Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月08日

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

書籍の売り上げの中でもビジネス本は好調で、毎年のようにベストセラーが出る可能性が高いとされています。おすすめなビジネス本や人気ランキングTOP3などを含めた、定番で本当に役立つビジネス本や種類と選び方についても言及します。

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ビジネス本の種類と選び方

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

現在国内にて出版されるビジネス本の数は、年間で約5,000冊以上と言われています。そのすべてを読破することは困難なことですが、なるべく自分の目指していることに必要でおすすめなビジネス本を選べたら良いです。

毎日の仕事に役立つ、そしてライフスタイルにも影響をもたらす、最新なものから売れ筋、そして定番として評価の高いおすすめなビジネス本を紹介します。

ビジネス本の種類

ビジネス本を種類で分けるとなる場合、大別すれば2種類に分かれると把握していいでしょう。それは、何らかの手法を学べる「スキル中心」のビジネス本と、一つのテーマに絞って理論を展開する「自己啓発中心」な内容のビジネス本です。

どちらも自分のその時々の必要性や気分で決めて読めばいいことです。どんなにおすすめと言われているビジネス本をたくさん読んでも、何を感じて実践するかが、最も大切なことだからです。

ビジネス本の選び方

数多く出版される本の中から、自分にふさわしいビジネス本を選ぶ方法はあるのでしょうか。これは、実際に数をこなして読んで行き着くしかないというのが結論です。個人差も相当ありますし、読む側の目的意識によっても違いがあるからです。

ただし、最初の取っ掛かり方としては、以下のような方法も参考にしてみることをおすすめします。

話題性の高い新刊を選ぶ

まず、一番分かりやすいビジネス本選び方は、世の中のトレンドで一番のおすすめな売れ筋を読んでみるという方法です。ヒットしている以上は、人々に受け入れられている理由があるからです。そのような空気感を知ること自体も、ビジネスの根幹を知る手掛かりにもなります。

なぜ、この本がそんなに売れているのか。それは、実際にふたを開けてみなければわからないことだらけです。自分に合うか合わないかも、まずは一読することから始まります。

昔から定評な古典を選ぶ

ビジネス本は、古くから書かれているジャンルです。そして、今でも読み継がれて再版されているものもたくさんあります。古典的なビジネス本は人気もあり、そこに書かれていることは普遍的な内容です。

一見当たり前そうなことだらけな内容なので、分かったような気になり軽視しがちになります。しかし、そのような自分を再確認する意味でも、古典的なビジネス本こそ読むべき対象です。

ディール・カーネギー、ナポレオン・ヒル、オリソン・マーディンなど、古典中の古典と呼ばれるビジネス書や自己啓発書は、今でも色褪せない立派な理由があります。

ビジネス本おすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、最近の売れ筋おすすめなビジネス本のトップ3を紹介します。現在世の中で売れているビジネス本の中で、特に注目されている3点は、以下のような本です。

第3位:「残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する」

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
口コミ

著者が何故ここまで沢山のデータを用い、幸福な生き方に焦点をあて、エビデンスをもとにして導き出そうというグリットを持ち続けられたのか。

このビジネス本の良さは、自己啓発を科学的に実証するという方式を取っていることです。自己啓発と聞くと、成功者の胡散臭さや取ってつけたような、当り前な理論が展開されるだけの陳腐なイメージを浮かべそうですが、この本は、査読付き論文などのエビデンス(証拠)を主旨とした、科学的根拠のある内容を綴っていておすすめです。

第2位:「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」

お金2.0 新しい経済のルールと生き方
お金2.0 新しい経済のルールと生き方
口コミ

著者のブログやツイートをいつも読んでる人には馴染みのあるテーマかもしれないけど、やはり応援したくなる人です。2020年までの大きく時代が変わるこのタイミングで読むべき一冊だと思います。

「お金2.0」とは、既存の金融知識とは違った新しい形です。現金ではなく、ビットコインなどがその典型です。全く新しいパラダイムの一貫として、本書ではまずお金や経済の仕組み、テクノロジーの進化によって生まれた「新しい経済」のカタチが、今後の生活にどう関わって変貌してくれるのかを、説明しているおすすめな本です。

