Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

ペグハンマーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

キャンプのテント設営の際、必要なのがペグハンマーです。皆さんはどのようなペグハンマーを使っていますか。ペグハンマーが使いやすいかどうかでテント設営にかける労力が違ってきます。この記事では、ペグハンマーの種類、おすすめの選び方からおすすめの商品まで紹介します。

ペグハンマーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ペグハンマーの種類と選び方

皆さんはペグハンマーを聞いたり、見たりしたことはありますか。アウトドアや山や海など好きな方には馴染みのあるものでしょう。ここでは、これからアウトドアや買い替えを考えてる方におすすめのペグハンマーを紹介します。

ペグハンマーの種類

ペグハンマーの種類ですが、中には数多く種類を持っている方はいるのではないでしょうか。使い分けをしてる人もいるぐらいかなり多いです。例えばキャンプでテントや芝生、河原で使うペグハンマー、この頃日曜大工で利用する方も多いでしょう。

しかし、ペグハンマーはどれも一緒とおもってる方がいるのなら、それは間違いでしょう。例えばテントを地面の固い所に打ちうつけることや日曜大工では木材を使うことを考え、スチール、ステンレスと言った種類があるので、あなたに合ったペグハンマーをおすすめします。

このペグハンマーには、ゴム製や軽量から少し重量がありどっしりした物まであることを覚えておく必要があるでしょう。一度手に取り購入をおすすめします。

次に「ペグハンマーの選び方」をご紹介します。

ペグハンマーの選び方

ペグハンマーの選び方は、基本的に場所、利用する物にあったペグハンマーをおすすめします。理由は固い物打つのか、余り固くない物に利用するのか、例えば日曜大工となれば女性の方も多く利用されてる人もいるので、自分の手に合う物がいいでしょう。

しかし、急にペグハンマーが必要になったからと言って、自分の手になじまない物や間に合わせで激安のペグハンマーを購入するのはやめましょう。その理由は、夏になればアウトドアや家の家具を直すのにもペグハンマーが大活躍しますが、暑い中長時間打つのは疲れてしまうからです。

ただ、ペグハンマーを少し変えるだけで、楽に作業ができるようになり効率も良くなると言うことを覚えておきましょう。したがって、間に合わせで購入を決めず、確り考えて買うことをおすすめします。

次に「ペグハンマーおすすめ人気ランキングTOP3」をご紹介します。

ペグハンマーおすすめ人気ランキングTOP3

やっぱりペグハンマーの人気は、気になるのではないでしょうか。キャンプ、自宅でのちょっとした作業に役に立つのが、このペグハンマーです。

これから、何かの理由で購入を検討している方は、ペグハンマーはきちんと選べば一生物として、長く利用も可能なので、一度ランキングを確認しあなたに合ったカッコイイ、ペグハンマーを購入することをおすすめします。

では、ランキングTOP3からみていきましょう。

ランキング3位

コールマン
コールマン

¥ 5,918

口コミ

使い易く、耐久性にも問題無いです。 良い商品だと思います。ペグの引き抜きにも使い易いです。

この商品は、きちんとした作りでペグ抜きが確りしていて、余り力を入れずに打つことや抜くことができるのも人気の秘密でしょう。手に馴染んで重さもさほど感じなく、男女問わずおすすめの一つです。

そして、アウトドア、日曜大工、登山と出掛けることや作業が多い方には、道具にもこだわりあなたらしいペグハンマーにこだわるのも良いのではないでしょうか。必ず目立つこと間違いない商品なので、使ってその日から周りの方におすすめしたくなるペグハンマーです。

ランキング2位

スノーピーク ペグハンマー
スノーピーク ペグハンマー

¥ 4,212

口コミ

さすが作りがしっかりしてます。 握りやすく、適度な重さでペグがグイグイ刺さります。

このスノーピークは、安定感が最高に良い商品です。握った感じも満足いくこと間違いないでしょう。例えばアウトドアで利用してなくしてしまう心配がなく、周りの木やテントなどに掛けて置けるのも良いです。

このスノーピークですが、重量は670g、サイズ35×120×290mmとなっているのですが、例えば女性の方でも1人で使うのにも無理がなく利用できる商品なのでおすすめです。

ランキング1位

ロゴス パワー
ロゴス パワー

¥ 4,644

口コミ

重さも大きさもちょうどいいよかった。デザインも気に入っています。

この商品はとても使いやすいと評判のペグハンマーです。そして重量は約680gと少しありますが、今まで地面が固くて苦労した場所でも簡単に打ち込めると言うメリットもあり、今まで以上にアウトドア、日曜大工が好きになることでしょう。

