Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エギングはロッドで決まると言っても過言ではありません。そんなエギングロッドの選び方のポイントやエギングロッドの人気ランキング、エギングロッドの特徴別おすすめ商品、エギングロッドのメーカーやメーカーおすすめ商品、エギングロッドの扱い方を紹介します。

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エギングロッドの種類と選び方

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

釣りで人気があるのはエギングです。エギングとはエギというルアーを使ってイカ釣りをすることですが、ロッドはどんなものを使っていますか。エギングではロッドによって釣果が変わるとも言われています。そこでエギングロッドについて解説します。

エギングロッドの種類

エギングロッドはさまざまなメーカーが製造、販売しており、全てのエギングロッドから選ぶとなると何百種類にもなってしまいます。エギングロッドと言っても長さやロッドの硬さ、エギングするフィールドによって異なります。そんなエギングロッドを選ぶときのポイントを解説します。

エギングロッドの選び方

エギングロッドを選ぶ際のいくつかのポイントを紹介します。

重さで選ぶ

ロッドの重量によって選びます。エギングロッドはじっとさせていることはあまりありません。ロッドをしゃくってイカを誘うのであまりにも重いロッドだとしゃくりをしているだけで疲れてしまいます。

軽量のロッドを選ぶことでロッドの扱いが楽になります。ロッドの重さを確認するためには自重という記載を見ましょう。軽くなればなるほどロッドの素材も高級で値段も高くなります。

エギングでスタンダードな重量は約120gなので、その前後の自重のものがおすすめです。重さと重要になるのはロッドの重心です。商品によって重量が前にあるものや後ろにあるものがあります。リールをつけたときに手元に重心がくるものが扱いやすくておすすめです。ロッドだけではなくリールを装備したときの事も考えて選びましょう。

長さで選ぶ

ロッドの長さはft/フィートやインチ/inchで表されます。1フィートは約30cmで1インチは約2.5cmです。したがって、12インチは1フィートとなります。ロッドのスタンダードな長さは8~9 ftになります。多くのフィールドで対応できる長さです。長すぎるロッドはその分重量も重たくなってしまうので、しゃくりが必要なエギングでは負担になります。

短めのロッドは軽量でしゃくりがしやすいのがメリットです。しかし、足場の高いフィールドでは使いづらくなります。エギングをするフィールドやアクションのしやすさによって選ぶのがおすすめです。

ロッドの全体の長さも重要ですが、グリップエンドの長さも確認しましょう。グリップエンドとはロッドのエンド部分であまりこの部分があまりにも長いと肘が当たったりして使いにくくなります。店頭などで実際にロッドのグリップを握って確かめるのがおすすめです。

硬さで選ぶ

ロッドはそれぞれ硬さが違います。通常、エギのサイズ3.5号を基準にして選びます。エギングをするときのエギのスタンダードサイズが3.5号なので、一番使うであろうサイズを基準に選ぶのがおすすめです。

ロッドが硬いとロッドの感度が良くなり当たりがあってもすぐに感じられる点です。ただ、腕の力も必要となるので柔らかいロッドほど、扱いも簡単になります。柔らかすぎるロッドは投げやすいが、アクションが伝わりにくくしゃくりの動きが難しくなります。

ロッドの表示

ロッドの硬さはそれぞれのロッドに表示されています。Lはライトで1.5~3号の小さいエギにおすすめです。MLはミディアムライトで1.8~3.5のエギに対応しています。軽いのでアクションがしやすく力のない方でも扱いやすいのがメリットです。

Mはミディアムで2.5~4号のスタンダードなエギサイズに対応しているエギングロッドです。MHはミディアムハードで少し硬めのエギングロッドです。大型のイカを狙いたいときにもおすすめできます。エギングロッドの硬さで迷う場合は、スタンダードなミディアムがおすすめです。

ガイドの種類で選ぶ

ガイドとはロッドについているラインをとおるパーツのことです。ガイドによってエギングロッドを選ぶのもひとつの方法です。よく使われているのがKガイドですが、Kガイドとか糸が絡まりにくくするために傾斜になっているリングのことです。ガイドによってラインの絡みトラブルも変わってきますので、エギングロッドのガイドもきちんと確認しましょう。