第1位:「大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる」

大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる
大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる
口コミ

私自身はもちろん、社内の人間にも読んでもらいたい一冊。 パッと口にする一言で相手に与える印象は格段に変わります。

メールやLINEが一般化して日常的に使われていますが、その中で交わされる語句にマンネリさを覚えているのなら、この本を読んで、ちょっとだけ変化球を投げてみるといいでしょう。あまりにも凡庸化された文章の言い回しを、個性的でセンスある表現に変換させる方法が述べてあり、おすすめなビジネス本です。

特徴・用途別おすすめのビジネス本

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

数あるビジネス本の中で、自分の現在のシチュエーションや目的に合わせておすすめなものを選ぶとなると、なかなか選びきれなくて悩むという方も多いでしょう。ここでは、条件や目的・用途別にあなたにピッタリのおすすめなビジネス本を紹介します。やや独断と偏見にはなりますがご了承ください。

女性向きなおすすめビジネス本

きれいでなければ稼げません
きれいでなければ稼げません
口コミ

「きれいでなければ稼げません」 一見「おっ!」と驚く題名の本ですが、 こちらの本の定義する「きれい」は決して顔の造作のことだけを示しているのではなく 三つの「きれい」を掲げています。

女性におすすめなビジネス本には、傾向があります。なぜなら、理詰めで硬い内容を拒む女性が多いと見受けられるからです。もちろんビジネスを考えるのだから、きれい事だけでは済まないのですが、女性には女性ならではなビジネスの捉え方もあります。やはり、受け入れやすい女性らしいビジネス本を読んでみることをおすすめします。

営業に関しておすすめなビジネス本

営業の赤本 売り続けるための12.5原則
営業の赤本 売り続けるための12.5原則
口コミ

営業マンでなくても  接客業の方 必見です とても良い勉強になり 仕事に生かせてます

営業のこととなれば、結果や数値にこだわってしまいがちです。そこでまずは、ノウハウをテクニックで駆使しようとしがちです。バブル経済の頃は、それでも良かったのでしょうが、結局数字に振り回され、目先の結果に溺れた企業が淘汰されたのは言うまでもありません。

21世紀の企業が目指す営業やセールス、顧客との関わり方は、むしろ業務以外の視点が必要です。そのためのビジネス本がおすすめです。

大学生向きなおすすめビジネス本

経済学と(経済学、ビジネスに必要な)数学がイッキにわかる!!
経済学と(経済学、ビジネスに必要な)数学がイッキにわかる!!
口コミ

私は学生時代には数学が将来何の役にたつのかと思ってた生粋の文系人間であり、まさに本書のターゲット。

社会人になってから後悔することがあるとしたら、学生時代に納得するまで勉強をしなかったことを、トップにあげる方が多いと聞きます。学生時代は、さまざまな楽しみもあって、それはそれで大切、しかし本分は勉強です。多くの社会人は、勉強してこなかった自分を省みています。学生に向けて、社会や経済の仕組みを噛み砕いて教えてくれる、ビジネス本がおすすめです。

経営に関しておすすめなビジネス本

稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛和夫の実学―経営と会計
口コミ

人生100年時代を迎える私たちにとって大切な人なにかを教えてくれる名著です。 日本は成長時代を過ぎて今後は今までのような成長は見込めない。でもその中での価値観は高度成長時代のままです。

ビジネス本の本質は、もちろん経営に関わる部分が多く含まれています。組織の一員としての在り方を求めた、ビジネス本もおすすめではありますが、その組織が健全に成り立つためにも、経営に関わる深い知識と洞察力を持っているか否かでかなり左右されます。個人個人がある意味独立してやっていけるだけの、ビジネススキルを得る時代だからです。

リーダーに関して書かれたおすすめビジネス本

静かなリーダーシップ (Harvard Business School Press)
静かなリーダーシップ (Harvard Business School Press)
口コミ

