Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月13日

ジャンプおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

小中学生を読者対象としている「週刊少年ジャンプ」。大人になった今でも愛読している方は多いのではないでしょうか。この記事では、打ち切りになった作品、既に連載が終了した作品などの幅広い視点からオススメ作品をご紹介しています。気になる方はぜひ読んでみてください。

ジャンプおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ジャンプおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「銀魂」

銀魂
銀魂
口コミ

読んでみた感想としてクセが凄い強かったです。けどそのクセがめっちゃ面白い!ギャグ要素も半端じゃなくそのくせにシリアスな場面はキチッと決めて来ます。一人一人のキャラ設定がしっかりしていて、それらが上手く噛み合っていてそこから生まれるハーモニー?みたいな物がなんというか新感覚です笑笑

空知英秋氏による大人気ジャンプ漫画「銀魂」、コミックス既刊71巻(2017年12月現在)。アニメ化や劇場版、小栗旬らによる豪華キャストで実写映画化もされたおすすめの超人気作です。

宇宙人「天人」の襲来を受けた地球は、数十年にも及ぶ攘夷戦争の末、あっさりと降伏します。天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りである志村新八は、いまだに侍の魂を堅持する男・坂田銀時と出会います。銀時の男気に惹かれた新八は、銀時が営業する万事屋で働く決意します。のちに戦闘種族の夜兎族・神楽や巨大な犬・定春が加わることになります。

メリハリのついたストーリー展開

銀魂はジャンプの中でも人気の高い名作のひとつです。その銀魂の名作たる所以は、メリハリのついたストーリー展開にあります。銀魂の一番のおすすめポイントはやはり、コメディシーンです。ジャンプ漫画の中でも群を抜いて面白いです。コメディ要素が多い中、時折挟むシリアスな展開も多々あり、飽きることなく読み進めることができるのでおすすめです。

ランキング2位:「暗殺教室」

暗殺教室
暗殺教室
口コミ

暗殺という言葉が飛び交っているのに、話があたたかい。 不思議な感覚に陥ります。 読んでみてほしい。

松井優征氏によるジャンプ漫画「暗殺教室」、コミックス全21巻完結。アニメ化や実写映画化、ゲームなどさまざまなメディア展開されているおすすめの人気作。

進学校である「椚ヶ丘中学校3年E組」、通称「エンドのE組」に突然、月の7割を破壊したマッハ20の謎の生物がやってきます。その生物は「来年3月までに自分を殺すことができなければ地球を破壊する」と言い、「E組の担任教師」となることを希望します。

訳のわからない要望に戸惑う政府は、E組の生徒たちに「謎の生物の暗殺」の依頼をします。「殺せんせー」と名付けられた謎の生物は何なのでしょう。極秘裏に行われる生徒たちによる暗殺、殺せんせーの目的は一体何なのでしょうか。

発想が面白い!

おすすめシーンも多く存在するこの作品のみどころは高校生ならではの学園行事です。普通の生徒にとっては「単なる学園行事」に過ぎませんが、E組にとっては「格好の暗殺の場」に変わります。

発想がとにかく面白いのがこの作品のおすすめポイントのひとつです。地球の未来のために殺さなければいけない暗殺対象でありながら、生徒たちにとっては良い担任教師の殺せんせー。物語のラストは涙なしで読むことはできません。

漫画やアニメの実写映画化はあまり評判が良くないイメージがありますが、この作品の実写映画は自信を持っておすすめできます。見ていない方はおすすめですので、原作共々、一度ご覧になってみてはいかかでしょうか。「ヌルフフフ。」

ランキング1位:「NARUTO-ナルト-」

NARUTO-ナルト-
NARUTO-ナルト-
口コミ

主人公ナルトは本当に真っ直ぐで素直で…読んでいて励みになります。 ドベと言われ続けたナルトが、そんな苦しい世界で、 心から大切だと思い、信頼し合える仲間を見つけ成長していく。 こんなにも心から感動する漫画に出会えるのは奇跡です。 笑いアリ涙アリの感動超大作!!!読めば続きが読みたくなる!!! 絶対にオススメです!見て損はありませんッッ!!!

