Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月09日

戦記小説おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回はおすすめの戦記小説をご紹介します。戦記小説といっても堅苦しいものではなく、ジャンルもさまざまです。戦記小説を読んだことがないという方は、ぜひ手軽に読むことができる作品から読んでみる事をおすすめします。記事を参考にお気に入りの作品をみつけてみましょう。

戦記小説おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

戦記小説の種類と選び方

戦記小説というものは、さまざまな戦いを扱った物語を描いた作品の事をいいます。戦記小説には歴史的な戦争をテーマに書かれた作品もありますが、ファンタジー要素がつまった戦記小説も数多く出版されています。架空の世界を舞台にしたファンタジー系の戦記小説は、歴史小説が苦手な方にも手軽に読むことができておすすめできます。

そのようにさまざまな戦記小説がありますが、今回は多くの方に読んでいただきたいおすすめの戦記小説をご紹介します。戦記小説の魅力を知ることで、戦記小説を楽しく読むことができます。ぜひおすすめの戦記小説の中から、お気に入りの小説を見つけてみて下さい。

戦記小説の種類

戦記と聞くと物騒な戦争ものの小説なのではないかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。大軍同士の争いや、国の存亡をかけた戦いだけが戦記小説ではありません。知略や計略をめぐらせて勝利を掴み取る、というような戦い方をする戦記小説もあります。

戦いの描写だけではなく、登場する人物の人間関係や考え方などに成長を感じることもあります。戦記小説は苦手と感じている方でも、戦記小説とは戦いだけの小説ではなく、人間ドラマを楽しむことができる、おすすめの小説といえます。

そのような戦記小説にはどのような種類があるのかご紹介します。戦記小説のおすすめ種類を知って、自分に合った戦記小説とは、どのようなジャンルの小説であるのかを考えてみましょう。

歴史

歴史的な戦いを小説にしたもので、フィクションである場合もあります。歴史的な戦いをテーマにしている戦記小説は、登場人物が歴史的にも有名な人物であることが多く、歴史が好きな方におすすめです。歴史好きな方であればわかりやすく、物語にも入りやすいのではないでしょうか。

伝記

伝記系の戦記小説とは、ある特定の人物の生涯などの伝えられている記録を元に書かれた作品になります。歴史系の戦記小説も同じようなものとして考える場合もあります。日本だけではなく、海外の伝記などを元に書かれた戦記小説もおすすめで、有名なものとしては「三国志」なども戦記小説としてあげられます。

軍記

軍記系の戦記小説とは、古くは「平家物語」のような動乱の時代における武勲や武功などを描いた物語の事をいいます。広い捉え方をすれば、歴史系の戦記小説と同じ扱いになる場合もありますが、軍記ものはどちらかといえば家伝的な色合いが強く残る作品となっています。

現代における軍記系の戦記小説は、そのような物語を元にフィクションを加えて読みやすくした作品が多くみられますが、読みやすいためおすすめです。

ファンタジー

戦記小説を読んだことのない方でも読みやすく、おすすめなジャンルがファンタジー系の戦記小説になります。歴史的な戦争など関係のないファンタジー世界での戦記小説が読みたいという方や、もともとファンタジー系の小説が好きな方におすすめです。

戦記小説としては読みやすく、剣と魔法の話というだけではなく、相手が人間ではなくモンスターの場合もあり、人間同士の争いが苦手な方にも楽しむことができる作品となっています。

SF

戦記小説の中でも少ないのがSF作品です。宇宙などを舞台に戦いを繰り広げる「銀河英雄伝説」などはSF戦記小説の代表的な作品ではないでしょうか。SF作品が好きな方におすすめの戦記小説になります。

戦記小説の選び方

さまざまなおすすめ種類のある戦記小説ですが、そのような豊富な戦記小説の中で、自分にあったおきにいりの戦記小説を見つけることは、難しいと考えてしまう方も多いでしょう。戦記小説は堅苦しいものばかりではなく、軽く読める作品もあります。戦記小説だからといって構えずに、ゆったりとした気持ちで選ぶことがおすすめです。

