Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月28日

ショアジギングおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

この記事ではおすすめのショアジギングロッドの紹介をします。ショアジギングロッドは金属の塊のような塊のようなルアーを遠投し、ブリやカンパチを釣る道具です。ショアジギングロッドのおすすめの選び方を紹介するので参考にしてください。

ショアジギングおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ショアジギングとは

ショアジギングおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

近年大流行のショアジギングは、釣りが趣味の人にとっては非常に気になるところです。このショアジギングという釣り方は、どのような釣り方なのか、それに加えて、お勧めのロッドや時期、ロケーション選択のやり方をご紹介します。そもそもショアジギングという釣り方は、本来船に乗って沖合に出て、ルアーをキャスト(投げる)する釣り方を岸で行うことを言います。

この釣り方は軽装備で行える上に、大物を釣ることができるので、非常に人気が高い釣り方です。加えて季節やテクニックによって釣れる魚の種類や釣果が変わってくるので豊富な楽しみ方ができ、釣を楽しみたいという方におすすめの釣り方です。

ショアジギングロッドの種類と選び方

ショアジギングロッドの種類と選び方をご紹介します。

ショアジギングの種類

このショアジギングという釣り方は、20グラム以下の超小型を狙うスーパーライトショアジギングと小型から中型を狙うライトショアジギング、100グラム以上の大型を狙うショアジギングの3つに厳密には区別されます。また、出したい釣果によって使うロッドなども違いが出てくるため、今回はおすすめのロッドの選び方やおすすめのロッドメーカーなどもご紹介していきます。

さらに、おすすめのスポット、おすすめの季節までご紹介していきます。

ショアジギングの選び方

まずは、おすすめのショアジギングロッドを見ていく前に、自分がどのようなショアジギングを行っていきたいかを決めます。

先ほども述べましたが、ショアジギングは獲物サイズによって3つの区分に分かれています。20グラム以下の超小型を狙うスーパーライトショアジギング、小型から中型までを狙うライトショアジギング、そして100グラム以上の大物を狙うショアジギングです。

それぞれのサイズによりおすすめのロッドやおすすめのロケーションも変わってくるので、最初にどのサイズの獲物を狙うかを考える必要があります。参考までに、サイズによってどのような獲物がいるのか、自分はどのサイズを狙うのがおすすめなのかも分類しますのでご覧ください。

スーパーライトショアジギング

スーパーライトショアジギングは20グラム以下の超小型の魚を狙うショアジギングです。実際にどのような魚が釣れるかと言いますと、主に、カサゴやアジ、青物さらにメッキなどが釣れます。スーパーライトショアジギングの段階でこれらの多様な魚が釣れるます。

加えてスーパーライトショアジギの発見ショアジギングングより手軽に始められるので、ショアジギングングに興味があるという方や少しやってみようかなと考えている方におすすめの釣り方です。

ライトショアジギング

次にご紹介するのが30グラムから70グラム前後の小型から中型の魚を釣ることができるライトショアジギングという釣り方です。この釣り方で釣れる魚は、ブリやハマチ、シイラアジなどです。やはりショアジギングに比べるとお手軽に行うことができ、それなりの獲物も釣れるので、本格的にショアジギングに挑戦してみようと考えている人の入門編としておすすめです。

初心者の他にも手軽に行いたいという人にもおすすめの釣り方です。

ショアジギング

100グラムを超える大物を狙いたいという方には、一般的なショアジギングがおすすめです。上記の二つの釣り方に比べれば手間はかかりますが、それでもかなりお手軽に大物も狙えます。魚種としては、ヒラメやカンパチなどの他に上記二つの釣り方で釣れる魚も当然狙えるので、最も釣り方や釣れる魚の種類が広いです。

