Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月24日

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コットがあればアウトドアで就寝するときに快適に過ごすことができます。そんなコットの種類や選び方のポイントを解説します。また、コットの人気ランキングトップ3や、コットを扱う主なメーカーの概要とメーカーおすすめ商品、特徴別に見たコットのおすすめ商品、コットの使用す

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コットの種類と選び方

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コットとはキャンプで使用されるギアのひとつで、布張りの軽量の折り畳み式タイプの簡易ベッドです。キャンプなどでテントを設置して就寝したりする場合に使用するアイテムで、マットや寝袋(シュラフ)と組み合わせたりして使います。キャンプでのベッドならば、マットやシュラフがあれば別に必要ないのではないかと思われますが、コットは寝るときはもちろん、他にも役に立つ便利なおすすめアイテムです。そこで、このコットについて解説します。

コットの種類

明確な定義はありせんが、コットには大きく分けて2種類があります。その2種類について解説します。

ローコット

コットの脚が短いタイプで地面との距離が短くなっています。安定感があるので就寝時に動いて不安な方におすすめのタイプです。小さな子供も万が一落ちたときの事も考えてローコットがおすすめです。テント内に置いたときに圧迫感がなく、寝ころんだときも天井が高く開放感があります。

ハイコット

ローコットよりも脚の長いタイプです。ベッドはもちろん、腰掛けてベンチとしても使用できます。地面から離れているため、地面からの冷気や暑い日の地熱を防止し快適に過ごせます。普段ベッドで就寝している方は、高さに慣れているので違和感が少ないでしょう。また、コットの下にも荷物を入れたりできるのでスペースの有効活用ができます。

コットの選び方

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コットの選ぶ際のポイントについて説明します。

サイズ

コットにもそれぞれサイズがあります。ご自身の身長や体格に合うものを選ぶことをおすすめします。特に横幅は見落としがちですのでしっかりと確認しましょう。キャンプに車で行く方は、コットが車に搭載できるサイズなのかも確認しておきましょう。使わない時に収納するスペースも考慮することも忘れずに。

高さ

ローコットかハイコットかを選びます。定義はありませんが、一般的に高さが約20~30センチのものをローコット、約40センチのものをハイコットと呼びます。ローコットは低い分重心が安定し、コットの上で多少動いてもぐらつきが少なく、寝返りの多い方におすすめです。テントの天井が広いので圧迫感も少なく小さな子供でも安心です。

ハイコットは、テントの天井が近くなるので、その分圧迫感が生まれますが、テントが大きい場合や、高さのあるテントでは気にならないでしょう。椅子代わりに座るときはハイコットの方が便利です。また、荷物をコットの上でも下でも置けますので、スペースの要項活用ができます。

耐荷重

コットがどれほどの重量に耐えられるかも確認しましょう。体重のある方は支えきれないと危険ですので必ずチェックすることをおすすめします。また、ベンチとして二人で座ったりするときの事も考えておけば安心です。

寝心地

コットには布が張られています。その布の張り具合や生地の厚さにより、弾力性や伸縮性が異なります。それによって寝心地が違いますので、実際お店で購入されるときはよく確認することをおすすめします。硬めが好きな方、弾力のある方が好きな方、自分の好みで選びます。

設営のしやすさ

コットは基本、折り畳みですので、どのようにコットを展開して、どのように収納するのかも確認します。設置しやすく、収納しやすいものを選びましょう。ソロキャンプを楽しむ方は、1人でも簡単に設営できるものがおすすめです。

値段で選ぶ

予算で選ぶのもひとつのポイントです。同じくらいの価格の物をまずチョイスして、その後機能性などを比較するのも良いでしょう。

デザインで選ぶ

デザインやカラーで選ぶのもひとつの方法です。メーカーによってさまざまなコットがありますので、直感的に好みで選ぶのもおすすめです。

メーカーで選ぶ

どのコットを選べばよいか迷うときは、いつも使っているキャンプ用品のメーカーのものを選ぶのも良いでしょう。カラーが揃って統一感を出すことができます。

機能性で選ぶ

コットにはさまざまな機能性があります。例えば、コットに小物入れが付属していたり、収納するケースつきのもの、リクライニングがついているものなど、機能性で選ぶのもおすすめです。

