Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月17日

チョークバッグおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

チョークバッグは、ボルダリングだけではなく、ファッションアイテムとしても使うことができます。しかし、用途によりおすすめのチョークバッグは変わります。おすすめ人気ランキングなど、チョークバッグの詳しい情報を紹介しているので、見てみてください。

チョークバッグおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

チョークバッグの使い方

チョークバッグとは、チョークと呼ばれている粉を保管しておくために入れているバッグのことになります。そんな、バッグの中に入っているチョークとは、ボルダリングや、ロッククライミングなどをするときに使われている滑り止めの粉です。

では、なぜチョークをバッグに入れているかというと、クライミングをする前に、手にチョークをつけてから登り始めても、登っている途中でどうしても手からチョークが取れてしまうので再度付け直す必要があります。そのときに、チョークバッグに入れているチョークを使うことになります。

そんなチョークバッグには、複数の種類があります。その中でも、腰からぶら下げて使うタイプのチョークバッグは、その見た目や使いやすさから、ファッションアイテムとしてファッションに取り入れられ、普段使いのバッグとして使用されています。

チョークバッグの種類と選び方

チョークバッグの使い方などを紹介しましたが、そんなチョークバッグには種類があり、それぞれに合う使いかたがあるために、バッグを選ぶ方法があります。そんなチョークバッグの種類とチョークバッグのおすすめの選び方を詳しく紹介します。

種類

チョークバッグには種類があると紹介しましたが、そんなチョークバッグには、ファッションに取り入れられている「ウェストポーチタイプ」と、床に置いておく「置き型タイプ」の2種類あります。そんなチョークバッグには、それぞれにメリットとデメリットがあるので詳しく紹介します。

ウエストポーチタイプ

チョークバッグと言われて、すぐに思い出すタイプがウエストポーチタイプです。そんなウエストポーチは、腰からぶら下げているタイプのバッグです。

そんな、ウエストポーチタイプのメリットは、サイズが小さいために持ち運びが便利になり、ボルダリング中にも邪魔にならずにチョークを付け直すことができます。また、デザインが豊富なため選ぶことを楽しめ、もう一つのタイプのバッグに比べると安くで購入できます。

そんな、ウエストポーチタイプのデメリットは、バッグの開口部が小さいためチョークアップがしにくかったり、少し大きめのブロックチョークと呼ばれているチョークの種類が、バッグに入れづらい場合があります。

そんな、ウエストポーチタイプがおすすめな人は、値段が安く購入がしやすいため、チョークバッグを初めて購入する人や、ボルダリングだけではなく、複数のクライミングを試してみたいと考えている方です。

置き型タイプ

次に紹介するチョークバッグは、床に置いておく「置き型タイプ」のチョークバッグです。そんな置き型タイプのチョークバッグは、チョークバケットやチョークポッドなどとも呼ばれています。

そんな置き型タイプのメリットは、バッグの開口部が広いことになり、チョークアップをするときにバッグに両手を入れることができます。またブロックチョークや、複数のチョークや道具をいっぺんに持ち歩くことが可能です。その他にも、ジップタイプがあるためチョークの飛散を抑えられます。

そんな、置き型タイプのデメリットは、バッグが大きいため持ち運びが不便だったり、クライミング中にチョークアップができないことになります。また、ウエストポーチタイプと比べると割高になり、使用用途がボルダリングに限られます。

そんな、置き型タイプがおすすめなのは、チョークアップに時間をかけたくない人や、野外でのボルダリングを考えている人です。

選び方

チョークバッグを購入するときには、どんなチョークバッグを選べばいいのでしょうか。チョークバッグを選ぶためには、複数の条件があり、選ぶチョークバッグのタイプによっても選ぶ条件が異なります。

そんなチョークバッグでも、置き型タイプの使い方は、ボルダリングだけのバッグなため、バッグの機能性と好みのデザインなどで、バッグを選ぶことをおすすめします。しかし、ウエストポーチタイプは、使う用途がボルダリングだけとは限らないため、選び方に条件があります。そんな、ウエストポーチタイプのチョークバッグを選ぶ条件をご紹介しましょう。

また、チョークバッグの何度も購入していると、そのとき優先させたい条件が異なるため、選ぶ条件が違ってきます。そのため、他の人が使っているチョークバッグで気になる物があれば、使い心地などを聞いておくと、次回購入するときの選ぶポイントになり、自分らしいチョークバッグを選ぶことができます。

