Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルをご存知でしょうか。ウイスキーなどのお酒を携帯する時に便利なグッズです。スキットルには材質や容量などでいろいろな種類のものがありますが、そのなかでおすすめのものや、用途別のおすすめのものなどをスキットルの使い方やお手入れの仕方などとともに紹介します。

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルとは

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルとは、ウイスキーなどの濃度の高いお酒を携帯用に入れるボトルで、大人のためのお酒専用の水筒といっても良いでしょう。お尻のポケットに納めるために湾曲した形のものが多く、ヒップフラスコなどとも呼ばれています。

スキットルは18世紀のイギリスで生まれました。当時は衛生的な水の入手が難しく大人は水替わりにお酒を携帯するためにスキットルを考案したと言われています。

爆発的に普及したのは、1920年頃のアメリカの禁酒法時代でお酒を隠し持つために使われました。禁酒法時代を舞台にした「お熱いのがお好き」で、マリリン・モンローがスキットルを太股に忍ばせていたのは有名なシーンです。

アウトドアなどでスキットルからウイスキーをくいっとあおる姿には、ハードボイルドのロマンが香ります。実用的な用途だけでなく、お酒好きの人にはぜひおすすめしたいダンディズムに満ちたオシャレなアイテムです。

スキットルの種類と選び方

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルには300年以上の歴史がありますから、その種類も多く用途に適した選び方が大切です。材質や容量などによる種類、おすすめするスキットルの選び方などを紹介しましょう。

スキットルの種類

材質の種類は、昔は銀製やスズを主体にした合金のピューターが主流でしたが、今はステンレスやチタン製のものがほとんどです。材質によって堅牢さやお酒の風味が変わってきますし、価格的にもかなり違います。また、用途や容量によってもおすすめできるスキットルは変わってくるでしょう。

スキットルの容量は200mL前後のものが主流です。基本的には1オンス(約30mL)の倍数になっていますから、180mLから240mLの容量の種類が多くなっています。

ウイスキーのワンショットは約30mLなので6~8杯分になります。でもスキットルを利用するのはアウトドアで氷やチェイサーもないことが多いので、1回10mL程度をくいっとあおることが多くなるでしょう。

どのような場所や用途でスキットルを使うかによって、おすすめの材質や容量の種類も異なってきますが、TPOに適したスキットルの種類を選びましょう。

スキットルの選び方

スキットルにはいろいろな種類があるので選ぶのに迷いますが、初めてスキットルを選ぶ時は、材質面ではステンレス製がおすすめです。堅牢で壊れにくいですし、なにより種類が豊富でいろいろなデザインのなかから選ぶことができます。金属がお酒に溶け込んで味が変質するという話もありますが、長期間保存しなければそれほど気にはならないでしょう。

キャンプや登山などアウトドアで使う時はチタン製を選ぶことをおすすめします。軽くて丈夫でお酒が変性することもほとんどありません。ステンレス製に比べると高価な製品ですが、長く愛用できる一品としておすすめします。

スキットルを使い始めると、一つではなくデザインや材質の違うものが欲しくなって複数個持っている人も珍しくありません。高価な銀製のものとか、特殊な形のものなどコレクションを楽しむこともおすすめします。好みのスキットルで、いつもとはちょっと違うお酒を楽しみましょう。

スキットルおすすめ人気ランキングTOP3

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルのおすすめTOP3を、Amazonの売れ筋ランキングなどを参考にして材質別に上位のスキットルのなかから紹介しましょう。

ランキング3位:ロイヤルセランゴール スキットル

Royal Selangor Hip Flask 140ml
Royal Selangor Hip Flask 140ml

ロイヤルセランゴールはピューター製品の製造では世界最大手の会社です。スキットル以外にもデザインが優れたピューター製の容器や装飾品なども多数あって、各国の美術館にも展示されているほどです。

