Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月19日

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールはやや上級者向けのリールで、扱いづらいのが特徴です。最近では扱いやすいものも増え、初心者にもおすすめしたい商品がいくつか登場しました。磯釣り・ルアー・バス釣りを楽しみたい方のために、今回はベイトリールのおすすめについて紹介していきます。

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールってどんなリール?

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現在日本で釣りを行っている方のほとんどが、「スピニングリール」と今回紹介していく「ベイトリール」を使用しています。初心者でも扱いやすくラインが竿に対して横巻になっているスピニングリールと比べると、ベイトリールは上級者向けのやや扱いづらいリールとなっています。

ベイトリールは主にバス釣り・磯釣り・ルアー釣りに使われるリールで、ラインを縦巻き回転するのがスピニングリールの特徴と大きく異なっています。縦巻きになている事で力強い巻き上げを行う事ができますが、ルアーなどの投げ込み時にバックラッシュっと言うラインのトラブルが頻発しやすい事から、初心者には扱いづらい代物と言われています。

ベイトリールの種類と選び方

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールはラインの放出をクラッチを抑えるだけで簡単に行う事ができるので、スピニングリールを操るよりも簡単だと言う意見もあります。しかし、スプールの回転速度がルアーや餌などの発射速度を上回ると、スプール付近でラインが絡まるなどのトラブルが多発しやすくなっています。

そのためベイトリールを選ぶ際には、バックラッシュを予防するための措置が取られた種類のものを選ぶと良いでしょう。まずは自分の信頼するリールメーカーなどをあたり、パフォーマンスの高いアイテムを探してみましょう。

ベイトリールの種類

ベイトリールを大きく種類分けすると、「ローギア」と「ハイギア」の二種類に分けられます。この二つの違いはギア比にあり、ハンドルを1回転させたときにリール元のスプールが何回転するのかを意味しています。

ローギアは、ハンドルを1回転させたときのスプールの回転力が低く、巻取りの長さは比較的短くなっています。しかし、パワフルなパフォーマンスをしてくれることから、大物狙いの時に活躍するリールと言えるでしょう。

そしてハイギアはローギアの反対で、ギア比の数値が非常に高いため1回転で巻き取れる長さは比較的長めとなっています。しかしパワーが小さくなるため、ライトジギングや小型~中型狙いの時の使用をおすすめします。

ベイトリールの選び方

ベイトリールの選び方は、本体のパフォーマンスに委ねると良いでしょう。ギア比だけでなく最大ドラグ力や自重・巻取りの長さ、さらに骨組み部分の素材などに注目すれば、自身の目的に見合ったアイテムが見つかります。

また、自分の所持するラインやルアーなどとの兼ね合いも考えていくと、余計な出費をしないで済みます。特にルアーの重さはバックラッシュなどのトラブルの火種を作る理由の第一にあげられるため、自身の持つルアーの重さと、ライン放出の潤滑さやパワーなどに気を付けて選択していく事をおすすめします。

ベイトリールの使い方と練習方法は?

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールでの釣りの特徴は、的確に狙えてパワーがある事です。しかし非常に扱いが難しいので、スピニングリールの何倍も練習する必要があります。釣り自体初心者の方にはあまりおすすめでないのはこのためです。

初めて扱う方は、サミングから徐々に練習していく事をおすすめします。まず通常どおり竿を立ち上げ、ラインの先端部に20gほどの重りをつけます。次にメカニカルブレーキを少し強めにかけて、クラッチを切りましょう。そしてその状態からブレーキを少しずつ緩めると、重りの力でするするとラインが引き出されていきます。

そして引き出されるラインを親指で抑えたり放したりして、徐々に感覚をつかんでいってください。段々とラインの操作方法がわかれば、実践でも活用する事が可能になります。まずは家の庭や人気のない広い場所で練習する事をおすすめします。

ベイトリールはどう活用して楽しんだらいい?

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールの楽しみ方と言えば、やはり力の強い大物との格闘時です。通常のスピニングリールの耐久性では一気に引き上げる事が難しかった大物でも、パワフルなパフォーマンスができるベイトリールであれば、一気に引き上げる事ができます。

また、ベイトリールはラインの放出がされづらい性質もあるため、釣り人の多い場所でもラインがらみをせず自分の釣りを楽しむ事ができます。また、狙った場所を的確に放りに行く事ができるので、バス釣りや渓流釣りなどにおすすめします。

スピニングリールでは限界のあるパフォーマンスがしたい、パワフルな釣りがしたいと言う方は、ベイトリールを使用する事を検討してみてください。下記より、おすすめのメーカーや商品について紹介していきます。

おすすめのベイトリールのメーカーはどこ?