戦記小説はたくさんあるため、どのような作品を選べば楽しく読むことができるのかわからないという方のために、おすすめの戦記小説の選び方をご紹介します。ぜひ参考にして戦記小説を楽しく読んでみましょう。

読みやすいジャンルの作品を選ぶ

戦記小説はさまざまな種類があります。そこでおすすめの選び方として、自分が読みやすいと感じたジャンルの作品を選ぶようにしましょう。自分にとって読みやすいジャンルとはどのようなものなのでしょうか。

歴史小説が好きな方であれば歴史をテーマにした戦記小説を選び、ファンタジー系の小説が好きな方であればファンタジー系の戦記小説を選んでみるなど、自分に合った一冊をみつけてみてください。

作家で選ぶ

さまざまな作家が戦記小説を書いています。好きな作家がいる方は、お気に入りの作家の作品を選んで読んでみる事もおすすめです。好きな作家がいないという場合は、聞いたことのある作家の中から選んでみましょう。有名作家であればロングセラーとなっている戦記小説などもありますので、豊富な種類の中から選ぶことができるのできるためおすすめとなっています。

映像化されているものから選ぶ

戦記小説の中でも、ファンタジー系の戦記小説はアニメや実写化されている作品もあります。そのような作品であれば、ある程度は内容を把握できている場合があります。映像化作品の方を先に観ているという場合もありますし、そのような時には小説の内容も安心して読むことができるためおすすめです。

戦記小説おすすめ人気ランキングTOP3

戦記小説は、内容によっては長編になってしまう作品もあり、読みたいと考えていてもなかなか手が出しづらいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、戦記小説は心躍るようなワクワクした気持ちにさせてくれたり、ハラハラした緊迫のシーンなどや胸を締め付けられるような人間の生き方など、読みはじめればたくさんの気持ちを与えてくれるアイテムでもあります。

戦記小説の中でも、人気がありおすすめのランキングをご紹介します。ぜひ参考にしてお気に入りの一冊を見つけましょう。

おすすめランキング第3位「銀河英雄伝説」

銀河英雄伝説
銀河英雄伝説
口コミ

30年近く前の作品とは思えない。 毎晩、夜更かしして読みました。 また、何度読んでも面白いので、お勧めです。

SF小説としても有名な作品で、漫画やアニメだけではなく、ゲームなどの関連商品もたくさん販売されている作品です。銀河帝国や惑星同盟といった組織間の戦いや人間ドラマを描いた作品です。

おすすめランキング第2位「精霊の守り人」

精霊の守り人
精霊の守り人
口コミ

久しぶりに読んだファンタジーでしたが文句なしに素晴らしい。 のめり込んで一気に読みました。

児童文学として子どもから大人まで多くの方に人気のある作品です。槍使いの女性バルサと皇子チャグムを中心としたストーリーで、アニメやドラマ作品としても有名です。

おすすめランキング第1位「幼女戦記」

幼女戦記
幼女戦記
口コミ

とにかく面白い。 軍事とか難しい話が苦手な人も、異世界転生に胸焼けを起こしている人も、それでも読めてしまうと思う。

一流企業に勤めるエリートサラリーマンが創造主Xによって信仰心をもつようにと異世界へと転生させられてしまいますが、幼女ターニャの姿になってもより上を目指そうと戦場へ身を投じます。

特徴・用途別おすすめの戦記小説

戦記小説にはさまざまな特徴があります。それぞれの特徴や用途に合わせたおすすめ作品をご紹介します。ぜひ参考にして、ご自分の目的や用途に合わせた戦記小説を選ぶようにしてみてください。

長編の作品だけではなく、ライトノベルで読むことができるおすすめの戦記小説や歴史系のおすすめ作品などをご紹介します。読んだことのない作品があればぜひチェックしてみましょう。

