Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月28日

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットってご存知ですか。あまりなじみのない言葉ではないでしょうか。パチンコと言い換えるとイメージできる方も多いでしょう。子供のころに遊んだことがある方もおられるでしょう。今回はそんなスリングショットについての解説と紹介をしていきます。

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットってなに?

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットとは、Y字型の棹などにゴムを張って、弾とゴムひもを同時に引っ張り、、手を離すと弾が飛んでいく道具のことです。パチンコと言い換えるとイメージできる方が多いでしょう。最近ではより弾を飛ばしやすいようにさまざまな工夫された形になり、進化したものになってきています。これから、おすすめのスリングショットの種類や選び方を紹介していきます。

スリングショットの種類と選び方

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットには大きく分けて、競技用と狩猟用があります。競技としては、日本国内では行われていません。アメリカでは、競技団体というものはありませんが、競技大会は開催されています。狩猟は、個人としてやっている方は多くいますが、法律を守ってやれば、特に免許は必要ありません。次にスリングショットの種類を紹介します。

スリングショットにはどんな種類があるの?

スリングショットの種類はひとつめは、アメリカのメーカー製のもので、『バーネットスリングショット』があります。安定していて初心者でも使いやすいものとなっていますが、価格は高い目です。

次は、知名度が高く最も売れているメーカー、Saundersの『ファルコンスリングショット』です。持ち運びがしやすいように、折りたたみ、分解がほとんどのモデルで可能となっています。また、機能性が高く、ゴム交換が簡単にできます。

また、Trumark社のスリングショットには、オーソドックスなクラシカルスタイルのものから、ユニークなものまでさまざまなスリングショットがありますが、どれも品質は信頼できます。それは、50年前のモデルが依然として流通している点からもうかがえます。

最後にマークスマン社のスリングショットで、日本で最も売り出されているスリングショットです。特徴的で、利便性が高いものが多くなっています。

スリングショットの選び方を教えて

スリングショットを選ぶ際のポイントは3点あります。まず、サイズです。スリングショットのサイズは大小さまざまあり、初めての方へのおすすめは小さめの軽いものです。次にゴムの強度が重要となってきます。強度が高い方が切れにくいのですが、威力が出せる分、相応の引く力が必要となります。

強度は選ぶうえで大切なポイントではありますが、自分の力に見合ったスリングショットの強度を意識することをおすすめします。

そして、3つめは、デザインです。同じ使うなら見た目も大事になってきます。近くの店舗で見つからない場合にはネットでさがしてみることをおすすめします。さまざまなデザインのスリングショットが売られています。

スリングショットの注意点

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットは手軽に遊べる道具ではありますが、注意する点がいくつかあります。威力が高いものが多いので、自分や周囲に危険が及ばないように、周囲に人がいないかなどの安全を確認してから使用しましょう。

また、狩猟の際には特に免許がいるわけではありませんが、やり方によって、必要な場合がありますので、使用する前に、法律などを確認しておくことをおすすめします。

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3

スリングショットは、日本ではパチンコと呼ばれ、昔から親しまれていた遊び道具です。海外では、競技などもあり、子供から大人まで楽しめるアイテムになっています。スリングショットはパチンコの高性能品で、狩猟用としても使われ、また、鳥獣害対策のために利用されることもります。

ここでは、スリングショットのおすすめ人気ランキングのTOP3を紹介します。

ランキング第3位はB-PING スリングショット

B-PINGアウトドア スリングショット 弾弓 害獣威嚇 迷彩 パチンコ ゴム銃 B-PING
B-PINGアウトドア スリングショット 弾弓 害獣威嚇 迷彩 パチンコ ゴム銃 B-PING
口コミ

レビュー通り、着いたら直ぐにバリ取り、真ん中のゴムを取って使いました。レビュー参考にさせてもらいました。有難うございました。この値段と使用感をかんがみれば、★5つです。

