Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月19日

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

世界中で人気のシンガーソングライター、テイラースウィフト。しかし洋楽ということもあり、実際の楽曲に触れたことがない人もいるのではないでしょうか。この記事では、おすすめのテイラースウィフトの楽曲やアルバムを紹介。この記事でテイラースウィフトの魅力を知りましょう。

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

テイラースウィフトの曲の種類と選び方

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

日本でも大人気で、ファンも多いテイラースウィフトは、アメリカ出身のシンガーソングライターです。弱冠15歳で歌手デビューを果たしたテイラースウィフトは、瞬く間にアメリカで人気のシンガーソングライターとなり、日本でもたくさんのファンを虜にしています。

ここではテイラースウィフトの曲には、どんなジャンルのものがあるのか、どんな曲を選んで聴いたらいいのか、ご紹介していきます。

テイラースウィフトの曲の種類

テイラースウィフトの曲は、大きく4つのジャンルに分けられます。それは、初期の「カントリーソング」、その後の「バラード」、そして「ポップ」、最近の「ダンスミュージック」です。

初期のテイラースウィフトは、弾き語りをメインに活動していたこともあり、ゆっくりとしたカントリーソングがメインでした。大人になったテイラースウィフトは、次第に自身の恋愛経験に基づいたバラード調のラブソングを歌うようになりました。ちょうどこの頃、テイラースウィフトの人気が、アメリカだけでなく世界中に広まった時期になります。

その後、テイラースウィフトは、ポップ調のノリのいい曲を歌うようになります。日本で大ブレイクした曲は、このポップ調の曲でした。そして最近では、ダンスミュージックを書くようにもなり、テイラースウィフトの活動ジャンルはどんどん幅を広げています。

ラブソングを歌うテイラースウィフト

テイラースウィフトの曲のジャンルに説明してきましたが、彼女の楽曲には、デビューから一貫してラブソングが多いことが特徴です。これはテイラースウィフト自身が、恋多き女性であること、デビューが若く、作曲と思春期が同時期であったことが、理由としてあります。

テイラースウィフトのラブソングが人気を集めている要因の一つに、馴染みやすい曲調に乗せられた、直情的な歌詞があるでしょう。彼女の書く詩は、非常にリアルで、直情的です。多くの歌詞が、自身の恋愛経験を赤裸々に暴露したものであることや、感情をストレートに伝える言葉のチョイスなどが相まって、楽曲を聴くだけでその光景が浮かんできます。

テイラースウィフトの曲の選び方

テイラースウィフトの曲の、おすすめの選び方は、自分の好きな音楽のジャンルに合わせてアルバムを選ぶ方法です。テイラースウィフトの曲には、多くの人におすすめできる曲がありすぎて、どれをおすすめすれば良いか迷ってしまうことがよくあります。そのため好きなジャンルに合わせて、おすすめのテイラースウィフトの曲を選ぶと、その人に合った曲を選ぶことができます。

またジャンルに合わせてアルバムを選ぶと良い理由は、テイラースウィフトのアルバムには、毎回一貫したテーマがあるからです。カントリー、ラブバラード、ポップ、ダンスミュージックなど、アルバム一枚ごとに分かりやすく統一されています。またそれぞれにおすすめしたい曲が、必ず収録されているので、アルバムごとに選ぶと上手に曲を聴くことができます。

テイラースウィフトの曲とおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位「Better Than Revenge」

Better Than Revenge (Speak Now 収録)
Better Than Revenge (Speak Now 収録)
口コミ

前作「Fearless」が彼女の出世作であるならば、今作は、「Speak Now」は集大成的アルバムではないかと思う。

第3位「Better Than Revenge」は、テイラースウィフトの3枚目のアルバム「Speak Now」に収録された、テイラースウィフト史上最も直情的な失恋ソングです。この曲をおすすめする理由は、アップテンポな曲調に対して、愚痴を語るように歌われるストレートすぎる歌詞が、非常に魅力的で、テイラースウィフト自身の恋愛観をよく表しているからです。