価格は高いのですが、高級で信頼性が高いスキットルとして評価が高く認められています。他の人のスキットルとは格段の差がある一品としておすすめできるスキットルです。

ランキング2位:スノーピーク チタンスキットルL

スノーピーク チタンスキットル
スノーピーク チタンスキットル

¥ 15,984

口コミ

チタン製ということで、軽量で酒の変質などもなく、機能性は抜群です。量も結構入るのでそれもポイントです。軽いのに丈夫で質感があり持つとしっくり手にフィットします。

チタン製のスキットルで上位を占めているのはスノーピーク製です。実用性、デザイン性に優れた製品を多数生産しています。ステンレス製に比べると高価ですが、軽くて丈夫で金属特有の臭いがお酒に移ることもなく、アルコールの風味をそのままアウトドアで満喫できます。シンプルで洗練されたデザインがおすすめで、ヒップポケットにもぴったり納まります。

ランキング1位:voocye 携帯用スキットル

voocye スキットル 220ml
voocye スキットル 220ml
口コミ

大容量なのに持ち運びもラク。量が多く入れられるのはもちろんですが、色も大きさも気に入っています。

ランキング1位はステンレス製のvoocye 携帯用スキットルです。ステンレス製は価格が安いのですが、堅牢で錆びず品質には高いものがあります。ステンレスは金属臭さがお酒に移ると言いますが、長期間保存しなければさほど気にはならないでしょう。

このスキットルはキャップが本体から外れないようになっていて、キャップを失くす心配がありません。非常にスタンダードなデザインですが、飽きることがなく実用的なもので、安価でもあるので初めて購入する人におすすめできるスキットルです。

特徴・用途別おすすめのスキットル

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルは、キャンプや登山などアウトドアで便利なアイテムです。そのような用途でのスキットルの役割や特徴などを紹介しましょう。

登山用におすすめは

スノーピークチタンスキットルM T012
スノーピークチタンスキットルM T012

¥ 15,336

口コミ

一見無骨な形ですが、ボディそして辺縁の曲線が美しく、また手に馴染みます。さらに、ステンレスや他の金属にはない光沢がなんとも言えない高級感を醸しています。

登山にはお酒が有用な役割を果たしますが、かさばるので携帯するにはスキットルが最適です。このスノーピークのチタン製のスキットルが頑丈で登山の厳しい環境などにも耐久性が高いのでおすすめです。

登山でのお酒の効用は

登山にスキットルでお酒を携帯することには、次のような効用があります。

・身体が温まる:冬山では気温がマイナスになることは珍しくありません。食事や装備のチェックなどいろいろとやることがありますが、シュラフに入るまでの間、度数の高いお酒で血流を良くして身体を温めることが大切です。
・睡眠を取りやすい:お酒で身体を温めてから体温が下がってくると眠くなります。登山ではなかなか眠れないこともあり翌日の行動に悪影響を与えることもあります。強めのお酒で良い睡眠をとることをおすすめします。
・緊張をほぐす:登山には難所もあって緊張の連続です。そんな所を乗り切ってもなかなか緊張はほぐれませんが、お酒は思考回路を弱めて高ぶった神経を治める効能があります。

軽量で頑丈な携帯性のスキットルは、荷物でかさばる登山には最適の一品です。

ウイスキー向けに

ベルトバックル スキットル 85ml
ベルトバックル スキットル 85ml
口コミ

ベルトにセット、ウォーキング。 野原での一休み時の一杯、美味。入れるものはその時の気分でよし!

スキットルはもともとウイスキーの携帯用に考え出されました。スキットルに入れるなら、やはりウイスキーが一番のおすすめです。このベルトバックルのスキットルにはベルトに掛けられる金具が付いていてバッグなどに入れる必要もありません。

西部劇でグイっと一飲みするのはバーボンが多いでしょう。禁酒法の暗黒時代、「アンタッチャブル」などでの一飲みは芋などからの密造酒でしょうか。スコットランドのゴルフ場、ヒップポケットに入っているのはスコッチウイスキー以外には考えられません。

ゴルフが18ホールになっているのは、1ホールごとにスキットルからグイっと一飲みするとちょうど18ホールで空っぽになるから、という俗説があります。ゴルフもスキットルもスコッチもスコットランドが発祥の地で、スキットルとウイスキー、スコッチは切っても切れない関係と言って良いでしょう。

素材別おすすめのスキットル

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルの素材はステンレスとチタンが主流ですが、昔からの銀製やピューター製のものもあります。素材による特徴や代表的なおすすめのスキットルを紹介しましょう。