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールは手掛けている会社によってそれぞれ特性が異なってくるので、自分の指先や感覚などにマッチするものを見つける必要があります。比重だけでなくドラグ力やギア比など、注目する点はさまざまにあります。

ここからは、おすすめのベイトリールメーカーとそのメーカーが手掛けるオーソドックスなベイトリールについて紹介していきます。デザインや性能の異なる各メーカーのベイトリールの特徴について見ていきましょう。

シマノ

シマノ ベイトリール 17 バスワンXT 150
シマノ ベイトリール 17 バスワンXT 150

¥ 9,800

口コミ

ブラック◯ックスや安メーカーのベイトリールをいくつか投げてきましたが投げやすさや、ストレスのなさはズバ抜けてバスワンが良かったです。

大手の釣り具メーカーとしてして知られるシマノは、世界でも評価を受ける自社独自の自転車部品に使用された技術を駆使し、釣り人を唸らせるベイトリールを日々開発しています。特に、巻き心地・速度・強度の三点に特化したメーカーとして知られています。

シマノの開発するベイトリールの中で、最もオーソドックスで初心者向けなのは「17バスワンXT 150」です。メーカー最安値の商品の一つで、自重210g・ギア比7:2:1・最大ドラグ力5.0㎏と安定したスキルを持っています。バックラッシュと塩ガミ防止の措置もしっかりとされています。安定の技術で釣りを楽しみたいのなら、シマノの商品をおすすめします。

アブガルシア

アブガルシア ベイトリール 16 BLACKMAX-L
アブガルシア ベイトリール 16 BLACKMAX-L

¥ 11,340

口コミ

普通に、使えます。必要最低限のスペックは有ります。お値段以上です。

スウェーデンの時計職人によって作られるアブガルシアのベイトリールは、ヴィンテージの時計を思わせるようなデザイン性の良さと、安価な商品が多い点で優れているベイトリールメーカーです。ベイトリール初心者や中距離での使用を目的とする方におすすめしたいメーカーでもあります。

アブガルシアの中でもエントリーアイテムと言えるのが、こちらの「16 BLACKMAX-L」です。自重202gにドラグ力が6kg、最大ライン巻取りが66cmと、扱いやすいスペックだと言えるでしょう。バックラッシュ対応のため、マグネット方式のブレーキシステムを搭載しています。

ダイワ

ダイワ ベイトリール バレッタ 100H
ダイワ ベイトリール バレッタ 100H

¥ 10,260

口コミ

コストパフォーマンスはよいと思います。ブレーキもほどよく聞いております。

大手ベイトリールメーカーのダイワは、SVコンセプト(軽量のルアーをバックラッシュなしに投げられる技術)やTWS(Tシェイプレベルワインドを半回転させる技術)と言った独特な技術を持っているのが特徴です。淡水・海水用とシチュエーションを想定し、最適なスキルを持ったベイトリールを開発しています。

そんなダイワが低価格で初心者にも扱いやすい商品として提供しているのが、「バレッタ 100H」です。最大ドラグ力が4kgと3社の中でも限界がやや心配になりますが、ギア比・自重・巻取り長さ共に安定した数値を保っています。

ベイトリールのおすすめ人気ランキングTOP3

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ベイトリールのおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。

3位:「メガバス MONOBLOCK 」

メガバス ベイトリール MONOBLOCK ITO-GAMBLER R 33659
メガバス ベイトリール MONOBLOCK ITO-GAMBLER R 33659

¥ 99,900

ベイトリールは精密機器であるため、値段が張ってしまうのは仕方の無い事です。しかし、逆に言えば値段の高いものほど精度・デザイン共に保証されたものとなっていると考える事も可能です。

メガバスと呼ばれる会社が製作したこちらの「 MONOBLOCK ITO-GAMBLER R 33659」は、金と黒の美しいフォルムに高いパフォーマンス能力を持つ一級品です。小型~中型魚に狙いを定めたスペックをしており、磯・堤防・渓流などの釣りを楽しみたい方におすすめします。

2位:「ダイワ ブラックバス スティーズ」

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ブラックバス スティーズ SV TW 1016SV-H
ダイワ(Daiwa) ベイトリール ブラックバス スティーズ SV TW 1016SV-H

¥ 64,260

口コミ

気持ち悪い!いや、気持ちいい!いや、気持ち悪い気持ちよさ・・・

ベイトリールに慣れてきた方は、思い切ってハイエンドモデルタイプのアイテムに切り替えると釣りの可能性が広がります。ダイワが開発した「ブラックバス スティーズ SV TW 1016SV-H」は、初心者向けのベイトリールに慣れてきた方にぜひおすすめしたい一品です。

自重160gと驚くべき軽量化に成功していながらも、「TWS」や「SV CONCENT」「エアブレーキシステム」などの装備を携えており、性能の高さは最高クラスと言えるでしょう。塩分付着時のクラッチ作動のトラブルにも備えているため、海釣り、川釣り共に可能なおすすめのアイテムとなっています。

1位:「シマノ アンタレス DC HG」

シマノ  ベイトリール 16 アンタレス DC HG
シマノ ベイトリール 16 アンタレス DC HG

¥ 82,080

口コミ

トラブルが少なく飛距離も伸びて自分的にはこのリールが最強!6万出す価値ありますよ!