無料で読めるおすすめ戦記小説

いくつかのサイトなどで試し読みができるおすすめ作品や、無料サイトなどで掲載されていた作品などをご紹介します。戦記小説がどのようなものかわからないという方や、はじめて読むという方は無料で試し読みをしてから戦記小説を選んでみる事もおすすめです。

クロの戦記

クロの戦記
クロの戦記
口コミ

購入してから時間が経ってますが、レビューを。 WEB版は文章的に拙い部分が多々ありましたが、書籍版では改善されてました。

ライトノベルとして読みやすい作品でもあります。現実世界から異世界へと転移してしまった少年クロノが世界をおかしいと感じはじめ国を変えようとするストーリーです。

ファンタジー系の戦記小説

ファンタジー系の戦記小説は、人間だけではなく剣や魔法、別種族などといったような要素を含んだ作品になります。ゲームやアニメの世界のように、別の世界での戦いを楽しむことができおすすめです。ファンタジー系の小説が好きな方は、ファンタジー系の戦記小説も読んでみる事をおすすめします。

グランクレスト戦記

グランクレスト戦記
グランクレスト戦記
口コミ

物語としては王道ファンタジーと戦記ものを混ぜた感じで、最近こういう物語少なくなったよね~と思いながら楽しく読めました。

混沌に支配されている世界で、混沌から秩序を取り戻すことができる聖印をもつロード達が聖印をめぐって争い合う世界で魔法師の少女と若き君主テオが出会い、二人は自分たちの進むべき道を模索しはじめることになります。

おすすめライトノベル

ライトノベルと呼ばれる小説にも、おすすめの戦記小説があります。ライトノベル系好きで、よく読んでいるという方は、ぜひライトノベルでも戦記小説を楽しんでみてください。

ライトノベル作品の良いところは、その読みやすさにあるのではないでしょうか。小学生や中学生などでも読みやすいライトノベル作品として戦記小説を読むことで、どなたでも手軽に物語を楽しむことができおすすめです。

天鏡のアルデラミン

天鏡のアルデラミン
天鏡のアルデラミン
口コミ

良い意味でラノベらしくないといったところ。 タイトルやイラストからするとまさにラノベかと思いきや、中身はしっかりとした戦記物。

隣国と戦争状態にある大国の一角に住んでいる一人の少年イクタは怠け者で戦争嫌いでしたが、彼は卓越した生き抜く才能によって名称と呼ばれる軍人へと成長していきます。

空ノ鐘の響く惑星で

空ノ鐘の響く惑星で
空ノ鐘の響く惑星で
口コミ

あまりネタバレは、したくないのですが、これだけは言わせてください。 このお話は、悲しいストーリーではありません。 思わず微笑んでしまうくらい、温かいラストでした。

御柱と呼ばれる巨大な柱がある世界は、ある季節になると鐘の音に似た音が降ってきます。王国の第4王子フェリオの前に異装の少女が現れ、世界と人々は思わぬ方向へと向かっていきます。

聖剣の姫と神盟騎士団

聖剣の姫と神盟騎士団
聖剣の姫と神盟騎士団
口コミ

烙印の紋章の作者ということで手を出してみましたが、 読み始めてすぐに懐かしさを感じる設定にでくわしました。

魔法使いの少年が騎士団に入団し、さまざまな危機に遭遇してしますが、思いもよらない作戦で危機を回避していきます。

完結している戦記小説

戦記小説を読みはじめても、続きがある作品は一気に読むこともできないため、気になって仕方がなくなってしまうというような事はよくあります。そのような事にならないためには、完結している戦記小説を読む事がおすすめです。

