Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月09日

PS4外付けHDDおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

PS4でたくさんのゲームを遊んでいると不足してくるのが容量です。PS4は拡張ストレージに対応しており、外付けHDDを接続すれば換装などの難しい事をしなくても容量を増やす事ができます。今回はPS4で使う外付けHDDのおすすめの選び方やおすすめの製品を紹介します。

PS4外付けHDDおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

PS4で使える外付けHDDの条件

おすすめを紹介する前にPS4には外付けHDDを含むUSBストレージを拡張ストレージとして利用する場合使用に条件があるのでそれを紹介します。

1つ目の条件はUSB3.0対応です。より高速で通信する事が可能なUSB3.0に対応していなければ、外部ストレージとしての利用はできません。

2つ目に容量が256GB以上8TB未満である事です。それ以上でもそれ以下でも使えないので、必ずこの容量内の外付けHDDを購入するようにしましょう。

3つ目は購入時点では直接関係ありませんが、外付けHDDをUSBハブなどを利用せず直接PS4に接続する必要があります。

これらの条件はあくまでもPS4本体そのものの容量の拡張に外付けHDDを利用する場合で、それ以外の用途での利用の場合はこの限りではないという点にも注意する事がおすすめです。

PS4外付けHDDの種類とおすすめの選び方

では次にPS4で使える外付けHDDの種類とおすすめの選び方を紹介します。

PS4外付けHDDの種類

PS4で使える外付けHDDは大きくわけて3種類に分類する事ができます。

据え置き型外付けHDD

据え置き型外付けHDDは給電をコンセントにACアダプターを接続して行うタイプです。その特性から持ち歩いての利用は想定されておらず、本体が大きめな代わりに大容量で安価な製品を選ぶ事ができるのが特徴です。

PS4の拡張ストレージとして利用する場合、給電を接続したPS4に頼ると読込の多いゲームなどでは電力不足に陥る事があるので、ACアダプターを利用して別途電力を確保できる据え置き型の外付けHDDは非常におすすめできます。

PS4自体も据え置きで利用する人がほとんどなので、拡張ストレージとして利用するなら据え置き型外付けHDDを選ぶ事をおすすめします。

ポータブル型外付けHDD

ポータブル型外付けHDDは持ち歩く事を想定されて設計されたタイプで、給電は接続した機器から得るバスパワー形式を採用している製品がほとんどです。

設計のウエイトの多くを持ち歩いて衝撃を与えてしまった時の耐久性とコンパクトさに割り振っているので、容量に対して値段が高くなりがちです。

上記の条件さえ満たしている製品であればPS4の拡張ストレージとしての利用も可能ですが、PS4は元々あまり給電性能が高くなく、特にゲームをしながらの場合はそちらに電力を多めに利用するので安定性に欠けてしまいます。

ポータブル型外付けHDDの利用は、スクリーンショットのデータを移すなどのような容量の大きいUSBメモリとして利用するに留めておくのがおすすめです。

内蔵型HDD+HDDケース

PS4の内蔵HDDを換装した場合などに余る事になる、元々搭載していた内蔵型のHDDを専用のHDDケースに入れれば簡易的にポータブル型外付けHDDとして利用する事もできます。

ただしポータブル型外付けHDDと同じ理由から拡張ストレージとしての利用はおすすめできません。放置しておくのがもったいないという理由であればおすすめできますが、ハードな利用はできない事を前提にしておく事をおすすめします。

PS4外付けHDDのおすすめの選び方

PS4外付けHDDおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

ここからはPS4で利用する外付けHDDを選ぶ際のおすすめの絞り込み方を紹介します。

用途で選ぶ

まず初めにPS4に外付けHDDを接続した際の用途を吟味する事をおすすめします。PS4に外付けHDDを接続する場合、大きくわけて3種類の用途があります。1つ目は拡張ストレージとしての利用、2つ目にnasneやtorneを利用した録画、3つ目にUSBメモリと同様にデータのやりとりや保管です。

拡張ストレージとして利用する場合には上記の条件を満たす必要がある他、専用フォーマットに変更する必要があるので、データを全部消さなければその他の方法では利用できなくなります。

録画や保管目的の場合には条件などは特にありませんが、将来的に拡張ストレージとしての利用も想定しているならば条件を満たした物を購入しておく方が安心です。

まずはどんな目的で外付けHDDを購入するのかをしっかり認識する事で選ぶポイントを絞るようにしましょう。

容量で選ぶ

どんな用途だとしてもPS4で利用する外付けHDDには容量が大切な要因になってきます。基本的には容量を大きくすればそれだけ値段もあがります。

使い方に合わせて適切な容量の外付けHDDを選ぶ事をおすすめします。

電源の切りやすさで選ぶ

PS4で利用する場合、PS4を使わない時は外付けHDDの電源も切っておきたいと考えるのは至極当然な流れです。設置した後電源が切りやすいかも外付けHDDを選ぶ上では確認すべきポイントになります。

