Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月12日

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

アウトドアレジャーの中でも、テントの設置と撤収は面倒な作業です。簡単にテントを設営したいなら、ワンタッチテントを利用しましょう。ワンタッチテントなら一人でもほんの数分でテントを設置することができます。ここでは、おすすめのワンタッチテントを紹介します。

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ワンタッチテントの種類と選び方

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ワンタッチテントは、面倒な設営の手間がかからない簡易テントです。一人でも簡単に設置できるため、一人旅やシングルキャンプにピッタリのアイテムです。ここでは、ワンタッチテントの種類と選び方を紹介します。

ワンタッチテントにはどんな種類がある?

ワンタッチテントは余計な手間をとらないテントです。種類としては、収納袋から開いて地面に卸すだけでポップアップして自立するタイプと、折りたたみ傘のようにフレームや紐を押したり引っ張ったりするタイプがあります。

どちらも簡単に設営できますが、女性や一人使用ならポップアップテントが簡単で、収納場所も取りません。

ワンタッチテントはどう選ぶ?

ワンタッチテントを選ぶ際は、使用する場所・人数を確実に把握しましょう。また、メインテントとして使うつもりなら、強度や耐水性を考慮するのも重要です。

他にもUVカット効果や撥水加工が施されているものなどさまざまなテントがあります。用途を考え、必要な機能が揃っているワンタッチテントを購入しましょう。

ワンタッチテントおすすめ人気ランキングTOP3

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ワンタッチテントといっても、いろいろなメーカー・ブランドがあります。どんなワンタッチテントを選んだらいいかわからないという人は、人気の高いワンタッチテントをチェックしてみてはいかがでしょうか。ここでは、おすすめの人気ワンタッチテントをランキング形式で3位から紹介します。

人気おすすめワンタッチテント第3位:LOWYA

Villimetsa テント ワンタッチ ポップアップ
Villimetsa テント ワンタッチ ポップアップ
口コミ

思ってたより大きくて充分足伸ばせれます収納も簡単でお値段以上でした

人気おすすめワンタッチテント第3位は「Villimetsa テント ワンタッチ ポップアップ」です。こちらのおすすめワンタッチテントは、さっと開いて固定するだけの簡単な作りになっています。ですからテントの組み立てが苦手な女性でも気軽にテントを設営することができます。

また、テントの全面にはフロントシートがあるので、ちょっとした荷物を置いたりできるほか、テントから出るといきなり地面、ということがありません。

使い勝手が良く、便利なスペースになります。見た目もポップでかわいらしく、女性や子供との使用を考えている人におすすめです。

人気おすすめワンタッチテント第2位:LICLI

LICLI テント ワンタッチ
LICLI テント ワンタッチ
口コミ

非常時用にも便利そうです。

人気おすすめワンタッチテント第2位は「LICLI テント ワンタッチ」です。こちらのおすすめワンタッチテントは、最短2分でテントの設営ができます。女性一人でも無理なく設営でき、片付けも簡単です。

また、ワンタッチテントというと、耐久性や耐水圧性が気になりますが、こちらのおすすめワンタッチテントは、耐水圧3000mm加工が施されており、急なゲリラ豪雨が来ても安心です。

テント中央部分にはランタンを取り付けるフックがあるほか、スマホや小物を入れる収納袋も設置されています。メッシュ素材で通気性が良く、テント内に熱がこもるのを防いでくれます。コンパクトでハイスペックなワンタッチテントを探している人におすすめです。

人気おすすめワンタッチテント第1位:ロゴス

ロゴス サンシェード neos
ロゴス サンシェード neos

¥ 6,804

口コミ

想像したより大きくて、これは災害用の非常時のも最適ですね

人気おすすめワンタッチテント第1位は「ロゴス サンシェード neos ポップフルシェルター」です。こちらのおすすめワンタッチテントは、広げるだけで簡単に設置が終了します。テントはフルクローズ仕様になっているので外からの視線を気にする必要がありません。

表生地にはUVカット加工が施されており、体に有害とされる紫外線を90%以上かっとしてくれます。日差しの強いビーチや公園など、用途は豊富です。

また、開口部は大きく開くため、出入りもらくらくです。室内には携帯電話や小物を収納できる小物ポケットがついており、テント内に物が散らばるのを防ぐことができます。

投げてほおるだけなので、女性や子供でも簡単に設営できます。人気アウトドアブランド・ロゴスのマーク入りなので、ブランドにこだわる人にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめのワンタッチテント

