Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月23日

サンシェードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サンシェードは海や公園などで使えるため、1つあると便利です。そこで今回はおすすめのサンシェードや、選び方、人気商品を紹介していきます。様々な種類のおすすめサンシェードを紹介していきますので、サンシェードを選ぶ際の参考にしてください。

サンシェードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

サンシェードの種類と選び方

サンシェードおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

家族や恋人、友人とのアウトドアやレジャーはとても楽しい時間です。しかし、海や公園に行くと、暑いときなどは日差しが気になります。また、ちょっと着替えたいときなどはプライベートな空間が欲しいと考えることもあります。そんなときに1つ持っていると便利なおすすめアイテムが「サンシェード」です。

サンシェードには種類がたくさんあります。ここでは、サンシェードにはどんな種類があるか、どうやって選べばいいのか紹介していきます。

サンシェードの種類

サンシェードの形状は大きく分けて3種類あり、それぞれ特徴が違います。どのタイプのサンシェードが自分に合うかは人によってそれぞれです。それぞれのサンシェードの種類の特徴、デメリットを紹介します。

組み立て式

組み立て式のサンシェードは、フレームが頑丈で風に強く、構造がしっかりしています。ほかの2種類と比べて組み立てや設営に時間がかかってしまうことがデメリットですが、しっかりした骨組みのサンシェードを探している方におすすめです。

ポップアップ式

ポップアップ式のサンシェードは、袋から取り出すだけで設営できます。比較的お手頃な価格で購入できるだけでなく、パーツが一体化されているため、部品が少なく軽量でコンパクトに収納できます。

フレームの構造が比較的簡易なため、風に比較的弱いことや、素材が薄いことが多いというデメリットはありますが、安価で軽量のサンシェードを探している方におすすめです。

ワンタッチ式

ワンタッチ式のサンシェードは、簡単にワンタッチで組み立てができるタイプです。フレームを合わせて設置するタイプや、紐を引っ張るだけで設置できるタイプ、折り畳みの傘を広げるイメージで設置するタイプなど、さまざまな種類があります。

簡単に設営ができるのに、良い素材が使われている場合が多く耐久性が高いことが特徴です。風にも強く、フルクローズができるものもたくさんあります。部品が多く重さがある、比較的値段が高いというデメリットはありますが、耐久性が高く組み立てやすいサンシェードを探している方におすすめです。

サンシェードの選び方

サンシェードを選ぶとき、どの商品がいいのか迷ってしまいがちです。サンシェードは色々なタイプのものが販売されているので、選び方のポイントを知ることが大事です。サンシェードの選び方について紹介します。

好みの形状で選ぶ

サンシェードには「クローズタイプ」と「オープンタイプ」の2種類があります。それぞれの特徴を紹介していきます。

クローズタイプのサンシェードは、テントのように扉などを閉めることができます。フルクローズができるサンシェードなら外からの視線を遮ることができるため、中で着替えをすることも可能です。また、扉が閉めることができるので、砂が飛んできても防ぐことができます。クローズタイプは海などで使用するのがおすすめです。

オープンタイプのサンシェードは、扉がないため開放的な気分が楽しめます。コンパクトに収納できるため、持ち運びも比較的負担になりません。公園やピクニックなどの普段使いにおすすめです。

好みのサイズで選ぶ

サンシェードはそれぞれサイズが違うため、好みのサイズから商品を選ぶのもおすすめです。商品の説明に「〇人用」と記載されているサンシェードもあるので、基本的には記載がある人数の目安にあわせて選ぶのがおすすめです。

サンシェードの中にテーブルを置いてくつろぎながらご飯を食べたり、荷物を一緒に置きたいという場合は、ワンサイズ大きめのサンシェードを選ぶのがおすすめです。ゆったりと空間を使うことができます。

片付けや収納がしやすいものを選ぶ

片付けや収納がしやすいサンシェードだと、気軽に持ち運ぶことができて便利です。頻繁にサンシェードを使いたいという方は片付けや収納のしやすさで選ぶのもおすすめです。

ポップアップ式のサンシェードは比較的設置が簡単なので、片付けのしやすいサンシェードを探している方はポップアップ式がおすすめです。商品ごとに後片付けの方法は多少違う場合がありますので、片づけ方法を確認してから購入するとよりスムーズです。

