Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

注目を集めるシクロクロスは、悪条件の道を自転車を漕いで、押して、時には担いで走る過酷なレースです。シクロクロスバイクは、横滑りしにくく、また軽量で、加速性もあり、街乗りにおすすめのバイクです。シクロクロスにおすすめのバイクの種類や選び方などをご紹介します。

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

シクロクロスの種類と選び方

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

シクロクロスバイクは、シクロクロスに用いられるバイクです。シクロクロスとは、未舗装の道に置かれた障害物を時間内に何周できるか競う競技です。速さを競う競技なので、階段や段差などは自転車を担いで登ることもしばしばあり、担ぐことを想定した形状になっています。

レースに使わなくても、オンロードもオフロードにも使えるため、ロードバイクでは走れない、荒れた路面を走ったり、ドロドロの水たまりも砂利道もタイヤを取られることなく走ることができます。

舗装のしていない河川敷を走ったり、キャンプなど未舗装道を走るツーリングにはおすすめの自転車です。

シクロクロスの種類

シクロクロスはカーボンフレームが主流です。カーボンフレームは強化プラスチックと炭素繊維を熱処理し、ガラス化させた素材で非常に軽いフレームです。軽さだけではなく、クラスファイト化することにより強度が増します。また劣化しにくく、振動が伝道しにくいため乗り心地が良い、トータルバランスに優れた素材です。

価格で選ぶなら、アルミホイールも良いでしょう。アルミホイールは錆びにくく、加工しやすいことから値段も安く、軽い素材です。剛性が高く、力が逃げずに踏み込んだ力をそのままダイレクトに推進力に変えてくれます。何よりもコストが安いため、初心者にも手が出しやすい素材です。

クロモリフレームは、特有のしなりと細身のスタイリッシュさで根強いファンがいます。クロモリフレームは重いですが、それを上回る乗り心地の良さや振動吸収性に優れている素材です。

シクロクロスの選び方

シクロクロスバイクは自分の好みにあったものを選ぶのがオススメです。街乗りで使用するなら、スタイルで選んでクロモリ素材にするのも良いですし、軽さを求めてアルミやカーボンにするのも良いでしょう。

素材のデメリットを説明すると、カーボンは落車や縁石にぶつけると割れてしまう可能性があります。想定方向以外の衝撃に弱く、また一点集中の衝撃には破損してしまい、基本的に修復は不可能です。

アルミは、振動吸収性が弱く振動がダイレクトに体に伝わるため、乗り心地はいいとは言えません。体に合わないと腰が痛くなる要因となります。また経年劣化が早く、金属疲労で割れることがあります。

クロモリフレームは、重量がネックです。鉄ですので、カーボンやアルミよりも重く、また水分で錆びやすいという特徴があります。

各素材のメリットデメリットを考えて、自分に合うフレームを選ぶことをおすすめします。

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3

シクロクロスは1900年代初めのフランスで生まれました。日本でも40年ほど前からレースは開催されていましたが、認知されてきたのは最近です。泥だらけのオフロードでも、砂利道でも走れる、シクロクロスバイクの人気は日本でも高まっています。

シクロバイクのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。

ランキング第3位

まずおすすめするのはGIANTのシクロクロスバイク、CTX SLR2です。高い加速性能とGIANTオリジナルの油圧ディスクブレーキ「CONDUCT HYDRAULIC DISC SYSTEM」を採用し、機械式に比べてタッチが軽く、その上パワフルな制動力を可能にしました。

また、このシステムは機械式のデュアルコントロールレバーで油圧ブレーキをコントロールするというシステムのため、コストパフォーマンス、性能に優れています。

SLRアルミフレームは剛性が高く、推進力を得ることが可能かつ、衝撃吸収性にも優れており、高い走行性能を誇ります。

ランキング第2位

おすすめ第2位はレースに特化したモデルをご紹介します。モデルに特化したモデルは、スペシャライズドのCRUX E5をおすすめします。街乗りやグラベルロードにも使えるような汎用性はありませんが、軽さや担ぎやすさ、泥詰まりが起こりにくいタイヤを装着し、「レースのために生まれた」と言っても良いほどレースに特化した仕様です。

