Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月22日

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

今回、手軽に印象や機能性を変えられるクロスバイクの「グリップ」にスポットをあて、基本となるグリップの選び方や種類にはじまり、特徴別・用途別におすすめのグリップや、さらにおすすめのクロスバイクグリップメーカー・ブランドなどを一挙に紹介していきます。

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

グリップでクロスバイクをカスタマイズする!

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

街中で見かけることが多いクロスバイクは、男女問わずにライディングされるスポーツサイクルといえます。

人気の高いクロスバイクも愛用しているうちに、グリップの摩耗を感じることがあります。経年劣化によるグリップのベタつきや汚れは、せっかくのクロスバイクを台なしにしてしまいます。

そんなときにおすすめなのが、グリップのカスタマイズです。カスタマイズというと難しく聞こえますが、その方法は意外と簡単です。

そこで、ここではクロスバイクの「グリップ」にスポットをあて、基本となるグリップの選び方や種類にはじまり、特徴別・用途別におすすめのグリップやおすすめ人気ランキングトップ3、さらにおすすめのクロスバイクグリップメーカー・ブランドなどを一挙に紹介していきます。

クロスバイクの特徴&使い方

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オフロードと呼ばれる、登山道や林道といった凸凹した道をメインとして走ることを前提に作られているのが、マウンテンバイク(MTB)になります。一方、オンロードと呼ばれる舗装された道路をメインに走行することを前提にして作られているのが、ロードバイクです。

この2つのいい所取りをしたのが、「クロスバイク」になります。クロスバイクは、ロードバイクのように軽量でありながら、舗装されたシティロードからオフロードまでさまざまなシチュエーションで活躍するオールマイティなスポーツサイクルです。

幅広い場面で使えるクロスバイクは、普段の通勤・通学手段としてはもちろんのこと、休日のサイクリングなどにもおすすめです。

クロスバイクのグリップの種類と選び方

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

他にはないオリジナルのクロスバイクにしたい、そんな想いを叶えられるのが「グリップ」チェンジになります。

比較的簡単に変えられるグリップですが、クロスバイクの印象も一緒に変えることができるので、いくつかお気に入りのバリエーションを持っておくのもおすすめです。

ここでは、そのグリップの選び方と種類についてみていきましょう。

クロスバイクグリップの選び方

普段の通勤・通学などといった短距離、あるいはサイクリングやポタリングといった中・長距離においても、握るグリップによって疲労度合いは変わってきます。さらに、カスタマイズしやすいグリップは、印象をガラリと変える上でもうってつけです。

そんなグリップの選び方としてポイントになるのが、クロスバイクを「主にどういうときに乗るか」といった目的による走行距離になります。

たとえば、日常の足として使うのであれば「短距離」走行がメインとなるため、グリップの形状はストレートタイプか、あるいはコンフォートタイプがおすすめとなります。

一方、サイクリングのような「中・長距離」走行がメインとな場合には、握る箇所を変えられるバーエンドバーがついたタイプがおすすめです。

クロスバイクのグリップの種類

クロスバイクのグリップ種類は、その「取り付け方」で分けることができます。まず、片側が閉じられているのが「クローズドエンド」と呼ばれるタイプとなり、逆に両サイドとも開いているのが「オープンエンド」と呼ばれています。

ただ、オープンエンドの場合は、必ず専用のキャップを取り付けることをおすすめします。片側が開いたままの状態だと、万が一、転倒した際に地面と挟んでしまうことが考えられるためです。

次に、現在メインとなっているグリップが、「ロックオングリップ」です。このタイプは、ボトルでグリップをロックし、ハンドルバーに固定して使用します。ロックオングリップのメリットは、使用している間に緩んでしまいやすいグリップの緩みを防ぐことができることになります。

そして、「バーエンドバー」が、一体になっているグリップがあります。これのメリットは、握るポジションを変えることができるため、疲れにくいことです。

特徴・用途別おすすめのクロスバイクのグリップ

一口にクロスバイク「グリップ」といっても、その種類はさまざまです。数多くあるグリップを素材や機能性といった特徴やセンスアップといった用途で分け、それぞれでおすすめのグリップをみていきます。