岸本斉史氏によるジャンプ漫画「ナルト」、コミックス全72巻完結。日本だけでなく海外にも極めて人気が高い作品です。ナルトたちの次世代の物語を描いた「BORUTO-ボルト-」も週刊少年ジャンプにて月1で連載中です。こちらもおすすめですのでぜひご覧になってください。

忍者アカデミーに通う超問題児で、落ちこぼれ忍者のうずまきナルトは毎日イタズラ三昧。そんなナルトは、とある事件をきっかけに自分の体内に九尾の妖狐が封印されていること、そのせいで里から忌み嫌われていることを知ります。そんな自分を身を挺して守ってくれるうみのイルカ先生のために里一番の忍・火影になることを決意します。

ナルトが教えてくれた

「NARUTO-ナルト-」は友達との絆、親の愛情をこれほどかというほど書いたおすすめの名作です。特に主人公のうずまきナルトの生き方には感動させられます。どんな状況に立たされても諦めないナルトの姿には勇気を貰えます。この作品を読み終わる頃にはあなたの中できっと何かが変わっています。ジャンプの看板漫画とも言われる作品、おすすめの中のおすすめの作品です。

特徴別おすすめのジャンプ

恋愛系

ニセコイ
ニセコイ
口コミ

アニメから漫画に入った人間です。 アニメを見てから、この物語の続きが知りたくなり、結果的に13巻まで買ってしまいました。 単純に笑えるし、時々どうしようもなく泣けてくるシーンがあったりして、この物語は大好きになりました。 最後まで読んでみたいと思っています。

古味直志氏によるジャンプ漫画「ニセコイ」、コミックス全25巻完結。アニメ放送もされた人気作。「ベタで王道」の学園ラブコメディ作品です。

「ザクシャ イン ラブ」。10年前にこの言葉と共に一人の少女とある約束をした少年・一条楽。高校生になった楽は、最悪の出会いとなった転校生の桐崎千棘と、とある事情により高校三年間、偽の恋人として振る舞わなければいけないことになります。

楽は千棘との付き合いの中で、千棘が10年前の「約束の女の子」かもしれないと感じるようになります。そこに楽が思いを寄せるクラスメート・小野寺小咲も加わります。

王道の王道をいくベタな展開が多いおすすめのラブコメディ作品です。思わず笑ってしまうシーンや高校生ならではの日常に共感できること間違いナシです。果たして誰が10年前の「約束の女の子」なのか。ジャンプの中でも飛び抜けてベタなこの作品、気になる方はぜひ読んでみてください。

打ち切り

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
口コミ

学生だったころジャンプで毎週見てた作品です。文庫版が出るということで購入しました。 絵は可愛かったり、怖かったりとても丁寧で今見てもいいなあと思います。 顔剥ぎソフィーは今みても怖いですね。 表紙の絵を見てなんだか懐かしくて感傷深くなりました。

西義之氏によるジャンプ漫画「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」、略称「ムヒョロジ」「ムヒョ」。コミックス全18巻完結。ホラー要素の強い作品でありながら友との友情を描いた作品です。

本来、現世にいるべきではない存在「死霊」。そんな死霊が跋扈する現代日本で、霊の犯罪を裁きあの世へと送るために作られたのが「魔法律協会」です。そして魔法律協会きっての、魔法律を使いこなす天才・ムヒョ(六氷透)は、助手のロージー(草野次郎)とともに、「六氷魔法律相談事務所」で日々、依頼を受けていましたがとある事件をきっかけにして状況は一変します。