高速のスリングショットです。6つのストリップゴムのラテックスチューブになっており、強力で抜群の破壊力です。ポケットにも入れられるポータブルサイズとなっています。

人気第2位はSaunders ファルコン 2

スリングショット ファルコンⅡ【Saunders】
スリングショット ファルコンⅡ【Saunders】

¥ 4,104

口コミ

猿害対策として購入、脅すために保有しているが自然界の隣人、直撃しないように使用したい。

このファルコンは、最も人気のあるスリングショットです。平ゴムタイプのスリングショットは、ゴムを十分に引き絞ることができ、飛距離や威力に期待できます。

人気第1位はスリングショット 弾スチールパチンコ

スリングショット 弾 球 8mm スチール パチンコ (360個)
スリングショット 弾 球 8mm スチール パチンコ (360個)
口コミ

組み立ててある物が来るものだと思ってましたがw違っていました でも!そこからがもう遊び心をくすぐられました 説明書が無くても簡単に組み立てられて楽しかったです。

スリングショット用のスチール弾です。環境に配慮した商品になっています。手軽に使えるので練習用におすすめです。

おすすめのスリングショットを特徴・用途別に教えて

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットは手軽に遊べるアイテムですが、高い威力のあるものも多く、自分や周囲に危険が及ばないか、周囲の安全を確かめてからの使用をおすすめします。狩猟用のスリングショットがありますが、狩猟の際は特に免許は必要でなくても、場面によっては必要な場合がありますので、きちんと法律などを確認してから使用しましょう。

ここでは特徴や用途別にスリングショットを紹介します。また、法規の面からも解説しておきます。

狩猟用におすすめのスリングショット

RUNACC スリングショット  護身/屋外狩り/防衛/アドベンチャー/スポーツ競技
RUNACC スリングショット 護身/屋外狩り/防衛/アドベンチャー/スポーツ競技
口コミ

山で畑を荒らす獣対策に購入しました。 パチンコ本体が若干小さいので持ち運びにとても便利、すでに沢山打ちましたがゴムは切れそうにありません。

プロの使用にも対応したパチンコです。手で持っているだけでも威力を感じられ、試し打ちや、コレクション、趣味など幅広く利用できるおすすめのスリングショットです。飛距離や威力は弾の大きさ、重さ、引く力などで変わってきますので、周囲の安全確認をして加減しましょう。

スリングショットでの狩猟時の法律

スリングショットでの狩猟は、鳥獣保護法では規定されていないので、免許は必要ありません。しかし、全くの無免許・無許可でいいのかというとそうでもなく、狩猟の範囲を超えたり、また、狩猟の対象や区域によっては動物愛護法や地方自治体の条例などでの規定がある場合がありますので注意が必要です。

それから、スポーツ射撃としてスリングショットを用いる場合は、銃刀法には触れませんが、仕様が許可されていない公園、公有地での射撃や他人の私有地での使用、公共物の破損や他者への侵害や密猟などを行った場合は、法律に触れることになりますので注意しましょう。

おすすめのスリングショット・ファルコン

Saunders ファルコン I ハイパワー
Saunders ファルコン I ハイパワー

¥ 4,320

口コミ

届いてから試し撃ちをしたくて、部屋の中で段ボールを2枚重ねにして打ってみました。段ボールは見事に貫通し、その玉が跳ねて窓ガラスを直撃しました。ホント威力はハンパないです、。

スリングショットの中で最も人気のあるのがファルコンですが、ハイパワーのゴムが付いているため、かなり引く力が必要です。連続でのショットや引く力が弱い女性などには、平ゴムが付いたタイプがおすすめです。

威力が高いおすすめのスリングショット

ゴム銃 スリングショット 弾弓
ゴム銃 スリングショット 弾弓

ポケットに入る小型に作られたスリングショットです。カラスや野良猫などの撃退用に使用するのに適しています。木材を原料としているので、ハンドルが丈夫であり、使われる分野が広いのも特徴です。

飛距離が長いスリングショット

 スリングショット 【Randon】 害獣威嚇 カラス 対策
スリングショット 【Randon】 害獣威嚇 カラス 対策

¥ 2,480

口コミ

野良猫やカラスなど、迷惑動物を傷つけないよう柔らか玉で撃退する目的で購入しました。強力なので迷惑対策には使えませんが、空き缶や、的紙で射的に格安スリングショットです。

3種類の弾が付いているので、自分好みの弾を選択でき、2本ゴムと3本ゴムの二とおりの使用ができます。3本ゴムは強力ですがその分力が必要になり、2本ゴムは3本ほど飛距離はでませんが、命中率があがり連射がしやすくておすすめです。

スリングショットの撃ち方

スリングショットは引っ張って弾を飛ばすだけなら特に撃ち方の解説は必要ありませんが、正確に遠くへ飛ばして安全に遊ぶとなると事情が変わってきます。撃つ前に、ショットする人も、周囲の人も必ずゴーグルの着用をおすすめします。

それから、利き目を知りましょう。右目が利き目の時は、右手で弾をつまみますが、この時に逆の手で弾をつかむとバランスが崩れます。パウチの真ん中に確実に弾を乗せるようにしましょう。