手元におしゃれを!高級感とこだわりのレザー仕様

Slender Leather Grips
Slender Leather Grips

レザーサドルとして名が知れた「Brooks(ブルックス)」が手掛けたのが、この「Slender Leather Grips(スレンダーレザーグリップ)」グリップです。

クロスバイクだけでなくミニベロなどにも幅広く使え、さらに全16色を展開しており、さまざまな装いにマッチするおすすめグリップとなっています。

このSlender Leather Gripsの特徴は、グリップレザーを自然由来のベジタブルタンニングによって色付けをおこなっています。自然の色を使っているため、柔らかいカラーから鮮明なカラーまでと表情豊かに楽しむことができます。

さらに、Slender Leather Gripsのレザーは張り替え可能となっており、使い方やシチュエーションによってカラーを変えることができます。

レザーの風合いやカラーバリエーションを長く愉しむことができ、センスアップにおすすめのグリップです。

ベタつき回避したい人向け!スポンジグリップ

OGK グリップ CX-R ブラック
OGK グリップ CX-R ブラック
口コミ

クロスバイク買うときに必ず付けているのがこのグリップ。何と重さが、ペアでたった39gしかありません!しかも、手にとてもフィットして、握りやすい。

「ゴム」を使用したクロスバイクグリップの場合、経年劣化によってベタつきやすくなってきてしまいます。けれども、グリップが「スポンジ」でできていれば、そんな悩みはなくなります。さらに、スポンジ素材によって握り心地がよくなり、操作性も向上していきます。

スポンジグリップといえば、「OGK」のスポンジグリップがおすすめです。OGKのスポンジグリップは、握るポジションによって左右されない手に馴染む特殊素材でつくられています。

男女問わないシンプルなデザインに、ハンドリング時の快適性、操作性、耐久性を兼ね揃えた優秀なおすすめグリップといえます。

女性ライダーにおすすめ!カスタマイズ用バーテープ

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ポルカドットバーテープ CMYK
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ポルカドットバーテープ CMYK

¥ 1,188

口コミ

手触りは良いです。両面テープで張り付けるタイプで厚さは2.5mmと分厚いです。いつもより頑張れた。

ロードバイクやマウンテンバイクでは、ハンドルバーに「バーテープ」を使用することが多いです。もちろん、クロスバイクでもバーテープを活用することができるので、カスタマイズ初心者におすすめのアイテムになります。

このバーテープは、さまざまなタイプが販売されており、たとえば素材やカラーを少し変えるだけでグッと印象を変えることができます。

今回紹介している、「GIZA PRODUCTS」が取り揃えているバーテープは、ホワイト、クリーム、ピンク、ネイビーで展開され、お洒落なドットをあしらったデザインとなっています。愛車を、キュートにもポップにも変えることができるので女性のクロスバイクライダーにおすすめです。

さらに、バーテープの素材には柔らかいスポンジウレタンを2.5mm用いるため、クッション性が抜群になります。

長距離走行&疲れ対策

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP3 グリップ ロング/ロング
2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP3 グリップ ロング/ロング

¥ 6,156

口コミ

クロスバイクに装着しました。安くはないですが値段相応の価値はあると思います。 距離は関係なくノーマルグリップで掌が痛くなったり痺れる人にはとてもオススメです。

ストレートハンドルのクロスバイクの場合、ロードバイクのようにドロップハンドルではないため、走行時のハンドル位置を自在に変えることができません。そのため、サイクリングやポタリングのような中・長距離走行の際には、ハンドリング時に疲労を感じやすくなってしまいます。

けれども、ここで紹介する「ERGON」が手掛けたグリップは、人間工学に基づき設計され独特なフォルムをしており、疲労を感じにくいデザインとなっています。

ERGONグリップの特徴は、ハンドリング時に「握り込む」必要がないことです。グリップのフォルムがフラットになっているため、手を「置く」だけで安定したハンドル操作を行なうことができます。