開口部の広い

チョークバッグを選ぶときに大切な条件の1つに、「開口部の広い」ものを選ぶことをがあります。ボルダリング中にチョークバッグを付けている理由は、ボルダリング中にチョークアップをするためです。

ボルダリング中にチョークアップするときに、ボルダリングバッグの開口部が狭いと手が入りにくく、チョークアップをするのに手間取ってしまうため、チョークバッグの開口部が広いものがおすすめです。そのため、チョークバッグを購入するときには、開口部に手が入れやすいかなどを確認してから、バッグを購入することをおすすめします。

また最近のチョークバッグには、立体裁断がされていたり、形状記憶の素材が使われているなど、開口部が常に大きく開けられるように作られているチョークバッグが複数あります。そのため、素材などにも注目をしながら購入を検討してみてください。

フックとベルトで安定感

ウエストポーチタイプのチョークバッグを、腰にぶら下げるためには、フックなどの留め具でズボンやベルトなどに留める必要があります。また、このチョークバッグのタイプの方が、余分な装飾が付かないため使いやすくおすすめです。

しかし、留め具のフックだけでズボンに付けている場合、バッグに安定感がなくなるためバッグに手を入れて、チョークアップする場合にバッグに手が入れにくくなるのがデメリットです。そのため安定感が欲しい場合には、ベルトが付属しているタイプのチョークバッグを選ぶことをおすすめします。

そんなベルト付きのチョークバッグを選ぶと、バッグの使用時に安定感が増すためチョークアップがしやすいです。その他にも、ファッションアイテムとしてチョークバッグを使いたい人は、ベルトが付属していることでショルダーバッグとしても使えるため、ベルトの長さをチェックしてから購入しましょう。

バッグの素材

チョークバッグに、使用されている素材は、チョークバッグを選ぶときに大切な条件です。そんなチョークバッグの素材は、ナイロンやポリエステル、革など豊富です。そのため、チョークバッグに使われている素材は、自身が使いたいバッグの使用用途に合わせて選ぶことが大切になります。

そんな、チョークバッグの素材の選び方は、ファッションアイテムの場合は、お好きな素材から選べばいいです。

しかし、チョークバッグとして使いたい場合には、チョークはバッグなどに付いたら完全には落ちないため、チョークが付きにくかったり、チョークが付いたとしても丸洗いができるものなど、チョークの特性に合わせた素材を選ぶことをおすすめします。

複数ある素材でおすすめなのが、チョークで汚れにくく、簡単に洗える素材が良いのならポリエステルが最適です。防水加工がされ軽い素材を希望するのならナイロン素材などがおすすめです。

収納の有無

次に、大切な収納になりますが、ファッションアイテムとしてバッグをもつ場合は、小物ポケットや、ブラシフォルダーなどの収納の有無はあまり関係ありませんが、ボルダリングに使う場合には収納スペースが大切な条件になります。

そんな収納スペースが大切な理由としては、ボルダリング中にチョークが付いた岩場などを掃除するためには、ブラシが必要だったり、チョークなどを複数持つ場合には、小物入れが必要です。それに合せたポケットやブラシホルダーなどの収納場所が必要になるため、バッグにブラシフォルダーや小物ポケットなどの有無が大切です。

そのため、ボルダリングに使うチョークバッグを選ぶ場合は、バッグにブラシフォルダーなどの収納があるかなどの確認と、ブラシフォルダーがあれば、持っているブラシが合うかなどを、チェックしてからチョークバッグを購入することをおすすめします。

デザイン

チョークバッグを選ぶときに大切な条件に「デザイン」があります。購入したいのが、ファッションアイテムの場合は、好きな形状のチョークバッグを購入することをおすすめします。ですが、ボルダリングに使用する場合には、バッグの外側に突起物などの装飾品が付いているかのチェックをしてから購入しましょう。

しかし、ボルダリングに使うチョークバッグの外側に、装飾品や突起物が付いていると、物が絡まるなどの事故に繋がる危険性が高くなります。そのため、チョークバッグを選ぶときにはバッグ外側のデザインを気にすることをおすすめします。

また、ボルダリング用のチョークバッグで、おすすめしたいデザインは「巾着タイプ」になり、他のデザインよりも使いやすく、ローコードタイプならば片手で開閉することが可能です。また、バッグによっては開口部を閉じなくても、バッグの中身が落ちないデザインもあるので、自身の好みで選ぶことをおすすめします。

チョークバッグおすすめ人気ランキング

チョークバッグの種類やおすすめの選び方などを詳し紹介しましたが、どんな種類のチョークバッグが人気があるのでしょうか。おすすめしたい人気のあるチョークバッグを詳しく紹介するので、チョークバッグを購入のときはぜひ参考にしてみてください。

おすすめしたいチョークバッグ第3位!

