Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月21日

ソロキャンプのテントおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

ソロキャンプは気楽で自由な時間を過ごせるため人気です。ソロキャンプに必要なソロテントについて解説していきます。ソロテントの種類、ソロテントの選び方、ソロテントの人気おすすめ商品トップ3、ソロテントを扱うメーカーの概要とおすすめ商品、ソロテントの使用方法と活用方

ソロキャンプのテントおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ソロキャンプのテントの種類と選び方

ソロキャンプとはひとりでキャンプを行うことです。気楽で最高の開放感が味わえることで最近注目されているソロキャンプですが、ソロキャンプに必要なのはテントです。1人なので小型の1人用テントが必要となります。そんなソロテントについて解説していきます。

ソロキャンプのテントの種類

ソロキャンプに必要なソロテントですが、ソロキャンプの他にツーリングや一人旅などでも活用されています。持ち運びが便利な1人用の小型テントで、複数人でキャンプに出掛けてもプライバシーを大切にしたいという方はソロテントを持ち込む場合もあります。そんなソロテントには大きく分けて2種類あります。それらの違いはテントの構造です。

シングルウォールテント

インナーテントとフライシートの機能が一体になっているテントです。テントが1枚の構造でなりたっているタイプのテントです。フライシートとはテントの上に水漏れなどを防止するために被せる布のことで、それらの機能を兼ね備えたテントということです。

シングルウォールテントは防水機能、透湿防水性があるので、フライシートを被せなくても大丈夫です。一枚構造のテントなので、重量がダブルウォールテントよりも軽くて持ち運びがしやすく、設営が簡単なところがメリットですので初心者キャンパーにおすすめです。ただ、結露がつきやすいのがデメリットです。

ダブルウォールテント

ダブルウォールテントは、インナーテントとフライシート2枚でテントを構成されています。フライシートは防水機能があり透湿防水性もあるシートで、インナータイプの上に被せて使用します。メリットとしては、2枚の層になっていることで結露がつきにくく防水性にも優れています。

また、フライシートがあるものはテントに前室があるのも特徴で空間が広く使えます。デメリットはシングルウォールテントより重量が重くなります。急激な天候の変化がある登山などにおすすめです。

ソロキャンプのテントの選び方

ソロテントの選び方にはポイントがありますので、それらを説明します。

自立式か非自立式か

テントには自立式か非自立式の2種類があります。自立式のテントとは、ポールを倒したり開いたりするだけで簡単に設置できるテントです。そのため、テントの設営に慣れていない方におすすめです。自立式は1人でも初心者でも簡単に短時間で設営できるのがメリットです。ソロキャンプは1人で設営することになりますので、自立式がおすすめです。

非自立式とは、テントの四隅を張り綱で引っ張り立たせるテントになります。ただ、大型の複数人数対応のテントは、一般的に非自立式タイプとなります。非自立タイプは耐風性に優れているというメリットもあります。

重量で選ぶ

ソロキャンプとは1人でキャンプをすることなので、1人で荷物を運ぶことになります。そのため、重量は大きな問題となりますので、テントの重量も考慮することをおすすめします。バイクに積んだり車に積んだりする場合は、重量があっても大丈夫ですが、ザックの中に入れて長距離を移動したりする場合は気をつけましょう。

収納サイズで選ぶ

コンパクトになればなるほど持ち運びが楽になります。ソロキャンプは意外と荷物が多くなりがちです。収納したときにコンパクトになるタイプのテントがおすすめです。

テントのサイズで選ぶ

ソロキャンプ用のテントでもサイズはものによって異なります。前室があるもの、ないもの、テント内の広さや高さなど好みのものを選びましょう。ソロテントでも1人用、2人用がありますので、1人でも広々と過ごしたい方は2人用のテントがおすすめです。

耐水圧で選ぶ

耐水圧とはテントが水に濡れたとき染み込もうとする水分を抑える力のことです。テントであればこの数値が高いほど防水性が高まります。しかし、防水性が高まることで通気性が悪くなってしまう傾向があります。

通気性が悪いとテント内に結露が発生しやすくなったり、気温が高い日は蒸し暑くなったりしますので、よく確認してから選ぶことをおすすめします。ソロキャンプでは雨に降られたりする場合もあるので、耐水性で選ぶのも良いでしょう。

