Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現在発売されている自動車用のバッテリーには、どんな種類や特徴があるのでしょう。おすすめの人気バッテリーランキング上位3種類、特徴・用途別のご紹介や、案外知らないバッテリーの使い方、おすすめのバッテリー周辺機器を詳しくご紹介した記事になりました。

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

車のバッテリーの種類と選び方

車のバッテリーは車のエンジンを始動させるためには欠かせない物ですが、案外自分の車にどんなバッテリーが搭載されているのか知らない人も少なくありません。バッテリーが上がってしまったとき、初めてどんなバッテリーなのか調べることも多いはずです。

おすすめのバッテリーと言っても、種類やサイズがさまざまです。いざという時に慌てないために、ここでは、バッテリーの種類やおすすめのバッテリーの選び方をご紹介しましょう。

車のバッテリーの種類

バッテリーは、大きく分けて2つに開詮式と密閉式に分けられます。開詮式は、その名前のとおりバッテリー液が減った場合に、補充できるようにバッテリー注ぎ口が開放できるタイプのバッテリーになります。

密閉式は、さらに4種類に分けられ、メンテナンスフリーバッテリー、ドライバッテリー、アイドリングストップ車用バッテリー、ハイブリット車用バッテリーになります。

開栓式バッテリー

バッテリー自体にバッテリー液を、補充するための注ぎ口があります。バッテリー液は、蒸発などにより減ることがあるので、定期的に確認し減っている場合は、蓋を開けてバッテリー液を補充する必要があります。

一昔前の車などには、この開栓式のバッテリー多く使用されていました。夏の暑い日が続いたり、乾燥する地域では、バッテリーの蒸発が速く進むことがあるので定期的に補充する必要があります。

一般的に浸透している密閉式のバッテリーに比べて、金額が安いことやバッテリーが上がったときに、充電回復力が早いことが開栓式バッテリーの利点でもあります。

密閉式メンテナンスフリーバッテリー

密閉式で最も一般的なメンテナンスフリーバッテリーは、その名前のとおり、バッテリー液を補充する必要が無く点検する必要がありません。気密性が高く作られているので、バッテリー液の消耗が少なく、バッテリー本来の寿命まで長く使用することができます。

現在の車両の多くに利用され、輸入車や高性能車、電気自動車などにも新車時から採用搭載され、メンテナンスのためのスペースが、多く取れないような軽自動車やコンパクトな車輛のように構造上の理由からも利用されることが多いバッテリーです。

密閉式ドライバッテリー

通常のバッテリーの構造では、バッテリー液の中に電極が浸っている状態なのですが、ドライバッテリーの場合は、電極にバッテリー液が染み込んでいる構造で、電極一本に1つの部屋に分けられ、それぞれの部屋が密閉されたバッテリーです。

通常の液体が入ったバッテリーに比べ、とても軽く製作されているので、重量を極力軽くしたいレーシングカーなどに多く使用されています。ドライバッテリーを、直訳すると乾いた乾電池となることから、バッテリーの中では珍しく横にしても使用することができます。

密閉式アイドリングストップ車用バッテリー

現在販売されている車の多くに採用されているアイドリングストップは、車が信号待ちなどで停止している場合などにエンジンを自動で停止させ、ガソリンなどの燃費向上を目的としたエコカーに多く搭載されているシステムです。

エンジンの始動を、多く繰り返すアイドリングストップ車には、通常のバッテリーでは電力が足りなくなってしまいます。そのために、アイドリングストップ用バッテリーでは、大容量で通常より高い充電性能がある耐久性の高いバッテリーが求められます。

密閉型ハイブリット車用バッテリー

ハイブリッド車は、モーターとエンジンの2つの構造を持った車になり、バッテリーも2つ搭載されていることが多く、1つのバッテリーは駆動用のメインバッテリーになり、もう一方を補機用のバッテリーとなります。

