Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月28日

カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回は「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類」と題して、「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3のご紹介をはじめ、「カスタムIEM」に関する詳細情報についての「お役立ち情報」をご紹介します。ぜひご参照ください。

カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

カスタムIEMとは

カスタムIEMというのは「Custom In Ear Monitor(カスタム・イン・イヤー・モニター)の略称」であり、基本的に「モニター専用イヤホン」のことを意味します。世間では「イヤモニ」などとさらに略称されて親しまれていますが、とにかく「高感度性能を駆使したモニター専用イヤホン」を設計する傍らで、実にさまざまな機種が販売されています。

最近では多くの電化製品店でもこのカスタムIEMが一般販売されている例が非常に多く、また「カスタムIEMだけを求めてくる顧客」もとても増えてきています。

カスタムIEMというのは「従来型イヤホン」に比べると「比較に成らない程の高音質を備えたマルチタイプのイヤホン」として認められ、その音源再生についてはほとんどのユーザーにとっても非常に満足させてくれる「ダイナミックなオプション機器」となるでしょう。

おすすめのカスタムIEM

カスタムIEMというのはどれも「○万円を超えるイヤホン」ばかりとなるため、そのおすすめされる「カスタムIEM」にしても「比較的安くて高性能の物」が望まれる傾向がうかがえます。

「AAW A1D ダイナミック」や「Ultimate Ears」シリーズのカスタムIEMはかなり人気商品として認められますが、どれも3万円から5万円を超える高額なカスタムIEMとしておすすめされます。

さらに高額なカスタムIEMとなれば、「Vision Ears VE5」や「Ultimate Ears UE18+Pro」などの20万円前後のカスタムIEMまでがあるため、おすすめのカスタムIEMとしてはまず「ユーザーにとって手頃な価格で購入でき、さらにメンテナンス性が充実している物」が望まれます。

カスタムIEMの種類と選び方

「カスタムIEMのおすすめの種類と選び方」についてですが、まずカスタムIEMを選定・購入する場合は「カスタムIEM(イヤホン)の内部構造」をある程度でも知っておくことが大切です。イヤホンというのは基本的に「耳に差し込んで使用するカナル型のイヤホン」が主流となり、その内でもシュア掛けなどの特殊モデルなどがあります。

また「ダイナミック型」や「バランスド・アーマチュア型」などと、オーディオ再生に最適なモデルや他種製品との接続型によってその効果・機能を発揮させられるカスタムIEMもあるため、それらのうちから自分に見合った製品を選定することが大切になります。

カスタムIEMのケーブル仕様

さらにカスタムIEMの種別には「他種製品との接続相性だけに特化した製品」も非常に多くあり、その典型のカスタムIEMの種類には「Bluetooth対応型カスタムIEM」や「リケーブル式カスタムIEM」などの「接続プラグに重点が置かれたカスタムIEMの種別」がおすすめされます。

カスタムIEMの種類

先述しましたように「カスタムIEMの種類」には基本的に「イヤホンの構造として分けられる多用性を重視した型」が認められるため、それぞれのカスタムIEMの機能性を確認した上で「他種製品との接続相性」を十分に確認しておくことが必要になります。

先でもご紹介しましたが、まず「ダイナミック型」、「バランスド・アーマチュア型」、さらに「ハイブリッド型」などのイヤホン内部の構造の種類によってカスタムIEMの種類も分かれ、それぞれのモデルタイプによって接続端子(プラグ)の種類も分かれてきます。

一般的に多く使用されているプラグの種類は「3.5mm対応のステレオミニプラグ」のタイプと、「6.3mm対応のステレオ標準プラグ」のサイズの2種類があるため、この点でも「自分が所有している他機種製品との接続相性」に見合ったサイズのプラグを選定することがおすすめされます。

カスタムIEMの選び方

先述しましたように「カスタムIEMの選び方」については、まず「カスタムIEMそのものの機能性やメンテナンス性」をしっかり確認した上で、それぞれのカスタムIEMを実際に接続して使用する際に確認できる「他機種製品との接続相性」を確認しておくことが大切です。