グリップはなるべく手にフィットするタイプを選び、顔より上に持ち上げないようにしますが、これは、強く引いたゴムが自分の方にストレートに跳ね返ってくるためです。そしてしっかりと握ることが大切です。

おすすめスリングショットのメーカー・ブランド3つ

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットのメーカーは世界中でさまざまあり、スタイルや特徴もさまざまです。各社メーカーにそれぞれに機能や特色が色々あって、こだわりをもっています。そんなスリングショットのメーカー・ブランドを3つとそれぞれのメーカーの代表製品を紹介します。

スリングショットのメーカー・バーネット

バーネット社はヨーロッパで特に支持を得ているスリングショットのメーカーで、特に定評があるのは、手にピッタリとフィットするグリップの作りです。狩猟用としての評価もありますが、競技向けのスリングショットとして高評価を得ています。

バーネット社の代表製品

バーネットスリングショット コブラ
バーネットスリングショット コブラ

バーネット社のスリングショットの特徴はアンカーによって、震えを軽減して安定させるという機能で、照準器としての役割をし、正確な状態での射撃を求める方におすすめです。

おすすめのスリングショットのメーカー・サンダース

サンダースは、強力で、機能的なモデルを数多く製造しているスリングショットのメーカーで、ゴム交換を簡単にできるように、平ゴムや二重バンドゴムを採用しています。

サンダースの代表製品

ファルコンスリングショット 折りたたみ式
ファルコンスリングショット 折りたたみ式

サンダース社は持ち運びの利便性に重点を置いているので、ほとんどのモデルは折りたたみや分解が可能です。サンダース社製のスリングショットはクセがなく機能的で誰にでもおすすめできる製品となっています。

おすすめのスリングショットメーカー・マークスマン

マークスマンは射撃の名手を意味し、歩兵に中でも選抜されて訓練された選抜射手を指します。スリングショットのメーカーである、マークスマン社製の製品は独創的で個性的でありながらも、利便性のあるアイデアを生かした製品です。マークスマン社はアイデアが豊富で、ユーザーを飽きさせないメーカーといえるでしょう。

マークスマン社の代表製品

マークスマン(Marksman) 3061Z アジャスタブル スリングショット
マークスマン(Marksman) 3061Z アジャスタブル スリングショット

少ない力で威力を発揮できるスリングショットになっています。おすすめポイントは、アジャスタブル機能でどんな体格の人にでも楽しめ、リスト部分に弾格納スペースがあることです。

スリングショットの使い方と活用方法

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットの使い方ですが、本来、スリングショットは狩り用の道具です。特に免許は必要ありませんが、日本国内では、殺傷能力があるスリングショットなどで狩りを行うことは違法行為であり、狩りをしたい時は狩猟免許を取得するか、私有地で許可を得ることをおすすめします。

また、各鳥獣の狩猟には期間が決められているのでしっかり確認してからにしましょう。これを破った場合にも厳しく罰せられます。

活用法としては、野生動物の追い払いや防犯などにおすすめします。追い払いなどの際には、どんぐりなどの木の実を使用することをおすすめします。

スリングショットを使用する際の注意点

スリングショットを使用する際にはいくつか注意するべきポイントがあります。まず、安全な場所であるかを確認しましょう。街中や公園での使用は現金です、安全な場所を確保することをおすすめします。周囲に人がいないかを確かめましょう。次に標的ですが、的は硬いものは避けましょう。弾が跳ね返ってケガをする場合があります。

座布団やスポンジ、段ボールなどの跳ね返りが少ないものがおすすめです。それから、目の保護をしましょう。ショットをする人だけでなく、周囲の人も必ずゴーグルの使用をおすすめします。目のケガは重症化する場合がありますので、安易な気持ちでの使用は避けましょう。

スリングショット用の弾はスチール弾はなるべくなら避けることをおすすめします。その理由は、固いものに弾が当たった時に跳ね返りが強いので自分だけでなく周囲に危険が及ぶ場合があるからです。

スリングショットを安全に長く使用するために

スリングショットを使用する前に本体のフレームの状態やゴムの取り付け状態、アタッチメントのゴム止めの状態などをチェックすることをおすすめします。劣化したゴムでの使用は危険ですので、ゴムに亀裂や変色が無いかをチェックして、異常があれば取り替えましょう。

