Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月03日

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

釣りや川遊びなど水場でのレジャーにライフジャケットを着用していますか。水難事故の際ライフジャケットを着用していた9割の人が助かっています。ライフジャケットは種類が豊富なので、用途に合ったタイプを選ベるようおすすめのライフジャケットをわかりやすくご紹介します。

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ライフジャケットの種類と選び方

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

釣りや川遊びなど水辺で過ごす際にはライフジャケットが必須です。お金もかかるし面倒臭い、泳ぎが得意だから大丈夫とライフジャケットを身に着けずにいると思いもかけない水難事故に巻き込まれてしまうこともあります。

足をすべらせたり、波にのまれたり、おぼれたりと人は突然のパニックに遭うと何もできなくなってしまうこともあり、特に海や川などでは命を守るライフジャケットは重要です。平成30年2月から、船釣りにはライフジャケットの着用が義務付けられます。

安全に楽しく水辺での時間を過ごすために、最適なライフジャケットを身に着けましょう。そこで、ライフジャケットといってもたくさんあり過ぎてどれを選べばいいのかわからないという方のために、ライフジャケットの種類や選び方をご紹介します。

ライフジャケットの種類

ライフジャケットは、羽織るだけで特別な操作がいらない「ベスト型」、浮力体を使用ないため軽量な「肩かけ・首かけ型」、腰に巻くだけなので動きやすい「ベルト型」、ポーチに入っており投げて救命器具としても使える「ポーチ型」の形状があます。

また、浮き方・膨らみ方ではベスト型にも使用されている「浮力体式」で、ライフジャケットに浮力素材が入っているため身に着けるだけで自然に浮くシステムです。

そして、肩かけ型やベルト型に多い「自動膨張式」は、水を感じることでセンサーが反応し、ガスで浮力体が膨張するというシステムです。とてもコンパクトな点が特徴なので、釣りや遊びの邪魔になりません。

「手動膨張式」は、水を感じて作動するのではなく、自分の手でひもを引くことによってガスで膨張します。そのため水面に落水したらすぐにひもを引く必要があります。

ライフジャケットの選び方

ライフジャケットを選ぶときは、どんな場所でどんな使い方をしたいかで種類を選択しましょう。ライフジャケットそれぞれにメリット・デメリットがあるため、目的に適したものを選択しないといざというとき役立ってくれない場合もあります。

ベスト型のライフジャケットの場合、着ているだけで特別な操作が必要なく、自然に水に浮くためお子さま用におすすめです。ただ、動きにくいという難点があるのでお子さまが抵抗のないよう魅力的な柄や色あいのライフジャケットを選ぶことをおすすめします。

軽量タイプを好む方には肩かけタイプがおすすめです。また、船釣りをする方ならベルトタイプのライフジャケットがおすすめです。腰に巻くだけなので釣りの動作が制限されず、目立ちにくいので気軽に身に着けられます。

コンパクトさにこだわる場合は、投げると救命道具にもなるポーチ型がおすすめです。

ライフジャケットおすすめ人気ランキングTOP3

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ライフジャケットの種類や選び方をおおまかに認識したところで、人気でおすすめのライフジャケットをランキングでご紹介します。これからライフジャケットを探そうと考えている方はぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

ランキング3位:「Bluestorm」

ライフジャケットアクアバレット
ライフジャケットアクアバレット

¥ 8,640

口コミ

必要最小限の機能に小型船舶用救命胴衣の承認付き。 使ってみた感想として、ちょっと移動しつつ短時間のサーフや湾内くらいが丁度いい

ランキング3位でおすすめのライフジャケット「ブルーストーム・ルアーゲーム用ライフジャケットアクアバレット」をご紹介します。こちらのライフジャケットは 国土交通省型式承認品で、ミリタリーからの発想により機動性と通気性に優れているのが特徴です。

約204Kgの荷重に耐えられる高強度設計で、メイン生地には1680Dのポリエステル生地を使用しているため耐久性にも優れています。また、背中と胸周りのカッティングがスリムなため、動きも快適です。

股ベルトとリブベルト付きなのでライフジャケットが外れる心配もなく、フィッシュグリップホルダーとプライヤーホルダーも装備されており、ポケットにはベルトホルダーが付いているのでアクセサリーなども装備できます。

フリーサイズなので誰にでも装着でき、カヤックフィッシングなどにもおすすめです。

【サイズ】フリー
【重量】671g

ランキング2位:「Lixada」

Lixada ライフジャケット
Lixada ライフジャケット
口コミ

大型のフロントポケットはもちろん、ポケットを多数搭載しているのでルアーケースやプライヤー等の収納力は抜群、しかも中にある浮力材は取り外し可能ですので非常に便利です!

