Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

ナイロンラインおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「ナイロンライン」は初心者からおすすめのラインです。メリットとデメリットの両方を理解し、より釣りを効率よく楽しむために、この記事を参考にして自分にあったおすすめの「ナイロンライン」を見つけて購入時の参考にしてくださいね。

ナイロンラインおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ナイロンラインの種類と選び方

ナイロンラインおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「ナイロンライン」は、釣り糸のなかの種類の一つです。しなやかな糸なので扱いやすく初心者にもおすすめです。水を吸いやすくダメージを受けやすいですが、どんな釣りシーンでも対応することができます。

ナイロンラインの種類

「ナイロンライン」の種類は1種類です。そのメリットとデメリットを紹介するので参考にしてください。メリットは、しなやかで伸張性があるのでどんな方でも扱いやすいです。適度な直線強度もあるので、引きのショックもしっかりと吸収してくれます。乗せ重視であるのも特徴です。お値段もお手頃価格なのもおすすめのポイントです。

デメリットは、水を吸収しやすいので膨張してしまいます。強度がある反面、耐久性や劣化が早いです。根ずれなどに弱いので釣り場でこまめにチェックする必要があります。また、紫外線でも劣化します。海釣りの場合は1回釣りに行ったら交換するのがおすすめです。長時間放置していても劣化するので、釣り前にはラインチェックが必要です。

釣り糸の強度

釣り糸には強度があります。釣る魚によって強度を大きくする必要があります。釣り糸の強度は太さがメインです。太さは「号数」で示されます。国内メーカーではこの「号数」で表記されることが多いです。数字が大きいほど太いことになります。欧米のメーカーでは、太さでなはく、重さを示すことが多いです。

「ポンド」という単位で表記されます。数字が大きいほどこちらも強度は強いです。目安として、「1ポンド」=「450g」で、「1号」=「4ポンド」と覚えておくと便利です。

ナイロンラインの選び方

「ナイロンライン」を選ぶポイントは、3つあります。1つめは「初心者」です。「ナイロンライン」は扱いやすいので初心者にとくにおすすめのラインです。お値段もお手頃価格なので気軽に購入しやすいです。2つめは「釣りジャンル」です。磯釣りや投げ釣りには「ナイロンライン」を選ぶことをおすすめします。

扱いやすく、魚がエサに食いついた時に違和感を感じにくいので、この2つの釣りシーンにはとても適しています。3つめは「魚の大きさ」です。狙う魚が大きい場合には太さの単位が大きいものを選ぶようにしてください。太くなることで、力に負けず切れにくくしっかりと大物の魚を釣り上げることができます。

ナイロンラインおすすめ人気ランキングTOP3

「ナイロンライン」は釣り売り場でもよく見かける種類の多い釣り糸です。そのなかでも、おすすめの「ナイロンライン」をランキングで3つ紹介します。

ランキング3位:「ダイワ ナイロンライン 」

ダイワ ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m
ダイワ ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m
口コミ

1.5mほどの高さの足場から47cmほどのバスをぶっこ抜きしましたが切れる気配が全くなく強いラインだと思いました!

クリアの「ナイロンライン」です。実用機能を徹底追及したハイスペックなもので、全長500mのボビン巻きなので、絡むことなく使用勝手がいいです。円筒のクリアケースもついているので、収納にも便利です。優れた結節強力もおすすめのポイントです。糸クセのつきにくいしなやかさでどんなシーンにも対応できます。

ランキング2位:「サンヨーナイロン ライン」

サンヨーナイロン ライン エクストラ V-500 1.5号
サンヨーナイロン ライン エクストラ V-500 1.5号

コストパフォーマンスを追求し、高い品質に優れた「ナイロンライン」です。2号から200号まで幅広いバリエーションがあるので、自分の使用目的にあったものを探すことができます。道糸としても、ハリスとしても使用できる強力レベルなので小物から大物まで対応ができるのおすすめです。