それから、使用している時以外は直射日光を避けたり、高温になる場所には置かないことをおすすめします。使用後は本体やゴムの汚れを柔らかい布などで落としましょう。

スリングショットを長く使用するための注意

スリングショットの使用後に、汚れがひどい時には分解できれば分解して歯ブラシや水拭きでキレイに落としましょう。

水拭きのあとは、しっかりと乾燥させることをおすすめします。加熱はNGです。仕上げに本体の可動部分やフレーム部分に潤滑剤やサビ止めを塗布することをおすすめします。ゴムの取り付け部分には潤滑剤が付かないように注意しましょう。

潤滑剤は速乾性のシリコンオイルなどがおすすめです。乾燥した冷暗所に保管しましょう。ゴムを曲げたる、曲げた状態での保管はおすすめしません。予備のゴムも同様に保管しましょう。

鳥獣被害対策としてのスリングショットの利用

最近では、イノシシやシカ、サルなどの生息区域が広がると同時に農作物の被害が増加傾向にあります。地方自治体などでもスリングショットを鳥獣対策として使用しているところもあります。

鳥獣の追い払いなどにスリングショットは大きな効果があり、おすすめです。離れた場所から扱えるので、有効なアイテムとして役立ちます。しかし、スリングショットを扱うために慣れること、練習することをおすすめします。慣れて、上達すれば離れた場所からでも使用することができるでしょう。

弾の回収が困難なために、環境に配慮した弾を使うことをおすすめします。自然分解が可能な陶土弾やスチール弾などがありますが、スチール弾は危険な場合があるので、陶土弾が良いでしょう。飛距離がでるため、周囲に市街地や民家がないか、必ず安全確認をしてから使用しましょう。

スリングショットの自作ってどうやればいいの?

スリングショットを自作するために、まず、必要な道具を揃えましょう。必要な道具は、平ゴムか、チューブのあめゴム、革の弾受け、ゴムを固定するタイラップなどです。元になる、五本爪の熊手があれば、自作のスリングショットができるでしょう。

作り方は、五本爪の熊手の真ん中三本を糸ノコで切り落とし、残った爪の先端をヤスリで削りますが、これは、ゴムが切れるのを防ぐためです。落とした後も切りっぱなしは危険なのでヤスリで面取りしておくことをおすすめします。最後にゴムを差し込んでタイラップで固定し、弾受けを付ければ完成です。弾受けには使っていないベルトなどを利用すると良いでしょう。

スリングショットのおすすめの弾ってある?

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットは飛ばすものがなければ使い道がありません。スリングショットで飛ばす弾にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、スリングショットの弾について見ていきましょう。スリングショットの弾はどんなものでも良いわけではなく、必要な条件があります。おすすめの弾に必要な条件は、まず、一発一発にコストがかからないことです。

それから、直径が8mm~15mmの球形で、すべて同じ形であるのが理想とされていて、用途に合った重さであることや、環境に悪影響を及ぼさないものがあげられます。ただ、環境に悪影響は及ぼさなくても、破片が危険であるものは、回収をおすすめします。

他にスリングショットのおすすめの弾は鉛弾、スチール弾、パチンコ弾、石などがあります。鉛弾は毒性があるといわれていますので回収をおすすめします。石以外の弾は悪影響はありませんが、回収するのが良いでしょう。

鉛弾の毒性について

鉛は、食物にもわずかに含まれていますが、一定量以内なら尿に排出されるので、害はありませんが、一定量を超える量を長期間摂取すると体内に蓄積されて毒性を持つことがあります。

鉛の中毒症状は、腹痛、伸筋麻痺、感覚異常症の他、血液系や免疫系、腎臓などへの影響を引き起こします。

これらの鉛害防止のためにも、スリングショットの弾はステンレス弾やゴム弾をおすすめします。

ルールを守って安全にスリングショットを楽しもう

スリングショットのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スリングショットはパチンコを高性能にしたもので、競技用と狩猟用がありました。日常ではあまり、なじみがないアイテムでしょう。海外では競技なども行われており、日本よりも普及していて、趣味や競技や、狩猟などと幅広く楽しむ方も多いでしょう。

スリングショットで狩猟するのに免許は必要ありませんが、場所や狩る対象によっては、規定があったりしますので、きちんと確認してからの使用をおすすめします。また、自分や周囲にも危険が及ぶ場合がありますので、周囲の確認は怠らないように気をつけて、安全第一での使用をおすすめします。

スリングショットを趣味にしている方や鳥獣被害の防止のために使用している方、これからスリングショットをやってみようという方もルールを守って安全にスリングショットを楽しみましょう。

Related