大学院のリーダーシップの授業でオルソンを取り上げたものがありました。 そのときから気になっていた本でしたが、読めば読むほど深く考えさせられてしまいます。

企業内、組織内で今持ってしても、特有の縦割りな上下関係を温存したままなところもまだまだあります。スタッフの不満や業務の本質を改善せず、無神経に運営しているところも多く存在します。そのような時代だからこそ、本当のリーダーの資質を問うようなビジネス本は、人気が高くおすすめです。

リーダーシップの概論を中心に、リーダーの理想とは何なのかを問うような内容の本がたくさん出ています。部下やスタッフを抱えるビジネスマンは、一読することをおすすめします。

初心者向けのおすすめなビジネス本

入社1年目の教科書
入社1年目の教科書
口コミ

正直、目新しいことはない。 経験豊富な方、出世している方、この手の本を読んでこられた方なら誰でも知っているお話。

ビジネス本を読む人と読まない人の境目は、本との出会いときっかけしかありません。現実として社会人になった自覚を持ち、真面目に取り組めば取り組むほど悩みがついて回ります。そのようなきっかけから、ビジネス本の知恵を参考にして打開するという方もいます。新社会人、ビジネス初心者にこそおすすめです。

年齢別おすすめのビジネス本

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ビジネスの世界は、もう年功序列は通用しないとされています。しかし、各年代によっての捉え方は変わっていきます。キャリアの積み方によって、どの年代にどのような自己啓発が重要なのかを追っていくと、自分にも合ったビジネス本に巡り合えるからです。ここでは、各年代ごとにおすすめなビジネス本を紹介します。

20代に読んでほしいおすすめビジネス本

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則
口コミ

20代の人で、社会に流されていることに疑問を感じはするが、何をしたいかわからない人が、読むのに最適な本。

現GMOの代表である著者が、20代の頃に考えていたこと、やってきたことを紹介しているおすすめなビジネス本です。仕事の選び方や著者特有な人脈術、時間管理といった誰もが成功するためには、欠かせず必要な心構えが書かれています。20代の人達が、これから夢を持って仕事に取り組んでもらえるよう、読んでいただきたいおすすめなビジネス本です。

30代に読んでほしいおすすめビジネス本

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
口コミ

38歳ですが非常に興味深く読めました。やはり人生の先輩方の意見は含蓄があります。私も残りの時間をやり残しの無いように日々の行動を大切にしたいです。

本書にて「30代は、人生でもっとも差が開く10年なのです」と謳っているように、人生の中で最もイベントが多く、さまざまなできごとにさらされる年代が30代です。ここでどれだけのことを成し遂げられるかで、人生の半分以上を決めるということが綴られています。

1万人以上から成功談や失敗談をヒアリングし、導き出した「後悔リスト」に基づき、具体的な仕事での問題解決法を、50個にして書きあげたおすすめなビジネス本です。

40代に読んでほしいおすすめビジネス本

40代から人として強くなる法
40代から人として強くなる法
口コミ

孫子をベースに40代をどのように過ごせばよいか 具体的に書かれていてどの文章もとても参考になりました。 特に人生の計画を10年分しっかりと立てること 根源、長期、多様にものを考える習慣をつけること については目からうろこが落ちました。

硬いビジネス本というよりも、40代を大らかに生きるための指南書といった内容です。40代は、折り返し地点という一般的な捉え方があり、全体は東洋思想をベースにして書かれています。仕事論や生き方論の第一人者が、40代からも心身ともにタフな人間になるための秘訣を、公開したおすすめな本です。

50代に読んでほしいおすすめビジネス本

60過ぎて後悔しないために 50代でしておくべきこと してはならぬこと
60過ぎて後悔しないために 50代でしておくべきこと してはならぬこと
口コミ

読後、ラクな気持ちになれました。 定年を控えた中高年にとって、これからの生活に明るい指標がなかなか見つけにくい状況です。

50代は、いよいよ仕事が円熟し、人生の後半戦として締めくくる年代であると、一般的には囁かれています。しかし、実情は50代こそとことん思い悩む年代です。人生で焦燥感を一番味わい、不安で押しつぶされそうな年代です。だからこそ、自分を見つめ直す機会を見つけなくてはなりません。