居住性で選ぶ

ソロキャンプにてテント内で過ごしたときの快適性も大切なポイントです。テントの出入り口が大きいものや2つ出入り口がついていものは便利ですし、換気が簡単にできるものは通気性に優れています。また、テントの天井部分にランタンを吊したりすることができるものも便利です。

その他、前室がついているタイプは開放感があり脱いだ靴が置けたり、テント内に小物を収納できるタイプもありますので、自分にあったテントを選びましょう。実際お店に行って設営し中に入って見て確認するのもおすすめです。

価格で選ぶ

ソロキャンプ用のソロテントを買う際に気になるのが値段です。予算が決まっているならばそれに合わせて選びましょう。ソロテントにはリーズナブルなものから、過酷な状況でも耐えうる高級なテントも存在します。予算に合ったテントを選びましょう。

デザインで選ぶ

機能性などがさほど変わらない場合は、好きなデザインで選ぶこともひとつの方法です。好きなメーカーのソロテントを選ぶのも良いですし、デザインの良さで選ぶのもおすすめです。

使用シーズンで選ぶ

ソロキャンプへ出掛ける際、季節によって大きくキャンプ用品が異なります。シュラフの対応温度やテントも気をつけましょう。特に冬の厳しい場所でのキャンプでは高性能で高機能のテントを選ぶことをおすすめします。

メーカーで選ぶ

どれを選んだら良いかわからないときは、好きなメーカーで選ぶのもひとつの方法です。アウトドアをする方は、いつも使っているメーカーのもので揃えるのもおすすめです。

ソロキャンプのテントおすすめ人気ランキングTOP3

ソロキャンプに使用するソロテントの人気ランキングを紹介します。

第3位「NatureHike 1人用アウトドアキャンピングテント 3シーズンテント」

NatureHike 1人用アウトドアキャンピングテント 超軽量3シーズンテント
NatureHike 1人用アウトドアキャンピングテント 超軽量3シーズンテント
口コミ

グランドシートを含めても約1.5kgでとても軽いです。(グランドシートにもバックル、グロメットがあるので本体抜きでタープのようにも使えそうです。) 吊り下げ式なので設営も簡単です。テント内部には横になったとき頭の上にサングラス等を入れられるネットポケットがあり、左手を上げたところにヘッドランプ等を吊り下げられるフックがあります。

テントにはPU加工が施されているので防水性に優れており雨の日でも安心です。耐水圧が高いので水が浸みてきません。フライシートにはUV加工されているので紫外線も防止します。メッシュ生地で通気性がよく虫の侵入を防ぎます。1人用のソロキャンプにおすすめのテントです。

第2位「North Eagle(ノースイーグル) テント ツーリングドームライト 1人用 」

North Eagle(ノースイーグル) テント ツーリングドームライト [1人用]
North Eagle(ノースイーグル) テント ツーリングドームライト [1人用]

¥ 15,120

口コミ

昨年のGW前に購入し、今年のGWまでに3回キャンプツーリングで使用しました。 収納サイズ、重量はバイクに載せる分には十分です。設置もドーム型のテント設営の経験があれば何の苦もなく10分程で完了します。 室内は身長173cm、体重100kgのおデブの私でも十分な広さです。胡座もかけますしシュラフの出入りもさほど苦になりません。

テントのポールはジュラルミンのため軽量で上部です。テント設営に必要なペグやロープ、ハンマーなど全て付属しているので便利です。ソロキャンプにおすすめのサイズです。

第1位「BUNDOK(バンドック) ツーリング テント ドーム型 【1~2人用】 」

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 収納ケース付 ドーム型 【1~2人用】

¥ 7,560

口コミ

友人とキャンプしたときフライ一体になっている友人のテントは結露がすごかったですが こちらの商品はフライが別になっているおかげか結露は感じられませんでした。 この値段では必要以上のクオリティだと思います。

ソロキャンプ、少人数のキャンプ、ツーリングにおすすめのテントです。前からでも後からでも出入りが可能なので便利です。インナーテントの上部はメッシュになっているので通気性にも優れています。フライシートで雨や紫外線も防止します。