汎用的なステンレス製

SALUS バッカス ウイスキーボトル 200ml
SALUS バッカス ウイスキーボトル 200ml

¥ 3,456

口コミ

流石、日本製って感じです。圧倒的な品質差です。ゴミ、傷一つありませんでした。上部がラウンドしてるのも実用的で良いです。ステンレスで購入するならこれかと思います。

ステンレスは丈夫で錆びにくく、コストも安いことからスキットルには最も多く使用されている素材です。いろいろな容量、デザインのものがあるので初心者の人がスキットルを選ぶ時にはおすすめの素材でしょう。

SALUSはメーカーの佐藤金属興業のブランドで、新潟県燕市にあるキッチン用品やサニタリー用品では国内有数のメーカーです。バッカスウィスキーボトルはシンプルなデザインに上部をラウンドさせた使いやすい形状になっています。

バッカスのウイスキーカップ(3個セット)が1500円前後で販売されていて、Amazonの売れ筋ランキングでも上位にランクインしています。このカップもあわせて、水割りやオンザロックではない、少し野性味のあるワンショットを楽しむことをおすすめします。

チタン製のおすすめは

TOAKS チタニウムワインフラスク
TOAKS チタニウムワインフラスク

¥ 9,180

チタンはステンレスに次いでスキットルに多く使われている素材です。チタンは軽くて強靭で錆びないことからスキットルにはピッタリの材質ですが、加工するのに特別な設備も必要で高価になるのが難点と言えます。ステンレスのように金属臭がお酒に移ることがなく、お酒の風味が落ちにくいことがおすすめできる理由の一つでしょう。

TOAKSは、チタン製の食器やアウトドアグッズなどを多数リリースしているアメリカ、カリフォルニアにあるメーカーです。このワインフラスコは、1枚のチタンから継ぎ目が無く作られていて鏡面仕上げが美しい円形の可愛いデザインが人気になっています。シンプルでコンパクトなので、持ち運びにもかさばらず、アウトドアに重宝するおすすめの一品と言えるでしょう。

お酒に優しいピューター製

ピンダーブロス社製ピュータースキットル4ozイングリッシュローズ
ピンダーブロス社製ピュータースキットル4ozイングリッシュローズ
口コミ

クラシックでシンプルなフラスコ。ピューター製で、デザインとしてもクラシックなものが欲しかったので、とても気に入っています。大事に使っていこうと思っています。

錫(スズ)を主成分とした合金、ピューターは融点が低く加工しやすいので古くから使用されてきた素材です。ただ、柔らかい素材なので傷やへこみが生じやすく丁寧に取扱うことをおすすめします。お酒の味に悪い影響を与えることはなく、むしろ味をまろやかにするとも言われています。風味の豊かな蒸留酒を入れて楽しむことをおすすめできる素材です。

ピンダーブロスは、銀製品やピューター製品を主に製造しているイギリスのメーカーで、140年の歴史があって、ピューター製品では有名なメーカーです。このスキットルは、イングリッシュローズがあしらわれています。バラはイギリスの国花で、イギリスを感じさせてくれるデザインなので、マッカランなどのスコッチを携帯するのにおすすめです。

銀製のスキットルは貴重品

RIMTAE銀川堂ウイスキースキットル180cc
RIMTAE銀川堂ウイスキースキットル180cc

¥ 21,600

口コミ

中も銀メッキで綺麗ですが黄銅製のためチョット重いです。チタンと比べるとですが。

現在では、銀製のスキットルを作っているメーカーは数少なくなりました。耐食性が強く、アルコールの変性が少ないなど優れた素材なのですが、チタンなどがその長所をまかなうことで代替されるようになっています。

銀製といっても純銀ではなく、黄銅などの生地に銀メッキがほどこされています。銀は時間が経つにつれて輝きがくすむので定期的なお手入れをおすすめします。高価なのでステイタスとして手に入れるのも良いでしょう。

銀川堂は、宮内庁や五つ星ホテルなどにも製品を納めている銀器の専門メーカーで、品質面で高く評価されています。銀製のスキットルで吞むウイスキーは格別な味わいがあるでしょう。自分へのご褒美とか、特別な人へのプレゼント用などにおすすめできる貴重な一品です。