通気性がいいものを選ぶ

通気性がいいサンシェードを選べば、シェードの中に熱がこもりにくくなります。2箇所以上の開放部が作れるサンシェードなら、風通しがよくなります。蒸し暑い気候の時でも、通気性がいいサンシェードなら安心です。

砂を防ぐ機能がついているものを選ぶ

海などの砂浜で使う際は、砂を防ぐ機能がついているサンシェードがおすすめです。フルクローズができるタイプや下地に折り返しがあるタイプだと、砂が入りにくくなります。砂がサンシェードに入ってしまうと後片付けも大変になってしまうため、入りにくいものを選びましょう。

UVカット機能がついているものを選ぶ

日焼けが気になる方は、UVカットの機能がついているサンシェードを選ぶのがおすすめです。屋根がついているサンシェードでも、生地が薄いとUVカット効果があまり期待できないため、UVカット効果がある生地や、遮熱性が高い生地のものを選ぶのがおすすめです。

サンシェードおすすめ人気ランキングTOP3

サンシェードにはたくさんの種類があります。そのため、どれを買っていいかつい迷ってしまいます。そこで今回は、おすすめの人気サンシェードをランキング形式で3点紹介します。せっかく買うなら、人気の商品を買いたいという方はチェックしてみてください。

3位:「サンシェードポップアップシェルターS」

MOLUSKO(モルスコ) ポップアップ シェルター Sサイズ MS-04DN 収納ケース付 ワンタッチ式 サンシェード ビーチテント サンシェード UVカット
MOLUSKO(モルスコ) ポップアップ シェルター Sサイズ MS-04DN 収納ケース付 ワンタッチ式 サンシェード ビーチテント サンシェード UVカット
口コミ

ケースから取り出して手を放せばパッと広がり完成です。 何の作業も要りません。付属のペグ4本で四隅を固定すれば風にも耐えます。

価格が魅力のおすすめサンシェードです。低価格にもかかわらず、UVカットの機能がついているためUVカット付きのサンシェードを探している方にもおすすめです。このサンシェードはワンタッチで組み立てることができるため、簡単に設営することができます。

また、軽くて持ち運びやすくコンパクトに収納することもできます。サッと持っていくことができるため、公園などで気軽に使えるのもおすすめポイントです。

2位:「フルクローズサンシェードテント」

FIELDOOR フルクローズサンシェードテント 【UVカットコーティング採用】
FIELDOOR フルクローズサンシェードテント 【UVカットコーティング採用】
口コミ

165cmの大人が横になれました。 展開と収納も簡単で。 収納もレビューで難しいとあったので心配してたのですが、添付の説明に従えば一瞬でした。

高機能な「SUNSHIELD(サンシールド)」という素材を使用しているおすすめサンシェードです。

SUNSHIELD(サンシールド)は遮熱性・高耐水のポリエステル生地で、UPF50+という高いUV遮蔽率を持つ素材です。裏のシルバーコーティングは紫外線をカットするだけではなく温度の上昇を約ー5℃抑える機能も持っています。さらに1,500mm以上の耐水度を誇っているので、アウトドア全般におすすめです。

このサンシェードは、組み立ていらずでワンタッチで開くタイプの設計になっています。女性でも扱いやすいので女性同士のレジャーにもおすすめです。また、大きめサイズなので、家族でのアウトドアにもおすすめです。

1位:「ワンタッチサンシェード UV」

ミスティアイランド(misty island) ワンタッチサンシェード ロングシート付き 【200×220cm 約3人用】 OBT-5SUV
ミスティアイランド(misty island) ワンタッチサンシェード ロングシート付き 【200×220cm 約3人用】 OBT-5SUV