カスタムIEMを選定する際には、店頭に並べられた付属品としてのパンフレットや取扱説明書などがありますが、その他にもインターネット情報によって検索したり、実際に店員に問い合わせて詳細情報を確認したりする方法が多くあります。

それらの事前情報をきちんと把握した上でカスタムIEMを選定し、購入後も十分にその機能をしてくれ、さらに長持ちするカスタムIEMを購入することが(どんな場合でも)おすすめされます。

カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3

さて、先述におきまして「カスタムIEM」についてのある程度の情報確認を踏まえた上で、ここから「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3」と題して「おすすめカスタムIEMのランキング」をご紹介していきます。

ここでランキングするカスタムIEMは飽くまでも「現代において最もよく売れているカスタムIEMの種類」や、また「比較的(平均的に)どのユーザーにとっても扱いやすく、さらにメンテナンスも充実しているカスタムIEM」をご紹介するため、実際に購入する際には必ず「自分の目で確認すること」を心がけるようにしてください。

ランキング3位:「Unique Melody」

Unique Melody MACBETH II Classic カスタムIEM
Unique Melody MACBETH II Classic カスタムIEM

¥ 75,600

まず第3位は「Unique Melody MACBETH II Classic カスタムIEM」のご紹介ですが、本機種のおすすめの特徴は何と言っても「メンテナンス性が充実している点」で、購入後でも破損しにくく長持ちし、さらにあらゆる他種製品との接続相性も良好の一品としておすすめできます。

「イヤモニ最強のカスタムIEM仕様」などと謳われる程のマルチな機能性を持ち合わせており、とにかく「音源の精細な部分までしっかり再現してくれる」というユーザーにとっては最高の利点・メリットがおすすめされる最大の魅力となります。

ランキング2位:「高遮音性 カナル型」

高遮音性 ダイナミック・カナル型FenderカスタムIEM
高遮音性 ダイナミック・カナル型FenderカスタムIEM

¥ 26,784

口コミ

30,000円クラスのイヤホンの中では最高峰。音の広がりが凄い。耳の形で着け心地が変わってくるかも。

第2位は「高遮音性 ダイナミック・カナル型FenderカスタムIEM」のご紹介となります。本機種はとにかく「迫力のあるダイナミック型特有の音源再生が可能である点」が大きなおすすめポイントで、ほとんどの他種製品との接続相性も抜群の性能を発揮してくれます。

一般的な市販価格にしても先述の「Unique Melody MACBETH II Classic カスタムIEM」とは対照的に「3万円前後」と手頃に購入できるおすすめポイントも付き、さらには「音質の高性能が抜群の魅力」としておすすめされる絶品として認められています。

ランキング1位:「Jaybird RUN」

Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型
Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型
口コミ

とても良い感じで耳にフィットします。 bluetuth繋がりや音切れは普通に良し 動画などは少し遅れて聞こえますが特に音質も気になりません

今回の第1位は「Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型」で、とにかくイヤホンを付ける際にこれまでユーザーにとって「悩みの種」であった「ケーブルが引っ掛かるために快適に視聴できない」という難点がありました。

しかしこの「Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型」の登場によってその悩みが一気に解消され、どんな状況においても十分に視聴そのものを楽しむことができる「自由形のカスタムIEM」の実現に成功しました。

またさらにおすすめ特典としてあげられるのが「市販価格の安価」で、一般的な価格としては2万円から5万円程度で確実に購入することができます。

特徴と用途別おすすめのカスタムIEM

先述におきまして「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3」と題して「カスタムIEMそのもの」のランキングをご紹介しましたが、ここからは「特徴と用途別おすすめのカスタムIEM」と題し、カスタムIEMが持つ特徴や機能性による用途別のランキングをご紹介します。

初めての場合のおすすめカスタムIEM

KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン
KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン
口コミ