特徴・用途別おすすめのソロキャンプのテント

特徴別に見たソロキャンプに使用するテントのおすすめ商品を紹介します。

ワンタッチ

ワンタッチで簡単に設置できるソロキャンプ用のテントです。時間がかからず簡単に設営できますので便利です。

DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント
DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント

¥ 10,800

口コミ

安価でコンパクト 1~2用なら十分です、ワンタッチ組み立てが良いですね、

たった15秒で設営できる便利なコンパクトテントです。1人で設営できますのでソロキャンプにおすすめのテントです。出入り口はD型になっており出入りがしやすくなっています。開口部が大きいので通気性があり気持ちの良い風がとおります。テントの上部は蚊帳になっており開閉可能です。

ポップアップ

ポップアップ式のテントは、放り投げるだけでテントが開くタイプのテントです。設営の手間がかからず、初心者でも安心です。ソロキャンプで1人で設営する際にも安心なのでおすすめです。畳めばコンパクトになるので持ち運びにも便利です。

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ
キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ
口コミ

夏のプールサイドにて使用しました。 ファスナーがあり外から見えなく出来るので、中で着替えることも出来ました。 底は薄くて痛いので、中にはマットを敷いて、テーブルを置いたりしても広々使える感じでした。

ポップアップタイプで収納すればコンパクトになるので持ち運びにおすすめのソロキャンプ用テントです。頭上が広くて開放感があります。フロントはフルクローズできますのでプライバシーも確保できます。シルバーコートで遮熱性も高くなっています。

ワンポール

ワンポールのソロテントとは、一本のポールのみで自立するテントのことです。ポールが少ないことで重量も軽く移動時に便利なのでおすすめです。小さなサイズのものに多いタイプです。

Rab(ラブ) テント ワンポール 超軽量 コンパクト [1人用]
Rab(ラブ) テント ワンポール 超軽量 コンパクト [1人用]

¥ 77,760

40デニールのeVentを使用したソロキャンプ用のテントです。トンネル型のデザインなので寝る際に快適です。超軽量なので持ち運びにおすすめのテントです。

シングルウォール

インナーテントとフライシートの機能が一体になっているテントです。一枚のテントなので重量が軽く設営も簡単です。1人でテントを設営するソロキャンプにおすすめです。

Naturehike Tagarシングルウォールテント 3シーズン用
Naturehike Tagarシングルウォールテント 3シーズン用

¥ 10,583

口コミ

ペグ(ちゃんと細引きがつけてあります)、張り綱を合わせた合計は1360gでした。 出品説明では2人用の幅は135cmとなっていますが、実測は120cmです。(星一つマイナス)長さは210cmですが、なぜが高さは110cm。 この値段なら充分満足できます。 グランドシ-トは付属しませんが、百均のレジャーシートで事足りるでしょう。 ポールは1本なので自立しません。

インナーの縫い目には防水糊が塗られているため防水力が高くなっています。ペグなどの付属品は付属袋がついており持ち運びに便利です。強い雨にも強いテントなので急激な雨でも安心です。1063gと軽量なのでソロキャンプで荷物の負担になりません。

ダブルウォール

インナーテントとフライシート2枚で構成されているテントです。2枚構造なので防水性に優れており強い雨が降っても安心です。登山などにおすすめです。

Weanas テント 2-3人用 シリコン 超軽量 1.7KG 登山用 2重層式 防水 UV カット 耐水圧4000mm ダブルウォールテント
Weanas テント 2-3人用 シリコン 超軽量 1.7KG 登山用 2重層式 防水 UV カット 耐水圧4000mm ダブルウォールテント
口コミ

これまで、白山と薬師岳の登山で2回使用しました。雨にも耐えて何の問題もなく使えています。

高い耐水圧と優れた防水性なので嵐の日でも使える丈夫なテントです。ソロキャンプだけではなく登山にもおすすめです。インナーテントの扉はメッシュなので通気性がよく虫が入りません。小物用のポケットも付属しているのでスマホや鍵などを入れておけます。

非自立式

ソロキャンプの場合は1人でテントを設営するので、自立式が手軽で選ばれやすいです。ペグやロープも必要ないので初心の方には良いでしょう。非自立式のソロテントは、ペグやロープが必要ですが、耐風性に優れており張り具合も調節できるので慣れた方は非自立式のテントもおすすめです。