¥ 5,980

口コミ

折りたたみの説明が付いているし、ケースが壊れにくそうで、とても良いです。 新品だからか、性能なのか分かりませんが水はけも良かったです。 家族4人で使えそうです。

約3人用のおすすめサンシェードです。ロング&ワイドタイプで下生地が長くなっているため 寝転ぶこともできて、使い道が広がります。素早く設営や収納ができるワンタッチ式で、広さがあるため家族でのレジャーにおすすめです。UVカット仕様なので強い日差しの下で使えるのもポイントです。

また、このサンシェードには砂袋を入れるためのポケットが付いています。このポケットに砂袋を入れると本体が安定するため、とても使いやすくおすすめの商品です。

特徴・用途別おすすめのサンシェード

販売されているサンシェードにはそれぞれ特徴があるため、使いたい用途によってサンシェードを選ぶのもおすすめです。サンシェードといえばテントのような形をイメージすることが多いですが、車中泊に使えるようなサンシェードも販売されています。車中泊に使うなら外からの光を遮断する効果があるものを選ぶのがおすすめです。

テントのような形のサンシェードを使う場合も特徴や用途で選ぶとより便利に使えます。例えば、日差しが強い場所で使うならUVカットの機能がついているものを選ぶのがおすすめです。ここでは、用途別のおすすめのサンシェードを紹介します。

車中泊におすすめのサンシェード

趣味職人 ハイゼットカーゴ 321/331系 車中泊 プライバシーサンシェード フロントセット
趣味職人 ハイゼットカーゴ 321/331系 車中泊 プライバシーサンシェード フロントセット
口コミ

後部座席分も合わせて一度に購入いたしました。 車中泊する時の前側窓の問題が、 これで一発解決します。 取り付けた見た目も専用設計ですのでとても綺麗です。

車中泊におすすめのサンシェードです。この商品はハイゼットカーゴ321/331系用に設計されているフロントセットのため、ハイゼットカーゴ321/331系を持っている方におすすめです。別売りでリアセットも販売されています。車種に合った商品を選ぶのがポイントです。

車中泊用のサンシェードは外からの光を遮断するため、ぐっすり睡眠できるのはもちろん、車内で着替えることもできます。外から車内が見えないため、盗難防止効果があるのもおすすめポイントです。また、燃費が向上するため、ガソリンの節約になります。このサンシェードは車内泊をしたい方や、自分の車をプライベート空間にしたい方におすすめです。

公園におすすめのサンシェード

サンシェードテント Dreamegg ポップアップ サンシェードテント パット展開最速5秒収納 ワンタッチテント SPF+50日除け 2-3人用
サンシェードテント Dreamegg ポップアップ サンシェードテント パット展開最速5秒収納 ワンタッチテント SPF+50日除け 2-3人用
口コミ

最初からシートが付いているので 別途にレジャーシートを購入する必要もなかった。 収納も慣れれば簡単に早くできるので 持ち運びも簡単でよかったです。(原文ママ)

公園に持っていくのにおすすめのサンシェードです。パッと展開や設営ができるワンタッチタイプのサンシェードなので普段の生活で気軽に使えます。日差しの下でも紫外線から守ってくれるUVカートコーティングを採用しているので、公園の他に運動会やビーチなどでもおすすめです。内側は遮熱性のシルバーコートになっています。

また、このサンシェードにはペグ(杭)が付属しているので風がある日も安心です。メッシュスクリーンで風通しが良いのもおすすめポイントです。夫婦2人や、両親と子供1人などで使用するのにおすすめです。

海水浴におすすめのサンシェード

サンシェードテント 2-3人用 ポップアップ ワンタッチテント フルクローズ UVカット SPF+50日除け 超軽量  Wilwolfer
サンシェードテント 2-3人用 ポップアップ ワンタッチテント フルクローズ UVカット SPF+50日除け 超軽量 Wilwolfer
口コミ

大人が2人ほど座れる感じです。レジャーの際に、シートだけで場所を取るより、テントだと色々と安心ですよね。たたむのも簡単ですし、車に積んでおきたいです。

海水浴に持っていくのにおすすめのサンシェードです。組み立てが不要なワンタッチタイプなので、子供や女性でも設置することができます。このサンシェードはテントの後ろの窓がメッシュ式になっているため、通気性が良く、自然に換気することができます。また、メッシュが蚊などの害虫の侵入を防いでくれるのもおすすめポイントです。