メインバッテリーに関しては、電気で走行させるための電気モーターの電池で、取り換える必要はほとんどありませんが、補機用のバッテリーは、ハイブリッドシステムのバッテリーとしてシステム電源やコンピューター、カーナビなどの電装品に、電力を供給させる働きがあり、ハイブリッド車を走行させるためには、定期的に交換する必要がある重要なバッテリーです。

車のバッテリーの選び方

いざ車のバッテリーを選ぶ際に重要とするのは、寿命が長持ちであったり、メンテナンスが要らない物や、ロング保証がある物などさまざまな選び方があります。

一般的に、日常で車を走行させている範囲では、新車搭載時のバッテリーと同等クラスの物で充分ということになります。ただし、ネオン管や高出力のサウンドシステムなどを搭載している車などの場合は、大きい容量のバッテリーが必要となります。

カーショップやサービスステーションなどでは、今のバッテリより、容量が大きい高額なものを進められることが多いですが、選び方としては、今ついているバッテリーと同等のサイズのバッテリーを選ぶことがおすすめです。

車のバッテリーおすすめ人気ランキングTOP3

車のバッテリーには、いろいろな種類が各メーカーから販売されています。これだけ多くのバッテリーが販売されていると、どんな物があるのか、どんなメーカーがいいのか、迷ってしまうところです。

ここでは、迷った場合に役に立つ人気のおすすめ車のバッテリーを、ランキング形式でご紹介させて頂きましょう。

第3位 :「Atlasbx ダイナミックパワー」

ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ]
ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ]
口コミ

普通に使えて 全く問題ありません。バッテリーなんて このサイズで この値段が妥当じゃないですかね。高いから性能が良く メンテナンスも楽でなんてバッテリーは自分には必要ないですね。

韓国のバッテリーメーカーであるATLASBXは、韓国で初めてメンテナンスフリーのバッテリーを開発販売した実績もある創業70年以上の大手バッテリーメーカーです。ATLASBXのバッテリーの特徴は、極板の修理販売を手掛けた実績もあるほど極板のレジェンドであり、国産のバッテリーに比べると価格が安いのでおすすめな人気のバッテリーです。

ATLASBXのDynamic Powerは、低価格でありながら正規代理店購入で2年から4年の保証があります。また、性能面ではカルシウムとスズの合金グリッドの採用や腐食防止、液減りや自己放電を最小限に抑制するなど耐久性にも優れ、値段も安いおすすめのバッテリーです。

第2位 : 「HITACHI 国産車バッテリー」

HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー
HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー

¥ 2,986

口コミ

バッテリーが弱くなったので、こちらを購入して交換しました。交換して一ヶ月ぐらいたちますが特に問題はありません。

外国メーカーのバッテリーが不安な方や、海外産程度の価格帯で国内メーカーのバッテリーをお探しの場合は、日立化成株式会社製のバッテリーがおすすめです。

コストパフォーマンスを重視したカルシウムバッテリーで、一定の時間内に充電できる容量が多いので、ISS車や充電制御車でも充電回復が早くバッテリーの劣化が、進みにくいバッテリーです。

バッテリー選びに迷った時は、国内一流メーカーで性能もコスパも良い日立製のバッテリーがおすすめです。

第1位 : 「パナソニック ブルーバッテリー」

Panasonic [ パナソニック ] 国産車バッテリー [ Blue Battery カオス C5 ] N-60B19L
Panasonic [ パナソニック ] 国産車バッテリー [ Blue Battery カオス C5 ] N-60B19L
口コミ

量販店で販売している普及品のバッテリー価格と、ワンランクもツーランクも上のカオスの通販価格は大差ないため、選択に迷った場合はカオスの購入がおすすめです。

おすすめの人気タイヤ1位は、数多く通販サイトでも人気があるパナソニックのブルーバッテリーカオスになります。パナソニックのフラッグシップバッテリーであるブルーバッテリーは、大容量、高速充電機能、軽量化の3つの分野で最高水準のおすすめバッテリーです。