ベイトリールかいの中でも最優秀の成績で、トラブル知らずのシマノ開発「アンタレス DC HG」を、今回紹介するおすすめのベイトリールとして第一位に挙げます。ギア比5.6:1に最大ドラグ力6㎏とスペックはそこそこですが、使用した方の多くは「素晴らしい」と感嘆しています。

シマノが何よりこだわったのは、ブレーキシステムや巻き心地などのスムーズさです。不具合や動作不順・少しの感覚の乱れも敏感に感じってしまう釣り人のストレスを少しでもや和らげるべく、DCブレーキやX‐SHIPと言ったシマノ独自の最高技術を施しています。ただ一つ欠点を挙げるなら自重ですが、多くの方におすすめしたい逸品となっています。

特徴・用途別に見るおすすめのベイトリール

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

特徴・用途別におすすめのベイトリールを紹介します。

ソルト対応をしているベイトリール

アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-L
アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-L

¥ 37,260

口コミ

思ったとおりに操作が出来て釣果が上がりました。今では私の相棒となってます。

海での釣りは潮風などによるリールの劣化が心配されます。そのため、錆防止用の塗料や錆びにくい素材を使って作られたベイトリールで釣りに挑戦する事をおすすめします。また、ブリやカンパチ・スズキなどの大型魚を狙う方は、ドラグ力の大きいものを選ぶと良いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、アブガルシアから発売された「ビッグシューター コンパクト」です。ギア比8.0:1・最大ドラグ力7kg・巻取り長さが83cmのスペックで、大物のロックフィッシュゲームにも対応できます。アルミのボディにチタンを重ねているので、潮で腐食する心配もありません。

タコ釣りにおすすめのベイトリール

シマノ リール ソルティーワンHG
シマノ リール ソルティーワンHG

¥ 11,232

口コミ

デザインが良くて格好いいので良かったです。性能の方も申し分ないです。

オクトパッシングは一見すると地味ですが、海底を手探りで歩き回る感覚と食す時の幸福感がたまらないと言う方も多く、意外にもたくさんの方が楽しんでいます。慎重に行わなければ根掛かりなどのトラブルも多いですが、ベイトリールはクラッチを抑えるだけでラインを操り手返しがしやすくなるため、コツのいるオクトパッシングにぜひおすすめしたいアイテムです。

シマノの「ソルティーワンHG」は、タコだけでなく海岸に潜む獲物を狙うのにも適したおすすめのアイテムです。スペックはライトショアジギング程度のもので、スプールの着脱や手入れのしやすさが釣り人に好まれています。

ライトショアジギングにおすすめのベイトリール

ダイワ リール ヴァデル ベイジギング 100SH
ダイワ リール ヴァデル ベイジギング 100SH

¥ 19,980

口コミ

軽くて、握りやすく、値段的にも文句ありません

比較的軽量のジグ・プラグを使用して海岸から獲物を狙うライトショアジギングは、釣れる魚の種類多さや高級魚が狙える点がメリットとなり、多くの釣り好きに親しまれているフィッシングです。ダイワの「 ヴァデル ベイジギング 100SH」は、シーバスや小型の青物など、近海の海に潜む獲物を狙うのに適したおすすめのベイトリールとなっています。

本体は、ギア比7.1:1・最大ドラグ力5kg・自重が248gと小型~中型の獲物に適したスペックとなっています。そのため耐久性に欠けている所もあるため、中型~大型のフィッシングにはあまりおすすめできません。

バス釣り用のおすすめベイトリール

アブガルシア  ベイトリール REVO ALC-IB7
アブガルシア ベイトリール REVO ALC-IB7

¥ 38,880

口コミ

海水淡水両用ですので使い勝手が良さそうで色々な場面で活躍してくれそう。

淡水好きの釣り人なら誰もが挑戦するバス釣りは、その需要の多さに比例して各メーカーがバス釣り用のベイトリールを開発し、提供しています。その中の一つであるアブガルシアの「Revo ALC-IB6」は、バスのみならずオールラウンダーに使用する事ができ、淡水釣り好きのおすすめ品として名を馳せています。