コットおすすめ人気ランキングTOP3

コットのおすすめ人気ランキングを紹介します。

第3位:「コールマン ベンチ コンパクトローコット」

コールマン ベンチ コンパクトローコット
コールマン ベンチ コンパクトローコット

¥ 13,824

口コミ

他の方のレビューが気になりましたが、コールマンブランドを信じて購入しました。 そして、品物が届いて早速組み立ててみました。 以外と良いです。ソロテントでも使えるとの事で、横幅はそれなりですが、思ったより快適そうです。

コンパクトで持ち運びに便利なコットです。収納サイズも小さいのでソロテントにはおすすめのコットです。コットのシートは伸びにくい高強度ポリエステルなので身体が沈み込まずに寝ることができます。ローコットなので落ちる心配もありません。安定感があり子供でも安心です。

第2位:「Helinox(ヘリノックス) タクティカルコットコンバーチブル 」

Helinox(ヘリノックス) タクティカルコットコンバーチブル
Helinox(ヘリノックス) タクティカルコットコンバーチブル

¥ 47,520

口コミ

家のベッドで寝たときより朝腰が痛くない 爆睡できます コットレッグも同時購入し、テントに合わせて使い分けています

設置や収納が簡単にできる軽量のコットです。ローコットですの安定感があるので寝返りを繰り返す人におすすめです。別売りでコットレグを購入することで、ハイコットにもできます。シーンによって使い分けることができるので重宝します。

第1位:「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ワイドキャンピングベッド」

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ワイドキャンピングベッド
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ワイドキャンピングベッド

¥ 8,100

口コミ

少ない部品点数で、組み立ても簡単、体の当たるところはシートのみで骨格には触れません。自宅で寝ているかのようで、よく間違える。もう直寝の固いグランドは考えられません、長期キャンプでは必須。

ワイドタイプのコットなので余裕のあるサイズをお求めの方におすすめです。コンパクトに収納できるので収納スペースを取りません。地面の凹凸をなくし快適に寝ることができます。小物を収納することもできますので、スマホやキーなどを入れておくと便利です。

特徴・用途別おすすめのコット

特徴別に見たおすすめコットの紹介です。

ツーリング用

ツーリングに出掛けるときコットがあれば快適な寝心地が得られます。ツーリングには、コンパクトで軽量なものがおすすめです。

KingCamp(17年国際デザイン大賞)折りたたみベッド キャンプコット

KingCamp(17年国際デザイン大賞)折りたたみベッド キャンプコット
KingCamp(17年国際デザイン大賞)折りたたみベッド キャンプコット
口コミ

キャンプ用コットして寝心地もよく質感と価格のバランスは評価できます。収納時の大きさも重さも記載通りでしょう、バイクでのキャンプツーリングにも十分に使えるコットだと思います。脚の固定方法は他メーカーと違いテコの原理で強いテンションを掛けられるようになっており、よく考えられています。色はグレーを選びましたが落ち着いた色合いで商品自体は満足してます。

国際デザイン大賞を受賞したコットです。航空アルミを採用しているので軽量かつ耐久性に優れており持ち運びが便利です。軽いながら耐荷重は200 kgと安心の耐久性です。寝心地がよい布地で適度な反発により寝るときの軋みも起きません。キャンプだけではなく、登山、お庭でも使用もおすすめです。

アウトドア用

テント内でゆっくり就寝する、ベンチとして使用する、荷物置き場として活用するなどコットはアウトドアに持って行くにはおすすめのアイテムです。

Yoler 折りたたみベッド コンパクト ラウンジベッド キャンピングベッド

Yoler 折りたたみベッド コンパクト ラウンジベッド キャンピングベッド
Yoler 折りたたみベッド コンパクト ラウンジベッド キャンピングベッド
口コミ

頑丈で女性の力でも簡単に出来気に入りました。通気性もあり、重量感あり、寝返りしても不安定な事がなく心地の良く寝る事出来た。

設営、収納が簡単にできますので初心者のキャンパーにもおすすめです。オックスフォード製のシートは程よい弾力性で寝心地が抜群です。マットレス付きなので、さらに寝心地をアップします。収納時はコンパクトになりますので荷物の負担にもなりません。

安い

価格にこだわるならばリーズナブルなコットがおすすめです。

キャンパーズコレクション e-ネクストベンチ

キャンパーズコレクション e-ネクストベンチ
キャンパーズコレクション e-ネクストベンチ
口コミ

価格があまりにも安いのであまり期待してなかったが 軽くて上部、二人座れてとても重宝してます

アルミのフレームなので軽量かつ耐久性に優れています。コンパクトに折り畳みができ、キャリーバッグも付いているので持ち運びに便利です。価格もリーズナブルなので初めてコットを使用する方におすすめです。