MFシルバー合金の採用で長寿命であり、MF防爆液詮の採用で安全性に優れたメンテナンスフリーバッテリーで、音質がクリアになると評判です。安心の国内メーカーであるパナソニックの保証も付いているので安心です。

高性能、国産メーカーのバッテリーが、この価格で購入できることや、定期メンテナンスが要らないメンテナンスフリーのバッテリーという事でも、人気のおすすめバッテリーになります。

特徴・用途別おすすめの車のバッテリー

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現在カーショップやネット通販で販売されているバッテリーは、種類別だけでなくバッテリーの特徴や購入者の用途によって、カテゴリー分けされている場合があります。

ここでは、バッテリーの特徴や用途別におすすめのバッテリーをご紹介しましょう。

寿命が長いバッテリー

バッテリーの平均寿命は、車の走行状況や環境にも違いはありますが、普通車の場合3年~5年程度といわれています。バッテリーの寿命が近づいてくると、夜間のライトが暗く感じたり、朝エンジンが、かかりずらくなるなどの症状が寿命のサインです。いつもと違うなと思ったら早めにバッテリーの電圧を測定してみましょう。

寒い地域や夜間走行が多いなどの場合は、一般より寿命が短くなる傾向があるので、なるべく寿命が長いバッテリーがおすすめです。

現在販売されているバッテリーの寿命は、最長でも36カ月程度のものが多く、36か月保証と記載があるにもかかわらず使用状況によっては、7年~10年程度使用することができた例もあります。

海外製品の安いものでは、12か月保証など寿命が短く値段が、安い設定のバッテリーもあるので、保証期間がなるべく長いものが寿命も長いバッテリーとしておすすめです。

GSYUASA ECO.R Revolution

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R Revolution ] アイドリングストップ車対応 ER-M-42R/55B20R
GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R Revolution ] アイドリングストップ車対応 ER-M-42R/55B20R
口コミ

新車購入後四年経過しても純正バッテリーに不具合はなかったけど、点検時にも早めのバッテリー交換を勧められていたので、メモリーバックアップと一緒にアマゾンで購入。

国内メーカーのGS YUASAのECO.R Revolutionは、バッテリー消費が大きいアイドリングストップ車の寿命を長寿にする革新技術が、採用されたバッテリーです。また、通常車に使用した場合も、圧倒的な長寿命を実感できます。

GS YUASAの先進のテクノロジーを詰め込んだ、といってもおかしくないECO.R Revolutionは、ウルトラロングライフなERR構造や、充放電の繰り返しによる放電電圧の落ち込みを抑えるデュアルリブセパレータの採用など、ロングライフバッテリーを探している方にはおすすめなバッテリーです。

上がりにくいバッテリー

いざ車に乗ろうとしたら、バッテリーが上がってしまっていて焦ってしまう事が無いように、なるべく上がらないバッテリーが欲しいと思う方も少なくありません。バッテリーが上がってしまう原因は、電気の使い過ぎや充電不足、バッテリーの方充電のし過ぎなどが理由です。

電装品を多く搭載するような車の場合、電力消費が大きく、バッテリーが上がりやすくなる傾向があるため、なるべく容量の大きなバッテリーがおすすめになります。

上がりにくいバッテリーというカテゴリーでの販売は、見かけることが少ないのですが、通常のバッテリーでも上がりにくくするコツを実践することで、バッテリーを上がりにくく長持ちさせることができます。

ブライトスターディープサイクルバッテリー

ブライトスター ディープサイクル バッテリー SMF 27MS-730
ブライトスター ディープサイクル バッテリー SMF 27MS-730
口コミ

あまり聞かないメーカーですが、5年ほど週末を中心に釣りやキャンプでのサブバッテリーとして使っていたため、実績を重視し今回も同じモデルにしました。

最高ランクのカルシウム合金を使用し、従来のバッテリーよりワンランク上のパワーを持つバッテリーは、自動車電装メンテナンスや自動車整備工場を創業30年以上運営している株式会社電星が、韓国の電池メーカーに生産を依頼して制作された、オリジナルブランドのバッテリーです。