本格的にやり始めた人や既に釣りの経験がある人などにはおすすめです。

ショアジギングロッド人気ランキングTOP3

自分がどの区分のショアジギングを行うかが決まったら、いよいよロッドを選んでいきましょう。この項目ではロッドの人気ランキングベスト3をご紹介します。

第3位

シマノ スピニングロッド コルトスナイパー ショアジギング S100XH-3 10フィート
シマノ スピニングロッド コルトスナイパー ショアジギング S100XH-3 10フィート
口コミ

私の手でそれを保持するだけで、私に大きな喜びを与えます。 20cmから150cmの長さの魚のためのユニバーサルロッドです。

ショアジギングロッドで有名なメーカーであるシマノのロッドです。このロッドは非常に軽く一方で大物を釣ることができる柔軟性や丈夫さも備えており、初心者から上級者まで幅広い層におすすめできるロッドです。値段もお手頃です。

第2位

メジャークラフト ライトショアジギングロッド スピニング トリプルクロス スーパーライトショアジギング TCX-942SSJ
メジャークラフト ライトショアジギングロッド スピニング トリプルクロス スーパーライトショアジギング TCX-942SSJ
口コミ

2代目クロステージ902LSJからの買い替え。 サゴシ釣りに使用。自重約160g。軽くて使いやすい。 メーカーの言うようにバットパワーがあるため魚を寄せるのはかなり楽だった。

これまたショアジギングで有名なメーカーであるメジャークラフト社の商品です。ライトショアジギング用のロッドです。かなり軽く使いやすい上に何より値段がお手頃価格なので、初心者が買うロッドとしておすすめです。

第1位

シマノ(SHIMANO) ショアジギング ロッド コルトスナイパー BB S1000MH
シマノ(SHIMANO) ショアジギング ロッド コルトスナイパー BB S1000MH

¥ 23,652

口コミ

80㎝程度のブリ族でも主導権を与えず、頑張ればmクラスを取れる強さを秘めていると思います。 価格も安く良いロッドですね! 常時、金欠の私には最高。

再びシマノの商品です。品質がよく長持ちしやすい商品です。ある程度のサイズの獲物にも負けない強さを持った商品であり、本格的にショアジギングを始めたい人や既に始めている人、そしてもう一つ予備が欲しい人などにおすすめです。

特徴・用途別おすすめのショアジギングロッド

しかし実際には、目的に応じて必要なショアジギングロッドは変わる可能性もあります。用途や釣りたい魚種などを考えるとそれに応じたショアジギングロッドが必要になってきます。そのような人のために、この項目ではそれぞれショアジギングの特徴とそれに合わせたおすすめの商品を紹介していきます。

安さ重視

EocuSun 釣り竿 コンパクトロッド 炭素伸縮釣竿 スピニングロッド 海釣り 携帯型 収納バッグ付き リールなし
EocuSun 釣り竿 コンパクトロッド 炭素伸縮釣竿 スピニングロッド 海釣り 携帯型 収納バッグ付き リールなし
口コミ

値段が安かったのであまり期待していなかったけど、物が届いて見たら予想より良いのが来たので良かったです。グリップと竿のしなりが意外と良くて、値段以上の買い物をしました。

何よりも値段が安いものが良いという方向けの項目です。初心者がまず最初の道具として揃える場合、なるべくなら安い方が良いですし、軽い趣味程度の人は、ロッドは安い方が良いでしょう。ここで紹介するロッドはそんな人におすすめな商品です。

このショアジギングロッドの特徴はとにかく安いことです。普通ショアジギングロッドで安いと言われる物の十分の一程の値段で買えてしまいます。

その上で一定度の丈夫さも兼ね備えているので、ためしにショアジギングをやってみたいと思った人や全くの初心者の方などにおすすめです。また家族で釣りをしたいという人には、女性や子供にも使えるようになっているのでたいへんお手軽でおすすめできるロッドです。

硬さ重視

天龍(TENRYU) ロッド パワーマスター プラッギング PWM110MHKP
天龍(TENRYU) ロッド パワーマスター プラッギング PWM110MHKP
口コミ