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ワンタッチテントが欲しいという人も、テントを使うシチュエーションや想定人数は異なります。ここでは、よりぴったりのワンタッチテントを見つけるため、おすすめポイントをしぼって紹介します。

ファミリー向けワンタッチテント:nextpage

ファミリーテント
ファミリーテント

家族でアウトレジャーを楽しむのが好きな人は、ワンタッチテントがあるといろいろなシーンで重宝します。家族用のワンタッチテントを探している人におすすめなのが「nextpage」の「ファミリーテント」です。こちらのワンタッチテントは、スペースが広く、フライシートとスカートがついている、多機能タイプです。

テントの4面に開閉部があるため、どこからでも出入りできます。また、スカート部分を広げればテント前もくつろぎのスペースとなります。フライシートを伸ばせば日陰も広くなり、テントスペース以外のスペースを有効に利用することができます。

また、4面ドアをキャノピー状にして広げれば、外の景色を眺めながらのんびりすることができます。5~6人までならゆったりと過ごせます。家族でのキャンプにおすすめです。

公園向きおすすめワンタッチテント:

GROOVY OUTSTYLE ワンタッチテント
GROOVY OUTSTYLE ワンタッチテント
口コミ

子供達も大喜び!

暑さが厳しい季節や、公園で一日のんびり過ごす予定の日は、ワンタッチテントがあると便利です。公園向けにおすすめなのが「GROOVY OUTSTYLE ワンタッチテント」です。

フルクローズタイプのテントなので、中で着替えをしたり、赤ちゃんのオムツを替える際にも役立ちます。風がある日でも安心のペグ付きで、吹きさらしの公園でも安心して使えます。

ペグを使いにくい公園では付随している内袋に砂を入れて重しにするといいでしょう。テントの内側には遮熱加工が施してあり、UVカットと同時にテント内の温度が上昇しすぎるのを防ぐ効果があります。

付属品を含めても1.5キロと軽く、収納時は直径54㎝になるので、荷物の多いお出かけでも邪魔になりません。車のトランクに入れておけば、いつでも気軽に使えます。ちょっとしたハイキングや公園遊びにおすすめのワンタッチテントです。

運動会向きおすすめワンタッチテント:タンスのゲン

ENDLESS BASE ワンタッチ タープテント
ENDLESS BASE ワンタッチ タープテント
口コミ

とても満足しています!

近年は運動会にもテントを持ち込む家族が増えています。運動会が行われる季節は紫外線が強力な上、気温もかなり上昇します。一日を運動場ですごすだけで体力を消耗してしまうので、日陰を作ることができるテントは必携です。

運動会におすすめのワンタッチテントを探している人は「ENDLESS BASE ワンタッチタープテント」がおすすめです。こちらはタープタイプのワンタッチテントで、高さもあるので窮屈感なくテント内部に滞在できます。

上部にはベンチレーションを採用しているので、風がとおり抜け、テント内側に空気が溜まることによる倒壊を防ぐことができます。また、耐水圧加工が施されているので、突然の雨にも対応できます。

組み立てはとても簡単で、おとな2人が両サイドから引っ張るだけで完成です。テントの柱にはペグ用の穴があるので、簡単に固定できます。
運動会でも広々使えるおすすめのワンタッチテントです。

キャンプ用のおすすめワンタッチテント:ロゴス

ロゴス テント ROSY Q-TOP サンドーム
ロゴス テント ROSY Q-TOP サンドーム
口コミ

天井のリングにランタン(電気式)ぶら下げて、楽しくできました。

キャンプを楽しみたいけれど、テントを立てるのが面倒という人は、ワンタッチテントがおすすめです。気軽なキャンプにピッタリのおすすめワンタッチテントが「ロゴス テント ROSY Q-TOP サンドーム」です。

こちらのおすすめワンタッチテントは、大人1人でも簡単に設営することができます。フライシートはハーフタイプなので、すっきりした外見です。同じくロゴスのエアーマットや寝袋を持参すれば、快適なキャンプが楽しめます。大人用の寝袋なら3人分入ります。

海用のおすすめワンタッチテント:Aandyou

ワンタッチ テント サンシェードテント Aandyou
ワンタッチ テント サンシェードテント Aandyou
口コミ

設営、撤収が早くできるので、砂浜での炎天下での日陰対策に便利です。

日差しが強いビーチで一日を過ごすなら、日陰を作ってくれるテントがあると快適です。砂浜でも簡単に設置できるおすすめワンタッチテントが「ワンタッチ テント サンシェードテント Aandyou」です。