電装整備に培った経験を生かしたブライトスターディープサイクルバッテリーは、コストパフォーマンスと品質のバランスが取れた、値段が安くても上がりにくいバッテリーとしておすすめのバッテリーです。

値段・価格別のおすすめの車のバッテリー

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バッテリーには、コストパフォーマンス優れた安価なものから、国産大手メーカーの高額なものまで種類があります。高価だと良いバッテリーなのか、安いと性能が劣るのか、値段の差にはどんな差があるのか気になります。

価格の差には、いくつか違いがあります。バッテリーの内部構造の違いや合金に対して使用されるカルシウムやアンチモンなどの成分の違い、耐久保証の期間の違いや製造工程や保管工程での商品管理の違いが考えられます。

安いから悪いバッテリー、高いから良いバッテリー、国内製だから良いバッテリー、海外製だから悪いバッテリーとは一概に決めつけることはできません。安くても耐久性に優れ高性能なおすすめバッテリーも多く発売されています。

PITWORK

PITWORK ( ピットワーク ) 日産純正 国産車バッテリー ( Gシリーズ ) 40B19R
PITWORK ( ピットワーク ) 日産純正 国産車バッテリー ( Gシリーズ ) 40B19R
口コミ

コンパクトカーのバッテリーが7年目に入ったので安全のため交換を。パナソニックとかの青いのも考えたけど、普通に乗るだけなのでコレでも十分と思い交換。普通に使えて安く買えて満足です

日産車用バッテリーとして、日産純正部品と変わらない高品質なPITWORKのバッテリーは、日産車以外でも、型式などが合えば使用することができる汎用性のあるバッテリーであり、価格面でもリーズナブルなことから、おすすめのバッテリーです。

保証期間も25カ月とロング保証制度があり、軽自動車から大型車まで幅広く摘要するバッテリーです。日常で一般的に乗用する自家用車ならば、価格面、保証面からもおすすめのバッテリーです。

容量別おすすめの車のバッテリー

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

カーショップやサービスステーションで「ワンランク大きい容量がおすすめです」と言われることがあります。でも、容量が大きいとどういった効果が期待できるのか、明確に理解している方は、多くありません。

ちなみにバッテリー容量の表示は、バッテリーの箱や本体にある50AH7や40AHと表示され、自動車の電流を流す基準時間は5時間と設定されているので、50AH÷5Hr=10Aとなり10アンペアの電流を5時間流すことができるという意味であり、40AH÷5Hr=8Aは、8アンペアの電流を5時間流すことができるという意味になります。

この50や40の数字が大きければ容量が大きいと言われていますが、大きい場合のメリットとしては、畜年電気が大きくなることからバッテリーが上がりにくい点や、性能が多少低下しても充分に電力を確保することができる点になり、デメリットとしては、費用が高く重量が重いなどが挙げられます。

VARTA SilVer Dynamic

SilVer Dynamic 570 901 076(LN3AGM)
SilVer Dynamic 570 901 076(LN3AGM)
口コミ

あのVARTAが、安い、速い、充電済みでした。アイドリングストップ機能がすぐ復活しました!BOSCHよりお安く、半島製のATLASよりチョイ高い位。

VARTAは、ドイツのバッテリーメーカーになります。輸入車で特にドイツ車にターゲットを絞り開発された大容量バッテリーになります。

欧州車の時間率は20時間使用し続けた場合を基準に考えられているので、必然的に大きな容量のバッテリーが多くなります。Silver Dynamicは、20時間率は70AHとなり、70AH÷20Hr=3.5Aで、3.5アンペアを20時間流すことができるおすすめの大容量タイプになります。