このERGONグリップを最初に買うなら、まずは小振りなバーエンドが付いている「GP3モデル」モデルをおすすめします。疲れにくいデザイン、手のポジションを変えられるバーエンドを一度に楽しめます。

ホームセンターで買える

クロスバイクなどのグリップは、意外にもホームセンターで購入することが可能です。たとえば、あるホームセンターではスポンジカバー(グリップスポンジ)を約120円で販売しています。

ただし、ホームセンターで購入したスポンジカバーの場合、まずは自分の手のサイズに合わせてスポンジカバーをカットすることをおすすめします。

また、ハンドルバーへの取り付けにコツが必要になることがあります。コツとしては、ハンドルバーに厚さ1mmのゴム板を巻き付け、巻き付けたゴム板にパーツクリーナーを吹きかけ、それが乾かないうちにスポンジカバーを付けます。

こうすることで、スポンジカバーを取り付ける際に、カバーが捲れることも防げ、さらにスポンジのクッション性も増します。

手軽にクロスバイクをカスタマイズしたい人には、おすすめのグリップとなります。

色別にみる!クロスバイクのおすすめグリップ

クロスバイクで一目を引くのはフレーム部分ですが、手軽に雰囲気を変えることができるのが「グリップ」のメリットです。さらにグリップの場合、同じカラーを使用していても、そのカラー配置によって与える印象はガラリと変わります。

そこで、ここではカラー別でおすすめのグリップをみていきますので、参考にしてみてください。

おすすめカラー1:白

VELO(ベロ) SMOOTH LOCK DOUBLE SHIFT用
VELO(ベロ) SMOOTH LOCK DOUBLE SHIFT用

クロスバイクに爽やかさ、落ち着いた印象を与えるのが、やはり「白」のグリップでしょう。白のグリップは、そのカラー配置やウエイトによって与える印象をガラリと変えます。

たとえば、上記写真(VELO(ベロ) SMOOTH LOCK DOUBLE SHIFT用)では、ほぼ「白」のグリップですが、エッジの部分に光沢のシルバーがあしらわれていることで、上品なニュアンスをクロスバイクに与えることができます。

また、白と黒のモノトーンでカラーリングされたグリップでは、落ち着き感の中にマニッシュな雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

シンプルだからこそ、さまざまな印象や雰囲気をつくりだすことができる「白」は、男女ともにおすすめカラーの1つです。

おすすめカラー2:赤

GA ロックオン グリップ(ダブル) EVA ハイクオリティ ベーシック
GA ロックオン グリップ(ダブル) EVA ハイクオリティ ベーシック
口コミ

このタイプの他のグリップを知らないので★四つにさせて頂きました。 パーツの取り付けも簡単、握り心地も良く。見た目もグッド良い商品だと思います。

一目を引くアクセントカラーといえば、やはり「赤」でしょう。ビビットな印象を与える「赤」は、グリップ全体が赤となっているものと端の部分が赤となっているものと種類があり、好みに合わせて選ぶことができるおすすめカラーです。

たとえば、写真(「GA」 ロックオン グリップ(ダブル) EVA ハイクオリティ ベーシック)のように、グリップ端に赤を配置した場合、同じトーンの赤をフレームやタイヤなどに点在させることで色使いを楽しむことができます。

一方、全体カラーが赤の場合、クロスバイクのフレームをあえてモノトーンにすることで、コントラストがより鮮明になりスタイリッシュな印象を与えることができます。

よりファッショナブルに、クロスバイクを楽しみたい人におすすめのカラーといえます。

おすすめカラー3:青

SERFAS(サーファス) 自転車用 ハンドルグリップ ロックオン 固定式 グリップ プロフロー ロックオン PFG
SERFAS(サーファス) 自転車用 ハンドルグリップ ロックオン 固定式 グリップ プロフロー ロックオン PFG