リングはラインがとおる輪の部分でSicリングとはシリコンカーバイドで作られたリングです。こちらも糸が絡みにくく耐摩耗性に優れておりラインがとおる時に起こる熱も放出します。その他、トルザイトリングガイドというものもあります。これは高級と言われるロッドに採用されていることが多く、摩擦抵抗が少なく耐摩耗性にも優れておりライントラブルが軽減できます。

ガイドの重要性

ガイドは何度もラインが触れることによって擦れてきたり劣化したりしてきます。あまり値段の安いロッドを買うとラインの消耗が早く糸が切れたりというライントラブルに見舞われます。できれば品質の良いガイド選びをおすすめします。

素材で選ぶ

エギングロッドの商品詳細を見るとカーボン含有率と記入されています。これはカーボンファイバー、つまり炭素繊維のことで、その素材がどのくらい含まれているかを示している物です。このカーボンファイバーが多く含まれていることによって軽くて耐久性のあるロッドに仕上がります。

カーボンファイバーの他にはグラスファイバーで作られているものもあります。グラスファイバーとはガラス素材でカーボンと比較すると重量は重くなります。しかし、柔らかくしなやかに仕上がります。これらの素材を合わせて作られるエギングロッドはそれぞれの含まれる比率によってロッドの硬さや重量が変わってきます。

含有率を見るとややこしいので、どのくらいの硬さのロッドがよいかの基準決めて、これより硬いものが良い場合は、カーボンファイバーの含有率の数字がそれよりも高い物を選ぶのがおすすめです。

調子で選ぶ

調子とはロッドテーパーのことです。ロッドに負担がかかったときにどのように曲がるかをあらわしたものになります。スローテーパーとはロッドの根本部分の近くから曲がるタイプで、腕の力が少なくても扱いやすいロッドです。ゆっくりとしたしゃくりがしたいときにおすすめです。

ファーストテーパーとは先端部が曲がるタイプです。そのため、穂先に負担がかかるとロッドを持つ手にも負担がかかります。細かくしゃくる動作がしたいときにおすすめのタイプです。メーカーによってはテーパーの記載がないエギングロッドがあります。その場合は、メーカーが最適なテーパーで作製しているのであまり気にしなくても良いでしょう。

強度で選ぶ

エギングロッドを購入してすぐに破損すると悲しいです。できれば強度が高いエギングロッドを選びたいです。強度の高いロッドとは柔らかいロッドの方がしなるので折れにくくなります。硬くなるともろくなってしまいます。また、ロッドコーティングがしっかりされているものは傷がつきにくく、素材によっても強度は変わってきます。

ロッドを長持ちさせるためには、あまり安物は買わないのがおすすめです。リーズナブルなロッドは、耐久性に問題があったり重たくて扱いにくくライントラブルなどで破損してしまう可能性も高くなります。強度を重視するならばある程度のレベルのエギングロッドがおすすめです。

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3

人気のおすすめエギングロッドのランキングトップ3を紹介します。

第3位:「アブガルシア タコスフィールド 」

アブガルシア(Abu Garcia) エギング ロッド スピニング タコスフィールド TKFS-762H
アブガルシア(Abu Garcia) エギング ロッド スピニング タコスフィールド TKFS-762H
口コミ

早速2.1㌔釣れましたがまだまだ余裕ありますね 軽いのにパワー有り いつもの肩こりもなし サイコー(^^)/

蛸釣りにもエギングにもおすすめのロッドです。ティップは柔らかく綺麗にしなります。ルアーは180グラムまで対応できます。オクトパスフィッシングの名人と共同開発したタコ専用のロッドです。

第2位:「ダイワ リバティクラブ 862MH 」

ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862MH
ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862MH
口コミ

とても良い商品でした。早速みずいかをヒット!1.3Kgを釣りました。

アオリイカなど堤防からのエギングにおすすめのロッドです。使いやすいロッドなので初心者の方にもおすすめのエギングロッドです。飛距離やパワーを兼ね備えたアウトガイド仕様です。