電圧別おすすめの車のバッテリー

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

自動車のバッテリーの電圧は基本的に12Vタイプが主流です。トラックや重機などは、24Vや36Vなどという大型電圧のバッテリーが採用されていますが、普通自動車は12V電圧になります。

電気自動車にも電気自動車駆動用バッテリーの他に、電装品を動かすために必要な12V電圧バッテリーが搭載されています。大昔には6Vや48Vなどの自動車も発案されましたが、現在の自動車には、電装品などの電気供給などから考えても12Vが定着しています。

BOSCH HTP-60B19L

BOSCH ( ボッシュ ) 国産車バッテリー 充電制御車対応 [ Hightec Premium ] HTP-60B19L
BOSCH ( ボッシュ ) 国産車バッテリー 充電制御車対応 [ Hightec Premium ] HTP-60B19L
口コミ

個人的に気に入った点はバッテリー本体と一体化したハンドルです。取り替え時にしか役に立ちませんが、セット後はスマートに収納されますし容量&性能だけじゃない部分もあると言う事です。

ドイツメーカーBOSCHは、電装品だけでなく産業テクノロジー分野やDIY工具などでも人気のメーカーで、日本のBOSCHグループは、明治から事業を開始し100年以上のキャリアを持つ老舗ブランドです。

BOSCHのバッテリーは、輸入車を所有するユーザーからは、特に人気があることや、国産車専用のバッテリーも価格と見合った高性能なバッテリーとして人気がありおすすめです。長年培ったBOSCHのバッテリーノウハウが詰まったHightec Premiumは、長寿命、完全メンテナンスフリーバッテリーとしておすすめのバッテリーです。

おすすめの車のバッテリーメーカー3つと代表製品

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バッテリーを選ぼうと考えた時、種類が多すぎてどれにすればよいのか分からないといって悩む方も少なくありません。バッテリーメーカーは、調べてみても約数十社あり、通販や店舗で販売されている見慣れたメーカーでも約10社程度になります。

多くのバッテリーメーカーの中からどれを選べばよいのか悩んでいる方に、おすすめのバッテリーメーカーと、そのメーカーのおすすめ代表商品をご紹介しましょう。

GS YUASA ECO.R

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R ] ECT 60B24L
GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R ] ECT 60B24L
口コミ

期待を裏切らないバッテリーです。容量が大きので安心です。すばらしい。

国内バッテリーといえば、GS YUASAと思い浮かべる方が多い人気バッテリーメーカーです。GS YUASAになってからは、2004年からとキャリアは短いですが、前身のGS日本電池の創業は1908年、YUASA湯浅電池の創業は1918年と、電池築年の技術キャリアは老舗メーカーとなっています。

GS YUASAで、代表的なバッテリーとなるECO.Rは、高性能、長寿命でありアイドリングストップ車にも適したクイックチャージ性能を、実現するリチウムを配合した電解質の採用など、まさにエコカー向けに開発された、GS YUASAのおすすめバッテリーです。

古河電池 ECHNO IS

FURUKAWA [ 古河電池 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ ECHNO IS UltraBattery ]Q-85/D23L
FURUKAWA [ 古河電池 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ ECHNO IS UltraBattery ]Q-85/D23L
口コミ

キャパシタ搭載という文面を見てみて、面白そうだと思い購入。特に問題もなく使用できています。最近は一度に距離を乗らないので、アイドリングストップは使用していません。

古河電池は、1950年に創業した日本の老舗バッテリーメーカーです。車屋バイクのバッテリーをはじめ、飛行機のバッテリーや防災用非常電源装置なども販売しています。とくに車のバッテリーは、古河電池のフラッグシップと言って良いほど、さまざまな種類を販売しています。

古河電池のおすすめバッテリーは、世界初となる新技術を搭載したECHO IS Ultra Batteryです。アイドリングストップ車に向けた国内最長の36か月保証する長寿バッテリーであり、鉛バッテリーの他にキャパシタを採用し、劣化しにくく急速充電に優れ充電回復には30%もスピードが、向上された新技術の古河電池のおすすめバッテリーです。