今まで安物イヤホンやshureのイヤホン、オーテクイヤホンなどのイヤホンを使用してきましたが、この値段でこんなにいい音質のイヤホンに出会ったことはありません。

カスタムIEMを使用する場合は比較的「初心者」や「頻繁に使用している人」というように、分けられておすすめされることはありません。ほとんどのカスタムIEMは「初心者でもすぐに使用できるモデルタイプ」として設計されているため、誰でもいつでもすぐに扱えるようになっています。

今回おすすめする「初めての場合のおすすめカスタムIEM」は「KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン」で、本機種のおすすめできる特徴はまず「価格がかなり安価であること」と、「他機種との接続によってもノイズがほとんどないこと」の2点となります。

ケーブル式おすすめカスタムIEM

HEIR AUDIO IEM バランスド・アーマチュア型
HEIR AUDIO IEM バランスド・アーマチュア型

ケーブル式カスタムIEMというのは、先述でご紹介しました「Bluetooth対応型カスタムIEM」とは対照的なモデルタイプとしておすすめされる製品で、従来のイヤホンタイプのカスタムIEMのモデルとなります。このケーブル式の利点としてはまず「Bluetooth対応型でたまに見られる電波の受信不良」がなくなる点です。

今回おすすめする「ケーブル式おすすめカスタムIEM」は「HEIR AUDIO IEM バランスド・アーマチュア型」で、その高音質の保持はもとより「メンテナンス性の充実」と「詳細な音源再生に卓説している魅力」がおすすめポイントとなります。

リケーブル式おすすめカスタムIEM

ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM
ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM
口コミ

音質は解像度がよくなり低音域もボリューミーになった感じ。同じボリュームでも純正ケーブルより音が大きいので抵抗が少し低いと思われます。

リケーブル式カスタムIEMというのは、「既存のケーブルだけでなく、別機種のケーブルと取り換えて使用しても問題のないカスタムIEM」のことを言い、つまり「他機種製品との接続相性を従来兼ねそろえたカスタムIEM」を意味します。

今回おすすめする「リケーブル式カスタムIEM」は「ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM」で、本機種のおすすめできる特徴はまず「カナル型イヤホンの特徴としてある高遮音性音源の再生が可能である点」と、「他機種製品との接続相性が抜群である点」の二重のおすすめポイントが付く点となります。

カスタムIEMのおすすめブランド3つと代表製品

カスタムIEMを選定し購入する場合にはまず、「購入しようとするカスタムIEMの機能性」の確認をした上で、「カスタムIEMと他機種製品との接続相性」をしっかり調節することが必須となります。

先述では「特徴と用途別おすすめのカスタムIEM」についてのランキングをご紹介しましたが、ここではさらに「おすすめのカスタムIEMとそのブランドメーカー」のランキングのご紹介をしていきます。

さまざまなカスタムIEMに搭載されている機能性を確認した上で、自分なりに「最も信頼できるブランドメーカー」を確認することもカスタムIEMを購入する際の重要ポイントとしておすすめされるでしょう。

第3位:「ハイブリッド型カスタムIEM」

ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM
ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM
口コミ

しなやかで、金属ワイヤーを使用しないで耳に沿うようにループができるように加工されているので、非常に使い勝手がよい。

先でもご紹介しました「ハイブリッド 4ドライバ型カスタムIEM」がまず第3位になりますが、このカスタムIEMの最大のおすすめポイントは「広帯域に渡る音源再生の魅力」で、従来の「ダイナミック型」の特徴として見られる「重低音がしっかり利いたサウンドテクニック」と、さらにハイブリッドモデルならではの「臨場感」がおすすめされます。

特にハイハットやクラッシュシンバルの効果は絶妙と言われており、とにかく「重低音にポイントを置いたマルチなサウンド再現」が大胆に送られてくるのがおすすめです。

第2位:ハイブリッド式カスタムIEM

ハイブリッド式カスタムIEM カナル型
ハイブリッド式カスタムIEM カナル型

第2位は「ハイブリッド式カスタムIEM カナル型」で、本機種は「リケーブル式タイプのカスタムIEM」でありながら「ハイレゾ機能に卓越している抜群の高音質」を誇る一品です。とにかく「どんな音源でもその隅々まで詳細に聴き取りたい」という場合に必ずおすすめされるカスタムIEMで、市販価格はその機能性もあるため少々高額です。