ランキング1位:「サンラインマシンガンキャスト」

サンライン マシンガンキャスト 150m
サンライン マシンガンキャスト 150m

厳選されたナイロン素材の「ナイロンライン」です。「号柄別糸質専用設計」により低伸度を重視したつくりになっています。リール馴染みを重視しているので抜群の使用感です。「ニュートリプルレジンプロセッシング加工」により表面の摩擦抵抗を軽減し、ピンスポットキャスト性能を大幅にアップさせています。

また、「UV-R製法」により紫外線による劣化や色落ちを最大限に防止してくれるので、長く使用していただけます。水中では見えにくい「ニューアットブラウニーカラー」を採用しています。均一に使用できる平行巻きを採用した「ナイロンライン」になります。

特徴・用途別おすすめのナイロンライン

特徴・用途別におすすめの「ナイロンライン」を紹介します。自分の使用目的にあった「ナイロンライン」を探して購入時の参考にしてください。

バス釣りおすすめ

東レ(TORAY) ライン バウオ スーパーハードポリアミドプラス 150m 20lb ウォーターメロンライトフロールーセント
東レ(TORAY) ライン バウオ スーパーハードポリアミドプラス 150m 20lb ウォーターメロンライトフロールーセント

¥ 2,160

バス釣りにおすすめの「ナイロンライン」です。長さは150mです。しなやかさと強度バランスを考慮した「ポンド別専用設計」になっています。扱いやすく、初めての方にもおすすめです。「高強度・低伸度」のナイロンラインです。ルアーの動きを妨げないナイロン100%の「スーパーハードポリアミドプラス」を採用しています。

飛距離おすすめ

Rapala(ラパラ) ライン マルチゲームナイロン 8lb 1.5号 300m平行巻ボビンライン クリア DNHXL
Rapala(ラパラ) ライン マルチゲームナイロン 8lb 1.5号 300m平行巻ボビンライン クリア DNHXL

¥ 1,134

口コミ

トラブルなし。 強度、しなやかさちょうどいい。 メバル、バスに使用しました。

表面の抵抗が少ないので、飛距離がでる「ナイロンライン」です。300mの平行巻きボビン巻きで、高性能の「ナイロン」を使用しています。独自の「J7 Micro Resin」を加工しており、カラーはクリアなので、どんな釣りシーンでも対応でき使用勝手もいいです。100mごとにステッカーマーキングが入っているので、初めての方にもおすすめです。少し硬めですが、強度はしっかりとしているので安心して使用していただけます。

巻きグセつきにくいおすすめ

サンライン(SUNLINE) ライン クインスター
サンライン(SUNLINE) ライン クインスター

¥ 994

口コミ

この価格帯のラインの中では圧倒的に使いやすく、ライントラブルも少ない

お値段もお手頃価格で、巻きグセのつきにくい「ナイロンライン」です。強さとしなやかさを兼ね備えた糸は、操作性も優れているので使いやすくどんな釣りシーンでも対応してくれます。初心者からプロの方まで使用していただけます。サイズも2号から20号までと幅広く展開しているので、自分の使用目的にあった「ナイロンライン」を見つけることができます。

また、カラーも「ミントグレー・クリア・ブルー・ピンク・イエロー」とあるので釣りシーンや魚の種類によって使い分けることができるのでおすすめです。

初心者おすすめ

東レ 銀鱗
東レ 銀鱗

¥ 594

口コミ

2mの竿に仕掛けを作りましたが、何の問題も無く作れました、50mあるので当分使えるでしょう有難うゴザイマス。

「ナイロンライン」のなかでもとくに有名な商品です。60年間、信頼を得てきた高品質の「ナイロンテグス」を使用しています。扱いやすく、お値段もかなりお手頃価格なので初心者の方にとくにおすすめの「ナイロンライン」です。柔らかく、しなやかなので結びやすく糸グセがつきにくいのでトラブルも少ない傾向があります。