接続した機器にの電源のオンオフに合わせて自動で動いてくれるような製品もあるので、確認した上で選ぶのがおすすめです。

本体サイズで選ぶ

本体のサイズも選ぶ上では大きな要素です。PS4の近くに設置する事になるので、空いているスペースを確認した上で、そこに収まるサイズの外付けHDDを購入する事をおすすめします。

PS4外付けHDDおすすめランキングTOP3

ここからは実際の製品を紹介していきます。ここから先で紹介するのはほぼ全てが外付けHDDをPS4の拡張ストレージとして利用する場合におすすめの製品になります。

はじめに拡張ストレージとして利用できる外付けHDDの中でも特におすすめの製品を3つ紹介します。

3位

SGD-NX040UBK
SGD-NX040UBK
口コミ

大容量なので使いやすい以前のビデオレコーダーの簡単さに近づいた気がする。

シーゲートが発売するSGD-NX040UBKは4TBの容量を持つ据え置き型の外付けHDDです。テレビの録画用に発売されていますがPS4でも利用する事ができます。据え置き型なので電源はコンセントを利用したAC電源式です。

縦置きも横置きもできるように設計されているので場所を選ばず設置できる他、ファンレス設計なので、静音性能も非常に高いのでPS4での利用にも最適なおすすめの外付けHDDになります。

2位

ELD-XED020UBK
ELD-XED020UBK
口コミ

バスパワーではなくセルフパワー(外部電源式)なので、容量の大きなゲームデータを電力低下を気にすることなく安全にダウンロードすることができます。

エレコムから発売されるELD-XED020UBKは2.0TBの容量をもつ据え置き型のおすすめの外付けHDDです。給電にはコンセントを利用したACアダプターを利用します。

ファンレス設計で縦置きも横置きにも対応している他、PS4を利用した録画機器nasne(ナスネ)での利用もメーカーで動作確認をされています。容量は2TBにはなりますが、同性能でより容量の大きい物も発売されているので、2TBでも少ないという人はもっと増やす事も可能です。

拡張ストレージとしての利用もnasneでの利用にもおすすめできる外付けHDDになります。

1位

HD-LC4.0U3/N
HD-LC4.0U3/N

¥ 26,784

口コミ

ps4の外付け用に買って使っていますが、今の所は不具合はおこってないです。

バッファローの発売するHD-LC4.0U3/Nは4TBの容量を持つおすすめの外付けHDDです。縦置き横置き対応、ファンレスの静音設計、ACアダプター電源と据え置き型として確かな性能を持ちながら、4TBの外付けHDDとしてはかなり値段も安くなっています。

できるだけ安く大きな容量の外付けHDDが欲しいという人におすすめの外付けHDDです。

特徴別おすすめのPS4外付けHDD

ここからは特徴別におすすめのPS4で使える外付けHDDを紹介します。

安い

HD-LC3.0U3-BK
HD-LC3.0U3-BK
口コミ

以前に同様のタイプで2TB仕様が落として壊れたので、信頼性の高い同モデルを購入しました

外付けHDDの容量辺りの単価は3TBが一番安いと言われています。PS4の拡張ストレージは同時に接続できる機器こそ1台だけですが、差替えれば複数の外付けHDDを使う事も可能なので、値段を安く済ませたいなら3TBを購入してそれでも足りなくなったらさらに3TBを購入するといったような使い方もおすすめできます。

3TBで値段の安さで外付けHDDを選ぶならバッファローのHD-LC3.0U3-BKもおすすめできます。縦置き横置きにも対応し、ファンレス設計でACアダプターで給電する据え置き型外付けHDDなので、電力不足の心配をする事無く利用する事ができるおすすめの外付けHDDになります。

録画対応

hd-d2a
hd-d2a
口コミ

スタイルが気に入っています。友人から格好を褒められます。録画もバッチリで買って良かったと思っています。

外付けHDDをPS4で利用できるnasneのストレージとして利用する事を検討して購入する人におすすめなのがソニーが発売するhd-d2aです。容量は2TBですが、PS4やnasneを発売するソニーの製品なので相性は抜群です。

nasneでの利用であればUSBの規格は気にする必要はありませんがUSB3.0に対応しているのでnasneで利用しなくなってもフォーマットすればPS4の外付けストレージとしての利用も可能です。