コンパクト

持ち運びに便利なコンパクトなコットです。荷物の負担にならず使用していない時にもスペースを取らないところがおすすめポイントです。

ATEPA(アテパ) キャンプコット ワイドキャンピングベッド

ATEPA(アテパ) キャンプコット ワイドキャンピングベッド
ATEPA(アテパ) キャンプコット ワイドキャンピングベッド

¥ 10,600

口コミ

いままで他のメーカーの製品を使っていましたが、テンションをかけるときに危うい感じが否めませんでした。 こちらのベッドは造りがしっかりしていて、なおかつ設営撤収がすばやい。そして組み立てが安全性が高く、高評価です。

軽くてコンパクトなコットです。コンパクトながら長さと幅は充分で耐久性もあります。収納することで掌にものるほどのコンパクトになりますので、荷物を少なくしたい方におすすめです。収納バッグも付属していますので携帯や雑誌、鍵などを入れておくのに便利です。

キャンプ

テント内で就寝するときに便利なコットです。機能性も良く使い勝手のよいおすすめのコットです。

テントファクトリー キャンピングベッド スパイダーアクションベッド

テントファクトリー キャンピングベッド スパイダーアクションベッド
テントファクトリー キャンピングベッド スパイダーアクションベッド

¥ 8,640

口コミ

189cm、83kgの大男ですが、そのままでも問題なく眠れます。足ははみ出ませんが幅はどうしてもカツカツになります。  一部窪みの大きいところが腰の上辺りにあって、体勢が微妙になる部分もあったのですが、ニトリとかカインズに3000円くらいで売ってる低反発の長座布団が丁度収まるので、はめ込んで転んでみたら素晴らしい寝心地に…。そこに毛布をシーツのようにかけて寝転がったところ、いつの間にか寝ていました。  長座布団との組み合わせは、是非試していただきたいところです。

アメリカンサイズを採用しているので幅も広く長さもあるコットです。体格の良い方や充分なスペースが欲しい方におすすめです。耐久性、耐水性にも優れており、通気性もありますので暑い季節でも蒸れを防止します。キャリーバッグつきで持ち運びにも便利です。キャンプで広々と使えるコットです。

軽量

どうしても荷物が多くなってしまうキャンプやアウトドア。そんな時は軽量のコットがおすすめです。荷物の負担を減らし持ち運びするときも便利です。

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド 軽量

Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド 軽量
Lixada ポータブル オフアース折り畳み簡易ベッド 軽量
口コミ

足が4本なので組み立てが早い。表面がさらっとしているので肌にペタペタくっつく感じがない。シャカシャカ音もしない。ポール縁の角が立ち気味でゴムへの負担が気になるがそこは値段相応と言うことで、ヤスリで角を取れば良さげ。

女性や初心者

女性やアウトドア初心者でも簡単に扱えるコットです。設営が簡単、持ち運びするときに軽い、作りがシンプルなものがおすすめです。また、コットに慣れていない場合は、落ちる心配もありますのでローコットがおすすめです。

Outad 折りたたみ式ベッド 折りたたみ式ベット 超軽い M/L (L)

Outad 折りたたみ式ベッド 折りたたみ式ベット 超軽い M/L (L)
Outad 折りたたみ式ベッド 折りたたみ式ベット 超軽い M/L (L)
口コミ

キャンプで使おうと思って購入。到着して即組み立てた。組み立てる前にYoutubeで構造が同じコットの組み立て方映像を見ておいたので思ったよりも簡単に組み立てられて、上に乗ってゆらゆらしながら横になってみた。硬い地面にコンフィライトマットレスを敷いて寝るのとは違って浮いている感があるのでよく寝られると思う。後片付けもキチンと纏められれば付属の袋にちゃんと収納できるので今年のキャンプでもって行きます。

軽量ながら耐荷重は約200kgと頑丈です。軽量なのでどんな場所でも持ち運びが簡単です。組み立てが簡単で収納もすばやくできますので1人でも大丈夫です。通気性にも優れているので夏に蒸れることを防ぎます。キャンプ、登山、釣りなどに携帯するのもおすすめです。

寝心地が良い

せっかくコットを購入しても寝心地が悪いと意味がありません。寝心地の良いコットがおすすめです。布の張り具合や生地は実際にお店で見ると良いでしょう。

キャプテンスタッグ アウトドア用 折りたたみベッド CS フォールディングベッド

キャプテンスタッグ アウトドア用 折りたたみベッド CS フォールディングベッド
キャプテンスタッグ アウトドア用 折りたたみベッド CS フォールディングベッド