ランキング2位でおすすめの「Lixada」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは多機能で通気性が良いのが特徴です。

高い浮力が魅力で、体重は約95kgまで対応しています。胸ポケットが4つ、フロントポケットが4つ、サイドメッシュポケットが2つ、バックポケットが1つと収納も充実しており、ストラップは自由に調整できるので体にとてもフィットするので快適です。

背中と内側がメッシュ素材なので通気性が良く蒸れにくいため、夏でも快適に過ごすことができます。海や川などのアウトドアにとてもおすすめのライフジャケットです。

【サイズ】縦55cm・横46cm
【重量】730g
【素材】ポリエステル・EPEフォーム

ランキング1位:「シマノ」

NEXUSフローティングベスト
NEXUSフローティングベスト

ランキング1位でおすすめのライフジャケット「シマノNEXUS・フローティングベスト」をご紹介します。こちらのライフジャケットは、人の動きを科学の視点で分析した新設計である「COREACT」を採用しているのが特徴です。

肩の内外両面に特殊な滑り止め素材を使用しているため、荷物などをかついだときにズレにくく、両脇のアジャストはBoaクロージャーシステム搭載でダイヤルを回すだけでフィットしてくれるのでストレスがありません。

また、脇のカットが深めなので腕の動きを妨げることもなく、フロントのポケット内は縦に仕切ってあるので浮きやケースなどの小物がきちんと収納でき、ツール交換も楽にできます。

センターにはボタン付きの股ベルトも装備されているのでしっかり固定できる点も安心です。信頼できるライフジャケットで釣りを楽しみたい方におすすめです。

【素材】ナイロン100%(撥水加工)

特徴・用途別おすすめのライフジャケット

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ここではライフジャケットの特徴や用途別にそれぞれおすすめの製品をご紹介します。これからライフジャケットを購入しようとお考えの方は、口コミもチェックしながら自分に合ったライフジャケットを見つけましょう。

キッズ用でおすすめのライフジャケット

Leetaker キッズライフベスト
Leetaker キッズライフベスト
口コミ

股下にもベルトがあるので落水時にライフジャケットが脱げる心配もなさそうです。 この価格でこの内容はコスパが超よくてお勧めです。

キッズ用でおすすめのライフジャケット「Leetaker キッズライフベスト」をご紹介します。こちらのライフジャケットは身長75cm~130cm対応のS・M・Lサイズがあり、快適な着心地なのが特徴です。

素材はポリエステルで、下部には水抜け用のメッシュ素材になっています。生地は約3mmの厚みがあるのでしっかり浮力をキープしてくれるので安心です。さらに、股ベルトが装備されているためライフジャケットのずり上がりや抜け落ちもありません。

そして、体をしっかり固定してくれる2重ベルト構造なので、急な流れの中でも外れにくいのも魅力です。お子さまの川遊びなどにとてもおすすめなライフジャケットです。

【サイズ】S:75~100・M:100~115・L:115~130cm
【カラー】ブルー・ピンク
【重量】322g

大人用でおすすめのライフジャケット

ダバダライフジャケットベストタイプ
ダバダライフジャケットベストタイプ
口コミ

身長173cm体重90kgのデブですが、丁度いい感じで着用出来ました。 船上でも、着用しているのも忘れるほど気になりませんでした。

大人用でおすすめの「ダバダ」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは「安全基準証明」を取得した信頼できる製品で、自動膨張式のベストタイプです。フリーサイズで体重150kgまで対応なのでほとんどの方に使用できます。

水を感知すると自動で膨張するタイプで、吸気チューブや救助笛、反射テープ、ガスボンベホルダーなども装備されており、万が一の時でも安心です。カラーバリエーションも豊富なので、ファッションに合わせて選ぶ楽しさもあります。

ガスボンベはライフジャケットに1本付いてくるのですぐに使えます。水面から離れた船釣りなどにもおすすめのライフジャケットです。

【重量】721g
【サイズ】フリー
【仕様】自動膨張式
【対応重量】150kgまで

ウエストベルトタイプのライフジャケット

ダバダライフジャケットベルトタイプ
ダバダライフジャケットベルトタイプ
口コミ

今までライフジャケットを着てショアでやっていましたが、日中の暑さに耐え切れず購入。 商品はとてもこの値段で買えないと思うほど良い商品でした。これで充分ですね。

ウエストベルトタイプでおすすめの「ダバダ」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは手動膨張式で、男女兼用のウエストに装着するベルトタイプです。対応体重は110kgまでとなっているのでほとんどの方が使用できます。