AC Delco メンテナンスフリー

AC Delco/ACデルコ 国産車用カーバッテリー メンテナンスフリー S80D26(R)
AC Delco/ACデルコ 国産車用カーバッテリー メンテナンスフリー S80D26(R)

AC Delcoは、世界中の自動車メーカーのあらゆるモデルに対応する、アメリカの自動車部品ブランドです。自動車部品で培ったノウハウを元に生産された日本の規格に合ったバッテリーは、日本の自動車メーカーも認めるバッテリーです。

AC Delcoメンテナンスフリーバッテリーは、折り畳み式ハンドルが付いているので着脱も楽で、アイドリングストップ車やハイブリッド車にも対応したメンテナンスが要らないAC Delcoのおすすめバッテリーです。

車のバッテリーの使い方

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

日頃、車のバッテリーを外したりつないだりする作業は、一般的にほとんど必要ありませんが、バッテリーが調子悪い場合などに、慌てないためにもバッテリーの使い方を事前に知っておくと安心です。

ここでは、自分で行うバッテリーの外し方やつなぎ方、バッテリーの交換方法などご紹介させて頂きます。

バッテリー外し方

バッテリーは、マイナス電極端子とプラス電極端子で車に接続されています。バッテリーの設置されている場所は、車の種類によりさまざまですが、接続されている方法はすべて同一になります。

バッテリーを外す際は、必ずエンジンキーをオフにして鍵を抜いて作業しましょう。赤と白の電極を確かめたら、マイナスの白い電極を外し、次に赤いプラス電極を外します。ここで、車とバッテリーをつないでいた電極は全て外されたのですが、次にバッテリーが車に固定されている固定器具を外します。

固定器具も車の種類や、メーカーにより違いがあるので愛車のバッテリー固定器具の外し方が分からない時は、愛車のディーラーなどに問い合わせてみましょう。固定器具を外し終わったら、バッテリーを取り外すことができます。

バッテリーのつなぎ方(ブースターケーブル)

買い物から買ってきたらバッテリーが上がってしまい駐車場から出られない、などとバッテリー上りは、突然起こるので慌ててしまう事があります。上がってしまったバッテリーは、ブースターケーブルを使用してつなげることでエンジンを、始動させることができます。

ブースターケーブルでのつなぎ方の順番は、①他車のプラス端子②バッテリーが上がった車のプラス端子③他社のマイナス端子④バッテリーが上がった車のマイナス端子という順番に、それぞれプラスは赤いケーブル、マイナスは黒いケーブルで接続し、バッテリーが上がった車のエンジンを掛けてしばらくアイドリングさせます。

ブースターケーブルでつなぐ場合は、必ず端子別に双方つなげることが肝心です。外すときも同様に、逆の順番で双方のマイナス端子、プラス端子の順で外します。

バッテリーの交換方法

バッテリーの交換は、今ついているバッテリーのモデル番号を確認して新しいバッテリーを購入しましょう。バッテリーには、パッケージや本体に必ずモデル型式が記載されています。

例えば75D23Rと表記されているバッテリーの場合、75は性能を表す数字で高ければ高性能バッテリーとなります。Dは、バッテリー側面の狭い方のサイズ(大きさ)になり23は広い方のサイズ(大きさ)を意味します。最後のRは、端子の位置を示すものでRなら右側、Lなら左側の端子という意味があります。

車のサイズや端子に合ったモデルのバッテリーを選び、バッテリーの外し方と逆の方法で新しいバッテリーを車に搭載しましょう。必ずキーを取り外し、エンジンオフの状態で各端子と固定器具を取付けることがポイントです。