おすすめのスキットルのメーカー3つと代表製品

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルのメーカーとして代表的な3社とそのおすすめのスキットルを紹介しましょう。300年以上の歴史があるスキットルは、全世界に愛好者がひろがりメーカーも各国に散在しています。

Homestia

Homestiaステンレス8ozヒップフラスコ
Homestiaステンレス8ozヒップフラスコ
口コミ

物としては良品。 物としては見た目もよく中々の出来栄え。 私に送られて来た物は中央のエンブレムが若干傾いていたくらいで作りもちゃんとしていて良品と言って良い。

Homestiaは、家庭用品や家具などを世界中の消費者に提供するグローバルオンラインショップの運営会社です。家のなかのあらゆるシーンにフィットする高品質でスタイリッシュな製品を提供しています。スキットルの品揃えも豊富で、Amazonの売れ筋ランキングでも上位に多くのスキットルがランクインしています。

このヒップフラスコは綺麗なステンレス製で、中央にレトロなドクロが付いたビンテージスタイルです。蓋と本体が一体型なので、蓋の落下や紛失が防げます。パーティーやピクニック、山登り、釣りなどのお供におすすめですし、プレゼントとしても喜ばれるでしょう。

bestler

bestlerスキットルボトル4oz
bestlerスキットルボトル4oz

bestler はステンレス製のスキットルを主に扱っていますが、カラーやデザインを特に重要視しているのが特徴です。他のブランドにはないオリジナルデザインのスキットルは、周囲の目を引いて目立つことは間違いないでしょう。いろいろなデザインのものを収集することもおすすめします。

このスキットルは、4オンス、120mLの容量で、9.7×6.4×2.5cmというコンパクトサイズです。ステンレス製ですがシルバーに近い色合いがオシャレで、飲みすぎることのないショートサイズなので女性にもおすすめのスキットルと言えるでしょう。

スノーピーク

スノーピーク チタン丸型スキットル
スノーピーク チタン丸型スキットル

¥ 12,420

口コミ

本体は、サンドブラストで蓋はポリッシュです。丸いので立てて置くことができませんが可愛いフォルムに周囲のウケも良いです。ドラゴンレーダのようなフォルムにニヤリとしてしまいます。

スノーピークは、登山家でもあった創業者が本当に欲しいものを自分でつくりたいという思いで、新潟県三条市に設立したメーカーです。スキットル以外にも、実用性やデザイン性に優れた数多くのチタン製の製品を生産しています。国産のほうが安心感が持てるという人にはおすすめのブランドです。

この丸型のスキットルもチタン製です。軽量でお酒の風味をそこなうこともなく、丸型のデザインは男性にも女性にもピッタリで、贈り物にもおすすめできます。国産で仕上げも丁寧にほどこされています。品質的にも安心して使えるスキットルとしてもおすすめできる一品です。

変わり種のスキットル

スキットルはシンプルな湾曲した定番のデザインが多いのですが、なかには奇抜なデザインや色合いのスキットルもあります。ちょっとした気分転換や友人などにも自慢できるおすすめの変わり種のスキットルを紹介しましょう。

ブレスレットからお酒が

SODIALブレスレットワインポット
SODIALブレスレットワインポット

女性のブレスレットからお酒が注がれたらビックリすることでしょう。容量は3.5オンスで100mLです。ステンレスに繊細な電気メッキプロセスをほどこしたローズゴールドの色は、日光に輝き退色することはありません。

この奇抜なブレスレットフラスコは、仲間や友人を驚かせるスタイリッシュなアクセサリーになるでしょう。贈り物としてもおすすめできる一品です。

お洒落な色合いでお酒も

bestlerスキットル7oz
bestlerスキットル7oz

bestlerの特殊なカラーデザインのスキットルです。ステンレスの焼き色を利用して、表面がパープルレインボーに綺麗に発色しているのが特徴のスキットルです。デザインはとてもシンプルですが発色が綺麗なので、中身のお酒も一味違うように感じるでしょう。オシャレな小物で便利に使えるスキットルとしておすすめします。

小窓から中身が

Honestスキットル7ozスモールウインドウ
Honestスキットル7ozスモールウインドウ

Honestはスキットルの種類でも定評のあるブランドですが、これは中の液量がわかるスモールウインドウ付きのスキットルです。液量がわかるスキットルは何種類かありますが、これはシンプルなスタンダードタイプに付いています。