完結作品を読むことで、一気に物語の中に没頭できるようになりますし、ラストはどうなるのかとモヤモヤすることもなく読み終えることができます。

アルスラーン戦記

アルスラーン戦記
アルスラーン戦記
口コミ

ほんとは漫画を読み始めようと思ったんだけど、原作から見てみようかと思って読み始めたら原作のほうがもっと面白い。アニメを見る前に読んでおいたほうがいいかも。

戦乱によって自分の国から追われることになってしまった王太子のアルスラーンは、頼りになる仲間たちと共に国を奪還しようと成長していくストーリーです。

ハーレム系

ライトノベルに多いのですが、戦記小説の中でも主人公の強さや特異性などによって、さまざまな女性が主人公に惹かれていくという物語があります。ハーレム系の戦記小説が読みたいという方のために、おすすめの作品をいくつかご紹介します。

百錬の覇王と聖約の戦乙女

百錬の覇王と聖約の戦乙女
百錬の覇王と聖約の戦乙女
口コミ

個人的にとても面白かった。続きがとても気になる。戦記好きにはオススメです。

ごく普通の中学生である主人公が、あるできごとをきっかけに異世界へと飛ばされてしまい戦いに巻き込まれてしまうという作品です。さまざまな女性が登場人物として物語に花を添えてくれます。

空戦魔導士候補生の教官

空戦魔導士候補生の教官
空戦魔導士候補生の教官
口コミ

アニメを見て、Kindleの価格が安かったから手に取ってみました。 レビューが結構荒れてたので、ちょっと、心配していましたが杞憂だったようです。

第24回後期のファンタジア大賞の金賞を受賞した作品で、世界に突如現れた魔甲蟲と、それに対抗するべく戦おうとする、空戦魔導士の生徒達と主人公である教官の関係性に目が離せないストーリーとなっています。

オンライン

オンラインゲームとして楽しむことができる戦記小説があります。もちろん戦記小説としても十分楽しむことができますが、ゲームをとおしてさらに物語の中に入り込んだ感覚が欲しいという方におすすめの作品をご紹介します。

ロードス島戦記

ロードス島戦記
ロードス島戦記
口コミ

過去に読んだことがあり、興味を持ったなら再度購入しても決して損はありません。 多くの方に読んでもらいたい作品です。

水野良さんの代表作ともいえる作品で、小説としてだけではなくアニメやゲームなどにもなった有名な小説です。オンラインゲームとしても楽しむことができます。

歴史系おすすめ戦記小説

歴史的に有名な戦いをテーマに物語を描いた戦記小説もおすすめです。歴史が好きな方であればぜひとも読んでいただきたいおすすめの小説作品をご紹介します。読んだことがない作品があればぜひチェックしてみましょう。

三国志

三国志
三国志
口コミ

この本は安定して面白いね。特に後半の主役は孔明で、孔明の頭の良さがわかる。この本は天命とか天機とか天佑とかやたらと天という言葉を使って、カッコよく物語りを描いてる。

魏呉蜀の三国時代の歴史をテーマに書かれた作品です。民間伝承などの説話を元に書かれた作品がその後日本だけではなく世界中で広まりました。

国盗り物語

国盗り物語
国盗り物語
口コミ

斎藤道三という織田信長の義理の父の話。 道三は"権力のある者に於いては無能である事こそ悪である。"という考えの持ち主。

油売りから美濃国の国主にまでのぼりつめた斎藤道三と、破天荒な織田信長との関係性を扱った作品で、司馬遼太郎さんの代表作のひとつとして知られています。

真田太平記

真田太平記
真田太平記
口コミ

本能寺の変までが書かれています。歴史物ですが大変に読み易いです。難しいことは飛ばしてもあらすじだけ追って行っても楽しめます。

豪族だった真田昌幸が、どのようにして激しい戦国時代を生き延びたのか、真田家の存続を図る歴史小説です。卓越した情報収集力と知略によって家名を残してきた真田家の壮大なドラマとなっています。

成り上がり

成り上がり系の戦記小説は、どん底から這い上がっていく主人公の目覚ましい成長や、周囲との関係性などを楽しむことができる戦記小説です。徐々に仲間を増やしたり、自身で考えて向上していく姿を読むことで、共感し感動することができます。戦記小説の中でもおすすめのテーマになります。