同じ容量でもっと値段の安い製品もありますが、録画の安定性を考慮するとぜひおすすめしたい外付けHDDになります。

8TB

TS8TSJ35T3
TS8TSJ35T3

¥ 42,040

口コミ

主に映画録画保存用に使っています。今のところ問題はなく大容量なので安心して使用しています。自動電源オフ機能は気に入っています。

PS4では8TBの外付けHDDまで使えるのであれば8TBの外付けHDDを購入したい、という人におすすめなのがTranscendが発売するTS8TSJ35T3がおすすめです。据え置き型の外付けHDDで、ACアダプターを利用して接続します。

接続機器の電源に合わせて省電力モードに切り替わってくれるので、電源を切り忘れる心配なく8TBの大容量を使う事ができるおすすめの外付けHDDです。

静音性能で選ぶなら

HDCL-UTE3K
HDCL-UTE3K

¥ 17,820

口コミ

音も気にならない(しないし)、問題なく使えてます。

静音性能を最重要視して外付けHDDを選ぶのであればI-O DATAが発売するWD製のHDCL-UTE3Kもおすすめです。外付けHDDの中でもコスパの良いと言われる3TBの据え置き型外付けHDDの中でも高い静音性能を誇ります。

デザインもスリムで縦置き横置きどちらにも対応しているので、設置場所に困る事もないおすすめの外付けHDDになります。

PS4外付けHDDおすすめメーカー

ここからは外付けHDDを発売するメーカーの中でも特におすすめしたいメーカーを紹介します。

バッファロー

HDV-SA4.0U3/V
HDV-SA4.0U3/V

¥ 29,916

口コミ

箱に大きく「テレビ専用設計」と書いてあるではないですか!パソコンには使えないのか!失敗した!と思いましたがちゃんとパソコンにも対応していました

バッファローは愛知県名古屋市に本社を構えるパソコン周辺機器メーカーで、多くの製品で高いシェアを誇ります。特にネットーワーク機器、メモリ、そしてストレージ機器を事業の柱としており、高い人気を誇るメーカーです。

1つの機器辺りの製品数は少なめですが、その分質が高く多くの用途で利用できるように設計されている製品が多くなっています。

HDV-SA4.0U3/Vは横置き専用の据え置き型外付けHDDです。テレビ用を打ち出していますがPCでもPS4でも利用する事が可能で、4TBの容量を搭載しています。4TBの外付けHDDの中では値段も安いので購入しやすいおすすめの外付けHDDです。

Seagate

SGD-JNY040UBK
SGD-JNY040UBK
口コミ

USB2.0の1TBから乗り換え。クラウドも試したけどやっぱりUSB3.0のスピードは快適です。

シーゲートはアメリカに本社を構え老舗のHDD製造メーカーで、日本での発売はエレコムと代理店契約を交わしています。高い技術力で主に内蔵型のHDDを発売していますが、外付けHDDも発売し、長年の技術を詰め込んだ外付けHDDでも高い人気を集めています。

SGD-JNY040UBKは、インターネットでのみの発売に絞り込む事で値段を抑えた4TBのおすすめの外付けHDDです。据え置き型外付けHDDとして高い性能を持っているので、国産メーカーにこだわらないのであればぜひおすすめしたい外付けHDDになります。

エレコム

ELD-ERH040UWH
ELD-ERH040UWH
口コミ

静かで良いです。今のところ、動作も安定しています。立ち上げが上手くいけば、振動が発生する所ではないので、長期運用期待しています。

エレコムは大阪府大阪市に本社を構えるパソコン周辺機器メーカーで、低価格でカラーバリーエーションを豊富に取りそろえた製品が多いメーカーです。性能を少しずつ変える事で、幅広いニーズに合う製品を発売しています。

ELD-ERH040UWHはひかりTVの録画用に開発された4K対応の外付けHDDです。4TBの容量を持ち、ファンレスの静音設計、縦置き横置き対応でPS4Proの4K性能をフルに生かす事ができるので、録画にも使えるおすすめの外付けHDDです。

PS4外付けHDDの使い方・おすすめの活用方法

PS4外付けHDDおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

ここからは実際にPS4で使うために外付けHDDを購入した後の使い方やおすすめの活用方法を紹介します。

拡張ストレージとして外付けHDDを利用する場合

初めにPS4の拡張ストレージとして外付けHDDを利用する場合の使い方を紹介します。

PS4のアップデートをおすすめします

PS4は発売当初拡張ストレージには対応していませんでした。本体のシステムアップデートによって使えるようになっています。

普段からインターネットに接続して利用していて、アップデートがきたら必ずしているという人であれば必要はありませんが、インターネットに接続していないという人やアップデートをしていないというは人は、最新の状態にアップデートをした上で外付けHDDを接続する事をおすすめします。