この曲は、ボーイフレンドを猫かぶりの女に寝取られた真面目な女性が、どこにもぶつけられない恨みを赤裸々にぶちまけるという内容です。そこまで言わなくてもいいのではないか、とさえ思えてしまう直情的な歌詞も、歌詞を聴き取れなくても虜にされてしまう曲調も、どちらもおすすめな一曲になっています。

ランキング2位「You Belong With Me」

You Belong With Me (Fearless 収録)
You Belong With Me (Fearless 収録)

第2位「You Belong With Me」は、テイラースウィフトの2枚目のアルバム「Fearless」に収録された、カントリー感あふれる楽曲です。この曲をおすすめする理由は、テイラースウィフトの人気を押し上げた代表曲であるということ、直情的なラブソングであること、日本人にも英語が聴き取りやすい曲であることの3つです。

テイラースウィフトのおすすめポイントとしては、やはり直情的なラブソングです。代表曲の中でもラブソングの占める割合は非常に高く、テイラースウィフトと言えばラブソングというイメージが強いことにも納得です。その中でも「You Belong With Me」は、英語の歌詞が聴き取りやすく、おすすめしたい一曲です。

ランキング1位「We Are Never Ever Getting Back Together」

We Are Never Ever Getting Back Together (RED 収録)
We Are Never Ever Getting Back Together (RED 収録)
口コミ

テラスハウスのテーマソング。 youtubeでも様々なカバーがアップされています。

第1位の「We Are Never Ever Getting Back Together」は、テイラースウィフトの4枚目のアルバム「RED」に収録された楽曲で、日本では「テラスハウス」のテーマソングとして有名な楽曲です。日本でのテイラースウィフトの人気や知名度を一気に押し上げた代表曲で、リリースから数年経った今でも、バラエティのBGMやカラオケなどで人気です。

この曲をおすすめする理由は、日本で最も有名なテイラースウィフトの曲だということ、歌詞が難しくなく、繰り返しが多いので、洋楽になじみがない人でも歌いやすい曲だということです。テイラースウィフトは知っているけれど、曲自体は聴いたことがないという人、カラオケで洋楽を歌いたいけど、何を歌えばいいのか分からないという人に、ぜひおすすめしたい一曲です。

特徴・用途別おすすめのテイラースウィフトの曲

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

さてここからは、特徴・用途別にテイラースウィフトのおすすめ楽曲を見ていきましょう。単純に曲を聴いて楽しむことから、カラオケでカッコよくうたってみたいなど、人気の洋楽アーティストならではの楽しみ方を、じっくりご紹介します。

アルバム「Fearless」、カントリーなおすすめ代表曲を収録

Fearless
Fearless
口コミ

Taylor Swift スタイル良くてかわいくて、歌も何曲かyoutubeで聞いてみると素敵!と思い購入しました。安かったし、曲もよいです。ますます好きになりました。

テイラースウィフトの特徴の一つ「カントリー」最もよく表しているアルバムが、この「Fearless」です。ゆったりとしたリズムに、直情的な歌詞を乗せた楽曲が多く、カントリー好きにおすすめしたい一枚です。

おすすめの収録曲は、前述の「You Belong With Me」、「The Way I Loved You」、「Fearless」です。直情的な歌詞といっても、切ない歌詞もあれば、嫉妬深い歌詞もあり、ラブソングが好きな人ならだれにでもおすすめできるアルバムになっています。ラブソング好きの友達と聴きあって、どの曲がおすすめか語り合うのも面白いでしょう。

アルバム「Speak Now」ラブソングを収録

Speak Now
Speak Now
口コミ

カントリーの影響が、強く地味な印象を持っていましたが、今回はよりポップな仕上がりでで明るく、全体的に聞きやすくなっています。

テイラースウィフトの代名詞であるラブソングを、最も多く収録しているのが、3枚目のアルバム「Speak Now」です。このアルバムのおすすめポイントとしては、デビュー当初からのカントリー調の楽曲だけでなく、バラードやアップテンポな曲まで、多様なジャンルを収録していることです。さらにもう一つのおすすめポイントは、収録されたほとんどの楽曲がラブソングであるということです。

