Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月03日

フローティングベストのおすすめ人気ランキングTOP3

マリンスポーツに欠かせないフローティングベストは命にかかわるアイテムです。そんなフローティングベストの選び方のポイント、人気フローティングベストトップ3、特徴別フローティングベストのおすすめ商品、フローティングベストの活用方法や使用方法を解説します。

フローティングベストのおすすめ人気ランキングTOP3

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

フローティングベストの種類と選び方

マリンスポーツや釣りに欠かせないフローティングベストですが、選び方を間違うと事故になることもあります。そんなフローティングベストを選ぶポイントについて解説します。

フローティングベストの種類

フローティングベストには2種類のタイプがあります。ひとつは身体を浮かせるための発泡素材が入った固定浮力材タイプと、落水時に自動的に膨らむ膨張式タイプです。

固定浮力材タイプ

ベストに発泡素材が入っていることによって着水時に身体が浮く構造になっているタイプです。釣りなどにおすすめです。万が一の時でも浮力材が入っている安心感があります。サイズが大きくなってしまうので携帯性には劣ります。また、夏のようなシーズンは着用していて暑いと感じます。浮力材が入っているので動きが悪くなるデメリットもあります。

膨張式タイプ

膨張タイプの中にもガスで袋を膨張させるタイプと手動タイプにわかれます。袋に傷などの損傷があると空気が漏れてしまい浮力が足りなくなったり確保できない恐れがあるので、メンテナンスや点検が必要です。手動タイプは充分手に力がある方におすすめです。コンパクトに収納できるので携帯性に優れており荷物になりません。

また、動きが制限されずに着用していても身体の自由度が高いのがメリットです。自動膨張タイプはセンサーが働かないと膨らまない恐れがあるので定期的なメンテナンスが重要です。

フローティングベストの選び方

フローティングベストを選ぶ際のポイントについて説明します。

タイプで選ぶ

フローティングベストの種類にあるように、フローティングベストには膨張式と発泡材が入った非膨張式とがあります。膨張式のフローティングベストはボートや船など乗るときによく使われています。非膨張式はマリンスポーツなどで使われています。それぞれの特徴を見極めて用途に合ったタイプを選びましょう。

浮力で選ぶ

フローティングベストは浮くのが重要な役割です。浮力は重要ポイントとなります。浮力は最低でも7.5kgあるものがおすすめです。これは、水中で頭を出して浮いている時間が24時間確保できるという基準です。万が一水に落下した場合でも、この基準を満たしていれば安心度は高まります。

救命胴衣と言われる基準は国土交通省で定められており、その基準もしくは、その基準を上回るフローティングベストを選ぶのがおすすめです。あまりにも安価な商品はこの基準を下回ったものが多いので注意が必要です。

装着方法で選ぶ

フローティングベストは一般的にはジャケットのように着用するものですが、ベストタイプではなく、ウエストに装着したり首にかけたりするタイプのものもあります。ウエストタイプは腰に巻き付けるので上半身の自由度が高く動きやすいのが特徴です。ウエストタイプは膨張タイプのものが多く、首かけタイプは固定浮力材タイプが多くなっています。

素材で選ぶ

フローティングベストにも商品によって素材が異なります。主にナイロン素材とネオプレン素材になります。ナイロン素材は軽くて撥水機能があるため水に濡れたりしても重量が変わらずに速乾性があります。カラーバリエーションも多くネオプレン素材に比べてリーズナブルです。

ネオプレン素材はウェットスーツと同じ素材で、弾力性があり肌触りが良いのが特徴です。身体にフィット感があるので動きやすいのもメリットです。

耐久性で選ぶ

耐久性で選ぶことも大切なポイントです。フローティングベストの縫い目がきちんとされているか、ファスナーがついている場合は防錆加工がされているか、塩噛みしにくいかなどを確認することをおすすめします。

形状で選ぶ

フローティングベストの形状で選ぶのもひとつの方法です。一番オーソドックスなタイプはフロントバックルタイプです。フロントをバックルで開閉するタイプで、ベルトの長さを調節することでサイズを変えることができます。調整の幅も大きいのでレンタル用のフローティングベストの形状でも多いタイプです。