¥ 3,132

口コミ

この手のタイプを探してました 安くはないけど満足です

カラーレベルによって、落ち着いたロイヤルブルーから澄んだスカイブルーまでと幅広い印象をつくりだす「青」は、性別だけでなく世代さえも問わない色味になります。

クロスバイクのグリップにも、そんな誰しもが選びたくなる「青」を使った種類があります。フレームに合わせたり、タイヤに合わせたりと自分のクロスバイクに合った「青」を選ぶことで、オリジナルのバイクへとカスタマイズすることができるので、おすすめのカラーです。

たとえばグリップ全体ではなく、上記写真(SERFAS(サーファス) 自転車用 ハンドルグリップ ロックオン)のように、他のカラーによってより「青」を引き立たせているグリップもあります。

サイズ別にみる!クロスバイクのおすすめグリップ

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

意外と知られていないのですが、クロスバイクグリップにもサイズ(レングス)の種類があります。その中でも、クロスバイクにパーツやアイテムを追加して搭載したいカスタマイズ好きな人に、おすすめなのがショートバージョンです。

そんなカスタマイズ好きに選べれる理由を紹介していきます。

ショートバージョン

コンフォートタイプやストレートタイプのグリップでも「ショート」があります。その理由として、クロスバイクの場合ではストレートハンドルが要因となっています。

クロスバイクのようにストレートハンドルではその形状から場所がなく、既存のパーツやアイテム以外に追加することが難しくなってしまいます。

そこで、「ショート」タイプのグリップが活躍してきます。ショートにすることで、サイクルコンピューターやライトなどを装備することが可能となるため、パーツを追加したい人にはおすすめです。

おすすめグリップメーカー・ブランド3種&代表製品

数多くあるグリップにも、人気が高いメーカーやブランドがあります。その代表格ともいえる、おすすめのメーカーやブランドを紹介していきます。また、そのメーカーやブランドから出ているグリップの中でも、さらにおすすめの逸品を併せてみていきます。

「トレック」FX3以上に採用されたグリップ

「TREK」FX3
「TREK」FX3

クロスバイクメーカーとしても有名な「TREK」が手掛けているグリップがあり、その中でも「FX3」以上のグレードのハンドルに「IsoZone」という技術が採用されています。

ハンドルエンドに「IsoZoneパッド」と呼ばれるものを取り付けることで、地面からの衝撃を打ち消すことができる技術となっています。さらに、そのパッドの上からコンフォートグリップを被せています。

その上、コンフォートグリップには半透明のラバーがあり、このラバーが実は「IsoZoneパッド」とコンフォートグリップで吸収しきれなかった地面からの衝撃を吸収してくれる働きがあります。

高い機能性とデザインのため、TREKのクロスバイクはもちろんのこと、他メーカーのクロスバイクライダーにもおすすめです。

「ERGON」GPシリーズ

先にも紹介した、ERGON(エルゴン)は、その名の由来となった「エルゴノミクスデザイン(人間工学)」に基づき、人の操作性の最適化を図ったグリップが有名です。

そのグリップの中で、GPシリーズは非常にデザイン性にも優れたモデルもあり、男性にもおすすめとなっています。

たとえば、GP1モデルは高いデザイン性はもちろんのこと、バーエンドがないタイプのためフラットな走行がメインとなるライダーにとってはおすすめとなります。ライダーの走行シチュエーションにとって、ベストなモデルを選ぶことができます。

「VELO」3PT SLIM ERGO GRIP

「VELO」3PT SLIM ERGO GRIP
「VELO」3PT SLIM ERGO GRIP

¥ 933

口コミ

形状も柔らかさの中に芯もあり、不可はありません。望んでいたスペックが備わっているので大満足です。

「VELO」が打ち出している、「3PT SLIM ERGO GRIP」は3種類の素材をミックスしたエルゴデザイン(人間工学)のグリップになります。

3種類の素材を使い分けていることで、握る部分は力を込めやすいミディアムな硬さ、掌の部分はソフトな硬さ、そしてグリップ芯の部分はハードな硬さとなっています。硬さを力や体重の掛かり方に合わせることで快適なハンドリングの実現と衝撃吸収に優れたデザインによるグリップとなっています。