第1位:「シマノ セフィア BB S806M」

シマノ エギングロッド セフィア BB S806M 8.6フィート
シマノ エギングロッド セフィア BB S806M 8.6フィート
口コミ

手頃な価格で良い竿を手に入れました。 本当に軽くて扱いやすいオールラウンダータイプです。ライトタックルでも充分使えます。

軽量なので操作性が高いエギングロッドです。軽量なのでしゃくりがしやすく腕の疲労も軽減できます。高い弾力率の高い素材を使ったワンランク上のエギングロッドです。

特徴・用途別おすすめのエギングロッド

エギングロッドは商品によってさまざまな特徴があります。その特徴別に見たおすすめエギングロッドを紹介します。

安い

値段にこだわりたいならリーズナブルなエギングロッドがおすすめです。

メジャークラフト エギングFCS-862E

メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-862E 釣り竿
メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-862E 釣り竿

¥ 6,912

口コミ

45〜60cmの鰆を、4匹上げました。 折れるかどうかのせめぎ合いが、楽しかった。ジグは21g この値段、good。

スタンダードなエギ、3号や3.5号に対応しているエギングロッドです。遠投もできるので広いポイントでのフィールドにもおすすめです。黒鯛や根魚、青物にも活用できます。一年中、さまざまな釣りを楽しめるコスパの高いエギングロッドです。

初心者

初心者におすすめの扱いやすいエギングロッドです。エギング初心者の方はスタンダードなエギングロッドから始めましょう。

ダイワ ロッド リバティクラブエギング 862M

ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862M
ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862M
口コミ

メインで海釣り公園に行っていますが、今までよりも成果が上がりました。満足しています。

釣りを多くの人に知って貰いたいと作られたエギングロッドはスタンダードな機能が揃ったコスパの高いロッドに仕上がっています。エギングの初心者にも扱いやすくておすすめです。堤防や護岸などでのエギングにもおすすめです。

エバーグリーン

エバーグリーンのメーカーでおすすめのエギングロッドは、やはりインペリアルシリーズです。

エバーグリーンポセイドンスキッドロウ

エバーグリーン ポセイドン スキッドロウ インペリアル NIMS-90L スラックマスター90
エバーグリーン ポセイドン スキッドロウ インペリアル NIMS-90L スラックマスター90

¥ 63,720

口コミ

これは凄い竿ですわ。想像以上に軽く、ジャークも楽、軽く投げて遠くのシモリを攻めれるし、水中の様子が手に取るようにわかります。遠くの新子の微かなアタリもはっきりわかります。

ワンランクのエギングをお求めの方におすすめのエギングロッドです。もう少し長さが欲しい、もう少し飛距離が欲しいなどさまざまな要望に応えたロッドです。

オリムピック

品質が良くリーズナブルな商品も多いオリムピックは、エギングロッドをトータルバランスで考えた時におすすめです。

グラファイトリーダー カラマレッティー

Graphiteleader(グラファイトリーダー) カラマレッティー GCRS-832ML-S GCRS-832ML-S
Graphiteleader(グラファイトリーダー) カラマレッティー GCRS-832ML-S GCRS-832ML-S
口コミ

ソリッドティップに惹かれて購入しました! 軽さと扱いやすさに驚いていますしかしなんといっても感度(感触)が一番です!水の流れや底の形状がよく分かり違和感をノイズで伝えてくれます!