また、サンシェードの両側にはポケットがあるのでスマートフォンなどの荷物を入れることができます。風が強いときは重りを入れるポケットとしても活躍します。そしてこのサンシェードには、UV遮蔽率95%以上の効果があるシルバーコーティングが施されていて、UV50+仕様になっているため日差しの下で使うのにおすすめです。

このサンシェードの素材は190Tポリエステルという防水生地のため高耐水です。防水性も高いため、突然天気が悪くなって雨が降りそうな時でも安心して使えます。

車用おすすめのサンシェード

普段から車を使用したり、レジャーで車を使用する方には、車用のサンシェードが1セットあると便利です。サンシェードは車種にぴったりなものを選ぶのがおすすめです。車用のおすすめサンシェードを車種別で紹介します。

ハイエース

クレトム サンシェード 200系ハイエース専用 フロントガラス用日よけ SA258
クレトム サンシェード 200系ハイエース専用 フロントガラス用日よけ SA258

200系のハイエース(レジアスエース)専用のサンシェードです。吸盤が不要の使いやすい専用サイズになっています。ルームミラーの周りも遮光できます。専用サイズなので、ぴったり取り付けることが可能です。ハイエースのサンシェードを探している方におすすめです。

フィット

[Accesments] FIT フィット3 パーツ 内装カスタムパーツ 日よけ 遮光 UVカット カーサンシェード 全窓セット 吸盤貼付 10P FD028
[Accesments] FIT フィット3 パーツ 内装カスタムパーツ 日よけ 遮光 UVカット カーサンシェード 全窓セット 吸盤貼付 10P FD028

フィット専用のサンシェードです。駐車しているときの日差しや、運転席のまわりの温度が上昇するのを緩和します。10枚セットなので全体をぴったりと覆うことができます。レジャーやアウトドアでの簡易カーテンとして活躍するのはもちろん、コンパクトに収納ができるのもおすすめポイントです。フィットのサンシェードを探している方におすすめです。

フォレスター

『01s-e007-re』フォレスター SJ系 プライバシーサンシェード リア用
『01s-e007-re』フォレスター SJ系 プライバシーサンシェード リア用

フォレスター専用のサンシェードです。フォレスターSJ5・SJGで使えるフロントセットのサンシェードですが、他のグレードでもフォレスターSJ5・SJGと同じガラス形状であれば装着ができます。生地は黒でミシン目がないため、外から見てもスタイリッシュで盗難防止になるのもおすすめポイントです。フォレスターのサンシェードを探している方におすすめです。

セレナc26

セレナ C26 サンシェード ブラックメッシュ 5層構造 1台分 車中泊 10点set
セレナ C26 サンシェード ブラックメッシュ 5層構造 1台分 車中泊 10点set
口コミ

以前はホームセンターに売ってた隙間だらけのサンシェードで真冬の車中泊してましたが、これに替えて体感出来る保温力でした。 値段も他と比べて安く良かった。(原文ママ)

セレナc26用のサンシェードです。プライバシーを守ってくれる10枚セットです。断熱シートは高品質で、ブラックメッシュ、アルミ遮熱シート、不織布、ポリエステル断熱材、保温フリースで5層になっています。専門の職人が丁寧に作っているというのもおすすめポイントです。

軽量で、使用しない時は折りたためるため、収納場所に困りません。セレナc26のサンシェードを探している方におすすめです。

サンシェードのメーカー・ブランド3つと代表製品

サンシェードのメーカー・ブランド3つと代表製品をご紹介します。

コールマン

コールマン テント スクリーンシェード アーガイル/ライムグリーン [2~3人用] 2000017137
コールマン テント スクリーンシェード アーガイル/ライムグリーン [2~3人用] 2000017137

¥ 9,158

口コミ

大人2人子供2人(3歳、1歳)で寝転がったり、中で食事をするのにはまったく不自由は感じません。 4面すべてをメッシュにできるので夏でも涼しいです。(原文ママ)