PS4外付けHDDに移行しよう

外付けHDDは多くの場合、初期状態ではPCやテレビで利用するためのフォーマットがされており、そのままPS4で利用しようとしても拡張ストレージとしては利用できません。

拡張ストレージとして利用する場合には、外付けHDDを接続した上でPS4のメニュー画面から「設定」「周辺機器」「USB ストレージ機器」と進み、接続した機器を選んだ後、[拡張ストレージとしてフォーマットする]を実行する必要があります。

フォーマットが終わったら「設定」「ストレージ」から「アプリケーションのインストール先」を選び拡張ストレージを選べば晴れて外付けHDDにインストールできるようになります。

PS4の拡張ストレージとしてフォーマットした場合、再度フォーマットをしなければPCやテレビなどでは利用できなくなるので、その点には注意が必要です。

拡張ストレージに保存できる物できない物を知っておく事をおすすめ

拡張ストレージの接続が成功したらゲームデータなどを移行する事ができますが、この時覚えておかないといけないのが拡張ストレージに保存できる物です。

拡張ストレージにはゲームなどのアプリケーションのインストールデータとアドオンだけになります。反対にゲームのセーブデータ、PS4テーマ、スクリーンショットなどは本体ストレージのみの保存となり拡張ストレージに移動する事はできません。

PS4の場合、容量の多くをアプリケーションのインストールデータで利用している場合がほとんどなのでアプリケーションのインストールデータを移すだけでも多くの容量を空ける事ができますが、全てのデータを移す事ができるわけではないので、その点はしっかり覚えておきましょう。

nasneに接続する外付けHDDの場合

続いてnasneに外付けHDDを接続する場合の使い方を紹介します。

nasneの場合もフォーマットが必要

nasneも通常PCで利用する形式とは違う形式でのフォーマットが必要になりますが、PS4やnasne上でこのフォーマットは行う事ができず、PCに接続してのフォーマット作業が必要になります。

外付けHDDによっては、付属するディスクにフォーマット用のアプリが入っている場合があるのでそれを利用するかインターネットで「FAT32」形式にフォーマットができるソフトをダウンロードする必要があります。

拡張ストレージと違いPS4上で行えないので注意が必要です。

USBメモリなどのように外付けHDDを利用する場合

スクリーンショットなどのデータを保存するために外付けHDDを利用する場合は特にフォーマットなどの必要はなく、接続するだけでデータを移動させる事が可能です。

ただしスクリーンショットなどはPS4から外付けHDDへのコピーのみ対応しており、外付けHDDからPS4に入れる事はできません。

同時にPS4からデータが消えるわけではないので、容量を空けるためにスクリーンショットなどを取り出した場合には、外付けHDDへのコピーを確認でき次第、PS4側のデータを削除する必要があります。

内蔵HDDを使うならHDDケースを用意しよう

ELUTENG 2.5インチ HDD / SSD ケース
ELUTENG 2.5インチ HDD / SSD ケース
口コミ

見たまんま中身が透けてるHDDケースです。SSDを入れて各種ゲーム機の外付け用に使っています

PS4の内蔵HDDを換装した際などに余るHDDは、外付けHDDケースに入れて外付けHDDとして再利用すると便利に使う事ができます。PS4で内蔵されているHDDを使う場合には場合は2.5インチが入るサイズで、接続にUSB3.0に対応している製品を購入する必要があります。

ELUTENGが2.5インチ HDD / SSD ケースは、PS4に内蔵されたHDDを入れるのに適したケースで換装などをした際に使うと便利です。

透明なので中を確認しやすく、複数台になった場合にも間違える事無く利用できるおすすめの外付けHDDケースになります。

PS4のコンテンツを外付けHDDに保存しよう

PS4外付けHDDおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

PS4の容量は大きくても1TBまで、多くのゲームがプレイにインストールが必要な事、録画自体の容量が大きい事もあって、使用頻度の高い人はあっという間に容量を使い果たしてしまいます。

PS3時代と違いコンテンツ自体の容量も大きくなっている事からPS4は拡張ストレージに対応しました。外付けHDDを拡張ストレージとして認識させれば、本体のストレージを大きく削減する事が可能です。

ゲームデータを本体に戻さなくてもプレイできるので、一度設定してしまえば煩わしさもなく快適に利用する事が可能です。

外付けHDDを利用してPS4の数多いコンテンツを遊び倒しましょう。

Related