具体的なおすすめ収録曲は、「Mine」「Speak Now」「Better than Revenge」「Dear John」「The Story Of Us」「Long Live」です。これらを聴けば、テイラースウィフトのカントリー、バラード、ラブソング全てに触れることができます。もちろん一曲一曲おすすめできる代表曲ですので、曲自体も十分楽しんで聴けます。

アルバム「1989」、ダンスルックなテイラースウィフト

1989
1989
口コミ

さぁ、いまからやるぞ!という時に、とても気持ちが高まってスイッチが入ります(^ ^)! どの曲も強い気持ちで立ち向かえる感じです。女性から見てもかっこいい!!

テイラースウィフトの新たなジャンルを開拓した「1989」は、彼女の5枚目のアルバムです。このアルバムの特徴は、ダンスミュージックがメインであるということです。これまでのテイラースウィフトとは一線を画す曲調が多く、新しい魅力を生み出しました。

おすすめの収録曲は、「Blank Space」「Shake It Off」です。どちらも日本で大ブレイクした曲であり、お店のBGMに使われていることも多い曲です。また、ダンスルックの代表曲でもあり、テイラースウィフトを知るためにおすすめしたい曲でもあります。

おすすめのテイラースウィフトの代表曲

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

次に、テイラースウィフトを手っ取り早く知るための、おすすめ代表曲をご紹介しましょう。これを聴いておけば、テイラースウィフトに関するある程度の話題にはついていけますし、おすすめの曲ばかりなので、楽曲を楽しむという点でも重宝します。

まずカントリー系でのおすすめは、「Tear Drops On My Guitar」、「You Belong With Me」です。次にラブソングでのおすすめは、「Mine」、「Speak Now」、「Dear John」です。そして話題になった曲でおすすめの曲は、「We Are Never Ever Getting Back Together」、「Shake It Off」です。これらの曲を抑えておけば、テイラースウィフトを上手に知ることができるでしょう。

テイラースウィフトの曲のおすすめの楽しみ方

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

テイラースウィフトの曲を楽しむ方法としては、やはり歌詞を読んでみることをおすすめします。洋楽は英語で書かれているので、なかなか歌詞まで理解するのは難しいという人も多いのですあ、彼女の魅力は楽曲の歌詞です。もちろん曲調だけでも十分楽しめますが、よりテイラースウィフトにハマるには、歌詞を理解するととても楽しむことができます。

歌詞の和訳を読んでも良いか?

洋楽を聴く際に、多くの方が疑問に感じるのが、歌詞の和訳を読んでしまってもいいのか、ということでしょう。ネットで検索すると、ほとんどの楽曲の日本語訳や、英語日本語の対応訳が出ています。しかし英語をそのまま理解した方がカッコいいし、英語の曲だから英語のまま聴きたいという人も多いのではないでしょうか。

結論としては、最初のうちは和訳を読むことをおすすめします。最初にある程度どんな曲かを理解しておくと、実際に英語だけで曲を聴いた時に、意味を理解しやすくなります。また、英語では聴き取りにくい部分のみを、和約と照らし合わせることもおすすめしています。より良い理解のために、和約を上手に使いましょう。

世界中で人気のテイラースウィフトを堪能しよう

テイラースウィフトの曲おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

テイラースウィフトは、今や世界中で人気のシンガーソングライターです。それは日本も例外ではなく、その名を聞けば代表曲が思い出せるという人がほとんどでしょう。それほどまでに魅力的なテイラースウィフトを、この記事を機会にぜひ堪能してみてください。そしてあなた自身で、新しいテイラースウィフトの魅力を発見してみませんか。

Related