コールマンでサンシェードを探している方におすすめの商品です。この商品はフルクローズ、フルオープンすることができます。プライベートな空間を作りやすいサンシェードなので、サンシェードの中で着替えたいという方にもおすすめです。メッシュパネルを装備しているため、換気面でも安心です。

キャンパーズコレクション

キャンパーズコレクション カーテン付ワンタッチサンシェード3人用 (クッション2枚付き) 200×150cm CSE-6UPF
キャンパーズコレクション カーテン付ワンタッチサンシェード3人用 (クッション2枚付き) 200×150cm CSE-6UPF
口コミ

海や公園での使用を想定して購入しました。 川遊びで使用しましたが全部閉めれば子どもの着替え場所にも使えました。 テントは両側開けられるので、風通しが良いです。(原文ママ)

キャンパーズコレクションでサンシェードを探している方におすすめの商品です。シルバーコートという遮熱性の高い生地を使用しているだけでなく、デザインはさわやかなボーダー柄になっているため、海に持っていきたいという方にもおすすめです。キャリーバッグは分割するとクッションになります。クッションは2枚ついているため、色々な用途に使えて便利です。

また、この商品はキャビン型のフレームを採用しているため、従来品よりも居住空間が約30%広くなり、圧迫感が少なくなっています。さらに、メッシュ窓部分、フロント、後部がスクリーンで隠せるためプライベート空間にもなります。そのほかにも取り外せるメッシュ棚や、砂が入りにくくなるフロントエッジなどもおすすめポイントです。

ノースイーグル

 North Eagle(ノースイーグル) テント フルクローズワンタッチサンシェード200 NE968
North Eagle(ノースイーグル) テント フルクローズワンタッチサンシェード200 NE968

¥ 5,940

口コミ

夏のレジャー、海や公園などで使用しようと購入しました。 大人4人でも十分入れる位中は広く高さも十分です! 色も素敵なのでとてもいいお買い物だったと思います。(原文ママ)

ノースイーグルでサンシェードを探している方におすすめの商品です。フルクローズタイプのポップアップ式のサンシェードです。背面はメッシュで通気性が良く、さらに背面のシートは巻き上げることも可能です。内側に小物入れのポケットがあるため便利です。

サンシェードの使い方・活用方法・楽しみ方

サンシェードの使い方・活用方法・楽しみ方をご紹介します。

海で

海でサンシェードを使えば、疲れたらサンシェードで気軽に休憩ができて便利です。海や砂浜でサンシェードを使う場合は、砂が侵入しないよう対策されているものを選ぶと後片付けが楽になるためおすすめです。フルクローズができるタイプや下地が折り返してあるタイプは砂の侵入の対策になります。

日焼けを気にする方は日焼け対策ができるサンシェードを選ぶのがおすすめです。商品によっては生地が薄くてUVカットができないものもありますが、遮熱性が高いサンシェードやUVカットの対策がされているサンシェードなどを気にして選ぶのがおすすめです。

公園で

公園に行くときもサンシェードがあると便利です。子供と一緒に近くの公園に行くだけでも、サンシェードがあればレジャー気分が味わえますし、ちょっとしたくつろぎの空間にもなります。夏などに長い時間公園にいる際は、通気性の良いサンシェードを選ぶのがおすすめです。開放部が2つ以上作れるタイプだと、風通しがよくなります。

ピクニックで

ピクニックに行くときもサンシェードがあると色々と使えます。サンシェードはテントの代わりに簡易テントとしても使えます。ゆったりとしたサイズを選べば、中でお弁当を食べることもできます。雨が降りそうな日でも撥水タイプや防水タイプを選べば安心です。

サンシェードを使えばレジャーがもっと楽しくなる!

おすすめのサンシェードを紹介しましたが、気になるサンシェードはあったでしょうか。サンシェードにはたくさんの形や種類があるので、自分の使いたい目的に合わせて選ぶことが大切です。

サンシェードが1つあれば、海や公園、ピクニックなどいろいろな場所で使えます。イベントやフェスなどで使うのも素敵です。車をよくレジャーで使う方は、車用のサンシェードがあればとても便利です。レジャーやイベントをもっと楽しくするために、お気に入りのサンシェードを探してみてください。

Related