そのため、クロスバイクでオフロードを走ることが多い、サイクリストにおすすめのグリップとなります。

クロスバイクグリップの人気ランキングTOP3

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

手軽に、リーズナブルに走行時の快適性や操作性を向上させることができるのが、グリップの最大の特徴でしょう。

クロスバイクのパーツの中でもコスパのよいグリップで、人気が高いおすすめのグリップをランキング形式で紹介していきますので、グリップ購入の参考にしてみてください。

ランキング3位:「SERFAS(サーファス)」

SERFASプロフローロックオン
SERFASプロフローロックオン

¥ 3,132

口コミ

比較的手も身体も大きい私ですが、しっかりとフォローして快適に乗れていますよ。

1993年、「SERFAS」という会社は、レイ・カイパーとドミノ・カイパーという夫婦によって創設されました。社名の由来となっているのが、この夫婦が通勤時に通っていたストリートの名前となります。

この「SERFAS」が打ち出すコンセプトは「デュアルデンシティテクノロジー」であり、それは異なる密度を持つ2つの素材を用い、安定感がある硬さと柔らかな使い心地を目指しています。

たとえば、「プロフロー ロックオン」という製品では、デュアルデンシティが齎す衝撃吸収、エルゴノミックデザインによる手や指のフィット感と疲労軽減などを体感することができます。

創設者カイパー夫婦を中心に、真心こめた逸品となっています。試してみる価値がある、おすすめのグリップとなります。

ランキング2位:「VELO」

VELO 3PT SLIM ERGO GRIP
VELO 3PT SLIM ERGO GRIP

¥ 933

口コミ

丸いグリップより握りやすく、疲れにくい感じがします。安いのに長持ちしているし、見た目もカッコイイと思います。

「VELO」が打ち出している、「3PT SLIM ERGO GRIP」は3種類の素材をミックスしたエルゴデザイン(人間工学)のグリップになります。

3種類の素材を使い分けていることで、握る部分は力を込めやすいミディアムな硬さ、掌の部分はソフトな硬さ、そしてグリップ芯の部分はハードな硬さとなっています。硬さを力や体重の掛かり方に合わせることで快適なハンドリングの実現と衝撃吸収に優れたデザインによるグリップとなっています。

そのため、クロスバイクでオフロードを走ることが多い、サイクリストにおすすめのグリップとなります。

ランキング1位:「ERGON(エルゴン)」

ERGON(エルゴン)は、その名の由来となった「エルゴノミクスデザイン(人間工学)」に基づき、人の操作性の最適化を図ったグリップが有名です。

そのグリップの中で、GPシリーズは非常にデザイン性にも優れたモデルもあり、男性にも人気となっています。

たとえば、GP1モデルは高いデザイン性はもちろんのこと、バーエンドがないタイプのためフラットな走行がメインとなるライダーにとってはおすすめとなります。ライダーの走行シチュエーションにとって、ベストなモデルを選ぶことができます。

ERGON(エルゴン)ではデザイン性だけでなく、カラーバリエーションも豊かなため男女ともに人気が高いおすすめのグリップです。

コスパ良し!グリップでセンス&機能性アップ

クロスバイクのグリップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

クロスバイクで走行していると、デザインや機能性などで目が行きやすいのはタイヤやフレームです。けれども、ハンドルに付いている小さなパーツの「グリップ」は、決して侮ることができません。

紹介してきましたように、走行時の疲れを軽減するのに一役買うのが、このグリップだからです。また、グリップの取り換えで簡単にクロスバイクの印象を変えることができ、クロスバイクの初めてのカスタマイズやオリジナルにしたい人にはおすすめのパーツです。

小さいけれど、大きな働きをする「グリップ」で、お気に入りのクロスバイクをカスタマイズしてみてはいかがでしょう。

Related