投げ釣りおすすめ

モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス ソルトウォーター VEP 150m ソルティーブルー
モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス ソルトウォーター VEP 150m ソルティーブルー
口コミ

peライン主流ですが、トラブルの少ないナイロンラインは実用的で気軽に使用できます。

全長150mで、カラーはソルティーグリーンです。根ずれや摩擦に対してとても強い「ソルトウォーターゲーム専用」になっています。投げ釣りにも強い「ナイロンライン」でおすすめです。従来品に比べて約20倍の「耐摩耗性能」を実現しています。摩擦に強い理由は、独自の「VEP製法」を取り込んでいるからです。摩擦に強い「ナイロンライン」を探している方にもおすすめです。

ナイロンおすすめ

サンヨーナイロン アプロード GT-R ウルトラ 100m
サンヨーナイロン アプロード GT-R ウルトラ 100m

耐摩耗性30倍の「ナイロンライン」です。とてもタフな設計で残存強力をしっかりと保持します。あらゆるジャンルのプロの方から高い支持をえている「ナイロンライン」です。極限の状況下でも耐摩耗性の能力を最大限に発揮してくれるのでおすすめです。

オレンジおすすめ

爆釣夢追人 アトミックスライダー投 投鬼プレミアムバージョン
爆釣夢追人 アトミックスライダー投 投鬼プレミアムバージョン

蛍光オレンジのカラーの「ナイロンライン」です。初心者からプロまで扱いやすいラインになります。飛距離をだすことができるので投げ釣りにもおすすめです。高品質なナイロン素材を使用し、すべりがとてもいいです。強度も抜群なので、大きな魚を釣った時に切れないので安心です。サイズも色々ありますが、根ずれが心配な方は5号を選ぶことをおすすめします。

ラインおすすめ

DUEL ハードコア 磯
DUEL ハードコア 磯
口コミ

白色2.5号の道糸を探してたので、これを購入なかなか良いです。

摩擦に強い上級者向けラインです。「ナイロンライン」ではありますが、「フロロカーボンライン」よりも伸びません。伸びにくいので、初期性能がしっかりと最後まで持続します。一度リールに巻いた釣り糸で何回も釣りをしたい方にとくにおすすめです。ですが、通常の「ナイロンライン」に比べると少し硬めなので操作にはコツがいるため上級者向けのラインとなっています。

ベイトリールおすすめ

シマノ アンタレス DC
シマノ アンタレス DC

この「ベイトリール」はナイロンラインもしっかりと巻き取ってくれます。マックス回転数を維持してくれるので飛行距離をしっかりとアップしてくれます。必要な時のみ電子制御でブレーキを掛けるシマノ独自のシステムを採用しています。マグネットや遠心力では得ないブレーキングで、卓越しした遠投を可能にしています。また、側面にもホールを配置した軽くて強い「スプール新形態」を搭載しています。

また、巻き方はレベルワインダーに「ナイロンライン」をとおして、糸テープで固定します。そのあと2回転させてしっかりと組み合わせてください。

巻き付けおすすめ

第一精工 高速リサイクラー2.0
第一精工 高速リサイクラー2.0

¥ 4,320

口コミ

リールの巻きグセも気にせずにすみ、再セットも簡単なので出撃直前にセットできるのでラインへの負担もありません。

「ナイロンライン」など、釣り糸を巻き付ける際におすすめのアイテムです。釣り糸を巻き付ける際に、ボビンの固定は結構難しいです。アイテムを使用しなくても、ペンなどを軸にする方法もあります。巻き取りのテンションは赤いノブを回すことで簡単に調整できるので、操作も簡単でおすすめです。

また、3.5倍速のハンドルがついているので、高速で糸巻きをすることができます。「ナイロンライン」はもちろんですが、強力テンションでリールを巻けるので、ジギング用PEラインを巻く際にもおすすめです。

メバリングおすすめ

ダイワ 月下美人ライン TYPE-N 150m
ダイワ 月下美人ライン TYPE-N 150m
口コミ

いろいろなラインを試しましたが自分にはこのラインがベストな使い勝手のよさです。

低伸度で高感度な「ナイロンライン」です。メバリングにおすすめです。感度を追求した「ナイロンライン」なので、小さななアタリも逃しません。ナイロン特有のしなやかさをしっかりと残しているので、扱いやすく初心者にもおすすめです。巻きグセもつきにくいので、ナイトフィッシングでのトラブルを軽減してくれます。