柔らかめのティップのおかげで魚がルアーをくわえて走りだす時にはじかれずに済み、 5キロ位のカツオやマグロも竿全体でいなしてくれて余裕のやり取りが出来てます。

ショアジギングロッドをする時の竿の硬さは、なるべく柔軟性をもったやわらかいロッドの竿がおすすめです。大きな獲物を釣る際には、硬いロッドで釣ると竿が折れてしまう可能性があります。今回この項目ではそのようなことにならないように柔軟性を持った硬さのロッドをおすすめしていきます。

このショアジギングロッドは素材にグラスが入っているのでよく曲がり、非常にキャストしやすいです。特にキャストする際にもルアーに重心がかかりやすく非常に飛距離が出やすくなっております。大物にも負けない強さも持っているので、本格的にショアジギングをやる人におすすめのロッドです。

長さ重視

シマノ スピニングロッド コルトスナイパー ショアジギング S1000MH-3 10フィート
シマノ スピニングロッド コルトスナイパー ショアジギング S1000MH-3 10フィート

ショアジギングロッドにおいて長さとは飛距離を伸ばす効果の他に、キャストする岸の場所からたいがい手前何メートルは物が沈んでいたりして、短い竿だとたらしたときに引っかかる可能性があります。 そのため場所によっては竿が一定の長さある方が圧倒的に釣果が上がりやすくなっています。ここでおすすめする竿はかなりの長さを持った竿なので期待してください。

このショアジギングロッドは10feetを超える長物です。その分飛距離もかなり出るので、場所によっては最適な竿となります。この竿はどのような人にとっておすすめというよりも場所によって長い竿の方がポイントに飛ばしやすいという人にとっておすすめのロッドです。

飛距離重視

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギングロッド ベイト ソルティーステージ KR-X ショアジギング SXJC-1032H80-KR
アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギングロッド ベイト ソルティーステージ KR-X ショアジギング SXJC-1032H80-KR

¥ 33,372

口コミ

持ち合わせていた最重量は90gのジグでしたが、ゆったりめのキャストで80m超え。がっしりフルキャストさせたのは60g前後がメインでしたが、それでも普通に7、80mは投げられました。

ショアジギングロッドにおいて飛距離を出せるロッドは、遠くにポイントがある際に当然ですが、そこに飛ばせるという強みがあります。魚種によっては遠くに飛ばせないと釣れない魚もいますので、そのような方には飛距離が出るロッドがおすすめです。

ショアジギングロッドで飛距離を出すためには長さだけでなく、ロッドの感度(重さを感じる性能)も重要です。このロッドは長さ、感度、共に申し分なく、普通なら80メートルから90メートル、コンディションが良ければ100メートルほどの飛距離がでます。その上、長さの割には軽いのでかなり性能の良いロッドと言えるでしょう。

こちらのロッドは強いて言うならば、慣れてきた人におすすめですが、実際には場所によってポイントまでどれくらいかを確認してから、購入するのがおすすめです。

軽さ重視

アルファタックル(alpha tackle) ロッド TRGR TIP・TOP S706L
アルファタックル(alpha tackle) ロッド TRGR TIP・TOP S706L
口コミ

在庫切れでしたけど約2週間で着きました。 軽くて小さい!作りもしっかりしてます。

ショアジギングロッドは当然軽ければ軽いほど力のない人でも扱えるようになるので、軽いロッドというのは多くの人におすすめできます。加えて、ロッドが重いと疲れもたまりやすくなるので、軽いロッドというのは長時間ショアジギングを行う人にもおすすめです。

このショアジギングロッドは、軽く小さい上に非常にコンパクトになるので、持ち運びに非常に便利です。値段も手頃でライトショアジギングに向いた製品であると言えます。本格的にショアジギングを始める前に試しでやってみたい方、ライトショアジギングでやっていきたい方におすすめできるロッドです。

初心者におすすめのショアジギングロッド

バークレイ(Berkley) パックロッド スピニング ガルプスティック カジュアルGSS-806ML
バークレイ(Berkley) パックロッド スピニング ガルプスティック カジュアルGSS-806ML
口コミ