操作性を追求したエギングロッドです。軽量なのでしゃくりのアクションが楽にできます。秋イカを狙うのにもおすすめです。

上級者

エギング上級者におすすめのエギングロッドです。

ダイワ エメラルダス STOIST AGS

ダイワ エギング エメラルダス STOIST AGS 76MMH-SMTT
ダイワ エギング エメラルダス STOIST AGS 76MMH-SMTT
口コミ

後方テトラで投げると超幸せを感じれます!張りあり手感度目感度ありの欲張り仕様。今後私のエギングライフでの理想的な一本になりそうです。

大型のイカ狙いにおすすめの高級エギングロッドです。飛距離や耐久性、しなやかさなど全てを取り揃えた高品質のエギングロッドです。操作性も追求したエギング上級者のモデルです。

硬さ別おすすめのエギングロッド

エギングロッドには硬さがいろいろとあります。硬さは狙いたいイカのサイズに合わせるのがおすすめです。

親イカ狙い

親イカを狙う場合は硬さの硬いエギングロッドがおすすめです。大きめのエギでも対応でき大きめサイズのイカが狙えます。

ダイワ エメラルダス MX アウトガイドモデル

ダイワ エメラルダス MX アウトガイドモデル 86MH・E
ダイワ エメラルダス MX アウトガイドモデル 86MH・E

高い弾力で軽量なハイクラスのエギングロッドです。力強いキャストやジャークにも対応できるぶれないエギングロッドです。大型のイカを狙うのにもおすすめです。

初心者や小さいイカ狙い

エギング初心者や親イカ以外を狙う場合は柔らかめのエギングロッドがおすすめです。少し柔らかい方がエギング初心者には扱いやすくなります。

プロマリンCB エギングバトル 80

プロマリン(PRO MARINE) CB エギングバトル 80
プロマリン(PRO MARINE) CB エギングバトル 80
口コミ

キャステイングの時もよく飛びますし、しゃくる時もいいですし、実際キロ物のアオリイカ釣れました。竿先の反応も翌年初心者の方にはオススメですよ。

リーズナブルで操作性に優れたエギングロッドはエギング初心者におすすめのモデルです。値段も安いので初めて釣りをする方にも気軽に始められます。

長さ別おすすめのエギングロッド

エギングロッドの長さは使うフィールドによって使い分けるのがおすすめです。

9フィート以上

長いエギングロッドは、足場が高いフィールにおすすめです。高い堤防でも長いエギングロッドがあれば対応できます。また、遠投が必要な時にも長いエギングロッドが良いでしょう。大物を狙う場合は、長さとパワーを兼ね備えたエギングロッドがおすすめです。長くなればそれだけ自重も重くなって扱いが難しくなるのがデメリットです。

ウミネコUM-ROD-GW

ウミネコ(Umineko)UM-ROD-GW
ウミネコ(Umineko)UM-ROD-GW
口コミ

自分はロックフィッシュを主にこの竿を使っていますが、40cmのアイナメを抜き上げることができました。これからも大事に使っていこうと思います。

さまざまな魚種に対応するエギングロッドです。アオリイカの他にイワナや鰹、黒鯛、シーバス、マダイやメバルなどいろいろな魚を釣りたい方におすすめです。

9フィート以下

スタンダードなエギングにおすすめなのが9フィート以下クラスのエギングロッドです。ボートを使ったエギングにも使い勝手が良く初心者にも扱いやすい長さです。また、この長さはエギングロッドではスタンダードな長さなので、エギも通常サイズの3.5号などバリエーションの多いエギが使えます。

シマノ セフィア SS R S806M

シマノ エギングロッド セフィア SS R S806M 8.6フィート
シマノ エギングロッド セフィア SS R S806M 8.6フィート
口コミ

100gオーバーしてますが使いやすい。 ガイド絡みも少ない。 2kオーバーも楽に寄せれた。 ティップのブレが少ない。 おすすめです。

軽量で耐久性のある実践重視のエギングロッドです。エギは2.5-4.0号まで対応しているのでさまざまなエギで楽しむことができます。

おすすめのエギングロッドのメーカーとおすすめ商品

エギングロッドを扱う代表的なメーカーとメーカーおすすめ商品を紹介します。

ヤマガブランクス

ロッドの設計、組み立て、製造、出荷に至るまで全て自社工場にて行っています。メイドインジャパン品質にこだわり高い品質のロッドが特徴です。職人の作るロッドは多くの方に支持されています。

ヤマガブランクス カリスタ86M/TZNANO

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO
口コミ

高いだけあって、良くできている。 86とは思えない扱いやすさ! 飛距離も感度も良い!! 見た目はやや地味だが、性能はインペリアルより上!!