シートポストを露出させ、そのたわみにより衝撃吸収性が向上、悪路を走るシクロクロスレースでの体の負担を軽減しました。

ランキング第1位

おすすめ第1位は、アルミフレームに定評を持つカノンデールのシクロクロスモデル、CAADXです。軽さはもとより、乗った感覚のスムーズさ、進行方向へのグリップの高さなどレースだけではなく、休日のツーリングや街乗りなど広い使い方ができます。

このシクロクロスバイクのおすすめはやはりオフロード走行です。安定感がよく、オフロードでのバイクコントロールは、ロードバイクよりも容易にできます。下り走行での安定感が良いです。またアルミフレームですので、軽くおすすめの一台です。

特徴別・用途別おすすめシクロクロス

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

シクロクロスとは、オフロードで行われる自転車競技のことです。元々は、自転車競技選手が近道として畑の中を自転車で走ったことが起源とされ、不整地を走ることで瞬発力や操舵能力などを高める訓練にもなりました。

その成り立ちから、ロードバイクのような外観に、MTBのような、オフロードを走るための幅の広いタイヤを装着、悪路を走るための泥詰まりを防ぐ仕様を施したものがシクロクロスバイクと言われます。

シクロクロスバイクは、どんな道にも対応することから、街乗り自転車としての性能も高く、クロスバイクとならび通勤や通学にもおすすめのバイクです。

安い

GIOS(ジオス) シクロクロス
GIOS(ジオス) シクロクロス

GIOSはイタリアの伝統ある自転車メーカーの一つで、かつては世界のレースを圧巻、GIOSブルーは人々の目に強烈なインパクトを残しました。シクロクロスバイクの超ロングセラーと呼ばれるのが、このGIOSのPURE DROPです。

細身でスタイリッシュな車体にでありながら、パーツの構成もコストパフォーマンスに非常に優れています。非常にシンプルながら、頑丈な作りで、高速で走っても、悪路を走ってもフレームのたわみを抑え、ハンドリングが安定、車体バランスが保ちやすく非常におすすめです。

十数万円から数十万円するシクロクロスバイクですが、このモデルは十万円を切っており、パーツ構成を考えても非常にお得なおすすめの一台です。

カンチブレーキ

シマノ シクロクロス用  カンチブレーキ
シマノ シクロクロス用 カンチブレーキ

¥ 3,728

口コミ

どんな状況で走っても良く効くブレーキで、グリップの応答具合もいいし なんで今まで交換しなかったんだろうと乗るたびに思います。 とても満足してます。

おすすめブレーキは、アメリカの某自転車パーツメーカーがCMで「私たちは釣具は作りません」というキャッチフレーズを使用するほど、自転車のパーツメーカーとして世界に名を轟かせるSHIMANOのカンチブレーキをおすすめします。

このカンチブレーキシクロクロス用に作られており、どんな状況の路面でも良く効き、グリップの応答具合も高いブレーキです。ブレーキにありがちな「キー」という音鳴りも少なく、制動性、コントロール性も高いため、おすすめのパーツです。

ホイール

シマノ WH-RS500
シマノ WH-RS500
口コミ

手に持った感じだけだと少し軽いぐらいにしか思いませんでしたが、普段のおきまりのコースで走って見た結果、今までよりややタイムが縮まったので、やはり軽さの影響はあるだろうと思います。

自転車パーツメーカのシマノのWHーRS500はコストパフォーマンスに優れたおすすめのホイールです。マイナーチェンジにより性能が底上げされ、バランスの良い、オールラウンドな性能を持ち味に、どんなシュチュエーションでも乗ることができます。

SHIMANOらしい高精度なハブにより、素直な乗り味を楽しめ、またコーナーでの挙動も安定しています。チューブレスにも対応し、ロード用タイヤながら、シクロクロス用のチューブレスとの組み合わにも対応します。

頑丈で、価格も手頃なため、消耗の激しいオフロードでも使いやすい、コストパフォーマンスに優れたおすすめのホイールです。

ハンドル

NITTO(日東) ドロップハンドル
NITTO(日東) ドロップハンドル
口コミ

バーエンドに変速レバーを取り付けるなら良いと思う。物は良いです。

シクロクロスではドロップハンドルを使用します。シクロクロスでは、ハンドルは高め、近めにとり、腕のゆとりを多くとります。これは腕を深く曲げることで、高速で走る際のポジションを確保しやすくするためです。