おすすめの人気チョークバッグは、「eye candy(アイキャンディ)」のチョークバッグです。アイキャンディは、チョークバッグをオールハンドメイドで、制作・販売をしているチョークバッグブランドになります。

そんな、アイキャンディのチョークバッグは、和洋中が織り交ぜられており、オリエンタルな雰囲気があります。また、多様な布使いはまさに「アイキャンディ」と思わせてくれるチョークバッグなため、世界で自身だけの特別なチョークバッグが欲しい方に、おすすめしたいブランドになります。

また、製作者自身がボルダラーなことから、チョークバッグの「デザイン・形状・強度・開口部」など、バッグの全てにこだわりをもって作られています。そのため、まさにボルダラーのためのチョークバッグです。そんなアイキャンディのチョークバッグは、購入者のクライミングシーンを助けてくれる大切なアイテムになります。

おすすめしたいチョークバッグ第2位!

おすすめしたいチョークバッグ第2位は、「Oraganic」です。Organicは、名前のとおりオーガニック製のチョークバッグを製作・販売しているブランドです。そんなOrganicは、全てをアメリカ製にこだわっているのが特徴です。

そんなOrganicのチョークバッグは、機能的で耐久性がありボルダリングに適しているシンプルな作りになっています。また、Organicのチョークバッグは、開口部がロールトップになっているため、開口部を巻いてバンドで留めることで、チョークがこぼれる心配がありません。また、移動時などでもかさばらずに、持ち運びがしやすいです。

また、Organicの見た目はとてもカラフルです。そのカラフルな色合いは、アメリカらしい配色になっているため、とても雰囲気があります。そんな、Organicのチョークバッグは、デザインも機能もどっちも譲れない人におすすめです。

おすすめしたいチョークバッグ第1位!

チョークバッグでおすすめしたい堂々の第1位は、「100均」のアイテムです。100均のアイテムとチョークバッグは関係ないように感じますが、100均のアイテムをチョークバッグの代わりに使用できます。

そんな、100均アイテムをおすすめしたい理由に値段があります。100均アイテムは安価なため、まず試してみることができるのが大きなメリットになります。

まず、おすすめしたいアイディアは、ランドリーバッグなどを「置き型バッグ」のチョークバッグとして利用することが可能です。また、100均の素材を使って自作でチョークバッグを作る人も多くいます。

その他にもチョークバッグ以外にも、ボルダリングに使える用品の代用をすることができます。そのアイディアとは、粉末チョークをチョークアップしやすいように、ボディスポンジを粉末チョークバッグに一緒にいれことで、ボールチョークのようにすることができます。

用途別おすすめチョークバッグ

おすすめしたい人気のチョークバッグを紹介しましたが、チョークバッグは使用する用途や特徴などでおすすめのチョークバッグが違ってきます。今回は「ボルダリング」「置き型」「お洒落」「レザー」の4つのシーンで、おすすめしたいチョークバッグを紹介しますので、ぜひ自身に合わせてみるなど参考にしてみてください。

おすすめなボルダリング用のチョークバッグ

ポリマゴ フリオ
ポリマゴ フリオ

¥ 2,808

ボルダリング用のチョークバッグでおすすめしたいのが、CAMP(カンプ)のポリマゴです。カンプは、イタリアのアウトドアギアのブランドになり、最新のテクノロジーを使用しているだけではなく、軽量性に優れているのが特徴になり、そのデザインはユニークなものが多いです。

そんなカンプの中でも、おすすめなのが「ポリマゴ」になります。ポリマゴのシリーズは4色の展開がありますが、その中でもフリオは、色鮮やかな配色がとてもポップで、可愛らしい印象のチョークバッグです。そのため男女問わず、派手なデザインが好きな方や、人と違うチョークバッグを好む方にはおすすめなチョークバッグです。

そんなポリマゴの底は、平らになっているため、床などに置いてもチョークバッグ自身で自立してくれるため、とても使いやすく便利なチョークバッグです。また、カンプの特徴である軽量なところもおすすめの理由になります。