サイドにバックルやジッパーがついたものは、プルオーバータイプと言います。フロントタイプよりも着脱が面倒ですが、フロント部分にバックルやジッパーがない分、腕を動かしやすいのが特徴です。前部分がフロントとジッパーで固定するタイプもあります。両方で固定するのですっきりとフィットする着用ができます。

機能性で選ぶ

フローティングベストには商品によって機能性が備わっています。必要な機能性のある商品を選ぶのもおすすめです。特に釣り用のフローティングベストは釣りをする際に便利な機能がたくさん備わっています。ポケットの配置や収納力、防水ポケットなど釣りがしやすいように作られているので、フローティングベストを釣りで使用する場合は、釣り用品を扱うメーカーが出している商品がおすすめです。

着心地で選ぶ

長時間フローティングベストを着用する場合は、フィット感もポイントになります。身体が動かしにくかったり、着心地が悪いと疲れてしまいます。できれば実際に着用してみるのがおすすめです。

フローティングベストおすすめランキングTOP3

フローティングベストのおすすめ人気ランキングのトップ3を紹介します。

第3位「キャプテンスタッグフローティングベスト」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ライフジャケット シーサイドフローティングベスト2 イエローMC-2549
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ライフジャケット シーサイドフローティングベスト2 イエローMC-2549

¥ 3,780

口コミ

浮かんで遊ぶのに重宝しました~ ただ、使い終わって乾かすのに2~3日かかります。その間は外に干しっぱなし。 でも、値段は安かったし問題なしです!

丈がショートタイプで腕周りも大きいのでマリンスポーツを楽しむ際に身体の自由度が高く動きやすくなっています。フリーサイズなのでメンズでもレディースでも使用できます。

第2位「ヘレイワホ ライフジャケット 」

Hele i Waho(ヘレイワホ) ライフジャケット
Hele i Waho(ヘレイワホ) ライフジャケット
口コミ

Mサイズ購入、色も目立つし着た感じも良かったです。一人旅なので必要かなと思い購入しました。

シュノーケリングにおすすめのフローティングベストです。胴回りは調節が可能なのでフィット感が得られます。取り外し可能なポケットには鍵などを入れておけます。沈まず浮きすぎないのでシュノーケリングが楽しめます。

第1位「Lixada フローティングベスト」

Lixada フィッシングベスト,フローティングベスト
Lixada フィッシングベスト,フローティングベスト
口コミ

大型のフロントポケットはもちろん、ポケットを多数搭載しているのでルアーケースやプライヤー等の収納力は抜群、しかも中にある浮力材は取り外し可能ですので非常に便利です!

95kgまでの負荷力があるので体格の良い方にもおすすめです。背面と内側がメッシュ素材なので通気性に優れており気温の高い季節にもおすすめです。ストラップは長さが調節できるのでフィット感が得られます。胸には4つのポケット、フロント、サイド、バックにもポケットがついているので釣りをするときにもおすすめのフローティングベストです。

特徴・用途別おすすめのフローティングベスト

フローティングベストは商品によってそれぞれ特徴が異なります。特徴別に見たおすすめのフローティングベストを紹介します。

子供用

子供には子供用のフローティングベストがおすすめです。大きすぎるサイズでは水に落下したときに身体が抜けてしまったりして危険です。必ず子供用のサイズがあったものを選びましょう。

エーキューエー 子供用 ライフジャケットキッズ3

AQA(エーキューエー) 子供用 マリンスポーツ ライフジャケットキッズ3
AQA(エーキューエー) 子供用 マリンスポーツ ライフジャケットキッズ3

¥ 4,536

口コミ

6歳の男の子が使用していますが、大きすぎず、問題なく使用しています。 色合いもよく、女の子でも違和感なく使えると思います。

国土交通省型式承認品なので安心して使用できます。動きやすさと耐久性のある素材で着心地も良くなっています。キッズ用に作られているので万が一の時でも身体が抜けにくく浮力も8.3Kgなので安心です。水遊び、マリンスポーツなどにおすすめです。

磯釣りをする場合は危険なので必ずフローティングベストを着用することがおすすめです。磯の岩場で傷をつけてしまう危険性もあるので、非膨張式タイプのフローティングベストがおすすめです。