海外出張のお供として購入。 最初は心配だったが、いざ使い始めると 意外と丈夫なロッドで、数字のスペックどおりの ルアーであれば、フルキャストしても問題なし。

これまではロッドの特徴により製品をご紹介してきましたが、この項目で初心者に向けておすすめのロッドをご紹介します。初心者の方はぜひ参考にして下さい。

値段が手頃で丈夫なロッドです。初心者の方は最初のロッドにいきなり高いロッドを買うのは気が引けるでしょう。そのため比較的安く丈夫なこのロッドがおすすめです。加えてこのロッドは持ち運びにも便利なため旅のお供にもおすすめです。

おすすめショアジギングロッドメーカー3選

この項目ではショアジギングロッドで有名なメーカーを紹介していきます。どうせ買うのならいいメーカーのものを使いたいという人向けにおすすめな商品を含めてどのようなメーカーがあるのかを紹介していきます。

メジャークラフト

メジャークラフト シーバスロッド スピニング ソルパラ SPS-862ML 8.6フィート
メジャークラフト シーバスロッド スピニング ソルパラ SPS-862ML 8.6フィート

¥ 8,424

口コミ

車のロッドホルダーに一本だけ乗っけておいて、ちょっと気になるポイントがあったら取り出してチョイ投げするような手軽な使い方するにちょうどいいです。

メジャークラフト社は日本の釣竿メーカーです。同じ価格の物ならばメジャークラフトの物が優れていると言われるほどで、比較的低価格の物を扱っているので、初心者から上級者まで多くの方に愛されています。商品の名前には遊びごころが入ったものがあり、聞いたことがあるような造語を使用しているのも特徴的です。

このロッドは値段が安く、デザインもしっかりしており、初心者の方におすすめの商品となっております。ドライブの合間でのお手軽に釣りがしたいという方にもおすすめです。

ダイワ

 ダイワ ロッド ジグキャスター 97MH
ダイワ ロッド ジグキャスター 97MH
口コミ

強度がありますがそこまで重く無いです。40-70gは結構扱いやすいです。80-90gは駄目なことはないです。

ダイワはグローブライド株式会社の釣具グローバルブランド名です。ダイワは先端技術を積極的に導入する姿勢を見せているので、もし最新鋭の釣具を追い求めたいときはダイワの製品をおすすめします。ダイワはブランドとしては国内でもトップクラスのブランドであり後述するシマノと並びます。

このロッドの魅力は何と言ってもその投擲能力です。遠くにキャストするということはもちろんキャストで蓄積する疲労も少なく長時間のショアジギングにも耐えられます。加えて強度もあるので非常に幅広い層の方におすすめです。

シマノ

シマノ スピニングロッド ソルティーアドバンス ショアジギング S906MH 9.6フィート
シマノ スピニングロッド ソルティーアドバンス ショアジギング S906MH 9.6フィート

¥ 16,092

口コミ

ショアジギングデビューのため、価格も高くなくレビューが良いこちらのロッドを購入いたしました。 実釣5回程ですが、デザイン、遠投性、操作性、いずれも素晴らしいと思います。

シマノは多くの人に認知されている総合釣り具メーカです。日本でも有数のメーカーであり、前述のダイワと並び非常に多くの釣り具を世に出しています。シマノの製品は基本的に耐久性が特徴であり、基本的にどの製品も長期間使うことを前提に作られています。

このロッドは比較的に万能タイプのロッドです。デザインや耐久性もよく値段も安いので、初心から中級者まで多くの方におすすめです。また使いやすいく疲れずらいので長時間のショアシギングにも便利です。

初心者におすすめのショアジギングロッドの使い方

この項目ではショアジギング初心者におすすめのロッドの使い方やロケーションさらには時期、時間についてご紹介していきます。ショアジギングは初心者でも非常に始めやすいです。値段は安く済み、やれることが多いショアジギングの魅力をぜひとも初心者の方にも感じれるロケーションや時期をおすすめします。