モデルサイズも「20×20×10 cm」と平均的なコンパクトサイズで持ち運びに都合よく、また正確な音源再生に欠かせない「バランスド・アーマチュア型モデルの最高品質」を兼ねそろえた無類の絶品としておすすめできます。

第1位:Jaybird RUN 完全ワイヤレス

Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型
Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型
口コミ

まず、本体もケースもデザインカワイイ。所有欲を満たしてくれます。音もイイ感じ(ただし遅延あり)。

今回の「カスタムIEMのおすすめブランド3つと代表製品ランキング」の第1位はやはり何と言っても「完全ワイヤレス」という嬉しいおすすめポイントが付く、「Jaybird RUN 完全ワイヤレスカスタムIEM Bluetooth対応型」です。

Bluetooth対応型カスタムIEMの最大のおすすめポイントは「ケーブル使用が必要ないため、とにかく実用的に設計されている大きな魅力の利点」と、さらに本機種の機能性に見られる「高音質をそのまま維持して再現できる、パワーアップ型のカスタマイズ性」が十分発揮される利点と言えるでしょう。

本機種の魅力の1つとしては「たった5分だけの充電によって4時間再生し続けられる」というメンテナンス性の充実に加え、耐水設計による「破損がほとんどない」という高品質を確約してくれるおすすめポイントが付いてきます。

カスタムIEMの使い方や活用方法

カスタムIEMの使い方やその活用方法について考慮する際には、まず「カスタムIEMそのものが持つ機能性や他機種製品との互換性」の把握・確認が必須となり、その上で「自分が所有している他種製品との接続相性や、使用環境に最適のカスタムIEMを選定しておくことが大切となります。

カスタムIEMと言っても「従来のイヤホン製品」と内部構造は基本的に同じであるため、それまで使用してきたイヤホンを使用する際のイメージをもって「カスタムIEMの使用例」を自分なりにシミュレーションしておくことも、カスタムIEMを選定・購入する場合のおすすめ方法の1つとなります。

また、ほとんどのカスタムIEMはその価格が高額になる場合があるため、予算と製品との機能性を見合わせた上での購入が検討されるでしょう。ここは「どうせ買うなら良い物を」の精神です。

カスタムIEMの価格相場

先述でご紹介してきましたように、カスタムIEMの種類にはまず「ダイナミック型モデル」、「バランスド・アーマチュア型モデル」、「ハイブリッド型モデル」の3種類の内部構造の種別があるため、そのモデルタイプの種別によって性能や用途などが変わってきます。それらの使用分類にしたがってオプション機器類を併用する必要があります。

上記のように「カスタムIEMの種別にはさまざまな用途別」があるため、その用途別の機種によって価格相場も大きく変わってくることになります。一般的に市販されているカスタムIEMの価格は安価な物で「数千円から1万円まで」の物と、「3万円から10万円以上まで」の物とに大きく分かれてきます。

これは一般的な市販価格であるため、パソコンや他種の電化製品の場合と同じく、「今後に大きく変動してくる可能性」があるため、一概に「○○円」と決定することはできません。

カスタムIEMの正確な知識を取得しましょう

いかがでしたか。今回は「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類」と題して、「カスタムIEMおすすめ人気ランキングTOP3のご紹介をはじめ、「カスタムIEM」に関する詳細情報についての「お役立ち情報」をご紹介しました。

カスタムIEMというのは「従来型イヤホン」に比べて遥かにその音質を特価させた「ダイナミックな音源再生専用イヤホン」のことを意味し、特に「高音質な音源を再生する場合に選択するイヤホン」としては必須のアイテムとして認められます。

しかしカスタムIEMを購入する際には誰もが気になる「価格相場の高額」が注目されるところで、とにかく「安価で良質のカスタムIEMを購入すること」が最大のおすすめポイントとして重点が置かれます。できるだけ理想的で、なおかつ安価なカスタムIEMを購入するためにも事前確認はしっかりしておきましょう。

Related