スキットルにお酒を注ぐ時や、飲む時にもあとどのくらい残っているのかが気になります。重さでわかるという人もいるでしょうが、目で見て確認したい人におすすめです。デザイン的にもポイントがあって良いでしょう。

いろいろの絵柄でオリジナリティを

Heloマリリンモンロー8ozフラスコ
Heloマリリンモンロー8ozフラスコ

このスキットルでは、セクシーなマリリンモンローが印刷されていますが、このシリーズにはグラビアのピンナップガールやシュワルツネッガー、ハンフリーボガード、キースリチャード、ヴィンテージカーなどが印刷されたものがあります。

ラミネート印刷で、高光沢で防水、傷が付きにくく色落ちしにくい処理がされています。一目で他の人のものとは違うことがわかるスキットルとしておすすめします。

スキットルの使い方・活用方法

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スキットルを上手に使う上での注意点やお手入れの方法、上手な活用方法などを紹介します。

使ううえでの注意点

スキットルは主に強い蒸留酒を携帯用に持ち運ぶためのものですが、スキットルに不向きな飲料もあります。次のようなものを入れることは避けるようにしましょう。

・ワインや日本酒などの醸造酒は、味や風味が金属によって変わりやすくなります。また、糖分も多いのでお手入れも大変なのでおすすめできません。

・スパークリングや炭酸飲料は、密閉されたスキットルでは破裂する可能性があります。非常に危険なので絶対に入れないようにしましょう。

・ジュースなどの清涼飲料水、お酒でもリキュール類のような糖分を含むものは、糖分でベタベタになってしまうので雑菌が繁殖したり洗うのも大変です。スキットルに入れるものとしては避けたほうが良いでしょう。

スキットルは、アルコール度数の高い蒸留酒専用として使うことをおすすめします。

スキットルの洗浄方法

スキットルは注ぎ口が細いので内部が洗いにくい構造です。内部に汚れなどがあると、せっかくの美味しいウイスキーなどを入れても台なしになってしまうので、こまめに洗浄することをおすすめします。洗浄には次のようなことを参考にすると良いでしょう。

・日常の汚れがひどくない時なら、お湯を入れてすすぐだけで大丈夫です。気になる時は、水約1Lに小さじ1杯程度の漂白剤の薄め液に20分程度浸けおきした後、お湯でよくすすげば良いでしょう。

・臭いが気になる時はホワイトビネガーが有効です。お湯とホワイトビネガーを同量ずつ混ぜた液をスキットルの半分ぐらいまで入れて強く振ります。これを3、4回繰り返した後お湯で洗浄、すすぎをすれば完了です。

・汚れがこびりついている時は、お湯と洗剤に砂を混ぜてよく振ります。砂のかわりに卵の殻を使っても良いでしょう。その後、お湯で洗浄、すすぎをして乾かしておきましょう。

活用はどんなところで

スキットルの活用の場はアウトドアです。家で飲むのにスキットルを使うというのは場違いでしょう。

屋外でのライブやスポーツ観戦、キャンプ、ゴルフ、登山やハイキング、釣り、散歩などで、好みの銘柄のウイスキーなどを携帯して、好きな時に飲むというのが良いでしょう。注意したいのは、飲食物持込み禁止のところや酔い過ぎなどマナーやモラルに気を付けることです。せっかくのダンディズムが台なしになってしまいます。

スキットルは贈り物にもおすすめです。特にウイスキーなどが好きな仲間や目上の人には喜ばれるでしょう。センスの良いデザインや素材にこだわったスキットルを選びましょう。価格帯も広いので、いろいろなお祝いに対応できるプレゼントとしておすすめします。

スキットルにお気に入りのお酒を入れて出かけよう

スキットルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

お酒が好きな人にとっては、スキットルは便利なアイテムです。家でお酒を飲むのも良いですが、お気に入りのスキットルにお気に入りのお酒を入れて外に出てみましょう。

いつもと違った空間、好きな風景を眺めながら、あるいはスポーツやレクリェーションの合間などに極上のお酒を楽しみましょう。ただし、飲み過ぎて品位のない醜態を見せるようなことだけはしないように注意しましょう。

Related