¥ 10,260

口コミ

コスパが高く、寝心地が良いです。キャンプでテント内にベッドとして2台を使っています。 袋から出して、すぐに広げて使えるし、キャンプ用なので重さも許容範囲です。 テンションがあるので、登山用の薄いエアマットを敷いて寝ると快適に眠ることができます。

アウトドア用品を扱うCAPTAIN STAGのコットです。使いやすく快適性を考えて作られているので迷った方にはおすすめです。収納、組み立ても簡単で扱いやすくフレームはスチールなので耐久性があります。コンパ的にもおすすめのコットです。

コットを扱うメーカーの特徴とメーカーおすすめのコット

コットを扱う主なメーカーの概要とメーカーおすすめ商品を紹介します。

コールマン

アメリカで発祥したアウトドア用品を製造、販売するメーカーです。キャンプ用品を中心とした商品は日本でも知名度が高く、男女ともに人気のあるメーカーです。初心者からベテランまで楽しめるキャンプ用品が揃っています。

Coleman(コールマン) コット パックアウェイコット

Coleman(コールマン) コット パックアウェイコット
Coleman(コールマン) コット パックアウェイコット

¥ 13,824

口コミ

キャンプ時に座る、寝る、の用途で購入しました。 同じような商品、例えばトレイルヘッドコットだともう少し安いのですが、組み立てが楽(少しコツがいりますが慣れると本当に3秒!)軽い、ベンチとして使った時に座面がやや低い(ロースタイルのキャンプに合うなるべく低いものを探していました。)この商品を選びました。 構造上やや張りが少ない感は否めませんが、座ったり寝てしまえば気になる程ではありませんでした。 収納袋にも余裕があるのでタープ用のポールを一緒にしまうこともできます。

広げるだけの短時間で設営が可能なコットです。アルミフレームにより軽量で持ち運びが便利です。コンパクトに収納できますので荷物の負担になりません。コールマンらしいデザインでロゴも商品を引き立てています。収納ポケットもありますので小物を整理するのに便利です。スタンダードなコットとしておすすめです。

ロゴス

アウトドア用品を企画、製造、販売する日本のメーカーです。ファミリーで楽しめるキャンプというがコンセプトで、小さい子供から大人まで、使いやすい商品が揃っておりデザインもシンプルなものからポップなものまであり、幅広い年齢に支持されています。

ロゴス プレミアム イージーアッセムコット

ロゴス プレミアム イージーアッセムコット
ロゴス プレミアム イージーアッセムコット

¥ 17,280

口コミ

この商品はベリーグーでした。やはり、長くつかうものなら、それなりのものを購入することをお勧めします。

楽に設置ができ収納できるコットです。幅もワイドなので寝心地の快適性もアップします。シートには適度な張りがあり長時間寝ていても疲れません。充分な高さなので地面からの湿気や冷気をシャットアウトします。収納ケースつきで持ち運びにも便利です。ロゴスのおすすめ商品です。

キャプテンスタッグ

お鍋やフライパンでお馴染みのパール金属株式会社のアウトドア用品部門のブランドです。リーズナブルな商品もたくさんあり、商品のラインナップも多く買いやすく使いやすいのが特徴です。

キャプテンスタッグ エクスギア(EXGEAR) アルミGIキャンピングベッド

キャプテンスタッグ エクスギア(EXGEAR) アルミGIキャンピングベッド
キャプテンスタッグ エクスギア(EXGEAR) アルミGIキャンピングベッド

¥ 16,200

口コミ

出先で仮眠用に購入。 寝袋仕様で床に直接寝なくてよくなって、快適です。 マットも不要となりました。 収納時もとてもコンパクトです。

両サイドについているバーを抜き差しして組み立て、収納が簡単にできます。耐久性に優れており長く使いたい方におすすめです。シートに張りがあり心地よい弾力性により寝心地が良く身体が沈みません。コットの高さは約40cmなので通気性にも優れており、地面からの冷気や湿気を防止します。収納バッグもついており便利です。

コットを使用するメリットとおすすめ活用方法

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

アウトドアでコットを使用する際、本当に必要なアイテムなのかと購入を迷う方も多いことでしょう。テントマットの上にシュラフを使用して就寝することもできますので、必要性を感じないというのが理由です。しかし、コットがあるのとないのとでは全く違います。そこで、コットを使用する際のメリットを紹介します。