しかし、これだけではなく色も握りやすいと言う特徴もあるので、今ペグハンマーの購入を考えてる方は、一度手にしてみることをおすすめします。

次に、特徴や用途別に集めたので、購入のさいは一緒に検討を考えてませんか。ご紹介します。

特徴・用途別おすすめのペグハンマー

ペグハンマーを購入する時は、特徴や用途も大切なのは知っているでしょうか。その理由なのですが、主にペグハンマーはキャンプ、登山、日曜大工などに利用されることが多く、例えば一人だったり、家族、友達同士のアウトドア、登山とありますが、場所によってペグハンマーを使いわけるのも人気の秘密です。

では、どのようにペグハンマーを使いわけたら良いのでしょうか。アウトドアや登山の時大自然の中に行けば、ハンマーがペグを叩く音はキレイだったり、家族で日曜大工やテントを張れば音が気になったり、安全性を考えるのであればゴム製もあります。

このように、場所を考えた上で特徴も用途も変わってきて、ペグハンマーは長く利用できる物で相性が合えば良いパートナーになってくれるので、しっかり選ぶことをおすすめします。

キャンプ用

スノーピーク
スノーピーク
口コミ

テントに付属している純正のもを使用していました。テントをたてた後、腕や肩が痛くなっていましたが、スノピのハンマーにかえたら、全く痛みがなくなりました!すばらしい!

この商品は、特にキャンプをする方におすすめです。重量的にも約670gはあって少し重いと感じる方も多いでしょうが、山や海でなどで忘れてしまったりと置き忘れしなくて済むように紐が付いているからです。木にかけておけるのも魅力と言えるでしょう。

そして、スノーピークはキャンプがプロの方から初心者の方まで人気なのですが、ペグをハンマーで打つ時の音は吸い込まれるくらい良い音を出してくれること間違いないでしょう。大自然の中に行く際はスノーピークがおすすめです。

軽量

キャプテンスタッグ
キャプテンスタッグ

¥ 918

口コミ

軽いため、そこそこの労力が要りますが、あるとないとでは大違い。 荷物を少しでも軽くしたいならこれがベストでしょう。

もし、軽量にこだわるのであれば、この商品はおすすめです。重量もわずか約140g、サイズ約87×45×長さ265mmと言う感じなので、持ち運び、打ちやすさ、邪魔にならないと良い条件が多く揃っているので人気がある理由もわかるでしょう。

特に、今は女性も一人でキャンプに行く方も多くなりつつあり、お子さんの運動会や行事などでテントを張る時に、凄く助かるペグハンマーです。これから購入を考えてる方は一度、この商品を検討をしてみるのも良いでしょう。

次に「登山用」のペグハンマーをご紹介します。

登山用

アウトドアアクセサリー
アウトドアアクセサリー
口コミ

固い地面に鋳造ペグを打ち付けるためにこの製品を購入しました。 ハンマーが重めですが、それ故打ち込みしやすいです。

この商品は登山用としても人気です。季節を問わず登山を楽しんでる方も多いのではないでしょうか。そんな時山の天気はわからないものでしょう。急にテントを張らなければいけなくなった時地面は固く苦労をした経験が何回かあるでしょう。

しかし、このペグハンマーは固い地面や岩にもペグを打ち込んだり、抜くのにとても快適に使えおすすめです。これからペグハンマーを探している方は一度使ってみれば、満足やもっと登山が楽しくなることでしょう。

ゴム

キャプテンスタッグ
キャプテンスタッグ

¥ 1,080

口コミ

夜にテント張るときのペグ打ちに金属やプラスチックのハンマーではうるさいので購入しました。 やっぱり静かで良いです♪

もし、人目を気にするのであればこの商品がおすすめです。なんとゴム製なので、家やアウトドアなどでうるさくできない場所では活躍してくれるおすすめの一つです。例え家の中でお子さんが振り回したり、落としてしまっても大怪我などに繋がることはないでしょう。

しかし、このペグハンマーの良い所はもっとあります。ゴム製なのに確りとしたこの見た目にはリピーターの方やファンが多く、親御さんやお子さんと楽しく物を作ったり、お子さんの自由研究にも役に立ってくれるおすすめのゴム製のペグハンマーでしょう。