ファインジャパン ゲームフローティングベスト

FINE JAPAN(ファインジャパン) ゲームフローティングベスト FV-6008
FINE JAPAN(ファインジャパン) ゲームフローティングベスト FV-6008
口コミ

コストパフォマンス最高です。安いから、錆びるパーツとか使っているのかな?と思いきや、収納もしっかり確保され、細かいチャックの位置とかもしっかりと研究されて作られています。

フロント部分にはジッパータイプのポケットやマジックテープ式のポケットがついているので用途に合わせて使い分けができます。背面にもポケットがついているのでレインウェアなどを入れておけます。プライヤーホルダーやDカンつきなので釣りをするときにおすすめです。背面には反射板がついているので暗くなってからも安心です。

シーバス

シーバスロッドを扱うアピアのフローティングベストはシーバス釣りにおすすめです。

アングラーズサポートベスト VER.3

アングラーズサポートベスト VER.3
アングラーズサポートベスト VER.3

¥ 30,132

口コミ

半年以上使用してコーデュラ生地が 非常に傷に強く色あせもないです。

耐久性に優れた素材で作られたフローティングベストです。耐水性にも優れており軽量なので過酷なフィッシングシーンにもおすすめです。肩にかかる重量を腰回りにも分散させる構造なので身体の負担が軽減できます。アングラー目線で作られたアピアのフローティングベストです。

ショアジギング

ショアジギングをする際におすすめのフローティングベストは小物がたくさん入るものが便利です。釣りがしやすいようにデザインされています。

プロックスフローティングゲームベストPX387

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX387
プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX387
口コミ

収納が沢山ある為非常に便利です。 フロートをとりはずす事が出来る為使い分けが簡単です。

ポケットがたくさん付属しているので小物の整理ができるので便利です。大型のポケットはルアーケースなども入るので使い勝手が良く釣りにおすすめです。Dカンもついているので釣りをするときには便利です。

サーフ

サーフ時におすすめのフローティングベストです。キャスト時にベストが邪魔にならずにもちろん安全性も高いベストです。ルアーケースなども入れておける大きなサイズのポケットは利便性にも優れています。

ダイワフローティングベスト DF-6206

ダイワ(Daiwa) フローティングベスト フロートゲーム グレーライム DF-6206 フリーサイズ
ダイワ(Daiwa) フローティングベスト フロートゲーム グレーライム DF-6206 フリーサイズ

¥ 20,412

口コミ

見た目で購入しましたがDカンも所々に付いていて便利です。簡易ロッドホルダーらしき部分があるのも◎。着心地もゴワつかず軽くて購入して正解でした!

動きの多い釣りにおすすめのフローティングベストです。肩のベルトが衝撃吸収材を使用しているので長時間着用していても負担が軽減できます。釣りに必要なプライヤーやペットボトルのホルダーもついているので便利です。グローブをつけたままでもジッパーが開閉しやすく釣りの動作がしやすくなっています。雨に強いターポリンポーチも装備しています。

エギング

エギングをする際におすすめのフローティングベストです。ルアーがたくさん入り使い勝手の良いベストです。

タカミヤREALMETHODフローティングベスト

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ベーシックゲームフローティングベスト TG-6229 ブラック フリー
TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ベーシックゲームフローティングベスト TG-6229 ブラック フリー
口コミ

ライトショアジギングに使用しました。 十分な収納力、フィット感で、快適に釣りが出来ました。 作りもしっかりしており、デザインもロゴがあまり主張せず気に入っています。

胸元にはルアーボックスが入る大きなポケットがついており、プライヤーホルダーやDカンが搭載されており釣りにおすすめのフローティングベストです。ショルダーベルトはマジックテープなので装着が簡単で調節がしやすくなっています。

安い

値段にこだわる方におすすめのリーズナブルなフローティングベストです。

ファインジャパン 大人用フローティングベスト

FINE JAPAN(ファインジャパン) 大人用フローティングベスト(笛付き) FV-6110
FINE JAPAN(ファインジャパン) 大人用フローティングベスト(笛付き) FV-6110
口コミ