安全基準証明を取得している安心製品で、反射テープや救助笛、吸気チューブなども装備されています。ベルトタイプは装着していることが目立たず、動きやすい点が魅力なので釣り全般におすすめのライフジャケットです。

【重量】540g
【耐荷重】約110kgまで 
【浮力】11.2.2kg

おすすめのサスペンダー式のライフジャケット

シマノライフジャケットVF-051K
シマノライフジャケットVF-051K
口コミ

認可を受けた商品が少ない。シマノ・ダイワ以外では見つけられませんでした。そういった流れから結局シマノになりました。 物はいいです。 着ていて疲れません。

サスペンダー式でおすすめの「シマノ」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは国土交通省認定品の浮力基準をクリアした信頼できる製品で、サスペンダー式でズリ下がりのない立体仕上げになっているのが特徴です。

首から肩にかけてしっかり体にフィットし、サイズ調整ができるウエストベルトと背面ベルトはどんな体型にも対応してくれます。また、首まわりは速乾メッシュ素材なので通気性が良く肌触りも快適です。

肩の裏面にはクッション性のあるダブルラッセルメッシュが使用されているので涼しく、荷物をかついでも肩に負担がかかりません。左胸にファスナーポケット、補助送気装置やホイッスルも付いています。

さらに、浮力材を外せば洗濯機で洗うことができるウォッシャブルタイプなので衛生面でも安心です。軽量で動きを妨げることもないので釣りや川遊びなどにおすすめです。

【重量】699g

おすすめのポーチ型のライフジャケット

ウォッシャブルライフリングDf-2305
ウォッシャブルライフリングDf-2305
口コミ

ウェストポーチを付けるのと同じように装着。これだけ。全然苦になりません。 基本は背中側に回していますが、船が走ってる時など、眠くてゴロンとしたいときはおなか側へスルリ。

ポーチ型でおすすめの「ダイワ・ウォッシャブルライフリング」をご紹介します。こちらのライフジャケットは水を感知すると自動で膨張するタイプで、装着していて動きの邪魔にならないのでシーバスやブラックバスなど釣りをする方におすすめです。

国土交通省承認品なので信頼でき、強度と耐久性にも優れています。また、ダブルインジケーターが搭載されているためボンベとカートリッジの装着状態がよくわかります。

このライフジャケットには15mのロープが付属されているので、緊急時に離れた場所にいる人にロープを投げて救助することもできます。ウエストは55~140cmまで調整ができるので、ほとんどの体型にも対応できます。

釣りの動作に邪魔にならず、ベストタイプなどのライフジャケットが苦手な方にもおすすめです。

【サイズ】フリー(ウエスト:55~140cm)
【重量】658g
【素材】ナイロン100%

川遊びにおすすめのライフジャケット

キッズライフジャケット
キッズライフジャケット
口コミ

2歳の子にM。5歳の子にLを購入。2、3年は使いたいと思い、このサイズにしました。股下を通してとめる紐があるので、若干大きめでも調整が出来ると思いました

川遊びにおすすめのキッズ用のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットはサイズがSからLLまであり、身長90cmから150cmまでのお子さまに対応しています。カラーは4色で、明るい印象のおしゃれな柄が魅力です。

調整バックル付きなので身体にフィットし、背面には万が一のときにお子さまを引っ張ることができる持ち手が付いているので安心です。裏面はメッシュになっているので通気性が良く、2股ベルトがあるのでライフジャケットが抜ける心配もありません。

さらに、笛も付いているので緊急時に知らせることもできます。ライフジャケット下部は水抜き設計になっており、ポケットも付いているので快適に過ごせます。釣りや川遊びでお子さまが安心して楽しめるおすすめのライフジャケットです。

【サイズ】S~LL(90cm~150cm)
【素材】ナイロン100%

シュノーケル用でおすすめのライフジャケット

Rrtizan折りたたみ式シュノーケリング用
Rrtizan折りたたみ式シュノーケリング用

¥ 4,230

口コミ

値段の割にしっかりしている感じがあります。自分的には満足しています。後はちゃんと膨らんでくれることを願うだけです。

シュノーケル用でおすすめのライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットはCE認証の信頼できる製品で、強い浮力が特徴なので快適な水中探検がしたい方におすすめです。