次に、誰もが気になるおすすめのペグハンマーのメーカーをご紹介します。

おすすめのペグハンマーのメーカー3つ

このペグハンマーは使いかたが同じくみえて、実は色んな特徴をもった使いかたがあると言うことはわかっていただいたことでしょう。ここではあなたも聞いたことがあるブランドや探してたペグハンマーがみつかるのではないでしょうか。そんなおすすめメーカーを説明していきます。

ロゴス

 ロゴス パワー
ロゴス パワー

¥ 4,644

口コミ

重さも大きさもちょうどいいよかった。デザインも気に入っています。

このロゴスは、とても人気のメーカーとも言えるでしょう。ロゴスのペグハンマーは確り手に馴染んでくれて、落としたりと、手から抜けてしまう心配もなく紐が付いているのも魅力的と言えるでしょう。

しかも、この目立つ色合いは珍しく、初心者からプロのキャンパーや女性の方もファンが多く注目を集めているブラントと言えるでしょう。これからキャンパーになりたいとおもってる人、買い替えを考えてる人は今話題のロゴスがおすすめです。

スノーピーク

 スノーピーク ペグハンマー
スノーピーク ペグハンマー

¥ 4,212

口コミ

同メーカーの高価な方でなくても十分だと思います。 何よりソリステが抜きやすい。これが一番です

このスノーピークは、猛烈がファンが多くいるぐらい有名なブランドです。見た目的にも伝わるような存在感があり、他のブランドでは物足りないと言う方も多くキャンパーや登山愛好家の方の間ではとても有名なブランドと言っても良いでょう。

しかも、疲れにくいのが特徴でもあり、見た目と使ってみた時の差があるので、スノーピークは長く使うのには適しておすすめのブランドとも言えます。

コールマン

コールマン
コールマン

¥ 5,918

口コミ

もっと安いハンマーはありますが、すぐに壊れてしまうとの情報を得ていたので、お高いですがこちらにしました。 また一回しか使っていませんが、一生物の気配をすでに感じています。

コールマンはこの四角いヘットが何とも言えない魅力のブランドです。場所問わず打ちうつける力やどんなペグでも打ちつけてくるたくましさは、コールマンならではの良い所とも言えるでしょう。

しかも、コールマンはキャンプや登山、日曜大工にも幅広く活用でき、どうしてもコールマンが良いと言う方もいるぐらいおすすめ度や人気度が高いです。

次に「ペグハンマーの使い方・活用方法」をご紹介します。

ペグハンマーの使い方・活用方法

例えばキャンプや登山で主にテントを張る時に利用が多くなります。その時にテントが飛んでいかないようにペグを打ち込むのですが、余り振り上げたり、強く叩いてしまうと飛んでいってしまってりして自分にも周りの人がいても怪我のもとになってしまうのでしっかり握ることをおすすめします。

そして、降り落とす時には角度は約50度~60度を心がけるようにしましょう。そしてペグハンマーは日曜大工にも幅広く利用されているのですが、机や椅子、本棚と欲しい時に自分で作ったりしたい時にペグハンマーは役にも立ちます。

次に「ペグハンマー正しい打ち方」をご紹介します。

ペグハンマー正しい打ち方

ペグハンマー正しい打ち方ですが、体とハンマーがなるべく垂直になるように構えるのが良いでしょう。ペグハンマーは見た目がコンパクト、軽いからと言ってそれなりに振り上げてしまっては腕や肩、腰などに負担がかかってしまいます。

それでは、場所や使い方に合ったペグハンマーですが、キャンプや登山に持って行くさいには、少し重い物を選びましょう。テントなどを固い場所に建てたい時にはペグハンマーの重りが役に立ち余り力を入れなくてもすんなり打ち込むことができるのでおすすめです。

次は、日曜大工にもペグハンマーは役に立つでしょう。日曜大工の場合は余り固い所に打ち込むと言ったこともないので、ゴム製や軽いペグハンマーでも問題はないのですが、力まかせに打ってしまうと怪我をしてしまうので物に合ったペグハンマーを使うことをおすすめします。

次に「ペグハンマー初心者におすすめ」をご紹介します。

ペグハンマー初心者におすすめは?

