愛を軸に事件や騒動を解決していく時代小説です。身分違いに悩みながらも、周りの協力もあって最後には恋愛を成就させることができる、ハッピーエンドの時代小説です。

女性が主人公の時代小説は

みをつくし料理帖
みをつくし料理帖
口コミ

読み出したら止まらず、休みの日は一日中読んでました。料理に人生を捧げ向き合う主人公が周りの人々と料理に支えられ成長していく。少し切なくてでも温かい、素晴らしい本です。本当に買って良かったです!!これからも何度も読み返します…そしてレシピを見ながら作ってみようと思います。

髙田郁先生の「みをつくし料理帖」は、江戸時代の女性が主人公で女性の板前さんのお話です。天涯孤独の主人公が、一人前の板前となり幼なじみを吉原から助け出し生まれ故郷の大阪へ帰るまでの物語です。

女性が主人公の時代小説はあまり多くあるわけではありません。「みをつくし料理帖」は、他の時代小説と違うところが一つあります。それは、料理のレシピが話題になった事です。本の巻末に、「澪の料理帖」として料理のレシピが各巻に付いているのもおすすめの一つです。

おすすめの戦国時代小説

のぼうの城
のぼうの城
口コミ

のぶさまと呼ばれ武士としては落第点の長親を取り巻く武士を極めんとする3人の武将がおもしろい。 サラリーマン社会の縮図を見るようです。 武士道の下には、人間として基本的な考えがなくてはならないと考えさせらえました。

和田竜先生の「のぼうの城」を、戦国時代の時代小説の中からおすすめの作品としてご紹介します。知将や豪将というわけではなく、領民からでくの坊をもじってのぼう様と言われていた武将成田長親を主人公として書かれた作品です。

舞台となった「のぼうの城」は、周囲を湖に囲まれた武州忍城で今の埼玉県行田市にあった城です。豊臣秀吉が北条の小田原攻めを行った際に、抵抗した領主成田長親の忍城を石田三成に攻めるように命じた戦いです。成田長親は籠城を選択し、小田原城が落城するまで唯一落ちなかった戦いを作品にしたおすすめの本です。

恋愛

輪違屋糸里
輪違屋糸里
口コミ

この時代を女性の視点から書いてありととても新鮮。 不器用だけどまっすぐな男性と芯のしっかりした女性。 最後は切なくて切なくてしょうがかなったけど 何度も読み直したくなる1冊。 女性の方にぜひお勧めだと思います。

おすすめの恋愛時代小説は、浅田次郎先生の「輪違屋糸里」をご紹介します。幕末の動乱を生きた、遊郭島原の天神糸里が主人公の時代小説です。愛する人との出会いと別れを、幕末に生きた一人の女性を軸に時代背景や環境に関係なく、男と女の恋愛を書いた時代小説です。

幕末は国を二分して戦った時代なので、それぞれの葛藤と信念など現代の感覚とは大分違う時代だと言えます。糸里を中心に、その時代を生きた男女の凜とした生き方がうらやましく素敵な時代小説です。

おすすめの幕末時代小説

竜馬がゆく
竜馬がゆく
口コミ

竜馬の卓抜から多くを感じる以外にも、この時代の描写から自分を見つめ直す良いきっかけを与えてくれる本です。

司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」は、幕末時代小説の中でおすすめの作品です。近代日本のきっかけを作った人として、坂本龍馬を主人公にした時代小説です。かなりいい加減な人ですが、司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」が発刊されると坂本龍馬への評価も、変わっていきました。

坂本龍馬を好きな人には、一押しのおすすめ作品です。坂本龍馬への評価は、人それぞれに違いますが、幕末の激動の時代をエネルギッシュに思いのままに生きた人です。

おすすめ時代小説の作家と代表作品

とても読みやすく、独自の世界を楽しめる魅力的な時代小説がたくさん刊行されています。時代小説は、時として事実だけを書く物ではありません。けれども主人公に自分を投影し、共感できる作品が多いのも特徴です。

おすすめの時代小説を作家別に、ご紹介する時にどうしても外せない方が、司馬遼太郎先生と池波正太郎先生のお二方です。

それぞれ読者の方には、好きな種類の時代小説があり好きな作家の方がいたりします。たまには、他の作家の作品を読んでみたいと思われた時に参考にしてはいかがでしょうか。作家別におすすめの作品を紹介いたします。