ショアジギングロッドの使い方

ショアジギングはメタルジグ(鉛作りの模擬エサ)を使って行います。メタルジグを使うので、飛距離が出やすく広範囲を探せるのがショアジギングの特徴でもあります。実際に釣果を上げようとするときには、なるべく広範囲を探れるようにすることで、多くの魚が釣れるようになるでしょう。

実際にロッドを使う時の流れを要素ごとに分けていきますとキャスト・着底・アクション・フォールとなっています。このアクションという動きは着底した後に巻き上げる行動のことをいいます。

その後中層まで引き上げた後に再びフォールします。この作業を繰り返すことで魚を待ちますが、アクションにはいくつか方法がありますので今回は初心者向けのものをご紹介しましょう。

ワンピッチジャーク

もっと基本になるロッドの使い方です。一定の間隔でロッドを上下させることでロッドにアクションを加えていきます。ロッドを上下させる幅は大体70センチメートル前後です。すべてのアクションで最も基本になるアクションですので初心者が最初に行うアクションとしては非常におすすめです。

じゃかじゃか巻き

高速で巻きながら小刻みに揺れるように行うのがこのジャカジャカ巻きです。青物を狙うときなどに非常におすすめです。

初心者におすすめのロケーション

いざショアジギングを始めようと考えても、どのような場所でやればいいかがわからないという人向けの項目です。実際に多くの方がショアジギングを始めようと思った時に場所選びに困るります。今回はそのような方向けにおすすめの場所選びのポイントをご紹介します。

防波堤

足場が良く初心者におすすめなのがこの防波堤です。どちらかというと小物をが狙いやすいのでライトショアジギングンにも最適であり、初心者の方はぜひとも最初のショアジギングを行う場合には防波堤を選択しましょう。(場所によっては禁止の場所もあるので注意しましょう。)

地磯

ショアジギングをやるといったら一番イメージされやすいのがこの場所です。一番大物が狙いやすい場所でもあります。ただ危険な場所でもありますので装備は完璧にしてください。初心者の方は最初防波堤で回数をこなした後に挑むとよいです。

おすすめの時期

ショアジギングは行う時期によっても釣れる獲物が変わってきます。この項目ではどの時期にどの魚種が釣りやすいかを解説します。

もっとも青物が釣れるシーズン

青物が最も釣れるシーズンは9月から10月にかけての秋になりたてのシーズンです。他の時期に釣れないわけではないですがやはり秋の初めの時期が最も多くの青物が釣りやすい時期です。

寒い時期

冬はやはり水温が下がってきてしまうのであまりショアジギングに適した時期とは言いづらいです。しかし、冬にしか釣れない魚もいます。冬につりやすい魚として根魚などは特に他の季節とも変わらないぐら釣れます。

暑い時期

暑い時期は多くの魚が活発になるシーズンです。ショアジギングをやるには比較的良い時期であるといえます。ただし熱中症などにもかかりやすいので、注意が必要です。

やはりショアジギングをやるなら一番いい季節は秋です。この時期には始めれば思いもよらぬヒットを連発して気持ち良い気分になれます。この時期は非常に多くの魚種が釣れるので、秋に始めるのが初心者には一番のおすすめです。

自分に合ったロッドをみつけよう

皆さまどうだったでしょうか。ショアジギングは初心者から上級者まで幅広く楽しめるのが特徴です。季節や場所によって全く違う獲物が取れるのでぜひ楽しんでほしいです。また今回は主にロッドについて紹介しました。ショアジギングのロッド次第でどれほどショアジギングが楽しめるかも変わってきますので、ぜひとも自分に合ったものを選んでください。

最後になりますがここまで読んでショアジギングに興味を持って下さった方やすでにショアジギングを楽しんでいる方々には、ぜひ今後も楽しいショアジギングライフを送っていただきくことを願っています。

Related