ライジャケ必須の昨今、持ってないと200円ほどのリース代と引き換えに借りれますが、10回ほどで元が取れて、さらにポケットも多いので小物も入り持っていても損はないと思います

落水時に身体に抜けないように股に紐がついているので万が一の時にも安心です。フロントにはファスナー付きのポケットがついているので小物を入れるのに便利です。ベルトタイプなのでサイズの微調整が可能です。

メバリング

メバル釣りをする際におすすめのフローティングベストです。

双進(SOSHIN) RBB ゲームベスト16

双進(SOSHIN) RBB ゲームベスト16
双進(SOSHIN) RBB ゲームベスト16
口コミ

余計な装備はなく必要十分。だから軽い! ポケット欲しくなったらポーチ追加で装備すれば良いし。

フロントには大型のポケットが装備されているのでプライヤーやルアーボックスを入れておくのに便利です。首周りがすっきりとしたデザインなので動きやすいのも特徴です。釣り初心者にもおすすめです。

ルアー

ルアーフィッシングにおすすめのフローティングベストです。ルアーボックスも入る大きなポケットつきで釣りがしやすいデザインになっています。

ブルーストーム ルアーゲーム用ライフジャケット

Bluestorm(ブルーストーム) ルアーゲーム用 ライフジャケット アクアバレット BSJ-28RS
Bluestorm(ブルーストーム) ルアーゲーム用 ライフジャケット アクアバレット BSJ-28RS

¥ 8,640

口コミ

他レビューにも書いていましたが、チャックはややチープです。壊さないように丁寧に使います。カッコいいのでテンション上がります。

安心かつ安全な国土交通省型式承認品のフローティングベストです。耐久性の高い生地で作られています。釣りに必要なフィッシュグリップやプライヤーを装備できます。動きやすく通気性も良いので長時間着用するときにも快適です。メインポケットにはルアーボックスがすっぽりと入ります。

フローティングベストのメーカーとおすすめ商品

フローティングベストを扱う主なメーカーとメーカーおすすめ商品を紹介します。

シマノ

フィッシング用品や自転車部品の製造、販売するアウトドアスポーツ用品の会社です。特に自転車のパーツを作るメーカーとしては世界最大級です。また、シマノの釣り用品は日本だけではなく海外でも人気のある商品です。

シマノ フローティングベスト VF-272N

シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット (ベーシック) VF-272N
シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット (ベーシック) VF-272N
口コミ

ランには最高です。たくさんのものが入り着心地もよいです 特に首下から背中にかけてしっかりして動きやすいかったです

身体をしっかりとフィットさせるボディーホールドシステムにより長時間着用していても疲れません。雨に強い素材なので水が染み込むのを防止します。プライヤーやルアーなどが入るポケットが多数ついており釣りをするのにおすすめです。さまざまなツールも取り出しやすくなっています。

ダイワ(DAIWA)

ダイワはグローブライド株式会社のブランドで、釣り用品などを製造、販売する会社です。釣り用品の他、ゴルフ用品、テニス用品、スキー用品なども幅広く扱っています。

ダイワライトフロートゲームベストDF-6406

ダイワ ライトフロートゲームベスト DF-6406
ダイワ ライトフロートゲームベスト DF-6406
口コミ

ポケットが小さく少ない分シャクリ安く、リーダー、スナップ、ラインカッターと折りたたみのカッパ、携帯、釣り用財布を入れる位なので丁度いいです。

丈が短めなので水に浸かりにくくなっています。ポケットは薄型なので視界を充分確保できます。ポケットも充実しておりプライヤーを収納するためのホルダーやDリング、スライドポケットなどが装備されています。フロントサイドにはロッドを挟んで仕掛けが交換できる機能もついています。

プロックス

釣り用品を扱うメーカーです。釣り用品は釣り竿、リール、ルアー、その他小物まで幅広く取り扱っており釣り用品を全て取り揃えるのに便利です。

プロックスフローティングゲームベストPX399

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX399
プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX399
口コミ