おすすめな置き型のチョークバッグ

Boulder Chalk Can
Boulder Chalk Can

¥ 6,480

口コミ

内側の巾着袋に加え、外側からフタを横からファスナーで留める二重のブロックにより、チョークが漏れることはほぼありません。バックパックの中で転がっていても安心です。

チョークバッグの種類の中に、「置き型」のチョークバッグがあります。そんな置き型のチョークバッグでおすすめしたいのが、MAMMUT(マムート)のチョークバッグ「Boulder Chalk Can」です。マムートは150年以上の歴史があるスイスの総合アウトドアギアのメーカーです。

そんなマムートのロゴには、「マンモス」がプリントされており、このマンモスのロゴ1つでマムートの製品だとすぐに見分けられます。そんな、おすすめしたマムートのチョークバッグは、他のメーカーのチョークバッグに比べると少し小さめですが、バッグの開口部がロールアップでの開閉式なのでチョーク漏れが少なく便利です。

また、チョークバッグを使用時には、開口部口を大きく広げて使うことができ、バッグが自立してくれるためチョークアップがしやすいです。その他にも、ブラシなどが収納できるポケットも付いているため便利です。

おすすめのお洒落なチョークバッグ

モジョ デニム
モジョ デニム

お洒落なチョークバッグは、たくさんあります。そんなお洒落なチョークバッグの中で、おすすめしたいチョークバッグは、Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のモジョです。ブラックダイヤモンドは、クライマー初のギアメーカーとして人気のあるブランドです。

そんなモジョのチョークバッグは、 ベーシックでシンプルなシリンダー型のチョークバッグです。このチョークバッグは、デザインはとてもシンプルですが、カラーバリエーションが豊富なのが特徴と言えます。そんなおしゃれなモジョの中から、おすすめしたいカラーがデニムです。

デニム生地はシンプルですが、その生地とモジョのベーシックなデザインが合わさると、チョークバッグのよさが際立ちます。そんなモジョは、サイズが2種類あるため、使用用途に合わせて選ぶことができます。また、クイックリリースバックルのウェビングベルトも付属されています。

おすすめのレザーチョークバッグ

レザーチョークバッグ
レザーチョークバッグ

¥ 7,452

チョークバッグを使うのは、ボルダリングだけではありません。チョークバッグは、その見た目からファッションアイテムとしても使われています。そんなチョークバックの中で、レザーを使っている製品があります。

そんな、レザー製のおすすめチョークバッグは、DOUBLES(ダブルス)のレザーチョークバッグです。ダブルスは、男女問わず幅広い層に愛されているブランドです。素材やデザインにこだわり、カジュアルな商品を製造しています。ブランド対象は、男性ですが、女性にも気にしてもらえるように、ユニセックスな商品も製作しています。

おすすめのチョークバッグは、長年使うことで風貌が変化する牛革を使っています。またチョークバッグの使い方は2つあり、カラビナで吊り下げるか、ベルトにとおすことで使えます。そんなチョークバッグには、2サイズがあり持ち物などの大きさに合わせて、バッグのサイズを選んでください。

おすすめしたいチョークバッグの作り方

いろいろな用途や特徴などでおすすめのチョークバッグを紹介しましたが、そのチョークバッグを作ることができるのでしょうか。

もちろん、チョークバッグを手作りすることができます。また、チョークバッグを手作りすることで、自分の好きなようにカスタムできますし、そうすることで愛着を持つこともできます。そんなチョークバッグの作り方を詳しく紹介します。

チョークバッグの蓋の作成

初めに、バック本体の内布の両端を縫っていきます。このとき最後の裏返しのために、片端だけ5~7cm程度縫わずにおいていおきます。次に、縫いしろを半分に割り4cmの部分を縫い、マチを作ったら余分な部分はカットしましょう。

次は、蓋部分に使う生地を用意し、強化のため接着芯を貼ります。接着芯を貼った蓋の生地を重ねて両角を丸くカットしておきます。また、表布の下辺り真ん中につまむ所を作るため、幅2cmでテープを半分に折って、端から5mmくらいの所に縫い付けておきましょう。

次にボタンを、内布の下から2.5cmの中央辺りに印をつけ縫い付けます。このときに、付ける場所に接着芯を貼っておくと、強度が増してほつれの防止になります。蓋の生地を中表に合せて縫い、2~3mmの所にステッチを入れましょう。また、ナスカンに平テープをとおして、蓋の真ん中辺りの2cmの所に縫い付けていきます。

チョークバッグ本体の作成

本体に使う生地は、厚手のものがおすすめになり、薄い場合は全体に接着芯を貼っておきましょう。ボタンとハトメを付けるために、生地の中央2.5cmと9cmの下辺りに印を付けておき、このときも補強のために接着芯を貼ってから縫い付けますが、下から2cm、横幅3cmの位置はマチの場所になるため注意が必要です。