50代こそ、さらに勉強をし研究を重ねるチャレンジする年代です。今までの膨大な経験を活かし、違った視点が必要だということを、このビジネス本では述べていておすすめです。

おすすめのビジネス本のメーカー・ブランド3つと代表製品

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ビジネス本を出版する会社はたくさん存在しますが、どの出版社の本があなたの意向に重なり、最も信頼できるものなのでしょうか。そこには、個々の好みによっても差が生じてきます。以下、ビジネス本を取り扱う代表的な国内出版社を紹介します。

歴史の長いビジネス本の出版社①「ダイヤモンド社」

成功企業に潜む ビジネスモデルのルール
成功企業に潜む ビジネスモデルのルール
口コミ

とにかく読んで面白いビジネス書です。 それぞれの会社の隠されたビジネスモデルを解き明かしていく、ミステリー小説のような快楽がある。 謎解きとかパズルの好きな人には必読です。

経済、経営、ビジネスについての書籍や雑誌を中心とした、幅広いジャンルの出版物を発行している老舗の総合出版社です。その歴史は古くて、2013年に創業100周年を迎えています。ビジネス本のヒット作も、世にたくさん発行し続けているおすすめな出版社です。

歴史の長いビジネス本の出版社②「プレジデント社」

統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ
統計思考入門 ― プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ
口コミ

平均や構成比といった統計の初歩から脱皮したい方にはピッタリの本です。

プレジデント社は、1963年創立の老舗出版社の一つです。ビジネス系を中心とした単行本などの編集・発行を中心に展開中です。また、毎日新聞社からゴルフ雑誌「アルバトロス・ビュー」の発売元権利を譲り受けています。ビジネス本以外に雑誌やムック本などにも精通しているおすすめな出版社です。

積極的アプローチが得意な出版社「日本実業出版」

仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?
口コミ

とても印象に残っているのが、「知っていても知らないふりをすることでコミュニケーションはうまくいく」というくだり。

日本実業出版社はビジネス本に限らず、資格試験関係やサイエンス・理工書などの出版にも強く、また自己啓発書にも力を注いでいます。積極的で幅広い出版活動を展開しているおすすめな出版社です。

その他注目のビジネス本出版社

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

大手老舗出版社以外で、近年注目を浴びているビジネス本の出版社を紹介します。ビジネス以外のさまざまなジャンルや、独自な展開にこだわっって発行されているところです。

自己啓発系に強い「サンマーク出版」

斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意
斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意
口コミ

独立起業する人、今経営で悩んでいる人におすすめです。 著者の成長と、ひとりさんの教えがリンクしていて臨場感が感じられました。

サンマーク出版は、ビジネス系とリンクした自己啓発英の著書に、力を注いでいるおすすめな出版社と言えます。ヒット作もたくさん世に送り続け、常に柔軟な感覚で発行している印象です。

ビジネス本出版社の中堅どころ「かんき出版」

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
口コミ

内容のよさもさることながら、読者が何度も読み返して使えるように、どの言葉から習得すべきかを提示してあげる心遣いがすばらしいです。

1977年、カッパ・ブックスの創始者である神吉 晴夫(かんき はるお)氏によって設立された出版社です。ビジネス本を中心に、経理、簿記、経営分析など幅広く実務関係の書籍を中心に発行しているおすすめな出版社です。

ビジネス本の活用方法

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

おすすめなビジネス本をどんなに多読したとしても、実際にどのくらい活かせているのかは疑問が残るところです。ビジネスのスキルというのは一概ではなく、あらゆる要素が組み込まれて初めて成り立ちます。

もちろん、ビジネス本は読まないよりは、読んだ方が身に着くことがたくさんあります。しかし、日々の仕事や業務に直面した際、実際にビジネス本がどう活かされるのか、その具体性はあるのでしょうか。