暑さ、寒さを和らげる

コットの一番の役割は、暑さと寒さを和らげることです。寒い季節はテントの中の気温も下がります。特に夜間は地面から底冷えして、さらに身体を冷やします。コットがあることによって、それを防止することができるアイテムです。コットは、地面に直接寝るのではなく、地面から距離を取るので、底冷えを直接感じることなく過ごせます。また、夏の暑い日は、地面からの地熱を直接受けることなく寝ることができます。

地面の凹凸をなくす

野外での就寝は、場所によっては石が多かったり地面に凹凸が多く、テントマットを敷いても気になることがあります。コットを設置することでそれらを解消できます。これだけで寝心地が格段と変わります。また、車の中で就寝するときも凹凸が気になることがあります。その時にコットがあればそれらを解消できます。

ベンチとして使える

コットは寝るためだけのアイテムではありません。ベンチとして腰掛けたりすることもでき便利です。レジャーシートを敷いても地面に近いと虫が上がってきたり、芝生の湿気を感じたりしますが、コットがあることによってそれらを軽減できます。また、複数で座る場合、椅子だと2脚要りますが、ベンチとして活用すれば荷物が減るので重宝します。

荷物を置く場所として

テント内にコットを置くことで荷物を置いたりすることもできます。ハイコットなら、コットの下にもスペースが生まれますので、そこに荷物を置くことでテントの居住スペースを増やすことも可能です。小物入れがついたコットならば、携帯や鍵などを入れておけるので便利です。

車中泊でも使える

車で就寝するときにもコットがあれば便利です。車で寝るときにシートをフラットにしたりしますが、どうしても溝が気になったりすることがあります。その時にコットをひとつ置くだけで、凹凸を無くし快適な寝心地が得られるのでおすすめです。

アウトドア以外でも

コットはキャンプなどのアウトドア以外でも使えるアイテムです。ベランダでお昼寝したり、お庭でベンチとして使用するのもおすすめです。デザイン性のあるコットもありますので、部屋のインテリアとしても活用できます。使用しないときに収納すればスペースを有効活用できます。また、オフィスで仮眠する時にも便利です。ひとつ常備しておけば、重宝します。防災用品のひとつとしてもおすすめです。

コットの使い方と一緒に使えば便利なおすすめ商品

コットを購入すればそれでいいのでしょうか。何か他に必要なのでしょうか、それらを説明します。

コットの基本的使用方法

テント内で使用する場合には、通常と同じくテントにインナーシートを敷き、テントマットを敷き、その上にコットを設置します。気候の良い季節はコットのみで充分就寝できます。シュラフのように地面の凹凸を考慮しなくてよいので、寝床をすぐに確保できるので便利です。

コットと併用するおすすめアイテム

寒い季節にはコットと別のアイテムをプラスすることで効果を発揮します。コットの使い方としては、そのまま就寝する以外に、コットの上でもシュラフをしようする方法もあります。また、毛布やブランケットを掛けて寝る場合もあります。

コットの上にマットを敷くことで、さらにに寝心地は良くなります。ベッドと同じで気温や好みによって自由にアレンジできるのがコットのメリットです。コットの上にスリーピングパッドを敷き、シュラフで眠ったり、コットの上にウレタンマットを敷きシュラフで寝たりと自由自在に組み合わせするのがおすすめです。冬は、コットのみだと保温性が充分ではありませんので、マットを敷いたりシュラフを使用したりして調整しましょう。また、通常のベッドと同じようにピローを使うと快適でおすすめです。

KingCamp(キングキャンプ)キャンピングマット キャンプマット コット用

KingCamp(キングキャンプ)キャンピングマット キャンプマット コット用
KingCamp(キングキャンプ)キャンピングマット キャンプマット コット用

コットン100%のマットで肌触りが良く保温性もあります。滑り止め加工してありますので、寝ているときにずれたりするのを防止します。洗濯可能ですので、キャンプで使用しても清潔感を保てます。コットと組み合わせて使うことはもちろん、車中泊にもおすすめです。

コットで質の良い睡眠を確保しよう

コットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

コットを使用すると寝心地がアップし、それによって睡眠の質が良くなります。キャンプや登山、その他アウトドアにおいて睡眠はとても重要です。疲れた身体を回復させるのに一番欠かせないのが睡眠です。その睡眠で次の日の工程や体調も変わってきます。質の良い睡眠を効率よく取るためにコットはぜひ、アウトドアのアイテムとして加えましょう。

Related