価格の割にかなりの完成度で、コスパ最高です。某有名メーカーの商品と大差無いように個人的に思います。

釣りをする際におすすめフローティングベストです。ファスナー部分には手袋をしていても開閉しやすい大型のジッパータブを搭載しています。フロント部分には取り外しが可能なポーチがついています。水分補給するためのドリンクをかけておけるホルダーやプライヤーホルダーもついています。背面にはレインウェアを入れておけるポケットもついています。

フローティングベストを使用するおすすめポイント

フローティングベストを安全に取り扱うためのいくつかのポイントを紹介します。

定期的な点検

フローティングベストは定期的な点検が必要です。非膨張タイプは浮力材に傷や破損がないかを点検します。購入後、2~3年を目処に新しいものに交換するのがおすすめです。中の浮力材は年数が経つ毎に劣化します。

自動膨張式の場合は、ボンベが緩んでいないかなどを確認して、できることならば販売店で点検してもらうのがおすすめです。一度でも膨張装置を使用するとボンベやスプールなどのパーツは交換しないと使用できません。装置を作動していなくても約3年を目処にパーツを交換するのがおすすめです。

使う前にも確認

定期的な点検も重要ですが、使用前にももう一度確認しましょう。バックルが外れていないか、ジッパーは閉まるか、穴が開いていないかなどを必ず確認してから着用しましょう。

天候を見る

フローティングベストを着用しているから必ず安全ではありません。波が高かったり雨が降っていたり、台風が近づいている場合はフローティングベストを着用していても海や川などには入らないようにしましょう。

全員が装着する

釣りに付き添っている人、見ているだけの人も必ずフローティングベストを着用しましょう。浅瀬であっても急に水が増水したりする場合もあります。釣りをする人だけではなく全員が着用して事故のないように心がけましょう。

フローティングベストのおすすめ基準商品

フローティングベストやその他のライフジャケットを選ぶ際には国土交通省型式承認の商品がおすすめです。国土交通省型式承認がされた商品には桜マークの印字がされているので、このマークが目安になります。国土交通省型式承認の商品は国土交通省の品質検査に合格しており、さらに日本小型船舶検査機構の検査にも合格しています。

この基準をクリアしたものは認定されていない商品よりもコストが高くなっています。値段だけで選んでしまうと安全性も劣ってしまいます。安全性を高めるために少々高くてもこの基準をクリアしたフローティングベストを選ぶことをおすすめします。

小型船舶に乗る際には注意を

近年、小型船舶に乗る場合にライフジャケットを着用することが義務化されました。乗船者も同じく着用することが義務づけられています。乗船者が着用していなかった場合、船長が違反として点数が追加されてしまいます。乗る人も乗せる人も必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。

万が一落水してしまったときの対応

フローティングベストを着用していて万が一落水してしまったときの対応方法を紹介します。非膨張式の場合は、発泡材が入っているので浮遊姿勢を取らなくても浮くことができます。膨張式の場合は、感知式は自動的に膨らみます。

手動式の場合は気質を膨張させます。膨張させるための紐はサイドに出ているので、着用時に必ず確認しておきましょう。万が一落水してしまった時には、上体を上にそらして顔を水上にあげて身体を少し後ろ側に倒した姿勢で浮遊します。

ペットにおすすめフローティングベスト

ペットを一緒に連れて行く場合も必ず救命胴衣を装着してあげましょう。ペットも大切な命です。ペット用のフローティングベストがおすすめです。

Jeerui ペット用  フローティングベスト

Jeerui ペット用 ライフジャケット フローティングベスト
Jeerui ペット用 ライフジャケット フローティングベスト
口コミ

この値段だったので心配していましたが、プールでもしっかり浮くし、マジックテープもしっかり止まり、乾くのも早い。

犬用のフローティングベストです。背中に持ち手がついているので泳ぎの練習にもおすすめです。サイドには反射板がついているので目印にもなります。

フローティングベストで楽しいマリンスポーツを

マリンスポーツや釣りは楽しい娯楽です。その娯楽を楽しむためには必ずフローティングベストを着用しましょう。何かあったときにはせっかくの楽しい娯楽も悲しいものになってしまいます。まずは安全が第一ですので、用途にあったフローティングベストを選んで楽しい時間を過ごしましょう。

Related