おすすめのハンドルは日東の104NEATです。リーチもドロップも小さく、前傾もさほど深くする必要がないので、シクロクロスに向いているハンドルです。比較的軽量で、強度も取れます。

日東は大正12年創業の自転車用部品の会社です。伝統的な匠の技で、金属チューブの加工、溶接を駆使し、使い勝手の良い独自の製品を生産しています。

クロモリ

FUJI(フジ) 2018 FEATHER CX+
FUJI(フジ) 2018 FEATHER CX+

おすすめのFUJIのシクロクロスは、クロモリフレームでスタイリッシュです。CXと名付けられていますが、シクロクロスだけではない、多用途性を意識した設計になっており、通勤、通学はもとより買い物やツーリングなど幅広く使うことができます。

FUJI FEATHRはディスクブレーキを装着し、泥や濡れた路面でのブレーキ制動力を高め、大きめなタイヤで、段差の乗り上げ、林道なども楽しく走破でき、おすすめです。もちろんレースに使うのもおすすめです。価格もおすすめなお手頃で、手の届きやすい最初の一台のシクロバイクとして良いでしょう。

サドル

創業は2013年と新しいもののすでに一定の評価を得ているサドルメーカーASTVTEのMADLINEはエンデューロやシクロクロスなど過酷な競技で、サイクリストをサポートするために作られたモデルです。

ヘビーライドの後でも元の形状に問題なく戻るパットを採用し、局部を圧迫する部分には柔軟性を、座骨を支える座面にはしっかりとした硬さになるように設計されており、シクロバイクの荒れた路面や極度の振動にもしっかりと体制を支える構造となっています。

初心者

MERIDA(メリダ) CYCLOCROSS400
MERIDA(メリダ) CYCLOCROSS400

シクロクロスバイクは、ドロップハンドルがついているためロードバイクと混同されることもありますが、シクロクロスとロードバイクは似て非なる設計となっています。タイヤはオフロード用の太いブロックタイヤを装着し、泥詰まりのしにくいディスクブレーキやカンチブレーキを使用します。

初心者におすすめのシクロクロスバイクは、MERIDAのアルミフレーム「CYVLOCROSS40」です。シクロクロスの入門モデルで、泥詰まりを考えたインナーケーブル仕様で、コンポーネントはSHIMANOと、スペック的にも入門用としては申し分なく、おすすめです。

街乗り

SURLY(サーリー) STRAGGLER
SURLY(サーリー) STRAGGLER

シクロクロスは荒れた路面でも走れるため、街乗りにもおすすめします。ロードバイクではタイヤが細いため、濡れた路面、石畳や荒れた路面では、スリップし危険な場合があります。

その点シクロバイクはもともと牧草地を走ったり荒れた路面を走るために作られたバイクなので、タイヤが太く、濡れた路面でも効力を十分に発揮するブレーキなどが装備されており、街乗りでも安心して走行できるバイクです。

シクロクロス用、と言いつつがっつりレース用とは言い難い、どちらかというと街乗りやマイペースに走りたい人向けのシクロクロスバイクである、SURLYのATRAGGLERは、濡れた時のブレーキ力が落ちないディスクブレーキを採用し、シクロクロスというよりは「荒れた道を走るため」のロードバイクで、おすすめです。

おすすめシクロクロスメーカー・ブランド

シクロクロスといえば真っ先に思い浮かべるのはALANのシクロクロスバイクでしょう。ALANは世界で初めて航空宇宙素材のアルミ合金を採用したバイクフレームを製作しました。ALANはイタリアのブランドで、シクロクロス世界選手権などのクラシックレースで勝利を納め、その品質の高さを証明しています。

そのほかにも、コルナゴやANCHORなどの自転車メーカーがシクロクロスのモデルを出しています。その中で、手に入りやすいおすすめのメーカー、ブランドをご紹介します。