ビジネス本を読めばビジネススキルが身につくのか

ビジネス本を選ぶ最初の時点で決めておくべきことは、どのような理由でそのビジネス本を読もうとしているのか、その「目的」を把握しているかどうかです。ただ単にビジネス本を読んでおけば、スキルが自然と身に着くから、ビジネスや経営がはかどるという思い込みをしてしまいがちな人が構多くいますが、あまり身になっていないのが実情です。

一般的な自己啓発書でも、同じような傾向が伺えます。単に「感謝をすれば幸せになる」という常套句を鵜呑みにし過ぎて、不自然に感謝という言葉を弄ぶ傾向のある方がいます。

大事なのは目的です。なぜ、そのビジネス本や自己啓発書が今の自分に必要なのか、そしてそれを読んだ後の自分は、どのような行動をするのかを決めて、実際にそのとおりに実践するしかありません。

知識よりも扱いが重要

どんなに多くの人々がおすすめする良書を読んだとしても、それを知識のまま閉じ込めておくだけでは、無用の長物と化してしまいます。ビジネス本をコレクションと一緒にしてしまうと、単に読書が暇つぶしや趣味で終わる可能性があるからです。

ビジネスのスキルは、現場で扱えるかどうかが問われます。では、具体的におすすめなビジネス本を読んでどう実践したら良いのでしょうか。

ビジネス本おすすめな活用方法

以下、ビジネス本を読んで役に立つ活用方法の幾つかを紹介します。おすすめな本だとしても、活用方法を知らないと単なる鑑賞だけで終わってしまいます。ビジネス本を読んだ後の目的は、いかにして自分に落とし込み活かすかです。

定期的に発表会や勉強会を開く

もっとも手軽で実践的な方法の一つが、読んだ内容に関しての発表をする機会を設けるということです。職場の同僚でも、気の合う友人同士でも構いません。一冊の本を巡って何を吸収したのかを、簡単にプレゼンテーションしてみることで相乗効果が期待できます。

できれば、A4用紙一枚に要約して、自分のライフスタイルと比較しながら、本の内容の具体案をその時に集まった人々とシェアし、意見交換をするのもおすすめです。

SNSなどに読書感想文を載せる

発表会などを対面でやれる環境がないという方は、ブログやSNSの自身のページに、読んだ本の読書感想文を載せていくという方法があります。その書き方も、一工夫することをおすすめします。

特にブログは、不特定多数の方々が閲覧することを想定すべきです。読者が実際に読んでみたいと思えるアピールや、具体的な方法論を自分なりに考えて、記事化していくということです。

その内容を誰かが読んで役立ったと感じてくれるでしょう。自己満足よりも他者を満足させるのが、ビジネスの基本です。たとえ読んだ本の感想でも、それが誰かの助けになることを自覚してみましょう。

自分が実践できないのなら他者の観察をしてみる

ビジネス本の内容は、自身が実践することをおすすめしたいのですが、そうなかなかうまくことが運ばないと悩むようでしたら、視点を変えてみることをおすすめします。

それは、自分ではなく周囲の人々の動向を観察して、読んだビジネス本とどのようにリンクしてるのか、あるいはどこが違って差が生じているのかを、客観視してみることをおすすめします。

観察することで、問題提起をする習慣がついていきます。ビジネスにおいて常に「改革」は命題です。改革するには、悩みや問題点を浮き彫りにする視点を養うことが一番です。それは、普段の心掛けから可能です。

ビジネス本で豊かな人生を目指そう

ビジネス本のおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ベストセラーになっている小説や物語を読むのもいいのですが、それらは鑑賞し心を潤すため、あるいは行間を味わうという働きがある「趣味」のための読書です。

一方、ビジネス本とは、実用書というカテゴリにも入ることがあるくらい、実生活に密接した内容も含まれています。それは、仕事や業務に適した行動のための手引書でなくてはなりません。

おすすめな本の中身を活かすかどうかは、読んだ人の心がけと行動にかかっています。内容がどんなに当たり前だったとしても、それを自分が実践していなくては、何の意味もありません。ありきたりだからこそ、一つでも二つでも内容を具体化してみましょう。

Related