この作品のおすすめポイントはもちろん、天才と凡人のでこぼこコンビが大活躍するバトルシーンです。魔法律を用いた死霊とのバトルシーンの描写には思わず見惚れてしまいます。泣けるシーンも多々あるこの作品、まだ読んだことがない方はぜひ読むことをおすすめします。

映画化

黒子のバスケ
黒子のバスケ
口コミ

今まで見たことない主人公の影が薄いという設定に惹かれ読んでいくうちに早く続きがみたいという気持ちになりました。 もともとバスケはルールすらわからず読んでもわからないだろうなとも思いましたが少しの説明でわかり何となくですがバスケの単語?はわかりました。

藤巻忠俊氏によるジャンプ漫画「黒子のバスケ」。アニメ放送は第1期~第3期まで放送され、2017年には「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」が公開されました。ジャンプで連載が終了しましたが、いまだ根強いファンがいます。

部員は100を超え、全中3連覇を誇る超強豪校、「帝光中学校バスケットボール部」。その中でも特に「最強」と呼ばれる、10年に1人の天才が5人揃った年には、それを称され「キセキの世代」とまで名付けられました。だが妙な噂がありました。それは試合記録もない、誰も知らない「幻の6人目」がいたことを――。

おすすめする理由としては、登場人物全員が個性的で面白いところです。「キセキの世代」や「無冠の五将」など、カッコイイ単語も数多く登場します。バスケのルールを知らない人でも読み進めていく間にルールを覚えてしまうほど、専門知識や用語などが作中に出てきますが、読みやすい内容になっているので心配することはありません。

おすすめシーンはやはり試合のシーンです。白熱した試合の中で繰り広げられる選手同士のぶつかり合いは臨場感が伝わってきます。漫画もアニメも劇場版もおすすめの作品です。

完結済み

こちら葛飾区亀有公園前派出所
こちら葛飾区亀有公園前派出所
口コミ

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」もはやどらえもん並に知らない人はいないだろう名漫画。アニメ、演劇など進出メディアも面白いがやっぱり原作が一番面白いと思います。

秋本治氏によるジャンプ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称「こち亀」、コミックス全200巻完結。コミックスの発行巻数が多い漫画シリーズでギネス世界記録を保持しています。物語は、亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉を主人公とし、両津の同僚や上司、その周辺の人物が繰り広げるおすすめのギャグ漫画です。

ギャグ要素が多いこの作品ですが、人情的な感動シーンに加えシリアス展開を含めたシーンなど、さまざまな要素を取り入れたエピソードなども描かれているおすすめの作品です。こち亀は1976年~2016年まで一度の休載もなくジャンプに連載され、長い間ファンに愛されてきた作品です。コミックス全200巻という数字がそれを物語っています。

連載開始から連載終了までの40年間のあいだ、一度も休載することなく書き続けた作者の秋本治氏には「敬服いたしました」の一言に尽きます。本当にお疲れさまでした。

少年漫画

トリコ
トリコ
口コミ

ハントを楽しむも良し、対人の戦闘を楽しむも良し ジャンプで久々に勢いのある漫画に出会えました グルメ漫画としても秀逸 お約束のオーバーな表現もここに極まれりといった感じです 扱っているのは空想上の食材ですが、そこもまた夢があっていいと思います 次にどんな食材が出てくるのかで期待が膨らみますしね

島袋光年氏によるジャンプ漫画「トリコ」、コミックス全43巻完結。2011年4月~2014年3月までアニメ放送もされました。「食」をテーマにした異色のグルメバトル漫画です。

世界中に未知の食材が溢れ出す「グルメ時代」。国際グルメ機関IGO直属ホテルの料理長・小松は、局長から「ガララワニ」の捕獲を命じられます。一人では到底捕獲することは不可能と考えた小松は、カリスマ美食屋トリコに食材捕獲の依頼をします。そして二人は最高の食材を求め、過酷な旅に出ます。