司馬遼太郎

燃えよ剣
燃えよ剣
口コミ

読みはじめは、ちょっと固めの文体に違和感ありましたが、1章も読むうちに全く気にならなくなるのが不思議。 土方歳三×燃えよ剣、素敵な描写です。読めば言わんとする事に理解いただけると思います。 久々に寝る間も惜しく感じる、いつまでも読み続けたくなる本でした。

おすすめの時代小説作家の代表作品として、新撰組の副長土方歳三を主人公として書かれた「燃えよ剣」をご紹介いたします。司馬遼太郎先生が、奥さまにどうしても書きたかったと言っていた土方歳三の物語です。

「燃えよ剣」は、幕末の京都を舞台に新撰組の鬼の副長と言われ、新撰組隊士や不逞浪士の間で恐れられ戊辰戦争では函館まで戦い抜いた男の物語です。新撰組副長土方歳三の魅力を、余すところなく全てを書き尽くしたおすすめの作品です。

池波正太郎

剣客商売
剣客商売
口コミ

さて、その秋山小兵衛を主人公にした『剣客商売』であるけれども、この第一巻目は「女武芸者」から「御老中毒殺」までの7話が収載されている。これらの小編を通じて、秋山小兵衛や彼を取り巻く人々の「人となり」がわかり、まさに『剣客商売』シリーズの幕開けに相応しい内容だ。

おすすめの作家さんとしてご紹介する、池波正太郎先生は数多くの時代小説をお書きになっています。どの作品も奥の深い、懐の大きな登場人物や魅力的な主人公が登場させています。池波正太郎先生の作品の中で、おすすめの時代小説として「剣客商売」をご紹介していきます。

「剣客商売」は、老剣士と道場主の息子その妻や自分の後添いなど関係のある人達と、事件や騒動を解決していく物語です。池波正太郎先生がお亡くなりになり、「剣客商売」は未完のままに終わっています。

百田尚樹

永遠の0

永遠の0
永遠の0
口コミ

多くの人の証言によって主人公の人物像が形作られていくのだが、徐々に明らかにされる主人公の真実の姿に、お約束のとおりではあるものの心を揺さぶられる。同時に戦争に憑かれた人間の愚かさには、怒りを通り越して息苦しささえを覚えることだろう。戦争という狂気について、今一度考える機会を与えられた。

作家であり放送作家でもある百田先生の、作品の中から「永遠の0」「海賊とよばれた男」をおすすめします。百田先生は、日頃言動には多少の問題がある方ですが、作品は素晴らしい物ばかりです。

「永遠の0」が、時代小説と言われる事に多少驚きをもたれる方もいます。昭和のできごとですが、昭和はすでに歴史になったと言う事しょうか。「永遠の0」は、一度も会った事がない母方の祖父の真実の姿を孫が探し求める物語です。生まれた娘に会うまでは死ねないと言い続けた祖父の思いを最後に知る事になるお話です。

海賊とよばれた男

海賊とよばれた男
海賊とよばれた男
口コミ

戦後の日本男児の生き様、魂を感じる本ですね。 若い人によんでいただきたい本ですね、もちろん中高年にも楽しめる本だと思います。

「海賊とよばれた男」は、出光興産創業者の出光佐三をモデルに書かれた作品です。出光佐三の一生と、彼の作った出光興産が大企業へと成長していく良い時代を描いた作品です。

時代小説の楽しみ方

時代小説のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

時代小説を書く作家の方だけではありませんが、作家は書くテーマについて詳しく調べてから書き始めます。時代小説はただ読んで終わりと言うわけではありません。小説の中の知識が、自然と頭の中で自分の知識として蓄える事ができます。

気になった作家や、興味のある時代小説を読む時のワクワクする気持ちまでも、もらう事ができます。時代小説の中の、地域の事など自分で調べてみるのも楽しみの一つになります。

誰でも自分だけのおすすめ作品があります、時には誰かのおすすめの時代小説を読んでみても楽しいひと時を過ごすことができます。幅広く時代小説を楽しんでみください。

時代小説を楽しむ事で歴史を知ろう

時代小説のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

時代小説は時として、深くその時代を知ることができます。時代小説は、歴史を学ぶ良い機会でもあり知識を深める学びの場でもあります。堅苦しいお話もありますが、さらっと楽しみながら時代背景や物事の仕組みや知識を学んで行く事ができます。

幅広く読書をする事は人間の幅を広げる良い機会でもあります。おすすめの時代小説を楽しみながら、書かれている時代を知ることで自分の生まれた国の歴史を少し知識としてたくわえることができます。おすすめの作品を参考にして、歴史もふくめて楽しんでください。

Related