ワンランク上のヤマガブランクスのエギングロッドです。ガイドにもこだわりスムーズなライン裁きが可能です。しゃくり時には軽い力でエギを動かすことができ、繊細な動きもスムーズで操作性の高いロッドです。高品質なエギングロッドです。

メジャークラフト

大阪にある日本の釣り竿を製造するメーカーです。価格帯は広くリーズナブルなモデルから高級な価格帯のものまで、幅広いラインナップがあります。そのため、初心者からベテランまで満足できる商品が揃っています。

メジャークラフト エギング FCS-832EL

メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-832EL 釣り竿
メジャークラフト エギングロッド スピニング ファーストキャスト エギング FCS-832EL 釣り竿

¥ 6,480

口コミ

かなり良い 使いやすいし 軽い しゃくりやすいのがとてもいいです。

秋イカにおすすめのエギングロッドです。2号前後のエギに対応します。軽量なので女性や子供にも扱えます。エギング以外にも小さいウエイトでのルアーフィッシング、チョイ投げなどにもおすすめです。

シマノ

自転車部品やフィッシング用品の製造、販売をするアウトドアスポーツ用品の会社です。釣具は海外でも知名度が高く人気があります。リールやロッド、釣り小物など取り扱っている商品も多く、デザイン性の高さも人気の理由です。

シマノ エギングロッド 17 セフィア

シマノ エギングロッド 17 セフィア
シマノ エギングロッド 17 セフィア
口コミ

ダイワのmクラスより硬い。だが、1日使っても腕の疲労感はすくない。水深のあるところで3.5以上のエギにベストマッチ。感度は大変良い。

軽量で操作性を高めたエギングロッドです。ガイドは糸がらみを軽減し、軽いので存在を感じさせません。しなやかにしなるブランクスは手を動かすだけでジャークが可能です。

エギングロッドのおすすめの使用方法

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エギングをする際に重要なのがロッドの動かし方です。糸を垂らしてじっとしているのがエギングではありません。エギングの基本的なテクニックを紹介します。

しゃくり

エギングではしゃくりという基本的なテクニックがあります。しゃくりとはロッドを上下に動かしてエギを動かすことです。一段しゃくりとは海の底にいるイカを狙うときにおすすめです。

一度しゃくってからテンションフォール、つまりエギを沈下させ、またしゃくってテンションフォールを繰り返すことです。その時に、エギをあまり上の方まで動かさないのがおすすめです。

二段しゃくりとは一度エギが沈下したら小刻みに二回しゃくります。そしてまたエギを沈下させ、二回しゃくります。この繰り返しになります。

カウントダウンフォール

カウントダウンフォールとは、海水にエギを水面に落として、そのまま真っ直ぐにエギを落下していくことです。この下まで落ちていく時間を計ることで海の深さを知り、どの瞬間にしゃくりをしたらよいのかを考えます。

エギングの基本はボトム近くにエギを沈めてしゃくるので、どのあたりがボトムなのかを知る必要があります。ボトムに落ちたときのサインはラインです。ラインがフワリと緩んだらボトムについた証拠です。これはエギングに限らず釣りの基本的な動きとなります。

カーブフォール

カウントダウンフォールは真っ直ぐにエギを沈めますが、カーブフォールはカーブ状にエギを沈める方法です。方法はテンションをかけたままルアーを沈めていきます。そうすることによってラインが張った状態になります。ボトムで当たらなかったイカがカーブフォールで捕まえられることもあります。フリーフォールで当たりがないときに試してみましょう。

エギングロッドでイカ釣りの変化を

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エギングロッドを替えることで狙えるイカや今までと違ったフィールドでのイカ釣りに挑戦できます。エギングロッドと言っても硬さや長さ値段も異なり、どのエギングロッドを使用するかで釣果も大きく変わってきます。今までのイカ釣りに変化を与えたいなら、一度エギングロッドを見直してみましょう。

Related