おすすめブランド第3位「GIANT」

おすすめメーカーの第3位はジャイアントです。ジャイアントは台湾で創設された自転車製造メーカーです。TIG溶接のアルミフレームやカーボンフレームの製造に関して、世界屈指の技術力があり、スローピングフレームを普及させたことでも知られています。

おすすめはシクロクロスモデルのTCX SLR2です。超軽量で高剛性のカーボンフレームにはディスクブレーキを採用、BBの高さが低めで安定性が増し、また極薄SLRアルミチューブでアルミとは思えないほどの快適性と、アルミの剛性感を再現しています。

おすすめブランド第2位「SPECIALIZED」

おすすめメーカー、ブランド第2位のスペシャライズドは、アメリカに本社を置くサイクルブランドです。スペシャライズドのシクロクロスバイクモデルには、CRUXがあります。

スペシャライズドのおすすめのシクロクロスバイク、CRUXはレースに重きをおいた仕様です。軽量でシートポストの露出部を多くすることで生まれる衝撃吸収性や、競技に最適化させたフレーム、担ぎやすい仕様とまさにシクロクロスレースを制するために生まれたバイクです。

おすすめブランド第1位「CANNONDALE」

おすすめのメーカー、ブランド第1位のキャノンデールは、1971年にアメリカで創業された自転車メーカーです。キャノンデールといえば高性能のアルミ製のフレームが特徴で、リアサスペンションマウンテンバイクを初めて量産したメーカーとして知られています。

当初は、HAND MADE IN USAをセールスポイントにしていましたが、現在では海外生産もされています。

キャノンデールのシクロクロスモデルは、SUPERXとCAADXがあります。おすすめはSUPERXです。テクニカルなシクロクロスコールを高速で走るための性能、どんな路面も制覇できる安定性を守ります。軽さはもちろん駆動力に優れ、どんなラインでも攻められるスムーズなハンドリングを実現しています。

もちろん、シクロクロスレースのために泥詰まりを抑えるための十分な間隔を持ち、どんな過酷な道でも、ガシガシと進んでいけるおすすめの一台です。

シクロクロスの使い方・活用方法

シクロクロスとは、未舗装の悪路(オフロード)で行われる自転車競技のことを言います。その競技に使われるのが、シクロクロスバイクです。シクロクロスバイクは一見ロードバイクのように見えますが、担ぎやすいトップチューブや泥がつまらないようにブレークとタイヤの間隔が大きいなどの特徴があります。

シクロクロスバイクの魅力は、「オンロードでもオフロードでも走れる」というところにあります。舗装された道路から外れて、気まぐれに河川敷や草むらなどの未舗装の道を走るという自由気ままな走り方ができます。

街乗りで使うのもおすすめですし、未舗装の道を含むツーリングやキャンプにもおすすめの自転車です。不意に山道に寄り道したくなっても気軽に行ける、自転車での行動範囲が大きく広がるため、おすすめします。

シクロクロスおすすめシューズ

シクロクロスにおすすめのシューズは、GAERUNEのGコブラです。これはMTB用のシューズです。シクロクロス競技専用のシューズは特になく、同じく泥まみれになるMTB用のシューズが多く使用されます。

GAERUNEは1962年イタリアで創業しました。元々はモーターサイクルブーツを手がけていましたが、そこから発展し、スポーツアクティビティ用のシューズも手がけています。

GコブラはBOAを採用し、泥の中でも緩まず簡単に着脱も可能、さらに泥がつまる心配もないため、シクロクロスには最適の一足です。また、カーボンソールを採用しており、軽量かつ高剛性のため効率的なペダリングが可能で、おすすめです。

シクロクロスバイクは街乗りもOK

シクロクロスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

シクロクロスが日本で普及し、人気が高まったのは近年です。そのためまだまだ認知度が高くないため、シクロクロスと言ってもピンとこない人も多いでしょう。

シクロクロスは悪路でもオンロードでも乗れるように、ロードの走行性能とMTBの悪路走行性を兼ね備え、濡れた路面でも滑りにくく、歩道と車道のちょっとした段差なども楽に乗り越えられたりと、街乗りにもその性能を遺憾無く発揮します。ツーリングなどだけではなく通学や通勤など毎日ガシガシ乗る一台におすすめします。

Related