実際には存在しない食材ばかりが登場するこの作品ですが、とてもリアリティのある描写に思わず涎がでてしまうこともあるでしょう。読む時間帯によっては「飯テロ」になってしまいますので、深夜帯に読むことがないよう、くれぐれも注意が必要です。魅力的なキャラクターが多く登場しますが戦い方も当然、「食」をテーマにした漫画らしい戦い方です。

単行本

SAND LAND
SAND LAND
口コミ

鳥山明の作品の中でもピカイチです。 作品の雰囲気、絵の緻密さ、魅力的な登場人物とそのセリフ。 ゆっくりと味わいたいと思うから、早く読めないんです。 文句無しにオススメします。

鳥山明氏によるジャンプ漫画「SAND LAND」、コミックス全1巻完結。短期集中連載で描かれた作品です。

舞台は人の身勝手な行為と天変地異によっ荒野と砂漠に覆われた大地と化した世界です。たったひとつの水源を独占した国王により水は法外な値段で取引されます。保安官のラオは「幻の泉」を探すため、悪魔の王子・ベルゼブブ、シーフと共に水源を探す危険な旅へと出ます。

「DRAGON BALL」の作者

おすすめの一番の理由は「DRAGON BALL」の作者であるということです。2000年週刊少年ジャンプ23号から同年36・37合併号まで連載されました。ネットでの評価も非常に高く、1巻完結のおすすめの作品です。

「これを買わないことには鳥山明を語ってはいけない」そう称されるほどのおすすめの人気作です。ぜひこの機会に読んでみてはいかかでしょうか。

おすすめのジャンプの代表製品

ONE PIECE

ONE PIECE
ONE PIECE
口コミ

面白いに決まってるんですよね。 ONE PIECEを面白くない人っているんでしょうか? まさに王道ですよね、少年漫画の。

尾田栄一郎氏による冒険ファンタジー漫画「ONE PIECE」、コミックス既刊87巻(2017年12月現在)。国内発行部数が日本の漫画では最高の3億6000万部を突破する世界的にも有名な超人気作。おすすめする理由を挙げればキリがない、ジャンプの看板漫画の台頭です。

ゴムゴムの実を食べた少年、モンキー・D・ルフィが海賊王を目指し、仲間を集めるために海へと出ます。かつて、この世のすべてを手にした男、海賊王ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマンです。

子どもから大人まで楽しめるおすすめの名作

「ONE PIECE」は知らない人はいないと言ってもいいほど有名な作品です。仲間との絆やそれぞれの過去、出会いや別れなどの、全ての要素を取り込んだ子供から大人まで思う存分楽しめる大作です。オススメのシーンが多くて決めきれないほど見どころシーン、感動シーン満載です。

持っていない方はさすがにいないでしょう。もし仮に持っていない方は至急、全巻揃えるようにしてください。何度も何度も読み返したくなる、それほどまでにおすすめの作品です。ジャンプでも連載中ですのでぜひ読んでみてください。必ずこの作品の虜になります。

家庭教師ヒットマンREBORN!

家庭教師ヒットマンREBORN!
家庭教師ヒットマンREBORN!

¥ 421

口コミ

まず、この漫画のいぃトコは、キャラがどれも魅力的だということ。 それと、一つ一つのギャグがとてもおもしろいコトですね。 この第1巻は、まだいいキャラがあまり出てなかったのですが、リボーンのかわいさとツナのダメっぷりがとても笑えましたw 話の内容はとてもいいと思います。 これからがとても楽しみな漫画だと思うので、ぜひぜひよんでみてください! ほんとに楽しいです!