カゴ釣り

デュエル カーボナイロンライン CN500 500m 3号 クリアー
デュエル カーボナイロンライン CN500 500m 3号 クリアー

¥ 702

口コミ

コスパ良し!サビキ釣りやらカゴ釣りやらで使ってますが安いのでガンガン巻き直しできるので重宝しております。

吸水性と擦れに強い「カーボナイロン」を使用したナイロンラインです。「感度・耐久性・使用感」この3つに優れている「カーボナイロン」をしているので、さまざまな釣りシーンで使用していただけます。カゴ釣りにもおすすめのナイロンラインです。小さなアタリも逃さないのもおすすめのポイントです。

スレに強いおすすめ

サンライン(SUNLINE) シューター DEFIER 85yd
サンライン(SUNLINE) シューター DEFIER 85yd

¥ 1,296

この「ナイロンライン」はアメリカの「バスマスターエリートシリーズ」を戦う「清水盛三さん」がプロデュースしたラインになります。優れたキャスト性能で、ファストムービングルアー全般を快適に使用できる優れているので使用勝手がとてもいいです。「ナイロンライン」のデメリットでもある、スレ問題にもしっかりと対応し、感度にも優れています。

また、糸さばきや扱いが簡単なので初めての方にもおすすめです。飛行距離も抜群なのでよく飛びます。カモフラージュカラーの「グリーン」なので、アタリがいいのもおすすめのポイントです。

トラウトおすすめ

サンヨーナイロンラインアプロードGT-R
サンヨーナイロンラインアプロードGT-R

¥ 3,024

口コミ

ライン自体はしなやかで、結構強いのでかなり使いやすいです! 値段もお得なのでかなりオススメです!

トラウトに最適なスーパーファインサイズに対応しています。ハリス同様の「強力・柔軟性・高感度」を兼ね備えた超パワーラインになります。摩擦強度は通常のナイロンの約20倍になります。エサを自然に漂わせるために柔軟性にもとても優れているのでおすすめです。小さなアタリもしっかりと伝える高感度は初めての方にもおすすめです。カラーがピンクなので女性にもおすすめです。

安いおすすめ

モーリス バリバス スーパーソフト 100Y
モーリス バリバス スーパーソフト 100Y

¥ 1,188

口コミ

しなやかの一言につきます。適度に水面下に沈むので使いやすい。古くから使ってますが、最近釣具屋に置いている所がなくアマゾンで買いました。早く送ってもらえるので助かります。

お値段もお手頃価格の「ナイロンライン」です。実戦で扱いやすいソフトラインになります。MA製法によりソフトラインの弱点である強度面もしっかりと補っています。しなやかなので、初心者にもおすすめです。スベリがよいためキャスト時の飛行距離もしっかりとでます。カラーは「クリアブルー」なので、海水にもなじみやすいです。

粘り強さおすすめ

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン TD ヘビーコンタクトII 100m 3.5号 14lb ステルスグリーン
ダイワ(Daiwa) ナイロンライン TD ヘビーコンタクトII 100m 3.5号 14lb ステルスグリーン

¥ 1,134

口コミ

ベイトリールに巻いて使用していますが、いまのところトラブルはありません。しかも、丈夫でカバー打ちに重宝しています。

伸びがとてもよく、粘り強さがとてもいいと定評のある「ナイロンライン」です。急激なショックにも耐えられるので、投げ釣りにもおすすめです。「耐摩耗性向上剤」を配合しているんで、強さをしっかりと実現しています。カラーは、太陽光での相性が抜群にいい「ステルスグリーン」です。水に溶け込むカラーなので違和感なく釣りを楽しむことができます。

おすすめのナイロンラインのメーカー3つと代表製品

「ナイロンライン」にはさまざまなメーカーがあります。そのなかでもおすすめのメーカー3つと代表製品を紹介します。

東レ

東レ 銀鱗スーパーストロング ネオ 150m
東レ 銀鱗スーパーストロング ネオ 150m

「東レ」は、1926年に設立したメーカーです。老舗のメーカーなので、実績も多く安心して使用していただけます。多くの繊維を製造、販売しています。この「ナイロンライン」は、全長150mで、カラーはゴールドです。リールに巻かれた状態から最高の状態で使用可能なソフト感をだせる平行巻きしようになっています。

バークレイ

バークレイ トライリーンゼット 150m クリア
バークレイ トライリーンゼット 150m クリア
口コミ

去年からこのラインを使うようになりました。ナイロンラインなのにフロロ並みの低伸度なので今年の夏はトップでも使いたいです!