ギア比6.4:1・最大ドラグ力7kgとパワフルながら自重149gの超軽量で、持ち運びもらくらく行えます。また遠心ブレーキシステムとマグネットブレーキを搭載し、セッティングも簡単です。獲物がかかった時のドラグクリッカー音がたまらない・ぜひおすすめしたいと言う声もあがっています。

渓流釣りにおすすめのベイトリール

ダイワ リール 14 SS エア 8.1
ダイワ リール 14 SS エア 8.1

¥ 49,896

口コミ

このお値段でこの性能おどろきでっす。ベイトフィネスリールでノーマルでもフラストレーションも感じられない。

近年雑誌でも取り上げられつつある「渓流ベイトネフィス」は、狭い箇所に狙って放り、素早い巻き上げ作業ができるようなベイトリールを使用して行うのがおすすめの方法です。そのためには、「キャストコントロール」と「手返し」に優れたアイテムを選ぶと良いでしょう。

ダイワから発売された「ダイワ リール 14 SS エア 8.1」は、渓流釣りに必要なスペック2つを携えたおすすめのアイテムです。ギア比8.1:1のハイギア仕様で、最大ドラグ力4kgに自重:145gと、非常に軽量ながら巻取りのへの自信はあります。大型の少ない渓流におすすめのアイテムと言えるでしょう。

ライントラブルに強いベイトリール

ダイワ ジリオンSV TW 1016SV-XXHL
ダイワ ジリオンSV TW 1016SV-XXHL

¥ 41,904

口コミ

フロッグ専用で使っているんですがかなりいいです!すぐ巻けるのでRUN&GUNできて最高です

ベイトリール使用者にとって一番怖いのが、ライントラブルです。スピニングリールに比べるとスプールの露出部分が少ないため、バックラッシュなどのライントラブルに見舞われるとその場で修理しづらいのが難点となっています。そのためバックラッシュに強い、安定したパフォーマンスができるものを選ぶ事をおすすめします。

ダイワから発売されたベイトリール「ジリオンSV TW 1016SV-XXHL」はハイギアタイプのものですが、バックラッシュなしにしっかりとラインを投げた方向に飛ばしてくれる優れものです。10g前後のルアーでも、軽々と放る事が可能となっています。風の中でもしっかりと飛ばしたいと言う方に、こちらのアイテムをおすすめします。

ハイギアでおすすめのベイトリール

シマノ 12 エクスセンス DC
シマノ 12 エクスセンス DC

¥ 48,492

口コミ

状態もかなり良いです、いままでにない飛びと設定のしやすさが気に入ってます。満足!!

昔に比べ近年ではギア比の味方が厳しくなり、6越えでハイギアと呼ばれていたものが現在ローギアとして扱われています。そのためハイギアを手に入れたい時は、ギア比を厳しくチェックしていく事をおすすめします。

シマノより発売された「12 エクスセンス DC」は、ギア比8:1の超ハイギア仕様で、アグレッシブなフィッシングを楽しむ事が可能となっています。「スタンダードPEモードや」「フロロラインモード」他、7つのブレーキモードによってバックラッシュを回避してくれるため、トラブルを引き起こす可能性も極めて低くなっています。

激安のおすすめベイトリール

AOTSURI リール 穴釣り 糸付ベイトリール
AOTSURI リール 穴釣り 糸付ベイトリール

ベイトリールは釣り歴や個人との相性にもよるため、どうしても肌に合わない方も多く存在します。しかし使ってみないと分からないため、なるべく安くベイトリールを購入して試し程度に使用してみる事をおすすめします。

そんな時におすすめするのが、アオツリが販売する「穴釣り 糸付ベイトリール」です。基本的な動作はやはり値段の高いものに劣りますが、1000円以下で購入できると言う強みを持っています。しかし、本来の使用方法は穴釣りとなっているため、過度な状況下での使用はあまりおすすめできません。

ベイトリールで釣りを楽しもう!

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今回はベイトリールの使い方や選び方、おすすめのベイトリールのメーカー・使用状況によるベイトリールのおすすめについて紹介していきました。自分の目的や理想にかなったおすすめのベイトリールを見つける事はできたでしょうか。

スピニングリールよりも扱いづらいベイトリールは、リール本体だけでなくルアーの重さや天候・狙う獲物などについても考えて使用していかなければなりません。釣り自体が初心者の方にはあまりおすすめできませんが、スピニングリールには飽きた・もっとハードな釣りを楽しみたいと言う方には、今回紹介したベイトリールを挑戦してみる事をおすすめします。

釣りは海難・水難などの危険が伴うので、まずはリ安全面についてしっかりと準備してから釣りに臨みましょう。そして、おすすめのベイトリールと共に、アクティブな釣りライフを楽しみましょう。

Related