GEERTOP テント 2人用 軽量 防水 キャンプ アウトドア 4シーズン用
GEERTOP テント 2人用 軽量 防水 キャンプ アウトドア 4シーズン用
口コミ

この値段で4シーズンはありがたいです。 広い前室が購入の決め手でした。

高品質なテントは高度な地域でもおすすめのテントです。防水性、遮光性、通気性に優れた高機能のテントです。全てのシーズンに対応しているのでフルシーズンアウトドアをする方におすすめです。高機能ながら軽量なので持ち運びにも便利です。

ドーム型

ソロテントでも小さいサイズだと圧迫感もあります。そんな時は、少し大きめのドーム型がおすすめです。ソロキャンプでもドーム型のテントで広々とした開放感を味わいましょう。

YIBO 2人用 アウトドア ワンタッチ ドーム型テント
YIBO 2人用 アウトドア ワンタッチ ドーム型テント

密度の高いネットを使用しているので虫の侵入を防ぎます。また通気性にも優れていますので、夏の暑い日も快適に過ごせます。ワンタッチ式なのでソロキャンプにおすすめのテントです。オックスフォード生地を採用することにより防水性を高め紫外線も防止します。防風効果もあるので風の強い日も安心です。

オールシーズン

オールシーズン、キャンプを楽しみたい方におすすめのテントです。どんな季節にも対応できコスパ的にもお得です。

GEERTOP テント 2人用 軽量 防水 キャンプ アウトドア 登山用 4シーズン
GEERTOP テント 2人用 軽量 防水 キャンプ アウトドア 登山用 4シーズン
口コミ

冬季のソロ、および子供とのキャンプ用に少しサイズに余裕のある本製品を購入 - 【冬季】一年弱で雪中/氷点下も含め20泊以上しましたが、特に大きな問題はありませんでした。 - 【夏季】 夏季でも、インナーのメッシュも大きく取れるため、スカートをきちんと巻き上げておけば、それなりには通気性は確保できます。 - 【耐水性】 雨漏りなどのトラブルはこれまで一切ありません。 - 【サイズ感】室内はそれなりの高さもあり、子供と二人であれば十分な広さ。前室は、荷物を少し置ける程度の広さです。

4シーズン対応のテントです。ソロキャンプ、登山、ハイキングなどにおすすめです。インナーテントはメッシュによって通気性を高めます。アルミ製のポールは丈夫で軽量です。シームテープ加工されているので高い防水機能があります。簡単に1人で設営可能です。

ソロテントを取り扱う主なローカーとメーカーおすすめ商品

ソロキャンプに必要なテントを取り扱うメーカーの特徴とメーカーおすすめ商品を紹介します。

コールマン

アメリカで設立されたアウトドア用品を製造、販売するメーカーで、日本でも知名度が高く人気のある製品です。初心者でもハードキャンパーでも満足するラインナップが魅力です。

コールマン テント ツーリングドーム/LX [2~3人用]
コールマン テント ツーリングドーム/LX [2~3人用]

¥ 21,384

口コミ

ソロキャンプ用に購入。STと迷ったが、LXで満足。コットも入るし、外に置きたくない荷物をたっぷり置ける。車載でのキャンプなら、重さと大きさは問題なし。まだ3回しか使っていないが、大満足です。

テントの前室を高くすることによって開放感のある居住空間になっています。2~3人用ですが1人でも簡単に設営できます。ドーム型なので広々としたテント内になっておりソロキャンプでは充分な広さです。コールマンが好きな方にはおすすめのテントです。

キャプテンスタッグ

パール金属といえば、フライパンや鍋で有名ですが、そのパール金属が展開するアウトドア用品のメーカーです。当初、バーベキューコンロから始めたキャンプ用品の取扱は、今では幅広い商品ラインナップで人気があります。

キャプテンスタッグ キャンプ テント エクスギア ソロ テントUA-19
キャプテンスタッグ キャンプ テント エクスギア ソロ テントUA-19
口コミ

今年5月に購入し、バイクパッキングに4度ほど使用しました。 初めてのテントなので他との比較が出来ませんが、質感は良いと思います。デザインも気に入っています。 小雨以外はまだ経験していせんが、メッシュインナーの床面とそこから上数十センチが完全に水を通さない素材で出来ているので、周りが水浸しになっても浸水しない作りになっています。 2層構造なので、通気性もとても良いです。