折りたたみ式のポータブルタイプなので荷物にならず、約10秒と素早く膨張・収縮ができるのが大きな特徴です。また、耐久性のあるバックルとストラップは調整・着脱が楽なだけでなく、安全性が保障できるのも魅力です。

操作はとても簡単で、エアーバルブを押しシュノーケルベストに空気を吹き込むだけです。また、明るいカラーはクリアな視界になるだけでなく、周囲にも存在を目立たせてくれるので安心です。

使い心地が良く装着が簡単で安全性も高いことから、シュノーケル初心者の方にもおすすめです。

【重量】299g
【素材】高強度PVC
【サイズ】膨張時:縦20.47インチ・横15.75インチ

釣り用のおすすめのライフジャケット

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

ライフジャケットは信頼できる製品を選ぶことが一番ですが、デザインや釣りに合ったタイプであることも重要です。磯釣りにはフローティングベスト、船釣りにはベルトタイプなどがおすすめで、自動膨張か手動膨張かの選択も大切です。

平成30年2月からは小型船舶の乗船者にもライフジャケットの着用が義務付けらたので、ぜひこの機会に最適な製品を見つけて安心で安全な釣りを楽しみましょう。ここでは、釣り用におすすめのライフジャケットをご紹介します。

ショアジギング

エバーグリー EGフローティングベスト
エバーグリー EGフローティングベスト

¥ 20,520

ショアジギングにおすすめの「エバーグリーン」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは国土交通省型式承認品で、個形浮力体入りなので磯場などでのショジギングにおすすめです。

万が一落水したり、尖った岩や貝殻などに擦れてしまっても破れない固形浮力体で、体への衝撃を軽減してくれる効果もある優れものです。また、ショート丈で前面がすっきりしたスリムなデザインなので釣りの動作や移動の邪魔にならない点でもおすすめです。

また、股ベルトやバックル付きなので体に合わせてフィットでき、ライフジャケットの抜け落ちの心配もないので安心です。快適なショアジギングのために信頼できるエバーグリーンのライフジャケットがおすすめです。

【サイズ】フリー(推奨ウエストサイズ70~110cm)
【重量】798g

船釣り

シマノライフジャケットVF-052K
シマノライフジャケットVF-052K

船釣りにおすすめの「シマノ」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは自動膨張式のウエストベルトタイプで、国土交通省認定品として信頼できる製品です。安全性、機能性、快適性などの面で多くの釣り人に人気です。

ウエストは一部がテンションゴム構造になっているので、装着感が安定し快適です。膨張時の浮力性能は24時間以上で、アジャスト機能付きで最小60cmから105cmまで対応できるので女性にもおすすめです。

また、腰裏素材クッション性のあるダブルラッセルメッシュを使用しているので涼しく快適な着け心地です。さらに、ガス充填装置が搭載されており、インジケーター付きなので装置のセット状態が確認しやすいのも魅力です。

いざというときのホイッスル付きも安心な点です。船釣りでの動作の妨げがなく、装着感によるストレスもないためとてもおすすめです。

【重量】621g

シーバス

MAZUMEレッドムーンライフジャケット
MAZUMEレッドムーンライフジャケット
口コミ

想像通りフィット感・デザイン・収納のアイデア・縫製具合とても優れた商品だと思います。 フロントポケット前面のルアー吊り下げBOXは活躍しそうです。

シーバスにおすすめの「マズメ」のライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットは大きな胸ポケットにより収納が充実しているのが特徴です。深型のBOXの出し入れも楽で、サブルームにはルアーを収納することもできます。

小物入れポーチは取り外しもでき、ライフジャケットの右側に配置されたD管にはリッピングギアをセットすることもできます。また、バックポケットをフロントに移動することもできるなど便利な工夫がこらしてあります。

両手が使えるロッドホルダーや、落下防止付きのドリンクホルダー、小物入れ便利になポケットや快適なフィット感が得られる両サイドのバックルなど、至れり尽くせりのライフジャケットはシーバスにおすすめです。

【サイズ】フリー

ライフジャケットのメーカー3つと代表製品

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

次に、安心で信頼できるライフジャケットのおすすめのメーカーと代表製品を3つご紹介します。手ごろな値段だけにこだわるのではなく、命を守るライフジャケットは信頼できる高品質なものを選ぶことをおすすめします。