車のバッテリーの周辺機器のおすすめ

車のバッテリーのメンテナンスには、おすすめな周辺機器があります。おすすめの周辺機器を取り揃えておけば、万が一の場合でもすぐに対処することができます。

ここでは、バッテリーの周辺機器でおすすめな商品をご紹介させて頂きます。

充電器

冬場など、バッテリーが上がりやすく電圧が弱くなってしまう事が多くあります。電圧が弱くなれば、出先でバッテリーが上がってしまうトラブルも考えられます。そういったトラブルを回避するためには、事前にバッテリーを充電しておくことで回避できます。

バッテリーを充電するには、バッテリー専用充電器がおすすめです。充電器にもさまざまな種類がありますが、自分の車のサイズや種類に合った充電器を使用しましょう。また、充電器を選ぶポイントとして、充電満了で自動でストップする物や、タイマー付きの充電器などが過充電トラブルを防ぐことができるのでおすすめです。

メルテックバッテリー充電器

メルテック バッテリー充電器 SC-1200
メルテック バッテリー充電器 SC-1200
口コミ

バッテリーにケーブルをつないでから電源コンセントをつなぐと、後はFULLになるまですべて自動です。バッテリーの様子を見ながらきっちり充電してくれる、頼もしいやつという感じです。

ファミリーバイクから12Vのトラックまで幅広く使用でき、充電の際も、家庭用電源AC100VをDC12Vに自動変換し充電もできます。使用方法が分からない女性でも簡単に使用できる自動充電機能があるので、細かな設定をしなくても最適な電流で充電ができます。

過充電などのバッテリーの劣化を防ぐ機能として、維持充電機能が搭載され充電完了後にはバッテリーの放電を防ぐ最小の維持充電をしてくれるおすすめの充電器です。

ジャンプスターター

ジャンプスターターとは、携帯用充電電池のことです。ジャンプスターターを1つ用意しておくだけで、出先でバッテリー上りを起こしたけれど、周りには他の車も居ないしブースターケーブルで接続もできないなどのトラブルでも、自分で簡単にバッテリー上りを治すことができるおすすめ商品です。

大容量のジャンプスターターも発売され、3.0Lクラスのバッテリー上りにも対処できる商品もあります。バッテリーだけでなく、タブレットやスマホなどの充電もできるので、車に1台常備しておくことをおすすめします。

WIKOOL ジャンプスターター

WIKOOL ジャンプスターター 26000mAh 12V車用
WIKOOL ジャンプスターター 26000mAh 12V車用
口コミ

びっくり一発始動でした。 4.3リッターの車だったが期待以上の凄さ。

大容量のWIKOOLジャンプスターターです。バッテリーが上がってしまっても、6.0L以下のガソリン車と3.0L以下のディーゼル車まで一発でエンジン始動できる、26000mAh大容量のおすすめバッテリーです。

1度のフル充電で電源を入れずに12か月で10%以下の消費放電なので、車に積みっぱなしでも安心できます。高輝度のLEDライトを搭載しているので、万が一の夜間での作業も安心です。本体は、USB接続や自動車電源充電コネクターの付属もあるので、1台あればキャンプなどでスマホやPCの充電用としても利用できる一家に1台は欲しいおすすめのジャンプスターターです。

愛車のバッテリーを知っておこう

車のバッテリーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

愛車についているバッテリーの寿命はいつかという問いに答えられる方は少ないでしょう。新車購入時に付いていたものでも、初めての車検でバッテリー自体も3年経過していることになります。バッテリーの寿命は3年~5年程度といわれているので、早ければ新車購入後初めての車検で交換時期となります。

事前にバッテリーの寿命を、知っておくこともトラブル回避のためにおすすめです。中古車などのように設置日が分からない場合は、電圧をサービスステーションなどで測ってもらえば、取り換え時の目安が分かりおすすめです。

バッテリーの取り換え時や寿命が分かったら、愛車に合った特徴や目的、値段や性能のバッテリーを選んで自分で交換することをおすすめします。

Related