「バークレイ」は、釣り具の総合メーカーです。1998年7月に設立したメーカーです。種類豊富に展開しているので、自分にあった商品を探すことができます。この「ナイロンライン」は、高感度と低伸度によって水のなかでの様子がしっかりとわかります。小さなアタリも逃さない繊細なつくりになっています。「強度・高耐久性・結束強度」この3つの最高クラスの「ナイロンライン」です。2回にわけて使用できる75mのマーキング付きなので使用勝手がいいです。

サンライン

SUNLINE ライン 磯スペシャルビジブルプラス
SUNLINE ライン 磯スペシャルビジブルプラス
口コミ

2~3回の釣行で巻き替えてます この価格ならバンバン巻き替えても大丈夫ですね 新しいラインは安心してやりとりができます^

「サンライン」は、1977年に設立したメーカーです。釣り用品を多く製造と販売しているので、種類も多く国内メーカーなので、安心して使用していただけます。この「ナイロンライン」はカラーがパッションオレンジで派手なので見やすいのもおすすめのポイントです。オレンジなので、釣りをしていてもしっかりと釣り糸を確認することができます。

また、超破水加工されているので水切れがよく釣り竿に張り付く心配もありません。「フレキシブルソフト糸質設計」によってリールの巻きグセがつきにくいのもおすすめです。

ナイロンラインの使い方・活用方法

「ナイロンライン」はお値段も安く、いろいろな釣りシーンで対応できるため扱いやすくおすすめです。ですが、すぐ伸びてしまうため、アタリが手元に伝わりづらいことがあります。なので、使い方の注意点として何回も同じ「ナイロンライン」を使用するのではなくこまめに交換する必要があります。また、紫外線でも劣化するので海釣りの際もこまめに劣化のチェックをしてください。

釣り糸の結び方

釣り糸にはいくつかの結び方があります。しっかりと糸を結ばないとせっかくの魚も逃してしまいます。慣れるまでは難しいですが、つの方法を紹介するので参考にしてください。

サルカン結び・ループノット

1つめは、シンプルな結び方で短い時間でできるのが「サルカン結び」です。「サルカン結び」はサルカンなどの仕掛けの器具をラインに結ぶ際に使用するノットワークの総称です。結び方は、ラインを仕掛け機具のリングに通し、ループを作ります;輪の中にラインを数回通していくだけで完成です。覚えればとても簡単な結び方になります。

2つめは、「ループノット」です。釣り糸を結ぶ際に結び目がルアーと密着せず、輪っかができることで自由度が高くあるのでアクションなどの妨げを軽減する結び方のことです。とくに「スプリットリング」がついていないルアーにおすすめの結び方になります。

電車結び

3つめは「電車結び」です。釣り糸同士を結びつける方法です。ショックリーダーなどを使用する際におすすめで、簡単にできます。「電車結び」は「ダブルユニノット」とも呼ばれています。初心者でもわかりやすい繰り返すという方法の結び方なので、釣り初心者にもおすすめの釣り糸の結び方になります。

あらゆる釣りで「ナイロンライン」を活用しよう

釣りをする際に、竿やリールばかりに目を向ける方が多いですが、釣り糸もとても大切なアイテムです。「ナイロンライン」はあらゆる釣りシーンで使用できる、釣り人からも親しまれているラインです。メリットとデメリットの両方を理解して「ナイロンライン」の特徴を知ることで、釣りをより楽しくすることができます。

自分の釣りたい魚や、自分の感覚にあった「ナイロンライン」を探していい魚をいっぱい釣ってください。

Related