次に本体の生地を中表に合わせて、真ん中5㎜くらいの場所に蓋を縫い付けます。バック本体のわきを縫い合わせて、4cmのマチを作り余分な部分はカットしましょう。最後にバック本体の生地を、中表に合わせて縫い内布の部分から裏返します。

ハトメにコードをとおして、コードの長さを整えます。後ろ側の平テープの部分は、テープの下をとおしておき、コードをしぼらない状態で、本体の後ろ側(蓋のわきの部分)にステッチをいれましょう。このときコードもまとめて縫い付けておき、その後にコードストッパーを付けます。

おすすめなチョークバッグのブランドと製品

チョークバッグを販売しているメーカーは多くあります。今回はそんな、チョークバッグを製造・販売しているメーカーの中から「MOON」・「CAMP」・「mont-bell」の3社と、そのメーカーが販売している製品を詳しく紹介します。

MOON

 ボルダリングチョークバッグ BCB
ボルダリングチョークバッグ BCB
口コミ

チョークアップ時に両手が余裕で入り、横のチャックないは思ったより大きい。 重心に安定性があり蹴らない限り倒れません。中が広いので空気が抜けるとき粉が舞うのは仕方がない。

イギリスの伝説的クライマーである「ベン・ムーン」によって創立された、クライミングのウエアとギアブランドが「MOON CLIMBING」になります。そんなMOONのチョークバッグは、チョークバックにとって大切な条件である「軽量・耐久性・収納力」の3つ全てが揃っています。

そんな、MOONのチョークバッグでおすすめしたい製品は、MOONの定番のチョークバッグです。このチョークバッグは、両手を一気に入れることができるため、チョークアップがしやすいくなっています。

また、このチョークバッグの開口部分を、クルクル巻いてベルトで留めるタイプになるため、チョークが零れてしまうことが少なく、持ち運びが便利なのもおすすめ理由になります。

チョークバッグを使用時にも、安定性に優れているため倒れにくいです。また、ブラシホルダーなどの収納スペースがあり便利です。カラーが豊富なため選ぶ楽しみがあります。

CAMP

CAMP(カンプ)は、1889年にイタリアのプレマナに創業された、クライミングや登山のギアメーカーです。

創業当時より「納得できた製品以外は、市場に出さないし、作らない」送という経営理念を掲げています。安全性を最高レベルで重視し、そのための品質管理も徹底して製造・販売をおこなっているため、信頼できるメーカーとして多くのクライマーから愛用されています。

そんなCAMPで、おすすめしたいチョークバッグは「オコネ」です。オコネは、その形が特徴的になり、底がすぼまった形になっているため、チョークアップしやすい作りになっています。

そんなオコネは、人間工学に基づいたデザインになり、ハーネスにセットしたときに使いやすさを追求しているデザインになっています。また、チョークバッグの素材は、汚れた場合も水洗いができるナイロン性になり、バッグの重さも80gなためとても軽く使いやすいのが特徴です。

mont-bell

チョークバッグM/FRGN
チョークバッグM/FRGN

Mont-bell(モンベル)は、1975年に、辰野勇と登山仲間である、真崎文明、増尾幸子の3人で創業をはじました。創業以来「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」の2つをコンセプトにして製品開発をおこなっています。

そんなモンベルの歴史は、近年のアウトドア製品の進化と同じといっても過言でなく、創業して以来アウトドアギアの企画・製造・販売などの領域を越えて、全ての分野で活動範囲を広げています。

そんな、モンベルのチョークバッグでおすすめしたい製品が、チョークバッグM/FRGNです。このチョークバッグの特徴は、チョークアップがしやすいように立体裁断を取り入れたことになり、取り入れたことでバッグのみで置いたまま使うことができます。また、バッグの開口部はドローコードで開閉できるようになるため、手がバッグに入れやすくなります。

自分に合うチョークバッグを探そう

チョークバッグは、ボルダリングをしているときに、再度チョークアップをするために、チョークを入れておくバッグのことをさしています。そんなチョークバッグの使用方法は、ボルダリングだけではなく、その手軽さからファッションアイテムとしても使われています。

そんなチョークバッグには、形の種類を初め豊富な製品があるため、ボルダリング用でもファッションアイテムでも、自分に合ったチョークバッグを購入することをおすすめします。そのため、たくさんのおすすめ情報などを検討しながら自身に合う製品を探しましょう。

Related