これからライフジャケットを探そうという方は、メーカーもじっくりチェックしてこだわりのライフジャケットを手に入れてみてはいかがでしょうか。

シマノ

フローティングベスト VF-272N
フローティングベスト VF-272N
口コミ

違和感なく身体にフィットして、ポケットも使いやすい。未だ冬場の使用だけですが、生地の質感にも好感が持てる。着用しているだけで、充足と安心感が得られる。

釣り具で有名なブランド「シマノ」の代表的でおすすめなライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットはナイロン100で撥水加工が施されており、収納効率の良さやリトリーブを考慮したカッティングが特徴です。

フロントと脇を左右5分割、背中を5分割しているため体にフィットし、肩と腰ポケットにも浮力材を使用しているので安心です。また、メッシュ生地を使用しているので蒸れのストレスもありません。

胸ポケットには小物など出し入れの多い道具、背中のポケットは大型なので雨具などを収納することもできます。パワーホールディング設計なので、肩への負担を分散できるのも魅力です。

また、股ベルトでライフジャケットの外れの心配もありません。水に強いターポリン素材で水の浸み込みや汚れの付着も防げ、型崩れの心配もないので使いやすさ、快適さが抜群な点でとてもおすすめです。

ダイワ

ライトフロートゲームベスト DF-6406
ライトフロートゲームベスト DF-6406
口コミ

軽くて、サイズ感も良く、収納スペースも使いやすいとても気に入ってます。

人気メーカー「ダイワ」のおすすめのライフジャケットをご紹介します。こちらのライフジャケットはショート丈なので、ライフジャケットが水に浸かり難いのが魅力です。ポケットは足元の視界や機動性を重視した薄型タイプです。

また、ロッドホルダーがフロント脇にあるためリグ交換も楽にできます。夜間時には光を反射させるリフレキプリントのロゴマークが光るため安全対策も万全です。

浮力も強力で、軽量な上に機能性にも優れたライフジャケットとしておすすめです。

【サイズ】フリー

高階救命器具

自動膨張式ライフジャケットBSJ-8120
自動膨張式ライフジャケットBSJ-8120

優れたライフジャケットのブランドの一つである「高階救命器具」の製品をご紹介します。こちらのライフジャケットは自動膨張式のサスペンダータイプで、国交省認定品であり桜マーク付きです。

コンパクトで軽量な上、あらゆるアウトドアレジャーに使えるのでおすすめです。水を感知するのは「ハルキーロバーツ社HR-6Fインフレーター」で、その優れた機能が自動的に確実に気室を膨脹させてくれます。

ハーネス構造なため強度と耐久性に優れており、カバー内にベルトを通しているため高荷重にも耐えらので安心です。万が一、自動膨張されない場合でも手動用作動策を引くと膨脹させることができます。

高階救命器具のライフジャケットは信頼性が高いことから、船舶用や釣り用としてとても人気が高いのが特徴です。

ライフジャケットの使い方・活用方法

自動膨張式や手動式で膨張するタイプ、着るだけで浮力が得られるベストタイプのライフジャケットなどがありますが、いずれも信頼できる製品で安全性の高いライフジャケットを選んで、快適な過ごし方ができることが重要です。

磯釣りや川遊び、シュノーケルなど水に触れる場所では命を守るためにライフジャケットを活用しましょう。磯釣りの場合は、自動膨張タイプだと岩などに擦れてパンクすることもあるため注意しましょう。

また、自動膨張式でも自動で作動しない場合も考え手動で膨張させることができるタイプを活用することをおすすめします。

信頼できるライフジャケットで命を守ろう

ライフジャケットのおすすめ人気ランキングTOP3・種類

さまざまなライフジャケットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。釣りや海水浴、川遊びなどでの事故はとても増えています。その中で、ライフジャケットを着用していた人の約9割が助かっているということからもライフジャケットの重要性がわかります。

ライフジャケットには自動膨張型や手動膨張型、ベストタイプ、ベルトタイプ、ポーチタイプ、肩かけタイプなどライフジャケットの種類もいろいろあります。

目的や特徴、快適な動きができるタイプなどを考慮しながら、最適なライフジャケットを選んで着用すれば大切な命をしっかり守ってくれます。この機会に、これまでご紹介してきた内容を参考に、快適なライフジャケットを手に入れましょう。

Related