新素材「SUNSHIELD素材採用」を採用しているので、UPF50の紫外線カット効果が期待できます。ペグが使えるタイプなので、風が強いビーチでも安定しています。バックはメッシュ素材になっているので、海風がテント内を通り抜けていきます。

収納バッグに入れれば直径は45㎝ほどなので、荷物の負担にもなりません。見た目にも綺麗なカラーは3色から選ぶことができ、海辺に映えるおすすめのワンタッチテントです。

人数別おすすめのワンタッチテント

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

テントを快適に使用するには、人数と大きさがマッチしていなければなりません。テントのサイズやなどは使用する人数によって適正が異なります。ここでは、使用する人数に合わせたおすすめのワンタッチテントを紹介します。

3人用のおすすめ:HUI LING YANG

HUI LING YANG ワンタッチテント
HUI LING YANG ワンタッチテント
口コミ

組み立ててみると思った通りかなりの強度があり、少々の風がふいてもくずれないぐらいだと思います。

3人用のテントを探している人におすすめのワンタッチテントが「HUI LING YANG ワンタッチテント」です。

こちらのおすすめワンタッチテントは長さ2.9メートル、横幅2メートルなので、大人3人でもゆったりと過ごすことができます。2つの出入り口と4つの窓があるため、通気性は抜群で、テント内に熱気が籠ることがありません。

内帳にはメッシュ素材が使用されており、虫の侵入も防ぎます。内ポケット、スカートなどの装備も充実しており、屋外でのキャンプを快適なものにしてくれます。コスパも良く、大人3人でも快適に使用できるおすすめワンタッチテントです。

4人用のおすすめワンタッチテント:KEUMER

KEUMER ワンタッチテント
KEUMER ワンタッチテント

¥ 12,800

口コミ

子供三人は余裕で入れる大きさで私も入れます。

4人用のテントを探している人におすすめなのが「KEUMER ワンタッチテント ポップアップテント」です。サイズは幅180㎝×奥275㎝×高さ110cmなので、大人4人でもゆったりとテント内で過ごすことができます。

収納袋から取り出して手を放すだけで勝手に自立するポップアップタイプなので、テント設営の手間がほとんどありません。また、耐水圧は3000mmと高く、突然の雨にも慌てることはありません。UVカット効果はUPF50+ほどあるので、紫外線カット効果もばっちりです。

メッシュ性のドア・窓が配置されており、風通しがよく、快適なテント空間を作ってくれます。また、小物の収納おすすめの小物ポケットはテント内に3つほど設置されており、スマホやメガネなど、こまごましたアイテムの収納に最適です。

おすすめワンタッチテントのメーカー3つと代表製品

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

アウトレジャーで使うワンタッチテントは、品質が重要です。信頼できるワンタッチテントが欲しいという人は、アウトレジャーアイテムを多彩にそろえるメーカーのワンタッチテントを検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは、人気の高いワンタッチテントを販売しているおすすめのメーカーを3つほど紹介します。代表的な製品も併せて紹介しますので、お気に入りを見つけて下さい。

DOD

アウトドアブランドの中でも人気・知名度ともに高いのが「ドッペルギャンガー」です。2018年2月、ドッペルギャンガーはブランド名を「DOD」に変更しました。アウトドア初心者でも楽しく使えるアイテムや、ワクワクするような楽しいアイテムが揃っているアウトドアブランドです。

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント
DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント
口コミ

ワンタッチテントては、値段と品質のバランスが取れていると思います。

DODのおすすめワンタッチテントが「DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント」です。

紐を引くだけでなので、15秒程度でテント設営が終了します。テントを撤収するときも、折りたたみ傘のようにたたんでいくだけです。簡単・気軽なアウトレジャーのおともにぴったりのワンタッチテントです。

こちらのおすすめテントはテント内の空気を滞らせないように、上部にベンチレーションが搭載されています。出入り口はメッシュ地への切り替えができるので、蒸し暑い季節でもテント内に熱気を籠らせません。

うさぎのマークも可愛らしく、ポップなイメージです。品質と価格のバランスがとれた、コスパの良いおすすめワンタッチテントです。

コールマン

コールマンは1900年に設立された、アメリカのアウトドアブランドです。テントだけではなく、あらゆるキャンプグッズが揃います。アウトドア初心者がまずチェックすべき、信頼のおけるおすすめブランドです。