中が広く前室と後ろ側に出入り口があるので使い勝手の良い構造のテントです。アルミ製のポールは軽くて上部です。ベンチレーションシステムにより空気を換気し結露を軽減します。広い空間のテントをお求めの方におすすめのソロキャンプ用テントです。インナーテントはメッシュで通気性抜群です。縫い目から雨が入ってこないようにシームレス加工も施されています。

モンベル

アウトドア用品を製造、販売する日本国内のメーカーです。プロの登山家も愛用する高機能、高品質な製品は根強いファンが多く存在します。

モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用]
モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用]

¥ 22,680

口コミ

自転車旅で使いました。 コンパクトになるので良かったです。 構造がシンプルなので壊れにくそうです。 慣れれば15分で建てれます。

広い居住空間を実現したモンベルのテントです。簡単に1人でも設営できますのでソロキャンプにもおすすめです。通気性に優れていますので結露を軽減できます。3シーズンに対応しています。

ソロキャンプのテントの使い方とおすすめ活用方法

ソロキャンプで使用するテントの使い方や、キャンプ以外での活用方法を解説します。

ソロテントの基本的な組み立て方

DOPPELGANGER OUTDOORのワンタッチテントT1-51の設営方法です 。

インナーテントの張り方

インナーテントを1人で設営する時の方法です。まずは、インナーテントを平らな場所に広げます。付属している支柱用ポールをテントに通します。支柱の支点を固定してペグを打ちます。その時、ペグを斜め45度にすれば抜けにくくなります。

ペグを打ち込んだらテントを向かい側へ押すようなイメージで立ち上げます。テントが立ち上がったら手前のポールを金具に差し込みます。フライシートがついている場合は、テントにはフライシートを被せれば完成です。

ソロテントのおすすめ活用方法

ソロテントをソロキャンプ以外で活用する方法もたくさんあります。それらを説明します。

ツーリングに

ツーリングにも最適なソロテント。疲れたらテントを張って休むことができます。寝泊まりしなくてもソロテントがあれば重宝しますのでツーリングには荷物として追加することをおすすめします。

イベントなどで

野外イベントや行列などに並ぶときソロテントがあれば便利です。雨風が避けられプライバシーも守ることができます。日中は日除けにもなり紫外線対策にもなりおすすめです。

お庭で

季節の良い日にお庭でテントを設営し、テント内で読書したり昼寝したりするのに使えます。開放感があり外からも見えないので快適です。いつもと違った時間が過ごせるのでおすすめです。

海水浴場で

キャンプだけではなく夏の海や川でも活用できます。日差し除けにもなりますので、日除けの傘代わりになります。また、着替えるときにプライバシーも確保できますのでおすすめです。

子供の遊び場として

リビングやお庭にテントを設置すると子供の遊び場が完成です。隠れ家や小さいスペースが好きな子供にとってテントは絶好の遊び場になります。夏の日差しも避けられます。

防災グッズとして

何かあったときのためにソロテントを常備しておくと安心です。避難所などはプライベートの確保が難しく、寒い日などはテントがあれば便利です。また、着替えたりするときにも重宝するのでおすすめです。

ソロキャンプに必要なおすすめアイテム

ソロキャンプに出掛けるときに必要なのはソロテントだと説明しましたが、その他にも必需品はいくつかあります。まずは、テント内で就寝する時に必要なのがシュラフです。快適性を高めるためにマットがあれば、なお良いでしょう。その他、キャンプ用の調理器具、ランタン、飲み水などが必要です。

ソロキャンプの魅力

ソロキャンプの魅力は、思い立ったら1人でどこへでも行けること、誰にも気を遣わず自由な時間が過ごせること、好きな物を自然の中で食べることができるなど、ソロキャンプには魅力がいっぱいです。疲れたら寝る、眠たくなったら寝るという贅沢な時間を過ごすためにはテント選びは重要です。快適に過ごしやすいソロキャンプのためのテントを持って、好きな場所に出掛けましょう。

Related