平手久秀の戦国日記

平手久秀の戦国日記
平手久秀の戦国日記
口コミ

一巻もそうでしたが、合間合間にはいる合いの手のような地の文がツッコミみたいでよかったです。

ウェブで人気の高いおすすめ作品です。戦国時代に転生した主人公が、織田信長と一緒に天下統一を目指すというストーリーとなっています。

幼女戦記

幼女戦記 単行本1-9巻セット
幼女戦記 単行本1-9巻セット

日本のエリートサラリーマンだった主人公が、逆恨みによって命を落とし、異世界へと転生しますが、異世界でもエリートを目指すというストーリーになっています。

おすすめの戦記小説の作家と代表作品

戦記小説のおすすめ作品や作家にはどのような人物の作品があげられるのでしょうか。物語の面白さだけではなく、世界観の広がりや周囲との関係性、徐々に成長していく主人公などを魅力的に描く戦記小説というものは、さまざまな世代に愛されています。作品の良さだけではなく、作家としての文章力のすごさが伝わるおすすめ作品をご紹介します。

小野不由美「十二国記」

小野不由美さんの作品の多くはアニメ化されたりするほど人気が高く、中でもシリーズ作品としても有名なおすすめの戦記小説をご紹介します。

月の影 影の海

月の影 影の海
月の影 影の海
口コミ

どうしてこの小説を手に取ったのか覚えていないのですが、この上巻を皮切りにシリーズ全てをむさぼるように読んでしまいました。

十二国記シリーズで、女子高校生である中嶋陽子が主人公となるはじまりの作品です。ある日陽子の前にケイキという人物が現れ、陽子を主と呼び盟約をかわそうとしますが、異形の怪物に襲われ、月の影の世界へと行くことになります。

魔性の子

魔性の子
魔性の子
口コミ

十二国記は全部読んでいたのですがまた巡り合えて嬉しかったです。作品内容も相変わらず小野ワールド全開で楽しめました。

十二国記シリーズがはじまる前に書かれた作品ですが、こちらの主人公も十二国に関わりの深い人物が登場します。十二国シリーズ作品と共に読むことで、より深く作品にふれることができます。

戦記小説の楽しみ方

戦記小説にはどのような楽しみ方があるのか考えてみたことがあるでしょうか。ただ物語を読み進めるだけではなく、物語の裏にある戦記小説のおすすめの楽しみ方をさまざまな角度からご紹介します。

戦い方に注目する

戦記小説の中で戦われている内容はどのようなものなのかを考えてみましょう。国同士の争いであったり、何も持たない主人公の成長していく戦いであったりするというような事もあるのではないでしょうか。

物語のそれぞれの戦い方、戦略や知略などさまざまな要素を文章の中から読み解くことができます。戦記小説の中には物語の世界の地図などが付いているものもあり、戦略を照らし合わせて読み進めることで、物語の深い部分まで読むことができます。

知略による戦いにも注目する

大きな大国同士の戦いなども派手さがあり、戦記小説の中でもワクワクしたり、ドキドキしたりするシーンとなっていますが、戦記小説の良さは派手な戦闘ばかりではありません。知略による静かな戦いも戦記小説の楽しめる部分でもありおすすめです。

登場人物の関係性にも注目する

戦記小説の中での戦い以外の楽しみ方といえば、登場人物の人間関係ではないでしょうか。戦いの中でも登場人物たちはさまざまな人間関係に悩まされたり励まされたりします。人間ドラマをみているような気持ちで物語を楽しむことがおすすめの楽しみ方になります。

ワクワクするような戦記小説を読もう

おすすめの戦記小説をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。戦記小説の種類はさまざまあり、自分が読みたいとおもえるような戦記小説を見つけることが大切です。おすすめ作品を参考にして、お気に入りの一冊を見つけてみましょう。休日などやちょっとした休憩に、戦記小説を読んでワクワクした気持ちになってみませんか。

Related