コールマンインスタントテント

コールマン インスタントテント
コールマン インスタントテント

コールマンのおすすめワンタッチテントが「インスタントテント」になります、こちらは6人用なので、サイズは335×274cmとかなり大きな作りになっています。高さも195cmほどあり、背の高い人でも頭が天井につくことがありません。

また、コールマン独自の技術「ウェザーテックシステム」を搭載した生地を使用しているので、激しい雨を受けてもテント内に水がしみ込みません。フレームは強い雨風にも負けない強度を持ち、フロア部分はウォータープルーフ加工が施されています。

悪天候にも負けない、おすすめのワンタッチテントです。

キャプテンスタッグ

1976年、パール金属株式会社のアウトドア部門としてスタートしたのが「キャプテンスタッグ」です。アウトドアやアウトレジャー関連のアイテムを多く開発・販売し、日本のアウトドアシーンに多大な影響を与えてきました。

ロースタイルテーブルや、サンシェルターなど、革新的なアイテムを数多く送り出しています。現在も、質の高いアウトドアアイテムは、キャンパーやアウトドア愛好者から高い評価を受けています。

キャプテンスタッグ ポップアップテント

キャプテンスタッグ ポップアップテント
キャプテンスタッグ ポップアップテント

¥ 9,720

口コミ

炎天下のお出掛けに、持っておくと安心です。

キャプテンスタッグのおすすめワンタッチテントが「キャプテンスタッグ ポップアップテント」です。こちらのテントは表地にシルバーコーティングが施してあるため、紫外線の95%をカットしてくれます。

テントの背面はメッシュ使用なので通気性が高く、テントの熱気を逃がしてくれます。また、フロント部は全開閉できるので、着替えの時などは外の視線を完全にシャットアウトすることができます。

収納時はコンパクトに持ち運べるので、荷物の邪魔になりません。気軽に持ち歩きたいおすすめのワンタッチテントです。

ワンタッチテントの使い方・活用方法

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

お気に入りのワンタッチテントを見つけたら、キャンプやアウトレジャーに出かけたくなります。しかし、ワンタッチテントだけでは快適なレジャーはできません。

ここでは、ワンタッチテントと併せて持っておきたい、キャンプやレジャーを快適にしてくれるグッズを紹介します。

マット

ワンタッチテント内をさらに快適にするなら、床面に敷くマットをプラスするのがおすすめです。テントのマットだけでは地面の凸凹やざらつきが気になります。厚地のフロアマットを敷いておくと、寝転んだり座ったりするのが快適になります。

LICLI レジャーマット

LICLI レジャーマット
LICLI レジャーマット

¥ 2,699

口コミ

安かったので期待していませんでしたが、予想以上に良いです。

こちらのマットは折りたたみ式で、使わない時はコンパクトに収納することができます。XPE素材なので耐久性が高く、汚れてもさっと水洗いするだけでOKです。マットの厚みは2㎝程度あるので、地面の影響を受けにくく、テント内でも快適に座ることができます。

エアマットのようなふわふわした感触で、座り心地は抜群です。

ローテーブル

ちょっとした食事や物書きにあると便利なのがテーブルです。ワンタッチテントの中で使用するなら、ハイタイプではなく、脚の短いロータイプの方が圧迫感が少なく、テント内を広く見せてくれます。

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル

キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル ケース付
キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル ケース付

¥ 4,409

口コミ

軽くてコンバクト耐久性も問題なし。

ワンタッチテント内で使いたいおすすめのローテーブルが「キャプテンスタッグ」です。こちらのおすすめテーブルは重さ700gとかなり軽量なつくりです。コンパクトに折りたためるので、キャンプ時の荷物運搬の負担になりません。

アルミ製で耐久性が高く、シンプルで使いやすいデザインです。

ワンタッチテントで気軽にアウトレジャーを楽しもう

ワンタッチテントのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

屋外で食事を楽しんだり一夜を明かしたりすると、日常から解き放たれた解放感に浸ることができます。

日ごろの疲れやストレスをリフレッシュするのに最適ですが、アウトドアは準備が大変だからと敬遠する人も多いでしょう。特にテント設営は一人では難しく、コツも必要になります。

しかし、ワンタッチテントなら一人でも簡単に設営できますし、コンパクトに収納できるので、持ち運びもらくらくです。お気に入りのワンタッチテントを車に乗せて、気軽にアウトドアレジャーを楽しんでみましょう。

Related