これからペグハンマーを考えてるのであれば、初心者の方は持つところに紐が付いているペグハンマーがおすすめです。その理由なのですが、初心者の方はペグハンマーに慣れるまで少し時間が掛かってしまうので、安全に楽しく、そしてストレスがなく使うには紐が付いたペグハンマーで飛ばないようにしっかり固定して利用しましょう。

では、家でペグハンマーを利用する時にも、紐が付いた物や軽量のペグハンマーをおすすめします。その理由なのですが、自宅で少し重たいペグハンマーを使ってしまうと、手から離れてガラスを割ってしまったり、あなたやお子さんまで怪我をしてしまう可能性があるので、きちんと固定できるものか軽量がおすすめです。

次は、少しペグのご紹介をします。

ペグとは?

ここまでで、ペグハンマーの使い方、人気のペグハンマーのことはおわかりいただけたことでしょう。しかし、中にはペグハンマーのペグは何とおもう方も多いのではないでしょうか。そのペグのことを、少し説明していきます。

ペグは、アウトドアや登山、日頃から使ってる方はわかるように、テントを張る時に使う釘みたいなもので、アウトドアをしてる方には欠かせない物でしょう。そのペグがないとテントが飛んで行ってしまい大変なことになります。ペグで固定すると安定するため、とても便利と言えるでしょう。

今現在、ペグもハンマーも単品で購入もでき色も豊富なのでテントに合った色を選ぶのも良いでしょう。中にはテントを購入すと一緒に付属のペグも入っている物もあるので、ペグを打つ練習にもおすすめです。

次に「アウトドアにおすすめペグハンマー」をご紹介します。

アウトドアにおすすめペグハンマーは

何度か話してきましたが、アウトドアにおすすめのペグハンマーは、基本自分に合った物が良いのは当たり前なのですが、あなたがどんな場所やどこで多く利用するのかを考えて購入しましょう。

では、あなたはどこでペグハンマーを購入しますか。ネットやホームセンターとあるとおもいますが、金額も違う所もあるので、ネットで購入を検討している方は、一度ホームセンターに行き自分に合うか確認をして購入することをおすすめします。

しかし、今必要で使いたいと言う方にはコールマンがおすすめです。その理由は初心者でアウトドアする方にも人気があり、手に馴染むとファンも多くいるのでキャンプや登山が楽しくなるのでおすすめの一つです。

次に「ペグハンマーのケース」をご紹介しましょう。

おすすめのペグハンマーのケース

 ペグ・ハンマーケース
ペグ・ハンマーケース

¥ 1,728

口コミ

ペグハンマーとソリステの20が16本以上入ります。 さらにその状態で全長40cmのコンテナに収納しています。 整頓が出来て気に入っています。

このペグハンマーケースは、人気があり、サイズ的にも約400×140mmと言う、余り大きくないサイズなので男女問わず、持ち運ぶのも楽でおすすめできます。1人でキャンプや家族でキャンプと楽しくなりそうなグッズの一つです。

このペグハンマーケースがあれば、ペグがすっきりまとまります。ストレスも軽減されるので、手放せないおすすめのペグハンマーケース入れとして色んな場面で役に立ってくれるでしょう。キャンプをしたいと考えている方には、ぜひおすすめしたい商品です。

次に、「ペグハンマーを利用する時の注意点」ご紹介しましょう。

ペグハンマーを利用する時の注意点は?

ペグハンマーを利用する時の注意点ですが、第一に安全な場所を確保することをおすすめします。例えば周りに人がいたり、お子さんがいたりすると危ないので、充分確認をしましょう。

次は、アウトドアでキャンプ場に行きペグハンマーを利用した際には、ペグをどこかに置きっぱなしにしないようにしましょう。お子さんが裸足で歩いたり、ペットが間違って飲み込んでしまったりと言うことになっては大変です。帰りにきちんと確認しましょう。

では、キャンプと言うのは皆で楽しむものなので、ペグハンマーを使い終わった時は、きちんと専用ケースに入れて保管してください。このような注意点がありますが、これらを守りアウトドアを存分に楽しみましょう。

ペグハンマーは自分に合った一つを見付けよう

いかがでしたでしょうか。今回はおすすめのペグハンマーについてご紹介しました。ペグハンマーが一つあるだけで、利用の仕方はかわります。アウトドア、登山、日曜大工と幅広く使えて壊れにくいので、あなたにとって一生ものになるでしょう。

しかし、ペグハンマーを選ぶ際は、安いとか高いなどの値段に関係なく、自分に合った物にしましょう。軽量やゴム製の物もあるので、お子さんや女性の方でも気軽にテントや家具を作るのに快適に利用できるので、ペグハンマーはおすすめです。

Related