天野明氏によるバトルアクション漫画「家庭教師ヒットマンREBORN!」略称「リボーン」、コミックス全42巻完結。2004年の連載開始から2012年までの連載終了まで一度の休載もなく連載されました。テレビアニメ化もされており、2006年10月~2010年9月まで放送されました。

運動ダメ・勉強ダメの良いところなしの少年、沢田綱吉(通称ツナ)の前に家庭教師として現れたヒットマン(殺し屋)の見た目は赤ん坊のリボーン。ツナの前に現れた目的はイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育てることです。ツナを立派なマフィアに育てるべく、リボーンの「教育」が始まります。

これぞジャンプ漫画

ジャンプの編集方針である「友情」「努力」「勝利」がすべて注ぎ込まれた「これぞジャンプ漫画」とも呼べる作品です。次期後継者を賭けた戦いやツナを狙うファミリーの出現など、バトルシーンもさることながら、日常シーンにも注目したいおすすめの作品です。

なぜリボーンが赤ん坊の姿をしているのかは、物語の終盤で明らかになります。気になった方はぜひ漫画をご覧になってください。アニメもおすすめです。

HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER
HUNTER×HUNTER
口コミ

もう語るまでもなく色んな意味で有名なマンガです。 読んでいて凄くワクワクするし、魅力的なキャラ・技や名場面が多く今もなお色褪せない「ジャンプ」の王道を行く感じが好きです。

富樫義博氏によるジャンプ漫画「HUNTER×HUNTER 」、コミックス既刊34巻。アニメ化を初めとしたさまざまなメディア展開がされたジャンプ漫画の中でも特におすすめの作品です。

父に会うためにハンターになることを決意した少年、ゴン・フリークスは、ハンター試験会場に向かい、同じくハンターを志すクラピカやレオリオと出会います。そして同い年の少年、キルアとも親しくなります。4人はハンター試験を経て、互いの信頼関係を築き、協力しながら合格を目指します。

休載が多いことでも有名

週刊少年ジャンプにおいて、「ONE PIECE」に続く2番目の長期連載作品であり、累計発行部数が7000万部の人気作でありながら、休載が多いことでも有名な作品です。連載が再開された際には、ニュースとして取り上げられるほどです。

ただしおすすめできる作品なのは間違いなく、友情を深め、危険を乗り越えながら成長していく姿は「ジャンプならでは」と言ったところです。それぞれのキャラの個性が際立っているところもおすすめポイントです。

2018年1月29日発売の週刊少年ジャンプ9号により連載再開を予定しています。まだ読んだことがない方は、連載がスタートする前のおさらいとして、読むことをぜひおすすめします。

ジャンプのおすすめの楽しみ方

ジャンプのおすすめの楽しみ方としてはやはり、単行本よりもいち早く見ることができるという点です。ジャンプでの各漫画の掲載は基本的には1話ずつですが、続きが待ちきれないという方にとっては非常におすすめです。

ジャンプは週刊誌なので1週間に1回、発売されます。それに対し単行本は1巻につき1~2ヶ月、さらには3~4ヶ月かかってしまう場合があります。まだ単行本が発売されていない新連載のジャンプ漫画をいち早く読める点もおすすめです。

ジャンプで連載されているおすすめの漫画が見つかれば、単行本を購入するのもいいです。基本的に1話しか掲載されないジャンプですが、稀に2話掲載されることもあるので、ジャンプ愛読者にとってはありがたいことです。

ジャンプはおすすめ作品だらけ!

1968年に創刊された週刊少年ジャンプは今も超人気の週刊雑誌です。小中学生を主な読者対象として想定されていますが、今は朝刊を買うついでににコンビニでジャンプを買っていく大人もいます。そんなジャンプはおすすめできる作品だらけです。

おすすめできる作品が多い反面、それだけジャンプ内での競争率が激しいことを指します。当然、人気がなくなれば打ち切りになってしまいますが、打ち切りになった作品の中にもおすすめできる作品は数多く存在します。

ジャンプの中には、まだまだ知らないだけで眠っているおすすめの名作が多いです。この機会に、ジャンプで連載されている作品以外の作品に目を向けるのもいいでしょう。あなたにとっての隠れた名作がきっと見つかります。

それともし週刊少年ジャンプを読んだことがない方は、ぜひ読んでみてください。おすすめする理由がわかります。

Related